「毎熊克哉」タグアーカイブ

小澤廉がパンチパーマ!映画『新宿パンチ』予告・新場面写真が解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 小澤廉がパンチパーマ!映画『新宿パンチ』がシネマート新宿他にて2018年12月1日(土)より公開となります。
その予告・新場面写真が解禁となりました!


新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた当作。夜になればネオンが煌びやかに輝き、渇きを感じた男女が入り混じる。そんな欲望渦巻く不夜城の主役はキャバ嬢、風俗嬢ら夜の蝶たち。

その供給源は主にスカウトマンが担っている。

そんなユートピア歌舞伎町で、最底辺人生を行く女好きの田舎者・道場方正が足を踏み入れたスカウトビジネス。22歳、童貞、一文無し、フラれた女は100人のスペック最低、パンチ頭の負け犬人生。能天気な破天荒男は歌舞伎町で一発大逆転できるのか?スカウトマンたちのリアルな実態を鋭く描いた、成り上がりエンターテインメント。
童貞でパンチの主人公・道場方正を演じるのは、嵐と“視聴熱ランキング”を競い、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」や「おそ松さんon STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~」など人気2.5次元舞台に多数出演。今秋には、祭nine.の寺坂頼我とW主演を務める映画『BD~明智探偵事務所~』の公開も控える小澤廉。

さらに人気ファッション誌のモデルを務め、女性から絶大な支持を集める吉倉あおい。今、最も勢いのある俳優で、映画『ケンとカズ』の毎熊克哉。「マジで航海してます。~Second Season~」の宮崎秋人。日本のドラマ、映画界に欠かせない名優・矢柴俊博が小澤の脇を固める。

この度公開された予告映像には、腹に一物抱えたキャラクターたちの個性豊かな姿が切り取られ、ムード歌謡「六本木~GIROPPON~」で一躍有名となりパンチパーマでお馴染みの鼠先輩が小澤扮する方正の父親役で出演していることが明らかになった。


映画情報どっとこむ ralph 映画『新宿パンチ

2018年12月1日(土) シネマート新宿ほか公開

公式HP:
http://shinjuku-punch.com/ 


童貞でパンチ。歌舞伎町へやってきた。
パンチ頭、22歳、童貞、フラれた女は100人とスペック最低の女好き・道場方正(小澤廉)は、人生大逆転を決意し新宿・歌舞伎町へやって来る。女漁りに勤しむ中、ガールズバーで働くルミ(吉倉あおい)に出会い一目ぼれ。店の黒服・タカシ(毎熊克哉)に暴力を受けていると知り、ルミの再就職先を探し始める。ひょんなことから、スカウトマンの玄(宮崎秋人)と出会い、スカウト会社新宿ドラグーンの社員に。女性たちに声を掛けては水商売、風俗の仕事を斡旋し紹介料を手に入れる方正。ある日、紹介した女性が相次いで引き抜かれるトラブルが発生し…。同業者との抗争、苛烈な暴力による圧力。危険に満ちた歌舞伎町でスカウト戦争が勃発する。

***********************************


小澤廉
吉倉あおい 毎熊克哉 宮崎秋人 鈴木隆仁  矢柴俊博

監督:城定秀夫 脚本:永森裕二/城定秀夫
プロデューサー:久保和明 ラインプロデューサー:浅木大 アシスタントプロデューサー:佐々木圭介
撮影・照明:田宮健彦 録音:近藤崇生
美術・装飾:黒田享大 衣装:丸山江里子
ヘアメイク:唐澤知子 助監督:伊藤一平
制作プロダクション:レオーネ
企画・配給:AMGエンタテインメント
製作:「新宿パンチ」製作委員会 
2018年/日本/カラー/シネマスコープ/93分
(C)2018「新宿パンチ」製作委員会 



森岡利行監督 新作映画『夜明けまで離さない』特別メイキング映像到着


映画情報どっとこむ ralph 宮地真緒主演の10月27日(土)より池袋シネマ・ロサにて公開される新作映画『夜明けまで離さない』の特別メイキング映像が到着しました。



