「水道橋博士」タグアーカイブ

AKIRA 携帯の待ち受けは三船敏郎!『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』初日舞台挨拶で


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する世界的俳優・三船敏郎の半生とその魂を描いたドキュメンタリー映画『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』が2018 年5月12日(土)より有楽町スバル座にて公開。

そして!その初日舞台挨拶が行われ、ナレーションを務めている AKIRAさんに加え、三船敏郎さんのご子息の三船史郎さん。さらに本作でも多くを語っている香川京子さんと司葉子さんが登壇。MCには水道橋博士が行う豪華な顔ぶれにて、三船さんの魅力と懐かしい思い出をかたりました!

『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』初日舞台挨拶 概要
日時: 5月12日(土)
場所:有楽町スバル座
登壇:香川京子、司葉子、三船史郎、 AKIRA
MC 水道橋博士

映画情報どっとこむ ralph 上映終了後、MC の水道橋博士が、「どうも、オフィス北野のラストサムライでございます!」とジョークを交えて登壇すると笑いと拍手が!

そしてMC の呼び込みにより、香川京子さん、司葉子さん、三船史郎さん、AKIRAさん が登壇し、会場 は溢れんばかりの拍手に包まれた。

MC から本作のナレーションを務めたことへの感想を聞かれると

AKIRA さん:映画冒頭にセリフで自身でも予測不能な波乱に満ちた人生であたかも運命のごとく道を歩んでいったというセリフがあるのですが、まさに、今回映画のテーマはそこだなと思いました。力強さだけではなく、静かで広い海のような日本男児の象徴でもある高潔さや不動の精神といったものを感じていただけるようなトーンでできたら素敵だなと監督と話しながら進めました!

と語り、さらに、

AKIRAさん:三船敏郎さんのモノを身に着けていると、パワーをいただけるというか、『用心棒』の台本を三船敏郎さんが使っていたモノを今回見せていただいていただいたのですが、三船敏郎さんに、天に挨拶しながら、写メを撮らせていただきまして、それを携帯の待ち受けにして、お守り替わりとして自分の役者の仕事 やグループの仕事を頑張っています。

と三船への敬愛の気持ちを語った。

映画情報どっとこむ ralph 明日が母の日ということにちなんで、MC から父の三船さんのエピソード聞かれると
三船さん:私が小学生の時、母の日が運 動会だったのですが、その時に父親がセスナに乗ってきてグランドの上空を低空飛行で飛んで、赤いカーネイション の花束をばらまいていきました!

と三船の豪快なエピソードを語った。

この話には

MC:どんだけ、すごい話なんだ よ!!

と驚きを隠せない様子。続けて、司さんは

司さん:台風で成城の仙川の水が溢れた時、自分の船を持ってきて助けたんですよ。

と当時新聞記事にもなった伝説的エピソードを語った。

豪快なエピソードが出る中、

香川さん:三船さんは本当に繊細な方ですよ。役で活躍していらっしゃると本当に豪快な方という印象ですけど、今の船の話とか、自分がスターという感覚なしに人のために何か手伝おうていう気持ちをいつも持っている人でした。撮影所でも、衣装部さんがロケーションに行くのに、重い衣装をバスに乗っけよう とすると三船さんがスッとそれをもってバスまで運んでくれるから、撮影所のメイクさんとか女性の中では大変な人気でした。

と三船さんの繊細で優しい人柄について語った。


映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・・

AKIRAさん:これまで三船敏郎さんを愛しているファンの方々にはもちろん楽しんでもらえると思います。三船 敏郎さんをこれから知っていく世代の方々には、今の時代であったり自分たちの身近にはない大切な何かを学べるよ うな作品でもあるなと感じたので、この作品が次の世代へ語り継がれるような『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』であって ほしいなと願っております。

