「永島敏行」タグアーカイブ

吉永小百合120本目の映画出演『北の桜守』


映画情報どっとこむ ralph 吉永小百合120本目の映画出演。
北の大地を懸命に生きた親子の物語

『北の零年』(05)、『北のカナリアたち』(12)に続く“北の三部作”最終章となる今作。戦後貧しさと飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生き抜いた母と息子が、十数年の空白を経て再会し、失われた記憶を巡る旅に出る。

厳しくも温かい愛情を息子に注ぐ母・江蓮てつを演じるのは吉永小百合。苦難を乗り越え米国でビジネスに成功し、老境に入った母と再び共に暮らすことを決める息子・江蓮修二郎役を堺雅人が演じる。物語の主軸となるふたりは、今回が実写初共演となります。

ふたりに加えて銀幕を彩るのは、修二郎の妻・江蓮真理役の篠原涼子。戦後、闇米屋の仕事をてつたちに与え生活を助ける菅原信治役に佐藤浩市。てつの夫・江蓮徳次郎役には阿部寛と、昨今の日本映画界を代表する面々が顔を揃えた。さらに高島礼子、中村雅俊、笑福亭鶴瓶、岸部一徳といった実力派たちが、物語に厚みを加える。


映画情報どっとこむ ralph 監督は滝田洋二郎。
『おくりびと』(08)で世界を沸かせた名匠が、吉永と初めてタッグを組む。脚本を手掛けるのは“北の三部作”の全作品を手掛ける那須真知子。舞台演出としてケラリーノ・サンドロヴィッチが名を連ね、てつの心象風景を演劇的に表現する。また音楽は小椋佳と星勝が担当し、撮影監督には浜田毅と、各界の第一人者が集結した。

物語の舞台となる北海道は、本作が公開される2018年に命名150周年を迎える。この記念すべき年に向けて、今作では四季折々の北海道で縦断ロケーションを敢行。壮大な風景をスクリーンに焼き付ける。

日本映画界を代表するキャスト・スタッフが紡ぐ、“親子の物語”。
2018年3月10日(土)公開です。

公式サイト:
www.kitanosakuramori.jp

映画情報どっとこむ ralph
物語・・・

北へ北へ
失われた記憶に向かって
二人は歩き続けた

1945年、南樺太に一輪の桜が咲いた。やっと咲いたその花は、江蓮てつたち家族にとって希望の花のはずだった・・・。その年の8月、ソ連軍の侵攻が起こる。てつは息子二人と共に樺太を脱出。決死の思いで北海道の網走へと辿り着く。そんな満身創痍の親子を待っていたのは想像を絶する過酷な生活だった。意識を失うほどの厳しい寒さと飢餓、その中を親子は懸命に生き抜くのだった。

1971年、成長した次男の修二郎は米国で成功し、日本初のホットドックストアの日本社長として帰国。15年ぶりに網走を訪れた。そこには長男の姿はなく、一人、夫を待ち続けながら慎ましい生活を送る年老いたてつの姿があった・・・。修二郎はてつを札幌へと連れ帰り、面倒をみる決意をする。

息子夫婦と暮らし始めたてつだったが、薪を使い米を炊き、近所から苦情を受けたり、金を払わず八百屋から葱を持ち去ろうとするなど、徐々に不可解な行動が目立つようになる。年老いたてつは、戦禍によるPTSDの後遺症に陥っていた。そして、てつ自身もその変化を自覚していく・・・。 

そんなある日、てつが突然、姿を消す。立派になった修二郎に迷惑をかけたくないと思い、一人、網走に戻ろうとしたのだ。だが、網走の住宅はすでに取り壊されていた。帰る場所を失ったてつ。てつのために一緒に寄り添いたいと思う修二郎。二人は、北海道の大地を巡る過去への道行を始める。その旅は、親子の抱える禁断の記憶の扉を開けてしまうのだった。 

