「池松壮亮」タグアーカイブ

塚本晋也監督『斬、』苦悩する池松壮亮!叫ぶ蒼井優! 予告編解禁!


映画情報どっとこむ ralph 11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開となる塚本晋也最新作『斬、』の本予告編解禁。


世界の映画祭表記とともに「ヴェネチアを戦慄させた衝撃の問題作」という言葉から始まる予告編は、第75回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門にアジアで唯一選出され、その後トロント国際映画祭、釜山国際映画祭など名だたる映画祭を席巻してきた『斬、』の熱狂を伝えるものとなっている。ラストにはギレルモ・デル・トロ監督をはじめとする世界中からの圧巻の絶賛コメントが羅列され、美しくも力強い予告編が完成。

舞台はのどかな農村にも変革を予感させるような不穏な空気が流れはじめた江戸時代末期。池松壮亮が演じる浪人の杢之進は、武士の澤村に腕を見込まれ京都の動乱に参加するように誘われる。密かに杢之進を慕っている蒼井優が演じる農家の娘ゆうが、不安な気持ちを「死ぬんですか」という言葉で投げつけ、杢之進が「死にません」とまっすぐに答える台詞が印象的だ。無頼者たちが村に流れ着き状況が一変する中で、人を斬ることに疑問をもつ杢之進の心の葛藤が映し出され、ゆうの「もうやめてください」という叫び声が悲しく響きわたる。「なぜ人は人を斬るのか」というシンプルなコピーが観るものに余韻を残す。

映画情報どっとこむ ralph 斬、

公式サイト:zan-movie.com

作品概要
太平の世が揺らぎはじめた幕末。人を斬ることに苦悩する一人の侍。生と暴力の本質を問う。
250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進(池松壮亮)は、隣人のゆう(蒼井優)やその弟・市助(前田隆成)たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。ある日、剣の達人である澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱に参戦しようと誘いをかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者(中村達也)たちが村に流れてくる・・・・。時代の波に翻弄されながらも、人を斬ることに疑問をもつ侍と彼に関わる人々を通して、生と暴力の問題に迫る。観る者の心に刃(ヤイバ)を突きつける衝撃作。

***********************************

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也

出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也
2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー 

製作:海獣シアター/配給:新日本映画社 
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


池松壮亮×蒼井優『斬、』の石川忠がシッチェス・カタロニア国際映画祭にて、最優秀音楽賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph この度、10月4日〜14日に開催されていた第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭にて、『斬、』の石川忠が最優秀音楽賞を受賞しました。

シッチェス・カタロニア国際映画祭は毎年10月にスペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで開催される「世界三大ファンタスティック映画祭」のひとつ。ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門、トロント国際映画祭、釜山国際映画祭と世界中の映画祭で熱狂的に迎え入れられた『斬、』が、またひとつ歴史ある映画祭で高い評価を受けた。


石川忠は『鉄男』(89)以降、ほとんどの塚本作品を手がけ、『双生児』(99)でもシッチェス・カタロニア国際映画祭にて、ベスト・オリジナル・サウンド・トラックを受賞している。石川は『斬、』の本編編集中の2017年12月に突然この世を去り、塚本監督が自から過去の石川のCD、CD化されていない作品データ、 さらには石川の自宅にあった曲の断片を全て聞き、映像に合わせてゆく作業を行って完成させた。

映画情報どっとこむ ralph 太平の世が揺らぎはじめた幕末。人を斬ることに苦悩する一人の侍。生と暴力の本質を問う。

250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。貧窮して藩を離れ、農村で手伝いをしている浪人の杢之進(池松壮亮)は、隣人のゆう(蒼井優)やその弟・市助(前田隆成)たちと、迫り来る時代の変革を感じつつも穏やかに暮らしていた。ある日、剣の達人である澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の腕を見込んで京都の動乱に参戦しようと誘いをかける。旅立つ日が近づくなか、無頼者(中村達也)たちが村に流れてくる・・・・。時代の波に翻弄されながらも、人を斬ることに疑問をもつ侍と彼に関わる人々を通して、生と暴力の問題に迫る。観る者の心に刃(ヤイバ)を突きつける衝撃作。
世界中に熱狂的なファンを持つ塚本晋也が挑む初の時代劇『鉄男』、『六月の蛇』など、海外からも高い評価を受ける塚本晋也が、戦争の恐怖をあぶり出した『野火』を経て、さらに時代を遡り初の時代劇に挑んだ。監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を務めた完全オリジナルで、その唯一無二の世界観を爆発させた。

