「永瀬廉」タグアーカイブ

永瀬 廉 初主演映画の撮影現場で熱い涙『うちの執事が言うことには』メイキング到着


映画情報どっとこむ ralph 5月17日(金)より全国ロードショーのKing & Prince:永瀬 廉 主演映画『うちの執事が言うことには』。

この度、チーム“うち執”の仲睦まじくも連帯感溢れる撮影時のオフショット満載のスペシャルメイキング映像を解禁に!

King & Princeが歌う本作の主題歌「君に ありがとう」のメロディーにのせて、本作で映画初主演を務めた永瀬をはじめ、共演した清原、映画初出演の神宮寺らキャストたちの本編では観ることができない、映画撮影期間の舞台裏の“素顔“がぎっしり!

さらには、永瀬、清原、ペロ役のカイルのメイキングカットも公開。
永瀬に「なかなかなついてくれなかった」というペロとの貴重なショットです。
永瀬廉x清原翔『うちの執事が言うことには』
映画情報どっとこむ ralph 解禁されたメイキング映像では、永瀬、清原がこの映画で最も苦労したと語っていた所作指導を受けながら練習を重ねているシーンや、神宮寺が恥ずかしくて戸惑ったと言っていた花穎(永瀬)にハグする初対面のシーン、撮影合間に永瀬、神宮寺2人揃ったオフショットや、撮影したシーンを真剣な眼差しでチェックする永瀬の姿。更には、撮影時期にちょうど「シンデレラガール」でCDデビューした永瀬が自ら、清原に「シンデレラガール」の振り付けを指南し、劇中では”不本意コンビ”を演じた2人が”息ぴったり”に踊る貴重な映像が見られます。

本作の撮影現場は、キャスト・スタッフ陣が口を揃えて「撮影の合間も花穎のように、自然と永瀬くんのまわりには和ができ、ムードメーカーだった」と語る。永瀬と久万監督を中心にいつも明るい雰囲気で、空き時間にはみんなでお喋りをしたり、ふざけあったり、一緒に遊んだりしてコミュニケーションをとりながら撮影が進んでいったのだそう。

久万監督の「今までの執事物のジャンルの中でも最高級のものを!」という意気込みのもとに、こだわり抜かれたロケーションやセットで撮影された誰もが羨む上流階級感あふれる数々のシーンや、物語のクライマックスとなる重要なシーンの舞台裏、そして全ての撮影を終え久万監督から花束を受取り、そこにサプライズで駆けつけた神宮寺を見て「なんで!?なんで!?」とびっくりしながらも、固く握手を交わし、こみ上げる想いと涙・・・感動のクランクアップの様子をこの映像で垣間見ることができます。『うちの執事が言うことには』の全貌を一日も早く劇場に行って確かめたくなること間違いなしの映像となっています!



映画情報どっとこむ ralph そして、5月18日(土)に行われる本作の公開記念舞台挨拶では、全国からの要望が強く、主演の永瀬をはじめ、清原、神宮寺、優希、神尾、そして久万監督が登壇し、47都道府県116の劇場で舞台挨拶の様子が生中継されることも決定しており、映画公開記念の舞台挨拶をキャストと共に過ごすことができる貴重な時間となっています。

映画『うちの執事が言うことには』

は、5月17日(金)より全国公開いたいます。

公式HP:
uchinoshitsuji.com

物語・・・
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのか。

***********************************

永瀬 廉(King & Prince)  清原 翔  神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青  神尾楓珠  前原 滉  田辺桃子  矢柴俊博  村上 淳
原 日出子  嶋田久作  吹越 満  奥田瑛二
原 作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路 脚本:青島 武 
主題歌:King & Prince 「君に ありがとう」 (Johnnys’ Universe)
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 
   


永瀬廉 x 清原翔で「上流階級に学ぶマナー講座」的『うちの執事が言うことには』劇場マナーCM到着!


映画情報どっとこむ ralph King & Princeの永瀬 廉が主人公の名門・烏丸家27代当主・烏丸花穎役で「うちの執事が言うことには」が映画化。令和元年、5月17日(金)より全国ロードショーとなります。

そして『うちの執事が言うことには』の初出し映像を含む、劇場マナーCM映像が解禁!

