「永野芽郁」タグアーカイブ

『PARKS パークス』が第9回TAMA映画賞にて瀬田なつき監督が最優秀新進監督賞受賞!


映画情報どっとこむ ralph 現在Blu-ray・DVDが発売中の音楽青春映画『PARKS パークス』。本作のメガホンをとった瀬田なつき監督が、11月18日(土)に行われた第9回TAMA映画賞にて最優秀新進監督賞を受賞した。
『PARKS パークス』は、橋本愛、永野芽郁、染谷将太ら人気若手俳優が共演した、井の頭公園100周年記念として企画製作された作品。50年前に作られたひとつの曲が引き金となり、1960年代の恋人たちの記憶が2017年の吉祥寺に生きる若者たちの夢と冒険につながっていく傑作青春映画だ。瀬田監督は2011年に『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』で長編映画デビューした新世代の旗手。映画だけでなくミュージックビデオやCMにおいても瑞々しい感性を発揮しています。

映画情報どっとこむ ralph その『PARKS パークス』は11月15日(水)よりBlu-ray・DVDが絶賛発売中。
こちらには瀬田監督、ならびにキャストの橋本愛、永野芽郁が参加したコメンタリーも副音声として収録されている。収録時に3人が本作について語ったインタビューも到着しました。

瀬田なつき監督インタビュー

――コメンタリー収録でお話している中でも「発見」の多い映画だったようですが。
(瀬田)設定や物語もですが、画面のいろんなところに、細かな仕掛けといいますか狙いが多い映画なので、どこまで気づいてもらえるのかと思いながら作っていました。物語や、メインの3人のキャストの表情ややりとりを追いかけていくうちに見過ごされてしまったりする部分もあると思いますので、何度か見ていただくとその度に発見の多い映画だと思います。

――物語や、永野さん演じたハルの設定に関して、キャストもわからないまま演じていたとのことですが。
(瀬田)井の頭公園の100周年という企画の始まりがありました。そこから時間をテーマにして、時間軸を取り込みたい、と思いました。2017年の現在を主軸にしながら、過去を取り込むこと、実際のリアルな井の頭の100年を取り込む難しさを考えた時に、「想像した過去」や「フィクションの中の過去」をあえて物語の中で作ってみよう、その過去だったら物語の中に入れられるのではないか、と思いました。それをどう映画として表現するか考えた時に、ハルというふらっとやって来た人物が、「過去らしきもの」と現在を行き来する、そこでは現在と過去、そしてもしかしたら未来みたいなものがあわさった空間のようなものを、映画の中で表すことが出来ないか、ということですね。見ている人も、今どこにいるんだろうというような中で見てもらえると面白いのではないでしょうか。

――Blu-ray・DVDでこれからご覧になる方にコメントをお願いします。
(瀬田)キャストの表情ややりとり、これは細かく始めからこちらで指定したものではなく、キャストが吉祥寺の場所や空間のなかで生んだものなので、撮影した後、編集していても、ああこんな表情や動きをするんだ、と新鮮で楽しかった部分が沢山ありました。そういったところは細かく、何度見ても楽しんでいただけると思います。
また音楽が物語のテーマとなっているんですが、トクマルシューゴさんに脚本の段階から音楽を担当していただいて、沢山の曲やミュージシャンに参加してもらっています。どれも個性的で魅力的な音楽ですので、大きなボリュームで見ていただけると、音楽でさらにいろいろな楽しさを感じ取っていただけると思います。


橋本愛インタビュー

――コメンタリー収録はいかがでしたか?
(橋本)コメンタリーは初めての体験でした。楽しかったです。この映画をかなり気に入ってくださった方や、いつも応援してくださる方とか、ちょっと限られた方が聞いてくれるのではないかと思いますが、そういったところだと少し自由になれるような部分もありまして、あんまり気にしないで好き勝手にしゃべれるような(笑)、そういった機会はそういつもあるわけではないので、リラックス出来て話すことが出来てとても楽しかったです。

――この映画の魅力、好きなところは?
(橋本)映画の大きさとか小ささとかに関わりなく、演じていて好きな映画があります。この映画もそうでした。それは「雑味(ざつみ)」がある、というのでしょうか。明確にクリーンでは無いような、ちょっと粗かったり、雑味があるような。あれ、この辺あんまり掃除されてないな、っていった部分があるような映画、そういったところに魅力を感じたり好きになったりすることが多いかもしれません。この映画はまさにその「粗さ」が私はとても好きですし、魅力だと感じていただけると嬉しいです。

