「武田梨奈」タグアーカイブ

知英レッドカーペットに登場!プチョン国際ファンタスティック映画祭2018 レッドカーペットに登場!映画『殺る女』


映画情報どっとこむ ralph 知英さん 最新主演映画『殺る女』は、日本×韓国×アメリカ×フィリピン×タイ×デンマークと世界のトップスターが豪華競演している日米合作映画。10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開となります。


公開に先駆け、知英が主演映画を引っ提げ、本日 7月12日(木)からスタートしたプチョン国際ファンタスティック映画祭2018に凱旋帰国!主演・知英さんが率いる「殺る女」チームが、レッドカーペットを歩きました。
プチョン国際ファンタスティック映画祭は、アジアを代表するジャンル映画祭として「ラブ、ファンタジー、アドベンチャー」をテーマに掲げて上映されており、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭やヨーロピアン・ファンタスティック映画祭連盟などと共に協力し、ジャンル映画の普及に努め、アジア最大ともいえる映画祭の一つ。

主演の知英さん、駿河太郎さん、宮野ケイジ監督がレッドカーペットに登場すると、ひときわ大きな歓声があがり、われんばかりの拍手に会場は包まれ、華々しい幕開けとなりました。今年一番の猛暑の中、知英は大胆な背中と美しい脚のラインが透けてみえるセクシーなドレスで、日頃から運動で鍛えた美しい体を披露。かつて韓国で活動していた頃のあどけない少女の姿からは想像できない大人の女性として現地の報道陣・観客2000人を魅了しました。
本作は、プチョン国際ファンタスティック映画祭2018のWorld Fantastic Red部門に正式出品されており、7月13日(金)に、韓国にて世界最速上映する運びとなっています。

映画情報どっとこむ ralph レッドカーペットに出席した知英さん、駿河太郎さん、宮野監督からコメントが届いております。

故郷の韓国の大きい映画祭に参加できて光栄です。レットカーペット歩くときにみんなからジヨンこっち見て!後ろ振り向いて!と声掛けてもらって、有り難かったです。久々韓国に来てファンの皆さんに会えたことが何より嬉しいです。レッドカーペットは、4月の沖縄映画祭以来ですが、あの時は雨で皆さん大変でしたが、今回は故郷韓国で、天候にも恵まれて嬉しかったです。レッドカーペットが長くてびっくりしました!

駿河太郎さんからのコメント
初めて参加させて頂きましたが、街を上げて盛り上げているすごく派手な映画祭で、この場所に映画『殺る女』で参加出来た事を嬉しく思います!
韓国の方を筆頭に、世界の方にどのように届くか楽しみです?


宮野ケイジ監督からのコメント
華やかな祭典に参加でき、大変光栄です。
『殺る女』の公開に向けて追い風にしたいです。

映画情報どっとこむ ralph 「世界」をターゲットにした本作の予告が解禁となりました!


予告は、幼き日の自分と似た少女との出会いにより葛藤が生まれていく愛子の心理描写を主軸にストーリーが展開され、愛子が追い続けている組織の鍵を握る女・由乃の不敵な笑みや、家族を守るものの追い詰められていく加賀の表情がインパクトを与え、アクションにとどまらず、ドラマ性ある内容になっております。
セリーヌ・ディオンとの共演経験もある歌手・シャリースの主題歌“OUT THE WINDOW”が、哀しく交錯していくそれぞれの運命に光を当てております。


この秋、スタイリッシュなバイオレンス・エンターテインメントな日米合作映画をお楽しみ下さい!

