「永遠に僕のもの」タグアーカイブ

犬山紙子 美の暴力!本作リメイクをするなら主演は?に 映画『永遠に僕のもの』大ヒット記念イベント


映画情報どっとこむ ralph 2018年アルゼンチンでメガヒットを記録した、ペドロ・アルモドバルプロデュース作『永遠に僕のもの』が、8月16日(金)より渋谷シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで、現在大ヒット公開中!アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯の少年・カルリートスを演じるのは、SNSを中心に「とんでもなく美しすぎ」と話題を集めていた、本作が映画デビュー作のロレンソ・フェロ。さらに監督にもエッジーな映像センスが高く評価され注目を集めるルイス・オルテガなど、世界を圧倒させるアルゼンチンの才能が集結!

この度、本作の大ヒット記念イベントが行われ、人気エッセイストの犬山紙子がゲスト登壇し、スペシャルトークショーが行われました!
「永遠に僕のもの」犬山紙子登壇_大ヒット記念イベント 8月16日(金)に初日を迎え、平日・土日問わず連日満席続出の大ヒットを記録しているほか、映画レビューサイト「Filmarks」では初日満足度ランキング1位を獲得。

『永遠に僕のもの』大ヒット記念イベント
日時:9月12日(木)
場所:シネクイント
登壇:犬山紙子

映画情報どっとこむ ralph 話題沸騰の本作について、まずは感想を問われると、
「永遠に僕のもの」犬山紙子登壇_大ヒット記念イベント 犬山さん:衝撃的すぎて、“美の暴力”で思いっきりぶん殴られたみたいな感覚でしたね。

と語りだす犬山さん。

犬山さん:主人公のカルリートスはすごく愛らしい天使のような少年なのに、眉一つ上げずに人を殺す犯罪者で。カルリートス(ロレンソ・フェロ)が強盗や殺人を犯して逃げるシーンがあるんですけど、なぜか応援しちゃうんですよね。絶対に捕まえるべき犯罪者なのに、そんな風に思ってしまうような魅力がありました。

と、複雑な要素を併せ持つ主人公カルリートスにすっかり魅了された様子を見せた。

そんな犬山さんと同様に、カルリートスのぽってりとした赤い唇や、金髪の巻き気、ぷにぷにとした可愛らしい体型など、SNSではその奇跡のように美しいビジュアルでも、女性を中心に大きな話題を集めている。その理由について

犬山さん:もちろん全体的にパーフェクトなんですが、“隙のない美しさ”を持っていることが大きいんじゃないですかね。

と分析。

犬山さん:彼自身、きっと美しさを散々自覚させられてきたと思うんですよ。劇中でも時折ウィンクしたりとか、自分が美しいと分かっていないと出来ないことをやる。その、分かっていて出来る色っぽい仕草が最高なんですよね!美しさを自覚する者の、美しい仕草の高い攻撃力にクラクラしちゃいました。

と幸せそうな表情で語る犬山に、場内からは笑い声が漏れる場面も。

犬山さん:自覚的な尊さは、この映画は随一じゃないですかね。

と太鼓判を押していた。



さらにトークはカルリートスの相棒ラモン(チノ・ダリン)の話題に。
特に女性の間では、カルリートスとラモンの危うく色っぽい関係性がたまらないという声も続出中。

犬山さん:二人の関係性に尊いものを感じたんですが、ラモンって、無自覚で鈍感じゃないですか。美しい男性なのに、テレビに出れると決まって浮かれたりとか、大衆的な感覚やピュアさがあって。そしてカルリートスの想いにも気づけていないという、あの鈍感さがたまらない!

と、ラモンの魅力を熱弁!加えて犬山さんは、本作で主人公のモノローグの少なさについても指摘。

犬山さん:この映画には、カルリートスの気持ちがほぼ出てこないのに、ラモンに執着していたりとか、そういったところで感情がグイグイ入ってくるじゃないですか。そういう作品って、妄想する余地が凄くあるんですよね。日本人の大好物と言える作品だと思います。好きでしかないです!