***********************************

吉永小百合
堺 雅人
篠原涼子  
岸部一徳 高島礼子 永島敏行 笑福亭鶴瓶 中村雅俊
阿部 寛  佐藤浩市

監督/滝田洋二郎
脚本/那須真知子  舞台演出/ケラリーノ・サンドロヴィッチ  音楽/小椋 佳 星 勝  撮影監督/浜田 毅 

「北の桜守」製作委員会/東映 テレビ朝日 木下グループ 東映アニメーション 博報堂 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ 東映ビデオ 朝日放送 ジェイアール東日本企画 朝日新聞社 読売新聞社 北海道テレビ メ~テレ 九州朝日放送 北海道新聞社 イノベーションデザイン 静岡朝日テレビ 広島ホームテレビ 東日本放送 新潟テレビ21  協賛/ANA ロケーション協力/稚内市 網走市 特別協力/JR東日本  JR北海道

©2018「北の桜守」製作委員会
    


大地康雄、福士誠治、菅野莉央ら登壇『じんじん~其の二~』特別上映会舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 「絵本の里」として知られる北海道・剣淵町を舞台に映画化された『じんじん』は、全国47都道府県1,000ヶ所で約30万人に届けられヒットを記録。続編『じんじん~其の二~』が、「絵本の里」から「名水の里」神奈川県秦野市に舞台を移し、9月2日(土)より全国順次公開致します。
公開直前の本日8月27日(日)、シネマート新宿にて特別上映会が行われ、企画・主演の大地康雄さん、福士誠治さん、菅野莉央さん、津田寛治さん、永島敏行さん、そして山田大樹監督と源吾朗が登壇して舞台挨拶が行われました!

特別上映会
日程:8月27日(日)
会場:シネマート新宿
登壇:大地康雄、福士誠治、菅野莉央、津田寛治、永島敏行、山田大樹監督、源吾朗

映画情報どっとこむ ralph まずは、ご挨拶からイベントはスタート。

大地さん:「絵本の里」として知られる北海道・剣淵町を舞台から「名水の里」神奈川県秦野市に舞台を移して、パチンコと女性が大好きな男の物語です。水が良いので食べ物、飲み物。特にウイスキーの水割りがおいしかったです!撮影は楽しく、それが伝わる映像になっています。

山田監督:いろんなところにロケハンをする仕事ですが、今回は自分が住んでる町です。プレッシャーはありましたが、みんなで素晴らしい作品に仕上げました。秦野の自然の中で繰り広げられる人間ドラマをゆっくり楽しんでください!

映画情報どっとこむ ralph 映画について・・・

大地さん:監督は秦野在住なので、魅力がたくさん映し出されてまいります。暖かいじんじんらしい人間ドラマができたと思っています。

お住いの場所を見ていただくことに関しては?

山田監督:自信をもってます。秦野に住んでる方も知らない場所も撮影しています。福士さんにはロードバイクで走ってもらいました。

福士さん:監督はロードバイクをやってるので、撮影中すごいとこ監督は知ってて、素人には過酷な道で、ケガしなくてよかったです。
と、撮影を披露するとヒロインの菅野さんは

菅野さん:林業に従事している役なので、森の中が多くて、都内で見たことのない大きさの虫とかヒルを見て、でも、だんだん慣れちゃいました!
と、勇ましい菅野さんですが、一方で福士さんは虫やヒルが苦手なようで

福士さん:慣れたの!!僕はだめ!撮影の時はストッキングをヒル対策で履いてました!

と、驚きのエピソードを披露しました。

津田さん:駅降り立ったところから、関東と思えない風景が広がっていて。川があって時計塔があって。そして、車で現場に行くと大自然で。すばらしい、宮崎駿てきな森なんです。その中の茶屋で芝居をやるとですね、東京で考えていた芝居とは違うものが出てくるんです。場の力。秦野の自然のお力に助けられました。
とすると、森の見出されたのは津田さんだけでなく

永島さん:僕も林業を生業にしている役。山を下りていくときに、海が見えるて、きれいなんですよ。新宿から1時間ちょっとで、こんなに素晴らしいが会ったのだなと。感心しました。

上映終了に絵本の実演販売を行う源さんは

源さん:たたき売りで安くはできませんが、プレゼントをつけて口上販売します!和の心、絆をご堪能ください。


最後に・・・
大地さん:またまた、恋をしまして生き生きとふらついてます。前半は笑っていただいて、後半は若者の応援。

監督:大地さん、その辺で!

