「永井豪」タグアーカイブ

インフィニティの場面写真解禁『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』


映画情報どっとこむ ralph 今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開となります。

今まで謎に包まれていた超巨大遺跡の真の姿、無限の可能性を秘める魔神“インフィニティ”の場面写真が解禁となりました。
映画情報どっとこむ ralph これまで公開した場面写真ではその後姿が、さらにポスターでは巨大なシルエットが映し出されており、ファンの間で「新しいマジンガーか!?」と騒然とさせていた“インフィニティ”の存在。

今回解禁する場面写真で、遂にその全貌が明らかになりました。

富士山中ににて発掘された超巨大遺跡“インフィニティ”は、古代の超文明の産物とみられ、基礎構造解析でも今の科学を100年は進化させるほどのテクノロジーが詰め込まれている。

無限の可能性を持つそのポテンシャルから“インフィニティ”と名付けられているも、美しくメカメカしいボディをもったマジンガーZとは違い、魔神の姿をした超巨大遺跡そのものといった様相で、重々しい闇の雰囲気を醸し出してます。

謎の復活を遂げたDr.ヘル(CV:石塚運昇)は、無限の可能性を持つ “インフィニティ”を通じて、世界を作り変えることのできる究極の兵器「ゴラーゴン」を発動させようと目論む。
そして、“インフィニティ”の力を呼び覚ます存在として本作の大きな鍵を握る、謎の美少女リサ(CV:上坂すみれ)にも注目です。
再び訪れた人類滅亡の危機を前に、かつてマジンガーZのパイロットとして、世界を救った英雄・兜甲児はどんな決断を下すのか・・・。

映画情報どっとこむ ralph ローマ国際映画祭でのワールドプレミアを皮切りに、遂にイタリアでの公開がスタートし、ますます全世界から注目を集める永井豪画業50周年プロジェクト『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』。

続報を待つんだZ~ト!

2018年1月13日(土)全国ロードショー
mazinger-z.jp

あれから10年。

新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。

再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 
森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治
石丸博也 松島みのり

原作:永井豪 
監督:志水淳児 
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也 
美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 川崎弘二
音楽:渡辺俊幸 オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎 
エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司(ワーナーミュージック・ジャパン)
制作:東映アニメーション 
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 


『劇場版 マジンガーZ /INFINITY』ローマ国際映画祭でワールドプレミア


映画情報どっとこむ ralph ローマ・オリンピックの跡地に建設され、世界各国から訪問者が絶えない街イタリア・ローマが誇る世界的会場で行われた「第12回ローマ国際映画祭」。

このたび、本作『劇場版 マジンガーZ /INFINITY』が招待作品に選出され、邦画アニメーション映画としては“異例”の世界最速上映によるワールドプレミアが行われました。
日付:10月28日(土)
会場:オーディトリウム・パルコ・デ・ラ・ムジカ
原作者:永井豪先生
ガブリエーレ・マイネッティ監督『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』
ロベルト・レッキオーニ「DylanDog」
永井一巨P
金丸裕P
ほか

映画情報どっとこむ ralph 上映会直前に行われたレッドカーペットには、ヨーロッパを中心に世界各国から集まった多数メディアの他、グッズを持参したり、コスプレをした大勢のファンが集まり、大歓迎ムードとなりました。

永井先生がレッドカーペットに登場すると、待ちわびていたファンたちは日本語で主題歌を熱唱。

永井先生は、様々なグッズやポスターを差し出すファンにサインをしながら笑顔で交流を楽しみました。

レッドカーペットでは、劇中モデルの巨大マジンガーZがお目見えし、永井原作の「鋼鉄ジーグ」をモチーフに実写映画化し、イタリア・アカデミー賞「ダヴィッド・ディ・ドナテッロ」で16部門にノミネートされ、7部門を受賞した大ヒット映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』のガブリエーレ・マイネッティ監督。イタリアの人気マンガ「DylanDog」の原作者ロベルト・レッキオーニも駆けつけ、永井と共にフォトセッションにのぞんだ。

