「武田真治」タグアーカイブ

藤原竜也×蜷川実花 最高にイカれた極彩美サスペンス映画『Diner ダイナー』ポスター到着!


映画情報どっとこむ ralph 藤原竜也×蜷川実花の初タッグで映画化!
最高にイカれた極彩美サスペンス映画『Diner ダイナー』が、7月5日(金)に公開となります。

窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら豪華俳優たちも、全員“殺し屋”役で集結。

そして今回解禁となった場面写真では、立ちすくむ少女の首に、鋭い眼光で包丁を突き立てているボンベロの姿が。
ダイナーの“王”にふさわしいカリスマ性に包まれており、“食うか、消されるか”のダイナーの”極限まで張りつめた空気まで伝わってくるようだ。

また本作の料理シーンとして初解禁となる写真では、巨大な肉の塊を切り落とすボンベロの姿が。天才シェフの片鱗を見せるが、一体“何の生肉”を切っているのか…?一体どんな料理を作るのか、不気味さを感じさせる一枚となっています。

映画情報どっとこむ ralph また同時に解禁となったティザーポスターでは、赤やピンクの鮮やかな色の花で彩られたダイナーで、血みどろのボンべロが1人佇んでいます。蜷川ワールド全開のゴージャスな空間と、手に包丁を携え返り血で染まる切り裂けたシェフ姿、この一枚だけで異様なオーラを放しており、藤原のこれまでの出演作のどれよりも強烈さのあるビジュアルとなっています。
映画情報どっとこむ ralph 蜷川実花が創り上げる異様な世界観の本作には、ダイナーを訪れる殺し屋たちとして豪華キャストの出演が解禁されているが、そのビジュアルや詳細は明らかになっておらず、期待が高まります。その殺し屋たちにボンベロはどんな料理をふるまうのか?そしていまだ隠されているオオバカナコは誰が演じるのか。

映画『Diner ダイナー』

7月5日(金) 食うか、消されるか。

公式サイト:
diner-movie.jp

公式Twitter:
@DinerMovie

#ダイナー

<ストーリー>

ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ

そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用の食堂ダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。
「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」日給30万の怪しいアルバイトに手を出して売られたオオバカナコは、ウェイトレスとしてボンベロに買われてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

***********************************

藤原竜也
窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ
小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二
原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)、監督:蜷川実花
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花  音楽:大沢伸一
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会


俺は、ここの“王”だ!藤原竜也×蜷川実花監督『Diner ダイナー』特報映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 主演:藤原竜也、監督:蜷川実花が初タッグを組んだ未体験サスペンス、映画『Diner ダイナー』。
原作は、映像化不可能と言われた平山夢明著『ダイナー』で、小説からコミック化もされているもの。満を持しての映画化です。


そして!

この度、公開日が7月5日(金)に決定し、併せて初の本編映像解禁になる特報映像が完成しました。

また、主演の藤原竜也に続き、主役級の超豪華キャストの出演も一挙解禁!

主演は、幾多の超個性的なキャラクターを怪演し、その圧倒的な演技力と存在感で『デスノート』『カイジ』『僕だけがいない街』『22年目の告白-私が殺人犯です-』をはじめとする主演作を大ヒットに導いてきた、日本を代表する唯一無二の俳優:藤原竜也(ふじわらたつや)。

一癖も二癖もある刺激的なキャラクターを演じ、観るものを魅了する藤原が今回挑んだのは、天才シェフであり、元殺し屋のボンベロ。数々のクズ役を演じてきた彼が、元殺し屋かつ天才シェフという異色の経歴の役を演じ、新たな代表作になること間違いなしだ。今回解禁となった血まみれのビジュアルからもわかるとおり、これまでにない強烈なキャラクター。蜷川実花の作り上げる極彩色の世界の中にたたずむボンべロは、そこはかとない不敵なオーラを放っており、『バトル・ロワイアル』シリーズや『るろうに剣心』シリーズでも特異な殺人鬼を演じている藤原ですら、ボンベロを演じるには最初は戸惑いもあったという。しかし、クランクアップの際には「何でもありなキャラクター。僕としてはすごく気持ちのいいキャラクターに仕上がった」と、難役を演じています。