と締めくくり会場は大きな拍手に包まれた。

映画情報どっとこむ ralph MIFUNE:THE LAST SAMURAI

全国公開中

スティーブン・スピルバーグやマーティン・スコセッシなど世界の巨匠に愛された唯一無二のサムライ俳優・三船敏郎。 2016 年にはハリウッド殿堂入りを果たすなど、今も世界中のファンの心を惹きつけ離さない“世界のミフネ”の波乱に 満ちた生涯と映画人生に迫るドキュメンタリー映画。三船が出演した黒澤明監督『七人の侍』(1954 年)、 『蜘蛛巣城』(1957 年)、『用心棒』 (1961 年)、『赤ひげ』(1965 年)、そして稲垣浩監督『宮本武蔵』(1954-56 年)などに焦点を当て、家族、 日本の映画関係者や俳優、海外の著名人たちのインタビューと貴重な映像資料とともに、その生涯と世界に影響を与え た「サムライ映画」の進化を明らかにする。

***********************************

監督・編集:スティーヴン・オカザキ ナレーター: AKIRA
出演:香川京子、司 葉子、土屋嘉男、加藤 武、八千草薫、夏木陽 介、二木てるみ、野上照代、宇仁貫三、中島春雄、中島貞夫、佐藤忠男、明石 渉、三船史郎、黒澤久雄、 スティーブン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシ、役所広司 企画:中沢敏明 白石統一郎 製作:田中 渉 河内 功 星野岳志 プロデューサー:厨子健介 木藤幸江 スティーヴン・オカザキ 後 藤太郎 コンサルティング・プロデュ―サー:三船力也 撮影:日名 透 石川泰之
音楽:ジェフリー・ウッド
脚本:スティーヴ ン・オカザキ スチュアート・ガルブレイズ 4 世
原案:松田美智子「サムライ 評伝 三船敏郎」(文藝春秋刊) 協力:三船プロダ クション 黒澤プロダクション 東京国立近代美術館フィルムセンター 江戸東京たてもの園
製作:セディックインターナショナル、電通、TOKYO MX、中央映画貿易
制作:C・A・L FARALLON FILMS
Ⓒ‟MIFUNE:THE LAST SAMURAI”Film Partners
ⒸTOHO CO.,LTD.
配給:HIGH BROW CINEMA


こんなコメント見たことない!園子温という“生きもの”


映画情報どっとこむ TJ 常に時代を挑発し、世の常識に疑問符を投げかける映画監督・園子温。

構想25年を経て結実したモノクロームのSF作品である監督最新作『ひそひそ星』の公開を5月14日に控える鬼才・園子温という人物の生態に迫るべく、376日に渡って彼を追い続けたドキュメンタリー映画『園子温という生きもの』は、5月14日より新宿シネマカリテほかロードショーとなります。
園子温という生きもの 本作は、2014年にMBS「情熱大陸 映画監督・園子温」を手掛けたドキュメンタリー映像作家・大島新が、テレビには収まりきらない規格外のその人物の魅力を描きたいという想いで、放送後の2014年9月から一年にわたって撮影を敢行。撮影現場での姿のみならず、自身の考える“表現”論、映画という枠を飛び越えた多岐に渡る活動、ごく普通の夫としての姿など様々な表情をつぶさに捉えたもの。

映画情報どっとこむ TJ そんな本作に、各界著名人からあまりに支離滅裂でとても同じ人物について語られたものとは思えないほどのコメントが到着! 

倉本美津留、辛酸なめ子、水道橋博士、中園ミホ、深水元基、松江哲明、茂木健一郎、モルモット吉田らによる、“生きもの”としての園子温の多面的な魅力なのかもコメントをどうぞ!(五十音順)


園子温は念の天才だ。
決して観念せず、邪念も疑念も執念で丹念に念写して我々に見せてくれる。園が念力を使えるのは何故か?その理由はこの作品を観ればわかる。
─倉本美津留 (放送作家)

作品が生まれる時のエネルギーがうずまいていて、この映画自体がパワースポットです。
─辛酸なめ子 (漫画家・コラムニスト)

園子温ほど人生が映画的ストーリーに満ちた監督は稀有だ。しかし、園子温ほど他人が監督するのが難しい生き物はいない。よくぞ、これほどまで長く定点観測が出来たものだと感心する傑作ドキュメンタリー。
─水道橋博士(浅草キッド/漫才師)

就活中の息子とこの映画を観た。
ドヨ~ンとしていた息子が、観終わると、澄みきった青空を見上げたような顔をしていた。そんな若者達に一番観て欲しい。
─中園ミホ (脚本家)

園さんと同じ時代を生きられ、作品に参加できたこと、こんな名誉なことはない。この映画を観れば、その理由がわかるよ。
─深水元基 (俳優)