本作は、大切な存在のために陰日向の世界で生きる女性が、あ る不可思議な男に出会い、非情な毎日の中で互いを求め合って ゆく儚さを帯びたラブストーリーです。気丈さと危うさを兼ね備え た美女・美咲には『君が愛したラストシーン』(13)、『白ゆ き姫殺人事件』(14)、『イノセント 15』(16)など話題作に 多数出演し、女優業だけに留まらず、バラエティや音楽 活動などマルチな才能を発揮している、宮地真緒。 美咲と恋に落ちるミステリアスな男・石岡に、主演作『ケンと カズ』(16)で毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞など多くの映画賞を受賞し、実力派俳優として圧倒的な存在感 を放つ毎熊克哉。『獣道』『全員死刑』(17)、『北の桜守』『万引き家族』『空飛ぶタイヤ』『私の奴隷になりなさい 第 2 章 ご主 人様と呼ばせてください』(18)など話題作に立て続けに出演しており、更に今期の NHK 連続テレビ小説「まんぷく」にも 出演する大人気俳優だ。

さらに甲本雅裕、朝加真由美、山田奈保、柴田明良、手塚真生といった名俳優陣とフレッシュ な若手役者が脇を固めている。

監督には劇団「ストレイドッグ」の主宰を務め、映画監督としても『子猫の涙』 (08)で東京国際映画祭「日本映画ある視点部門」の特別賞を受賞し、野村周平が主演を務める話題作『純平、 考え直せ』(18)が公開したばかりの森岡利行。

『クロス』(17)で第 39 回城戸賞を受賞した脚本家・宍戸英紀と森岡 のタッグにより、非情な社会の物語が儚くも美しいラブストーリーとなって完成した。 今回解禁されたメイキング映像では、宮地、毎熊、甲本らがそれぞれの演じた人物や本作の印象について語るほか、 撮影中の映像がふんだんに盛り込まれた映像となっている。謎めいた男・石岡を演じる毎熊は本作について「人間の 葛藤や奥深さで出来ていく作品」と本作を語った。

出演者たちがいかに本作に熱を入れているかが見受けられる必見 のメイキング映像となった。今回の第 1 弾以降、27 日の映画公開まで毎週金曜日(10 月 12 日、19 日、26 日) に 1 本ずつメイキング映像が公開される。



物語・・・
街の片隅にあるスナック。表向きこそスナックだが、実際は別部屋でホステスと遊べる店として営業を続けていた。桑 原美咲(宮地真緒)は一人息子の凌空のため、金になるなら何でもやってきた。ある日のこと、店に石岡一也(毎熊克哉)がや ってくる。石岡は部屋の窓辺から外を覗き続ける不思議な客だった。石岡はその日から同時刻に店に現れ、美咲を指名するが、 美咲を抱くこともなく窓辺から外を覗くのだった。石岡に好奇心を抱く美咲だったが、ある夜、店の同僚・土川琴乃に夜の女と して隠しておきたい素性を石岡にばらされてしまう。石岡は二度と店に来ないだろうと落胆する美咲だったが、再会のときは思 いがけず訪れる。面倒見のよい刑事・茂田秀次(甲本雅裕)と凌空と 3 人で遊園地に出かけたとき、石岡の姿を見かけたのだ。 石岡はやくざ界の大物・成見聖治を尾行しているようだった…。

http://legendpictures.co.jp/yoakemade/


***********************************

宮地真緒 毎熊克哉 山田奈保 柴田明良 荒井雄斗 朝加真由美 甲本雅裕 重松隆志 新井和之 手塚真生 那波隆史 森田亜紀 古藤真彦 茜ゆりか 広瀬彰勇
監督:森岡利行
脚本:宍戸英紀
企画:利倉亮
プロデューサー:江尻健司
キャスティング:関根浩一 北野裕子
アシスタントプロデューサー:竹内宏子
音楽:Les.R Yuka
撮影:吉田淳志 照明:本間光平
録音:山口勉
装飾:津留啓亮 編集:桐畑寛

助監督:鄭銓聖
制作担当:山地曻 持道具:松井亜也子 ガンエフェクト:遊佐和寿 ヘアメイク:北野恵利 衣裳:丸山江里子 スチール:中場敏博 メ イキング:佐藤 吏 制作主任:米澤 勉 音響効果:藤本 淳 MA:若林大記 メインタイトル題字:三輪若菜 劇中イラスト:郷田マモラ
主題歌:「ラストデイズ」
作詞・作曲:Les.R Sumika&Yuka
協力:アトリエ羅夢 アルゴ・ピクチャーズ おかもと技粧 キアロスクーロ撮影事務所 ストレイドッグ ポーラースター BEENS HANDMADE VISION SYNCWIRE
製作:レジェンド・ピクチャーズ
配給:アルゴ・ピクチャーズ
2018 年/日本/カラー/95 分/HD/R15+
©レジェンド・ピクチャーズ