――Blu-ray・DVDでこれからご覧になる方にコメントをお願いします。
(橋本)この映画には、映画の先だとか、前だとか、見えていない部分、ハッキリとは分からない部分、余白を残している部分があるんです。私も演じながら、そういった物語の余白に関しては監督にはっきりと質問をしていないんです。解釈の余地がある余白が、私はとても好きです。

永野芽郁インタビュー

――コメンタリー収録はいかがでしたか?
(永野)映画を見ながらお話すると、映画に見入っちゃって、ワイワイ話しながら見ているとあっという間に時間が過ぎていってしまいました。皆さんとお話することで、私のいなかった現場で起きていたことなどが知れてよかったです。

――本作について思ったことや、周りから言われたことはありますか?
(永野)吉祥寺の街を舞台にして、映像がとても綺麗だなと感じました。同じような感想を周りから言っていただくことも多かったです。
あと、私が演じたハルは実在しているの?って訊かれますね。どういう娘なのって。それは私自身も、はっきりと分からないまま、実在しているのかな、どういう人間なんだろうって、さぐりさぐりやっていました。監督にはあんまりはっきりと訊かないままに、そこはファンタジーでいいのかなって思いもありました。自分自身がハルをつかみすぎてしまっても、ハルが普通にそのまま実在しているって出てしまうような気がして。これはわからないままでやってもいいのかなって、感じたりもして。
人によっても感じ方が違うだろうし、見るたびにまた違った見方ができますよね。私自身でもそうですから。

――Blu-ray・DVDでこれからご覧になる方にコメントをお願いします。
(永野)家族とか友達と見て欲しい気もしますけど、ひとりだけでじっと『PARKS パークス』と向かい合って見ていただけたら、色んな感じ方が出来ると思いますので、ゆっくりとじっくりとご覧いただきたいです。

3人のコメンタリーも収録された『PARKS パークス』Blu-ray・DVDは、現在発売中。特典コメンタリーも含めて楽しんでいただきたい。


映画情報どっとこむ ralph 【商品情報】

PARKS パークス

セルDVD
品番:PCBE.55768 価格:¥3,800+税
本編118分+特典映像収録
映像特典:メイキング(スタンダード版)/劇場公開時舞台挨拶映像/予告篇
音声特典:副音声コメンタリー<瀬田なつき(監督)、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人(ゼネラルプロデューサー)、松田広子(プロデューサー)>

セルBlu-ray
品番:PCXE.50785 価格¥4,800+税
本編118分+特典映像収録
映像特典:メイキング(長尺版)※/劇場公開時舞台挨拶映像/劇場公開時のライブイベント映像※/未公開映像「もうひとつのラストシーン」※/予告篇 (※はブルーレイのみの収録)
音声特典:副音声コメンタリー<瀬田なつき(監督)、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人(ゼネラルプロデューサー)、松田広子(プロデューサー)>

【キャスト】
橋本愛 永野芽郁 染谷将太
石橋静河 森岡龍 / 佐野史郎
柾木玲弥 長尾寧音 岡部尚 米本来輝 黒田大輔 嶺豪一 原扶貴子 斉藤陽一郎
澤部渡(スカート) 北里彰久(Alfred Beach Sandal) シャムキャッツ 高田漣

【スタッフ】
監督・脚本・編集:瀬田なつき
音楽監修:トクマルシューゴ
劇中歌:PARK MUSIC ALLSTARS「PARK MUSIC」
エンディングテーマ:相対性理論「弁天様はスピリチュア」

発売元:日活
販売元:ポニーキャニオン


***********************************



永野芽郁、三浦翔平、白濱亜嵐より『ひるなかの流星』DVD発売記念応援写真が到着


映画情報どっとこむ ralph 2017年3月24日より全国劇場公開され、興行収入13億円を突破した大ヒット恋愛映画『ひるなかの流星』が、ファン待望のBlu-ray&DVDとなって10月18日に発売されますが・・・。

なんと!この度、永野芽郁さん、三浦翔平さん、白濱亜嵐さんよりBlu-ray&DVD発売記念応援写真が到着しました!!!
応援写真で永野芽郁と白濱亜嵐が手に持っているように、Blu-ray&DVDのスペシャル・エディションには、原作者のやまもり三香による描き下ろし絵柄を含んだポストカードセット(6枚)&特製ステッカーという豪華な限定特典が封入。さらに初出し秘蔵映像満載な180分超えの特典映像が収録されるなど、ファンは必ず手に入れたい内容になっています。

