「毛利安孝」タグアーカイブ

染谷俊之・赤澤燈・廣瀬智紀 ダメ男珍道中最終章『逃げた魚はおよいでる。』ビジュアル解禁!


映画情報どっとこむ ralph 2015年公開の『カニを喰べる。』から始まり『羊をかぞえる。』(15)『天秤をゆらす。』(16)と続く、ダメ男たちの珍道中を描いた人気シリーズの第4弾にして最終章。

映画『逃げた魚はおよいでる。』は、冬の公開となります。そのキービジュアルと映画場面写真が解禁となりました。

商店街の福引をきっかけに台湾旅行に訪れた田宮(染谷俊之)・青島(赤澤燈)・丸井(廣瀬智紀)の3人。

台湾に到着するやいなやトラブルに巻き込まれることに。言葉の分からない異国の地でバラバラになった3人は自分と瓜二つの人物と遭遇する。この出会いにより、シリーズ史上もっとも最悪な1日が幕をあけるのだった。

解禁されたキービジュアルには、台湾の建造物をバックにすがすがしい表情でたたずむ3人が描かれているが、それとは対照的に海辺で苦々しい表情をしている様子も写し出されています。

シリーズで毎回出演者たちを苦しめてきた“海”が、ファイナルとなる本作ではどのように本編と絡んでくるのか注目です。

映画情報どっとこむ ralph 併せて解禁となった場面写真には、田宮・青島・丸井の3人が何者かに銃を向けられたり、
バレバレの変装をしているいつものドタバタ劇が期待できるカットも。
一方、それぞれいつもと雰囲気が違う場面カットもあり、
中には田宮が丸井に詰め寄るシーンや、
いつも笑顔の丸井が険しい表情で何者かに銃口を向けている様子が。
果たしてその真相は?
映画『逃げた魚はおよいでる。』は2017年冬の公開を予定しています。

映画情報どっとこむ ralph また、劇場公開に先駆け10月21日(土)に北神区民センター(神戸)、翌22日(日)に日テレらんらんホール(東京)にて完成披露イベントが開催されます。

本編上映のほか、メイキング上映や朗読劇など、盛り沢山な内容となっている。チケットは絶賛発売中。

詳細は映画公式サイトで確認を!

公式サイト:
sakana.united-ent.com

公式Twitter:
@nigesaka_movie

物語・・・
商店街の福引でひょんな事から台湾旅行券を譲り受けた田宮(染谷俊之)、青島(赤澤燈)、丸井(廣瀬智紀)の3人。いつものようにノープランで台湾の地に降り立った一行だったが、到着するやいなやトミー(輝山立)と名乗る青年に執拗に付きまとわれる。何とか振り切ろうと逃げ込んだ部屋で、突然銃声が鳴り響き、そこにはアタッシュケースを抱えた瀕死の男がいた。さらに、その現場を目撃した一行は何者かに追われる羽目に。逃げる道中に、田宮とはぐれてしまった青島と丸井は追ってに迫られ絶体絶命の状況。そんな2人の目の前に現れたのは、いつもと雰囲気が違う田宮?だった。
こうして田宮・青島・丸井のシリーズ史上もっとも最悪の1日が幕をあけた。

***********************************

出演:染谷俊之 赤澤燈 輝山立 宋順鴻 王勇達/廣瀬智紀
監督・脚本:毛利安孝 
製作:長田安正/菅谷英一 企画:村田 亮 プロデューサー:髙槻 華/菅谷英一
撮影:葛西幸祐 照明:常谷良男 録音:光地拓郎 編集:佐藤 崇 音響効果:岡瀬晶彦 助監督:土岐洋介 製作担当:三島翔一
衣装:森内陽子 ヘアメイク:コウゴトモヨ スチール:蒔苗 仁 音楽:鷹尾まさき
特別感謝:高雄市政府文化局影視發展暨拍片支援中心、GJ94 Film Studio、鏡頭銀行、Ally演員經紀工作室、Judy模特兒演藝工作室
製作:「魚」製作委員会(ユナイテッドエンタテインメント/GFA)
製作プロダクション:GFA 宣伝・配給:ユナイテッドエンタテインメント ©2017「魚」製作委員会 2017/日本/カラー/ステレオ/92分


岡田将生VS木村文乃 映画「伊藤くん A to E」公開直前にドラマ版発売決定!