日本映画界を牽引する実力派の共演 池松壮亮×蒼井優
 武士としての本分を果たしたいと思いながらも、刀を抜くことに悩み苦しむ侍を渾身の力で演じたのは池松壮亮。『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』や、『万引き家族』など話題作への出演が続いている。農家の娘を演じるのは『彼女がその名を知らない鳥たち』や山田洋次監督作品で活躍し、日本アカデミー賞に4度輝いた蒼井優。不穏な時代に精一杯生きる娘を凛とした美しさで体現。共に本作で初めて敬愛する塚本作品への参加を果たした池松と蒼井の演技合戦は圧巻だ。


斬、

公式サイト:
zan-movie.com

11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開

***********************************

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也
出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也
2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー 
製作:海獣シアター/配給:新日本映画社 
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


池松壮亮・蒼井優 台風で参加できず!塚本晋也監督『斬、』第23回釜山国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 塚本晋也監督の最新作『斬、』が、10月4日より開催中の第23回釜山国際映画祭で、芸術性と功績を称える「ガラ・プレゼンテーション部門」に正式出品され、10月6日に記者会見と公式上映が行われました!

なお、今回、塚本晋也監督と主演・池松壮亮、ヒロイン・蒼井優で記者会見&公式上映に参加予定でしたが、池松、蒼井は前日より猛威を振るっていた台風25号によって飛行機が欠航となり、成田空港まで駆けつけたものの釜山入りが叶わず、急遽塚本監督ひとりでの公式行事の参加となりました。


『斬、』第23回釜山国際映画祭 公式上映 舞台挨拶&質疑応答
実施日時:10月6日(土)17:00~19:20
場所:映画の殿堂 ハヌルヨン劇場
参加者:塚本晋也監督

映画情報どっとこむ ralph 公式上映前の舞台挨拶

朝から台風の中、当日券を求めて列ができるほどの盛況ぶりをみせ、メイン会場である「映画の殿堂 ハヌルヨン劇場」に、約300人が詰めかけ、3階席まで満席。司会者より池松壮亮、蒼井優の欠席が伝えられると一瞬どよめきが起き、急遽ひとりで登壇となった塚本監督が登場すると、温かい拍手で迎えられました。
塚本監督:つい先ほどまで、池松さんと蒼井さんは、全て準備して成田空港まで来ていたんです。今ふたりは別の作品の撮影中なのですが本日はお休みを頂いて、朝から釜山に向かう予定でした。ギリギリまで頑張って粘ってくれたのですが残念です。12時の飛行機に乗れたら、上映後の質疑応答にはなんとか間に合ったんですけど、15時に遅延になってしまって・・・。ふたりは撮影現場でも良い強い“念”を体から出してくださる方でしたので、自分たちは来られなかったけれど、日本から釜山に向けて“念”を投げかけてくれているだろうと思います。それをぜひ感じていただければと。ひとりになってしまいましたが、映画を観て感じることがあれば、上映後に質問してください。カムサハムニダ!

映画情報どっとこむ ralph そして、公式上映後の質疑応答

上映が終わると満員の客席からは大きな拍手が湧き起こった。貴重な機会に一般の観客からの多くの質問が投げかけられ、終了時間となっても熱心なファンからの質問が続いた。熱い質問に時に笑いを交えながら丁寧に答え、韓国の観客たちとの会話を楽しんだ。

Q:池松壮亮さんのファンです。池松さんの台詞で「どうしてあんな風に人を斬れるのか」という質問があったが、これは現代のSNS上の言葉の暴力なども含め、観客が拡大解釈することまで、念頭に入れて演出されたのですか?

塚本監督:ネット上での言葉の暴力も暴力です。この映画には、そういうことは嫌だなという気持ちが入っています。小学生みたいですが「隣の人の悪口を言うことは暴力の始まり」だと思っています。隣の人のことを良く言ってる方がいい。なので、あなたが今された質問の内容は映画にきちんと入っています。

Q:僕は監督に会うためだけに、今日のチケットを買いました。監督の作品は全て観ています。揺れ動くカメラで、執拗に追いかけてゆく感じをいつも受けます。それをずっとやり通せる集中力が監督の映画からは見られます。その執拗な集中力はどこから得られるのでしょうか?