10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開です。


『殺る女』は、幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇。

知英のほか、家族を殺害したため愛子が探し続けている腕にサソリのタトウーがある男の妹で孤児院育ちの加賀由乃役に、アクション女優として国際的に活躍している武田梨奈。

由乃の兄で元暴力団員・加賀俊介には、LAの映画祭で最優秀主演男優賞を受賞し数々の出演作で急成長を遂げている駿河太郎。
元K-1選手のニコラス・ペタス、やセリーヌ・ディオンとの共演や世界で最も影響力のある人物とされるオプラ・ウィンフリーに「世界一才能のある少女」と言わしめた歌手シャリースも出演しております。

監督は前作『夢二 愛のとばしり』で、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている「Japan Film Festival LA 2015」において最優秀作品賞(グランプリ)を受賞し、評価を得ている宮野ケイジ。

***********************************


知英

武田梨奈

駿河太郎 篠原篤
藤田りんか(子役) ニコラス・ペタス 中尾隆聖 サヘル・ローズ 和希沙也
松本大志 日向丈 水石亜飛夢 江口祐貴 伊崎右典 清水一哉 玉代勢圭司
Irin Sriklao Jaw Maran /Charice a.k,a Jake Zyrus
監督・脚本:宮野ケイジ
主題歌:“OUT THE WINDOW” Charice a.k,a Jake Zyrus(バップ)
製作:岡本東郎 五十嵐匠 藤巻典敏 プロデューサー:行実良 関顕嗣 長井龍 Jaw Maran
ラインプロデューサー:山地昇 撮影監督:中澤正行 助監督:佐々木利男
照明:野村久数 録音:山口勉 美術:中谷暢宏 ガンエフェクト:遊佐和寿
衣裳ヘアメイク:おかもと技粧 編集:江橋佑太 宣伝プロデューサー:廿樂未果
特別協賛:FCAジャパン株式会社 オハヨー乳業株式会社
制作:ストームピクチャーズ
制作協力:アトリエ羅夢
配給:プレシディオ
宣伝:MUSA
劇場営業:長谷川裕介
©2018「殺る女」製作委員会
    


矢野聖人x武田梨奈『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』クラウドファンディングがスタート


映画情報どっとこむ ralph 実在する日本唯一のクジラ博物館。
地方の小さな街で起きた、でっかいクジラと人間の奮闘記。


和歌山県オールロケをした映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。』は、10月12日(金)より和歌山県先行公開し、11月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開することが決定しました!これにあわせ第一弾ポスタービジュアル解禁となりました!


本作は、和歌山県にあるクジラだけを飼育している「太地町立くじらの博物館」を舞台に、クジラを愛する青年・鯨井太一をリーダーとしながら博物館を盛り上げていく様子を描いたクジラと人間の奮闘記。

矢野聖人が映画初主演を果たし、実在するクジラ博物館を支えるため、悩み挫けながらもクジラをひたむきに愛する太一の心の葛藤を見事に演じています。ヒロインには、頭突きで瓦割りをするCMで話題となり、ドラマ「ワカコ酒」や映画『三十路女はロマンチックな夢を見るか?』など数々の主演を飾り、日米合作映画『殺る女』出演が待機するなどアクション女優としても国際的に活躍している武田梨奈。和歌山県出身の岡本玲や近藤芳正、鶴見辰吾など実力派俳優が脇を固め、物語に味わいを加えております。

主題歌は、女性アイドルグループ「虹のコンキスタドール」メンバーで、和歌山県出身の清水理子が担当。

監督は、SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA2013にて入選し、第12回山形国際ムービーフェスティバル2016にて、『U・F・O~うしまどの、ふしぎなできごと~』がグランプリを受賞するなど国内外で評価の高い藤原知之。

映画情報どっとこむ ralph 現在、映画応援プロジェクトとして本作のクラウドファンディングがスタートしていますので
本作を一緒に盛り上げませんか?

