「永瀬正敏」タグアーカイブ

映画『Vision』新たなキャスト解禁 岩田剛典ロングコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 初めて手がけた劇映画『萌の朱雀』を発表した1997年から約20年。世界中で高い評価を受ける河瀨直美監督が、生まれ故郷である奈良県を舞台に、世界三大映画祭すべてで女優賞を獲得したフランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、そして、日本が世界に誇る俳優永瀬正敏をダブル主演に迎え制作する映画『Vision』。すでに世界中から熱視線が注がれている本作の新たなキャスト情報が解禁となる。
本作のダブル主演であるジュリエット・ビノシュ、永瀬正敏と共演する新たな出演者は、日本の音楽シーンを牽引するEXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEのパフォーマー岩田剛典。

岩田演じる鈴(リン)という青年は、永瀬演じる智と同じ“山守”として山で生きているという設定で、撮影時にはスタントなしで実際にケヤキの木に登るなど、果敢に撮影に挑んだ。

岩田剛典からのコメント
河瀬監督とは昨年の夏に映画祭で初めてご挨拶させて頂いた際に『監督といつかご一緒したいです』と話したのですが、まさか本当に、しかもこんなにも早く作品に呼んで頂けるなんて想像もしておらず、お話をいただいた時は心から嬉しかったです。国際的な作品に出演できる機会はそうそうあるチャンスではないので、作品の中での自分の役割を果たせるように覚悟して現場に臨みました。
河瀨組は役者にリアルを追求する現場だったように思います。英語で芝居をするのも初めての経験でした。撮影現場でアドリブの芝居を求められることが多かったのもとても印象深いです。また撮影期間中は自分の撮影が無い日も東京に戻らずずっと奈良・吉野の大自然に囲まれて住み込みで生活していたのですが、一度もホテルや民宿には泊まらず、撮影現場で寝泊まりしたり、民家の一部屋をお貸し頂いたりして過ごす経験は初めてでした。監督の撮影期間中は役者に役柄から離れて貰いたくないという思いもあり撮影期間中はカメラが回っていないときもずっと役柄のまま生活していました。毎日、役に入る時間とかもなく朝起きてそのまま撮影が始まるような、河瀬組のリアルを追求する撮影手法がとても刺激的でした。
ジュリエット・ビノシュさん、永瀬正敏さん、お2人とも初対面は撮影現場だったのですが、素晴らしいお2人と作品でご一緒させて頂ける日が来るなんて想像もしていなかったので、お会いした時はとても緊張したのを覚えています。
自分は役柄的にお2人と一緒のシーンが多かったのですが、ジュリエット・ビノシュさんは現場でとても通じ合えた気がしました。永瀬さんは河瀬組が3作目だということで、初めて参加した自分に現場について分からないことなども色々と優しく教えてくださり、本当に助けて頂きました。
日本の奈良・吉野を舞台に、様々な愛の形や命のあり方がテーマになっている作品になっていると思います。日本国内だけでなく国外にも日本古来の伝統や、歴史が詰まった大自然の神秘さや美しさが伝わるといいなと思います。
今回『Vision』に参加させて頂き、表現者として大きな経験を積ませて頂きました。国際的な視点を持って取り組むことで、俳優として視野が広がりました。

映画情報どっとこむ ralph ジュリエット・ビノシュ演じるフランス人エッセイストのアシスタント役・花を務めた美波は、深作欣二監督作『バトルロワイヤル』(2000)で鮮烈なデビューを果たし、現在はフランスに拠点を置きながら、映画、テレビドラマ、舞台などで活躍。本作では流暢なフランス語も披露している。

また、森山未來、田中泯、強力な布陣が本作の彩りを更に鮮やかにする。


河瀬直美からのコメント
この蒼々たる俳優の・・・ひとりひとりの無垢な魂が現場で「ひょい」と顔を出す瞬間、モニターを見ずとも、そこに確実な時間がきちんと流れている事を確認し、それが記録されていることに、「ふと」心が震え、涙することがありました。カットをかけても、まだ、その時間が俳優たちの中に流れ続けていて、その人個人の感情が戻ってこない・・そんなとき、ああ、これは、彼らがこの吉野で生きた証だ・・と感じ入るのでした。

鈴は、ずっと鈴で、はかなくて、せつなくて、ジャンヌジュリエットと一緒に鈴を抱きしめていたいと願っていました。それほどに、世界的大女優ジュリエットビノシュの心をも動かす実力を岩田剛典君は持ち備えているのでした。

