「毎熊克哉」タグアーカイブ

小松未来、桜井ユキら登壇!井樫彩監督の初長編映画『真っ赤な星』初日!


映画情報どっとこむ ralph 卒業制作の『溶ける』が、カンヌ国際映画祭正式出品となった井樫彩監督の初長編映画『真っ赤な星』が12月1日(土)に公開となり、テアトル新宿にて初日舞台挨拶が行われました。

登壇したのは、W主演の​小松未来さん、桜井ユキさん、そして、毎熊克哉さん、大原由暉さん、小林竜樹さん、​井樫彩監督。


『真っ赤な星』初日舞台挨拶
日付:12月1日
場所:テアトル新宿
登壇:小松未来、桜井ユキ、毎熊克哉、大原由暉、小林竜樹、井樫彩監督
MC 甲斐まり恵

映画情報どっとこむ ralph 観終えたばかりのお客様の前にキャスト、監督が登場!

井樫監督:この作品は私の初長編作品。そして、憧れのテアトル新宿で公開初日を迎えられて、感謝いたします!

小松さん:ご挨拶を色々考えたんですが、こんなに大勢の方の前で・・・・吹っ飛びました!ありがとうございます。
と、初々しい小松さん。

桜井さん:去年の夏、埼玉の山の中にこもって撮影して、いろんなことがあって。。今日を迎えられて嬉しいですし、感謝しています!

と吐露しながらも感謝するW主演のお二人。

毎熊さん:この作品を撮る1年前に井樫さんに会って、映画に出させていただいて。井樫さんにとっては一生に一度の長編デビューの日です!ドキドキしています!
と、語る毎熊さんは、午前中は「新宿パンチ」の舞台挨拶していた忙しさ。

大原さん:撮影では様々なことが起こっていて。初日を無事に迎えられて正直「ほっ」としてます。

小林さん:大勢のお客さん。嬉しいです!

と其々ご挨拶。それにしても撮影時に色々・・・何があったのか気になります。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、井樫監督からキャスト其々の印象を語るコーナーに、
井樫監督:小松さんは、当時14歳で。なかなか難しい役で大変だったと思いますが最後までよく頑張ってくれました!

井樫監督:桜井さんは、まじ惚れしてます!毎熊さんは、現場で有難い存在で。相談相手になってもらいました!助けていただきました!

と監督が語ると、桜井さんも
桜井さん:すさんだ現場のオアシスみたいでした!

と付け加えます!

井樫監督:大原君は若いのにしっかりしていて、ほぼ任せきりでした!期待してます!小林さんは悪い役ですが本当は優しい人です!

と、キャストの名前を呼んで語る監督の姿は、まるで卒業式のよう。

映画情報どっとこむ ralph 大変だった。もしくは印象に残っているシーンを聞くと

桜井さん:撮影初日の病院シーン。作品の色がつく最初。気持ち的にも大切なシーンなので大変でした。

毎熊さん:キスシーン。最初、ほっぺに「チュッ」ってしたんです!そしたら、「毎熊さん!そういうチューじゃ無いんです!」って。罵倒されて。桜井さんが本番前に思いっきりしてみる?って。

と、男前な発言を桜井さんがしていたことを披露。
桜井さん:大切なシーンなので、出来上がった劇中のキスをイメージしてたのに・・・小鳥のようなキスして!???の空気が流れて。物足らないキスでした。

と、明かします。
小松さんは楽しかったことを聞かれて・・・

小松さん:キッチンのシーン。楽しかったです。あと田んぼのあぜ道のシーン。

これを受けて、そのあぜ道シーンを一緒に演じた大原さんは
大原さん:本当に良い役をいただきました!複雑な感じが難しくて、事前にいろいろ試行錯誤をしました!(撮影前に)監督とは台本にないシーンを小松さんと一緒に演じてみて、方向性を決めました!

と、ワークショップのようなことをしていたことを明かしてくれました!

酷い奴役の小林さんは

小林さん:僕の役は、ああ言う役ですし、居たのが2-3日だったので。皆さんのことを知れずに居ましたね。監督ともそんなに話していなくて。完成したのを観て「これが井樫彩か!」って思いました!

