「江野沢愛美」タグアーカイブ

映画『シライサン』ファンタジア国際映画祭Asian Section選出決定!


映画情報どっとこむ ralph 人気モデルで女優の飯豊まりえが主演を務め小説家・乙一として知ら れる安達寛高の完全オリジナル作にして長編映画初監督作品となる 映画『シライサン』が2020年1月10日(金)より全国公開されることが決定しました。

また、カナダにて開催される北米最大のジャンル系映画祭ファンタジア国際映画祭Asian Sectionに選出‼(7/11~8/1開催)

ファンタジア国際映画祭は1996年にジャンル映画祭として始まり、現在では会期中の来場者数が10万人にものぼる、北米最大のジャンル映画祭。アジア・ヨーロッパ・北米の作品を中 心に、ホラー・アクション・SF・ファンタジー・アニメなど様々なジャンルの作品が上映されます。過去日本からも数々 の話題作が上映され、『川の底からこんにちは』(石井裕也監督)、『リアル鬼ごっこ』(園子温監督)、『カメラ を止めるな!』(上田慎一郎監督)などが賞を受賞しました。 『シライサン』は観客の人気投票による“Audience Award for Best Asian Film”の対象作品となり、7月17 日(現地時間)に上映となります。

映画情報どっとこむ ralph ■飯豊まりえ <瑞紀 役> シライサンが出品されたと聞いて とても嬉しかったです。 シライサンが世界の方々に知って頂けることを今からワクワクしております。

■監督・脚本:安達寛高(乙一) 映画『シライサン』は、呪いをめぐる物語です。普通に暮らしていた者たちが、【シライさん】と呼ばれる存在に関 わってしまったことで、次々と命を落としていきます。【シライさん】の呪いを回避するために、主人公たちは行動を 起こします。はたして主人公たちは生きのこられるのでしょうか。 僕がこの映画を作ることにしたのは、映画『リング』や映画『呪怨』が好きだったからです。人を次々と殺していく霊 的な存在を創造し、観る人を怖がらせてみたいとおもいました。みなさんに、たのしんでいただけたら幸いです。

映画情報どっとこむ ralph 飯豊まりえが恐怖におののく…! 新たな呪いの都市伝説”シライサン”に迫る 新場面写真も公開になりました!

併せて解禁となった場面写真は、相次ぐ不審死の原因を突き止めるため、”シライサン”の呪いの真相に近づいていく端紀(飯豊まりえ)と春男(稲葉友)らの姿を映したもの。
怯えた表情を見せる端紀と春男、
端紀達と共に事件を追う記者間宮(忍成修吾)、
作家である間宮の妻冬美(谷村美月)、
呪いの鍵を握る酒屋の店員渡辺(染谷将太)、
血の気が引いた顔で 何かを凝視する端紀の友人香奈(江野沢愛美)、
お札が貼られた不気味な古い家屋の中を覗き込む端紀など、
”シライサン” の呪いの恐ろしい秘密に迫る場面写真となっている。

映画情報どっとこむ ralph 『シライサン』(英題:Stare)

2020年1月10日(金) 全国公開

公式HP:
shiraisan.jp

公式Twitter:
shiraisan_movie


<ストーリー>
眼球が破裂した死体が連続して発見された。直接の死因は心不全だった。そして、死の直前“何か”に怯え取り憑かれたよ うな奇妙な共通点があった。 親友を目の前で亡くした大学生の端紀(飯豊)と、弟を失った春男(稲葉)。二人は共に 事件を調べ始める。鍵を握る詠子を探し出すが、ほどなく彼女は「シライサン…」という謎の言葉を残し、眼球を破裂させ心 不全で死亡した。 事件に目を付けた雑誌記者の間宮も加わり、徐々に明かされてゆく“シライサン”の呪い…。核心に近づく三人の前に、理解 を超えた、戦慄の事実が待ち受けていた・・・。

***********************************

出演:飯豊まりえ 稲葉友 忍成修吾 谷村美月 染谷将太 江野沢愛美 ほか
脚本:監督:安達寛高(乙一)
配給:松竹メディア事業部
©2020松竹株式会社


ホラー映画『シライサン』に忍成修吾 谷村美月 江野沢愛美 染谷将太 出演決定&コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph “その名“ を知った者のもとに現れ、目をそらしたら殺されてしまうという新たな怨霊の恐怖を描く映画『シライサン』は2020年1月公開となります。主演は飯豊まりえさん。そして、稲葉友さんの出演が発表となっていましたが・・・

この度3度目となるキャストが解禁!!