塚本監督:客観的に観て「こういう話なのね」っていうのではなく、なるべく観客があたかも映画の中に入って一緒に体験している感じになってほしいといつも思っています。カメラはそれに付いてきているだけです。狙ってやっているわけではなく、生々しい感じにしたいのでやっています。しつこいということに関しては私の資質ですね。どこから来ているのかは、両親に聞きたいぐらいです(笑)。普段は結構ボーッとしているのですが、映画を作る時だけは非常ベルを鳴らして「大変だ!作らなきゃ!」と思ってやっています。お客さんにジェットコースターを体験しているような気持ちになってもらいたくて、音と映像に力を入れています。

映画情報どっとこむ ralph 公式行事を終えて、今回の釜山国際映画祭について

塚本監督:釜山国際映画祭が最初に開催されたときから、呼んでもらっていて何度も来ています。毎回、皆さんが熱狂的で温かい気持ちになります。お客さんが集中して息が詰まるようにシーンと観てくださっているのを感じました。食い入るように観てくれていて嬉しかった。自分も釜山の観客の皆さんと一緒に観て面白かったです。

斬、

11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開

公式サイト:
zan-movie.com


世界中に多くのファンを持つ塚本晋也が、戦争の恐怖をあぶり出した『野火』を経て、さらに時代を遡り初の時代劇に挑んだ。監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を務めた完全オリジナル作品。物語の舞台は、250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る衝撃作。

 塚本の熱い想いに応えるべく、文武両道で才気あふれる浪人を、渾身の力で演じたのは池松壮亮。昨年に主演した『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は高い評価を受け、今年も『万引き家族』、『君が君で君だ』、『散り椿』など話題作への出演が続いている。浪人の隣人である農家の娘を演じるのは『彼女がその名を知らない鳥たち』や山田洋次作品で活躍し、日本アカデミー賞に4度輝いた演技派女優の蒼井優。不穏な時代に精一杯生きる農家の娘を凛とした美しさで体現している。共に本作で初めて塚本作品への参加を果たした池松と蒼井のぶつかり合うような演技合戦も圧巻だ。

***********************************

監督、脚本、撮影、編集、
製作:塚本晋也
出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也
2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー
製作:海獣シアター
配給:新日本映画社 
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER


岡田准一『散り椿』に北大路欣也、仲代達也、岩下志麻、小栗旬ら著名人コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 木村大作監督が、三度目の監督作として挑んだ初の時代劇に臨んだ『散り椿』。

主演には幅広い世代から絶大な支持を受ける国民的俳優・岡田准一。

本作では、かつてはとある因縁から藩を離れるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛(うりゅう しんべえ)を儚くも強く演じました。

また、道場の四天王の一人という役柄から、撮影前から殺陣の稽古に励み、激しく鋭い剣豪アクションに臨みました。また、共演には『MOZU』『クリーピー 偽りの隣人』『CRISIS公安機動捜査隊特捜班』など、TVドラマや映画の話題作に立て続けに出演する演技派俳優・西島秀俊。岡田准一演じる新兵衛と共に道場の四天王の一人で、持ち前の頭脳明晰さで藩主の側用人として頭角を現す榊原采女(さかきばら うねめ)を演じました。また、新兵衛の妻・篠(しの)を麻生久美子、篠の妹・坂下里美(さかした さとみ)を黒木華、篠の弟・坂下藤吾(さかした とうご)を池松壮亮が演じ、本作に花を添えました。かつての親友であり、一人の同じ女性を想いあう恋敵でもある役柄をそれぞれ演じる岡田准一と西島秀俊の、静かに熱く対峙する姿は話題となること必至。

先日開催された第42回モントリオール世界映画祭では、準グランプリとなる審査員特別賞を受賞し、“美しい時代劇”が海を越え世界で先んじて高い評価を得ました。

映画情報どっとこむ ralph そして、日本国内でも一足先に試写にて『散り椿』をご覧になった著名人より絶賛コメントが届いていますので、ご紹介!

著名人コメント

北大路欣也(俳優)
輝く、美しい大自然に育まれ
懸命に生き、生かされている人間の生き様
苦しくも、悲しくも、切なくもある。
それを乗り越え、力強く突き進む主人公の息遣いを感じながら、有るがままを受け入れ、人を思いやるその心の深さ、優しさに感動。
ロマン溢れる時代劇の醍醐味を満喫させてくれる素晴らしい作品だ!