と語ります。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
小松さん:いろんなことがあって完成して本当に嬉しいです!沢山の方々にもっと観ていただきたいです!
桜井さん:撮影してから今まで、キャストとスタッフのみで共有していた作品への想いが、今日からは観て下さる方のものになるのだなと。楽しみです!

と、イベントを締めました。

映画『真っ赤な星

公式HP:
http://makkanahoshi.com/

物語・・・
片田舎の病院に怪我をして入院した 14 歳の陽(小松未来)。彼女はいつも優しく接してくれていた看護師の弥生(桜井ユキ)に 対し、特別な感情を抱き始めていた。だが退院の日、弥生が突然看護師を辞めたことを知る。 1 年後、陽は買い物の帰り道で偶然 弥生と再会する。そこにいたのは、過去の優しい面影はなく、男たちに身体を売ることで生計を立てている弥生だった。再会後、 学校にも家にも居場所がない陽は、吸い寄せられるように弥生に近づく。一方、弥生には誰にも言えない悲しい過去があった。満 たされない現実を冷めた目で見つめ、互いに孤独を抱えるふたりは、弥生のアパートで心の空白を埋める生活を始めていく——。

***********************************

キャスト:小松未来・桜井ユキ/毎熊克哉・大原由暉/小林竜樹・菊沢将憲・西山真来/湯舟すぴか・山谷武志・若林瑠海  大重わたる(夜ふかしの会)久保山智夏・高田彩花・長野こうへい/中田クルミ(声の出演) PANTA(頭脳警 察)

スタッフ:【撮影】萩原脩【照明】仁藤咲【録音・整音】柳田耕佑【衣装】藤山晃子【ヘアメイク】藤原玲子  【美術】内田紫織【助監督】満岡克弥【編集】小林美優【カラリスト】川村尚寛【音楽】鷹尾まさき 【スチール】北島元朗【デザイン】田中進【エグゼクティブ・プロデューサー】松坂喜浩 【プロデューサー】菅原澪、島野道春【アソシエイト・プロデューサー】髭野純、夏原健


パンチパーマで小澤廉登場!主役なのにいじられまくりな『新宿パンチ』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2.5 次元ミュージカルに多数出演し、ネクストブレイク必死の可愛い男前:小澤廉が単独初主演の映画『新宿パンチ』、
12 月 1 日 (土)よりシネマート新宿ほか公開となりました。

新宿・歌舞伎町を舞台に繰り広げられる、男たちの熾烈なスカウト戦争を描いた当作。

小澤さんの脇を固めるのは、吉倉あおいさん、毎熊克哉さん、宮崎秋人さん、矢柴俊博さん。
描いたのは城定秀夫監督!

この度、その公開を記念して、オモシロ初日舞台挨拶が行われました!
映画『新宿パンチ』初日舞台挨拶
日程:12月1日(土)
場所:シネマート新宿
登壇:小澤廉、吉倉あおい、毎熊克哉、財田ありさ、矢柴俊博、城定秀夫監督


映画情報どっとこむ ralph MCのジェントルさんの飛び込みで現れたキャストと監督と温かい拍手。

そして、劇中同様にパンチパーマの小澤さんに廉く~~んコール!そして、女性陣はキャバ嬢風?なドレスで登場。
一言挨拶の後、単独主演の公開初日の感想

小澤さん:この映画を創ってくださったスタッフ・キャストの皆さん。そして城定監督に感謝を述べたいです!そして応援していただいている皆さんのおかげで、主演を務めさせていただきました!今日公開!嬉しく思っています!