小澤廉 歌舞伎町:スカウト戦争!映画『新宿パンチ』ポスタービジュアル&場面写真解禁


映画情報どっとこむ ralph 映画『新宿パンチ』がシネマート新宿他にて2018年12月1日(土)より公開となり。

この度、本作のポスタービジュアルと場面写真が解禁となります。
新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた当作。夜になればネオンが煌びやかに輝き、渇きを感じた男女が入り混じる。そんな欲望渦巻く不夜城の主役はキャバ嬢、風俗嬢ら夜の蝶たち。その供給源は主にスカウトマンが担っている。そんなユートピア歌舞伎町で、最底辺人生を行く女好きの田舎者・道場方正が足を踏み入れたスカウトビジネス。22歳、童貞、一文無し、フラれた女は100人のスペック最低、パンチ頭の負け犬人生。能天気な破天荒男は歌舞伎町で一発大逆転できるのか?スカウトマンたちのリアルな実態を鋭く描いた、成り上がりエンターテインメント。
映画情報どっとこむ ralph 童貞でパンチの主人公・道場方正を演じるのは、嵐と“視聴熱ランキング”を競い、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」や「おそ松さんon STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~」など人気2.5次元舞台に多数出演。今秋には、祭nine.の寺坂頼我とW主演を務める映画『BD~明智探偵事務所~』の公開も控える小澤廉さん。

さらに人気ファッション誌のモデルを務め、女性から絶大な支持を集める吉倉あおいさん。

今、最も勢いのある俳優で、映画『ケンとカズ』の毎熊克哉さん。

「マジで航海してます。~Second Season~」の宮崎秋人さん。

日本のドラマ、映画界に欠かせない名優・矢柴俊博さんが小澤さんの脇を固める。

映画情報どっとこむ ralph 映画『新宿パンチ

公式HP:http://shinjuku-punch.com/ 

2018年12月1日(土)シネマート新宿ほか公開



物語・・・
童貞でパンチ。歌舞伎町へやってきた。
パンチ頭、22歳、童貞、フラれた女は100人とスペック最低の女好き・道場方正(小澤廉)は、人生大逆転を決意し新宿・歌舞伎町へやって来る。女漁りに勤しむ中、ガールズバーで働くルミ(吉倉あおい)に出会い一目ぼれ。店の黒服・タカシ(毎熊克哉)に暴力を受けていると知り、ルミの再就職先を探し始める。ひょんなことから、スカウトマンの玄(宮崎秋人)と出会い、スカウト会社新宿ドラグーンの社員に。女性たちに声を掛けては水商売、風俗の仕事を斡旋し紹介料を手に入れる方正。ある日、紹介した女性が相次いで引き抜かれるトラブルが発生し…。同業者との抗争、苛烈な暴力による圧力。危険に満ちた歌舞伎町でスカウト戦争が勃発する。

***********************************

小澤廉
吉倉あおい 毎熊克哉 宮崎秋人 鈴木隆仁  矢柴俊博

監督:城定秀夫 製作:永森裕二/久保和明 脚本:永森裕二/城定秀夫 
企画:永森裕二
プロデューサー:久保和明 
ラインプロデューサー:浅木大 アシスタントプロデューサー:佐々木圭介
撮影・照明:田宮健彦 録音:近藤崇生 
美術・装飾:黒田享大 衣装:丸山江里子 
ヘアメイク:唐澤知子 助監督:伊藤一平
制作プロダクション:レオーネ 
企画・配給:AMGエンタテインメント 
製作:「新宿パンチ」製作委員会 

2018年/日本/カラー/シネマスコープ/93分
(C)2018「新宿パンチ」製作委員会 


野村周平、柳ゆり菜ら11名登壇!『純平、考え直せ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、9月22日(土)に映画『純平、考え直せ』の初日舞台挨拶がシネ・リーブル池袋にて行われ、“男”純平を演じた主演・野村周平さん、ヒロイン・柳ゆり菜さんをはじめ、毎熊克哉さん、岡山天音さん、佐野岳さん、佐藤祐基さん、藤原季節さん、森田涼花さん、木下愛華さん、片岡礼子さん、森岡利行監督 総勢11名登壇!


