「武田真治」タグアーカイブ

遂に開店!“イカレた”殺し屋大集合!映画『Diner ダイナー』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 映像化不可能と言われた原作小説『ダイナー』(平山夢明著・ポプラ社「ポプラ文庫」)が、藤原竜也×蜷川実花の運命の初タッグで映画化!

蜷川監督にヒロインとして大抜擢された玉城ティナを迎え、さらに窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、さらに、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。

本能を極限まで刺激するノンストップ・エンターテイメント映画『Diner ダイナー』が、本日7月5日(金)に公開、丸の内ピカデリーにおいて初日舞台挨拶が開催されました‼

『Diner ダイナー』初日舞台挨拶
『Diner ダイナー』 初日舞台挨拶
日時:7月5日(金)
登壇:藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、真矢ミキ、奥田瑛士、蜷川実花監督(敬称略)
場所:丸の内ピカデリー

映画情報どっとこむ ralph 藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、真矢ミキ、奥田瑛士、蜷川実花監督が壇上に姿を現すと、会場からは大きな歓声が!

藤原さん:この濃いメンバーに囲まれて一か月半撮影を行ってまいりました。今日は宜しくお願い致します。皆さんの反応を聞くのは武田さんに任せます(笑)

とコメント。それを受け

武田さん:皆さんこんにちは‼僕ら勢揃いして皆さんの反応そんなものですか!?まだちょっと元気ないみたいなので皆さん一回スクワットしますか?

と彼らしい挨拶で会場を一気に盛り上げました。

蜷川監督:ものすごく濃いメンバーで駆け抜けて、魂を懸けて作った作品です。是非面白かったら宣伝お願い致します!

と作品に懸ける思いを笑顔で語りました。


MCから初日だからこそお互いに話せる事、言いたいことを聞かれ

藤原さん:順調に撮影していたので特に無いです。

と回答するも、監督から即座に

蜷川監督:雨のシーンはブーブー言ってたじゃん(笑)

とツッコミが。


藤原さん:雨ね!後半ずっと12時間位雨に打たれながら撮影していたのですが、真矢先輩が入ってきて全部持って行くという(笑)真矢さんが立ちまわりをやると全スタッフから拍手が起きるんですよ。待て、待てと(笑)こっちは12時間打たれているのに拍手の1つもないじゃんか(笑)

と過酷なアクションシーンの思い出を笑いながら語りました。

玉城さん:なんで監督はカナコという役に私を当てはめたのかな、不安じゃなかったのかなっていうのを聞きたかったです。

と質問。

蜷川監督:確かにそんなにたくさんお芝居をやっている訳ではなかったと思うのですが、何の不安も無かったです。それは皆さんに対してもそうで、大好きな人達ばかりだし、絶対凄いものになると決まっていると思ってモニター前にいました。

と力強く回答し、玉城はホッとした様子を見せました。


窪田さんは武田さんに対してスペイン語をどの位練習したのかと質問。


武田さん:現場で聞いてくれたら良かったのに(笑)監修の方がご自身でスペイン語を喋っている動画を送って下さったんですけど、その方が何故か山手線の中でスペイン語の台詞を言っているんですよ。駅に降りるとかもっと場所があったんじゃないですかね。不思議な事前資料が送られてきました(笑)

と素朴な疑問から会場の笑いをきっちりとる見事なトークを展開すると、

窪田さん:流石っす・・・!

とコメント。


本郷さんは窪田さんが演じるスキンの耳が欠けている理由を監督に質問。

本郷さん:自分としてはスキンが大きいピアスをしていて、セーターを着ている時に引っかけてやっちゃったんじゃないかと思っている。

とコメントすると、

蜷川監督:実際はノリで決めちゃったんですけど(笑)理由はセーターです!まさか当てられるとは!

と本郷の妄想が公式設定になる結果となりました。

真矢さんは監督に対して、豪華なセットの中でも一番思い通りにいった部分について質問。

蜷川監督:横尾忠則さんですかね。ダイナーのメインセットに横尾さんの画を使うと決めた時に一気に色んなものが動いたんです。映画を世界と戦えるビジュアルにする為に日本の魂が入っているものにしたかったので、思いついた時はやった!と思いましたし、映像になった時も日本らしさが横尾さんを通じて出たんじゃないかと思います。

と答えた。

奥田さん:監督から“この映画どうですか”と聞かれた時に、“女性にしか撮れない映画だ”ということを申し上げたんです。でも2,3日たって考えた時にそうじゃない。“この映画は蜷川実花しか撮れない映画”と言うべきだった思い、この場にて訂正させて頂きます。

とコメントし、会場からは大きな拍手が起こりました。

映画情報どっとこむ ralph そして、明後日が7月7日の七夕ということで、店主も客も全員殺し屋のぶっとんだダイナーにちなんで、事前に【ここでしか言えないぶっ飛んだ願いごと】を記入した短冊型パネルをキャスト全員が披露。

藤原さんが【Diner ダイナー2撮影ALLメキシコロケ‼】、窪田さんは【Diner ダイナー世界へ】、武田さんは【Diner ダイナー2がありますように・・・】と書かれた短冊を披露し、各々続編や世界進出などへの意欲を見せました。

最後に監督が全員の願い事から一番ぶっとんだものを選ぶ流れとなり、

蜷川監督:メキシコで2、いっちゃいましょうかね!