映画情報どっとこむ ralph 超モンスター級【痛男(いたお)】岡田将生VS崖っぷち【毒女(どくじょ)】木村文乃

あらゆる世代の女性から熱い支持を受ける作家柚木麻子のロングセラー恋愛小説、待望の映画化!予測不能な震撼恋愛ミステリー。映画「伊藤くん A to E」が2018年1月12日(金)全国ロードショーとなります!

容姿端麗なのに自意識過剰な超モンスター級の”痛男”伊藤誠二郎と、彼をめぐる5人の女性【A~E】の恋愛模様が刺激的に描かれている映画「伊藤くん A to E」。

映画公開にさきがけて放送されたドラマのDVD&Blu-rayが2018年1月10日(日)【い・とうくんの日】に発売決定。

映画情報どっとこむ ralph ドラマ版では、売れない脚本家Eの女:木村文乃を中心にストーリーが展開され、【A~D】4人の女たちが莉桜(木村)へ語る“伊藤くん”の恋愛相談を2話ごとに描いています。

伊藤に振り回される女たち
【A】ぞんざいに扱われる女・島原智美(佐々木希)
【B】自分の殻に閉じこもる女・野瀬修子(志田未来)
【C】愛されたい女・相田聡子(池田エライザ)
【D】高学歴のヘビー級処女・神保実希(夏帆)の切実で無様な恋愛相談にのりながら、莉桜は心の中で毒づき、自身の書く脚本のネタにしようと企んでいくが、莉桜の前に“伊藤”が現れて。

そして、【A~D】の切なく痛い恋模様を赤裸々に映し出し、人の恋愛を覗き見ているような体感と、ヒリヒリするような共感のリアルさで、恋に悩める多くの女性から支持を得た本作。今回発売するDVD&Blu-rayの特典には、ここでしか見られない豪華女優陣の本音が聞けるインタビューを収録!また、貴重な撮影の裏側が見られるメイキングも同時収録。

さらに、作品をより楽しめるブックレットも封入!
映画を見る前にドラマ&特典を見れば、映画がより一層楽しめること間違いなし!

映画情報どっとこむ ralph ドラマ「伊藤くん A to E」

★DVD&Blu-ray BOX 
【Blu-ray BOX】17,800円+税 
VPXX-71571
【DVD BOX】13,800円+税 
VPBX-14667

<特典(DVD、Blu-ray共通)>
★映像特典・・・メイキング、インタビュー
★封入特典・・・豪華ブックレット
★DVDレンタル同時スタート ※本編のみ  
★特典内容や仕様は予告なく変更になる可能性があります。ご了承ください。
映画情報どっとこむ ralph
<ドラマストーリー>
矢崎莉桜(木村文乃)、32歳。職業・脚本家。

5年前に担当したドラマ「東京ドールハウス」は大ヒットを記録し、伝説の恋愛ドラマを書いた脚本家になりつつあったが、以降ヒット作を出せず、過去の栄光になんとかすがってプライドを保っている。

そんなある日、「東京ドールハウス」をネタに書いたエッセイ本「ヒロインみたいな恋をしよう!」が発売され、トークショーを開催することに。

「ほんの少しの知識と勇気があれば、恋はきっと叶うんです」。恋愛について講演する莉桜の話を真剣に聞く女性たち。けれど莉桜の心の声は──「私が笑えば無条件に頷く、つまらない女たち……」毒舌だ。

かつて、公私ともにパートナーだったドラマプロデューサーの田村伸也(田中 圭)が、トークショーに参加した女性たちの恋愛相談企画を勝手に進めていたことも気に入らない。「くだらない……」と思いながらもアンケート用紙に目を通す。と、4人の女性たちに“ある共通点”があることに気づく。それは、彼女たちが相談している男の名前がみんな“伊藤”だったことだ。偶然?

莉桜は恋愛相談の当選者として、しまはら島原ともみ智美(佐々木希)、のせ野瀬しゅうこ修子(志田未来)、あいだ相田さとこ聡子(池田エライザ)、じんぼ神保み実き希(夏帆)に会って話を聞くことにする。彼女たちを振り回す男たちは、みな容姿端麗らしいが、自意識過剰で幼稚で無神経。聞くにつけ首をかしげたくなるほどの「いたお痛男」。こんな男のどこがいいのか―。

恋愛相談を利用し、再起をかけて新たなドラマの脚本を書き始める莉桜は、徐々に4人が語る伊藤が同一人物ではないかと考え始める。
いったい伊藤は何者なのか―。彼の狙いとは―。待ち受ける予測不能な衝撃のラストに誰もが震撼する―

