「武曲」タグアーカイブ

上海・深セン・昆明で熱烈歓迎「2017 中国・日本新作映画上映」上映会開催


映画情報どっとこむ ralph 国際交流基金、ユニジャパン(東京国際映画祭)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭)が共同で、12月1 日(金)~3日(日)の3日間 中国の上海・深セン・昆明で開催した「2017 中国・日本新作映画上映」(中国語:2017 中国・日本新片展)が、中国の映画ファンを連日魅了し、大反響の中で閉幕しました。日本から駆け付けたゲストの現地映画ファンとの交流が行われました。


オープニングセレモニー
2017年12月1日18:00~/上海/上海大光明電影院
写真左より(敬称略)片山ゆかり(在上海日本国総領事夫人)柄博子(国際交流基金 理事)金輝(上海電影発行放映行業協会 秘書長)于志慶(上海市広播電影節目制作行業協会 秘書長)片山和之(在上海日本国総領事)呉孝明(上海市文化広播影視管理局 芸術総監)熊澤尚人(監督)白石晃士(監督)吉田大八(監督)傅文霞(上海国際影視節中心 総経理)王曄(上海国際影視節中心 副総経理)都島信成(ユニジャパン 事務局長)

映画情報どっとこむ ralph オープニング作品『美しい星』
ゲスト:吉田大八監督、橋本愛
【2017年12月1日/上海/上海大光明電影院】
今回の上映会でオープニングを飾ったのは吉田大八監督の『美しい星』。12月1日上海でのオープニング上映は、「東洋一豪華な劇場」と称され由緒ある大劇場「上海大光明電影院」で行われ、吉田大八監督と女優の橋本愛さんが歓声の中1300人の観客の前に登場しました。熱心な映画ファンとのQ&Aでは作品に深く切り込む質問も起こり、『美しい星』に対するゲストとファンの熱い想いが会場を一層盛り上げました。

【吉田大八監督コメント】
上映後に登壇した際、劇場を埋めた1300人のお客さんの熱気を肌で感じることができました。質問のテンションも高く、みんな両手で挙手するからまさに主人公・大杉重一郎の執念そのものが海を越えたような気がして感無量でした(火星人のポーズ、本編参照)。この勢いとノリに応えられるような映画をもっともっと作っていきたいです。ありがとうございました!

【橋本愛さんコメント】
1300人もの観客の方々が、心から映画と自分たちを歓迎してくれていて感動しました。ただただ高揚したり、この作品の芯を捉え深く考察したりと、きっとそれぞれの味わい方でこの映画を楽しんでいただけたのではないかと思います。中国の皆さんの熱気に包まれ、大変なパワーを貰いました。感謝です。


クロージング作品『海辺のリア』
ゲスト:小林政広監督、宮川朋之プロデューサー
【2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
小林政広監督『海辺のリア』クロージング上映は最終日である12月3日(日)深センで行われました。会場には小林政広監督、宮川朋之プロデューサーが深センに駆け付け、クロージングセレモニーと作品上映後のQ&Aに出席しました。会場である「深センブロードウェイ電影センター」は今年11月にオープンした最新設備を備え、世界の優秀な作品を上映する映画ファンのためのシネコンで、熱心な日本映画ファンが会場に集合し、小林監督に質問を投げかけました。

【小林政広監督コメント】
深センは初めてでした。想像していた町とは全く違っていて、高層ビルが林立する都市でした。たった一泊の滞在でしたので、上映会場のシネコンとホテルの往復のみの移動でした。しかし上映はとても素晴らしいものでした。巨大スクリーンに圧倒されました。上映後のQA にもお客さんが熱心に参加してくれて、様々な質問が飛び交いました。『海辺のリア』の中国での上映は初めてでしたので、お客さんの反応の良さには驚きました。ありがとうございました!