と続編への期待を覗かせました。


最後に・・・

藤原さん:今日が初日ですので、しっかりと宣伝していきたいと思っております。皆さんのお力も借りられますと嬉しいです。今日はありがとうございました!

と挨拶し、イベントは大盛況のまま幕を閉じました。


映画『Diner ダイナー』

公式サイト:diner-movie.jp
公式 Twitter:@DinerMovie
#ダイナー

千客万来‼大ヒット公開中!!

***********************************


藤原竜也 玉城ティナ / 窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ /小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二


原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一
主題歌:DAOKO✕MIYAVI 「千客万来」(ユニバーサル ミュージック) 監督:蜷川実花


藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝ら登壇!『Diner ダイナー』ジャパンプレミア!!


映画情報どっとこむ ralph 6月6日(木)。
『Diner ダイナー』ジャパンプレミア!!には、殺し屋専用の食堂<ダイナー>に“王”として君臨するボンベロを演じた主演の藤原竜也さんを筆頭に、物語のカギを握る少女カナコ役の玉城ティナさん、最狂の殺し屋たちを演じる窪田正孝さん、本郷奏多さん、武田真治さん、斎藤工さん、金子ノブアキさん、土屋アンナさん、真矢ミキさん、奥田瑛ニさんらと、蜷川実花監督が登壇して舞台挨拶が行なわれました!

登場人物は最高にぶっ飛んだクレイジーな殺し屋たちばかりという最狂にイカれた殺し屋を、其々選ぶことに・・・

『Diner ダイナー』 ジャパンプレミア
日時:6月6日(木)
場所: 東京国際フォーラム
登壇:藤原竜也、玉城ティナ、窪田正孝、本郷奏多、武田真治、 斎藤工、金子ノブアキ、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛ニ、蜷川実花監督

映画情報どっとこむ ralph

幕が上がりキャストと監督があらわれると大きな拍手と大歓声に包まれる会場。

藤原さん:ようやくこの日がやってまいりました!大勢の方に集まっていただきありがとうございます。楽しんで帰ってください!
との挨拶からイベントはスタート。

窪田さん:今日は32度を超える中お集まりいただきありがとうございます。本当に今まで見たことないような新感覚映画が出来ました!楽しんでいって!

本郷さん:完成した映画を皆様に観ていただけて嬉しいです。

武田さん:久しぶりに、お芝居をしているところを見せられる気がします。(笑)僕の出ているシーンはスクワットしてみてみて。。。ごめんなさい、嘘をついてしまいました!今日は新しい日本映画基準もなるかもしれない映画を観て、その後はおいしいもの食べて帰ってください!

斎藤さん:僕も観たばかりで、興奮冷めやらぬところです。期待してください!

金子さん:こんな貴重な体験中々できませんので楽しんでいって下さい!

土屋さん:どうも!蜷川実花さんのもと、新しい世界、綺麗だし格好良いし。興奮する映画です!

真矢さん:内容素晴らしいです!色って奥深くこんなにあるんだと。その中で演じる私たちは良い経験させていただきました!

奥田さん:なんで爺が・・・って、そのじじいがいいんです。この映画はワクワクして参加しました。

玉城さん:一足先に皆さんに観てもらって、どんな感想をいただけるのかドキドキしています。緊張しています!ハイ!

蜷川監督:今日はありがとうございます。最高のスタッフと最高のキャストで走り抜けました。かなり自信のある作品なので是非楽しんでください。

映画情報どっとこむ ralph 藤原さん:約1年前に撮影を終えて、僕も久しぶりに会うとびっくりするぐらい豪華なメンバーで一月過ごしました。毎日料理作ったり、命狙われたリ・・・とにかく楽しみにしてください!
と上映前なので中々話ずらそうな藤原さん。

藤原さん:とにかく実花さんですから、縁も感じますし、竜也やろうと言われたら断る理由がありません。実花さんと初めての現場で。本当に大変で、でも貴重な時間でした。

と、話す藤原さん。そんな藤原さんと共演に

玉城さん:常に独特な藤原節みたいな方なのかなと思っていましたが、実はON-OFF切り替えの早い方で。優しくしていただきまして。。ありがとうございました。藤原さんでよかったです。
と、独特の間で話す玉城さん。

映画情報どっとこむ ralph 全員殺し屋設定の映画を創るにあたって
蜷川監督:今まで得意なものとは違った作品だったので、如何に挑戦に変えてプラスにしていくかでした。でも圧倒的なキャストが揃ったので。豪華さを完全燃焼に変えて、ちゃんとメッセージが残せるように心がけました。皆やりたい放題なので、大変でしたけど。

撮影中に印象的だったこと。
武田さん:実花さんに5年前に写真集撮っていただいて。それさっさと脱いじゃいな!って。でも今回は、お願いする演出になっていて。フワフワで。でも、出来上がった作品は骨太。蜷川家の演出は脈々と受け継がれているのかもしれません。不思議な御絵描きに付き合わされているようでした!