クラウドファンディングページ:
https://greenfunding.jp/lab/projects/2279

映画情報どっとこむ ralph 黒潮をバックに、一歩一歩目標に向かい進んでいく様が、観る人すべてに勇気と希望を与えてくれる

映画『ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。

10月12日(金)和歌山県先行公開
11月3日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

公式HP: 
bokujira.com

物語・・・
舞台は、クジラしか飼育されていない、和歌山県南部にある「太地町立くじらの博物館」。
来客も増えず、次々に飼育員が辞めていく中、館長は、経験豊富なベテランスタッフから強い反対を受けても、飼育員リーダーに、純粋にクジラを愛する青年・鯨井太一(矢野聖人)を任命する。
東京の水族館からピンチヒッターとして呼ばれた白石唯(武田梨奈)や、学芸員の間柴望美(岡本玲)ら、同僚たちの中にも懸命に太一をサポートする人も現れるが、皆を悩ませていたのは来客がすくないことだった。そんな中、博物館を盛り上げるために太一は、スタッフの手作りによる「くじら夢まつり」を行うことを思いつく。しかし、開催を目前に控えたある日、「くじら夢まつり」中止の危機が訪れる・・・。

***********************************


矢野聖人
武田梨奈
岡本玲
近藤芳正(特別出演)  鶴見辰吾

監督:藤原知之『U・F・O~うしまどの、ふしぎなできごと~』
脚本:菊池誠 音楽:稲岡宏哉 主題歌:清水理子「Colorful~あなたといた時間」
後援:和歌山県、和歌山県観光連盟、太地町、太地町観光協会、那智勝浦町、那智勝浦町観光協会
新宮町、新宮町観光協会、串本町、串本町観光協会、熊野灘捕鯨文化継承協議会
制作:アクシーズ
配給:キュリオスコープ
2018年/日本語/カラー/117分

©2018映画「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」製作委員会


日米合作映画『殺る女』武田梨奈 場面写真“初”公開


映画情報どっとこむ ralph 日本 × 韓国 × アメリカ × フィリピン × タイ × デンマークと世界のトップスターが豪華競演している日米合作「世界」をターゲットにした映画『殺る女』。10月27日(土)よりシネ・リーブル池袋ほか全国公開となります。

本作は、幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇。

家族を殺害したため、愛子が探し続けている腕にサソリのタトウーがある男・加賀俊介(駿河太郎)の妹で、兄と同じように孤児院育ちの加賀由乃役に、アクション女優として国際的に活躍している武田梨奈さん。

監督は前作『夢二 愛のとばしり』で、アメリカ・ロサンゼルスにて開催されている「Japan Film Festival LA 2015」において最優秀作品賞(グランプリ)を受賞し、評価を得ている宮野ケイジ監督。また、来月7月12日(木)から開催されるプチョン国際ファンタスティック映画祭2018のWorld Fantastic Red部門に正式出品され、7月13日(金)には韓国にて世界最速上映します。
***********************************

知英
武田梨奈 / シャリース ニコラス・ペタス
駿河太郎 ほか

監督・脚本:宮野ケイジ『夢二 愛のとばしり』
制作プロダクション:ストームピクチャーズ
配給:プレシディオ宣伝:MUSA

2018年/日本語/カラー/84分
©2018「殺る女」製作委員会


高杉真宙 宣伝さん泣かせな天然炸裂!『世界でいちばん長い写真』初日 舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph ベストセラー作家・誉田哲也による愛知県の学校で実際にあった出来事を基に描かれているハートフル青春小説を実写化した映画『世界でいちばん長い写真』が、本日6月23日(土)から全国公開となりました。

これを記念して、イオンシネマ シアタス調布にて初日舞台挨拶が行われ、高杉真宙さん、武田梨奈さん、水野勝さん、草野翔吾監督が登壇しました。


『世界でいちばん長い写真』初日舞台挨拶
日程:6月23日(土)
場所:イオンシネマ シアタス調布
登壇:高杉真宙、武田梨奈、水野勝、草野翔吾監督 
MC:八雲ふみね