その後ワールドプレミアが行われたのは、オーディトリウム・パルコ・デ・ラ・ムジカという、イタリアが誇る世界的な建築家レンゾ・ピアノが設計したローマの音楽複合施設。

上映会には、日本に先駆けて世界最速上映ということでおよそ700人もの観客が入る会場は満席。テレビアニメやイタリア語に翻訳されたマンガ原作のファンと思われる30〜40代の男性ファンから、彼らに連れられた小さな子供たちまで幅広い層のお客さんが集い、親子で参加するファンも多く見受けられました。

映画情報どっとこむ ralph <永井豪先生コメント>
今回は世界で初めての上映会となりますので是非楽しんでいただけたらと思います。ローマ映画祭はとても熱い映画祭という印象です。熱烈な歓迎ありがとうございます。こんな経験はハリウッドのスターでもないのに嬉しいです(笑)。マジンガーZのもつ力強さ、ピュアな情熱といったものがイタリアの人たちの心情にピッタリだとおもいます。世界中で愛されているマジンガーです。イタリア、そして日本でも是非ヒットしていただけると嬉しいかなと思います。

<プロデューサーコメント>
永井一巨プロデューサー:永井豪自身が大好きだったこの地(イタリア)で公開できることをとても嬉しく思っております。この映画を楽しんでいただければ幸いです。

金丸裕プロデューサー:この企画は9年という長い時間をかけて創りました。ようやく観て頂けて嬉しいです。皆様が最初のお客様です。今日は皆さんと一緒に最後まで楽しもうと思っております。


集まったファンたちと一緒に、イタリア・ローマの地で世界最速上映会を鑑賞した永井豪。上映中は、戦闘シーンが終わるたびに歓声が上がり、また随所で笑い声も溢れるなど、終始大熱狂。本編エンドロールが終わると、会場中が熱い歓声とスタンディングオベーションに包まれ、客席の永井のもとにファンが一気に押し寄せる場面も。永井は、とても嬉しそうにイタリアのファンたちの喜びの声を受け止めていました。

映画情報どっとこむ ralph 大盛り上がりの中、大熱狂で終えたワールドプレミア。今月31日からのイタリア公開に大きな期待が寄せられると共に、年明けの日本公開が待ち望まれる。ますます全世界から注目を集める、永井豪画業50周年プロジェクト『劇場版マジンガーZ / INFINITY』。

2018年1月13日(土)全国ロードショーです。
mazinger-z.jp

物語・・・
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************


声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治


原作:永井豪 
監督:志水淳児 
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也 美術監督:氏家誠(GREEN) CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)

助監督:なかの★陽 川崎弘二
音楽:渡辺俊幸 オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎 エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司

制作:東映アニメーション
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 
    


リスペクト溢れるイタリア映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』ブルーレイ&DVDで発売決定!!


映画情報どっとこむ ralph 今回は、日本へのリスペクトが炸裂する、イタリア発のダークヒーロー・アクション映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』、ブルーレイ&DVDで発売決定!!

日本へのリスペクトが炸裂する、イタリア発のダークヒーロー・アクション映画『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』、ブルーレイ&DVDで発売決定!!

近年新たな波が巻き起ころうとしているイタリア映画界から、日本カルチャーへのリスペクト魂みなぎる本格的ダークヒーロー・エンタテインメント『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』が誕生。

本国で大ヒットを記録し日本でもその斬新さに業界騒然となった本作のブルーレイ&DVDが、2017年12月20日(水)に発売されることが決定しました。

テロの脅威に晒されるローマ郊外。
孤独なチンピラとして裏街道を歩くエンツォは、ふとしたアクシデントから超人的なパワーを得てしまう。私利私欲のためにその力を使うエンツォだったが、ある出会いと別れから正義に目覚めていき、悪との壮絶な闘いに身を投じていく。

マイネッティ監督×永井豪×水木一郎『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』来日イベントでの一枚
本作の原作は、1975年に日本で放送開始され1979年にはイタリアでも放送されて大人気を呼んだ永井豪によるアニメ「鋼鉄ジーグ」。