それは・・・
忍成修吾さん、谷村美月さん、江野沢愛美さん、染谷将太さんさんの4名。
映画情報どっとこむ ralph 忍成さんが演じるのは雑誌記者の【間宮幸太】。乙一(安達寛高)原作の映画『手を握る泥棒の物語』(04)にも出演しており、本作では間宮の陰影深い人物像に惹かれ参加を決意。「シライサン」の呪いと連続不審死の関係性を追う記者を好演します。

<間宮幸太 役>
忍成修吾さんからコメント 
久しぶりのホラー映画への出演でした。最初は事件を調べていたはずだったのに、徐々に人外の存在に気づき始めて巻き込まれていく男の役です。大事な人を守りたくて暴走してしまうのが、いけないものと思いつつ。。。とても共感出来ました。自分の出演しているシーンは昼間が多かった印象です。それがまた不気味なのかなと思いつつ、どの様に仕上がってくるのか楽しみにしています。



谷村さんが演じるのは間宮(忍成修吾)の妻【冬美】。乙一(安達寛高) 原作の『死にぞこないの青』(08) へも出演しており、本作ではある事故によってつらい記憶を抱えるミステリアスな役どころに挑みます。

<間宮冬美 役>
谷村美月さんからコメント
物語を読んで、出来るだけ自分の中で想像を膨らませて作品に取り組んでいたものの、 実際に撮影をして、少しばかりの映像を見させて頂いたとき、自分の想像を遥かに上回り、 そこには不気味さが際立っていました。早く多くの皆さんに見て頂き、この恐怖の連鎖を味わって頂きたいです。



江野沢さんが演じるのは主人公・瑞紀(飯豊まりえ)の友人であり、あるきっかけでシライサンに運命を狂わされていく【加藤香奈】。同じくモデルとして活躍する飯豊とは今回が初の映像共演であり、本作への出演や役作りに対して大いに意気込みを見せています。

<加藤香奈 役>
江野沢愛美さんからコメント
最初は全く経験のない役柄だったのでとっても難しくて不安でした。
ただ本読みの時に自分が用意していった香奈を相談したところ監督がすごく褒めてくださったのでとても安心して撮影に臨めました。特殊メイクのクオリティも素晴らしいので、そちらにも注目していただきたいです。
この映画は1シーン目の私がきっかけでストーリーが進んでいくため、本当に私にとって1番難しいシーンで、撮影日もとっても悩みました。そのくらいそのシーンは特に大切に演じました。なのでしっかり見ていただけたら嬉しいです。
あと私の撮影初日が旅館で怖い話をするシーンだったんですが、染谷さんが素晴らしすぎて全員が本当にビビってたところをぜひ見て欲しいです。笑



染谷さんが演じるのは山奥の旅館に出入りする酒屋店員の【渡辺秀明】。安達監督の初監督作品『一周忌物語』(09)に出演していたことから本作への出演を決意。2度目のタックにも注目が集まります。

<渡辺秀明 役>
染谷将太さんからコメント 
およそ10年前に安達組の短編に出演させて頂きました、そして初長編映画に呼んでいただき、自分を忘れないでくれた!と感謝感激でございます。すごい濃厚な後味の残る「シライサン」、映画館に異様な寒けと空気が流れるこの映画を、是非劇場で感じて欲しいです。


映画情報どっとこむ ralph 「夏と花火と私の死体」で第6回ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞し、以降「GOTH」「暗いところで待ち合わせ」など多数の人気「夏作を生み出してきた乙一(安達寛高)の完全オリジナル作にして長編映画初監督作品となる本作。

映画『シライサン』は2020年1月に公開予定!