【TVドラマ公式ホームページ】
http://www.ito-kun.jp/drama/

【映画 公式ホームページ】
http://www.ito-kun.jp/

***********************************

木村文乃 / 佐々木希 志田未来 池田エライザ 夏帆 / 山田裕貴 中村倫也 田中 圭
総監督:廣木隆一 
監督:毛利安孝 稲葉博文  
原作:柚木麻子「伊藤くん A to E」(幻冬舎文庫)
脚本:喜安浩平  
音楽:遠藤浩二  
製作:「伊藤くん A to E」製作委員会  
制作プロダクション:ドリマックス・テレビジョン
©「伊藤くん A to E」製作委員会


森ですね。廣瀬智紀・染谷俊之・赤澤燈登壇『天秤をゆらす。』完成披露!


映画情報どっとこむ ralph 万年モラトリアムなダメ男2人の成長を描いた映画『カニを喰べる。』、『羊をかぞえる。』に続くシリーズ第3弾、映画『天秤をゆらす。』の完成披露イベントが満員御礼の中、ニューピアホールにて開催され、主演の廣瀬智紀のほか染谷俊之、赤澤燈が登壇しました。

映画『天秤をゆらす。』完成披露イベント
映画『天秤をゆらす。』完成披露イベント
日時:7月31日(日)
場所:ニューピアホール
登壇:廣瀬智紀/染谷俊之/赤澤燈
サプライズ登壇:三谷麟太郎、石野湘太

映画情報どっとこむ ralph シリーズ2作目から登場した廣瀬智紀演じる丸井にスポットをあてたスピンオフ作品。
深い森を舞台に、のんきに森の中の秘湯を訪れた丸井、田宮(染谷俊之)、青島(赤澤燈)の3人が迷子になってしまい、様々な騒動に巻き込まれていくという、本シリーズならではの先が読めないファンタジーな内容となっている。

撮影を通して印象に残っていることを聞かれた廣瀬は開口一番

廣瀬さん:森ですね(笑)

と、本編のほとんどのシーンが森での撮影だった為、相当悩まされた模様。また、劇中で登場する落とし穴に落ちるシーンでは

廣瀬さん:意外と(穴が)深かった(笑)長い距離を走って穴に落ちるので、場所がしっかりと把握できていなかったので怖かったです。(そのシーンで擦りむいた傷痕を見せ)絆創膏でかぶれてしまって。

とオチをつけ会場を笑わせました。

また、本作の見所を聞かれて

赤澤さん:滝のシーンがあるんですが、斜面が急でさらに滝の勢いも凄くて・・

と話している途中に、

染谷さん:自分で演じたみたいな言い方するなよ(笑)

と実際に滝で撮影した染谷から横やりが!!!

染谷さん:滝から降ってくる水が氷水のように冷たく、(シリーズを通して)海によく飛び込んでいますが今回が1番キツかったです。

と本音を吐露。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶中盤には、ハナギュウ役の三谷麟太郎とブラウン役の石野湘太の2名の子役が飛び入りで参加。

撮影の合間には「石を一緒に飛ばしたり、松ぼっくりで野球をして遊んでくれた」など微笑ましいエピソードが飛ぶ中、初めての舞台挨拶で緊張気味の石野を皆でリラックスさせるなど、和気あいあいとした雰囲気に。そんな子役の2人になぞらえ、小学生の頃の自分に言いたいことはあるかとの質問に対して

染谷さん:小学生の時に引越しをしたんですけど、好きだった子に告白ができなかったので、ちゃんと想いを伝えておきなと言いたい。

赤澤さん:水泳を6年間習っていたんですけど、今は全く泳げないので今すぐ辞めなさい。

廣瀬さん:特にないです。と言うのも過去の自分があって今の自分があるので。

とクールに答え、登壇者からはズルいと非難される一幕も。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

廣瀬さん:シリーズを通して積み重なったものがあってできた作品ですし、ファンタジー要素のある作品でキーパーソンとなる役を演じられて嬉しく思いました。短い撮影期間でしたが、全員が力を合わせてがんばりましたので、公開されましたら劇場にも是非足を運んでいただけたらと思っています。