ジュリエットが、彼は英語を獲得すべき・・そうすれば世界が放っておかないから。と言っていたのが印象的でした。
これを機に、国内の人気者なだけでなく、世界の映画スターへの道を獲得してゆけばいいよ、と森の中で耳打ちした時、深くうなずいた彼のまなざしの強さは本物でした。

ハナ美波さんは、スカイプで初対面したときから、彼女の持つ神秘に魅せられました。現場での彼女の即興通訳がこの作品をよりリアルにさせ、物語の導入部に無くてはならない存在となりました。

岳、未来くんは、ずーっと前から一緒に映画を創りたくて、やっとその時が訪れたのでした。現場に姿を現して、ハグした瞬間から、もう何も言わなくても彼はすべてを分かっている・・という安堵がありました。一度、メモを差し込もうと書いていたら、その通りのことを彼は台詞で言ってくれて、なんだ、これ?と驚いた事がありました。
一緒に森に入った時間はとても有意義で、その場その場に心を置いてゆく彼のような生き方に影響を受けました。艶かしくて、艶やかで、絡み付くような存在感をこの映画に遺してくれました。

源は、ずっと森を見つめていました。そして、脚本からはみ出してゆく自らの感情を抑えきれない様子でした。だから、脚本に書かれたことは忘れましょうと告げると、その感情は生き場所を求めてすんなり飛び立ってくれました。その解放感の中での源の生々しさは特別でした。

映画情報どっとこむ ralph 各方面で輝きを放つ実力派俳優が織りなす最高のアンサンブル、映画『Vision』の公開は2018年を予定。
『Vision』

物語・・・
世界中を旅しながら紀行文エッセイを執筆しているフランスの女性エッセイスト・ジャンヌ。アシスタントの花と共にとあるリサーチのため奈良の吉野を訪れる。杉の木立が連立する山間で生活をしている山守の男・とも智は、ジャンヌが山に入ってくるという老女アキからの予言通り、ジャンヌと出会い、文化の壁を超え、次第に心を通わせていく。智と同様、山守のりん鈴、猟師であるがく岳、げん源もまた、山に生き、山を守る。それぞれの運命は思いもよらぬ形で交錯していく…。ジャンヌはなぜ自然豊かな神秘の地を訪れたのか。山とともに生きる智が見た未来とは―。

***********************************


出演:ジュリエット・ビノシュ 永瀬正敏 岩田剛典 美波 森山未來 田中泯(特別出演)・夏木マリ
監督・脚本:河瀨直美
企画協力:小竹正人
エグゼクティブプロデューサー:EXILE HIRO
プロデューサー:マリアン・スロット 宮崎聡 河瀨直美
配給:LDH PICTURES
公開:2018年


河瀨直美監督『光』ブルーレイ・DVD本日発売!永瀬正敏からコメント到着


映画情報どっとこむ ralph カンヌを始め世界が絶賛!河瀨直美監督による珠玉のラブストーリー『光』、ブルーレイ・DVD本日発売!発売を記念して永瀬正敏さんからコメント到着!
日本中を感動で包んだ『あん』の河瀨直美監督と永瀬正敏の黄金コンビが再びタッグを組み、第70回カンヌ国際映画祭コンペティション部門でエキュメニュカル審査員賞を受賞(人間の内面を豊かに描いた作品に対して授与される。日本人の受賞は2000年の青山真治監督(『EUREKA ユリイカ』)以来2人目)したことでも話題となった、河瀨直美監督最新作『光』のブルーレイとDVDが、本日2017年12月6日(水)に発売された。
本作は、映画の情景を伝える音声ガイドの仕事につく美佐子と、弱視の天才カメラマン・雅哉との出逢いが織りなす愛の物語。

次第に視力が失われてゆくカメラマンを永瀬正敏が演じ、彼と出会うことで自らの何かが変わり始めるヒロインを水崎綾女が演じた。二人の徹底した役作りと鬼気迫る熱演で、観る者を引きつけて離さない魅力に溢れた作品となっている。

ブルーレイ・DVDの発売に寄せて、主演の永瀬正敏からコメントが届きました。

永瀬正敏さんからのコメント
永瀬さん:あの時の河瀨監督の思い、スタッフや共演者の皆さんの思い、2度と再現出来ない“雅哉”としての様々な思いや感情が詰まっている作品です。是非映画『光』を、更に皆さんそれぞれの“未来”へ連れて行って頂きたいと思います。


本日発売となったのは、特典ディスク付き2枚組となるスペシャル・エディションのブルーレイとDVD、そしてスタンダード・エディションのDVD。スペシャル・エディションの特典映像には、メイキングやカンヌ映画祭の模様をはじめ、藤竜也が主演を務めた劇中映画『その砂の行方』が音声ガイド付きで全編収録されている。また本作の本編ディスクは、メニューやチャプター画面に至るまで全てに音声ガイドが採用された完全バリアフリー仕様となっている。日本のみならず世界の映画ファンに感動をもたらせた本作を、ぜひ手に取っていただきたい。

