「武曲 MUKOKU」タグアーカイブ

綾野剛VS村上虹郎『武曲 MUKOKU』英国レインダンス映画祭長編部門決定!


映画情報どっとこむ ralph 熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』が、ロングラン公開中です。

『私の男』で第36回モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀男優賞をダブル受賞し、本作も6月に行われた同映画祭に正式出品されるなど、国際的評価の高い熊切和嘉監督ですが、この度、イギリス・ロンドンで開催される第25回レインダンス映画祭(9月20日~10月1日)インターナショナル長編コンペティション部門に出品されることが決定しました。
レインダンス映画祭は、92年に始まった、欧州最大級のインディペンデント映画祭。一昨年は『野火』(塚本晋也監督)と『ソレダケ/that’s it』(石井岳龍監督)が、昨年は『二重生活』(岸善行監督)が、それぞれインターナショナル長編コンペティション部門に出品されており、貴重な日本映画発信の場として映画ファンから注目されている。

また、第22回には、綾野が主演した『そこのみにて光り輝く』が同部門にて最優秀作品賞を受賞している、綾野自身にとってもゆかりの深い映画祭である。
新鋭発掘の場として定評があり、過去にはクエンティン・タランティーノ監督『パルプ・フィクション』(94)、クリストファー・ノーラン監督『メメント』(00)、園子温監督『愛のむきだし』(08)の英国プレミアが行われたこの映画祭で、目の肥えた映画ファンたちが本作をどう受け止めるのか、是非注目してほしい。

映画情報どっとこむ ralph 『武曲 MUKOKU』

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

公式HP:
mukoku.com
公式Twitter:
@MUKOKU_movie

***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明 監督:熊切和嘉 脚本:高田亮 音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ

©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
    


綾野剛『武曲 MUKOKU』緊迫のメイキング映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『私の男』の熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』は、全国大ヒット公開中です。

本作の、緊迫の乱闘シーンの稽古風景と本番の撮影の様子を捉えたメイキング映像が解禁!

この映像は、剣道五段の腕前を持ちながらどん底の生活を送る主人公・研吾(綾野)が、恐るべき剣の才能を持つ高校生・融(村上虹郎)と初めて剣を交えた直後のシーンの撮影風景。油断から融に完璧なまでに一本を取られてしまった研吾は怒りから融に掴みかかり、周りの剣道部員達を巻き込んで大乱闘が起こる。
研吾が感情に任せて大暴れして高校生達を次々と倒していくというアクションは、動きをひとつ誤れば大きなケガにつながる危険もあるため、“研吾が大暴れする場面”という形を事前に入念に組み立ててから撮影が行われている。この映像では、綾野が、組み合うことになる部員役の俳優ひとりひとりをリードしながら動きを丁寧に確認していく様子を捉えている。目の前で見守る熊切監督もその姿にうなずき、綾野を信頼して任せている様子がうかがえる。続いて収められた本番では、直前の映像で捉えられた通りの動きで完璧な“大乱闘”が生み出され、熊切監督もカットの後に思わず「いいね今の!」と満足気な感想をもらし、綾野は部員役の俳優に自ら歩み寄ってハグをし、労いの声をかけていく。綾野は、初日舞台挨拶で本作の撮影に臨む心構えとして、“チーム武曲”の一員という意識を持っていたことを明かしているが、まさにそれを感じられる映像となっている。

この乱闘シーンは、過去のあるきっかけから自身の闇に囚われ、感情のままに自暴自棄な日々を送る研吾の自堕落ぶりを捉えた場面だが、融との出会いをきっかけにどのように変化していくのか、ぜひ注目です!!

映画情報どっとこむ ralph
また、本作が6月22日から開催される第39回モスクワ国際映画祭にて特別招待作品として上映されることが決定! モスクワ国際映画祭といえば、2014年(第36回)に『私の男』が最優秀作品賞と最優秀男優賞をダブル受賞した、熊切監督にとってはゆかりの深い映画祭。そんなモスクワでインターナショナルプレミアを果たすことになった“現代の侍”の物語を、世界の観客がどう観るのか!!

