「池松壮亮」タグアーカイブ

池松壮亮、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二 超衝撃作『君が君で君だ』全国公開決定


映画情報どっとこむ ralph 池松壮亮主演、キム・コッピ、満島真之介、大倉孝二共演の超衝撃作『君が君で君だ』が2018年、全国公開する事が決定しました。

本作は、好きな女の子の好きな人になりきって、自分を捨て去り、10年間彼女を見守ってきた3人の男たちの愛の結末を描いた恋愛譚です。

日本の伝説のロックシンガー「尾崎豊」 になりきるのは、映画俳優として唯一無二の存在感を示す池松壮亮。そして、世界中の誰もが知るハリウッドの名俳優 「ブラッド・ピット」になりきるのは、確かな演技力で頭角を現す満島真之介。さらに、日本の歴史を大きく変えた人物「坂本龍馬」になりきるのは、独特の個性が光る大倉孝二。

ヒロインを務めるのは、映画『息もできない』での演技で世界中の注目を集め、多くの熱烈なファンを持つ韓国人女優キム・コッピ。それぞれ人格・見た目を本人になりきって生きてきたキャラクターだが、池松壮亮は劇中で尾崎豊の歌を歌唱し、満島真之介はブラピになりきり英語を話すシーンも あり、大倉孝二は「日本を今一度洗濯し候」という坂本龍馬の名セリフが使われているなど、全編通して 見所満載です。

池松壮亮コメント
尾崎豊という人には会ったことはありませんが、物心ついてからいつも隣で歩むべき道を教えてもらってい たように思います。目眩すらするこの街の中で、愛するという事に何回やっても答えが出ないので、もう一 度松居監督と共に挑んでみようと思いました。

満島真之介コメント
オリジナル作品の持つ力を信じたい。 その強い気持ちを持ち、素敵なキャスト、スタッフと共に普遍的である愛の物語に向き合いました。 あの夏の熱量が、映画という風に乗ってたくさんの人に愛を届けてくれることを願っています。カムサハム ニダ。サランヘヨ。

大倉孝二コメント
正直な話しをしますと、お話しをいただいて、脚本を読ませていただき、顔合わせ、本読みという段階で、 腑に落ちないことや、捉えきれないことが多かったように思います。 その後、監督、共演者との話し合いや、リハーサルを進めていくにつれ、この若い座組に無防備に飛び込む ことを決めました。 きっと無防備な芝居をしていることでしょう、痛々しいくらいに。

映画情報どっとこむ ralph そして、監督・脚本は、テレビ東京ドラマ24「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェ アハウスで暮らしたら~」のメイン監督を務め、映画『アズミ・ハルコは行方不明』(第29回東京国際映 画祭コンペティション部門出品、ロッテルダム国際映画祭2017出品)や、映画『アイスと雨音』(第30回 東京国際映画祭スプラッシュ部門出品)など、国内外で高い評価を受ける松居大悟。

疾走感ある映像に今 という時代を映し出し、観る者の恋愛観を試す、松居大悟監督が長年温め続けてきた完全オリジナルラブストーリーです。

映画は、現在すべての撮影を終え、2018年公開予定となります。

国境も常識も越えた愛 の物語が、あなたの心を揺さぶります。どうぞご期待ください!

公式サイト:kimikimikimi.jp

***********************************

出演:池松壮亮 キム・コッピ 満島真之介 大倉孝二
監督・脚本:松居大悟
制作:レスパスフィルム
ⓒ2018「君が君で君だ」製作委員会
   


石橋静河インタビュー『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』


映画情報どっとこむ ralph 初主演作『映画夜空はいつでも最高密度の青色だ』で数々の映画賞に輝く新進女優・石橋静河のインタビューが到着しました。

11月15日にブルーレイ&DVDがリリースされた『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が、今月19日に発表された「第9回TAMA映画賞」で最優秀作品賞(石井裕也監督)、最優秀男優賞(池松壮亮)、そして最優秀新進女優賞(石橋静河)を受賞した。受賞の模様はこちら

本作で映画初主演を務め、数々の映画賞に輝く注目の新進女優・石橋静河が作品の振り返りながら、受賞の喜びや今後の展望を語ってくれました!