と、撮影時の蜷川監督を評し、

奥田さん:こんなにも色ってあるのか!?の中で追い込まれて。ワンダーランドにいながら監督を信頼して、身を置く感じでした。僕は真矢さんと土屋さんの二人がなんというか美しいのか恐ろしいのか。楽しかったな~。
と、話すと

土屋さん:殺し屋で激しいのに、品がある。蜷川監督の色とりどりの世界の不思議な世界で、今まで観たことがない作品になっています。そして、、真矢さんがやっぱり殺陣が美しいの。

真矢さん:竜也さんの殺陣が速くて。何回か見失いました。
と、語り、

窪田さん:・・・世界観も素敵だし。最初はほっこりで、だんだん崩れてく。そして、最後・・・は言っちゃだめだね。何しろ竜也さんが凄かったです。

映画情報どっとこむ ralph 本郷さん:僕見た目が子供の変な役で。子供と一緒にいてゲームとかやっていて、藤原さんもゲームしていて、ほほえましいと見ていたら、藤原さんが「ヨッシャー」って。命かけたゲームに勝ったような大人げない姿が印象的でした。
と、暴露にとまどう藤原さん。

斎藤さん:丹代さんの顔の強いささが印象的。役者もスタッフも主食ばかり!これを調理。まとめる蜷川実花さんならではの現場でしたね。
と感嘆のご様子。

金子さん:実花さんは映像も写真も、一人でやれちゃうので。同じ世界観の映像とスチルがあるのは強烈でした。

ここで、最もぶっ飛んでたのは?で指さすことに。
多かったのは、真矢さん。次いで、本郷さん。

最後に・・・

蜷川さん:竜也と一緒にできたのが大きなことで嬉しかったです。撮影から1年。こうしてお会いすると、同じ熱量がよみがえってきます。皆の力が集結した映画がここから始まって広がっていくのかなとワクワクします。

藤原さん:残り一月。宣伝頑張っていきます!僕とティナ以外は本当に行かれています。僕はちゃんと料理作ってます。楽しんで帰ってください!
「Diner-ダイナー』ジャパンプレミア
映画情報どっとこむ ralph 映画『Diner ダイナー』

公式サイト:
diner-movie.jp

公式Twitter:
@DinerMovie

公式Instagram:
@dinermovie

#ダイナー


物語・・・

ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ

そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂ダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。

「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる!

***********************************


藤原竜也 玉城ティナ

窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ

小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花
音楽:大沢伸一
主題歌:DAOKO✕MIYAVI 「千客万来」(ユニバーサル ミュージック)
監督:蜷川実花
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会

蜷川監督フォトクレジット:(C)2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会


武田真治、ザ・たっち“覚醒”肉体覚醒『オーヴァーロード』 チャレンジ


映画情報どっとこむ ralph 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)や『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)などを手掛け、ハリウッドを代表するJ.J.エイブラムス製作のサバイバル・アクション大作『オーヴァーロード』が5月10日(金)より全国公開いたします!

この度、公開に先駆けまして、公開直前イベントが開催されましたことをご報告。


本作を監督するのは、ロンドン映画祭・最優秀作品賞にノミネートされたクライムサスペンス映画『ガンズ&ゴールド』(2014)を手掛けたジュリアス・エイヴァリー。ファン待望のバッド・ロボット製作最新作が、いよいよ上陸です!

ナチスの恐ろしい陰謀を阻止すべく、恐怖の最前線に立つ主人公ボイスを演じるのは『マザー!』(17・未公開)のジョヴァン・アデポ。そして、任務をまっとうしようと指揮を執るフォード伍長役にワイアット・ラッセルを起用。他にも戦火において凛とした女性像を見せるヒロイン、クロエを新人マティルド・オリヴィエが演じ、さらには『ゴースト・イン・ザ・シェル』(17)のバトー役も記憶に新しいピルー・アスベックが、ここでは残忍で無慈悲なナチスの将校に扮し、物語に大きな緊張をもたらしている。

そんな本作の公開に先駆けて、公開直前イベントが5月8日(水)にSTAR RISE TOWER STUDIO JUPITERにて開催されました。

イベントには武田真治、ザ・たっちのたくやとかずやの3名が登壇。
本作のキーワードになっているのが“覚醒”。そこで「肉体覚醒チャレンジ」が行われました!