映画情報どっとこむ ralph 誰もが経験する「初恋」の全てが詰まった≪胸キュン度200%≫のラブストーリー。原作は2011年から2014年に「マーガレット」(集英社刊)にて連載され、“初恋のバイブル”として絶大な支持を集めた大人気コミック。

田舎育ちで恋を知らない主人公・与謝野すずめ役に、永野芽郁さん。本作で映画初主演。
すずめが東京の転校先で出会い恋に落ちる担任教師・獅子尾五月役に、三浦翔平さん。
すずめに想いを寄せるクラスメイト・馬村大輝役に、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」白濱亜嵐。
さらに、山本舞香、西田尚美、佐藤隆太ら実力派キャストが、原作の人気キャラクターを見事に演じています。
メガホンをとるのは、『潔く柔く』『四月は君の嘘』で、青春恋愛映画の新たなスタンダードを作り上げた新城毅彦監督です。

映画情報どっとこむ ralph ■■Blu-ray&DVD商品情報■■


「ひるなかの流星 Blu-rayスペシャル・エディション」
(PCXC-50131)
¥6,800+税/本編Blu-ray+特典DVD
「ひるなかの流星 DVDスペシャル・エディション」
(PCBC-52569)
¥5,800+税/本編DVD+特典DVD
「ひるなかの流星 Blu-rayスタンダード・エディション」
(PCXC-50132)
¥4,800+税/本編Blu-ray
「ひるなかの流星 DVDスタンダード・エディション」
(PCBC-52570)
¥3,800+税/本編DVD

●発売日:2017年10月18日(水)Blu-ray&DVD発売/レンタル開始
●収録時間:本編118分+特典映像186分(スペシャル・エディションのみ)

●スペシャル・エディション限定特典:
・特製アウターケース付き
・封入特典:ポストカードセット(6枚)&特製ステッカー
・特典DVD収録内容:
スペシャル・エディション限定!180分超え映像特典収録!ファン必見の初出し秘蔵映像満載!
①クランクインからクランクアップまですべてを網羅した、ここでしか見られない現場の裏側を完全収録!
さらに、永野芽郁自らがキャストインタビューや現場中継する「芽郁ちゃんメイキング」も必見!
②キャストの素顔が垣間見えるオフィシャルインタビュー集(永野芽郁・三浦翔平・白濱亜嵐・山本舞香)
③ひるなかの各種イベントにカメラが潜入!必ず胸キュンする映像が盛り沢山!
●スペシャル・エディション/スタンダード・エディション共通特典:
・映像特典:予告編集

●発売元:フジテレビジョン/販売元:ポニーキャニオン

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)やまもり三香/集英社

映画情報どっとこむ ralph 【ストーリー】
恋愛未経験の与謝野すずめが転校先の高校で出会ったのは、上京初日に迷子になっていたのを助けてくれた担任教師の獅子尾。
一見軽そうだが優しくて面倒見のよい獅子尾に、すずめは生まれて初めての恋をする。
すずめのことが気になりながらも、教師という立場から素直になれない獅子尾。
そんななか、すずめはクラスで隣の席に座る“女子が大の苦手”なはずの馬村から告白される。
果たしてすずめの初恋の行方は…?
(2017年3月24日~ 全国劇場公開作品)
【キャスト】
永野芽郁 三浦翔平 白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS from EXILE TRIBE)
山本舞香 / 小野寺晃良 室井響 小山莉奈 大幡しえり
西田尚美 佐藤隆太

【スタッフ】
原作:やまもり三香「ひるなかの流星」(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:安達奈緒子 音楽:羽毛田丈史 監督:新城毅彦
主題歌:Dream Ami 「はやく逢いたい」(rhythm zone)
公式サイト:http://hirunaka.jp/

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 集英社 (C)やまもり三香/集英社
***********************************

    


『ミックス。♡ SHISHAMO♡T4 TOKYO カフェ』開催決定!!


映画情報どっとこむ ralph 複合型卓球スペース「T4 TOKYO 」とコラボ!
『ミックス。♡ SHISHAMO♡T4 TOKYO カフェ』開催決定!!