映画情報どっとこむ ralph Q:今回、映画ファンが選出する第9回TAMA映画賞で最優秀新進女優賞を、第30回東京国際映画祭では東京ジェムストーン賞、第41回山路ふみ子映画賞では新人女優賞に輝くという快挙ですが、率直にどういう思いで受け止めていますか?

石橋さん:選んでいただけたことがうれしく、感謝の気持ちでいっぱいです。『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』の撮影時は初めてのことばかりでしたが、いろいろな方に映画を観ていただいて、このような賞もいただくことができて、それはまったく想像もしていなかったことでした。本当にうれしいです。撮影している時は、その日のそのことしか考えられなかった。ただ毎日必死に監督の言うことを理解しようと思ってやっていただけだったので、すごくうれしいです。

Q:この反響を受けての実感はありますか?

石橋さん:実は現場のことは、あまりにも大変だったのでよく覚えていなくて、ただ必死だったという記憶があるだけなんです。だから観ていただいて「よかったよ!」などと言っていただけるとうれしいのですが、自分の演技を観ていて、どこがどうとかよくわからなくなっていて。ただその時に一生懸命にやるということくらいしか自分にはできなかったんです。大変だった、ということは自分の主観でしかなく、わたしを起用してくださった方がいて、わたしはすごく運がよかったと思います。だから謙遜とかそういうことじゃなくて、この映画に関わったすべての人たちの努力の結果だと思います。わたしが何かをしたとかではない、素晴らしい現場は素晴らしい結果を招くのだ、と思いました。

Q:最初に脚本を手にした際、どういう感想をお持ちになりましたか?

石橋さん:脚本を読むということも慣れていなかったので、漠然と面白いと思いましたが、それが自分の中でどういうことなのか、その意味がわかるまでひたすら何度も何度も読み返しました。どこからどういう風に立ち向かえばいいかわからず、美香という役柄についても手探りで探しました。大変な役柄だからこそ、いまやるしかないという思いがありました。


Q:美香という女性については、最終的にどう受け止めて演じたのですか?

石橋さん:彼女を完全に理解することはできなくても、いつもそばにいるような、気持ちに寄り添っていたいと思って演じていました。自分の中でどう演じたい、というようなものがまだないんです。でも、その都度思いを伝えないと後悔することだけはわかっていたので、その思いだけで監督について行きたいということはありました。負けず嫌いという性格もありますが、喰らいついて行くしかなかったんだと思います。

Q:池松さんとの共演はいかがでしたか?

石橋さん:一番大きいのは映画に対する姿勢というのか、これにかけるという腹の決め方がかっこいいなと思いました。監督も似ていて、命を捨てにいくように仕事をしていました。同じようにはできなかったとしても、わたしも覚悟をもってこれからもやりたいなと思います。

Q:美香という役柄を通して得たものは何でしょうか?

石橋さん:ラストシーンを撮影した時、美香が少しでも窓がパッと開いたような気持になっていって救われたと思いました。でも、美香という役柄だけじゃなくて、映画というものを作るということ全般に俳優として関わってみて、今までのすべての経験、自分が考えてきたものや自意識、そういうものをぺしゃんこにされたような気がしました。撮影が終わって、これからわたしはどうやって生きて行けばいいんだろうって思ってしまうくらい考えたりもしますが、と同時に周りの人のことをもっと知りたいし、理解したいなと思える。それは自分の中で大きな一歩でしたね。

Q:女優としての想いに変化も?

石橋さん:また違う現場に行けば違うことの繰り返しなので、がらりと変わったという感覚はないかもしれません。ただ、自分の頭で考えるだけではなくて、自分の体と心を使ってどこまで表現できるかということを知りたいと思いました。だから不安だとか恥ずかしいとか思っている場合ではないと思っています。

Q:どういう女優になりたいですか?