日付:5月8日(水)
場所:STAR RISE TOWER STUDIO JUPITER
登壇:武田真治、ザ・たっち:たくや・かずや

映画情報どっとこむ ralph 登壇した武田さんは

武田さん:GW明けののんびりした雰囲気にちょうどいいタレントです”
と挨拶し、ザ・たっちの2人は挨拶に「あじの開き」ギャグを披露。

ザ・タッチ:仕事はじめのリハビリとしてお願い致します
と、会場を和ませました。


本作を観た感想を聞かれ

武田さん:トップクラスのクリエイターが、あえて幼少期に見たような映画を作った印象を持ちます。映画好きがたまらない映画だと思いますね。開始10分のアクションシーンがすごい!
と興奮冷めやらぬ様子で答えました。

たくやさん:昔の映画をリスペクトという内容で、しかもそっちに行くんだ!っていう展開がありました・

かずやさん:ドキュメンタリー要素・ミステリー要素・アクション要素…いろんな要素がつまっています!

と、語りました。

武田さん:最近の映画では表現されないような、殴られた側の描写も映るので、通好きにはたまらない。若いカップルにも見てほしい。彼氏の胸に顔をうずめながら見られます。

とデートムービーとしても厚く推した一幕も見られました。


また、好きなJ.J.エイブラムス作品を聞かれると、

武田さん:現代を代表する監督としていっても過言ではないと思います。『スターウォーズ』はJ.J.エイブラムスによってさらに面白くなった。そんなAクラスの彼らがあえて作ったB級の中でのA級映画。

と本作の魅力を語りました!

ザ・たっちの2人は一番大好きな映画が、J.J.エイブラムスが監督を務めた『M:I:Ⅲ』とのことで同作の好きなところを語り出し、武田さんに止められるシーンも・・・。

映画情報どっとこむ ralph 本作のキーワードとなっている“覚醒”にちなみ、武田さんはいつ頃から肉体を覚醒させたのか聞かれると

武田さん:トレーニング自体は20年くらい前からやっていて、実はトレーニングを始めて3、4年目でこの体になっていたんですよ。でも特に見せる機会もなくて、ずっと隠していました!

と述懐。また武田さんの体を見て

かずやさん:人間ってこんなに体に凹凸あったっけ⁉

と驚きの様子を見せ、武田さんの胸のくぼみを指しながら

かずやさん:このくぼみは何なんですか!

と言うと、

武田さん:実はこれはドイツ軍に・・・

と冗談で会場を沸かせました。


そしてイベントは「肉体覚醒チャレンジ」に。

まず武田さんがベンチプレスを披露!!
武田さん:普段は90キロを10回上げますが、今日は100キロをあげます。普段やらないので“覚醒”します!

と意気込みを語り、ベンチプレス100キロを、危なげもなくなんと5回上げ!やり終えた武田さんは、

武田さん:やってみたら出来ました。やると楽しかったですね。
と高揚した様子で感想を述べ、ザ・たっちのふたりは「筋肉が赤くなって覚醒している!!」と大興奮。

ベンチプレス初体験のザ・たっちの2人は、未経験の男性で上げることが出来ればいいと言われる40キロに挑戦!先に挑戦したかずやは40キロのベンチプレスを持つと、

かずやさん:え⁉えええ⁉これを上げるの?うあぁぁぁぁぁ!皆さん顔を撮ってぇぇぇ!!
と叫びながらなんとか5回上げきり、一方たくやは気合を入れ叫びながら挑戦するも、記録は2回。

たくやさん:僕、無理だ!逆にかずやがすごい!

と“覚醒”したかずやに驚きを隠せない様子でした。

更なる覚醒は、補助なしの腹筋に挑戦。
ザ・たっちの二人が壇上で並んで実践するも、全く上がらず…。ザ・たっちの代名詞とも言えるネタ「幽体離脱」は、二人の足を絡めることで補助をしながら起き上るそう。

まさかの展開に

武田さん:上半身が重くて上がらない場合は、仰向けに寝転んで僕の足首を掴んでもらって出来る腹筋がある。

と言うといきなりたくやに腹筋をレクチャー。
たくやさん:武田さん!何するんですか!やめてくださいよ!武田さん!

と叫びながらトレーニングに耐えていました。その様子を見た武田は大爆笑!!やり終えて

たくやさん:これがドイツ式の拷問…。

というコメントも。

「肉体覚醒チャレンジ」を終えて、

かずやさん:これで僕たちの芸もキレッキレに出来そうな気がする!オーヴァーロード見ないと、ちょっと!ちょっとちょっと!
と渾身のネタを披露。

それをみて

武田さん:僕も筋トレ、サックスをずっとやり続けて再ブレークしました。お二人のネタもやり続けてほしい!