「上流階級に学ぶマナー講座」と題し、永瀬演じる若き当主・烏丸花穎と清原演じる仏頂面執事・衣更月蒼馬、不本意ながら主従関係を結んでいる2人のかけあいで、「携帯の電源はOFFに」「ご飲食の際は周りの方にご配慮を」など、映画上映中誰しもが気をつけるべきマナーの案内はもちろんのこと、「執事を呼ぶベルは鳴らせません」「執事同伴でもご鑑賞いただけます」など、本作ならではのユーモア溢れるマナーも案内。「考えてみてくれよ。」という、神宮寺演じるミステリアスな男・赤目刻弥のセリフがアクセントにもなっています。

映画を観る前に、上流階級を舞台に描かれる本作のマナーCMを観ると、少し優雅な気持ちで映画鑑賞ができるのでは・・・?



本映像は、平成31年4月26日(金)より順次、新宿バルト9他、ティジョイ系列劇場にて、映画の幕間に上映されます。

映画情報どっとこむ ralph 合わせて、名門・烏丸家の執務室で、当主・花穎と執事・衣更月、そして烏丸家の使用人たちが集まるシーンのカットも公開。

花穎と衣更月は、烏丸家におこる数々の不可解な事件の謎を解き、烏丸家と使用人たちを守ることができるのかー。


「うちの執事が言うことには」

令和元年5月17日(金)全国ロードショー

uchinoshitsuji.com

STORY
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

***********************************

永瀬 廉(King & Prince)  清原 翔  神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青  神尾楓珠  前原 滉  田辺桃子  矢柴俊博  村上 淳
原 日出子  嶋田久作  吹越 満  奥田瑛二
原 作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)監督:久万真路 脚本:青島 武 
主題歌:King & Prince 「君に ありがとう」 (Johnnys’ Universe)
配給:東映 ©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 


4月22日は【執事の日】「うちの執事が言うことには」清原翔 場面写到着!


映画情報どっとこむ ralph 誰もが憧れる上流階級を舞台に、個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、シリーズ累計発行部数110万部を超える極上のミステリー小説「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)が待望の実写映画化。5月17日(金)より全国ロードショー。

本日4月22日はなんと【執事の日】。

近年よく耳にするようになった「執事」とは、上流階級の資産家や政府要人に使え、使用人を統括し、家政の管理、資産の管理などを行います。英国が発祥の職業で、英語では「バトラー(butler」といい、語源は古いフランス語の「bouteiller(お酒の係り)」と言われています。主な仕事内容は、邸宅の掃除や食事の支度、主人の身の回りの用意や来客対応、屋敷や土地、食器、美術品などの資産管理、メイドや運転手の手配、子供の教育、旅行の同行、服のコーディネートなど多岐にわたります。

劇中でも、永瀬演じる若き当主に仕えることになった、清原演じる仏頂面の新米執事が、気が合わないながらも食事の準備、
絵画の管理、使用人たちを統括し、ときには、烏丸家の使用人の一員として、花穎が“番犬”を命じた子犬のペロの指導まで任されています。

本作で、花穎の執事となった衣更月蒼馬を演じた清原翔。
クランクイン前から、永瀬と共に本作で執事監修を務めた日本バトラー&コンシェルジェ株式会社 代表取締役の新井直之氏に所作指導を受け、「撮影前に、実際に執事を指導されている方に所作やマナーを教わって練習しました。まずはシンプルに背筋を伸ばして姿勢をよくする事。お辞儀も色々教えてもらいました。お辞儀って、その時々によって角度が違うもので、例えば、日常の挨拶のお辞儀は浅めに、最敬礼の時には45度。でも、確実に45度よりは深くお辞儀をしないといけないのです。お辞儀ひとつとっても色々あるんだと思いました」とコメント。さらに「撮影中ティーポットを持ってカップに注ぐということが難しかったのを覚えています。意外とティーポットって重いんです。その他に執事は自分が動いている時には言葉を発してはいけないというルールがあるのですが、映画の中で、衣更月は結構動いているのにセリフがあったりして、このルールを忠実に守って演じると、変な間が生まれたりして。“この間はどうしたらいいのだろうか?”と現場で戸惑う瞬間がありました。姿勢を直したり、作法を習ったりと大変でしたが、今まで演じたことがない役柄に挑戦できて光栄でした」と所作に苦戦しつつも衣更月を演じきったことを振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph ★執事の服装について
基本的にはスーツ。主人の要請があれば燕尾服を着用することも。ジャケットの外ポケットを使用することはマナー違反の為、必要な小物はジャケットの内ポケット、ベストのポケット、ズボンのポケットに収納している。