今回のスペシャルコラボレーションカフェ『ミックス。♡SHISHAMO♡T4 TOKYO カフェ』は、T4 TOKYO 内にある卓球 レストラン「THE RALLY TABLE(ザ ラリーテーブル)」にて開催!!

期間中は、映画「ミックス。」のビジュアルイメージに変更された店舗内に、作品イメージに装飾されたオリジナル卓 球台を設置。作品映像や SHISHAMO による作品主題歌「ほら、笑ってる」・挿入歌「サボテン」の楽曲が流れ、レス トラン全体で映画「ミックス。」を体感していただくことができます。

作品の世界観がちりばめられたお食事やドリンク、挿入歌「サボテン」にちなんだスウィーツなどのコラボメニューを ご提供するほか、卓球ボールやコースター・ランチョンマット(数量限定)などコラボグッズもご用意いたします。 コラボカフェ限定のオリジナルメニューは、フォトジェニックなものとなっており、期間限定 T4 TOKYO でしか体験で きない映画「ミックス。」の世界観でお食事を楽しめます。

『ミックス。♡SHISHAMO♡T4 TOKYO カフェ』開催概要

開催期間:2017 年 10 月 9 日(月・祝)~11 月 5 日(日)
開催場所:T4 TOKYO(ティーフォートウキョウ)東京都渋谷区神南 1-12-16 ASIA BUILDING 1F
電話:03-6452-5744 (レストラン内)
公式HP:
https://t-4.jp/tokyo/
営業時間:THE RALLY TABLE(卓球レストラン&バー) 11:00~23:30 (ラストオーダ 23:00)

※開催期間中のご予約は承っておりません。
※混雑時は時間制限(120分制)および整理券制とさせていただく場合がございます。
※店舗の都合により、下記日程に限りご利用いただける営業時間に制限がございます。

・10/9(月・祝) 11:00~18:00 (ラストオーダ:17:00)
・10/11(水) 17:30~23:30 (ラストオーダ:23:00)

映画情報どっとこむ ralph 映画『ミックス。

10月21日(土)全国東宝系ロードショー

物語・・・

母のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された28歳独身・多満子(新垣結衣)。母の死後、普通に青春を過ごし、普通に就職する平凡な日々を送っていたが、会社の卓球部のイケメンエース・江島(瀬戸康史)に告白され付き合うことに。ついにバラ色の人生が!と思った矢先、新入社員の美人卓球選手・愛莉(永野芽郁)に江島を寝取られてしまう。人生のどん底に落ち、逃げるように田舎に戻った多満子だったが、亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、自分の青春を捧げた活気のある練習風景はそこにはなかった。クラブの部員も、暇を持て余した元ヤンキーのセレブ妻、試合になるといつも腹痛で不戦敗になる農家の夫婦、オタクの引きこもり高校生、さらにケガで引退した元日本ランカーのプロボクサーながら、妻の上司を不倫相手と勘違いして暴力事件を起こし、妻と娘に見捨てられた新入部員の萩原(瑛太)など、全く期待が持てない面々だった。しかし、江島と愛莉の幸せそうな姿を見た多満子は、クラブ再建と打倒江島・愛莉ペアを目標に、全日本卓球選手権の男女混合ダブルス(ミックス)部門への出場を決意。部員たちは戸惑いながらも、大会へ向け猛練習を開始する。多満子は萩原とペアを組むものの、全く反りが合わずケンカばかり。しかし、そんな二人の関係にも、やがて変化が訪れていく―。
果たして、フラワー卓球クラブは奇跡の全日本選手権出場を叶えることができるのか?
そして、がけっぷち女子・多満子の恋の行方は!?

公式ホームページ:
http://mix-movie.jp/
公式Twitter:
@mix_pingpong
公式Instagram:
@mix_pingpong/

***********************************

キャスト:
新垣結衣 瑛太
広末涼子 瀬戸康史 永野芽郁 佐野勇斗 森崎博之/ 蒼井 優
山口紗弥加 中村アン 久間田琳加 神尾 佑 平山祐介 斎藤 司(トレンディエンジェル)
佐野ひなこ 鈴木 福 谷 花音 平澤宏々路 関 太(タイムマシーン3号)  
真木よう子 /吉田鋼太郎 池上季実子 松尾 諭 生瀬勝久/
田中美佐子 遠藤憲一 小日向文世