と興奮気味に愛を吐露する姿に、場内からは時折笑い声が。


「永遠に僕のもの」犬山紙子登壇_大ヒット記念イベント そんなカルリートスにドハマりしている様子を見せていたが、他に最近ハマった“美少年”について質問が及ぶと、

犬山さん:最近は『BANANA FISH』ですね!

と、漫画家・吉田秋生による作品を挙げ

犬山さん:この作品も人を殺してしまったりするんですが、主人公のアッシュに本当に恋をしてしまって。苦しくて最終巻も読めていないんですが、美しい人が抱える孤独や寂しさも描かれていて、そんなところが本作に共通しているなと思います。

と場内に語り掛けていた。


さらに本イベントでは、「本作のリメイクをするなら●●主演が良い」などと、自身の“推し”である俳優やアイドルの名前を挙げるユーザーが多く見受けられたことをきっかけに、事前に映画公式Twitterで誰が良いかを募集する企画も実施。菅田将暉や染谷将太、中島健人(Sexy Zone)など、今をときめく様々な俳優の名前が挙げられる中、最も多かったのが、市川染五郎と、BTSのキム・テヒョン。この結果に

犬山さん:私も市川染五郎さんで観たいですね。初めて市川さんを見た時の衝撃が凄まじくて。基本私は二次元に属する人間で、三次元の方に萌えることはあまりないのですが、世の中にこんな美しい方が存在するのかと驚きましたね。私は市川さんを推したいです!(笑)

と宣言し、会場を沸かせた。


そしてイベントの終盤では、

ロレンソの貴重なサイン入りプレスやポスターなど豪華プレゼントの抽選大会なども実施。当選した観客からは悲鳴が上がるなど、終始大賑わいの中、

犬山さん:こんなに美しい映画をシアターで観れる贅沢なことはなかなかないと思うので、皆さんは“美の目撃者”だと思います。歴史の中でとても尊い体験をされたんじゃないかなと思うくらい、素敵な映画だと思います!

と最後まで熱量高く客席に語り掛け、イベント閉じました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『永遠に僕のもの』

公式サイト:
https://gaga.ne.jp/eiennibokunomono

永遠に僕のもの ロレンソ・フェロ
【STORY】
ブロンドの巻き毛に透き通る瞳、艶やかに濡れた瞳、磁器のように滑らかな白い肌―。神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎる17歳の少年、カルリートス。彼は欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。息をするように、ダンスを踊るように、ナチュラルに優雅に。やがて新しい学校で会った、荒々しい魅力を放つラモンと意気投合したカルリートスは、二人で様々な犯罪に手を染めていく。だが、カルリートスは、どんなに悪事を重ねても満たされない想いに気づき始める―。

***********************************

監督:ルイス・オルテガ
プロデュース:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ハビエル・ブリア『人生スイッチ』
出演:ロレンソ・フェロ、チノダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス『オール・アバウト・マイ・マザー』
配給:ギャガ

©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

鈴木敏夫(ジブリP)、小島秀夫、tofubeats、宇野維正…この“少年”に堕ちた!


映画情報どっとこむ ralph この度、2018年アルゼンチンでメガヒットを記録した、ペドロ・アルモドバルプロデュース作『永遠に僕のもの』が、8月16日(金)より渋谷シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかで全国順次ロードショーとなる。
永遠に僕のもの ロレンソ・フェロ アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯の少年・カルリートスを演じるのは、SNSを中心に「とんでもなく美しすぎ」と話題を集めていた、本作が映画デビュー作のロレンソ・フェロ。さらに監督にもエッジーな映像センスが高く評価され注目を集めるルイス・オルテガなど、世界を圧倒させるアルゼンチンの才能が集結!
永遠に僕のもの ロレンソ・フェロ 目が眩むほどの熱量で放つ、興奮と陶酔のクライム青春ムービーの本作は、日本でもポスタービジュアルや予告編映像が公開されるや否や、「ロレンソ・フェロが美しすぎて涙出る」「これは観るしかない」「最高の予感しかない」と公開前から期待の声が高まっている本作。

この度、スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫を始めとする、 日本を代表するトップクリエイター陣から、本作の<絶賛コメント>が到着!