映画情報どっとこむ ralph ワールドプレミア『不能犯』
ゲスト:白石晃士監督
【2017年12月3日/昆明/昆明ブロードウェイ影城】
今回の上映会で上映される作品は全てチャイナ・プレミアですが、中でもこの『不能犯』は、全世界初のお披露目となるワールドプレミアとなりました。上海でのワールドプレミアを迎えた白石晃士監督は、さらに上映会最終日に雲南省・昆明の劇場で舞台挨拶とQ&Aに登壇しました。

【白石晃士監督コメント】
『不能犯』が中国でワールドプレミアになるとはまったく予想していなかったので非常に嬉しかったです。同じ中国でも、都市やお客さんの年齢でリアクションが違うのが面白かったです。びっくりするほどリアクションが大きく心から作品を楽しんでくれているのを感じました。Q&Aでは作品について核心をついた質問をしてくれる人もいて、映画を見る目が養われているのを感じました。今回の訪中を通して、中国でも自分の映画が通じるんだなという感触が得られたのが一番の収穫でした。今後話があればぜひ中国で映画を製作してみたいと思います。


『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』
ゲスト:熊澤尚人監督
【『ユリゴコロ』2017年12月2日/上海/上海大光明電影院】
【『心が叫びたがってるんだ。』2017年12月3日/深セン/深センブロードウェイ電影センター】
今回2本の作品が上映された熊澤尚人監督は北京・福州での上映を終えた足で上海に駆けつけ、上海では『ユリゴコロ』、深センでは『心が叫びたがってるんだ。』のQ&Aに登壇しました。

【熊澤尚人監督のコメント】
青春映画とミステリー愛憎劇、真逆の2つの私の作品が上映されました。両作とも、上海でも深センでも観客が大変な熱意を持って集まり、驚きました。また日本で観客の反応が薄いシーンでも、泣いたり笑ったりと、その反応の違いにも驚かされました。上映後のQ&Aでは質問が止まらず、列を作ってサインや記念撮影を求められ、私の以前の監督作品も既に見ているという、その日本映画への熱量の強さを体感し、日中合作映画への意欲がますます増しました。

映画情報どっとこむ ralph 「2017 中国・日本新片展」

(日本語:「2017 中国・日本新作上映会」)
会期:2017年12月1日(金)~3日(日)
会場:(上海)上海大光明電影院、新天地UME国際影城 /(昆明)昆明百老滙影城(深セン)深圳百老滙電影中心、深圳百老滙影城cocopark店

作品:『美しい星』(吉田大八監督 ※オープニング作品)『海辺のリア』(小林政広監督 ※クロージング作品)『南瓜とマヨネーズ』(冨永昌敬監督)『心が叫びたがってるんだ。』『ユリゴコロ』(熊澤尚人監督)『光』(河瀨直美監督)、『覆面系ノイズ』(三木康一郎監督)『不能犯』(白石晃士監督)『武曲』(熊切和嘉監督)『彼らが本気で編むときは、』(萩上直子監督)
合計10作品、1都市での上映作品は各9作品

主催:上海国際影視節中心、独立行政法人国際交流基金、公益財団法人

ユニジャパン動員数:(上海/2会場)13,816名(深セン/2会場)2,612名(昆明/1会場) 758名 総合計:17,186名
左より、白石監督、熊澤監督、吉田監督 監督の雰囲気がグラデーション!が面白い写真

***********************************



綾野剛VS村上虹郎『武曲 MUKOKU』英国レインダンス映画祭長編部門決定!


映画情報どっとこむ ralph 熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』が、ロングラン公開中です。

『私の男』で第36回モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞と最優秀男優賞をダブル受賞し、本作も6月に行われた同映画祭に正式出品されるなど、国際的評価の高い熊切和嘉監督ですが、この度、イギリス・ロンドンで開催される第25回レインダンス映画祭(9月20日~10月1日)インターナショナル長編コンペティション部門に出品されることが決定しました。
レインダンス映画祭は、92年に始まった、欧州最大級のインディペンデント映画祭。一昨年は『野火』(塚本晋也監督)と『ソレダケ/that’s it』(石井岳龍監督)が、昨年は『二重生活』(岸善行監督)が、それぞれインターナショナル長編コンペティション部門に出品されており、貴重な日本映画発信の場として映画ファンから注目されている。