石橋さん:自意識の中でわかっていない自分の弱さや強さなど、眠っていることがたくさんあるんじゃないかと思っていて、そういうものを全部さらけ出して役柄に取り組める女優になりたいなと思います。どういう役柄でも演じてみたい。自分以外の人生に入り込みたい。その役柄に対する取り組み方を、いつも自問自答しながら頑張りたい。いろいろな可能性を探りたいですね。

映画情報どっとこむ ralph 『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』ブルーレイ・DVD商品情報

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ Blu-ray【特別版】」
(PCXP-50534)/¥6,200+税/本編Blu-ray+特典DVD 2枚組
☆特製アウターケース/デジパック仕様/封入特典:ブックレット(24P) 

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ DVD【特別版】」
(PCBP-53675)/¥5,200+税/本編DVD+特典DVD 2枚組
☆特製アウターケース/デジパック仕様/封入特典:ブックレット(24P) 

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ DVD」
(PCBP-53676)/¥3,800+税/本編DVD

発売日:2017年11月15日(水) Blu-ray・DVD発売/レンタル開始
収録時間:本編109分+特典映像
セルBlu-ray・DVD【特別版】 共通映像特典
メイキング/インタビュー集/イベント集
発売/販売元:ポニーキャニオン
商品サイト:
yozora-movie.ponycanyon.co.jp

映画情報どっとこむ ralph 映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ

映画公式サイト:
http://www.yozora-movie.com/

透明にならなくては息もできないこの街で、君を見つけた。


看護師として病院に勤務する美香(石橋静河)は女子寮で一人暮らし。日々患者の死に囲まれる仕事と折り合いをつけながら、夜、街を自転車で駆け抜け向かうのはガールズバーのアルバイト。作り笑いとため息。美香の孤独と虚しさは簡単に埋まるものではない。
建設現場で日雇いとして働く慎二(池松壮亮)は古いアパートで一人暮らし。左目がほとんど見えない。年上の同僚・智之(松田龍平)や中年の岩下(田中哲司)、出稼ぎフィリピン人のアンドレス(ポール・マグサリン)と、何となくいつも一緒にいるが、漠然とした不安が慎二の胸から消えることはない。
ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会った。美香から電話番号を聞き出そうとする智之。無意味な言葉を喋り続ける慎二。作り笑いの美香。店を出た美香は、深夜の渋谷の雑踏の中で、歩いて帰る慎二を見つける。
「東京には1,000万人も人がいるのに、どうでもいい奇跡だね」。
路地裏のビルの隙間から見える青白い月。
「嫌な予感がするよ」。「わかる」。
二人の顔を照らす青く暗い光。
都会で生きづらさを抱えつつも、懸命に生きるすべを模索する二人。
不器用でぶっきらぼうな二人は、近づいては離れていく・・・

***********************************


キャスト
石橋静河 池松壮亮
佐藤玲 三浦貴大 ポール・マグサリン / 市川実日子 / 松田龍平 / 田中哲司

スタッフ
監督・脚本:石井裕也
原作:最果タヒ(リトルモア刊「夜空はいつでも最高密度の青色だ」)
エンディング曲:The Mirraz「NEW WORLD」
撮影:鎌苅洋一 照明:宮尾康史 録音:加藤大和 高須賀健吾 美術・装飾:渡辺大智 編集:普嶋信一 音楽:渡邊 崇 写真:大森克己 アニメーション:松丸 翔
衣裳:立花文乃 ヘアメイク:豊川京子 音響効果:柴崎憲治 VFXプロデューサー:赤羽智史
助監督:石井 純 製作担当:栗林直人 
キャスティング:福田真弓 製作渉外:藤田充彦 海外担当:荒木啓子 宣伝プロデューサー:中野朝子
企画:孫家邦 菊地美世志 赤須恵祐
プロデューサー:有賀高俊 土井智生 五箇公貴
製作プロダクション:フィルムメイカーズ リトルモア 
製作:テレビ東京 東京テアトル ポニーキャニオン 朝日新聞社 リトルモア 
配給:東京テアトル リトルモア
(C) 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会


『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』第9回TAMA映画賞にて3冠達成!


映画情報どっとこむ ralph 国内映画賞のトップバッターとして注目を集める第9回TAMA映画賞において『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』が最優秀作品賞、最優秀男優賞、最優秀新進女優賞の3冠を達成しました。
同賞は「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰するもの。11月18日(土)に行われた授賞式に石井裕也監督、池松壮亮さん、石橋静河さんが出席し、受賞の喜びを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 輝くような笑顔でトロフィーを受け取ると、

石橋さん:私はまだ映画の世界に入って間もないのですが、人との出会い、作品との出会いに本当に恵まれているなと感じます。初めての経験ばかりで戸惑うことばかりでしたが、スタッフ、キャストの全員が自分の力を100パーセント出している現場。自分には何ができるんだろうと、日々考えながら必死で突っ走りました。

とエネルギッシュな撮影現場を振り返った。

さらに

石橋さん:映画の現場が好きです。映画を通して出会う人たちが自分の中で大事なものになってきている。まだ自分の中に隠れている弱さや強さを、全部さらけ出せる女優さんになりたいです。
と女優道を突き進む覚悟を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 池松さんは坊主頭でステージに、
池松さん:こんな賞は恐れ多くて、坊主にして来ました!!