と述べ、ザ・たっちの二人から「それじゃあ今ダメみたいじゃないですか!」と会場の笑いを誘いました。

映画情報どっとこむ ralph イベントの最後に本作の見どころを聞かれると、
武田さん:ハリウッドのトップクリエイターたちが、少年時代に映画を観て、怖かったこと・不思議に思ったことなどを描いた映画で、映画好きのための映画だと思います。それほど有名な俳優さんを起用していないところも、日本の映画でいう『カメラを止めるな!』のようで、先が見えないとうところが、何の先入観もなく楽しめるジェットコースタームービーだと思います。ぜひ劇場でご覧ください。

と熱のこもったコメントを披露しました。

たくやさん:普通の人が見てもハラハラドキドキ楽しめるし、映画好きの人が見ても楽しめる要素がいっぱい詰まってますのでぜひ見てみてください!

と述べ、

かずやさん:潜入ミッションなので、本当に息をするのを忘れるぐらいハラハラします。皆さん、息をするのを忘れて幽体離脱しないように。

と言うと、

武田さん:幽体離脱も長く続けて…。

と指南。「だから今ダメみたいな言い方しないでくださいよ!」とふたりからツッコミが入り、さらに「とにかくこれだけは言いたい。満足満足満足!大満足!おすぎです!ピーコです!オーヴァーロード見ないと踏んづけてやる!」と定番のネタを披露。

するとすぐさま

武田さん:おすぎとピーコもやり続けてほしい!

とコメントし、会場は大爆笑。

終始3人の掛け合いに笑いが絶えないイベントとなりました。
映画情報どっとこむ ralph 映画『オーヴァーロード

は5月10日(金)、TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー。

公式サイト:
overlordmovie.jp


ストーリー
1944年6月、ノルマンディー上陸作戦が開始された直後、第101空挺師団は、ある重要な密命を帯びていた。彼らの任務はドイツ占領下のフランス・シエルブランという村に降り、連合軍の通信を妨害している教会の電波塔を破壊することにあったのだ。だが戦闘機は敵兵からの激しい攻撃をくらい、兵士たちは敵の領土へと散り散りに落下していった——。
地上に降り立ったエド・ボイス二等兵(ジョヴァン・アデポ)と、作戦の指揮をとるフォード伍長(ワイアット・ラッセル)たちは、ナチスの研究者が“研究”と称し、村の住民たちを教会に送り込んでいることを知る。彼らは、教会の内側から塔を破壊しようと基地へ進入するが、そこで彼らの前に立ちはだかったのは、今まで見たこともない敵だった。
極秘裏に企てられたナチスの陰謀とは?そして、彼らは、電波塔の爆破作戦を遂行することができるのか——!?

***********************************

製作:J.J.エイブラムス、リンジー・ウェバ
監督:ジュリアス・エイヴァリー 
脚本:ビリー・レイ、マーク・L・スミス
原案:ビリー・レイ
製作総指揮:ジョー・バーン、ジョン・コーエン、コリー・ベネット・ルイス
出演:ジョヴァン・アデポ、ワイアット・ラッセル、ピルー・アスベック、マティルド・オリヴィエ、ジョン・マガロ、イアン・デ・カーステッカー
原題:Overlord
配給:プレシディオ
© 2019 PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.


客は全員が殺し屋!藤原竜也×蜷川実花映画『Diner ダイナー』予告到着


映画情報どっとこむ ralph 小説『ダイナー』が、藤原竜也さん×蜷川実花さんの運命の初タッグで映画化!

窪田正孝さん、本郷奏多さん、武田真治さん、斎藤工さん、佐藤江梨子さん、金子ノブアキさん、さらに、小栗旬さん、土屋アンナさん、真矢ミキさん、奥田瑛二さんら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。本能を極限まで刺激するノンストップ・エンターテイメント映画『Diner ダイナー』が、7月5日(金)に公開となります。

主演は、幾多の超個性的なキャラクターを怪演してきた日本を代表する唯一無二の俳優:藤原竜也。一癖も二癖もある刺激的なキャラクターを演じ、観るものを魅了する藤原が今回演じるのは、殺し屋ばかりが集まる殺し屋専用の食堂<ダイナー>のオーナー、ボンベロ。監督は、写真家であり、『さくらん』(2007年)や、興行収入22億円を超え社会現象にもなった『ヘルタースケルター』(2012年)を手掛けてきた蜷川実花。蜷川幸雄氏演出によって芸能界デビューを果たし“まな弟子”として数多くの作品に出演し続けてきた藤原との運命の初タッグが化学反応を引き起こし、本能を極限まで刺激するノンストップ・サスペンスへと導く!