と、ネタバレを封じてイベントを終えました。

映画情報どっとこむ ralph 「絵本の里」剣淵から、舞台は「名水の里」秦野へ!
映画『じんじん~其の二~』

9月2日(土)より全国順次公開

公式サイト:
http://www.jinjin2.jp

物語・・・
主人公・立石銀三郎は大道芸人。
今は神奈川県秦野市で居候の身。
ある日、一人の若者・山下哲生が現れ、ふとしたことから世話を焼くことになる。
自らの進む道に迷い悩む中、銀三郎や周囲の人たちの温もりに触れ、次第に心を開き、林業のアルバイトに就く哲生。
仕事の傍ら、同僚らの環境保護の活動にも興味を抱くことで、生きる目標を見出す。
しかし、突然みんなの前から姿を決してしまった。哲生に一体何があったのか…。
 再び秦野を訪れた哲生は、銀三郎に悩みを打ち明け、もがき苦しむ。
そんな哲生が、一歩を踏み出せたのは、銀三郎の励ましと、一冊の手作り絵本だった。

***********************************


企画・主演 大地康雄

福士誠治 鶴田真由 菅野莉央 岡安泰樹 / 佐藤B作 中井貴惠 
山野 海 高川裕也 須藤正裕 津田寛治 / 苅谷俊介 永島敏行

監督:山田大樹

脚本:坂上かつえ 絵本作家:あべ弘士 音楽:吉川清之
エグゼクティブプロデューサー:篠田 学
プロデューサー:中山賢一 共同プロデューサー:坂口慎一郎
アソシエイトプロデューサー:野嶽次郎 橋本淳司 
キャスティングプロデューサー:星久美子
撮影:小松原茂 照明:松隈信一 録音:山田幸治 美術:山? 輝 編集:渡辺直樹 
整音:久連石由文 音響効果:松浦大樹 衣裳:宮本まさ江 ヘアメイク:赤間久美江 
大道芸指導:源 吾朗 記録:矢野千鳥 スチール:濱田利章 
助監督:村上秀晃 制作担当:木村利明

製作:『じんじん~其の二~』製作委員会
制作:株式会社パイプライン

配給協力:クロックワークス

特別協力:
秦野市
一般社団法人 秦野市観光協会
秦野フィルムコミッション
『じんじん~其の二~』応援団

神奈川県
剣淵町

© 2017 『じんじん~其の二~』製作委員会


舞台は「名水の里」秦野へ『じんじん~其の二~』特別上映会決定!


映画情報どっとこむ ralph 平成25年春、「絵本の里」として知られる北海道・剣淵町を舞台に映画化された『じんじん』。

全国47都道府県1,000ヶ所で約30万人に届けられヒットを記録し、続編『じんじん~其の二~』の製作が決定。

今作は、「絵本の里」から「名水の里」神奈川県秦野市に舞台を移し、丹沢の麓、親子の絆、林業を通した環境保護をキーワードに、地域の人の繋がりや心のやさしさ、困難に立ち向かうことの意味を描き、丹沢の麓の街とそこで生きる人々の「今」を描いた作品が、9月2日(土)より、全国順次公開します。

そして!

公開直前の8月27日(日)、シネマート新宿にて特別上映会を実施する運びとなりました!

特別上映会では、企画・主演の大地康雄、アジアでも活躍中の実力派俳優・福士誠治、菅野莉央、津田寛治、永島敏行、そして山田大樹監督の登壇を予定しているそうです。

特別上映会を開催するシネマート新宿、またオンラインチケット予約にて、特別上映会のチケット販売を開始しました。

『じんじん~其の二~』特別上映会 概要
日時:8月27日(日)
   14:00開場 14:40開演 
※上映開始:15:00
場所:シネマート新宿 スクリーン1
登壇者(予定):大地康雄、福士誠治、菅野莉央、津田寛治、永島敏行、山田大樹監督
料金:1,800円均一
チケット販売:シネマート新宿窓口・オンラインチケット予約にて絶賛発売中!
シネマート新宿オンラインチケット
予約ページ

※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後のチケットの変更や払い戻しはできません。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・・
主人公・立石銀三郎は大道芸人。
今は神奈川県秦野市で居候の身。
ある日、一人の若者・山下哲生が現れ、ふとしたことから世話を焼くことになる。
自らの進む道に迷い悩む中、銀三郎や周囲の人たちの温もりに触れ、次第に心を開き、林業のアルバイトに就く哲生。
仕事の傍ら、同僚らの環境保護の活動にも興味を抱くことで、生きる目標を見出す。
しかし、突然みんなの前から姿を決してしまった。哲生に一体何があったのか…。
再び秦野を訪れた哲生は、銀三郎に悩みを打ち明け、もがき苦しむ。
そんな哲生が、一歩を踏み出せたのは、銀三郎の励ましと、一冊の手作り絵本だった。