公式HP:
shiraisan.jp 

公式Twitter:
@shiraisan_movie

眼球破裂と心不全による連続不審死が発生したことを発端に、被害者に関係する人々の周辺でも次々に奇妙な現象が起こり始める。どこからともなく感じる視線、通り過ぎる影、誰かがいるかのような気配…、すべてのきっかけは〝ある名前” を知ってしまったことが始まりだった…。「その名を知ると、呪われる―」 よくある怪談話と軽視していた都市伝説が本物の呪いだと確信していく人々を襲う、いつ訪れるかも分からない死の恐怖。次第に錯乱し、極限状態へと追い込まれていく様が描かれ、観る者を恐怖のどん底へと陥れていきます。

***********************************


出演:飯豊まりえ  稲葉友  忍成修吾  谷村美月  染谷将太  江野沢愛美  ほか 

脚本・監督:安達寛高(乙一)   
配給:松竹メディア事業部
公開:2020年1月 全国公開
©2020松竹株式会社   


ブルーレイ&DVD 発売記念『傷だらけの悪魔』山岸聖太監督トークイベント


映画情報どっとこむ ralph “フツー”の少女たちの“壮絶”なバトルを描いた人気コミックの実写映画化作品『傷だらけの悪魔』のブルーレイ&DVD 発売を記念して、監督自らが撮影の裏側を語るトークショー “傷だらけの聖太”を実施しました。

日付:7月3日
登壇:山岸聖太(さんた)監督、竹田直樹プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph 抽選によって選ばれた一般の方々向けの上映会終了後、監督の山岸聖太(さんた)監督 とプロデューサーの竹田直樹さんが登場、トークショーが始まりました。

今回は監督とプロ デューサーだけのトークショーということで、ここでしか話せない裏話を。旬なキャストが多数登場した本作ですが、

山岸監督:プロデューサーの言われた通り に OK を出しました。でも伊藤万理華さんは僕がキャスティングしました!

と付け加えました。乃木坂46のメンバーである彼女は、本作で主人公・舞(足立梨花)の東京にいる親友という役で登場。

山岸監督:あのシーンは最初台本にはなかったんですが、スケジュー ルが厳しい中でも印象に残るように重要な役を与えました。

と語りました。また竹田プロデューサーもキャスティングについて、

竹田P:同時期にほかの学園ものの映画も撮影してたみたいですが、それらの作品に出演している子は絶対にキャスティングしないと決めていました。

とコメント。

クランクイン前には出演者によるワークショップが行われたようで

監督:足立さんはやっぱり経験もあるので、ほかの人よりも際立っていました。江野沢さんに関しては、この時は演技に不安がありましたが、クランクインの時にはもうスイッチが入っていましたね。

と振り返りました。しかし撮影中は、

監督:役者のみんなには特に声をかけなかったです。演出の時だけ

と意外な言葉が。すると

竹田P:みんなが『どうやって監督とコミュニケーショ ンを取るか』って話してましたよ。

と、裏でのやり取りを監督本人の前で暴露しました。

映画情報どっとこむ ralph 一番大変だったこととして、

監督:MV と映画では何もかもやり方が違ったので、どうしても撮影が思い通りにいかなくて、 (MVの現場でも一緒に仕事をしている)撮影部と照明部だけを集めて秘密の会議を開きました。『普段のやり方でやろう』って。

と、プロデュー サーも知らなかったやり取りが行われていたことを暴露。しかし、

監督:それでもうまくいかなくて、いろいろ試行錯誤しながら続けたんですが、そしたらいつの間にか撮影が終わっていました。

と映画を撮る大変さを思い返していました。

本作のテーマである“いじめ”については、

監督:いじめっていうのは、ずっと大昔から存在していて、それこそ江戸時代とかその頃にもあったと 思うんです。でも、やってることはずっと変わらない。昔は暴力だったかもしれないけど、その時一番近くにあるものを道具として使うんですよね。それが現代では、スマホなんだと思います。

と、本作にもたびたび登場する描写から、監督の持論を語ってくれました。


最後にお二人から、

監督:手を伸ばしづらい映画ですが、見た方が重たい気分ではなく『おもしろかったな』という快感を得てほしくて、それを目 指して作りました。

竹田P:さわやかな邦画が多い中、こんな作品を作ることができて本当に幸せです。

とコメント があり、イベントは終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 「comico」にて連載中の人気コミックが、旬のキャストで衝撃の実写映画化!