脚本:古沢良太(「デート~恋とはどんなものかしら~」「リーガルハイ」)
監督:石川淳一(映画『エイプリルフールズ』) 
主題歌:SHISHAMO「ほら、笑ってる(movie ver.)」
(GOOD CREATORS RECORDS / ユニバーサル シグマ)
音楽:末廣健一郎
撮影期間:2017年2月上旬~3月下旬
公開:2017年10月21日(土)
製作:フジテレビジョン
制作プロダクション:FILM
配給:東宝
©2017『ミックス。』製作委員会   


橋本愛、永野芽郁 コメント到着!吉祥寺舞台『PARKS パークス』ブルーレイ・DVD発売決定で


映画情報どっとこむ ralph 吉祥寺を舞台に、豪華俳優&ミュージシャン出演で描く音楽青春映画『PARKS パークス』ブルーレイ・DVD発売決定!キャストのコメントも到着!

橋本愛、永野芽郁、染谷将太ら最旬の人気若手俳優が共演、数々の人気ミュージシャンの出演も話題となった、井の頭公園100周年記念の音楽青春映画『PARKS パークス』のブルーレイ・DVDが、11月15日(水)に発売になることが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph この発売決定をうけて、橋本愛さん、永野芽郁さん、瀬田なつき監督からコメントが届いています!

■橋本愛<吉永純役>
映画を見るときも、分かりやすい答えを出さないのが好きなんです。ご覧になる方も、それぞれが自分で感じ取ってくれることで、それぞれの映画になってくれる、それがこの映画の良さだと思います。でも答えを知りたい人は、コメンタリーとか特典映像とかを見まくってみてください(笑)。

■永野芽郁<木下ハル役>
吉祥寺は、私には特別な街で。サンロードの、靴屋さんの前でスカウトされて、人生が変わった街なんです。大げさに言っちゃうと。その吉祥寺を舞台にして、ハルっていう不思議な役を演じていて、とても不思議な気がしています。DVDは映画館とはまた違って、何回でも見ていただけるのがいいなあって思います。今回演じたハルって役は、不思議な娘なので、物語もちょっと不思議な世界観があるんですね、そんな魅力がつまった映画です。ここはどういうことなんだろうってところをまた見てもらえると、また別の思いが生まれたりすると思います。

■瀬田なつき <監督・脚本・編集>
吉祥寺を公園や街、いろいろなところで、そのままの地図どおりに撮影しています。是非まず見ていただいて、2時間くらいあれば登場したロケ地が歩いて回れますので、金曜の夜とかにDVDやBDで映画を見て、次の土日に井の頭公園や吉祥寺の街を歩いていただけると楽しいと思います。

映画情報どっとこむ ralph 本作は、吉祥寺・井の頭公園近くに住む大学生・純の家に、ハルと名乗る高校生が訪ねてくるところから始まる物語。亡父について小説を書こうとするハルは、父の昔の恋人・佐知子を探して吉祥寺にやってきたという。2人は佐知子の孫・トキオと出会い、佐知子の遺品の中からオープンリールのテープを見つける。50年前に作られたひとつの曲が引き金となり、1960年代の恋人たちの記憶が、2017年の吉祥寺に生きる若者たちの夢と冒険につながっていく、傑作青春映画だ。
主演の純役は橋本愛。凛とした美しさに磨きがかかり、まさに代表作といえる作品となった。
ハル役には、NHK連続テレビ小説「半分、青い」のヒロインにも決定した、新進人気女優・永野芽郁。
トキオ役には、今や日本映画界に無くてはならない存在となった染谷将太。
3人のメインキャストに加え、石橋静河、森岡龍、柾木玲弥、長尾寧音など注目の若手俳優が共演。さらに吉祥寺在住のベテラン・佐野史郎などが脇を固める。
監督を務めるのは、映画だけでなくミュージックビデオやCMにおいても瑞々しい感性を発揮している新世代の旗手、瀬田なつき。

音楽面では、吉祥寺ゆかりのミュージシャンや東京インディーズの人気バンドなどが多数出演している点も注目だ。
吉木諒祐(THE NOVEMBERS)・澤部渡(スカート)・シャムキャッツ・北里彰久(Alfred Beach Sandal) ・高田漣など、個性的かつ多彩な顔ぶれが揃っている。エンディングテーマには相対性理論の「弁天様はスピリチュア」。音楽監修のトクマルシューゴは脚本段階から参加し、物語の主役ともいえる音楽を見事なサントラに集結させている。