武曲 MUKOKU

全国大ヒット公開中!

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。

URL:mukoku.com

公式Twitter:
@MUKOKU_movie

初日舞台挨拶の模様はこちら


***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明

監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
    


希望の光を見つけて!綾野剛VS村上虹郎『武曲 MUKOKU』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 戦うことでしか生きられない現代の侍たちを描く『武曲 MUKOKU』が、6月3日土曜日に初日を迎え綾野剛さん、村上虹郎&熊切和嘉監督を迎えての舞台挨拶が行われました。


日時:6月3日(土)
会場:新宿武蔵野館
登壇:綾野剛、村上虹郎、熊切和嘉監督

映画情報どっとこむ ralph 見終えたばかりの観客の温かい拍手に迎えられ、登場する、綾野さん、村上さん そして熊切監督。

綾野さん:やっぱり新宿武蔵野館いいな~

と、映画館らしいミニシアターな雰囲気に浸る綾野さん。続けて、

綾野さん:朝からこんな地獄のような映画を選んでいただいてありがとうございます。余韻が大切な映画なのに出てきてしまって申し訳ありません。ですがよろしくお願いします。熊切組には5年前に「夏の終わり」に出させていただいて。熊切組に入れるということで嬉しすぎて地に足がついていなかったんです。凄く心残りで・・・。今回主役として熊切組に立たせていただいて熊切さんに身も心もゆだねて鮮度の高い状態で入りました。

と、重く語る綾野さん。村上さんはポップな感じで
村上さん:皆さん!お疲れ様です。(重ため映画を観たお客さんたちを労い)(熊切組初参加に)サイコーでした。監督は、ほとんど現場に入ってから会話をした記憶がなくて。僕らよりもキラキラした目で僕らを観てくれていて。一番楽しそうに手ぬぐいまいて。いいっすね~と。

綾野さん:カットの代わりに「いいっすね~」はほっとするんです。

と、現場の雰囲気が伝わるトーク。

熊切監督:上映後の舞台挨拶、不安でしたが、皆さんお表情を観てほっとしました。感謝しかありません。今回、物語とセリフに頼らない部分が挑戦したかったのです。この二人を撮ってると、自分の運動神経が良くなった錯覚が出来て嬉しかったです。

映画情報どっとこむ ralph 原作者の藤沢先生が、逆に登場人物のイメージを見せてもらったとコメントしていることに対して
綾野さん:藤沢先生にそう言っていただけるのは恐縮。原作が良かったから辿り着けたと思います。救いのない自分の役に対して「かわいそう」と思ったのは初めてで。ここまで生きてるなと、体に役が侵食されてもいい覚悟で、フィジカルだけ鍛えて臨みました。

村上さん:原作を読んで、それに助けられました。原作からのインスピレーションで剣道の型を造ったりしましたね。

ジョン・ウーが絶賛している本作、台風シーンは過酷そのもの。

熊切監督:仕掛けもあって大変でしたが、二人が本当に大変だったと思います。僕は楽しみましたけど・・・。

と、二人の演技が本当に好きだったご様子の監督。

綾野さん:本当に大変でした。夏とはいえ、体は疲弊していくので。その疲弊していく過程もちゃんと映してくれる監督なので、だんだん楽しくなっていってしまって。でも、大きなけががなくて良かったです。

村上さん:アフレコしているときに、7分間ぐらい二人でアフレコ。もう一回あのシーンやってたんです。面白かったです。

映画情報どっとこむ ralph 戦うことでしか生きられない男の物語にちなんで、最近戦ったことは?