また、第22回には、綾野が主演した『そこのみにて光り輝く』が同部門にて最優秀作品賞を受賞している、綾野自身にとってもゆかりの深い映画祭である。
新鋭発掘の場として定評があり、過去にはクエンティン・タランティーノ監督『パルプ・フィクション』(94)、クリストファー・ノーラン監督『メメント』(00)、園子温監督『愛のむきだし』(08)の英国プレミアが行われたこの映画祭で、目の肥えた映画ファンたちが本作をどう受け止めるのか、是非注目してほしい。

映画情報どっとこむ ralph 『武曲 MUKOKU』

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

公式HP:
mukoku.com
公式Twitter:
@MUKOKU_movie

***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明 監督:熊切和嘉 脚本:高田亮 音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ

©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
    


綾野剛『武曲 MUKOKU』緊迫のメイキング映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『私の男』の熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』は、全国大ヒット公開中です。

本作の、緊迫の乱闘シーンの稽古風景と本番の撮影の様子を捉えたメイキング映像が解禁!

この映像は、剣道五段の腕前を持ちながらどん底の生活を送る主人公・研吾(綾野)が、恐るべき剣の才能を持つ高校生・融(村上虹郎)と初めて剣を交えた直後のシーンの撮影風景。油断から融に完璧なまでに一本を取られてしまった研吾は怒りから融に掴みかかり、周りの剣道部員達を巻き込んで大乱闘が起こる。
研吾が感情に任せて大暴れして高校生達を次々と倒していくというアクションは、動きをひとつ誤れば大きなケガにつながる危険もあるため、“研吾が大暴れする場面”という形を事前に入念に組み立ててから撮影が行われている。この映像では、綾野が、組み合うことになる部員役の俳優ひとりひとりをリードしながら動きを丁寧に確認していく様子を捉えている。目の前で見守る熊切監督もその姿にうなずき、綾野を信頼して任せている様子がうかがえる。続いて収められた本番では、直前の映像で捉えられた通りの動きで完璧な“大乱闘”が生み出され、熊切監督もカットの後に思わず「いいね今の!」と満足気な感想をもらし、綾野は部員役の俳優に自ら歩み寄ってハグをし、労いの声をかけていく。綾野は、初日舞台挨拶で本作の撮影に臨む心構えとして、“チーム武曲”の一員という意識を持っていたことを明かしているが、まさにそれを感じられる映像となっている。

この乱闘シーンは、過去のあるきっかけから自身の闇に囚われ、感情のままに自暴自棄な日々を送る研吾の自堕落ぶりを捉えた場面だが、融との出会いをきっかけにどのように変化していくのか、ぜひ注目です!!

映画情報どっとこむ ralph
また、本作が6月22日から開催される第39回モスクワ国際映画祭にて特別招待作品として上映されることが決定! モスクワ国際映画祭といえば、2014年(第36回)に『私の男』が最優秀作品賞と最優秀男優賞をダブル受賞した、熊切監督にとってはゆかりの深い映画祭。そんなモスクワでインターナショナルプレミアを果たすことになった“現代の侍”の物語を、世界の観客がどう観るのか!!

武曲 MUKOKU

全国大ヒット公開中!

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。

URL:mukoku.com

公式Twitter:
@MUKOKU_movie

初日舞台挨拶の模様はこちら


***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明

監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
    


希望の光を見つけて!綾野剛VS村上虹郎『武曲 MUKOKU』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 戦うことでしか生きられない現代の侍たちを描く『武曲 MUKOKU』が、6月3日土曜日に初日を迎え綾野剛さん、村上虹郎&熊切和嘉監督を迎えての舞台挨拶が行われました。