★執事の7つ道具
白手袋(綿):高級品を取り扱うことが多いため、傷をつけないように着用。
手帳:主人のスケジュール管理の為、常に持ち歩いている。最近はスケジュール管理にスマホやタブレットを使うことも。
ペン:万年筆を使用することもあるが、立った状態でメモを取ることも多い為、有名メーカー(ペリカン、パーカーなど)のボールペンを使うことが多い。
邸内の鍵:基本的に邸内にはキーボックスがあるので、そのキーボックスの鍵を持ち歩く。主要な部屋の鍵を持ち歩くこともあり、内ポケットかベストのポケットなどに入れている。
ソムリエナイフ:ワインのサーブも大事なお仕事の一つ。常に持ち歩いている。
ハンカチ:ハンカチを持ち歩くのはマナーの一つ。黒か白を持ち歩くことが多い。
名刺:主人から名刺を持たされることもあり、その場合肩書は「○○家執事」ではなく、その主人の資産管理会社の「秘書」と書かれている場合が多い。

映画情報どっとこむ ralph 上流階級、執事、妄想膨らむ非日常、上流階級という独特の世界感を堪能できる

映画『うちの執事が言うことには』

は、5月17日(金)より、全国にて公開となります。

uchinoshitsuji.com

日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

過去記事:
永瀬廉ニヤニヤが止まりません!『うちの執事が言うことには』完成披露試写会
http://eigajoho.com/149420

***********************************

永瀬 廉(King & Prince)  清原 翔  神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青  神尾楓珠  前原 滉  田辺桃子  矢柴俊博  村上 淳
原 日出子  嶋田久作  吹越 満  奥田瑛二

原 作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路
脚本:青島 武
主題歌:King & Prince 「君に ありがとう」 (Johnnys’ Universe)
配給:東映
©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会 



映画「うちの執事が言うことには」コミカライズ描き下ろしビジュアルお披露目!


映画情報どっとこむ ralph 2014年3月に角川文庫にて刊行されるや、その個性豊かで魅力的なキャラクター達が織りなす独特の世界観が支持され、瞬く間に9巻までシリーズ化された極上のミステリー小説「うちの執事が言うことには」が、待望の実写映画化、2019年5月17日(金)より全国ロードショーいたします。

主人公の名門・烏丸家第27代当主の烏丸花穎には、今年5月に「シンデレラガール」で鮮烈にデビューを果たし、年末のNHK紅白歌合戦への初出場も決定するなど、今最も勢いがあるグループKing & Princeの永瀬 廉。当主としては未熟で世間知らず、しかし、頭脳明晰で色彩に関しては特別な感知能力を持っているという唯一無二の個性溢れるキャラクターを繊細に演じ、映画初主演に挑みます。
そんな実写映画化に期待が高まる中、12月22日に新刊、原作小説シリーズ「うちの執事に願ったならば」第6巻とコミック「うちの執事が言うことには」第9巻が発売、映画のビジュアルをあしらった帯の展開も始まります。

映画情報どっとこむ ralph また同22日発売、「うちの執事が言うことには」コミカライズ連載中・月刊ASUKA2月号の表紙では、同コミックの作画を手がける音中さわき氏が映画ティザービジュアルの構図を、コミックのキャラクターで描き下ろし完全再現!映画の世界観がコラボする、貴重なビジュアルが完成しました!
さらには、月刊ASUKA2月号では、撮影現場のレポートなどを掲載、「うち執」大特集号となっています。

映画公開まであと半年!
原作小説&コミックスを読みながら、映画の世界に飛び込む準備をすれば、上流階級、社交界、執事・・・妄想膨らむ非日常、
独特の世界感に魅せられることまちがいなし!