映画情報どっとこむ ralph そんな中、公開に先駆け、一足早く鑑賞した名だたるクリエイター陣から絶賛のコメントが到着。公開となったのは、「少年の顔は、一度見たら忘れられない。」と少年のとんでもない魅力に対して、熱量の感じるコメントを贈った、スタジオジブリのプロデューサー・鈴木敏夫を始めとする、計15名によるコメント。『メタルギアシリーズ』等で知られるゲームクリエイターの小島秀夫、シティポップシーンを牽引する人気JD、音楽プロデューサーのtofubeats、映画・音楽ジャーナリストの宇野維正らトップクリエイター、さらに俳優・モデル界からは、若手注目株の俳優・神尾楓珠、インスタグラムで約29万人のフォロワーを抱えるモデル・瀬戸あゆみらもコメントを寄せている。

★鈴木敏夫(スタジオジブリプロデューサー)
――少年の顔は、一度見たら忘れられない。

★小島秀夫(ゲームクリエイター)
――果たして悪魔か?天使か?これは狂気か?青春か?アルゼンチンに実在した凶悪犯だと、頭では何度も反芻しながらも、
心はロレンソ・フェロ演じる“黒い天使”の猛毒(フェロ・モン)に引き寄せられ、ついには魅了されてしまう。
この究極のノワールの“美学”は、あなたの倫理観と正気を破壊する。

★tofubeats(DJ / 音楽プロデューサー)
――一人で部屋で好きな音楽を聴きながら踊っているときのようにずっと生きていけたらいいのに。
でも実際はそうも行かないのが人生で、そんな我々を颯爽と追い抜いていくカルリートスの姿に魅了されます。
サウンドトラックも素敵。

★神尾楓珠(俳優)
――若さゆえの悪意のない無邪気な行動が、魅力的。同じ男性から見ても、惚れぼれするカルリートスの瞳。
めちゃくちゃカッコよくて、終始ドキドキしっぱなしでした!自分もこんな危険な作品にチャレンジしてみたいと感じました。

★宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)
――事件の全貌だけでなく、70年代初頭ブエノスアイレスに漂う空気、音楽、ファッションのクールさも衝撃的。
モラルや理性を超えて感性に訴えかけてくる秀作。

★よしひろまさみち(映画ライター)
――悪魔的所業の極悪人。なのに、映像も相まって異様な青春映画に。殺しも盗みもダメだけど、美しすぎるって罪。

★瀬戸麻理子(映画プロデューサー「きのう何食べた?」)
――近づきそうで近づかない距離が切なくて、まるで真っすぐで無垢なものを観ているかのように勘違いさせられてしまいました。
私も彼に堕ちました。

★ANAIS(映画ライター)
――挑発する眼差し、無垢なその濡れた唇に男も女も倫理観を狂わせられる。
それを観客の我々が理解し始めてしまうところに、この主人公の真の恐ろしさを感じてしまう。
間違いなく近年最も、純粋で魅惑的な作品。

★瀬戸あゆみ(モデル)
――どんなにその手を血で染めようと、純真無垢な瞳は決して淀まない。
狂気と色香が常に溢れる張り詰めた画面の中、美しい少年に目が離せませんでした。

★夏目知幸(シャムキャッツ、アーティスト)
――自分を汚したくなる時ってある。汚い自分が嫌になってもっともっと汚したくなる時。
そんな時に観たい映画だった。若く美しい手で、しれっと、ぶん殴ってほしい。

