「武正晴監督」タグアーカイブ

村上虹郎 x 武正晴監督で中村文則『銃』映画化!キャスト解禁&公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 中村文則の衝撃デビュー作『銃』を重鎮プロデューサー・奥山和由さんによる企画・製作、そして安定感があり的確な演出力をもつ武正晴監督がメガホンをとり村上虹郎主演で映画化、今秋テアトル新宿ほか全国ロードショーが決定しました。

本作はフィルムノワールの映像表現により、人間を追及していく純文学性をもった質の高い作品として描かれました。

映画情報どっとこむ ralph 主演は、村上虹郎さん(『武曲 MUKOKU』第41回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞受賞)。銃を手にし、その魅力に捉われ、且つ支配され、徐々に狂気が満ちていく難役の主人公・西川トオルを熱演。村上さんの演技力に可能性を感じた奥山Pが、企画当初より主演として抜擢。主人公と同世代である村上だからこそ捉えることのできる心情により役を作り上げています。
映画情報どっとこむ ralph ヒロイン・ヨシカワユウコには広瀬アリスさん(『巫女っちゃけん。』主演、NHK「わろてんか」ほか出演)。
快活さとは反面、心のなかに何らかの問題を抱えている女子大生を可憐に演じています。特に、彼女が見せる屈託のない笑顔や物憂げな表情が、モノクロームのスクリーンに美しく映えています。

そして、トオルを追いつめる刑事には、リリー・フランキーさん(『万引き家族』第71回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞)。

彼の独創的な発想と演技力が刑事という人物をより浮き彫りにし、主人公を追いつめる姿は、さらに本作を盛り上げる要素となっています。他、日南響子さん、新垣里沙さん、岡山天音さんなど、個性派俳優の面々が脇を固めています。

映画情報どっとこむ ralph 原作・中村文則先生、奥山和由プロデューサー、武正晴監督、村上虹郎さん、広瀬アリスさんからのコメントが届きましたので業界!

原作・中村文則先生:拝見した時、「物凄い映画を観た」と思いました。僕のデビュー作『銃』は、発表後16年近く経ってもずっと版を重ねている、とても大切な作品です。奥山プロデューサーや武監督が、これ以上ない形で、この原作を見事な映画にしてくださいました。主人公のトオル役は天性のものがなければ難しい役ですが、村上さんは完璧で、他の役者の方達も、あまりにも見事で大変驚くことになりました。原作者としても、一映画ファンとしても、この映画の誕生を大変嬉しく思っています。

企画・製作 奥山和由プロデューサー:『いつかギラギラする日』『GONIN』から20年以上たち、やっと自分の分身と言える映画をプロデュースできました。村上虹郎はまさに100年に一人の天才。監督の武さんは100年に一人の努力家。そこにこの原作、傑作にならないわけがない。“自分”という精神の生存競争を表現できたという奇跡を感じたのは『ソナチネ』以来です。

武正晴監督:2017年夏、中村文則さんの原作が、僕たちスタッフ、キャストを熱狂の撮影現場へと導いてくれた。何よりも、村上虹郎の20歳の夏を撮れたのは、監督冥利に尽きます。原作者の中村さんと初めてお会いした時に『銃』を書いた青春時代についてお話ししてくれた。僕はこの映画を青春映画にしようと決意し、中村さんが『銃』を
書いた西高島平を撮影場所と決め込んだ。


村上虹郎さん:このたび映画「銃」の主演を務めさせていただきます。監督と1ミリのズレもなく同調し築きあげた”私”役という存在を武組のみなさんに切り撮っていただきました。奥山和由さんプロデュースのもと、中村文則さんの第一子にして宝物のような”銃”を最高の形でみなさまに届ける事ができると思います。ご期待ください。

広瀬アリスさん:今回ヨシカワユウコという役を演じさせていただいて、作品の中では唯一救いの手を差し伸べるような、平和な空気を感じさせてくれる存在でした。そうであるために、撮影の時は村上虹郎くんとはあまり会話をせず、2人の無言の空間をとても大事にしていました。学生の時感じる孤独感やモヤモヤ。答えのない感情を繊細に描いている「銃」という作品に参加できたこと、とても嬉しく思います。

