「歌舞伎町シネシティ広場」タグアーカイブ

『GODZILLA 怪獣惑星』瀬下寛之監督と花澤香菜トークイベント@ゴジラ・フェス2017で!


映画情報どっとこむ ralph ゴジラ史上初となるフェス<ゴジラ・フェス2017> ゴジラ生誕の日となる11月3日(祝・金)開催!
アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』より 瀬下寛之監督と花澤香菜が <ゴジラ・フェス2017>に参戦、ゴジラ像8体の前でトークイベント開催決定!!

映画情報どっとこむ ralph 第1作の「ゴジラ」(1954)が公開されてから63年。現在までに国内で計28作品が製作され、第29作目にあたる『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数は1億人を突破、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成しております。

また、本年11 月17日(金)には、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開も控え、ますます注目!!

ゴジラ生誕の日となる11月3日(祝・金)には、ゴジラ史上初となるフェス<ゴジラ・フェス2017>を開催。

【ゴジラ・フェス2017 概要】
正式名称:ゴジラ・フェス2017
開催日時:2017年11月3日(祝・金) 11:00~20:00
開催場所:歌舞伎町シネシティ広場 (新宿区歌舞伎町1丁目19番先)

参加方法:入場無料
※フェス内の飲食、グッズ販売、一部コーナーは有料です。
特設サイト:http://godzilla.store/gfes2017/
主催:ゴジラ・フェス2017実行委員会 共催:歌舞伎町タウン・マネージメント
協賛:株式会社丸井グループ ゴジラ・ストア 株式会社バンプレスト
後援:新宿区

映画情報どっとこむ ralph ゴジラ史上初となる、ゴジラ生誕を祝うイベント<ゴジラ・フェス2017>に 『GODZILLA 怪獣惑星』の瀬下寛之監督と、ヒロイン役の花澤香菜が参戦、 歴代8体のゴジラ像の前でトークイベントを開催します!

公開を目前に控えた二人が、作品について、そしてゴジラについての熱いト ーク、そしてゴジラ生誕を祝うセレモニーも!!

ゴジラファンやアニメ作品で初めて“ゴジラ”に出会うアニメファンにとっても見逃せ ないイベントとなります。

観覧は無料ですが、優先観覧エリアは事前応募が必要となります。応募は<ゴジラ・フェス2017>公式ホ ームページにて、10月16日(月)より開始予定です。

他にも<ゴジラ・フェス2017>では、『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督、尾上克郎特技監督の参加が発表された「イルミネーションゴジ ラ」点灯式や、その他にも様々なイベントを開催する予定です。

『GODZILLA 怪獣惑星』トークイベント
日時:2017年11月3日(祝・金) 13:30 START
場所:ゴジラ・フェス2017 会場内 イベントステージ
登壇:瀬下寛之監督、花澤香菜(ユウコ・タニ役)
★優先観覧エリア応募について 10月16日(月) より ゴジラ・フェス2017公式サイトにて応募
godzilla.store/gfes2017

映画情報どっとこむ ralph 2017年、『ゴジラ』は誰も予想しなかった新たな “進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA』である。 本作が描くのは、これまでのどんな『ゴジラ』とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に 君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。 監督には、劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を手掛け、シリーズ歴代最高の興行収入を 記録した静野孔文が参加。コンビを組むもう一人の監督が瀬下寛之。CG領域の第一線で培われたその手腕は 監督、総監督作である『シドニアの騎士 第九惑星戦役』、『BLAME!』で立証済みと言える。ストーリー原案・脚 本は『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られる虚淵玄(ニトロプラス)。突破 力抜群のアイデアと先を読ませない緻密な構成力は多くのファンの心を捉えている。そして制作は『シドニアの騎 士』を始め、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』等で米国テレビ業界のアカデミー賞として知られるエミー賞最優 秀賞(デイタイム・エミー賞 アニメーション番組特別部門最優秀賞)を通算5度受賞するなど数々の実績を持 つ国内最高峰の3DCGスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。 誰も見たことのない新しい“ゴジラ”の始まりを告げる咆哮が今、響き渡る――。

映画公式サイト:
godzilla-anime.com

映画公式twitter:
@GODZILLA_ANIME

物語・・・
二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。 巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を 計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座 タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼 べるものではなかった。 移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民 の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目 指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。 果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は。

***********************************

監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス) シリーズ構成/虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき キャラクターデザイン原案/コザキユースケ 副監督/森田宏幸 演出/吉平“Tady”直弘 プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli CGキャラクターデザイン/森山佑樹 造形監督/片塰満則 美術監督/渋谷幸弘 色彩設計/野地弘納 音響監督/本山 哲

宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜・杉田智和・梶裕貴・諏訪部順一・小野大輔・三宅健太・堀内賢雄・中井和哉・山路和弘

製作:東宝 制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:東宝映像事業部

©2017 TOHO CO., LTD.