との言葉に会場の笑いを誘いました。

池松さん:個人的にこの作品には思い入れがあり、渾身の1本。大好きな作品でこの賞をいただけたことをとてもうれしく思います。

と本作には特別な思いがあると明かす。続けて

本作で映画初主演を飾った石橋さんは、気品あふれるドレスで登場。池松さん:どんどん日本映画界が苦しくなっているのは、誰の目にも明らか。こんなご時勢に映画をやっていていいのかなと思うこともあるんですが、人の心に届かない映画を何本作っても同じなので、一本一本こだわって、諦めずにやっていきたいと思います。

と真摯な情熱を吐露すると、会場からも大きな拍手が上がっていた。また、恋愛映画の相手として共演した石橋さんについては

池松さん:ほとんど経験がない中で大変だったと思いますが、人間的なポテンシャルとして素晴らしいものを持っている方。何も身につけず立ち向かってきてくれました。

と、ねぎらいの言葉を掛けました。4度目のタッグとなった石井監督について、

池松さん:“本当にこの人はすごいな”と思う監督。いつも“この作品に出てみたい”と突き動かされる刺激をくれます。

と話すなど、本作で得た経験はかけがえのないものとなった様子だ。

映画情報どっとこむ ralph
石井監督:感覚的に、自由に作った映画を評価していただいてうれしく思いますし、励みにもなります。

と感謝の一言。

石橋さん、池松さんもそろってステージに上がると、

石井監督:池松くんは、僕にとって特別な存在。人生をかけた大勝負をしようというときには、彼にいてほしい。

と池松への並々ならぬ信頼感を告白。

石井監督:石橋さんは、これから求められることが変わっていくと思うので大変だと思う。がんばってほしいと思っています。

と熱いエールを贈りました。


映画情報どっとこむ ralph そんな3冠の『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は、先週15日にブルーレイとDVDが発売されたばかりだ。

Blu-ray・DVD商品情報

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ Blu-ray【特別版】」
(PCXP-50534)/¥6,200+税/本編Blu-ray+特典DVD 2枚組
☆特製アウターケース/デジパック仕様/封入特典:ブックレット(24P)

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ DVD【特別版】」
(PCBP-53675)/¥5,200+税/本編DVD+特典DVD 2枚組
☆特製アウターケース/デジパック仕様/封入特典:ブックレット(24P)

「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ DVD」
(PCBP-53676)/¥3,800+税/本編DVD

Blu-ray・DVD発売&レンタル中
収録時間:本編109分+特典映像
セルBlu-ray・DVD【特別版】 共通映像特典
メイキング/インタビュー集/イベント集
発売/販売元:ポニーキャニオン
映画公式サイト
(C) 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

透明にならなくては息もできないこの街で、君を見つけた。


看護師として病院に勤務する美香(石橋静河)は女子寮で一人暮らし。日々患者の死に囲まれる仕事と折り合いをつけながら、夜、街を自転車で駆け抜け向かうのはガールズバーのアルバイト。作り笑いとため息。美香の孤独と虚しさは簡単に埋まるものではない。
建設現場で日雇いとして働く慎二(池松壮亮)は古いアパートで一人暮らし。左目がほとんど見えない。年上の同僚・智之(松田龍平)や中年の岩下(田中哲司)、出稼ぎフィリピン人のアンドレス(ポール・マグサリン)と、何となくいつも一緒にいるが、漠然とした不安が慎二の胸から消えることはない。
ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会った。美香から電話番号を聞き出そうとする智之。無意味な言葉を喋り続ける慎二。作り笑いの美香。店を出た美香は、深夜の渋谷の雑踏の中で、歩いて帰る慎二を見つける。
「東京には1,000万人も人がいるのに、どうでもいい奇跡だね」。
路地裏のビルの隙間から見える青白い月。
「嫌な予感がするよ」。「わかる」。
二人の顔を照らす青く暗い光。
都会で生きづらさを抱えつつも、懸命に生きるすべを模索する二人。
不器用でぶっきらぼうな二人は、近づいては離れていく・・・
***********************************