日時:6月3日(土)
会場:新宿武蔵野館
登壇:綾野剛、村上虹郎、熊切和嘉監督

映画情報どっとこむ ralph 見終えたばかりの観客の温かい拍手に迎えられ、登場する、綾野さん、村上さん そして熊切監督。

綾野さん:やっぱり新宿武蔵野館いいな~

と、映画館らしいミニシアターな雰囲気に浸る綾野さん。続けて、

綾野さん:朝からこんな地獄のような映画を選んでいただいてありがとうございます。余韻が大切な映画なのに出てきてしまって申し訳ありません。ですがよろしくお願いします。熊切組には5年前に「夏の終わり」に出させていただいて。熊切組に入れるということで嬉しすぎて地に足がついていなかったんです。凄く心残りで・・・。今回主役として熊切組に立たせていただいて熊切さんに身も心もゆだねて鮮度の高い状態で入りました。

と、重く語る綾野さん。村上さんはポップな感じで
村上さん:皆さん!お疲れ様です。(重ため映画を観たお客さんたちを労い)(熊切組初参加に)サイコーでした。監督は、ほとんど現場に入ってから会話をした記憶がなくて。僕らよりもキラキラした目で僕らを観てくれていて。一番楽しそうに手ぬぐいまいて。いいっすね~と。

綾野さん:カットの代わりに「いいっすね~」はほっとするんです。

と、現場の雰囲気が伝わるトーク。

熊切監督:上映後の舞台挨拶、不安でしたが、皆さんお表情を観てほっとしました。感謝しかありません。今回、物語とセリフに頼らない部分が挑戦したかったのです。この二人を撮ってると、自分の運動神経が良くなった錯覚が出来て嬉しかったです。

映画情報どっとこむ ralph 原作者の藤沢先生が、逆に登場人物のイメージを見せてもらったとコメントしていることに対して
綾野さん:藤沢先生にそう言っていただけるのは恐縮。原作が良かったから辿り着けたと思います。救いのない自分の役に対して「かわいそう」と思ったのは初めてで。ここまで生きてるなと、体に役が侵食されてもいい覚悟で、フィジカルだけ鍛えて臨みました。

村上さん:原作を読んで、それに助けられました。原作からのインスピレーションで剣道の型を造ったりしましたね。

ジョン・ウーが絶賛している本作、台風シーンは過酷そのもの。

熊切監督:仕掛けもあって大変でしたが、二人が本当に大変だったと思います。僕は楽しみましたけど・・・。

と、二人の演技が本当に好きだったご様子の監督。

綾野さん:本当に大変でした。夏とはいえ、体は疲弊していくので。その疲弊していく過程もちゃんと映してくれる監督なので、だんだん楽しくなっていってしまって。でも、大きなけががなくて良かったです。

村上さん:アフレコしているときに、7分間ぐらい二人でアフレコ。もう一回あのシーンやってたんです。面白かったです。

映画情報どっとこむ ralph 戦うことでしか生きられない男の物語にちなんで、最近戦ったことは?

綾野さん:不毛ですが、自分と向き合うのをやめてしまうと役者として生きられないんです。肉体的にも精神的にも己と向き合って日々戦っています。自分を研ぎ澄まして、皆さんに解き放たなくてはと思っています。

と、ストイックな戦いを日々送る綾野さん。一方、村上さんは

村上さん:最近車の試験で、次のクランクインまでと思ってたのに、筆記だけ間に合わなかったんです。負けました。あっそれと応急救護で芝居するじゃないですか。芝居していくんですけど、役者だとばれてて本業だし、声出していきました!

と、かなり本気で戦ったそうです。

熊切監督:現場は天気と戦ってましたね。雨降ってほしくないシーンにも降ってしまって。。。気持ちを作る廃友人たちも大変だった思います。

と監督。しかしながら嵐の部分は雨降らしているそうです。。

最後に、

綾野さん:破滅か救いか。愛に渇望した男たちが、地獄の中で光を手繰り寄せる作品です。何か希望の光を見つけていただければと思います。何かを求める心が大切だと思います。よろしくお願いします。

映画情報どっとこむ ralph 『武曲 MUKOKU』

URL:
mukoku.com

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。

***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛  村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明   
監督:熊切和嘉   
脚本:高田亮   
音楽:池永正二   
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
    


監督:熊切和嘉 × 原作者:藤沢周 綾野剛『武曲 MUKOKU』を語った!


映画情報どっとこむ ralph 『私の男』の熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』が、6月3日(土)に公開となります!