仲代達矢(俳優)
新兵衛と篠と采女の間に通い合う感情は、武士の家を描きながら決して狭い「お家」に留まらない、人間の普遍的な愛のひとつの形を提示した作品だったかと思います。
スクリーンにあふれる静と動のリズム、四季折々の自然の息づかい、そして、その中にある人の心の奥深い佇まいなどが、絶妙なカメラワークで捉えられていました。良い仕事をしましたね。

岩下志麻(女優)
木村大作さんの映像がとても素晴らしかったです。
武士の矜持、そして人の気持ちの動きが繊細に描かれていて、男と女、男と男の心に秘めた深い愛に感動しました。

小栗旬(俳優)
本当に、素晴らしい映画でした。
日本の古き良きサムライムービーで、
そして岡田准一さんの本当に達人にしか見えない圧倒的な存在感。
木村大作監督が言われていたように、昔、自分が見て憧れた先輩俳優たちに勝るとも劣らない姿が美しい映像の中に溢れており、最後の戦いでの岡田准一さんの顔・姿・形には、まさにその時代を本当に生きたのではないかという深さを感じました。
僕らのこの時代に木村大作監督と岡田准一さんという俳優が出会うのは必然であったと思うし、二人がこの時代で出会えたことが奇跡的なことだなと思う映画でした

葉室るみ子(故・葉室麟 夫人)
耐える新兵衛の背に、男の真情が見えました。
ひとのやさしさと美しさを描きたい。
夫のその想いを大切に結んだ映画の情景が哀しく胸に迫り、心を奪われました。
天にも届く感動をありがとうございます。
大切に思う映画に出会えた。それだけで仕合わせです。

岡田裕介(東映株式会社 代表取締役 グループ会長)
東宝のまさに、伝統本流の時代劇でした。
木村監督ならではの、絵画のような美しい画の数々もすばらしく、スケールよりその丹念さを感じました。
岡田准一さんも、殺陣の稽古だけでも大変そう…。
目に見えぬ努力を感じました。
そう…この映画には目立たない、丁寧さを深く感じました。御苦労様…。ありがとうございました。

角川歴彦(株式会社KADOKAWA 取締役会長)
木村監督は心が美しいからこういう“美しい作品”が撮れるんですね。
潔さ、儚さを奥深く描いた故・葉室先生の感動作が
新たな息吹を得て映画となり万感の思いで拝見しました。

映画情報どっとこむ ralph 『散り椿』

9月28日(金)全国東宝系にてロードショー!

公式HP:
http://chiritsubaki.jp/

公式ツイッター
https://twitter.com/chiritsubaki928


物語・・・
享保15年。
かつて藩の不正を訴え出たが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛(岡田准一)は、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)が病に倒れた折、彼女から最期の願いを託される。
「采女様を助けていただきたいのです……」と。

采女(西島秀俊)とは、平山道場・四天王の一人で新兵衛にとって良き友であったが、二人には新兵衛の離郷に関わる大きな因縁があったのだ。篠の願いと藩の不正事件の真相を突き止めようと、故郷・扇野藩に戻った新兵衛。篠の妹・坂下里美(黒木華)と弟・藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛の真意に戸惑いながらも、凛とした彼の生き様にいつしか惹かれていくのだった。
散り椿が咲き誇る春――
ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙することになる。そこで過去の不正事件の真相と、切なくも愛に溢れた妻の本当の想いを知ることになるのだった……。
しかし、その裏では大きな力が新兵衛に迫っていた――。

***********************************

原作:葉室麟「散り椿」(角川文庫) 
監督・撮影:木村大作 
出演:岡田准一 西島秀俊 黒木華 池松壮亮 麻生久美子 ほか
(C)2018「散り椿」製作委員会


池松壮亮 × 蒼井優『斬、』トロント国際映画祭で北米プレミア上映!塚本晋也監督が登壇


映画情報どっとこむ ralph この度『斬、』(ざん)の塚本晋也監督が、9月6~16日(現地時間)にて開催されている第43回トロント国際映画祭に参加。

先日行われたヴェネチア国際映画祭コンペティション部門への出品に続き、北米最大の国際映画祭への参加です。
89年『鉄男』以来、『鉄男Ⅱ BODY HAMMER』(92)、『東京フィスト』(95)、『バレット・バレエ』(98)、『双生児』(99)、『六月の蛇』(02)、『ヴィタール』(04)、『KOTOKO』(11)、『野火』(14)と数多くの作品を、トロント国際映画祭に出品してきた塚本監督。

世界的に影響力のあるアート系映画の巨匠たちが集うマスターズ部門への日本から唯一の出品となり、この上映が『斬、』の北米プレミア上映となり上映後のQ&Aを行いました!