長澤まさみ、満島ひかり、池松壮亮、間宮祥太朗、土屋太鳳・・・豪華な受賞者が登場第9回TAMA映画賞授賞式


映画情報どっとこむ ralph 11/18(土)〜11/26(日)開催!第27回 映画祭 TAMA CINEMA FORUMが開催中!
会場:パルテノン多摩 大ホール/小ホール、ベルブホール、ヴィータホール

そして!第9回TAMA映画賞授賞式がパルテノン多摩 大ホールで行われ、長澤まさみさん、満島ひかりさん、池松壮亮さん、間宮祥太朗さん、土屋太鳳さん、高杉真宙さん、石橋静河さん、黒沢清監督、石井裕也監督、菊地健雄監督、瀬田なつき監督、川瀬陽太さんなど、豪華な受賞者が登場しました!

映画情報どっとこむ ralph 最優秀作品賞
本年度最も活力溢れる作品の監督及びスタッフ・キャストに対し表彰


『散歩する侵略者』

黒沢清監督、及びスタッフ・キャスト一同

受賞理由:侵略者の地球襲来を通して不穏さを帯びる現代社会を暗喩しつつ、サスペンス、アクションなどテイストの異なるシークエンスを積み重ねながら、見応えのある新しい世界観のエンターテインメントを創り上げた。

登壇:黒沢清監督
チーム『散歩する侵略者』


『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

石井裕也監督、及びスタッフ・キャスト一同

受賞理由:今の東京において溢れんばかりに飛び込んでくる情報と都会の情景。そのなかで孤独と見えない不安に苛まれながら愚直なまでの優しさを携えて寄り添う若者の姿は、観客に希望を与え、一人ひとりの内なる感情と共鳴した。

登壇:石井裕也監督
チーム『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』

映画情報どっとこむ ralph 特別賞 映画ファンを魅了した事象に対し表彰

エモーショナルな躍動感をスクリーンから解き放つアニメの新たな可能性を切り拓く先駆者として湯浅政明監督、及びスタッフ・キャスト一同

『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』
受賞理由:他者との巡り会うなかで過ごす人生の愛おしさを、アニメーションであることを最大限に活かした縦横無尽・闊達自在な映像表現によってスクリーンの前に放流し、観客に醒めやらぬ刺激と幸福感を与えた。 



身近な仲間と自分たちの生きる世界を捉えてきた映像制作集団・空族の試みが、更なる拡がりをみせた

『バンコクナイツ』
に対して富田克也監督、及びスタッフ・キャスト一同

受賞理由:東南アジアの楽園のイメージと現実とを俯瞰しつつ、その間で翻弄される人々の坩堝に分け入って世界を捉えた本作は、スクリーンの彼岸と此岸とを共振させ、映画と現実がオーバーラップする圧倒的な映画体験をもたらした。

登壇:相澤虎之助・川瀬陽太

映画情報どっとこむ ralph 最優秀男優賞  本年度最も心に残った男優を表彰

浅野忠信
『幼な子われらに生まれ』『沈黙 -サイレンス-』『淵に立つ』『新宿スワンⅡ』

受賞理由:長いキャリアのなかでさまざまな役柄を演じてきたからこそ生まれる存在感で映画に深みと魅力を与え、観客の想像力を掻き立てるクリエイティビティあふれる俳優として唯一無二の存在であり続けるであろう。


池松壮亮

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『続・深夜食堂』『デスノート Light up the NEW world』『永い言い訳』

受賞理由:いずれの作品においてもすぐ身近にいる人間のように思わせてくれる緩急自在で豊かな人物造形力は、作品に奥行きを与えると共に周囲の人物をも輝かせ、心置きなく観客を作品の世界観に誘う魅力に溢れている。


最優秀女優賞 本年度最も心に残った女優を表彰

満島ひかり

『海辺の生と死』『愚行録』

受賞理由:『海辺の生と死』において、島尾ミホが降臨したかのように加計呂麻島の言葉とリズムで語り歌いふるまい、島の神話的世界と終戦間際の生と死の極みにおける愛を匂い立つように表現して、圧倒的な存在感を観客に与えた。