4月18日から24日まで映画公式SNSで“4.25#殺し屋来店”、の意味深なワードとともに各キャラクターの片鱗がチラ見せされており「遂に解禁か?!」「4/25になにかあるの?」とザワついていたが、4月25日の今日、予告映像とポスターが遂に解禁!

映画情報どっとこむ ralph 前回の特報では、藤原演じるボンベロのビジュアルしかでておらず、窪田正孝さん、本郷奏多さん、武田真治さん、斎藤工さん、佐藤江梨子さん、金子ノブアキさん、小栗旬さん、土屋アンナさん、真矢ミキさん、奥田瑛二さんら超豪華殺し屋たちは配役やビジュアルなどすべてが謎につつまれていた。

今回解禁になった予告では、ボンベロ(藤原)が“王”として君臨するダイナーと、そこに集まる最狂の殺し屋たちの姿が明らかに!店主も客も全員殺し屋。どんな客でも平等に扱う――そんなキレッキレのダイナーは、顔じゅう傷だらけの孤高の殺し屋・スキン(窪田)が豪快にマシンガンをぶっ放し、一見子供のような姿をしているサイコキラー・キッド(本郷)は返り血を浴びながらエンピツを突き刺す、まさにカオスな空間。そして“四天王”として組織に君臨するマテバ(小栗)はクワガタ虫を口に・・・?、マリア(土屋)、無礼図(ブレイズ/真矢)、コフィ(奥田)らが一同に集い一側触発のピリピリムードの“晩餐”の様子も!また筋肉美を披露し不気味なスペイン語を使うブロ(武田)、ハイテンションで車をかっ飛ばすカウボーイ(斎藤)とディーディー(佐藤)、不気味な仮面をかぶるブタ男(金子)など、最高にぶっ飛んだ殺し屋たちが初お目見している。


そして何より、主演・藤原さん演じるボンベロの華麗なアクションも本映像最大の見どころ!
返り血を浴びた純白のコックコートを着て包丁を手に鋭い眼光で闊歩するボンベロ。次の瞬間、宙を舞うボンベロが叩き切るのは――?蜷川監督が作り出す独特な世界観の中で、拳銃やナイフを手に立ち回るその姿は狂気に満ちたオーラを放ち、今まで見たことのない殺し合いゲームの始まりを予感させる映像になっている!数々の役をこなしてきた主演・藤原さんは「まず僕に凶器を持ってきちゃダメでしょ!」と笑い混じりに振り返り、いままであまたのクズ役を演じてきた藤原さんだが、ほかの“殺し屋たち”があまりに強烈なことから「ボンベロが一番普通じゃん!って思いました。それくらい周りのキャラが濃すぎた!僕以外、全員クレイジーです(笑)」とまさかの断言!また見どころの一つとなる熾烈なアクションシーンについて、「皆さん本当に力のある俳優さん達ばかりで、ここで1人やっつけた、この次またこいつがいたのか!と対峙する側としてはエネルギーも吸い取られました(笑)。非常に過酷な撮影ではありましたが、その分、見ごたえのあるシーンになっている」とし、「先が読めない、全く新しい映画が出来上がりました」と自信をのぞかせた。

映画情報どっとこむ ralph また、主要キャストで唯一発表がされておらずSNS上では推理合戦が繰り広げられていた、物語の鍵を握るダイナーに売られた少女・オオバカナコ役は、女優として活躍の場を拡げている若手女優・玉城ティナさんと発表!
ある日、日給30万円の怪しいアルバイトに手を出したばかりに殺される直前、ボンベロにウェイトレスとして身を買われ、彼女がダイナーに紛れ込んだことから、物語が大きく動き始めるという重要な役どころ。

『さくらん』で土屋アンナさんを、『ヘルタースケルター』で沢尻エリカさんを世に送り出してきた蜷川監督自らプロデューサー陣を説得し「ティナとなら心中できる」とまで言わしめ抜擢された玉城さんは、本作で宙吊りにされたり、水浸しになったりとまさに体当たりの熱演をみせ、主演級キャストたちにも肝の座った演技で真っ向勝負!初々しくもひときわ存在感を放っている。

蜷川監督曰く「以前MVのお仕事での演技を見て、それまでもモデルとして撮影したことはあったけれど、まさかこれほど演技ができるなんてと驚いた」と起用のきっかけを語り、「原作よりも年齢の若いカナコを作り上げることでより案内役として若い世代からも共感が得られるようにしたかった」とも語った。そんな監督に絶大な信頼を寄せる玉城さんは「不安もありましたが、蜷川監督を信じ、藤原さんを背中を追いかけて、カナコとしての日々を必死に駆け抜けました。と撮影を振り返った。


7月5日(金)ダイナー開店!