【書籍情報】
タイトル:うちの執事に願ったならば 6
著:高里椎奈
イラスト:佐原ミズ
定価:560円(税別)
ISBN:978-4041069912
角川文庫刊
書籍サイト

電子書籍[BOOK☆WALKER]


【書籍情報】
タイトル:うちの執事が言うことには 第9巻
作画:音中 さわき
原作:高里 椎奈/キャラクター原案:佐原 ミズ
あすかコミックスDX
定価:580円(税別)
ISBN:978- 4041077412
あすかコミックスDX
書籍サイト

電子書籍[BOOK☆WALKER]

映画情報どっとこむ ralph 映画「うちの執事が言うことには」

【STORY】 
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。
《肖像写真のWEB掲載に関する注意事項》
・本リリースにおける出演者の画像データは、お渡しした素材1点に限りWEBでもご使用いただけます。
・お渡しした素材に関して、本件記事以外の用途での二次使用はできませんのでご注意ください。
・トリミングでの使用はご遠慮ください。

公式サイト:
http://uchinoshitsuji.com/

***********************************

永瀬廉(King & Prince) 清原翔 神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青 神尾楓珠 矢柴俊博 村上淳
原日出子 吹越満 奥田瑛二
監督:久万真路 脚本:青島武
原作:高里椎奈『うちの執事が言うことには』(角川文庫)
公開日:2019年5月17日(金)全国公開
配給:東映

©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会


King & Prince 永瀬 廉 初主演映画『うちの執事が言うことには』豪華キャスト陣が解禁!


映画情報どっとこむ ralph King & Prince 永瀬 廉 初主演映画『うちの執事が言うことには』待望!
名門・烏丸家に集う個性豊かなキャラクターたち、豪華キャスト陣が解禁となりました!


永瀬演じる若き当主・花穎が幼いころから絶大な信頼をよせる烏丸家の前執事・鳳には、最新主演作『洗骨』が来年公開を控えるなど、出演作が絶えない名優・奥田瑛二。

6歳で母を亡くした花穎にずっと寄り添い、長年烏丸家を司ってきたベテラン執事を演じます。花穎の父で、第26代烏丸家当主の烏丸真一郎に、現在放送中のドラマ「忘却のサチコ」にも出演中、ドラマ、舞台、映画などで、変幻自在の活躍をみせる吹越 満。

突如自身の引退を表明し、花穎を当主、衣更月を執事に任命したが、2人にはともに成長していってほしいと願っています。続いて烏丸家の使用人たち、ハウスキーパー兼料理人・雪倉叶絵には、『鈴木家の嘘』が絶賛公開中、多数のドラマと映画で活躍し、理想の母親像として定着する女優、原 日出子。花穎はこの雪倉の焼くパンケーキが大好物。雪倉家の長女で母叶絵が病欠時にハウスキーパー代理として烏丸家に仕える雪倉美優(ゆきくら・みゆ)に、若手の中でも演技に定評がある『ちはやふる~結び~』(18)の優希美青。同じく雪倉家の長男で美優の兄、ハウスキーパー代理を務める雪倉 峻(ゆきくら・しゅん)に、衝撃作「恋のツキ」(18)での演技が印象的だった神尾楓珠。烏丸家の明るいムードメーカー、運転手・駒地(こまぢ)には、『新宿パンチ』(18)の公開も控え、名脇役として欠かせない存在、矢柴俊博。庭師の・桐山(きりやま)には、絶賛公開中の『銃』で親子競演も話題となった個性派俳優、村上 淳。少しぶっきらぼうだが完璧な仕事をこなし、番犬となる子犬のペロに一番なつかれているかも・・・。