と、絞めました。

映画『天秤をゆらす。』

は2016年初冬の公開を予定している。

公式サイト:
tenbin.united-ent.com

映画情報どっとこむ ralph 天秤をゆらす。 あらすじ・・・

超がつくほどのお人好しである丸井裕之(廣瀬智紀)に温泉旅行に誘われ、緑豊かな山奥まできた田宮治(染谷俊之)と青島豪志(赤澤燈)の3人。

案の定、秘湯と呼ばれる温泉に向かう途中に迷子になり、責任をなすりつけ合う田宮と青島、そして仲裁に入る丸井。そんな3人が森を彷徨っているうちに突然死体を発見してしまう。慌てふためく中で、田宮・青島とはぐれてしまった丸井は、“ガイコツの滝”を探しているという2人の少年に出会い、行動を共にするが・・・。

***********************************

出演:廣瀬智紀 染谷俊之 赤澤 燈 / 三谷麟太郎 石野湘太 平野常次郎 加藤啓 塩川 渉

監督・脚本:毛利安孝
製作:「天秤」製作委員会(クラスター/サモワール/ユナイテッドエンタテインメント/GFA)
製作プロダクション:サモワール
配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
©2016「天秤」製作委員会


廣瀬智紀x染谷俊之x赤澤燈『天秤をゆらす。』現場からコメント!


映画情報どっとこむ mari 『カニを喰べる。』、『羊をかぞえる。』に続くシリーズ第3弾作品『天秤をゆらす。』の製作が決定し、その撮影現場からコメントが到着しました。

天秤をゆらす。
同シリーズは、田宮治(染谷俊之)と青島豪志(赤澤燈)のアラサー男子が定職にもつかず、自堕落な生活を送りながらも、少しづつ成長していく様子を描いた人気シリーズであり、第3弾となる本作では、前作で2人の前に現れ、思いもよらぬ騒動に巻き込む張本人である、超がつくほどのお人好し丸井裕之(廣瀬智紀)にスポットを当てたスピンオフ作品となります。

本作は深い森を舞台に、のんきに森の中の秘湯を訪れた丸井、田宮、青島の3人がいきなり迷子になってしまうところから始まります。

森の中を彷徨ううちに、突然死体を発見したり、クマに襲われそうになったり、青い滝を探しているという2人の少年に出会ったりと今回も先が読めないファンタジーな内容に。

映画情報どっとこむ mari 主演は、大人気舞台への出演が後を絶たない廣瀬智紀さんが務めています。

映画『セブンデイズ 2部作』(15)で主演を務めるほか、ドラマ「エイジハラスメント」(EX/15)や「掟上今日子の備忘録」(NTV/15)に出演するなど、その活躍の場をますます広める廣瀬さんが、自身2度目となる丸井役をどのように演じるか見どころ。また、前2作でW主演を務めた、染谷俊之さんと赤澤燈さんも引き続き出演しています。

様々な舞台で共演を重ねてきたからこその阿吽の呼吸で、ダメな男2人を好演してきた染谷さんと赤澤さんだが、本作ではそんな2人の関係に亀裂が!?今まで観たことのない2人の姿にも是非注目してもらいたい。シリーズ全作の監督・脚本を務める毛利安孝が、引き続きメガホンを撮る本作は一体どのような展開を見せるのか。

映画情報どっとこむ mari 撮影現場からコメントです。

廣瀬さん:2作目から参加させて頂いて、こうやって田宮(染谷)君、青島(赤澤)君とまた一緒に、ゆったりとした素敵な作品に参加できるのが率直に嬉しいです。

染谷さん:良い意味でクランクインした感じがしないです(笑)1、2作目と同じ監督・スタッフさんですので、ここまではリラックスした自然体で演じられています。

赤澤さん:お馴染みのメンバーで演じさせて頂いていますし、ずっとクランクインを楽しみにしていたので、この3人でまた会えて安心しました。

本シリーズの見どころのひとつに、走る・泳ぐ・漕ぐなど体を使った演出が散りばめられている事があげられるが、その事について

赤澤さん:その部分で言えば僕たち(染谷・赤澤)はまだ甘えているなと思います(笑)。

廣瀬さん:僕は結構、足を使っているなと思います(笑)シリーズを通しての“味”をスゴク痛感しています。まだ2人(染谷・赤澤)にとっては足りないみたいですので、これからビシバシいくと思います(笑)。

とすでにシリーズの洗礼を受けている模様。

映画情報どっとこむ mari 最後に

廣瀬さん:このシリーズを愛してくださった方々がいらっしゃるから、こうして第3弾までくる事ができたと思います。皆で力を合わせて頑張りますので是非楽しみにしていてください。