公式上映&質疑応答
場所: TIFF Bell Lightbox Cinema 2
日時:9月11日 21:45〜(現地時間)
登壇者:塚本晋也監督

映画情報どっとこむ ralph 上映前に満席の客席に向かって

塚本監督:『野火』を作ったのは戦後70年という年でしたが、戦争にまた近づいているという恐怖から急いで作りました。多くの観客の皆さんに届いたという手応えがあり、少し安心できるかと思ったのですが、それから3年経っても安心感を得られませんでした。その不安な “叫び”のような気持ちをこの作品にしました。『斬、』にとって北米プレミアです。どのようにお客様に受け入れられるか見守りたいと思います!

と挨拶後にプレミア上映がスタート。


映画情報どっとこむ ralph
上映後、大きな拍手がわき、多くの観客より質問が飛び出した。

Q:キャスティングについての質問です。池松壮亮さんをはじめ俳優陣の演技が本当に素晴らしかったです。また監督自身もご出演されています。どのようにキャスティングされているのか教えてください。

塚本監督:この時代劇をあるときから池松壮亮さんにお願いしたいと思っていました。今の若い人の感覚、今の時代の感覚を非常にリアルに表現することができるのが池松さんだったので、その彼が江戸の時代に行ったら、その時代の感覚をリアルに表現してくれるだろうという期待があり、まず池松さんを想定していました。そうしたら偶然にも池松さんの方から自分の映画に興味があると連絡をくださって、これはやらねばということになった次第です。蒼井優さんは日本では本当に有名な女優さんなのですが、プロットを書いたときに自然と蒼井さんの顔が出てきて、とても有名な俳優さんなので自分の小さな規模の映画に出てくれるか不安だったのですが、割りと早くにお返事をいただけました。この二人の出演が決まったときに、この映画の骨格が決まったと思いました。僕の役は、いつも僕の映画には僕が出ているので出たという感じです。

Q:塚本監督の演技がとても素晴らしかったです!(会場から大きな拍手が沸き起こる)

塚本監督:殺陣をうまくやりたかったのですが、練習の途中にぎっくり腰になってしまい、あんまりうまくできなかった。でも編集も僕がやってるので、編集でうまく見えるようにカバーしました(笑)

Q:石川忠さんの音楽がパワフルでとても素晴らしかった。石川忠さんとのお仕事について教えてください。

塚本監督:石川忠さんとは『鉄男』から30年くらい一緒に作品を作っていたのですが、去年の暮れに石川さんが亡くなってしまいました。『斬、』の音楽も石川さんに依頼していたのですが、頼んだ後に亡くなってしまい・・・。どうしても受け入れられなくて、石川さんがこれまで作った曲、僕の映画用につくった曲だけではなく、お部屋に残されていた映画でまだ使われてない曲も全部聴いて編集に貼っていきました。天国の石川さんと話しながら決めていった感じです。エンドロールに石川忠さんのお名前がしっかり出てきます。

映画情報どっとこむ ralph 斬、

11月24日(土)よりユーロスペースほか全国公開

公式サイト:zan-movie.com

 世界中に多くのファンを持つ塚本晋也が、戦争の恐怖をあぶり出した『野火』を経て、さらに時代を遡り初の時代劇に挑んだ。監督、出演、脚本、撮影、編集、製作を務めた完全オリジナル作品。物語の舞台は、250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否かで大きく揺れ動いていた江戸時代末期。江戸近郊の農村を舞台に、時代の波に翻弄されるひとりの浪人と彼に関わる人々を通して、生と死の問題に迫る衝撃作。

塚本の熱い想いに応えるべく、文武両道で才気あふれる浪人を、渾身の力で演じたのは池松壮亮。昨年に主演した『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は高い評価を受け、今年も『万引き家族』、『君が君で君だ』、『散り椿』など話題作への出演が続いている。浪人の隣人である農家の娘を演じるのは『彼女がその名を知らない鳥たち』や山田洋次作品で活躍し、日本アカデミー賞に4度輝いた演技派女優の蒼井優。不穏な時代に精一杯生きる農家の娘を凛とした美しさで体現している。共に本作で初めて塚本作品への参加を果たした池松と蒼井のぶつかり合うような演技合戦も圧巻だ。

***********************************

監督、脚本、撮影、編集、製作:塚本晋也
出演:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成、塚本晋也
2018年/日本/80分/アメリカンビスタ/5.1ch/カラー
製作:海獣シアター
配給:新日本映画社 
(C)SHINYA TSUKAMOTO/KAIJYU THEATER