★STEREO TENNIS(グラフィック・アーティスト)
――展開していく犯罪の数々。まるで全く悪いことをしているように思えてこない、それくらい美しさの虜になっている自分がいました。。いやいやいや!いけない!いけないんだけど…。 思うままに起こす行動と、切ない気持ちが交差する映画です。

★澁澤侑哉(モデル)
――すごく考えさせられました!初めて見るジャンルの映画だったけど、始まった瞬間から最後まで夢中になって見入ってしまいました。
自由ってなんだろうとも、生きるって難しいとも思いました。

★川原瑞丸(イラストレーター)
――レコード、ライター、銃に宝石、やがては人の命まで、全てを欲しがる「天使」。
盗めば盗むほどより多くを求める姿は恐ろしくも、その欲望への素直さに何かを揺さぶられる。

★木川将史(カメラマン)
――夜のシーンでは光がとにかく綺麗。グッと寄った目に惹きつけられる。
彼は間違いなく罪人だけど、とても魅力的で美しく、ある意味誰よりも人間らしさを感じた。

★シトウレイ(ストリートスタイルフォトグラファー/ジャーナリスト)
――全てにおいて私が知る「絶対値」を超えている作品。虚しさ、

映画情報どっとこむ ralph 永遠に僕のもの
原題:EL ANGEL

公式サイト:
@eiennibokunomono

永遠に僕のもの ロレンソ・フェロ チノダリン
【STORY】
ブロンドの巻き毛に透き通る瞳、艶やかに濡れた瞳、磁器のように滑らかな白い肌―。神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎる17歳の少年、カルリートス。彼は欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。息をするように、ダンスを踊るように、ナチュラルに優雅に。やがて新しい学校で会った、荒々しい魅力を放つラモンと意気投合したカルリートスは、二人で様々な犯罪に手を染めていく。だが、カルリートスは、どんなに悪事を重ねても満たされない想いに気づき始める―。

***********************************

監督:ルイス・オルテガ
プロデュース:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ハビエル・ブリア『人生スイッチ』
出演:ロレンソ・フェロ、チノダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス『オール・アバウト・マイ・マザー』
配給:ギャガ
2018年/アルゼンチン、スペイン/カラー/ビスタ/5.1ch/115分/字幕翻訳:原田りえ/映倫:R15
©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

美少年ロレンソ・フェロ初来日!神尾楓珠とトークイベント『永遠に僕のもの』


美少年ロレンソ・フェロ初来日!神尾楓珠とトークイベント『永遠に僕のもの』

妖しく輝く美少年の破滅を描く、真実のクライム青春ムービーです。

映画情報どっとこむ ralph 妖しく輝く美少年の破滅を描く、真実のクライム青春ムービー『永遠に僕のもの』(原題:EL ANGEL)が、8月16日(金)より全国順次公開いたします。

アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯の少年を描いた本作。17歳から相棒と組んで、自分が望む全てを手に入れるため、盗難、嘘を重ねやがて殺人まで犯すようになるその少年は、僅か数年で12名以上の殺人を犯し、当時の社会に衝撃を与えると同時に、その美しいビジュアルから時に「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称され大きな話題となった。『オール・アバウト・マイ・マザー』のペドロ・アルモドバルが製作し、カンヌ国際映画祭ある視点部門にも正式出品。アルゼンチンで2018年NO.1のスーパーヒットを記録した話題作がついに日本上陸!

この度、主人公のカルリートスを演じ、本作でスクリーンデビューにして初主演を飾ったロレンソ・フェロが初来日!東京・渋谷のTOWER RECORDS渋谷店にて実施された日本最速フッテージ上映会に登壇し、トークショーが行われました。
日付:6月27日(木)
場所:TOWER RECORDS渋谷店
登壇:ロレンソ・フェロ
SPゲスト:神尾楓珠(かみお・ふうじゅ)

映画情報どっとこむ ralph 現在SNSで話題沸騰中の“南米が生んだ奇跡の美男子”とあって、会場には約150人もの多くの女性ファンが押し寄せる中、シックなジャケットを羽織り、20歳とは思えぬ妖艶なフェロモンを纏ったロレンソさんが颯爽と登壇すると、黄色い悲鳴が響き渡った。