物語・・・
人生に迷いながら、単調な日々を送っていた美佐子(水崎綾女)は、映画の情景を伝える音声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出逢う。美佐子は雅哉の無愛想な態度に苛立ちながらも、彼が撮影した夕日の写真に心を突き動かされ、いつかこの場所に連れて行って欲しいと願うのだった。命よりも大事なカメラを前にしながら、次第に視力を奪われてゆく雅哉。彼の内面を見つめるうちに、美佐子の中の何かが変わりはじめる。

映画情報どっとこむ ralph 2017年12月6日(水)発売 DVDレンタル同日スタート

<スペシャル・エディションBlu-ray【2枚組】>

品番:PCXE.50784 価格:¥6,800+税
収録時間:本編101分+特典映像75分
特典映像:
■短編映画『その砂の行方』
■メイキング・オブ・『光』
■イベント映像集(完成披露試写会・初日舞台挨拶・カンヌ映画祭映像)
■劇場版予告編集
仕様・封入特典:
■特製アウターケース仕様
■ブックレット封入

<スペシャル・エディションDVD【2枚組】>

品番:PCBE.55766 価格:¥5,800+税
字幕:1.バリアフリー用日本語字幕
収録時間:本編101分+特典映像75分
特典映像:
■短編映画『その砂の行方』
■メイキング・オブ・『光』
■イベント映像集(完成披露試写会・初日舞台挨拶・カンヌ映画祭映像)
■劇場版予告編集
仕様・封入特典:
■特製アウターケース仕様
■ブックレット封入

<スタンダード・エディションDVD>
品番:PCBE.55767 価格:¥3,800+税
収録時間:本編101分+特典映像1分
特典映像:
■劇場版予告

発売元:株式会社キノフィルムズ/木下グループ
販売元:ポニーキャニオン

***********************************

キャスト:
永瀬正敏
水崎綾女
藤竜也

スタッフ:
監督・脚本:河瀨直美
製作:木下グループ、COMME DES CINEMAS、組画
製作統括:木下直哉
プロデューサー:澤田正道、武部由実子
撮影:百々新
照明:太田康裕
サウンドデザイナー:Roman Dymny
美術:塩川節子
編集:Tina Baz
サウンドミキサー:Oliver Goinard
スタイリスト:渡部祥子
ヘアメイク:南辻光宏
ラインプロデューサー:齋藤寛朗
(C)2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE


尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司『ブルーハーツが聴こえる』BD&DVD発売決定


映画情報どっとこむ ralph ザ・ブルーハーツの名曲が映画になった!超豪華キャストと人気クリエイターのコラボレーションで贈る映画『ブルーハーツが聴こえる』、豪華版ブルーレイとDVD発売決定しました!


1980年代後半から1990年代前半にかけて日本中を席捲した、THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)。音楽界はもちろん様々なジャンルにおいて今なお多大な影響を与え映画界では2015年のバンド結成30周年を機に彼らに衝撃を受けた6人の気鋭監督による奇跡の企画、映画『ブルーハーツが聴こえる』が製作された。

本作に集結した監督陣は、飯塚健、下山天、井口昇、清水崇、工藤伸一、李相日の6名。

それぞれが思い入れのある楽曲「ハンマー(48億のブルース)」「人にやさしく」「ラブレター」「少年の詩」「情熱の薔薇」「1001のバイオリン」をチョイスし各々の自由な解釈で映像化、ブルーハーツに全力のオマージュを捧げながらバリエーションに富んだ作品を生み出した。

それぞれの作品に登場するキャストたちもまた、この上ない豪華な面々が集まっている。主演キャスト陣には尾野真千子、市原隼人、斎藤工、優香、永瀬正敏、豊川悦司といった錚々たるメンツが。

さらに東京03の角田晃広、高橋メアリージュン、加藤雅也、西村雅彦、要潤、新井浩文、水原希子、小池栄子、三浦貴大、E-girlsの石井杏奈ら、旬な実力派俳優たちがその脇をかためている。日本映画界を背負う俳優たちの競演は大きな見どころです。

映画情報どっとこむ ralph 「ハンマー(48億のブルース)」
出演:尾野真千子 角田晃 広荻原みのり 伊藤沙莉
監督:飯塚健(『荒川アンダーザブリッジTHE MOVIE』)
ある日、アンティークショップに勤める28歳の一希は、同棲中の彼氏の浮気現場を目撃してしまう。職場の先輩・久保と、店に入り浸る女子高生二人の仲間達はヘコむ彼女を放っておけない。
一希自身も踏ん切りをつけられない自分に苛立っていた…。

「人にやさしく」
出演:市原隼人 高橋メアリージュン 浅利陽介 加藤雅也 西村雅彦
監督:下山天(『L-エル-』)
遥か未来、刑務所惑星を目指す囚人護送船を流星群が襲った。
彷徨う宇宙船には謎の若い男・女・凶悪兄弟・静かな老紳士・看守のわずかな生存者がいた。
生存帰還の万策尽きた極限下でサバイバルを繰り広げる彼らに希望はあるのか?