映画情報どっとこむ ralph 全国31箇所にて初日となった「世界でいちばん長い写真」。

主演・高杉真宙、武田梨奈、水野勝、草野翔吾監督がイオンシネマ シアタス調布に登壇すると暖かな拍手が。

タイトルにちなみ忘れられない写真の思い出をきかれ

高杉さん:小学4年の頃、節分の日、実家で飼っている犬と一緒にとった写真です。犬に小さな鬼の御面をかぶせて写真を撮りましたが、可愛くて。

とニッコリ。

武田さん:今回の現場で写真をさくさん撮っていて、ツイッターにあげていました。この瞬間でしか撮れない写真ばかりで、リアルな青春の一枚となりました。

と語った。

水野さん:いつもはBOYS AND MENというグループで活動をしています。そのメンバーと武道館でリハーサルをした時に撮影した写真です。初めの頃は公園で練習していたので、武道館で公演ができて、みんなで夢を叶えてきたので、夢が叶った瞬間だったので、お気に入りの1枚です。グループ活動も青春を感じているので、この映画とリンクを感じます。

とグループのメンバーとの絆を話し、ほんわか舞台挨拶に。

映画情報どっとこむ ralph 主演の高杉さんとヒロインの武田さんの印象を聞かれ

監督:負けず嫌いだけど天然な二人が引っ張った現場でした。

と感謝を述べた。イベントの中盤、6月15日に誕生日を迎えた武田梨奈さんにむけて誕生日ケーキのサプライズプレゼントを企画していたものの、武田さんの様子に驚きがなく

武田さん:本当なら嬉しくてここで泣いているはずだったのですが、舞台挨拶が始まる前の打ち合わせで、見てはいけない台本をみてしまって・・・

と発すると、

水野さん:赤字で、“バースデーケーキがここで登場”と書かれている台本を、誰かさんがお配りしたんだよね。

とツッコミを入れ、すかさず

高杉さん:すみませんでした!

と平謝り。これには会場も笑いに包まれました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

お客様にむけての挨拶で、

監督:クライマックスの和太鼓シーンは、家でDVDで観ても伝わるものではなく、やっぱり劇場ならではのものだと思います。この映画の良さをわかってもらうには、映画館で観ていただくのが一番だと思います。お客様に観ていただいて映画は出来上がるものだと思うので、皆さんの感想が楽しみです宜しくお願いします!

と頭を下げ・・・

水野さん:僕たちは作り手として作品に取り込みますが、初日を迎え、これからはお客様とこの作品を共有できるようになりました。今日からがまたスタートだと思いますので、みんなで力を合わせて一人でも多くの方に観ていただきたいと思います。

と話し、

武田さん:ものすごいわかりやすい恋愛が描かれているわけでもなく、ものすごく主人公の男の子がいきいきとした楽しい姿を描いている作品ではないのですが、日常の中の小さなことが光ってみえる素敵な作品だと思っています。こんなに繊細で素晴らしい作品は、今の時代、日本映画でも少ないと思うので、今日、初日、1番目に観ていただいているお客様なので、告知ご協力お願いします。

とアピールした。

高杉さん:この映画は、去年の8月に撮影させていただいて、自分の2週間が一瞬だったなあという記憶です。そこで高校生活を過ごしたような濃い撮影期間でした。派手な青春ではないのですが、宏伸の青春の中では派手で、その一瞬をたくさん詰め込むことができて、素敵なきらめきをしていると思うので、たくさんの人に観ていただきたと思います!

とイベントを締めました。


世界でいちばん長い写真

6月23日(土)~シネ・リーブル池袋・イオンシネマ全国順次ロードショー

公式サイト:
sekachou.com
ツイッター:
https://twitter.com/nagai_shashin
#世界でいちばん長い

***********************************

高杉真宙
武田梨奈
松本穂香  水野 勝
前原 滉  田村杏太郎  黒崎レイナ  森田望智  前原瑞樹
吉沢 悠   小松政夫

原作:誉田哲也「世界でいちばん長い写真」(光文社文庫刊)
監督・脚本・編集:草野翔吾
主題歌:「真夏のグライダー」Lily’s Blow(Being,Inc / Honey Bee Records)
音楽:加藤久貴 撮影:相馬大輔 照明:佐藤浩太 録音:齋藤泰陽 美術:吉田 敬 装飾:髙桑道明
衣装:塩野谷由美 ヘアメイク:永野あゆみ 助監督:杉岡知哉 制作主任:谷川詩織