少年時代から日本アニメの大ファンだった、気さくなオタク:ガブリエーレ・マイネッティ監督がこの「鋼鉄ジーグ」を重要なモチーフにして生み出した、これまでのイタリア映画のイメージを大きく覆す全く新しい映画として多くの賞賛を集めた、イタリア映画初の本格的ダークヒーロー・エンタテインメントだ。なおこの個性的な響きのタイトルはいわゆる”邦題”ではなく、本国公開時からイタリア語題と共に併記されている、正真正銘の原題である。

映画情報どっとこむ ralph 発売されるブルーレイとDVDの特典映像には、ガブリエーレ・マイネッティ監督による、虎の覆面を付けた少年の成長と活躍を描いた胸熱のショートムービー『Tiger Boy』を始め、本編削除シーンや予告編などが収録される予定になっている。

商品情報
皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ
2017年12月20日(水)発売
DVDレンタル同日スタート

<Blu-ray>
品番:PCXP.50539 価格:¥4,700+税
収録時間:本編119分+特典映像
特典映像:
■ショートムービー「Tiger Boy」(20分)
■削除シーン(10分)
■予告編集

<DVD>
品番:PCBP.53679 価格:¥3,800+税
収録時間:本編119分+特典映像
特典映像:
■ショートムービー「Tiger Boy」(20分)
■削除シーン(10分)
■予告編集

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
舞台は、テロの脅威に晒される現代のローマ郊外。
裏街道を歩く孤独なチンピラ エンツォはふとしたきっかけで超人的なパワーを得てしまう。始めは私利私欲のためにその力を使っていたエンツォだったが、世話になっていた“オヤジ”を闇取引の最中に殺され、遺された娘アレッシアの面倒を見る羽目になったことから、彼女を守るために正義に目覚めていくことになる。
アレッシアはアニメ「鋼鉄ジーグ」のDVDを片時も離さない熱狂的なファン。怪力を得たエンツォを、アニメの主人公 司馬宙(シバヒロシ)と同一視して慕う。
そんな二人の前に、悪の組織のリーダー ジンガロが立ち塞がる…。

***********************************

キャスト:
クラウディオ・サンタマリア
ルカ・マリネッリ
イレニア・パストレッリ
ステファノ・アンブロジ

スタッフ
監督・製作・音楽:ガブリエーレ・マイネッティ

発売元・販売元:ポニーキャニオン
(C)2015 GOON FILMS S.R.L. Licensed by RAI Com S.p.A. – Rome, Italy. All rights Reserved.


吉川晃司がエンディングテーマだゼット!『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』


映画情報どっとこむ ralph 今年画業50周年を迎える永井豪のスーパープロジェクトとして、45年の時を経て復活する『劇場版 マジンガーZ /INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開いたします。

このたび、本作のエンディングテーマに、吉川晃司の書き下ろし楽曲「The Last Letter」に決定しました。
タイトルには全ての終わりでありながら始まりという意味も込められている“Last Letter=最後の文字=Z”だそうです。


オリジナル「マジンガーZ」のテレビ放送を少年時代に見ていた吉川氏が、主人公・兜甲児とマジンガーZに想いを馳せ、ロボットとパイロットの域を超えた互いの絆、そして哀愁をイメージして楽曲を制作。

吉川氏が「持てる力は全て出した」と言うほどに想いの詰まったこの「The Last Letter」。永井氏が「ハートに染み入る」とその感動を明かすほど、作品の世界観と見事にマッチした極上のパワーバラードとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 吉川晃司さんと永井先生からコメントが届いています!