童貞でパンチパーマ役のオファーを受けて

小澤さん:「情報過多」な感じでした!童貞で100人に振られてパンチパーマで「パンチ」効いてるなと思いつつ、演じがいのある役どころだな!と思いました!コメディー要素が多いと聞いていましたが、監督からは自然なお芝居を宜しくと。でも、バッティングセンターのシーンでは、監督がもっともっと!と。

と要求されたと語ると・・・

城定監督:真面目にやればやるほど面白いからね!小澤君が方正で良かったなと今は思っています!
と、真意を明かす監督に小澤さん感謝。

本作は6日間の撮影というかなりタイトなスケジュールだったそうで、あまりコミュニケーションが取れなかったそうで
毎熊さん:僕に関しては、撮影が3日だったので。撮影中より今の方がしゃべってます!

小澤さん:毎熊さんって男らしい顔じゃないですか!仲良くなってないと怖いですよね。(笑)でも笑顔が可愛いんです!優しくて。キュートな笑顔が見たいんです!
と、強面から引き出すキュートが大好きだと小澤さん。

映画情報どっとこむ ralph 小澤さんが惚れる役の吉倉さんは役に関して
吉倉さん:台本を読んで、夜の世界で生きる、寂しさの中で生きてる女の子。生い立ちのコンプレックスを感じてることを意識して演じました。

と、真摯に向き合っていたご様子。ですが、なにやら小澤さんは不満があるらしく・・・

小澤さん:今日、背高くない?(爆笑)毎熊さんが背が高いのはわかります。でも・・・こんなに!
吉倉さん:ドレスなので、ヒール高いのにしました!

と、明かす吉倉さんに

小澤さん:僕を下げたと?晴れ舞台でっせ!吉倉さんはスタイル良くって足長いんですよ!僕は足が速いと自負してたんですが、手を握って走るシーンで、僕のことを追い越そうとするんですよ!(笑)
吉倉さん:あっ・・・・正直遅いな!って思いました!こっちはヒールだったのに!

小澤さん:・・・。

そのシーンは劇場で確認。
笑うシーンではないですが、この話を聞いた後だと笑っちゃうかも。

映画情報どっとこむ ralph ここで面白ハプニングが発生!
吉倉さんの装飾品が落ちてしまって、拾って手渡す毎熊さん!これに対して

小澤さん:毎熊さん!それ俺が拾うところです!挽回したかったのに!
と地団駄を踏む小澤さん。一方、舞台挨拶中にドンドン株を上げる毎熊さんは阿漕なスカウトマン役。

毎熊さん:台本読んで悪い奴だなと思いながら、でも、映画の中でしか悪いこと出来ないんで、楽しみました!(笑)今回は悪いことを悪気がない男、とことんピュアにやったらどうなるかと。演じてみました!それに「オクシュリ」の力もあるんで。(可愛い!の声)

次に初めて方正がスカウトした女の子役の財田さん(←“たからだ”と読む)は
財田さん:歌舞伎町の町がキラキラで魅力的。変わりたいなと思って入り込む姿は共感できます。実は私とギャップは無くて自分にピッタリで。方正さんの様な、まっすぐな純粋な方が近くに居るといいなと。
と話している時に、もう一つ吉倉さんの宝飾品が落ちて・・・今度は財田さんが拾ってしまい!

小澤さん:俺が拾うって!(再度床に置いてもらって)撮影今ですよ!
と、記者にアピール! あくまでオモシロを通してくれる小澤さん!

上司役の矢柴さんは

矢柴さん:小澤さん単独主演映画と言うことで、引き立てるために、あえて背を低くしました!(笑)小澤君、たぶん童貞だし!
矢柴さん:今回、新宿スワンに出れて。。。パンチ?スワン出たかったんだよな!!!
と、こちらも流れに沿ってオモシロコメント!

映画情報どっとこむ ralph ここで、タイトルにあわせて「パンチが効いている話」をすることに・・しかし小澤さんの話が不発!で、おどおど!

ここでフォトセッション!

最後に・・・

小澤さん:この新宿パンチを広めていただけると嬉しいです!よろしくお願いいたします!
と締めて舞台挨拶終了!