と感謝の言葉と共に意気込みが語られました。

また、同シリーズの特徴でもある個性的な作品タイトルですが、初の生き物ではないもの。これ意味があるようです!公開は今冬を予定しています。

因みに、7月には映画の公開に先駆けて東京・大阪・名古屋で完成披露イベントの開催が決定しています。

***********************************


出演:廣瀬智紀 / 染谷俊之 赤澤 燈 ほか

監督・脚本:毛利安孝
(「カニを喰べる。」、「羊をかぞえる。」)
製作:「天秤」製作委員会
(クラスター/サモワール/ユナイテッドエンタテインメント/GFA)

製作プロダクション:サモワール 
配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
©2016「天秤」製作委員会
   


染谷俊之と赤澤燈W主演 映画『カニを喰べる。』が公開決定


ダメ男二人のおかしくも切ない青春ロードムービー
カニを喰べる。 映画『カニを喰べる。

が3月21日(土)より新宿K’s cinemaにて公開することとなり、合わせてキービジュアルも解禁となりました。

舞台で活躍中の若手イケメン俳優 染谷俊之さんと赤澤燈さんがW主演。

本作は、万年モラトリアムなダメ男2人が、ふと「カニを食べたい」という思いつきからポンコツの軽トラで旅をすることになり、その道すがらすっかり大人になった同級生や2人の憧れのマドンナだった女性など、様々な‘‘過去’’と出会うことで、自分を見つめなおしていく、そんなおかしくも切ない青春ロードムービーです。

カニを喰べる。
W主演には、舞台を中心に活躍し、2015年も映画や多くの舞台への出演が決まっている染谷俊之さんが務め、今までに演じたことのない、定職にも就かず日雇いのアルバイトで生計を立てているというダメ男役を熱演。

もう1人の主演には、映画・舞台とその活躍の場を広げ、今後の活躍が楽しみな赤澤燈さんが務めています。染谷さんと同じく、その日暮しの生活をしているダメ男役を好演し、新たな魅力を発揮しています。



更に物語のキーパーソンとなる2人の憧れの女性を演じるのは、映画『赤い文化住宅の初子』、『ねこにみかん』などの東亜優さんが、同級生の大滝役には映画『ぼっちゃん』の主演を務め、数々の映画賞を受賞した水澤紳吾さんが脇を固めています。

メガフォンをとるのは黒沢清さんや廣木隆一さんなどの現場でキャリアを積み、本作が長編2作目となる毛利安孝監督。
カニを喰べる。1
なお、本作の公開を記念して、キャスト登壇による舞台挨拶の開催も予定されているようです。

映画『カニを喰べる。 』

3月21日(土)より新宿K’s cinemaにて公開です。

公式サイト:http://www.kani-movie.com

sub4
********************************************************************

物語・・・
定職にも就かず、日雇いのアルバイトで生計を立てている田宮治(染谷俊之)は、ある日いつものようにパチンコ屋から出ると、中学時代の旧友で田宮と共に野球部に所属していた青島豪志(赤澤燈)と再開する。青島もまた、やりたいことが見つからずにその日暮しの生活をしていた。
再会するや否や青島は突然、かつての野球部の先輩・長谷川の地元である富山へカニを食べに行くことを提案する。お金も具体的な計画もないまま軽トラックを走らせ、一路富山へ向かう2人。道中、ガソリン代すら持っていない2人は、立ち寄った廃校の体育館で今井町知子(東亜優)と名乗る女性と出会う。町知子は、2人にとって憧れの存在であった中学時代のマネージャーである金子真沙美に瓜二つだった。
突然の出会いに困惑する田宮と青島。そして何故か町知子も一緒に富山までカニを食べに行くと言い出すのだったが・・。

出演:染谷俊之 赤澤燈
東亜優 水澤紳吾 中里ひろみ 谷口千明

監督・脚本:毛利安孝
製作:村田亮/長田安正/菅谷英一 プロデューサー:村田亮
撮影:西村博光 録音:光地拓郎 
編集:佐藤崇 
助監督:洲鎌雅和
製作担当:三島翔一 
衣装:森内陽子 ヘアメイク:平岡美樹
製作:「カニを喰べる。」製作委員会
(サモワール/ユナイテッドエンタテインメント/グループファーストエース)
製作プロダクション:サモワール 配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
(C)2015「カニを喰べる。」製作委員会 2015年/日本/カラー/84分