映画情報どっとこむ ralph 映画『

2018年秋、テアトル新宿ほか全国ロードショー

公式サイト:thegunmovie.official-movie.com

雨が降りしきる河原で、思いがけず拳銃を拾った大学生の西川トオル。
普段は、友人たちと青春を謳歌しているが、その内には魅了された銃への高揚を秘めていた。トオルは、大切に家に保管していた銃を持ち歩いてみることにした。さらに緊張とスリルが増し、彼を満足させた。同じ大学のヨシカワユウコにも興味があるが、やがて銃は彼のなかで圧倒的な存在感を占めていく。そして、突然の刑事の訪問。「次は、人間を撃ちたいと思っているんでしょ?」 次第に精神を追いつめられていくトオルは、あることを決意するが。

***********************************

村上虹郎  広瀬アリス
日南響子 新垣里沙 岡山天音 後藤淳平(ジャルジャル) 中村有志 日向丈 片山萌美 寺十吾 サヘル・ローズ 山中秀樹
リリー・フランキー
企画・製作:奥山和由
監督:武正晴
原作:中村文則「銃」(河出書房新社)  
脚本:武正晴・宍戸英紀
制作プロダクション:エクセリング
企画制作:チームオクヤマ
配給:KATSU-do 太秦
製作:KATSU-do
Ⓒ吉本興業  2018年/日本/カラー&モノクロ/DCP/5.1ch/97分/ R15+  


『嘘八百』新年初笑い!中井貴一、佐々木蔵之介、友近、森川葵、武正晴監督で鏡開き!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界を代表する俳優、中井貴一×佐々木蔵之介のダブル主演で贈る『嘘八百』が2018年1月5日(金)より全国公開。本作は千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が“幻”の利休の茶器という<真っ赤なウソ>で仕掛ける一発逆転の大勝負を描く、年初めにぴったりな開運エンターテインメントです。

そして!本日公開二日目。

この度、公開を記念して中井貴一、佐々木蔵之介、友近、森川葵と武正晴監督が登壇しての舞台挨拶が行われ、鏡開きが行われました。


『嘘八百』公開記念舞台挨拶
日時:1月6日(土)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:中井貴一、佐々木蔵之介、友近、森川葵、武正晴監督

映画情報どっとこむ ralph 中井さん:新年あけましておめでとうございます!(おめでとうございます)ありがとうございます。コメディーではなくやったんですけど・・自然とコメディーになっていった感じです。16日間で撮影しました。とっても良い緊張感の中で撮影できました!

佐々木さん:そうなんです。シリアスでサスペンスな映画ですが・・・結果笑っていただけたなら良かったです!

友近さん:正月公開が嬉しくて。昭和っぽい映画が少なくなっていて、昭和とおじさんが好きなので、良い味のある映画に仕上がっています!今日はヤングチームで集まって舞台挨拶です。(笑)

森川さん:わたしは今日が仕事始めで、この『嘘八百』で今年一年のスタートが切れたことは楽しい一年になりそうです!

武監督:今日この映画を選んでくださってありがとうございます。4年前にこのお藩士が来た時には正月映画になるとは思ってもみませんでしたし、こんな素晴らしいキャスト陣で撮れるとも思っていませんでした。

との挨拶からスタート。


今日は真っ赤な嘘をイメージしてどこかに赤を入れる衣装がドレスコード。すると、中井さんと佐々木さんは、二人そろって赤のタートルネック!

中井さん:危なく今日黒のスーツ着てくるところでした。違うの着てきて良かったです。

佐々木さん:バディー感出ていて良かったです!