『傷だらけの悪魔』
7 月 5 日(水)ブルーレイ&DVD発売
発売元:
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
ブルーレイ
¥4,743+税
DVD
¥3,800+税 デジタル先行配信中
©2017 KIZUAKU フィルムパートナーズ


物語・・・
親の都合で田舎の高校に転校してきた葛西舞(足立梨花)。ダッサいクラスメイトとどこまでも続く田園風景にうんざりしながらも、そこそこ楽しんでいこうと決 めた舞の前に現れたのは、中学時代に同級生だった小田切詩乃(江野沢愛美)。舞は詩乃のことを覚えていないものの、舞のグループから酷いイジメに遭っ ていた詩乃は復讐を決意。詩乃の策略によって逆にイジメの標的とされた舞のスクールライフは、地獄の日々と化していく。でもいつまでも泣いてるわけには いかない。孤立無援のなか、ついに舞が反撃を開始する!!

***********************************

STAFF:
監督:山岸 聖太(『全員、片想い/あさはんのゆげ』)
原作:澄川 ボルボックス(「傷だらけの悪魔」<漫画>)
脚本:松井 香奈(『少女』、『プリンセスメゾン』、『バブリシャスロード アニキと俺物語』)

CAST:
足立梨花、江野沢愛美、加弥乃、岡田結実、藤田富、小南光司、伊藤万理華(乃木坂 46)※友情出演

2017 年 日本/2017 年 2 月 4 日~全国 22 館 ロードショー作品
©2017 KIZUAKU フィルムパートナーズ
     

     


足立梨花で山岸聖太監督が映画化 『傷だらけの悪魔』BD&DVD発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 人気コミック・ノベルアプリ「comico」の 大人気コミックを衝撃の実写映画化! 『傷だらけの悪魔』


明るく楽しい学園生活の裏で繰り広げられる、 “フツー”の女子高生たちの壮絶な戦いを、ポップで斬新な映像美によって切り裂いて いく学園サバイバル!いじめという学生生活からは切り離せないテーマを、体当実写に!

女性キャスト陣には足立梨花、江野沢愛美、加弥乃、岡田結実、 伊藤 万理華

男性キャストは、藤田富、小南光司が出演しています

そして、監督を務めるのは、星野源や乃木坂 46 等のミュージックビデオを手掛けた、山岸聖太監督。 長編映画初監督作品です。



映画情報どっとこむ ralph ものがたり・・・
親の都合で田舎の高校に転校してきた葛西舞(足立梨花)。ダッサいクラスメイトとどこまでも 続く田園風景にうんざりしながらも、そこそこ楽しんでいこうと決めた舞の前に現れたのは、中 学時代に同級生だった小田切詩乃(江野沢愛美)。
舞は詩乃のことを覚えていないものの、舞 のグループから酷いイジメに遭っていた詩乃は復讐を決意。詩乃の策略によって逆にイジメの 標的とされた舞のスクールライフは、地獄の日々と化していく。でもいつまでも泣いてるわけに はいかない。孤立無援のなか、ついに舞が反撃を開始する!!
映画情報どっとこむ ralph 【商品仕様】 ブルーレイ
品番:BJS-81086 価格:4,743 円 (+税) DVD
品番:JDD-81086 価格:3,800 円 (+税)
レンタル 品番:RJD-81086(DVD のみ)

【ブルーレイ】
■オリジナル(日本語):DTS-HD Master Audio 5.1ch サラウンド ■ビスタ(1.85:1) ■カラー ■本編 97 分 ■2 層ディスク ■2017 年 日本映画

【DVD】
■オリジナル(日本語):ドルビーデジタル 5.1ch サラウンド ■ビスタ(1.85:1) ■カラー ■本編 97 分 ■片面 2 層 ■2017 年 日本映画

【特典映像】
■ブルーレイ(約 84 分):劇場予告、メイキング映像、インタビュー集
■DVD(約 27 分):劇場予告、メイキング映像

***********************************

足立 梨花
江野沢 愛美 加弥乃 岡田 結実 藤田 富 小南 光司 川原 亜矢子 宮地 真緒

原作:澄川ボルボックス
監督:山岸 聖太
脚本:松井 香奈
(C)2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ
    


足立梨花、江野沢愛美ら登壇!『傷だらけの悪魔』完成披露試写


映画情報どっとこむ ralph 1月24日(火)足立梨花主演「傷だらけの悪魔」の完成披露試写会が都内で行われ、主人公・葛西舞を演じる「足立梨花」さんと同級生の面々。そして、山岸監督が登壇しました!