本作は、吉祥寺の名物映画館バウスシアター閉館にあたって、「終わりを始まりにしたい」というオーナーの意向から、井の頭公園100周年記念として企画製作された作品であり、吉祥寺という街の描き方にも注目したい作品となっている。

映画情報どっとこむ ralph この度発売になるブルーレイとDVDは、ボーナスコンテンツの収録内容が異なっている。
ブルーレイ・DVD共通の映像・音声特典としては、劇場公開時の舞台挨拶映像、予告編、
そして瀬田なつき監督、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人ゼネラルプロデューサー、松田広子プロデューサーによる音声解説が収録される。
ブルーレイのみの映像特典としては、長尺版のメイキング映像(※DVDにはスタンダード版が収録)と未公開シーンに加えて、
劇場公開時に行われたスカートの澤部渡、Alfred Beach Sandalの北里彰久のライブイベントの映像が収録される。

■商品情報
「PARKS パークス」
2017年11月15日(水)発売 ※DVDレンタル同時スタート

<セルDVD>
価格:¥3,800+税
音声:1.オリジナル 日本語
   2.オーディオ・コメンタリー 日本語
収録時間:本編118分+特典映像
特典映像:
●メイキング(スタンダード版)
●劇場公開時舞台挨拶映像
●予告篇 
●副音声コメンタリー<瀬田なつき(監督)、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人(ゼネラルプロデューサー)、松田広子(プロデューサー)>

<セルブルーレイ>
価格:¥4,800+税
音声:1.オリジナル 日本語
    2.オーディオ・コメンタリー 日本語
収録時間:本編118分+特典映像
特典映像:
●メイキング(長尺版) ※
●劇場公開時舞台挨拶映像
●劇場公開時のライブイベント映像 ※
 「澤部渡(スカート)@テアトル新宿」(フル収録)
 「北里彰久(Alfred Beach Sandal)@吉祥寺オデヲン」(2曲収録)
●未公開映像 「もうひとつのラストシーン」 ※
●予告篇   
●副音声コメンタリー<瀬田なつき(監督)、橋本愛、永野芽郁、樋口泰人(ゼネラルプロデューサー)、松田広子(プロデューサー)>
(※マークはブルーレイのみの収録。)

発売元:日活
販売元:ポニーキャニオン

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
吉祥寺・井の頭公園近くに住む大学生の純(橋本愛)は、最近なにもかもがうまくいかない。

恋人とは破局、大学からは留年通知、なんとか卒業しようとゼミ担当教授(佐野史郎)にレポートを相談、アパートに戻ると見知らぬ高校生のハル(永野芽郁)が訪ねてくる。

亡父の晋平(森岡龍)について小説を書こうとするハルは、晋平の昔の恋人・佐知子(石橋静河)の手紙を読み吉祥寺にやってきたのだ。

***********************************

キャスト:
橋本愛 永野芽郁 染谷将太
石橋静河 森岡龍 / 佐野史郎
柾木玲弥 長尾寧音 岡部尚 米本来輝 黒田大輔 嶺豪一 原扶貴子 斉藤陽一郎
澤部渡(スカート) 北里彰久(Alfred Beach Sandal) シャムキャッツ 高田漣

スタッフ:
監督・脚本・編集:瀬田なつき
企画:本田拓夫
ゼネラルプロデューサー:樋口泰人
プロデューサー:松田広子
撮影:佐々木靖之
美術:安宅紀史
音楽監修:トクマルシューゴ
録音:高田伸也
ラインプロデューサー:久保田傑
劇中歌:PARK MUSIC ALLSTARS「PARK MUSIC」
エンディングテーマ:相対性理論「弁天様はスピリチュア」
(C) 2017本田プロモーションBAUS


新垣結衣・瑛太 W主演映画『ミックス。』に石川佳純・水谷隼ら卓球選手出演!


映画情報どっとこむ ralph 奇跡のロマンティック卓球コメディー映画『ミックス。』のスター卓球選手出演情報解禁です。

今や日本のみならず世界中が注目する脚本家・古沢良太の最新作。
その舞台はなんと“卓球”!不器用でどこか欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合ダブルス(=ミックス)を通じて小さな“奇跡”を起こす、恋と人生の再生物語です。
この映画化にあたり、新垣結衣と瑛太がW主演を務めるほか、広末涼子、瀬戸康史、永野芽郁、斎藤司(トレンディエンジェル)、蒼井優、真木よう子、吉田鋼太郎、生瀬勝久、遠藤憲一、小日向文世ら、超豪華キャストが集結しました!