と、いたって前向きな佐々木さん。

映画情報どっとこむ ralph 本作では中井さんと森川さんは親子役。
中井さん:今年は森川の年になると思いますよ!今回は反抗期ですが、父親についてきてくれる子。現代を象徴してる感じかなと。でも俳優は年がわからなくなりますが、子役の年が大きくなることで年を感じてきます。最初はバブーだったのですが、こんなにしっかりした娘が子供で。年を取ったなと痛感しました。

と、話す中井さん。

森川さん:反抗期だけど親についていく。わたしも親大好きだったので、なんとなくわかる感じでしたので演じやすかったですし、貴一さんは包容力があるので、今回は自由に演じさせていただきました。

と、大俳優の胸を借りたと語る森川さん。

一方、夫婦役の佐々木さんと友近さん。
佐々木さん:懐の深い奥さん。嬉しかったです。

友近さん:支えてあげたいし、愛してるが伝わってるかなと、演じてました。近くで演じるのを見られて嬉しかったですし、このまま私生活も続けば・・・と思いました(笑)。

と話します。

映画情報どっとこむ ralph 重鎮の皆さんとのエピソードをMCから聞かれると・・・
中井さん:今日僕たちが挨拶してるんですが、坂田利夫、芦屋小雁、近藤正臣の代わりに来ていると言っても過言ではない。現場のムードを作ってくれたのがあの人たち。それも自然に。アドリブ?とか間違える、忘れる。和ましてくれました。監督は大丈夫ですって、粘り強い監督です。

佐々木さん:そうですね。きっかけを覚えない。16日間で良く撮り終えたと思っていましたが、それ以上あったら体がもたなかったかもです。
中井さん:丁度良かった。

友近さん:コントに生かそうかなと思って見ていました。

森川さん:タイトだったのですが、現場の空気がゆっくりで穏やかでした。

と、だいぶ面白重鎮が現場を和ませていたご様子。


映画では騙し騙され。自分はどちらが良い?

中井さん:騙すのもいいなと。命が係わるなら騙される方。

佐々木さん:騙しまくりたいです。騙すのが職業なんで!最も美しい嘘が芸術だとドビッシュが言ってます。と脚本の今井さんが言ってます。パンフレットに書いてあるのでご購入を!
と、ブラック蔵之介がひょっこり。

友近さん:騙される方が樂かな。

森川さん:騙される方がいいです。嘘をつくのは大変そうなので。お芝居は騙していかなきゃと思いました。

ここで、今年一年の嘘の抱負をMCが強要!困り果てた皆さんが出した答えは・・・

中井さん:今年こそは出産します!

佐々木さん:今年成人式を迎えたい!

友近さん:東大合格したいと思います。

森川さん:イケメン俳優として芸能界を担っていきます!

と無茶振りに答えたところで・・・

映画情報どっとこむ ralph 鏡開き!


最後に・・・

中井さん:働き方改革。労働時間ではないです。現場でゆとりがあるか笑顔があるかが大事な事を諸先輩と監督に教わりました。

佐々木さん:子供のころ、お正月になると家族と映画を見に行きました。記憶に残ってます。お正月映画は心に残ります。ご家族ご友人を誘ってまた観にいらしてください。

とイベントを締めました

『嘘八百』

公式サイト:
gaga.ne.jp/uso800/

物語・・・
大阪・堺。空振りばかりの<目利き古物商>と落ちぶれた<腕利き陶芸家>が、タッグを組んで狙うのは、利休の茶器の贋物で仕返しついでに大金ゲット!ロマン溢れる骨董の世界を舞台に、大の大人が国をも巻き込み大騒動。果たして結果はいかに?

***********************************

監督:武正晴 (『百円の恋』)
脚本:足立紳 今井雅子
出演:中井貴一、佐々木蔵之介、
友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣
2017年/日本映画/1時間45分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
配給:ギャガ
(C)2018「嘘八百」製作委員会  





うざかわ男に胸キュン!? LiLiCo×倉田真由美×足立晃子『リングサイド・ストーリー』座談会


映画情報どっとこむ ralph 日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした大ヒット映画『百円の恋』から3年。同スタッフが再集結し、盟友・足立紳の実話をヒントに生み出されたオリジナルストーリーをひっさげた武正晴監督・最新作 映画「リングサイド・ストーリー」が今月14日無事初日を向かえた。本作品でW主演の一人・瑛太が演じた村上ヒデオは売れない役者。
佐藤江梨子演じたカナコへには甘えっぱなしだが、それがまた“ウザ可愛い”という役どころが話題となっていることから本日のイベントが開催された。登壇者には、映画評論家・コメンテーターとしてはお馴染みだが、 “女版・野獣”キャラ?!として定着したLiLiCo、本作品でコメントチラシへの漫画も提供した「だめんず・うお~か~」著者・倉田真由美、そして佐藤江梨子が演じたカナコのモデルにもなった、『百円の恋』脚本家・足立紳の妻・足立晃子が登壇した。