長澤まさみ

『散歩する侵略者』『銀魂』『追憶』『金メダル男』

受賞理由:『散歩する侵略者』において、予期せぬ出来事に運命を翻弄されながら情味のある日常感覚でそれに対峙し、極限状態においてすべてを包み込む寛大で奥深い愛情表現に磨き上げられた女優としての器の大きさを感じさせた。

映画情報どっとこむ ralph 最優秀新進監督賞
本年度最も飛躍した監督、もしくは顕著な活躍をした新人監督を表彰

菊地健雄
『ハローグッバイ』『望郷』

受賞理由:現場で培った確かな表現力と人間観察力で少女たちの今しか撮れない瞬間をリアルに切り取りつつ、すべての世代に響く普遍的でビタースイートな青春映画を誕生させた。監督の「映画」に対する誠実さは、遠からず大輪の花を咲かせることを予感させる。

瀬田なつき
『PARKS パークス』

受賞理由:一つの公園で時を超えて広がるメロディーが、そこで過ごしたさまざまな人々の息づかいに触れて幾重にも重なり世界が彩られていく様を、軽やかなタッチで描き、映画の豊かさを味わわせてくれた。


映画情報どっとこむ ralph 最優秀新進男優賞  本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰

間宮祥太朗
『トリガール!』『帝一の國』『劇場版 お前はまだグンマを知らない』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』

受賞理由:真っ直ぐでアグレッシブな役柄を、豊かな表情と鍛え上げた身体を使ってエネルギッシュ且つ繊細に演じて、観客をスクリーンに釘付けにした。鋭く優しい瞳の奥に、作品と役への深い愛情が感じられる。
チーム『トリガール!』

間宮さんは朝に初主演作の全員死刑』初日舞台挨拶も
http://eigajoho.com/90390



高杉真宙
『逆光の頃』『散歩する侵略者』『トリガール!』『想影(おもかげ)』『ReLIFE リライフ』『PとJK』

受賞理由:『逆光の頃』において、マイペースに生きてきた少年が過去の自分から脱皮して大人へと一歩踏み出していく確かな成長を体現し、華奢に見えながら力強い眼差しや気概によって発せられる逞しさに心を奪われた。


最優秀新進女優賞 本年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優を表彰

石橋静河
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『PARKS パークス』『密使と番人』

受賞理由:スクリーンのなかで語り動き回るさまは、漠然とした不安や孤独といった心の揺らぎを繊細に表現して内面から輝きを放った。その確かな存在感は、息の長い女優になっていくことを観客に確信させた。


土屋太鳳
『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『金メダル男』

受賞理由:どの役に対しても誠心誠意ひたむきに向かい合い、あふれる笑顔と抜群の運動神経で弾けんばかりに演じ切る姿は、観客の心をわしづかみにすると共に、今後一層の活躍を期待させる輝きに満ちていた。


***********************************


第9回TAMA映画賞の受賞者・受賞作品発表!長澤まさみ、池松壮亮ら多数登壇決定!


映画情報どっとこむ ralph 11/18(土)~11/26(日)(11/20(月)は休映)、東京都多摩市内の 3 会場 4 スクリーン 国内映画賞のトップバッターとして注目を集める「第9回TAMA 映画賞」(11/18(土)パルテノン多摩大ホールにて授賞式開催)の受賞作品及び受賞者が決定いたしましたのでお知らせします。

多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が 「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝をこめて表彰したものです。

映画情報どっとこむ ralph 最優秀作品賞
[本年度最も活力溢れる作品の監督及びスタッフ・キャストに対し表彰]

『散歩する侵略者』
(黒沢清監督、及びスタッフ・キャスト一同)
監督登壇決定! 
受賞理由:侵略者の地球襲来を通して不穏さを帯びる現代社会を暗喩しつつ、新しい世界 観のエンターテインメントを創り上げた。
(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』
(石井裕也監督、及びスタッフ・キャスト一同)
受賞理由:大都会において孤独と見えない不安に苛まれながら寄り添う若者の姿は、観客 一人ひとりの内なる感情と共鳴した。
(C) 2017「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」製作委員会