映画情報どっとこむ ralph この度、解禁となった特報映像は、藤原演じるボンベロの「俺は、ここの“王”だ!」という衝撃的なセリフから幕が開き、監督:蜷川による色彩美溢れるダイナー(食堂)の一部が遂に明らかに――!ナイフを手に不気味で圧倒的な存在感を放つボンベロと、今はまだ全貌が見えないキャラクターたち。そんなダイナーに集う強烈な“殺し屋”を演じるのは窪田正孝、本郷奏多、武田真治、斎藤工、佐藤江梨子、金子ノブアキ、さらに、小栗旬、土屋アンナ、真矢ミキ、奥田瑛二ら日本映画界を代表する本格派の豪華俳優たち。まさかキャストティングで、まさかの全員“殺し屋”!!衝撃的な設定だが、どのような役柄で出演し、どのようなビジュアルになるか、今後の情報に期待が高まる!


映画情報どっとこむ ralph なお・・・
ヒロインともいえる役柄の“オオバカナコ”に関しても、謎に包まれたままとなっており、男性主人公作品の中で、蜷川がどのようなミューズを誕生させるのか、こちらも今後の展開から目が離せない‼

『Diner ダイナー』

7月5日(金) 食うか、消されるか。

公式サイト:
diner-movie.jp  

公式Twitter:
@DinerMovie  
#ダイナー

ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある

一人ぼっちで人生どん底…ほんの出来心で怪しいサイトのバイトに手を出したばかりに、一瞬で普通の生活から転落したオオバカナコは、とあるダイナーにウェイトレスとして売られてしまう。そこは、要塞のような分厚い鉄扉の奥に広がる、カラフルで強烈な色彩美を放つ<ダイナー(食堂)>。店主と名乗る男は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。
「ここは、殺し屋専用のダイナーだ。皿の置き方一つで消されることもある」
次々と現れる一筋縄ではいかない凶悪な殺し屋たち。毎日が極限状態の最高にブッとんでいる世界に放り込まれたカナコ。ボンベロとは何者なのか?物語は、一瞬たりとも目が離せない展開へと加速していく…

***********************************

藤原竜也
窪田正孝 本郷奏多/武田真治 斎藤 工 佐藤江梨子 金子ノブアキ
小栗旬/土屋アンナ/真矢ミキ/奥田瑛二

監督:蜷川実花、原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)
脚本:後藤ひろひと 杉山嘉一 蜷川実花  音楽:大沢伸一

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会
   


武田真治、ジャッキーちゃん、ゆるめるモ!英雄故事 をセッション『ポリス・ストーリー/REBORN』前夜祭!


映画情報どっとこむ ralph 1985年『ポリス・ストーリー/香港国際警察』、1988年『九龍の眼/クーロンズ・アイ』、1992年『ポリス・ストーリー3』・・・

そして2018年、『ポリス・ストーリー/REBORN』で伝説が新たに生まれ変わる! 11月23日(金・祝)よりTOHOシネマズ 日比谷他にて全国ロードショーとなります!

ジャッキー・チェン。

自身の代表作である大人気ポリス・アクション・シリーズを受け継ぐ本作では、警察の制服に再び身を包み、世界初となるオペラハウス屋上での危険なスタントを始め、本物の銃&弾丸&火薬を使った街中での大規模な銃撃戦、多数の高級車を潰した路上での派手なカー・チェイスなど、黄金期を彷彿とさせるアクションにも果敢に挑戦。

お馴染みの主題歌「英雄故事」も新たにレコーディングしています!

そして、この度、公開を記念して、前夜祭イベントが行われ、ジャッキー好き芸能人としてテレビ番組「みんなで筋肉体操」が話題の武田真治さん、ジャッキーものまね芸人のジャッキーちゃん、ジャッキー好きアイドルとして新曲「ネバギバ酔拳」が話題のゆるめるモ!の3組が登壇!主題歌の「英雄故事」をセッションしました!

日時:11月22日(木)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:武田真治、ジャッキーちゃん、ゆるめるモ!

映画情報どっとこむ ralph 全身黒でシックなスーツ姿に身を包み登場した武田さんは本作の感想をMCより質問されると


武田さん:ジャッキーさんはこれでアクション映画は終わりにしたい。とおっしゃっていたがカメラがまわるとやってくれるんですね。彼の作品の中でも最大級のスケールでアクションをされていて。楽しませていただきました。

とジャッキー愛をのっけから熱く語り、1985年の『ポリス・ストーリー/香港国際警察』当時の印象について聞かれると

武田さん:ジャッキーはハリウッドスターよりもスターだったんですよ。人情に厚く、正義のために体を酷使し守る姿がたまらなかったですね。

と振り返る。そして、

武田さん:ジャッキーが主演じゃないといけない!という観客から期待されているところが男として憧れます!