映画『新宿パンチ

2018 年 12 月 1 日(土)よりシネマート新宿ほか公開です。

公式HP:
http://shinjuku-punch.com/

物語・・・
パンチ頭、22 歳、童貞、フラれた女は 100 人とスペック最低の女好き・道場方正(小澤廉)は、人生大逆転を決意し新宿・歌舞伎 町へやって来る。女漁りに勤しむ中、ガールズバーで働くルミ(吉倉あおい)に出会い一目ぼれ。店の黒服・タカシ(毎熊克哉)に暴 力を受けていると知り、ルミの再就職先を探し始める。ひょんなことから、スカウトマンの玄(宮崎秋人)と出会い、スカウト会社新 宿ドラグーンの社員に。女性たちに声を掛けては水商売、風俗の仕事を斡旋し紹介料を手に入れる方正。ある日、紹介した女性 が相次いで引き抜かれるトラブルが発生し…。同業者との抗争、苛烈な暴力による圧力。危険に満ちた歌舞伎町でスカウト戦争 が勃発する。

***********************************


小澤廉
吉倉あおい 毎熊克哉 宮崎秋人 鈴木隆仁  矢柴俊博

監督:城定秀夫 脚本:永森裕二/城定秀夫
プロデューサー:久保和明 ラインプロデューサー:浅木大
アシスタントプロデューサー:佐々木圭介撮影・照明:田宮健彦 録音:近藤崇生
美術・装飾:黒田享大 衣装:丸山江里子 ヘアメイク:唐澤知子 助監督:伊藤一平
制作プロダクション:レオーネ 企画・配給:AMGエンタテインメント
製作:「新宿パンチ」製作委員会
(C)2018「新宿パンチ」製作委員会
2018年/日本/カラー/シネマスコープ/93分


小澤廉のインタビュー動画が到着!映画『新宿パンチ』


映画情報どっとこむ ralph 映画『新宿パンチ』がシネマート新宿他にて2018年12月1日(土)より公開。

この度、本作の主演・小澤廉さんのインタビュー動画が到着しました。


小澤さんは、パンチパーマのような極度のくせ毛が特徴の主人公・道場方正役で出演。

小澤さん:嘘をつこうとしても直ぐばれるタイプ。友達になりたい奴だと思った。(パンチ)以外と似合っていました(笑)

と自画自賛した。

小澤さんは、「あんさんぶるスターズ!オン・ステージ」や「おそ松さんon STAGE~SIX MEN’S SHOW TIME~」など人気2.5次元舞台の出演をきっかけにブレイクを果たし、さらに、映画『BD 明智探偵事務所』やアイドルグループ「B2takes!」での音楽活動などマルチに活躍の幅を広げています。

映画情報どっとこむ ralph 映画『新宿パンチ

は12月1日(土)シネマート新宿ほか公開。

公式HP:
http://shinjuku-punch.com/ 

童貞でパンチ。歌舞伎町へやってきた。
パンチ頭、22歳、童貞、フラれた女は100人とスペック最低の女好き・道場方正(小澤廉)は、人生大逆転を決意し新宿・歌舞伎町へやって来る。女漁りに勤しむ中、ガールズバーで働くルミ(吉倉あおい)に出会い一目ぼれ。店の黒服・タカシ(毎熊克哉)に暴力を受けていると知り、ルミの再就職先を探し始める。ひょんなことから、スカウトマンの玄(宮崎秋人)と出会い、スカウト会社新宿ドラグーンの社員に。女性たちに声を掛けては水商売、風俗の仕事を斡旋し紹介料を手に入れる方正。ある日、紹介した女性が相次いで引き抜かれるトラブルが発生し…。同業者との抗争、苛烈な暴力による圧力。危険に満ちた歌舞伎町でスカウト戦争が勃発する。


***********************************

小澤廉
吉倉あおい 毎熊克哉 宮崎秋人 鈴木隆仁  矢柴俊博

監督:城定秀夫 脚本:永森裕二/城定秀夫
プロデューサー:久保和明 ラインプロデューサー:浅木大 アシスタントプロデューサー:佐々木圭介
撮影・照明:田宮健彦 録音:近藤崇生 美術・装飾:黒田享大 衣装:丸山江里子 ヘアメイク:唐澤知子 助監督:伊藤一平
制作プロダクション:レオーネ 企画・配給:AMGエンタテインメント 製作:「新宿パンチ」製作委員会 
2018年/日本/カラー/シネマスコープ/93分
(C)2018「新宿パンチ」製作委員会 