日時:10月17日(火)
場所:渋谷シネパレス
登壇者:Lico、倉田真由美、足立晃子
司会:八雲ふみね

映画情報どっとこむ ralph 観客の前に登壇するや否や、早速

LiLiCoさん:女子会ってダメなのよ!大の苦手!なんで私たち呼ばれたのよ(笑)正直、そんなに瑛太さん(村上ヒデオ)ダメだった?!仕事に対してはダメ男だったけど、(カナコの)お母さんに対しての誠実な態度は良かったよね?

と観客に問いただしつつ、逆質問!これに

倉田さん:それ!本当のダメ男は自分の女に持ってくる(提案する)仕事は大体風俗よ(笑)。

と延べ観客一同は笑いの渦に包まれた。

そんなカナコのモデルになった足立さん。『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得した足立紳さんの奥様。そうこれ足立さん夫婦の実話がベース。

足立さん:この作品とは少し違いますが、私は前職、映画配給会社に勤めていました。でもモデルになった夫は毎日『週刊プロレス』を読んで仕事もしないで…私は配給会社の仕事を楽しんでやっていましたが、夫は楽しいのがムカついた?!みたいで仕事を変えろと!最悪でした(笑)。

と語ると、一同「あり得ない!!」と女子会トーク?!

足立さん:その後に、本作のようにプロレス団体に夫が手紙を書いて務めるようになりましたが、結局夫は働かないで私が働いていました。その後お金も稼がない夫に私は、『出てけ!』『(足立の夫は)出ていかない!』というやりとりが続いて本当に暗黒の時代でした。でもそんな時代を素晴らしい映画にして頂けたんですよ。

と胸の内を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 話は変わり・・・

倉田さん:LiLiCoさんって男関係どうだったんですか?ダメ男とか(付き合ったことあるの)?

とすかさず質問。

LiLiCoさん:ダメ男なんてすぐ切っちゃう!過去にダメ男2人いたんだけど(笑)2人とも役者で!一回顔だけで付き合ってみようと思って付き合ったの。1人は、ラーメン食べに行くって言って3時間戻ってこなくて!何してたと思う?パチンコだって!

と観客の笑いを誘いながら当時のエピソードを語ってくれた。


倉田さん:そこでLiLiCoさんはその彼のパチンコ代金を出さなかったんだ!?お金じゃないんだね?

LiLiCoさん:違うのよ!ダメ男だとすぐ切っちゃうからね(笑)だって、その彼、未だに売れてないもん!(爆笑)もう1人の男は私からキスしようとしたら、『(LiLiCoさん僕のこと)体目当てだったらごめんなさい。』って言われたのよ?!男から言われるとかあり得ない!(大爆笑)

と、今日一番の爆笑が巻き起こりました。


映画情報どっとこむ ralph
LiLiCoさんも倉田さんも「作品の中の瑛太さん(村上ヒデオ)なんて可愛いもんだよー!」と語ると、

足立さん:“ウザ可愛い”が続くのは本当に最初だけですよ。それが続くと“ウザキモ”から最終的に“ウザイ”になるんですね(笑)

と語ると、女性の観客からは頷きの共感が見られた。

その後、LiLiCoさんも足立さんも倉田さんの夫婦像が憧れだという話しになると、

倉田さん:LiLiCoさんなんて、金・名声目当ての男いるでしょ?!

LiLiCoさん:女は抱かれたいよね!いつも“野獣”みたいに男にガッついてるから“食べられる女”に今年はなりたいのよ!

と、今年残り3ヶ月の意欲を見せた。

MCより、本作品の役者割引(※売れない役者応援キャンペーン、自身が出演した映画や舞台等の名前入り宣材物を提示すると一般料金1800円が1000円になる※新宿武蔵野館・渋谷シネパレス・キネマ旬報シアターにて実施)の旨が伝えられると、

LiLiCoさん:昔付き合ってた2人の役者呼びます?!(笑)

と話し、再度笑いを誘い座談会&舞台挨拶は終了しました。

映画情報どっとこむ ralph リングサイド・ストーリー

は10月14日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか絶賛上映中!