と話す武田さんにMCが「実はそんな武田さんのために本日、海を渡ってこちらにやって来てくださいました!」と登場したのは!!!

本作でジャッキーも着ていた“POLICE”と書かれた衣装をまとったジャッキーちゃん!


カタコトの日本語で自己紹介し、「本人ですか?」と武田より質問されると

ジャッキーちゃん:本人デス!

とジャッキー・チェンになりきり答え、武田を困惑させ、その姿に会場は笑いが溢れた。

イベントではジャッキー・チェンのNGあるあるをジャッキーちゃんが披露。

「銃が抜けずNGになるジャッキー」などを披露し「うわ!見たことある!」と武田も大興奮。

そこで2人で実演することに。ジャッキーちゃんより今年話題になった“筋肉体操“をもじり「ジャッキー体操をしよう!」と提案。

武田が気合十分でジャケットを脱ぎタンクトップ姿になり鍛えられた肉体美が現れた瞬間「おお~!!」と会場から感嘆の声が漏れた。ジャッキーちゃんが「突き!突き!突き!」と拳を突き出すポーズや「アイヤー」と手をぶらぶらと振るポーズなどを披露。

ジャッキーちゃんのお手本を真似していた武田さんは

武田さん:俺、明日のスポーツ新聞にこの姿載るの嫌だな~(笑)

と嘆き会場の笑いを誘った。最後に新語・流行語大賞にノミネートされている「筋肉は裏切らない」という武田の台詞をいじって

ジャッキーちゃん:カンフーの動き、短い時間でも十分、ジャッキーは裏切らない!!

という力強い言葉を残したジャッキーちゃん。

武田さん:俺、筋肉は裏切らないって絶対大賞とらないと思ってるんだよな(笑)

とこぼした。

映画情報どっとこむ ralph さらにジャッキーに憧れるゲストとしてニュー・ウェイヴガールズグループのゆるめるモ!さんたちが登場。
ようなぴさん:ジャッキーさんの作品は全部元気をもらえる。今回は家族愛だったので感動して泣いてしまった!

と本作の魅力を伝える。ジャッキー好き芸能人が揃い、『ポリス・ストーリー/香港国際警察』の主題歌である「英雄故事」をセッションする中、

武田さん:実はサックスを持ってきてるんですよ!

と生演奏すると言うと観客は大盛り上がりに。

会場からは手拍子も起こりみんなで大熱唱!『ポリス・ストーリー』の世界に包まれた。見事なセッションを披露し、

武田さん:ジャッキー・チェンさんが来るということで一生懸命練習しました!ちょっと無駄に終わった気がしますが…(笑)

とジャッキー本人がこの場にいないことを残念がりながらもやりきった様子だった。

最後に・・・

本作を楽しみにしているファンに対し、

武田さん:ポリス・ストーリーと言えばジャッキーの人情味あふれる行動や正義感だと思いますが、今回は家族愛、いや人類愛というところまでいっていると思います。香港映画界に期待され続けているジャッキーの勇姿をぜひ見て頂ければ嬉しいです。

とジャッキーに対し敬意を送りイベントを締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph ポリス・ストーリー/REBORN
英題:Bleeding Steel

11/23(金・祝)TOHOシネマズ 日比谷他にて全国ロードショー


物語・・・
国際捜査官リン(ジャッキー・チェン)は危篤に陥った幼い娘を病院に残したまま、証人警護作戦に急遽駆り出されるが、ある陰謀に巻き込まれ、瀕死の重傷を負ってしまう――そして13年後、かつての事件を元ネタにした小説「ブリーディング・スチール」の出版をきっかけに、黒ずくめの犯罪組織&謎のハッカーなど、過去に因縁のある者達が次々に姿を現わし、正体を隠して暮らしていたリンも、事件の鍵を握る最愛の娘を守る為、再び立ち上がる!