恋と仕事に敗れた元天才卓球少女・多満子(新垣結衣)は、母の残したフラワー卓球クラブ再建のため、そして、恋敵である江島晃彦(瀬戸康史)&小笠原愛梨(永野芽郁)ペアを倒すため、元プロボクサーである萩原久(瑛太)と共にミックスペアを組み、全日本卓球選手権への出場を決意します。

映画情報どっとこむ ralph 卓球を題材にした本作に必要不可欠だったのが本物の卓球選手たちの存在。

本作には日本卓球協会、そしてあらゆる卓球用具メーカーが全面協力し、よりリアリティのある卓球シーンが完成いたしました。フラワー卓球クラブが出場する全日本卓球選手権 神奈川地区大会にて、メンバーである夫婦ペア落合元信(遠藤憲一)&落合美佳(田中美佐子)と対戦するのは、木造勇人&伊藤美誠ペア。
それぞれ、相模原第一高校の東聖哉、田所いろは、という役柄を演じ、強豪卓球選手として立ちはだかります。

同様にフラワー卓球クラブの吉岡弥生(広末涼子)&佐々木優馬(佐野勇斗)ペアの前に立ちはだかるのは吉村真晴&浜本由惟ペア。
吉村は先日の世界卓球で石川佳純とまさしくミックスペアを組み、見事金メダルを獲得しました。浜本は現在世界ランキング44位ですが、2015年には全日本卓球選手権にてベスト8、またジュニア部門では優勝している実績の持ち主です。こちらも木造&伊藤ペアと同様に強豪ミックスペアとして横浜学園大学 徳島竜司、松田萌絵という役柄をそれぞれ演じています。

さらには、新垣演じる多満子と瀬戸演じる江島の二人が訪れる、江島の壮行会となるパーティー会場には、卓球界の著名人、本人役で水谷隼&石川佳純が出演。

石川佳純は先の吉村真晴と共に世界卓球選手権でミックスペアを組んで金メダルを獲得したほか、リオ五輪では団体銅メダル、全日本卓球選手権では4回優勝という輝かしい成績を持っております。二人には台詞も与えられており、新垣演じる多満子との演技シーンにも注目です。

映画情報どっとこむ ralph 水谷さん、石川さん、新垣さんらからのコメントも届いてます!

水谷隼さんからのコメント
はじめての映画の撮影ということで非常に緊張しました。僕自身の持っている力は全部出せたと思います。何回も何回も同じシーンを撮影するのが本当に大変だなと感じました。
新垣さんはテレビでは何度も観ていて今回はじめてお会いしましたが、思っていた通りとても綺麗な方でした。
オリンピックと今回の撮影とどちらが緊張するかと言えば、圧倒的に映画です。断トツです。ガチガチでした。
今回、卓球が題材の映画ということで卓球選手として、イチ観客としても非常に楽しみにしています。必ず家族で観に行きます。皆さんも観に行きましょう!

石川佳純さんからのコメント 
はじめて、映画の撮影現場にこういう形で参加させてもらって、こんなにたくさんの方々が映画に関わっているんだなあっていうのがわかりましたし、すごく楽しい経験ができました。わたしも水谷さんと一緒で、普段観ているワンシーンっていうか何秒っていうところを色んな角度から何回も撮り直すんだっていうのを目の当たりにして初めてわかりました。
新垣さんとははじめてお会いして、撮影の休憩時間にお話しさせてもらった時、すごく優しくて、元々ファンだったのですがさらに好きになりました。
オリンピックと比べると、緊張の部類が全く違って、撮影現場だと右も左も全くわからないのですごく緊張しました。そういう意味ではオリンピックと同じくらい緊張したと思います。
卓球が映画になるのでわたしたちもすごく楽しみにしています。卓球の魅力がさらにたくさんの方に伝わったら嬉しいですし、伝わると思うので私自身もすごく楽しみにしています。