物語・・・
「俳優ってのはなっ!人に非ずって書くんだよ!」
「役者なら、一世一代の演技見せてよ!」

10年付き合い同棲中の江ノ島カナコ(佐藤江梨子)の彼は、ヒモ?同然の売れない役者“村上ヒデオ”(瑛太)。
出会った頃、舞台袖で見たヒデオは輝いていて、7年前大河ドラマに出た時は、カンヌ映画祭に連れていってくれると信じていた。
最近は、相変わらずオーディションに落ち続け、マネージャー百木(近藤芳正)が決めたエロVシネの大役さえ、撮影当日にドタキャンする始末。
ある日、カナコは勤め先の弁当工場を突然クビになり生活は大ピンチ!
プロレス好きだったヒデオは、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1(レッスルワン)」の広報が人員募集している事を知り、彼女の職探しをアシストする。しかし新天地でイキイキと働きだし、自分を構わないカナコを、浮気していると勘違いして嫉妬に狂ったヒデオは、とんでもない事件を起こしてしまう。
事件のケリをつけるため、K-1チャンピオン和希(武尊(たける))との一騎討ちを命じられたヒデオ。
果たして、愛するカナコのために、ヒデオはリングに上がるのか?
***********************************

佐藤江梨子   瑛太
有薗芳記 田中要次 伊藤俊輔 奈緒 村上和成 / 高橋和也 峯村リエ
武藤敬司 武尊 黒潮“イケメン”二郎 
菅原大吉 小宮孝泰 前野朋哉 / 角替和枝 近藤芳正 余 貴美子

主題歌 「消えぞこない」フラワーカンパニーズ
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

監督|武 正晴
脚本|横幕智裕  李 鳳宇  エグゼクティブ・プロデューサー|矢吹 満  李 鳳宇 
プロデューサー|成 宏基 音楽|李 東峻 撮影|西村博光 照明|
常谷良男 録音|岩間 翼 美術|天野竜哉 編集|細野優理子 助監督|山田一洋
企画制作|マンシーズエンターテインメント 制作プロダクション|アニモプロデュース 
製作|マンシーズエンターテインメント アービング START
グローバル・リンク・マネジメント KT 彩プロ
配給|彩プロ
特別協力|M-1スポーツメディア GENスポーツエンターテインメント WALK 
GENスポーツマネジメント

2017年/日本映画/日本語/カラー/104分
(C)2017 Ringside Partners


瑛太 半分夢かなう『リングサイド・ストーリー』釜山国際映画祭上映


映画情報どっとこむ ralph 武正晴監督オリジナル最新作『リングサイド・ストーリー』本日10月14日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国公開となりました。

第22回釜山国際映画祭が10月12日(木)から開催され、「A Window on Asian Cinema部門」にて招待をうけている本作は、W主演の佐藤江梨子×瑛太、そして武正晴監督がオープニングセレモニーのレッドカーペットに登場し、地元ファンや世界各国から取材におとずれているメディアへ華々しいアプローチを飾りました。

2日目は、CGV Centum City2にて10:00より上映がスタート。邦画としては今回の釜山国際映画祭では本作が1番目の上映作品となります。
第22回 釜山国際映画祭
10月13日(金)
会場:CGV Centum City2
登壇:佐藤江梨子、瑛太、武正晴監督

映画情報どっとこむ ralph エンドロールとともに拍手が沸き起こりました。終了後の11:45から佐藤さん・瑛太さん・監督が登壇すると、さらに熱気はまし歓声があがりました。

佐藤さんは韓国語で

佐藤さん:映画はいかがでしたか?

と挨拶をすると、「最高でした!」と観客から返しがあり、一気に心を掴みました。続けて

瑛太さん:僕は2コトくらいしか韓国語を覚えていないので・・・カムサハムニダ。ずっと釜山映画祭には来たいと思っていたので、韓国が大好きです!