***********************************

製作総指揮:ジャッキー・チェン
監督・脚本:レオ・チャン
出演:ジャッキー・チェン、ショウ・ルオ、オーヤン・ナナ、エリカ・シアホウ、カラン・マルヴェイ、テス・ハウブリック
2017年/中国=香港/109分/シネスコ/カラー/5.1chデジタル/字幕翻訳:岡田 壯平/映倫区分:G
協力:松竹 配給:ツイン
© 2017 HEYI PICTURES CO., LTD., PERFECT VILLAGE ENTERTAINMENT HK LIMITED, DADI CENTURY (BEIJING) CO., LTD., MANGO ENTERTAINMENT, CHEERFUL LAND PICTURES CO., LTD., YOUKU PICTURES (HK) CO., LIMITED ALL RIGHTS RESERVED
HP/http://policestory-reborn.comTwitter/https://twitter.com/movietwin2



人力車で大泉、戸田が着物で登場!『駆込み女と駆出し男』プレミア試写会


 


豪華キャスト陣が艶やかな着物で登場!人力車で颯爽と現れたのは!?

5月16日(土)公開映画『駆込み女と駆出し男

を更に盛り上げるべく、4月27日にプレミア試写会が行われました!本イベントには、主演の大泉洋始め、戸田恵梨香、内山理名、陽月華、神野三鈴、武田真治、橋本じゅん、そして原田眞人監督と、豪華キャスト・スタッフが集い、艶やかな着物姿で登場!

映画『駆込み女と駆出し男』プレミア試写会
日程:4月27日(月)
場所:東京国際フォーラム ホールC (東京都千代田区丸の内3丁目5-1)
登壇者:大泉洋、戸田恵梨香、内山理名、陽月華、神野三鈴、武田真治、橋本じゅん、原田眞人監督

上映前の挨拶に、大泉さんと戸田さんを除く6人が舞台上に登場し、「あれ、誰か足りないような…」とつぶやくMC。そこに「ちょっと待った~!」と良く通る美声が聞こえ、人力車で大泉さんと戸田さんが現ると、会場からは大歓声が沸き起こりました。

駆込み女と駆出し男プレミア試写会2
MC:一言ずつご挨拶をお願いいたします。

大泉さん:ありがとうございます!このような格好を好き好んでしているわけではありません(笑)松竹がやれっていうものだから(笑)映画とは一切関係ありません。映画の中では地味な格好しています。この格好どうですか、自分で鏡を見たら馬鹿な殿様に見えるんですけれども(笑)。そういう映画ではないってことだけはお見知りおきを。

戸田さん:大泉様が薄紫を着るということで、私は濃い紫にしてみました!(笑)多くの女性に共感してもらえる映画になったと思います。

内山さん:時代劇ですが、ポップで現代の女性に共感してもらえる映画です。今日は派手な格好ですけど、映画の中では地味なサムライの格好でした(笑)。

陽月さん:素敵なロケーションで皆さまといっしょに過ごせて、充実した時間でした。映画では頭巾をかぶっているので、この人誰?って思われないよう、今日は印象を残したいです。

神野さん:戸田恵梨香の母です(笑)(大泉さん大爆笑して「なんでそんなウソつくの?」とツッコミ)純粋な日本人の姿を描いた素敵な映画です。

武田さん:『突入せよ あさま山荘事件』以来の二度目の原田組です。そのときは真犯人役、そして今回は戸田恵梨香さん演じる妻じょごにDVを働く暴力夫。原田組の名悪役と言われるよう、頑張りたいと思います(笑)

橋本さん:『わが母の記』に続き、原田監督とご一緒させていただけて光栄です。私がどこに登場しているか、ぜひ探してみてください!

原田監督:今日は外国の方もいらっしゃるので、注釈を。(ここから英語で)こんな派手な格好でこの場に立っておりますが、彼らは俳優で私は監督です(笑)。よろしくお願いいたします。

MC:原田監督にお聞きします。監督はずっと時代劇を撮ってみたいと思われていらしたそうですが、実際に撮影をされた感想と、完成を迎えられた今のお気持ちを教えてください。

原田監督:時代劇といえばテンポのよい会話。江戸っ子の真骨頂ですからね。プレミアでこういう格好をするのはツライ(笑)袴がずり落ちそう。次の時代劇では絶対着ないです(笑)(大泉さんや他キャストから「いちばん似合ってますよ!」)みんな、ありがとう。次の時代劇にも出てねー!