宮地真緒、毎熊克哉、森岡利行監督 登壇『夜明けまで離さない』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 主人公の美咲役はNHK連続テレビ小説「まんてん」のヒロイン役でブレイクし、以降ドラマ、映画、舞台、バラエティなど幅広く活躍する女優・宮地真緒。美咲の前に突如現れたヒットマン・石岡役には話題作『ケンとカズ』で注目を集め、『全員死刑』『万引き家族』などに出演する新進気鋭の俳優・毎熊克哉。監督は1993年に劇団「ストレイドッグ」を結成した森岡利行。第39回城戸賞を受賞した脚本家・宍戸英紀と森岡のタッグにより、非情な社会の物語が儚くも美しいラブストーリーとなって完成した。

10月27日(土)より池袋シネマ・ロサにて公開中の『夜明けまで離さない』のトークイベントに、主演を務めた宮地真緒、毎熊克哉、森岡利行監督の日本映画界を牽引する3名が登壇しました。

日時:2018年10月31日(木)
場所:池袋シネマ・ロサ
登壇:宮地真緒、毎熊克哉、森岡利行監督

映画情報どっとこむ ralph 主演の宮地さんはシックな紫のワンピースとジャケットで登場。
劇中のアクションやラブシーンは役者たちで組み立てて体当たりで演じたことについて

宮地さん:ストーリーの最初から順番に撮影していったので、気持ちが作りやすかったです。

と語った。毎熊さんとは二人が共演するあるシーンについて

宮地さん:とても大事にしたいシーンだったので、毎熊さんとたくさん相談しながら作っていきました。でも、みんなで一から作り上げていく良い現場でした。

とにっこり。

美咲と恋に落ちるミステリアスな男・石岡を演じた毎熊さんは、現場で苦労したことについて

毎熊さん:とにかく寒くて、肉体的に大変でした!

と苦労を漏らした。ラストシーンでのある石岡の体勢について、

宮地さん:毎熊さんは底冷えが大変だったと思う」と同情されるシーンも。「この撮影の後はお正月が待ってると思って乗り切りました。

と笑顔で語った。

映画情報どっとこむ ralph 本作の監督を務めた森岡利行監督は、今日初めてスクリーンで本作を観たということで

森岡監督:スクリーンだと映像が綺麗だし音も良かった。改めて観ると良いですね!

と話し、観客の笑いを誘った。また、劇中で使われた小物に森岡監督の若き頃の写真が使われていると裏話を披露。

森岡監督:次はぜひDVDで確認してください!

と、11月7日(水)発売のDVDをアピールしました。

イベント限定のサイン入り台本抽選プレゼントは、当選者が宮地・毎熊にそれぞれ手渡され、笑顔が溢れるイベントとなりました。

映画『夜明けまで離さない』

は10月27日(土)〜11月2日(金)まで池袋シネマ・ロサにて公開中です。

https://legendpictures.co.jp/yoakemade

10月27日(土)池袋シネマ・ロサ他、全国ロードショー

***********************************


宮地真緒 毎熊克哉

山田奈保 柴田明良 荒井雄斗 朝加真由美 甲本雅裕

監督:森岡利行
脚本:宍戸英紀
企画:利倉亮 プロデューサー:江尻健司
製作:レジェンド・ピクチャーズ
配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ
2018/日本/カラー/95分/R15作品
(c)レジェンド・ピクチャーズ


宮地真緒 全部さらけ出した!『夜明けまで離さない』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph これは、大切な存在のために陰日向の世界で生きる女性が、ある不可思議な男に出会い、非情な毎日の中で互いを求め合って ゆく儚さを帯びたラブストーリー。

10月27日(土)、映画『夜明けまで離さない』の初回上映前の舞台挨拶が行われ、宮地真緒さん、毎熊克哉さん、山田奈保さん、手塚真生さん、森岡利行監督が登壇しました。