と気持ちを伝えると、女性で埋め尽くされた客席は、笑顔の花が咲いていました。



続けて

瑛太さん:出演に興味を持つことは、第一に監督・脚本・共演者です。直感で、自分がこの役を演じて、その人物に対して愛みたいなものが生まれるか、そこを大切にしています。この作品は、武監督が「嫌われ松子の一生」という映画で助監督をしていて、すごい人だなと思っていましたし、「百円の恋」も観ていて好きでした。日本でもとても注目されていますし、二つ返事で受けました。正直どんな台本でもやりたいと思ったほどです。サトエリさんに対しても、クランクインする前のリハーサルがはじまったときから、サトエリさんの雰囲気や佇まいに母性を感じましたし、甘えていっていいなと思いました。掛け合いのシーンも多いので、会話のテンポやリズム感がサトエリさんと合うなと。ヒデオはカナコのことが好きだからこそ、破天荒なことをしてしまうのだろうけれど、そんな部分が僕は好きなキャラクターだなあと思っていました。

と熱く語り、

瑛太さん:僕にとっての特別な景色は、釜山国際映画祭のレッドカーペットを歩いた時にも思いました。夢が叶ったなあ、ヒデオの夢を半分叶えてあげることができたなあと。

と、一言一言噛みしめるように話していました。

佐藤さん:瑛太さんがイケメンなので、彼の顔を見ていたら、すぐ演技できました。釜山のレッドカーペットを歩いた時に、こういう景色なんだなあと思っていたら、隣で瑛太さんが、『カンヌにも行きませんか?』とスタッフに聞いていたので、この映画を観た皆様にこの映画をカンヌに連れていってもらいたいです!

と夢を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 武監督:初めて長編映画を撮ったのが、釜山の映画祭をネタにした映画でした。『また戻ってこれたなあ』と思いましたし、ここにいるお客さんが日本以外では世界で初めてこの映画を観ていただけたお客さんなので、今ここでみる景色が本当に特別ですね。何か物を作るときは、プロレスとかK-1とか格闘技だけに言えることではなく、一人ではできないことなので、そういうところを大事にしました。

と感無量の様子で本作への想いを話しました。



予定時間をこえても質問は止まらず、登壇の皆さんは丁寧に答えながら、最後はお客様達と共に写真撮影を行い、
大盛況で舞台を後に。韓国で大絶賛をうけた「リングサイド・ストーリー」、いよいよ本日14日(土)より日本にて全国公開です!

本作は、4年ぶり主演を務める佐藤江梨子と実力派俳優の瑛太をW主演に迎え、武藤敬司・武尊・黒潮“イケメン”二郎など、K-1×プロレス界のトップアスリートたちが豪華出演。また、近藤芳正・余 貴美子・田中要次・有薗芳記・高橋和也など日本映画界の名優たちが脇を固めているファイト・ラブコメディ。

主題歌は、結成から28年目を迎え、日本のロックバンドとして咲き誇り続けるフラワーカンパニーズが楽曲を提供。身も蓋もない現実を代弁するかのような「消えぞこない」をはじめ、エンディング・挿入歌ともに彼らの楽曲が劇中で使用されております。
公式サイト: ringside.jp  
ツイッター:‪@RingsidestoryJp‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

***********************************

佐藤江梨子   瑛太
有薗芳記 田中要次 伊藤俊輔 奈緒 村上和成 / 高橋和也 峯村リエ
武藤敬司 武尊 黒潮“イケメン”二郎 
菅原大吉 小宮孝泰 前野朋哉 / 角替和枝 近藤芳正 余 貴美子

主題歌 「消えぞこない」フラワーカンパニーズ(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

監督|武 正晴
脚本|横幕智裕  李 鳳宇  エグゼクティブ・プロデューサー|矢吹 満  李 鳳宇 
プロデューサー|成 宏基 音楽|李 東峻 撮影|西村博光 照明|常谷良男 録音|岩間 翼 美術|天野竜哉 編集|細野優理子 助監督|山田一洋
企画制作|マンシーズエンターテインメント 制作プロダクション|アニモプロデュース 
製作|マンシーズエンターテインメント アービング START グローバル・リンク・マネジメント KT 彩プロ
 配給|彩プロ ©2017 Ringside Partners
特別協力|M-1スポーツメディア GENスポーツエンターテインメント WALK GENスポーツマネジメント
2017年/日本映画/日本語/カラー/104分



亀田3兄弟『リングサイド・ストーリー』ガチトーク付き先行上映つき決定!