キャスティング:安生泰子 ラインプロデューサー:和田紳助
プロデューサー:古川為茂 木俣 誠 福嶋更一郎 柴原祐一
アソシエイトプロデューサー:太田雅人 平井信一 渋谷昌彦
協賛:知多メディアスネットワーク株式会社 株式会社ビーイング 株式会社ハルブランド
撮影協力:日本福祉大学付属高等学校 ほか
配給・宣伝:スターキャット/キャンター  製作プロダクション:ダブ
製作:スターキャット キングレコード メ~テレ 光文社 イオンエンターテイメント ダブ キャンター
©2018 映画「世界でいちばん長い写真」製作委員会


意識高過ぎ 高杉真宙、僕の青春です応援して!『世界でいちばん長い写真』完成披露で


映画情報どっとこむ ralph 誉田哲也先生の実話もとにした青春小説を実写化した映画『世界でいちばん長い写真』は、6月23日(土)よりシネ・リーブル池袋・イオンシネマ全国順次ロードショーとなります。

そして、本作の完成披露上映会がイオンシネマ シアタス調布にて行われ、主演・高杉真宙さん、武田梨奈さん、松本穂香さん、水野勝さん、草野翔吾監督が登壇しました。


日程:6月4日(月)
場所:イオンシネマ シアタス調布
登壇:高杉真宙、武田梨奈、松本穂香、水野勝 / 草野翔吾監督 
MC:八雲ふみね

映画情報どっとこむ ralph 暖かな拍手と歓声の中、主演・高杉真宙さん、武田梨奈さん、松本穂香さん、水野勝さん、草野翔吾監督が登壇。

高杉さん:・・・緊張してしまってます。
と言う言葉に、会場のあちこちから「かわいい」の声。

高杉さん:短い間ですが、頑張りますのでよろしくお願いします。

武田さん:皆さんにお披露目出来る事。大変うれしいです!珍しく登壇者が皆んな緊張していますが、今日、お披露目できてすごく嬉しいです。

と、高杉さんの緊張をフォローしてくれる優しい武田さん。

松本さん:皆さんお越しいただきありがとうございます。最後まで楽しんでいってください。

水野さん:急遽、参加できることになりました!僕もうれしかったです!皆さんにに観ていただけることワクワクしています。

草野監督:東京で初めて見ていただけると言うことで、本当にうれしく思っています!

と、其々一言挨拶。

東京での初上映・・・ソワソワな感じの皆さん。

草野監督:場内に入ったら、予想以上に大きな劇場で、お客さんも沢山いて・・・

と、興奮気味。高杉さんも振り返ってスクリーンの大きさを確認したほど。

高杉さん:観ていただいた方全員が「いいな」と思っていただける映画になっています。あの暑い夏の日々が公開されるはやく青春を届けたい!

と、一刻も早く観客に見てもらいたいと話す高杉さん。

映画情報どっとこむ ralph 自らの役に関して
高杉さん:内気で言いたいことも言えない宏伸を演じました。彼はカメラと出会うことで、人生が彩り、成長してゆきます。この映画は、去年の夏、自分の青春のノンフィクションのように撮影できました。綺麗な情景と心情が目に浮かんで、台本を読んですぐにこの役やりたいなと思いました。

武田さん:宏伸の従姉妹でパンクな女性・あっちゃん(温子)を演じました。気弱な高杉君のおしりをたたいてる姉御肌の女性です!可成りインパクトのある役ですが、普段の私は人見知りで受け身ですが、積極的に高杉君と穂香ちゃんには積極的にいきました!水野さんは年上なので甘えさせていただきました。

と話します!実際に武田さんに叩かれたら偉い事ですが。。。

松本さん:写真部の部長・三好を演じました。高杉さん演じる宏伸と正反対の性格で、真っ直ぐすぎて不器用な女の子。可愛いなと思います。脚本を読んだ時素直に『好きだな、この子』と思って演じました。そして、脚本も好きだなと思える台詞が沢山あって、楽しみました。