この国がさらに窮屈になることは間違いないので、心にジョーズ(の模型)を持ち続ける男の生き方は見ておいた方がいい。たとえ反面教師になったとしても、だ。
─松江哲明 (ドキュメンタリー監督)

この男を見よ! 愛を活力源とし、自由の「空気」をつくる天才。破茶目茶で筋が通ったその生き方は、脳がふるえるほど面白い。ガガガと走りたくなるゾ。
─茂木健一郎 (脳科学者)

インタビューや撮影現場で見てきた園監督は、誠実だけど欲望に忠実で、常識人かつ狂人だった。
このドキュメンタリーは、今まで一面しか映されなかった “ソノ・シオンのすべて”。
─モルモット吉田(映画評論家)

映画情報どっとこむ TJ 5月14日(土)新宿シネマカリテほかにてロードショー

園子温監督作品『ひそひそ星』と同時期ロードショー
公式HP:
http://sonosion-ikimono.jp/
公式Twitter
@hisohiso_ikimon
公式Facebook:
hisohisoboshi.sonosion.ikimono/

イントロダクション

2015年には『新宿スワン』『ラブ&ピース』『リアル鬼ごっこ』『映画 みんな!エスパーだよ!』と4本の新作が公開され、日本で最も多忙な映画監督となった園子温。
園子温という生きもの 多くのメディアで数奇な運命をたどった半生が取り上げられ、時には過激な発言が物議を呼ぶ。しかし、それは園子温の一面でしかない。本作で描かれる園子温の“いま”は、新たな映画企画の打ち合わせに忙殺されながら、アトリエで自由奔放な絵をキャンバスに描き、時にはミュージシャンとして破天荒なライブを行い、路上パフォーマンスで警察に事情聴取されながらもアーティストとして独創的な個展を開催し、自宅では妻との時間を過ごす姿だ。そして、4半世紀前に書いた脚本『ひそひそ星』の映画化を自主制作でようやく実現させようとしていた。

2014年10月、『ひそひそ星』がクランクインを迎えた。園はオリジナル脚本の設定を尊重しつつ“いま”映画にするにあたって、福島県富岡町・南相馬・浪江町でロケーションすることを選んだ。『ヒミズ』(12)『希望の国』(12)で震災、原発をいち早く描いてから4年。地元の人々の声に耳を傾け、荒涼とした風景にカメラを向ける園子温は何を思うのか。

***********************************

監督:大島新
出演:園子温   
染谷将太 二階堂ふみ 田野邉尚人 安岡卓治 エリイ(Chim↑Pom) 神楽坂恵

プロデューサー:小室直子、前田亜紀 
撮影:髙橋秀典  編集:大川義弘 
整音・効果:高木 創 
音楽プロデュース:菊地智敦
企画・製作:ネツゲン 日活  
制作プロダクション:ネツゲン  
配給:日活  
宣伝:ミラクルヴォイス
©2016「園子温という生きもの」製作委員会 
(2016/日本/カラー/ビスタ/97分)
  



したコメ後夜祭で『エクスペンダブルズ3』の日本プレミア決定!


コメディ映画の祭典「第7回したまちコメディ映画祭in台東」(略称したコメ)。
2014 年9 月12 日(金)~16 日(火)に開催です。

そして、この度「映画秘宝」presents 映画秘宝まつり にて
映画『エクスペンダブルズ3』上映決定!

映画に愛を持って接する奇跡の雑誌「映画秘宝」とのコラボ企画。
4日間だった開催期間を1日延ばし、したコメ初となる「後夜祭」で、「映画秘宝まつり」に相応しい破壊力抜群の、『エクスペンダブルズ3』の日本最速プレミア上映が決定いたしました!「映画秘宝」の総大将・町山智浩氏、水道橋博士氏を招いての爆裂映画トークで、したコメ総決算!

エクスペンダブルズって、コメディーでしたっけ?
って、突っ込まみたいですが....