MC:そんな監督の熱い思いを座長として受け止めた大泉さんですが、監督からは厳しい要求などありましたか?またここにいらっしゃる共演者の皆さんとは現場でどんなお話をされていたのでしょうか?

大泉さん:僕は比較的に自由にさせていただいて、楽しくできました。厳しかったのは首をつられるシーンで監督に止めてもらえなかったことくらいですかね(笑)ま、そういうことで吹き替えなしですから。

MC:現場ではムードメーカー的な存在だったのでは?

大泉さん:現場には樹木希林という凄い人がいたんですよ(笑)だいたい皆で樹木さんの話を聞いていました。でもブラックな話ばかりでここでは内容は言えません!(笑)



MC:では続いて戸田さんにお聞きします。戸田さんは、映画では時代劇は初めてですね。現代劇とは違うな~、と思ったところはありましたか?

戸田さん:所作の先生がいると思っていたのにいなくて、自分でやらないといけないんだと思っていたんです。そしたら満島さんといっしょのシーンで、満島さんに丁寧に教えている方がいらして…あれって思って。その方に「わたしはどうしたらいいですか?」って聞いたら、じょごは好きにやっていいと言われました。

MC:内山さんは、時代劇はよく出演されてますが、この映画を出演されるにあたって
特に準備されたことなどはありますか?

内山さん:殺陣や薙刀の稽古を戸田さんや陽月さんといっしょにやりました。でも今回、姫とかではなく日常を描いている作品なので、できるだけナチュラルに演じることを心掛けました。

MC:神野さんは映画出演が初めてでしたね。初出演はいかがでしたか?

神野さん:幸せでした~。『わが母の記』を拝見して、この監督の映画に出たいと思ったので。
恵梨香ちゃんといっしょのシーンが多くて、いろいろ教えてくれて、ありがとうございました~。

MC:陽月さん、武田さん、橋本さんは、大泉さんとの撮影で印象に残っていることなど教えてくださいますか?まず、陽月さんからお願いします。

陽月さん:私は薙刀を教える立場の役なので、薙刀を持っている体で掛け声と型の練習をしていたんです。そしたら、大泉さんが「僕の腕を掴むかい?」と言ってくださって、自らの手を薙刀に・・・(笑)

大泉さん:(周りから「それ、セクハラじゃない?」とのツッコミに対して)リラックスさせてあげようと思ったんですよ!

MC:武田さんはいかがですか?

武田さん:今まで時代劇と違うのは、言い回しですね。劇中、大泉さんと私は対立する立場なんですが、粗暴になぐり合ってお互いの主張をするわけではなく、今風に言えば、ラップ対決と言いますか、川柳を読み合うシーンがあるんですよね。粋な江戸っ子の頭の回転の速さ、新しい喧嘩をやれました。

MC:橋本さんはいかがでしょうか?実は大泉さん演じる信次郎とバトルが繰り広げられるとか?

橋本さん:あっという間の楽しい時間でした。逆に大泉さんはどうだったのかしら?

大泉さん:丁々発止の緊張したシーンで舞台のようでした。いや~大学時代から劇団☆新感線にあこがれていたので、お会いできただけでうれしくて、撮影の合間にはインタビュアーのようにいろんな質問してしまいました。

MC:最後に、これから映画をご覧になる皆様に向けて監督から一言、お願いいたします。

原田監督:真面目な映画です。樹木さんが子どもには見せられないシーンもあるけれど、教科書に載せたいとおっしゃってくれて、時代劇ルネッサンスと言われるものができました。これを名作に育ててくださるのはお客様です。ぜひこの作品とのお付き合いをよろしくお願いいたします。

駆込み女と駆出し男プレミア試写会
『駆込み女と駆出し男』

公式サイト:http://kakekomi-movie.jp
公式Twitter:@kakekomi_movie 
公式Facebook:kakekomimovie

********************************************************************

監督・脚本:原田眞人 
原案:井上ひさし「東慶寺花だより」(文春文庫刊)

出演:大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり
内山理名 陽月華 キムラ緑子 木場勝己 神野三鈴 武田真治
北村有起哉 橋本じゅん 山崎一 麿赤兒 中村嘉葎雄
樹木希林 堤真一 山﨑努

配給:松竹
(C)2015「駆込み女と駆出し男」製作委員会