公式サイト:
diner-movie.jp
公式Twitter:
@DinerMovie
公式Instagram:
@dinermovie

#ダイナー

ストーリー
ようこそ、殺し屋専用の食堂<ダイナー>へ――
そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂<ダイナー>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒までが俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

***********************************

藤原竜也 玉城ティナ
窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ
小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二

原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)  脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花  音楽:大沢伸一  監督:蜷川実花
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2019 「Diner ダイナー」製作委員会  蜷川監督
フォトクレジット:(C)2019 蜷川実花/映画「Diner ダイナー」製作委員会



武田真治 ヒーローとしての条件はやっぱり、あれ『アクアマン』「クリプトン<シーズン1>」イベントで


映画情報どっとこむ ralph 世界興行収入がDC映画歴代No.1の『アクアマン』が、7月3日(水)よりブルーレイ&DVD発売、5月8日(金)よりデジタル先行配信開始が決定し、合わせて“スーパーマン”の前日譚である大人気DCTVシリーズ最新作「クリプトン<シーズン1>」が本日4月19日(金)にブルーレイ&DVD発売・レンタル、デジタル配信が開始、日本初上陸となった。

これを記念しDC映画『アクアマン』ドラマ「クリプトン<シーズン1>」ブルーレイ&DVD/デジタル配信情報発表イベントが行なわれ、スペシャルゲストとして「筋肉体操」で再ブレイク中のクリプトン<シーズン1>がDCカラーである青色のスーツに身を包み登壇。

DC好きであると語る武田直伝のトレーニング方法や作品の魅力を語るトークショーを行いました。
映画情報どっとこむ ralph 今年はDCシリーズが飛躍の年になったが、自身をDC好きだと語る武田はDC作品のお気に入りのキャラクターについて聞かれると

武田さん:『ダークナイト』は好きですね。バットマンの解釈を一新し、骨太なドラマを描いています。早速今日と関係ない話をしてしまいました(笑)

と笑いながら語った。
本日リリース情報が解禁となった『アクアマン』の魅力について聞かれ
武田さん:かっこよかったです。今までになかったヒーロー像で、アクアマン役のジェイソン・モモアは男性も憧れるワイルドさ。ロン毛やヒゲなど、普通のサラリーマンはなかなかここまでワイルドに出来ないですよね。

と興奮気味に語った。

海の生物全てを味方にするというアクアマンと自身の共通点を聞かれると、

武田さん:いい質問ですね!実はほとんどないです。(笑)僕は北海道出身なので全く泳げないんです。サーフィンする時に水中メガネをするほど目に沁みてしまうタイプなので、海の中で目を開けていられるアクアマンは本当にヒーローだなと思いました。

と笑を取る武田さん。

続いて、日本初上陸となる「クリプトン<シーズン1>」の感想を聞かれると、
武田さん:スーパーマンが地球で争うゾット家の血を、主人公が引いているかもしれないという秘密がこのクリプトンで描かれている。主人公は始まりから英雄というわけではなく、低い階級のならず者がいかにして偉大なスーパーマンの祖父になるかが描かれているんです。

と見どころを熱く語った。


海の生き物を操るスーパーパワーがある『アクアマン』とスーパーマンの祖父が主人公である「クリプトン<シーズン1>」にちなんで、もしスーパーパワーが得られるのであればどんな力が欲しいか聞かれると

武田さん:やっぱり海の中で目を開けていたいですね。アクアマンは海の中で遠くまで見えているから本当にすごい。あと海の動物を操れるようになってみたいという気持ちもありますね。

と冗談交じりに語った。

また、2作品に共通した見どころである隆々としたヒーローの筋肉について、自宅で簡単に行えるトレーニング方法について聞かれると武田さんはスーツのジャケットを脱ぎ、腕立て伏せ・スクワットのトレーニングで自慢の筋肉を披露、武田さんの引き締まった肉体美に会場は拍手に包まれた。

武田さん:僕は老人みたいに思われているんですかね?ご老体が腕立て伏せしてる、みたいな(笑) DC作品に関係ないですけど、DVDの特典映像に僕のエクササイズ入れてもよかったですかね。

とサービス精神旺盛に語った。 続々と話題作が公開となりまさに“DCイヤー”である今年、“令和”の元号発表会見にちなみ、武田の思う“ヒーローとしての条件”を色紙に手書きの漢字二文字で発表。

出した文字は「筋肉」。
武田さん:痩せ細ったヒーローは見たことがないですよね。頼りがいのあるビジュアルが大事。いつまで続くんでしょう、この筋肉バブル…ずっと続けばいいと思います!

と呟くと会場は笑いが起こった。

最後に・・・・

2作品の見どころについて聞かれると

武田さん:DC作品のヒーローはどこか陰があり、悪側の美学にも感情移入をすることが出来ます。キャラクターとしての華やかなビジュアルももちろん魅力ですが、それだけではなくて骨太な人間ドラマが描かれています。7月3日リリースになる『アクアマン』はぜひお小遣いを貯めてもらって、本日発売の「クリプトン」は全10話あるのでゴールデンウィークにぜひ親子で1日1話観るのはいかがでしょうか?いいと思います!

