「水谷修」タグアーカイブ

『ソロモンの偽証』成島監督が中学生を招待!夜回り先生トーク&試写会


『ソロモンの偽証 前篇・事件』が3月7日(土)より公開され

4月11日(土)の後篇・事件への期待も高まっているはず。
記者の間でも学生の演技が凄いと話題です。

今回、成島監督の「主人公たちと同じ中学生のみなさんに、ぜひともこの映画を観てほしい」という熱い想いから中学生限定のトークイベント付試写会がおこなわれました。

0326『ソロモンの偽証』1春休み特別試写会
ソロモンの偽証 後篇・裁判
夜回り先生トークイベント付中学生限定試写会 イベントレポート

日時:3月26日(木)
場所:新宿ピカデリー 試写室
登壇者:水谷修【夜回り先生】、成島出監督

『ソロモンの偽証 後篇・裁判』の上映が終わると成島出監督、水谷修さんが呼びこまれ早速トーク開始。

夜回り先生こと水谷修氏
夜回り先生こと水谷修氏

水谷さん:皆さん自分と重なるキャラクターはいませんでしたか?自分はどのキャラクターに近いかなって観た人もいると思うけど、誰でしたか?僕は間違いなく柏木卓也君でした、正義を追求するタイプでした。」

と場内に問いかけると

成島監督:僕も柏木君みたいに、未来に希望を抱いていなかったけど、10代後半に映画と出会ってから180度変わりました。

と続けました。

本作でも描かれている“いじめ”について

水谷さん:いじめを体験したことはある人?

と場内に問うも手が挙がらず。

水谷さん:いじめは全く無いことは無い。人間だから好き嫌いもあるし、苦手な相手もいるはず。皆仲良くという言葉にウソがある。

と学校教育のありかたに提言すると共に

水谷さん:いい子がいじめられる。我慢しちゃダメで時がたつと傷はより大きくなる。とにかく親でも、なんでも巻き込んで大騒ぎすること。自分で立ち向かっていかないで戦うのは、大人の仕事。

とアドバイス。また司会からいじめを傍観するのは悪いことかと問われ

水谷さん:悪い場合もあればそうでない場合もある。正義というものはそう簡単ではないし、それは皆さんが一度考えを咀嚼してみることが大切です。

と語りました。また最近の川崎市の事件に関して

水谷さん:戦うことは君たちには求めない、大人に委ねてほしい。

成島監督:問題を一人で抱え込まず、大騒ぎすること」としながらも近年の日本のテレビや映画について「以前『バトルロワイヤル』が公開される頃には国を挙げて暴力表現が問題となったが、最近はゲームのように人がバタバタ死んでいくものも多く目に余るし、作り手側もちゃんと考えていかなければならない。

とそのありかたに警鐘も。


ソロモンの偽証 成島監督
ソロモンの偽証 成島監督


トークの後半には、会場の中学生から質問を受け付け

Q:ホラー映画のような演出があったのはどうしてですか?

成島監督:ホラー的な演出というよりは本人たちが見たリアルな描写で、現実に起こりうることだから怖いと感じたのではないでしょうか。人が死ぬのは痛いし、血も流れるんだということはきちんと表現しなければいけないなと思っています。

Q:良い映画監督になるにはどうしたから良いか?

成島監督:とりあえず先人の作品を沢山観て自らの礎にして踏み台にしていってほしいです。

Q:役者さんに対してどこを心がけて演出しましたか?

成島監督:とにかく生きた目にしたかったので、ワークショップでは、役柄を変えて全員の痛みをわかってもらえるようにしました。中学生のキャストたちは大変だったんじゃないかと思います。


最後の挨拶で

成島監督:私は学校という教育の場でというよりも、色々な本や映画からたくさんのものを学びました。映画監督の中にも良い学校を出ている人は大勢いますが、学歴が通用するのは最初の3、4年であとは実力に依ってきます。私もここまで映画を撮り続けられてきたので、今は何とか人の役に立ちたいと思っています。この映画を観て救われる人が一人でもいてくれると良いなと思っています。

水谷さん:私は夜回り先生として知られていますが、実は物書きで52冊の本を出しています。皆さんに言えることは好きなこと、一つのことを長く続けてほしいということです。私は哲学、物書きを長らく続けています。長く続けているとしゃべることや、書くことは生きるより楽だと思える位です(笑)。はじめのうちは大変かもしれませんが、慣れていくとどんどんと早くなるものですし、楽しくなっていきます。最後に一つだけ、監督に言って大丈夫と確認をとったので言わせて下さい。この映画は前・後篇ありますが、全てフィルムで撮影しているのです。今はデジタルで撮影することが多く費用も手間もかかってしまいますが、こだわって全編フィルムです。今のことをふまえてもう一度劇場の大スクリーンでお金を払って観て下さい(笑)。

と挨拶を締めました。

『ソロモンの偽証 前篇・事件』絶賛公開中!
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』2015年4月11日公開!


公式HP:www.solomon-movie.jp

********************************************************************


物語・・・

クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。

その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。

目撃者を名乗る匿名の告発状、新たな殺人計画、マスコミの過剰報道、そして犠牲者がひとり、また一人。何が嘘で、何が本当なのか?保身しか考えない教師たちに見切りをつけ、

ひとりの女子生徒が立ち上がった。もう大人たちに任せておけない…。

隠された真実を暴くため、学校内裁判が開廷される――。

作品名:『ソロモンの偽証 前篇・事件』『ソロモンの偽証 後篇・裁判』
公式HP:www.solomon-movie.jp

原作:宮部みゆき(新潮文庫刊)/監督:成島出
出演:藤野涼子 板垣瑞生 石井杏奈 清水尋也 富田望生 前田航基 望月歩 佐々木蔵之介 夏川結衣 永作博美 小日向文世 黒木華 尾野真千子

(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会
配給:松竹




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