綾野さん:不毛ですが、自分と向き合うのをやめてしまうと役者として生きられないんです。肉体的にも精神的にも己と向き合って日々戦っています。自分を研ぎ澄まして、皆さんに解き放たなくてはと思っています。

と、ストイックな戦いを日々送る綾野さん。一方、村上さんは

村上さん:最近車の試験で、次のクランクインまでと思ってたのに、筆記だけ間に合わなかったんです。負けました。あっそれと応急救護で芝居するじゃないですか。芝居していくんですけど、役者だとばれてて本業だし、声出していきました!

と、かなり本気で戦ったそうです。

熊切監督:現場は天気と戦ってましたね。雨降ってほしくないシーンにも降ってしまって。。。気持ちを作る廃友人たちも大変だった思います。

と監督。しかしながら嵐の部分は雨降らしているそうです。。

最後に、

綾野さん:破滅か救いか。愛に渇望した男たちが、地獄の中で光を手繰り寄せる作品です。何か希望の光を見つけていただければと思います。何かを求める心が大切だと思います。よろしくお願いします。

映画情報どっとこむ ralph 『武曲 MUKOKU』

URL:
mukoku.com

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。

***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛  村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明   
監督:熊切和嘉   
脚本:高田亮   
音楽:池永正二   
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
    


熊切和嘉監督『武曲 MUKOKU』に小松菜奈、阪本監督、川上洋平 ら続々コメント!


映画情報どっとこむ ralph 破滅か、救いか―

『私の男』の熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』が、6月3日(土)より全国ロードショーとなります。
闘うことでしか生きられない二人の男を捉えた、激しくかつエモーショナルな本作をいち早く鑑賞した各界の著名人達から、絶賛コメントが続々到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 『武曲 MUKOKU』に寄せられた絶賛コメント (順不同)

Mummy-D[ライムスター](ラッパー)
この映画はとてつもなくリアルだ。
ラップも剣道も呑んだくれも全てやった俺が言うんだから間違いない。

小松菜奈(モデル/女優)
昔の映画みたいな画はとても独特で、2人の獣のような鋭さ・臨場感・静まる緊張感。
自分の息をのんでしまうほど画面に吸い込まれる。
そこに生きる葛藤や弱さ・ブレだったり、ぶつかったり、逃げたり・・・それも人間なんだと思った。
綾野剛さんや村上虹郎さんの表情1つ1つが魅力的でなんかずっとみていたいと感じました。

阪本順治(映画監督)
類をみない世界観を描くのが熊切映画の真骨頂。観逃せば、あなたの人生において“世界を一つ”損じるも同然。孤立無援の渾身作!

阿部嘉昭(評論家・北海道大学准教授)
綾野剛の酔態が凄い舞踏に思える。何という身体能力。それが村上虹郎にエモーションのすべてを架ける。この映画はすべてだ。

Hilcrhyme(アーティスト)
人間として、日本人としての大切な部分が剣道を通じて描かれていました。

長崎尚志(漫画原作者・小説家)
熊切監督がまた壮絶で残酷で耽美――
そして、とびきり面白い世界を創りあげた。これは時代を超えた剣豪時代劇だ!!

Alexandros 川上洋平(ミュージシャン)
斬っても、斬っても断ち切れない感情があり、決して切れない関係がある。それでも男達は斬る。いや~カッコいい。最後唸りました。

山下敦弘(映画監督)
真正面から対象に向き合う熊さんの演出と、それに応える俳優たち。
そして、熱量のあるスタッフの才能が混ざり合い、ドロドロになって滲み出るのは、ただただ弱い人間たちの姿だった。熊さんはいつも力強い筆で弱い人間たちを描き切る。『武曲』は熊さんにしか作れない美しい映画だと思った。

呉美保(映画監督)
この映画と心中してもいい、きっとそんな思いで臨んだのではないだろうか。刹那、業、魂の叫び、めくるめく綾野剛は、身悶えするほど美しい。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。

武曲 MUKOKU

URL:mukoku.com
公式Twitter:@MUKOKU_movie
公式Fafebook:@MUKOKU.movie

***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明

監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会