とDC愛溢れるコメントをし、イベントを締めくくりました。


映画情報どっとこむ ralph <『アクアマン』商品ラインナップ>

【ストーリー】
“海中で、暴れろ。“
『アクアマン』では、1人の英雄の誕生秘話が明かされる。人間とアトランティスの2つの血を引くアーサー・カリーは、自身の運命を確かめるための旅に出る――自分は何者なのか、本当に王となるべき男なのか……それを見極めるために。未体験、予測不能の海中バトル・エンタ-テイメント!

5月8日(水)よりデジタルセル先行配信!
7月3日(水)より4K ULTRA HD・ブルーレイ・DVD発売・レンタル開始!デジタルレンタル配信開始!

■【初回仕様】アクアマン <4K ULTRA HD&ブルーレイセット>
(2枚組/ブックレット&キャラクターステッカー付)
 品番:1000744566/¥6,990+税

【特典映像(ブルーレイ)】
・アクアマンになるために ・アクアマンの世界 ・ジェームズ・ワンの挑戦 ・ブラックマンタ 
・アトランティスの女性 ・ヴィランのトレーニング ・二人の関係 ・フィナーレ ・海中の生物 
・アクアテック ・シーン解説 ・7つの海の王国 ・予告編『SHAZAM!』


■【初回仕様】アクアマン  <3D&2Dブルーレイセット>
(2枚組/ブックレット&キャラクターステッカー付)
 品番:1000744567/¥6,990+税

【特典映像(ブルーレイ)】
4K ULTRA HD&ブルーレイセットと同じ

■【初回仕様】アクアマン ブルーレイ&DVDセット
(2枚組/ブックレット&キャラクターステッカー付)
 品番:1000744568/¥4,990+税

【特典映像(ブルーレイ)】
4K ULTRA HD&ブルーレイセットと同じ
【特典映像(DVD)】
・ジェームズ・ワンの挑戦

■アクアマン ブルーレイ&DVDセット
(2枚組)
 品番:1000744698/¥3,990+税

【特典映像(ブルーレイ&DVD)】
【初回仕様】ブルーレイ&DVDセットと同じ

■【数量限定生産】アクアマン スチールブック仕様<4K ULTRA HD&ブルーレイセット>
(2,000セット限定/2枚組)
 品番:1000744699/¥6,990+税

【特典映像(ブルーレイ)】
4K ULTRA HD&ブルーレイセットと同じ

■ブルーレイ、DVDレンタル 

■デジタルレンタル配信


【公式サイト】
http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

【キャスト】アーサー/アクアマン:ジェイソン・モモア(安元 洋貴)、メラ:アンバー・ハード(田中 理恵)、バルコ:ウィレム・デフォー(多田野曜平)、オーム王:パトリック・ウィルソン(中村 悠一)、ネレウス王:ドルフ・ラングレン(広瀬 彰勇)、ブラックマンタ:ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世(濱野 大輝)、アトランナ女王:ニコール・キッドマン(沢城みゆき)

【スタッフ】監督/ストーリー:ジェームズ・ワン、製作総指揮/ストーリー:ジェフ・ジョーンズ、製作総指揮:デボラ・スナイダー/ザック・スナイダー/ジョン・バーグ/ウォルター・ハマダ

AQUAMAN and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics.
© 2018 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.


映画情報どっとこむ ralph “伝説のヒーロー”《スーパーマン》の前日譚!

クリプトン<シーズン1>商品情報
【ストーリー】
「クリプトン<シーズン1>」はスーパーマンの故郷、惑星クリプトンが滅亡する2世代前、伝説のマン・オブ・スティールの祖父セグ=エル(キャメロン・カフ)の物語。
当時、エル家は社会から追放され、辱めを受けていた。そんな中、セグ=エルは時空を超えて未来から来たという地球人アダム・ストレンジ(ショーン・サイポス)に出会う。アダムは、クリプトンが銀河支配を目論むブレイニアック(ブレイク・リットソン)の危機にさらされていると、セグに警告する。家族の名誉を挽回し、愛する人々を守るために戦うことを決意するセグ。彼はまた、未来の最強スーパーヒーローの誕生を守るという使命も委ねられていた。


セル 4月19日(金)発売
ブルーレイ コンプリート・ボックス(2枚組) ¥11,300+税
DVD コンプリート・ボックス(2枚組) ¥9,400+税
レンタル 4月19日(金)よりレンタル開始
デジタル 4月19日(金)デジタル配信開始
特典映像 未公開シーン集/クリプトンの創造/カンドールと影の実力者たち/NG集/コミコン2017

※特典映像の内容は変更になる可能性があります。
※ジャケットデザインは変更になる可能性があります。

***********************************