日時: 2018年10月27日(土)
場所:池袋シネマ・ロサ 
登壇:宮地真緒、毎熊克哉、山田奈保、手塚真生、森岡利行監督

映画情報どっとこむ ralph 主人公の美咲役は宮地真緒さん。美咲の前に突如現れたヒットマン・石岡役には毎熊克哉さん。
監督は1993年に劇団「ストレイドッグ」を結成した森岡利行さん。
第39回城戸賞を受賞した脚本家・宍戸英紀さんと森岡監督のタッグにより、非情な社会の物語が儚くも美しいラブストーリーとなって完成。

主演の宮地はセクシーな真っ赤なドレスを纏って登場。子育てをしながらスナックで働く女性・美咲を演じたことについて

宮地さん:背負ってるものが大きくて、難しい役ではありましたが、今の私が出来るもの精一杯だせたと思う。全てさらけだしてとにかくがむしゃらに演じた部分が伝わってほしいです。

と役所について笑顔で語り、大きな拍手を呼んだ。

毎熊さんの印象について聞かれると、

宮地さん:毎熊さんはよく笑うし、喋るし、素敵な方です。演技のときは静かですが、撮影以外のところではよく話しました。

と毎熊の隠された一面について語った。


謎に包まれた寡黙なヒットマン・石岡を演じた毎熊は自身の演技について

石岡さん:とにかく喋らない男です。でも、寡黙なその裏にあるものや感情を感じていただければと思います。

とアピール。

宮地さんの印象については、

宮地さん:お芝居といえども肉体を合わせ、恋愛感情になるので、カタチではやりたくないと思ってやりました。

映画情報どっとこむ ralph 実母の大女優・朝加真由美さんと初の映画初共演を果たした手塚真生さんは、共演について

手塚さん:撮影までは緊張でずっとお腹が痛かったです。でも現場で母の顔を見た瞬間、すっと役に入れました。

と話し、

手塚さん:実は、撮影前日に母と向かい合って本読みをしたんです。でも、お互い恥ずかしくて15分くらいでした。

と笑いを呼んだ。

また、手塚さんを起用した理由について、

森岡監督:オーディションで手塚さんが来てくれたときに、朝加さんがお母さんだと知ったんです。朝加さんとのエピソードがとても面白くて、脚本にも織り交ぜています。

と本作と語りました。


夜明けまで離さない

10月27日(土)池袋シネマ・ロサ他、全国ロードショー

https://legendpictures.co.jp/yoakemade

物語・・・
街の片隅にあるスナック。表向きこそスナックだが、実際は別部屋でホステスと遊べる店として営業を続けていた。桑 原美咲(宮地真緒)は一人息子の凌空のため、金になるなら何でもやってきた。ある日のこと、店に石岡一也(毎熊克哉)がや ってくる。石岡は部屋の窓辺から外を覗き続ける不思議な客だった。石岡はその日から同時刻に店に現れ、美咲を指名するが、 美咲を抱くこともなく窓辺から外を覗くのだった。石岡に好奇心を抱く美咲だったが、ある夜、店の同僚・土川琴乃に夜の女と して隠しておきたい素性を石岡にばらされてしまう。石岡は二度と店に来ないだろうと落胆する美咲だったが、再会のときは思 いがけず訪れる。面倒見のよい刑事・茂田秀次(甲本雅裕)と凌空と 3 人で遊園地に出かけたとき、石岡の姿を見かけたのだ。 石岡はやくざ界の大物・成見聖治を尾行しているようだった…。


***********************************

宮地真緒 毎熊克哉

山田奈保 柴田明良 荒井雄斗 朝加真由美 甲本雅裕

監督:森岡利行 脚本:宍戸英紀 企画:利倉亮 プロデューサー:江尻健司

製作:レジェンド・ピクチャーズ 配給・宣伝:アルゴ・ピクチャーズ 2018/日本/カラー/95分/R15作品

(c)レジェンド・ピクチャーズ