吉川晃司さんからのコメント

吉川さん:(お話しをいただいた時)とても嬉しい反面、身を引き締めて臨まねば、という思いで自分の持てる力は全て出しました。マジンガーZを見て、大いに影響されて育ったガキも50を越え、彼らと同じように生きてきたこの道のりや、マジンガーZと(主人公)兜甲児が今復活したらこんな話をするんだろうな、マジンガーZを一人の男として捉え、二人の会話や、二人肩を並べて空を見ている背中、そんな情景を想いながら彼らの男の哀愁や生き様を描きました。


永井豪先生からのコメント

永井先生:昔の作品(オリジナルのマジンガーZ)に夢中になった世代の方々が、良い時代のことを思い出せるような、ハートに染み入るとても素敵な曲です。ありがとうございます。

映画情報どっとこむ ralph 全世界注目の、永井豪画業50周年プロジェクト『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』の続報に、乞うご期待ください!

劇場版 マジンガーZ / INFINITY

mazinger-z.jp

2018年1月13日(土)全国ロードショー

物語・・・
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれるー

かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

***********************************

声優:
森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治

原作:永井豪 
監督:志水淳児 
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之
キャラクターデザイン:飯島弘也 美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 川崎弘二
音楽:渡辺俊幸 オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎 
エンディングテーマ「The Last Letter」吉川晃司
制作:東映アニメーション 
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会 
    


「グレートマジンガー」参戦決定!マジンガールズに田所あずさ、伊藤美来 


映画情報どっとこむ ralph 「マジンガーZ」が映画で超復活します!

今年画業50周年を迎える永井豪『劇場版 マジンガーZ/INFINITY』は、2018年1月13日(土)より全国公開いたします。

このたび、かつて「マジンガーZ」と共に人類を救ったもう一つの魔神「グレートマジンガー」の参戦決定

ファン待望の「グレートマジンガー」堂々参戦決定!!


本作への登場があるのか、その行方が熱狂的ファンの間で大きな話題を呼んでいた「グレートマジンガー」の参戦が決定!「グレートマジンガー」は、「マジンガーZ」TVシリーズ最終回で初登場後、続く「マジンガー」シリーズ続編「グレートマジンガー」の主人公として活躍した、「マジンガーZ」と共に人類を救ったもう一つの魔神。


初登場の「マジンガーZ」最終回では、敵の機械獣に苦戦する「マジンガーZ」の元に突如現れ共闘して機械獣を一掃し、衝撃的なヒーローの交代劇を見せつけた。世界消滅の危機に、今再び「マジンガーZ」と共闘を果たします!

映画情報どっとこむ ralph レジェンドが参戦!新旧豪華キャストが勢揃い!

「グレートマジンガー」を操り、かつて兜甲児と共に人類を救ったもう一人の英雄・剣鉄也役に関俊彦。
鉄也と共に数々の戦果を収めた元軍人であり、現在は鉄也と結ばれ、彼の子を宿して平和な暮らしを送る炎ジュン役に小清水亜美。
そして、世界征服を目論むDr.ヘルの忠実なる部下・ブロッケン伯爵役に、藤原啓治。
「クレヨンしんちゃん」の野原ひろし役、映画『アイアンマン』などのトニー・スターク役といった数々の代表作をもつ藤原は、2016年8月〜の療養期を経て、本作がアニメーション映画の復帰作となる。
そして悪と戦う統合軍の戦うアイドルグループ、マジンガールズに田所あずさ、伊藤美来。さらに、言わずと知れた初代「マジンガーZ」の兜甲児役を務めた石丸博也、TVシリーズで弓さやか役を務めた松島みのりのダブルレジェンドの参戦も決定!TVシリーズ放映当時のファンも大興奮間違い無しのキャストが揃い踏み。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。それは神にも悪魔にもなれる。
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。そして、時を同じくして現れる機械獣や宿敵Dr.ヘル。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

公式HP:
mazinger-z.jp

***********************************

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣 上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 
   森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治

原作:永井豪 
監督:志水淳児 
脚本:小沢高広(うめ) 
メカニックデザイン:柳瀬敬之 
キャラクターデザイン:飯島弘也 
美術監督:氏家誠(GREEN) 
CGディレクター:中沢大樹、井野元英二(オレンジ)
助監督:なかの★陽 川崎弘二
音楽:渡辺俊幸 
オープニングテーマ「マジンガーZ」水木一郎 
制作:東映アニメーション 
配給:東映
©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会