「ラブレター」
出演:斎藤工 要潤 山本舞香
監督:井口昇(『ヌイグルマーZ』)
脚本家の大輔は、自身の高校時代の物語を書いてるうちにトイレから当時へタイムスリップしてしまう。片思いの相手であり、亡くなったはずの美少女・彩乃と再会した大輔は、彼女を再び死なせまいと奮闘するが…。可笑しくも泣ける初恋ファンタジー。

「少年の詩」
出演:優香 内川蓮生 新井浩文
監督:清水崇(『呪怨』シリーズ)
1987年、クリスマス。団地に住む鍵っ子の健は朝から母親と喧嘩して一人ぼっちの
誕生日を迎えようとしていた。TVに映る憧れのヒーローも虚しく感じる…彼は、頭を悩ませる重大な秘密を抱えていた。そんな彼にあるプレゼントが届く―。

「ジョウネツノバラ」
出演:永瀬正敏 水原希子
監督:工藤伸一
最愛の女性を亡くしてしまい、狂おしいほどの喪失感にとらわれた男。彼はその女性をいつまでも自分のそばにおいておきたいと願い、亡き骸を奪い去るという暴挙にでる。しかしそれを隠しきれない現実の中、驚くべき手段をとる。男の願いは何か―。

「1001のバイオリン」
出演:豊川悦司 小池栄子 三浦貴大
監督:李相日(『怒り』)
福島原発の元作業員・達也は、震災のあと、家族4人で東京に移り住んでいたが、
就職先も決まらず煮え切らない日々を送っていた。そんな中、後輩の安男を連れ福島の立ち入り禁止区域へ行き、残してきた飼い犬のタロウ探しに奔走するのだが―。

映画情報どっとこむ ralph 2018年2月2日(金)発売 ※DVDレンタル同日開始
商品の情報です!!

ブルーハーツが聴こえる

<ブルーレイ【特典DVD付き2枚組】>
品番:PCXE.50798 価格:¥5,800+税
収録時間:本編159分+特典映像
特典映像:・予告篇 ・メイキング映像 ・舞台挨拶映像 ・フォトライブラリー

<DVD>
品番:PCBE.55828 価格:¥3,800+税
収録時間:本編159分+特典映像
特典映像:予告篇

※収録内容は変更になる可能性があります。

発売元:日活
販売元:ポニーキャニオン
オリジナル音源提供:株式会社トライエム、株式会社ワーナーミュージック・ジャパン

(C)TOTSU、Solid Feature、WONDERHEAD/DAIZ、SHAIKER、BBmedia、geek sight

映画情報どっとこむ ralph よかったら過去記事もどうぞ!

市原隼人・斎藤工・豊川悦司ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶
2017年4月8日
eigajoho.com/68458



尾野真千子 永瀬正敏 角田晃広 伊藤沙莉 ら登壇『ブルーハーツが聴こえる』初日舞台挨拶2
2017年4月8日
eigajoho.com/?p=68475



***********************************


第30回東京国際映画祭 祝福コメント配信開始


映画情報どっとこむ ralph 記念すべき30回目を迎える東京国際映画祭(以下、TIFF)は今年、世界各国から集まったTIFFゆかりの映画人の方々からのお祝いコメントを、アニバーサリーイヤーを盛り上げる一環として、映画祭開催までに、公式YouTube及び公式SNSにて世界配信することが決定いたしました。
https://www.youtube.com/TIFFTOKYOnet

第1回配信の映画人は、下記の方々です。

今年、SAMURAI賞を受賞、さらに映画祭会期中にスペシャルトークイベントを実施予定の坂本龍一氏、「Japan Now」部門での『光』上映をはじめ映画祭イベント複数回登場を予定している河瀨直美監督、その『光』にも主演し、今年のコンペティション部門の審査員を務める俳優・永瀬正敏氏、第24回東京国際映画祭ではコンペティション部門で審査委員も務めた中国のファン・ビンビン氏、日本映画界を代表する巨匠・山田洋次監督、今年の「ワールド・フォーカス」部門で自身の新作『レット・ザ・サンシャイン・イン』が上映されるジュリエット・ビノシュ氏と、豪華メンバーからのコメントが揃いました。