特別賞
[映画ファンを魅了した事象に対し表彰]

富田克也監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『バンコクナイツ』)
相澤虎之助氏・川瀬陽太氏登壇 決定!
受賞理由:東南アジアの楽園のイメージと現実の間で翻弄される人々を捉え、映画と現実がオーバーラップする圧 倒的な映画体験をもたらした。

映画情報どっとこむ ralph 最優秀男優賞
[本年度最も心に残った男優を表彰]

浅野忠信 (『幼な子われらに生まれ』『沈黙 -サイレンス-』『淵に立つ』『新宿スワンⅡ』)
受賞理由:その唯一無二の存在感で観客の想像力をかき立て、クリエイティビティあふれる俳優 であり続けるだろう。

池松壮亮 (『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『続・深夜食堂』『デスノート Light up the NEW world』『永い言い訳』)
登壇決定!
受賞理由:緩急自在で豊かな人物造形力は周囲の人物をも輝かせ、観客を心置きなく作品の世界 観に誘う魅力に溢れている。

最優秀女優賞
[本年度最も心に残った女優を表彰]

満島ひかり (『海辺の生と死』『愚行録』)
登壇決定
受賞理由:島の神話的世界と終戦間際の生と死の極みにおける愛を匂い立つように表現して、圧 倒的な存在感を観客に与えた。

長澤まさみ (『散歩する侵略者』『銀魂』『追憶』『金メダル男』)
登壇決定
受賞理由:予期せぬ出来事に運命を翻弄されながら寛大で奥深い愛情表現に、磨き上げられた女 優としての器の大きさを感じさせた。

映画情報どっとこむ ralph 最優秀新進男優賞
[本年度最も飛躍した男優、もしくは顕著な活躍をした新人男優を表彰]

間宮祥太朗 (『トリガール!』『帝一の國』『劇場版 お前はまだグンマを知らない』『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』)
登壇決定
受賞理由:真っ直ぐでアグレッシブな役柄を、エネルギッシュ且つ繊細に演じて、観客をスク リーンに釘付けにした。

高杉真宙 (『逆光の頃』『散歩する侵略者』『トリガール!』『想影(おもかげ)』『ReLIFE リライフ』『P と JK』)
登壇決定
受賞理由:過去の自分から脱皮して大人へと一歩踏み出す様を体現し、力強い眼差しや気概に よって発せられる逞しさに心を奪われた。


最優秀新進女優賞
[本年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優を表彰]

石橋静河 (『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『PARKS パークス』『密使と番人』)
登壇決定
受賞理由:心の揺らぎを繊細に表現して内面から輝きを放ち、確かな存在感は息の長い女優に なっていくことを確信させた。

土屋太鳳 (『トリガール!』『P と JK』『兄に愛されすぎて困ってます』『金メダル男』)
登壇決定
受賞理由:どの役にもひたむきに向き合い、あふれる笑顔と抜群の運動神経で演じ切る姿は、観 客の心をわしづかみにした。

映画情報どっとこむ ralph 最優秀新進監督賞
[本年度最も飛躍した監督、もしくは顕著な活躍をした新人監督を表彰]

菊地健雄監督 (『ハローグッバイ』『望郷』)
登壇決定
受賞理由:確かな演出力で少女たちの今をリアルに切り取りつつ、すべての世代に響くビタース イートな青春映画を誕生させた。

瀬田なつき監督 (『PARKS パークス』)
登壇決定
受賞理由:一つの公園を舞台に、人々の息づかいが幾重にも重なる世界の彩りを軽やかなタッチ で描き、映画の豊かさを味わわせてくれた。


*10/4 時点の情報になります。ご登壇情報は今後増える可能性があります。
*[映画賞の選考期間:2016 年 10 月~2017 年 9 月に劇場公開された作品を対象にしております。]

チケットは e+ほか、多摩市内の販売所にて 10/29(日)より発売予定です。(e+先行予約受付は 10/5(木)より

「第9回映画祭 TAMA CINEMA FORUM」

11/18(土)~11/26(日)(11/20(月)は休映)、東京都多摩市内の 3 会場 4 スクリーン
公式ホームページ http://www.tamaeiga.org/
主催:TAMA映画フォーラム実行委員会
写真は昨年の授賞式

***********************************