映画情報どっとこむ ralph 日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など数々の映画賞を総なめにした大ヒット映画『百円の恋』から3年。

武正晴監督 待望の最新作『リングサイド・ストーリー』が、10月14日(土)より新宿武蔵野館、渋谷シネパレスほか全国公開となります。

そしてこの度、映画『リングサイド・ストーリー』公開直前イベントとして、10月10日(火)19:00より、オープンしたばかりのイオンシネマ シアタス調布にて本作に出演している亀田大毅さんを筆頭に、本作の完成披露にてサプライズ登場して出演者に花束プレゼントをした亀田興毅さん、

そして、日本人選手として初めてWBO世界王者となったプロボクサー亀田和毅さんを迎えて、世界を制した格闘界のレジェンド亀田3兄弟による、格闘界と本作への想いをガチ語るトークイベントを実施します。


『リングサイド・ストーリー』
世界を制した格闘界のレジェンド亀田3兄弟ガチトーク付き先行上映


日時:10月10日(火) 19:00開演
会場:イオンシネマ シアタス調布
(東京都調布市小島町2-61-1トリエ京王調布C館)
登壇:亀田興毅、亀田大毅、亀田和毅 ※登壇者は予定となります。
チケット購入情報:
オンラインチケット予約にてより発売:オンラインチケット予約ページ eリザーブ

チケット料金:イオンシネマ「料金・割引情報」をご覧ください。

※イベントの予定は、急遽変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※いかなる事情が生じましても、ご購入後のチケットの変更や払い戻しはできません。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

「俳優ってのはなっ!人に非ずって書くんだよ!」
「役者なら、一世一代の演技見せてよ!」

10年付き合い同棲中の江ノ島カナコ(佐藤江梨子)の彼は、ヒモ?同然の売れない役者“村上ヒデオ”(瑛太)。
出会った頃、舞台袖で見たヒデオは輝いていて、7年前大河ドラマに出た時は、カンヌ映画祭に連れていってくれると信じていた。最近は、相変わらずオーディションに落ち続け、マネージャー百木(近藤芳正)が決めたエロVシネの大役さえ、撮影当日にドタキャンする始末。
ある日、カナコは勤め先の弁当工場を突然クビになり生活は大ピンチ!
プロレス好きだったヒデオは、武藤敬司率いるプロレス団体「WRESTLE-1(レッスルワン)」の広報が人員募集している事を知り、しかし新天地でイキイキと働きだし、自分を構わないカナコを、浮気していると勘違いして嫉妬に狂ったヒデオは、とんでもない事件を起こしてしまう。
事件のケリをつけるため、K-1チャンピオン和希(武尊(たける))との一騎討ちを命じられたヒデオ。
果たして、愛するカナコのために、ヒデオはリングに上がるのか?

***********************************

佐藤江梨子   瑛太
有薗芳記 田中要次 伊藤俊輔 奈緒 村上和成 / 高橋和也 峯村リエ
武藤敬司 武尊 黒潮“イケメン”二郎 
菅原大吉 小宮孝泰 前野朋哉 / 角替和枝 近藤芳正 余 貴美子

主題歌 「消えぞこない」フラワーカンパニーズ
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

監督:武 正晴
脚本:横幕智裕  李 鳳宇 
エグゼクティブ・プロデューサー:矢吹 満  李 鳳宇 
プロデューサー:成 宏基 音楽:李 東峻 撮影:西村博光 照明:常谷良男 録音:岩間 翼 美術:天野竜哉 編集:細野優理子 助監督:山田一洋
企画制作:マンシーズエンターテインメント 
制作プロダクション:アニモプロデュース 
製作|マンシーズエンターテインメント アービング START
グローバル・リンク・マネジメント KT 彩プロ
配給:彩プロ
特別協力:M-1スポーツメディア GENスポーツエンターテインメント WALK 
GENスポーツマネジメント

2017年/日本映画/日本語/カラー/104分
(C)2017 Ringside Partners