『傷だらけの悪魔』完成披露試写
日付:1月24日(火)
登壇:足立梨花、江野沢愛美、加弥乃、岡田結実、藤田富、山岸聖太監督

映画情報どっとこむ ralph 主題歌を担当したNANA(Lily’s Blow)のライブ演奏に続き

舞台挨拶が行われました。


足立梨花
(クラスメイトからいじめられる葛西舞役をオファーされ、)いじめられる役と知り、いじめる側の間違いじゃないかと思いましたが、原作と台本を読んで納得しました。イジメに反撃する強い女の子だったからです。一生懸命演じましたが、どう観てもらえるかちょっと心配。

私はいじめられたら舞ちゃんみたいに強くはいられないと思います。映画の中だけでもつらかったのに、本当にこれが私生活で起こったらどうしていいか分からなくなるかも…。現場では役づくりのためほとんど他の共演者と話しませんでした。

今回はすごく考えさせられる映画です。いままでどういう人生を送ってきたかによって感じることが違うと思うので、ぜひ皆さんに見てもらって、この映画について話してもらいたいです。

映画情報どっとこむ ralph 江野沢愛美
私はどちらかというと思ったことをはっきり言うタイプなので、こういう陰湿で怖い役とは全く違うかもしれません。原作にもあるゲス顔が本当に難しく、できなくてめちゃくちゃ監督に怒られて、もうやめたいとまで思いましたが、本番に入っていきなり役が入ってきました(笑)。SEVENTEENの専属モデルでこれやっていいの?というシーンもあるので、ぜひ楽しみにしてください。

加弥乃
演じた役柄とは自分は真逆。優里亜の派手さもまったくないので、学生の時の友達がこれを見たら、びっくりするんじゃないかと…。自分自身はよく天然と言われますし、思い込んだら突き進んじゃうところが似ているかもしれません。

岡田結実
この場に立てたことがとても嬉しいです。初めての映画だったため、初歩的なところから全く分からず、脚本を現場に持っていっていいのかどうかさえ分からなかったんです。でも周りの方が優しくて、まるで夢の国のようでした。父からは「俺はドラマに出たことあるからおまえも大丈夫だろうな。汚すなよ!」と言われ、とりあえず「大丈夫です…」と答えときました(笑)。

藤田富
まあ女の子たちが恐かったです。イジメシーンを撮影した後に和気藹々と話してるギャップが本当に恐くて…。自分たち男性陣は仲良かったが、女性って裏表があって恐ろしいですね(笑)。

山岸聖太監督
原作をそのまま再現するのはやめようと思っていました。映画独自の表現を目指し、特にイジメがジメジメしてるように見えないよう心掛けました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『傷だらけの悪魔

世界累計2,100万ダウンロードを誇る人気マンガ・ノベルサービス「comico」で連載中の、10代のリアルな人間関係を描く人気マンガが実写映画化!

親の都合で田舎の高校に転校した葛西舞は、中学時代に舞のグループからひどいイジメに遭っていた小田切詩乃と再会。詩乃のことを全く覚えていない舞だったが、過去の恨みを忘れない詩乃は復讐を決意。

クラスメイトを巻き込んだ学園サバイバルストーリーです。



2017年2月4日(土) 角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

***********************************

原作:澄川ボルボックス(comico)
脚本:松井香奈 監督・編集:山岸聖太
エグゼクティブプロデューサー:芦田健 升田年則 堀内大示 丸山俊
企画・プロデュース:竹田直樹 プロデューサー:服巻泰三 河野伸祐 浅岡史紀
音楽プロデューサー:近藤ひさし 音楽:吉川清之 岸田勇気
撮影:ナカムラユーキ 照明:酒井淳
録音:山田均 美術:畠山和久 衣装:丸山江里子 村島恵子 ヘアーメイク:高橋可菜

<キャスト>
足立梨花
江野沢愛美 加弥乃 岡田結実 藤田 富 小南光司 仲谷香春 芋生悠 高野海琉 YUKINO(La PomPon) 中島愛蘭 花影香音 福田愛美
川原亜矢子 宮地真緒

主題歌: Lily’s Blow 「NAI NAI NAI」

製作:KIZUAKUフィルムパートナーズ
(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、ビーイング、KADOKAWA、日本映画投資、スタッフライクザット)
配給:KADOKAWA 制作:ソリッドフィーチャー
©2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