新垣結衣さんからのコメント
水谷選手、石川選手お二人とも撮影を楽しんでくださったみたいですごく嬉しかったです。練習の合間を縫って参加してくれただけでも嬉しかったですし、たくさん現場でお話しして頂いて、こういう卓球を題材にした映画がつくられるっていうこともすごく喜んでくださって。
本当に試合中のプレッシャーとか、そういうのを全部抱えて挑んでいるすごい人達なんだという事を忘れてしまいそうなくらいフランクな、身近な雰囲気のお二人でした。すごくお話ししやすかったです。
伊藤美誠選手が現場にいたときはリオ五輪のメダルを見せてくれて。撮影シーンは一緒じゃなかったんですけど、控室が一緒で、「見せたかったんです―!」ってすごい無邪気に持ってきて、掛けてくださいって来てくれて、なんかギャップがすごいなって思いながらも嬉しくて…。メダルは重かったです。
でもその重みは、きっと選手の皆さんのこれまで何年もかけて練習してきて試合に挑んできたんだものなんだと感じました。
この映画をきっかけにもっとラケットを持ってくれる人が増えれば、撮影に協力してくれた選手の皆さんに恩返しになるかなと思います。


石川淳一監督からのコメント
水谷選手はシャイな好青年で、緊張もされていたようでやや芝居が固かったんですが、
いつもの水谷選手らしくとお願いして自然体で演じていただきました。
石川選手は華がありお芝居もノリノリで女優向きなので今後もどんどん女優として出たらいいと思います。

映画情報どっとこむ ralph これだけ多くのスター卓球選手が映画に出演するのは極めて異例のこと!

空前絶後の!!!!
卓球ブームが訪れている2017年、公開するのはこの秋!

『ミックス。』
10月21日(土)全国東宝系ロードショー

公式サイト:
mix-movie.jp



物語・・・
母のスパルタ教育により、かつて“天才卓球少女”として将来を期待された28歳独身・多満子(新垣結衣)。母の死後、普通に青春を過ごし、普通に就職する平凡な日々を送っていたが、会社の卓球部のイケメンエース・江島(瀬戸康史)に告白され付き合うことに。ついにバラ色の人生が!と思った矢先、新入社員の美人卓球選手・愛莉(永野芽郁)に江島を寝取られてしまう。人生のどん底に落ち、逃げるように田舎に戻った多満子だったが、亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、自分の青春を捧げた活気のある練習風景はそこにはなかった。クラブの部員も、暇を持て余した元ヤンキーのセレブ妻、試合になるといつも腹痛で不戦敗になる農家の夫婦、オタクの引きこもり高校生、さらにケガで引退した元日本ランカーのプロボクサーながら、妻の上司を不倫相手と勘違いして暴力事件を起こし、妻と娘に見捨てられた新入部員の萩原(瑛太)など、全く期待が持てない面々だった。しかし、江島と愛莉の幸せそうな姿を見た多満子は、クラブ再建と打倒江島・愛莉ペアを目標に、全日本卓球選手権の男女混合ダブルス(ミックス)部門への出場を決意。部員たちは戸惑いながらも、大会へ向け猛練習を開始する。多満子は萩原とペアを組むものの、全く反りが合わずケンカばかり。しかし、そんな二人の関係にも、やがて変化が訪れていく。

果たして、フラワー卓球クラブは奇跡の全日本選手権出場を叶えることができるのか?
そして、がけっぷち女子・多満子の恋の行方は!?

***********************************

キャスト:
新垣結衣 瑛太
広末涼子 瀬戸康史 永野芽郁 佐野勇斗 森崎博之/ 蒼井 優
 山口紗弥加 中村アン 久間田琳加 神尾 佑 平山祐介 斎藤 司(トレンディエンジェル)
    佐野ひなこ 鈴木 福 谷 花音 平澤宏々路 関 太(タイムマシーン3号)  
真木よう子 /吉田鋼太郎 池上季実子 松尾 諭 生瀬勝久/
田中美佐子 遠藤憲一 小日向文世

脚本:古沢良太(「デート~恋とはどんなものかしら~」「リーガルハイ」)
監督:石川淳一(映画『エイプリルフールズ』) 
主題歌:SHISHAMO「ほら、笑ってる(movie ver.)」
(GOOD CREATORS RECORDS / ユニバーサル シグマ)
音楽:末廣健一郎
撮影期間:2017年2月上旬~3月下旬
公開:2017年10月21日(土)
製作:フジテレビジョン
制作プロダクション:FILM
配給:東宝
©2017『ミックス。』製作委員会