サイコパスな連続殺害鬼役として見せる表情とは打って変わって、ステージにあがるや優しく微笑みファンに手を振るロレンソさんは、
ロレンソさん:皆さん、今日はお越しいただいてありがとうございます。日本に来れてすごく嬉しいです。

と丁寧に挨拶。初めて訪れた日本の印象を聞かれると、

ロレンソさん:すごく美しくて、進んでいて、未来にきたような感じ!アルゼンチンから30時間かけてきたのですごく疲れましたが(笑)、取材の合間にゲームセンターに行って、UFOキャッチャーで大好きなポケモンのミュウツーのぬいぐるみを取れたし、美味しい和牛とお寿司もいただきました。

と、充実した様子で語った。

歌手としての人気もさることながら、本作のアルゼンチンでの記録的ヒットを経て、一躍スターの仲間入りを果たしたロレンソ。有名になったことで生活も一変したようで、

ロレンソさん:(アルゼンチンでは)周りの人が皆自分のことを知っているし、歩いていても写真やサインを求められる。

と人気者ゆえの悩みを吐露する一方で、

ロレンソさん:でも、とてもありがたい事だし自分にとっては良い変化。高校生になって芸能界に入ったのですが、今まで閉じ込められていた泡の中から飛び出したような気分です。

と謙虚に喜びを語ると、会場からは温かい拍手が送られた。

映画情報どっとこむ ralph さらに、そんなロレンソの来日を祝福するため、『HiGH & LOW THE WORST』などの出演も決定している最注目のNEXTブレイク俳優・神尾楓珠(かみお・ふうじゅ)さんがサプライズ登壇し、会場は驚きの喚声が飛び交い、一層ヒートアップ!

神尾さん:同世代の俳優と一緒にイベント登壇する機会も少ないので、ロレンソとこうして会えてすごく嬉しい

と、ロレンソと固い握手を交わし大きな花束をプレゼント。
笑顔で感謝を述べるロレンソさんに対し、本作をすでに鑑賞したという神尾さんは、

神尾さん:日本とは芝居のやり方や構成の作り方が違うところも面白かったし、ロレンソの芝居には、カルリートスの“若さゆえのふてぶてしさ”や、“悪意の感じない無邪気さ”が上手に表現されていて、単純にカッコいいなって思いました。

と、映画を絶賛。

神尾さん:あと、彼の目のアップを映したシーンが随所にあったんですが、毎回ドキッとしてしまいましたね(笑)

と、同性でありながらロレンソが放つ色気に虜になったと胸の内を明かした。

特に好きなシーンについては、「ダンスシーン」を挙げ、
神尾さん:冒頭と終わりにあるのですが、全く違って見えたんです。上手く言えないけど、彼のダンスからは諦めも希望も感じるし、物語の先の未来を想像させる余地があったので、すごく面白かった。カッコいい描写も、美しい描写も、ちょっと間抜けな描写も、全てが丁度良くて…。この映画は、観終わった後のモヤモヤがないんです!

と褒めちぎった。


神尾さんからの称賛を受け、ロレンソさんはちらっと神尾さんにウィンクを交わし、

ロレンソさん:(演じた)カルリートスをあまり憎んで欲しくないと思っていたので、神尾さんが仰ってくれたこと、すごく嬉しいです!もちろん人を殺してはいけないですが、誰にでも悪い心、暗い部分、危うさがある。だけど、だからと言って愛が無くなるわけではない。この映画はそうした繊細な作品なんです。

と笑顔でコメント。
ダンスシーンについては、

ロレンソさん:気に入っていただけて本当に良かった。

と胸をなで下ろしつつ、

ロレンソさん:実は、お父さんが眠っている間に鏡の前でこっそり練習していたんです。撮影中も恥ずかしくて…、テイク1だけ、監督と二人にしてほしいとお願いました。あと、『ウィスキー1杯持ってきて!』って(笑)