その公開を記念して、5月27日(土)、熊切監督と原作者の藤沢周先生が池袋コミュニティ・カレッジ「セブンシネマ倶楽部」で公開記念トークがおこなわれました。約30名の映画ファンを前に、撮影の裏話や役者との信頼関係、さらには、藤沢氏による作中に登場する禅語の解説など、内容の濃いトークが90分にわたり展開されました。

セブンシネマ倶楽部 映画『武曲 MUKOKU』公開記念トーク
日付:5月27日(土)、
場所:池袋コミュニティ・カレッジ
ゲスト:熊切和嘉監督、藤沢周

映画情報どっとこむ ralph 芥川賞作家の藤沢周先生にとって、意外にも『武曲 MUKOKU』が初の映像化。映画化オファーを受けた当時のことを

藤沢先生:熊切監督と綾野剛さんの名前を聞いて、間違いなく成功する、どのように料理されてもいい、と思いました。

と述懐。

さらに完成した映画を観て、

藤沢先生:すごい迫力だった。矢田部研吾はこんなに苦悩を抱えていたんだ、とか、羽田融はこんなに狂気を抱えて勝負に向かい、その勝負の先に透明な美しさを持っていたんだな、とか、原作者の僕が逆に教えられました。

と映像化されたことによる新たな発見を語る一方で

熊切監督:(映画化の話を受けた時)色とりどりの言葉を使って最終的に言葉のない世界を描こうとしている小説を映像でどう表現するか、悩みました。加えて、剣道をやっていない僕が、剣道にまつわる映画を撮っていいのか、ということも悩みました。けれど、(剣道経験がないからこそ)素直に“かっこいい”と思うことを撮れたと思っています。

と語りました。


映画情報どっとこむ ralph 綾野さんとは『夏の終り』以来となる熊切監督は、

熊切監督:悲しいヒールをやってもらいたいと思っていました。肉体的にも剣道においても様々な要求がある中で、綾野君はすべてを懸けてくれる俳優です。

と、本作の主演俳優に絶大な信頼を寄せる。そんな綾野さんに、

藤沢先生:表情のグラデーションが素晴らしく、ジョニー・デップを超えているのでは?と思ったほど。

と賛辞を送くりました。

また、綾野さん演じる研吾と対決する融を演じた村上さんについて、

藤沢先生:脚本も原作も読みこんで、羽田融という人物を咀嚼してくれているのがわかりました。

熊切監督:虹郎くんから生命力を感じた。その感じが役に合っているのではないかと思った。

と、監督がキャスティングの決め手を明かす一幕も。

映画情報どっとこむ ralph トークはその後、原作・映画双方の舞台である鎌倉という土地の魅力へと発展。観光地としても人気の歴史ある街だが、そんな鎌倉の魅力を、

藤沢さん:鎌倉は、禅の発祥地で、洗練された仏教文化や武士道が歴史的に沈殿している。“現代の侍”を書きたいと思った時に、そういうものを醸す土地である鎌倉以外の場所は(小説の舞台として)ありえなかった。

と小説創作の裏話を交えて語ると、熊切監督も同意しながら、

熊切監督:切通しの、冥界と繋がってるような感じが、作品の舞台としてふさわしいと思いました。

鎌倉在住の藤沢先生が、
藤沢先生:円覚寺でぼーっとしているときに“ここに住め”という天の声を聞いたから。その翌日には家を決めました。

と、鎌倉に住むことになったきっかけを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 破滅か、救いか―
闘うことでしか生きられない男たち 激しく燃えさかる魂の対決!
矢田部研吾(綾野)と村上虹郎演じる天衣無縫の高校生・羽田融との宿命の対決を軸に、研吾と父・将造(小林薫)、研吾と師・光邑(柄本明)、“父と子”“師匠と弟子”の闘いと絆を描く、激しくも熱い感動の物語。

武曲 MUKOKU

URL:
mukoku.com

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。
 
***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛  村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明   
監督:熊切和嘉   
脚本:高田亮   
音楽:池永正二   
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会