***********************************

企画・主演 大地康雄

福士誠治 鶴田真由 菅野莉央 岡安泰樹 / 佐藤B作 中井貴惠 
山野 海 高川裕也 須藤正裕 津田寛治 / 苅谷俊介 永島敏行

監督:山田大樹

脚本:坂上かつえ 絵本作家:あべ弘士 音楽:吉川清之
エグゼクティブプロデューサー:篠田 学
プロデューサー:中山賢一 共同プロデューサー:坂口慎一郎
アソシエイトプロデューサー:野嶽次郎 橋本淳司 
キャスティングプロデューサー:星久美子
撮影:小松原茂 照明:松隈信一 録音:山田幸治 美術:山? 輝 編集:渡辺直樹 
整音:久連石由文 音響効果:松浦大樹 衣裳:宮本まさ江 ヘアメイク:赤間久美江 
大道芸指導:源 吾朗 記録:矢野千鳥 スチール:濱田利章 
助監督:村上秀晃 制作担当:木村利明

製作:『じんじん~其の二~』製作委員会
制作:株式会社パイプライン

配給協力:クロックワークス

特別協力:
秦野市
一般社団法人 秦野市観光協会
秦野フィルムコミッション
『じんじん~其の二~』応援団

神奈川県
剣淵町

© 2017 『じんじん~其の二~』製作委員会


黒川芽以主演『愛を語れば変態ですか』画像到着!!


演劇界の鬼才・福原充則、映画監督デビュー!
愛を語れば変態ですかどんな男も拒まない!全ての男を愛する救世主、あさこ誕生!

愛を語れば変態ですか

ある平和な日常、郊外の住宅街で一組の夫婦がカレー屋の開店を明日に控え、幸せいっぱいに準備をしていた。そんな中、珍客が次々と現れる・・・オレ様調のバイト志願者、レトルトカレーを開店祝いに持ってきた若者、全身傷だらけで1億円を抱えた不動産屋。

何故こんな不思議な人達が集まってきたのか?!その答えを握っていたのは、妻・あさこだった!世界中を幸せにするため、あさこが立ち上がる!

話題の舞台を多数手掛ける演出家・福原充則、待望のデビュー作は、一見どこにでもいそうな男女が繰り広げる、ありそうでありえない爆走恋愛コメディです。

愛語_メイン 舞台の臨場感をスクリーンに投影したかのように、テンポの良い会話で引き込み、時に笑わせ、あっと驚く予想不可能な展開で意表を突きます。

主演は黒川芽以。『きみはいい子』(呉美保監督)など話題作への出演が続く若手演技派が、おとなしい平凡な主婦と思いきや、その裏で次々と男を惑わす愛の救世主を軽やかに演じます。人が良く、どこまでも妻を理解しようとする優しい夫を演じるのは、野間口徹。

そして今野浩喜(キングオブコメディ)、栩原楽人、川合正悟(チャンカワイ Wエンジン)、永島敏行といった、お笑い界から、実力派俳優まで多彩な俳優陣が集結しました。話題の舞台を多数手掛け、岸田國士戯曲賞にもノミネートされたマルチな才能のもと、個性溢れるキャストが放つ誰も見たことのなかった舞台感覚・新映像体験!
愛語_サブ2
福原ワールドへ、ようこそ!!

愛を語れば変態ですか

2015年11月28日(土)ロードショー

公式サイト:http://aikata.jp/

********************************************************************


出演:黒川芽以、野間口徹、今野浩喜(キングオブコメディ)、栩原楽人、川合正悟(Wエンジン チャンカワイ)/永島敏行

監督・脚本:福原充則
音楽:西山宏幸
プロデューサー:高根澤 淳
撮影:早坂 伸(J.S.C)
美術:須江大輔
照明:落合芳次
録音:栗原和弘
編集:西潟弘記
助監督:富澤昭文
製作担当:入交祥子
制作:松竹
企画:松竹撮影所
配給:松竹メディア事業部
上映時間:73分