と照れ笑いを浮かべて撮影中のエピソードを告白。

ロレンソさん:でも、色々ダンスを試しながらテイクを重ねているうちに人が増えていって…、最終的には20~30人くらいになっていました。

と苦笑するロレンソさんに対し、

神尾さん:なんか…濡れ場の撮影みたいですね(笑)リハの時にはいなかったのに、本番ではなぜか人が増えている。

とまさかの例えを披露すると、大きな笑いが起こった。


映画情報どっとこむ ralph ロレンソさんと神尾さんはお互いに20歳。
ますます今後の活躍が期待される中、

神尾さん:今後は、本作のように“攻めた作品”、カッコいいなって思う作品に自分も挑戦してみたいです。本作でロレンソが魅せる、セリフ無しの動きだけのシーンが本当にカッコよかったので。

と、ロレンソさんに羨望の眼差しを向ける

神尾さん:国籍が違う二人を描いた物語は面白いと思うので、ロードムービーのような作品でロレンソと共演したいです。ベタだけど、ぶつかり合いながらもお互いの文化や友情を深めていくような作品でぜひ!

と提案すると、

ロレンソさん:神尾さんとはまだ深い知り合いになれていないので、どんな映画が良いかは分からないけど、ポケモンの映画に一緒に出るのはどうかな!?監督はマーティン・スコセッシにお願いして!(笑)

と便乗。<南米の美男子>と<日本の美男子>による奇跡の共演に、多くのファンが期待を寄せた。

トーク後のフォトセッション中も肩を組んだり、自撮りをしたりと仲睦まじい様子を見せたロレンソさんと神尾さん。
突然、自身にカメラを向けるマスコミを撮影し始めるといった、茶目っ気たっぷりに自由気ままなロレンソさんだったが、その後のプレゼント抽選会では、当選した女性ファンにハグ&ホッペにキスをプレゼントするなど、親身なファンサービスで会場を沸かせた。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

ロレンソさん:この映画は苦しかったけど、本当に努力したし、本物の愛をこめた映画です。お気に入りのシーンを一つに選ぶことなんてできない。全部をオススメしたい。僕らがこの映画に込めた愛情に、皆さんの心が触れてくれたら嬉しいです。それができたら、僕たちはいい仕事をしたんだなって思うから。

と締めくくってくれました!


≪Lorenzo Ferro(ロレンソ・フェロ)プロフィール≫
1998年11月9日生まれの20歳。本作『永遠に僕のもの』で銀幕デビューを果たし、初の主演作となり、本国では歌手デビューなど大きな話題を集める、南米最注目俳優。
【Instagramアカウント:@ferrototo】



『永遠に僕のもの』
原題:EL ANGEL

公式サイト:
https://gaga.ne.jp/eiennibokunomono

【STORY】
ブロンドの巻き毛に透き通る瞳、艶やかに濡れた瞳、磁器のように滑らかな白い肌―。神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎる17歳の少年、カルリートス。彼は欲しい物は何でも手に入れ、目障りな者は誰でも殺す。息をするように、ダンスを踊るように、ナチュラルに優雅に。やがて新しい学校で会った、荒々しい魅力を放つラモンと意気投合したカルリートスは、二人で様々な犯罪に手を染めていく。だが、カルリートスは、どんなに悪事を重ねても満たされない想いに気づき始める―。

***********************************

監督:ルイス・オルテガ
プロデュース:ペドロ・アルモドバル、アグスティン・アルモドバル、ハビエル・ブリア『人生スイッチ』
出演:ロレンソ・フェロ、チノダリン、ダニエル・ファネゴ、セシリア・ロス『オール・アバウト・マイ・マザー』
配給:ギャガ
2018年/アルゼンチン、スペイン/カラー/ビスタ/5.1ch/115分/字幕翻訳:原田りえ/映倫:R15
©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