【第1回配信コメント提供者】(敬称略)
ファン・ビンビン(女優)、ジュリエット・ビノシュ(女優)、河瀨直美(映画作家)
永瀬正敏(俳優)、坂本龍一(音楽家)、山田洋次(監督)

***********************************


永瀬正敏 登壇イオンシネマ 『シネフィル・セレクション』特別上映会


映画情報どっとこむ ralph 全国 34 都道府県に「イオンシネマ」88 劇場を運営するイオンエンターテイメントが“知らなかった良作をスクリーンで”をテーマに厳選した名作をお届けする特別上映企画「シネフィルセレクション」が全国39の劇場でスタートしました。
本日、この企画の開催を記念して、シネフィルセレクションのスペシャルサポーターを務める永瀬正敏さんがトークショーに登壇いたしました。永瀬さん自身も思い入れがあるというエミール・クストリッツァ監督の『アンダーグランド』上映後の劇場にて本企画についてなど話に花を咲かせました。

日時:2017年10月1日(日)
場所:イオンシネマ多摩センター
登壇:永瀬正敏
MC:ジグザグジギー池田
上映作品:『アンダーグラウンド』

映画情報どっとこむ ralph 満席の場内に登場した永瀬さん。

今回、ご自身がスペシャルサポーターを務めるシネフィルセレクションという企画に関して

永瀬さん:映画って、時代も世代も国さえ超えて、永遠に残るものだと信じているんですけど、過去の作品を観る機会がなかなか無いなか、それをイオンシネマさんが全国で企画するっていうのは素晴らしいなと思いますね。

と話し、本日上映された『アンダーグラウンド』を初めてご覧になった観客も多く

永瀬さん:よかった。

当時、映画館で観たという『アンダーグラウンド』との出会いについて聞かれると、

永瀬さん:当時ジプシー音楽にはまって、クストリッツァ監督の『ジプシーのとき』という作品を観ていて、その時期にちょうど素晴らしい出会いが沢山あり、リリー・テイラーやビンセント・ギャロ、まだ海賊になる前のジョニー・デップに実際にお会いする機会があって、その3人が一緒に出る映画があるからと観に行ったり(『アリゾナドリーム』)。『アンダーグラウンド』はそのクストリッツァ監督の映画だというので観に行きました。ラストシーンにはびっくりして、スタンディングオベーションをしたいくらい素晴らしいなと思ったんですね。あと印象的な音楽が必ずある。ゴラン・ブレゴヴィッチは素晴らしいですね。

と本作への想いをご自身とのエピソードを交えて熱く語りました。

映画情報どっとこむ ralph また、既に6作品
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』
『ぼくの伯父さん』
『ショート・ターム』
『アンダーグラウンド』
『僕たちの家族』
『SMOKE』
の上映が発表されているシネフィルセレクションで、今後上映してほしい映画について聞かれると

永瀬さん:ありすぎますね。海外の映画10本、国内の映画10本くらい僕に選ばせてくれないですかね。

と提案、会場からも賛同の拍手がおこった。また自身の出演作はその中に入らないのか?という質問に対しては

永瀬さん:出演したんだけど劇場公開をしていない作品が、最近でも5本くらいある。若手の監督でも作ったけれど劇場公開に至っていない作品があると思うんですよね。そういう作品もこういった機会をもって頂ければ。

との想いにまた会場が拍手で湧きました。

映画情報どっとこむ ralph イベントの最後には

永瀬さん:イオンシネマさんのように全国にこれだけのスクリーン数をもっているシネコンでこの企画をやるっていうのは、映画を作る側にいる僕たちにとってはありがたいですよね。僕が若い頃観て好きだと思った作品を、皆さんと共有できるのは嬉しいことだと思いますし、是非続けてほしいですね。皆さんにはファンクラブのようにサポーターになって頂いて、皆さんが見たい映画をリクエストして頂く。そういったことを続けていって欲しいと思います。

とシネフィルセレクション、そして観客への期待を語りました。


<シネフィルセレクション概要>

【実施期間】2017年9月30日(土)~2018年2月(予定)
【鑑賞料金】 1,000円(税込)均一
【ラインアップ】全10作品(予定)
【上映作品】『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』『ぼくの伯父さん』『ショート・ターム』『アンダーグラウンド』『僕たちの家族』『SMOKE』
※追加作品は追って決定
【公式サイト】@cinephfile_selection/

***********************************