映画『純平、考え直せ』初日舞台挨拶
日程:9月22日(土)
場所:シネ・リーブル池袋
登壇:野村周平、柳ゆり菜、
毎熊克哉、岡山天音、佐野岳、佐藤祐基、藤原季節、森田涼花、木下愛華、片岡礼子、森岡利行監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられ総勢11名が登壇!

人数が多いので、本当に一言!な超速挨拶でイベントはスタート。
監督:今日はよろしくお願いします!

監督も一言のみのレアなものに。11名での登壇で
野村さん:いつもの4-5人の挨拶の時より早く挨拶が終わっちゃった!共に戦ったみんなが集まれたのは嬉しいです!

アニキ役のかっこよい系の強面、毎熊さんが横にいる舞台挨拶に

野村さん:アニキ!って感じですよね。映画同様にアニキ何です。包容力のある先輩です!
と、人たらしで有名な野村さん。
毎熊さん:実際2-3日の撮影だったんですけどね。長台詞ひやひやしながら演じた記憶があります。野村周平6-7歳下なんですけど。カッコいいなと。今ドキではなくて、一昔前の男なんですよ。純平のような感じですね。

野村さん:生まれてくる時代間違えてる!ってよく言われます!
と、昭和チックな男である様です。

映画情報どっとこむ ralph 柳さん、岡山さんは並んで登壇ですが、劇中では柳さんの髪をバッサリ行く岡山さん。
実は本当に切ったそうで・・・


野村さん:酷いよね!お客さんみんなお前のこと嫌いだから!

岡山さん:本当にすみませんでした!緊張しました!プロデューサーさんから手加減するのを映したくないと言われ、メイクさんからはあんまりやらないでと!プレッシャーの中で。

柳さん:謝らないでください!監督カットかけないからドンドンね。お互いひりひりしながらの撮影でした!流石の天音さんで。嫌なやつを本当に見事に演じていて。入ってきた瞬間に怖かったです!本人は優しい方なんですよ。
と、観終えたばかりの観客にフォローの柳さん。実はこのシーンに野村さんは柳さんが心配で、ちょこちょこ撮影観に来ていたと監督が証言!


コインランドリーから出なかったと語る佐野さんは

佐野さん:監督と打ち合わせして、コインランドリーから出ない様に演出を変えてもらいました。
と、役作りの裏設定をしたそう。さらに・・・・話が長い佐野さんに野村さんが一括する場面も!

一方で佐藤さんは、めちゃ簡潔に!
佐藤さん:如何に昔悪かったんだろうな!と先輩ぽいなと言う風に演じました!因みにあのマスクは当日家からしてってます!

と役作りを語りました。

余りシーンは多くなかった森田さんですが

森田さん:クラブのシーンでは、純平と加奈のシーンがお勧めです!
と、話すと

監督:あの役は森田さん当て書きだから。
と言われ、ちょっと納得がいってないご様子。


片岡さん:二人が尋ねてくるシーンは、息子が彼女連れて尋ねてくる。試写観たら凄いことになってて。お母さんとしてはね。
野村さん:凄いかっこよいお母さんでした!

監督:実は鬼火の時に片岡さんがスカジャンを着ていて、そして本作では息子が着ている。僕の中では一つドラマになってます!
と明かしてくれました。

本作では、肝になるSNS上の住人役の木下さんと藤原さんは
木下さん:私は加奈ちゃんに血の通ってないセリフを書くんですけど。部屋に言いいる私は血が通ってるんだよ。と言う風に見えるように演じました。

とし、

藤原さん:台本もらった時は、同世代の俳優と一緒で楽しそうだなと思っていましたが、撮影時は実際誰ともお会いしてないんです。監督が自由にやってと言われて自由にやらせていただきました!

そして、藤原さんは役づくりでホストクラブで働いたそう。

映画情報どっとこむ ralph 最後に
監督:ゆり菜は根性を見せてくれたし、周平は映画を通してイメージが変わった。やはり生身の人間と会ってみないと人となりはわからない。彼は礼儀正しく、魂を込めて演じてくれました。まさに純平!

と2人の熱演に感激。
柳さん:ハードで大変な撮影もあったけれど、この作品に惚れました。そして今の私のすべてを捧げるくらい、作品を愛しました

と思いを込め、
野村さん:SNSでこの映画を広めてほしい。そうすれば『カメラを止めるな!』のようになるはず。僕もカメラを止めたくない!

と最後も観客を野村節で笑わせ、

野村さん:俺のことを嫌いになっても、純平のことは嫌いにならないでください!