まあ、あれだけ強いと既にギャグってことですかね。

『エクスペンダブルズ3』

(2014 年/アメリカ/126 分/ポニーキャニオン、松竹)
2014 年11 月1 日全国ロードショー
日時:2014年9 月16 日(火)17:00 開場/18:00 開演 予定
会場:浅草公会堂
ゲスト:町山智浩、水道橋博士
監督:パトリック・ヒューズ
出演:シルベスター・スタローン、メル・ギブソン
ハリソン・フォード、アーノルド・シュワルツェネッガー ほか

今度のエクスペはハリソン・フォード、メル・ギブソン他感涙のヒーローたちが集結!
33 兆円軍団が世界を駆け巡る!
エクスペンダブルズ3 ⒸEX3 Productions, Inc. All Rights Reserved. (C)Phil Bray
エクスペンダブルズ3
ⒸEX3 Productions, Inc. All Rights Reserved. (C)Phil Bray

エクスペンダブルズ最新作はシリーズ史上最高の顔合わせが実現した!一国の国家予算に匹敵する驚愕のドル箱スターたちが集結し、我々の想像力を超える奇跡の競演を果たした!!これまでの無骨なイメージから一挙に伝説のヒーロー軍団へとバージョンアップしたエクスペンダブルズ!今回は世界を舞台に大暴れする!!

コメディ映画の祭典
「第7回したまちコメディ映画祭in台東」
2014 年9 月12 日(金)~16 日(火) 開催です!
公式HP:www.shitacome.jp

観たい!方は
8 月9 日(土)AM10:00より、チケットぴあにて一般発売開始!
記者会見 8 月9 日(土)、「第7回したまちコメディ映画祭in 台東」記者会見をUSTREAM にて生放送決定です!

********************************************************************


『怪しい彼女』第二弾特典と芸人さんからコメント


7月11日(金)の公開を控えている

『怪しい彼女』

先日は主演のシム・ウンギョンが来日して盛り上がっている本作。
来月6月初めには、本作のファン・ドンヒョク監督の来日も決定しています!

【怪しい彼女】新メイン画像s
そしてこの度、
予想以上の前売りの売れ行きに、第二弾特典付きムビチケカードの発売を決定!

特典は、音楽がテーマでもある本作のワンシーンから、シム・ウンギョン、そしてB1A4のジニョンが登場するライブシーンの写真を使用した“半地下バンド”クリアファイル。

数量限定のファン垂涎レアアイテムです。

半地下バンド-クリアファイル
さらに、
いち早く試写で本作をご覧になった方々から、シム・ウンギョンの演技を絶賛する声も高まり、今田耕司さん、関根勉さんなど芸人の皆さんを中心にいまや話題沸騰の本作への絶賛コメントが到着しました!

今田耕司さん (お笑い芸人)
物語も主演女優も好き!
ラストの病院でのシーンで48歳の独身男も涙した!!

大谷ノブ彦さん (ダイノジ/お笑い芸人)
“笑って泣ける”辞書にそんな単語が掲載されるなら、合わせてこの映画が例として
掲載されるべきだ!笑って笑って最後に号泣。

大野大介さん (マテンロウ/お笑い芸人)
ストーリーが面白いのはもちろん、笑いあり、涙あり、歌あり、最初から最後まで楽しめる映画です!

水道橋博士さん (浅草キッド/漫才師)
『怪しい彼女』は、ガールズ映画の傑作『サニー 永遠の仲間たち』のアイドル、シム・ウンギョンが20歳にして70歳ババアを憑依する“藝獣”ぶりに見惚れてしまう、あまりに『愛しい映画』だ。

関根勤さん (タレント)
シム・ウンギョンの魅力にノックアウト!
彼女から目が離せない!

夏休み映画の見るものリストに!

『怪しい彼女』

7月11日(金) TOHOシネマズみゆき座ほか 全国順次ロードショー
公式HP: http://ayakano-movie.com/


過去記事:『怪しい彼女』 主演シム・ウンギョン来日!トークイベント


********************************************************************


『怪しい彼女』
【2014年/韓国/125分/カラー】
監督:ファン・ドンヒョク『トガニ 幼き瞳の告発』
出演:シム・ウンギョン『サニー 永遠の仲間たち』、ナ・ムニ『ハーモニー 心をつなぐ歌』
ジニョン(B1A4)「優雅な女~スキャンダルな家族~」、
イ・ジヌク「ナイン~9回の時間旅行~」、ソン・ドンイル『ミスターGO!』
(c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
配給:CJ Entertainment Japan