若き当主・花穎(永瀬)を取巻く個性豊かなキャラクターたちに、豪華競演陣が集結しました。

本作が映画初主演となる永瀬は撮影終了後、「皆さん経験が豊富でめっちゃ勉強になりました。この映画をやらせてもらうにあたって「全部吸収したい」と宣言していたんですけど、ベテランの俳優さんたちから自分の範囲で学べることはすべて学んだつもりです。」と
語っています。

映画情報どっとこむ ralph 【登場人物】 
◆烏丸 花穎(からすま・かえい)<永瀬 廉(King & Prince)/ながせ・れん)>
名門・鳥丸家27代目当主、18歳。色彩感知能力が高く、目を庇うためにいつもメガネをかけている。
◆衣更月 蒼馬(きさらぎ・そうま)<清原 翔(きよはら・しょう)>
烏丸家の新執事。仏頂面であまり感情を表に出さない。前執事の鳳に心酔している。
◆赤目 刻弥(あかめ・ときや)<神宮寺勇太(King & Prince/じんぐうじ・ゆうた)>
大学生で企業家。パティスリー「アントルメ・アカメ」のオーナー。花穎に親しげに近づくがミステリアスな面を持つ。
◆雪倉美優(ゆきくら・みゆ)<優希美青(ゆうき・みお)>
雪倉叶絵の長女(妹)ハウスキーパー代理 
◆雪倉 峻(ゆきくら・しゅん)<神尾楓珠(かみお・ふうじゅ)>
雪倉叶絵の長男(兄)ハウスキーパー代理
◆駒地(こまぢ)<矢柴俊博(やしば・としひろ)>
烏丸家の使用人。運転手
◆桐山(きりやま)<村上 淳(むらかみ・じゅん>
烏丸家の使用人。庭師。
◆雪倉叶絵(ゆきくら・かなえ)<原 日出子(はら・ひでこ)>
烏丸家の使用人。ハウスキーパー兼料理人
◆烏丸真一郎(からすま・しんいちろう)<吹越 満(ふきこし・みつる)>
花穎の父。烏丸家第26代目当主。
◆鳳(おおとり)<奥田瑛二(おくだ・えいじ)>
花穎が幼いころから絶大な信頼をよせる、烏丸家の前執事。

映画情報どっとこむ ralph 上流階級、社交界、執事・・・妄想膨らむ非日常、独特の世界感に魅せられる!

映画『うちの執事が言うことには

は、2019年5月17日(金)より全国ロードショーです。

uchinoshitsuji.com


【STORY】 
日本が誇る名門・烏丸家の第27代当主となった花穎(永瀬 廉)は、18歳にして既に飛び級で大学を卒業する程の頭脳明晰、しかも色彩に関して特別な能力を備えている。突然の引退を宣言した先代当主の父・真一郎は行方がわからず、急ぎ留学先から戻ってきてみると、そこにいたのは幼少時代から全幅の信頼を寄せる老執事・鳳ではなく、新しい執事だという仏頂面の見知らぬ青年・衣更月蒼馬(清原 翔)だった。父・真一郎が遺した突然の発令により、不本意ながらも衣更月と主従関係を結ぶ羽目になった花穎。まだ自覚が足りない若き当主・花穎と、仏頂面で新米執事・衣更月との関係には、ビミョーな空気が流れる。そんな中花穎は、招待された芽雛川(めひながわ)家次男のバースデーパーティーで、ある事件に巻き込まれる。親しげに近づいてくる大学生にして起業家の赤目刻弥(神宮寺勇太)とは何者なのか?さらに、次々に起こる不可解な出来事・・・烏丸家に上流階級の陰謀が降りかかる。花穎と衣更月は、烏丸家を守り抜くことができるのかー。

***********************************

永瀬 廉(King & Prince)  清原 翔  神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青  神尾楓珠  矢柴俊博  村上 淳
原 日出子  吹越 満  奥田瑛二
原 作:高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫刊)
監督:久万真路 脚本:青島 武
配給:東映 ©2019「うちの執事が言うことには」製作委員会