と、今回の女性はみな強めな設定。そこも見どころ。
水野さん:温子の友達の智也を演じました。愛知県でBOYS AND MENというグループで活動していて、今回愛知を舞台にした作品だったので、自分がいつも使っている名古屋弁を使えることはすごくナチュラルに自分とシンクロして演じられました。

と話す、水野さんはナチュラルにたたずみ過ぎてエキストラにスタッフと間違われたエピソードも明かしていました。

草野監督:去年の夏休みを閉じ込めようと思って撮った青春映画。造り物にならないようにしました。登場するキャラクターが様々いるので、観た方々が映画の中で“自分”をみつけてくれたら嬉しいです。

と想いを伝えた。

映画情報どっとこむ ralph また原作者の誉田哲也さんも客席で舞台挨拶を見守っていることがMCから明かされると・・・

代表して主演・高杉より誉田さんへメッセージ・
高杉さん:本当に完成披露にいらして頂きましてありがとうございます。こうして駆けつけてくださることが素直に嬉しいです。キャラクターを役者に預けていただけたからこそ、純粋に演じることを楽しませていただけましたし、去年の夏、この作品で青春をおくることができました。

と感謝を述べました。すると、監督、うちの高杉君も意識高いんですよ!というと、照れる松本さん・・・

でも、小さな声で
松本さん:意識高過ぎ高杉君

のセリフを披露。そんな、意識高過ぎ高杉君は・・・撮影中のエピソードを
高杉さん:本当に仲良くて。スタッフもキャストも学生時代に若返って、青春を駆け抜けてました!

武田さん:高校生チームを見てると、それを見ていて自分も青春しました!

と語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

高杉さん:この撮影で、この高校生活を僕の青春にします。それくらい楽しかったんです。映画を観た人が笑顔になってくれれば、思い出がいっぱい詰まっています。応援お願いします!

と締めました。

文部科学省選定の本作は、本日の完成披露の最後に、中学生・高校生の皆さんが通っている学校に本作のポスターを掲示協力いただける方には、高杉さん直筆でサイン・学校名・メッセージをいれたポスターを先着100名様にプレゼントすることを発表し、場内が喜びの声であふれました。


世界でいちばん長い写真

6月23日(土)~シネ・リーブル池袋・イオンシネマ全国順次ロードショー

公式サイト:
sekachou.com
ツイッター:
nagai_shashin
#世界でいちばん長い

***********************************

高杉真宙
武田梨奈
松本穂香  水野 勝
前原 滉  田村杏太郎  黒崎レイナ  森田望智  前原瑞樹
吉沢 悠   小松政夫

原作:誉田哲也「世界でいちばん長い写真」(光文社文庫刊)
監督・脚本・編集:草野翔吾
主題歌:「真夏のグライダー」Lily’s Blow(Being,Inc / Honey Bee Records)
音楽:加藤久貴 撮影:相馬大輔 照明:佐藤浩太 録音:齋藤泰陽 美術:吉田 敬 装飾:?桑道明
衣装:塩野谷由美 ヘアメイク:永野あゆみ 助監督:杉岡知哉 制作主任:谷川詩織

キャスティング:安生泰子 ラインプロデューサー:和田紳助
プロデューサー:古川為茂 木俣 誠 福嶋更一郎 柴原祐一
アソシエイトプロデューサー:太田雅人 平井信一 渋谷昌彦
協賛:知多メディアスネットワーク株式会社 株式会社ビーイング 株式会社ハルブランド
撮影協力:日本福祉大学付属高等学校 ほか
配給・宣伝:スターキャット/キャンター
製作プロダクション:ダブ
製作:スターキャット キングレコード メ~テレ 光文社 イオンエンターテイメント ダブ キャンター
©2018 映画「世界でいちばん長い写真」製作委員会