とAKB48・前田敦子の名言に絡めて主演作をアピールしてイベントを終えました!

『純平、考え直せ』

公式サイト:
junpei-movie.com

物語・・・

「鉄砲玉?なにそれ、ウケるね」
ふたりの青春、あと3日!?-未来なんて、クソくらえ!


新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか”一人前の男”
になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい”鉄砲玉”になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。

新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。

「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。

すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した! 

加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

***********************************

出演:野村周平、柳ゆり菜/毎熊克哉、岡山天音、佐野 岳/
戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人/森田涼花、木下愛華、やしろ優/下條アトム、二階堂智、片岡礼子
原 作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)/ 主題歌:the pillows「眩しい闇のメロディー」(DELICIOUS LABEL)
監 督:森岡利行 / 脚 本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美 
プロデューサー:梅川治男 / 製作 キングレコード アークエンタテインメント
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給 アークエンタテインメント
上映時間:95分
Ⓒ2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ


井樫彩監督!桜井ユキ × 小松未来『真っ赤な星』2018年12月に公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 前作『溶ける』で卓越した演出力と表現力が評価され、第70回カンヌ国際映画祭シネフォンダシオンに正式出品されるなど、国内外で注目を集めている新鋭・井樫彩監督による初長編作品『真っ赤な星』が2018年12月よりテアトル新宿ほか全国順次公開することが決定しました。

映画『真っ赤な星』は、『みつこと宇宙こぶ』で第11回田辺・弁慶映画祭女優賞を受賞した小松未来さん演じる14歳の少女・陽(ヨウ)と、『THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング・ビューティ』『娼年』の桜井ユキさん演じる27歳の元看護師の女性・弥生の交わることのない愛の日々を力強く繊細に描いた作品。


桜井演じる弥生の恋人・賢吾役には、映画『ケンとカズ』(’16)で毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞を受賞し、今後も出演作が多数公開待機中の毎熊克哉さんが抜擢。

さらに、小林竜樹さん、菊沢将憲さん、大原由暉さん、西山真来さんなど、演技派俳優が脇を固めるほか、モデルで女優の中田クルミさんも声で出演しています。


映画『真っ赤な星

Twitter:@makka_hoshi

あらすじ・・・
片田舎の病院に怪我をして入院した14歳の陽(小松未来)。彼女はいつも優しく接してくれていた看護師の弥生(桜井ユキ)に対し、特別な感情を抱き始めていた。だが退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。

1年後、陽は買い物の帰り道で偶然弥生と再会する。そこにいたのは、過去の優しい面影はなく、男たちに身体を売ることで生計を立てている弥生だった。再会後、学校にも家にも居場所がない陽は、吸い寄せられるように弥生に近づく。

一方、弥生には誰にも言えない悲しい過去があった。満たされない現実を冷めた目で見つめ、互いに孤独を抱えるふたりは、弥生のアパートで心の空白を埋める生活を始めていく。

***********************************

キャスト:小松未来・桜井ユキ/毎熊克哉・大原由暉/小林竜樹・菊沢将憲・西山真来/湯舟すぴか・山谷武志・若林瑠海 
大重わたる(夜ふかしの会)久保山智夏・高田彩花・長野こうへい/中田クルミ(声の出演) PANTA(頭脳警察)
脚本・監督:井樫彩
1996年生まれ、北海道出身。現在22歳。学生時代に卒業製作として制作した『溶ける』が、ぴあフィルム・フェスティバル、なら国際映画祭など国内各種映画祭で受賞し、第70回カンヌ国際映画祭正式出品を果たす。今作『真っ赤な星』が初長編作品、劇場デビュー作となる。また、山戸結希プロデュースによるオムニバス映画『21世紀の女の子』の公開も控える。

スタッフ:
【撮影】萩原脩【照明】仁藤咲【録音・整音】柳田耕佑【衣装】藤山晃子【ヘアメイク】藤原玲子 
【美術】内田紫織【助監督】満岡克弥【編集】小林美優【カラリスト】川村尚寛【音楽】鷹尾まさき
【スチール】北島元朗【デザイン】田中進【アソシエイト・プロデューサー】髭野純、夏原健
【プロデューサー】菅原澪、島野道春【エグゼクティブ・プロデューサー】松坂喜浩

2018/日本/カラー/3,1ch/16:9/101分 
製作・配給:映画「真っ赤な星」製作委員会 配給協力:SDP
©「真っ赤な星」製作委員会