トム・ホランド・雨の中で自分も濡れる!とファンに『スパイダーマン』Jプレミア


映画情報どっとこむ ralph スパイダーマンとアイアンマンとの競演で2017年最大の話題作となっているスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日(祝・金)に日本公開となります!

この度、本作でスパイダーマン/ピーター・パーカー役を演じたトム・ホランドとジョン・ワッツ監督が来日して新宿歌舞伎町にて夏祭りスタイルのジャパンプレミアが行われました。2人はこれが初来日。
途中、大雨が降ってきましたが、なるべく多くのファンにサービスしたいと雨の中頑張ってくれた優しいお二人でした。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』
<夏祭り>ジャパンプレミア概要
日時:8月7日(月)
会場:歌舞伎町シネシティ広場
登壇:トム・ホランド
   ジョン・ワッツ監督
   スパイダーマン(内臓本物)

映画情報どっとこむ ralph 歌舞伎町シネシティ広場に特設された会場は多くの観客が詰めかけ、アベンジャーズとスパイダーマンさん達も今か今かと待ちわび・・・
スパイダーマンがみこしに乗って登場すると会場は大盛り上がり!

映画情報どっとこむ ralph 太鼓もたたくスパイダーマン!
変身!
トム・ホランドさんが勢いよく噴射された白煙の中から登場すると会場のボルテージは最高潮に!

トム:ハジメマシテ、トム・ホランドデス!

と日本語で挨拶。降り出した雨の中歓声を上げるファンに

トム:みなさんのこと愛してます!この映画はスーパーヒーローの映画ですが、君たちはスーパーファンですね!僕たちも一緒に濡れます!
ジョン・ワッツ監督も登場!
雨にも負けずイベントを続行。

ハッピを貰って着替えてトーク
初来日の日本について聞かれると

トム:まだ2日しかいないけど、皆親切で優しくて歓迎されていると感じるし、日本が大好き!

ワッツ監督:食事も街も人も気に入りました。住んでもいいぐらい!

と、日本がお気に入りに。さらに
ワッツ監督:いまだに本作の監督に選ばれたことが信じられないよ。トム・ホランドは史上最高のスパイダーマンになりました。

と、絶賛。

そんなトムは、自身が演じたスパイダーマン/ピーター・パーカーについて、

トム:彼はただの子供なのに、ヒーローとして大きな責任を背負うところが新鮮。ピーターは、アイアンマンやマイティ・ソーと違って普通の子供。だからこそ親しみが感じられるし、僕は彼が好きなんです。

と、共感されやすい等身大の新生スパイダーマンの魅力を熱弁した。

また、トムがファンから親しみを込めて「トム・ホランド」の略称「トムホ」と呼ばれていることを告げられると、トムは珍しそうに自身で何度も「トムホ」とリピート。さらに会場中から渾身の「トムホ~~!!」コールがかかると、

トム:いいですね、すばらしい気分です!

と笑顔を見せました。

そして和太鼓に初挑戦!


大雨の中なるべくファンサービスをしようと頑張るお二人なのでした。


映画情報どっとこむ ralph 『スパイダーマン:ホームカミング』

2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー。



ピーター・パーカー、15歳。僕の物語が始まる――。
東京
ニューヨーク。スパイダーマンこと15歳のピーター・パーカーは、昼間は普通の高校生として自分の正体や気になる女子への淡い恋心を隠しつつスクールライフをエンジョイ中。しかし、放課後は憧れのトニー・スターク=アイアンマンにもらった特製スーツに身を包み、部活のノリでご近所パトロールの日々。そんなピーターの目標はアベンジャーズの仲間入りをし、一人前の<ヒーロー>として認められること。ある日、大富豪トニー・スタークに恨みを抱く敵・バルチャーが巨大な翼を装着しNYの街を危機に陥れる。ピーターはここぞとばかりに乗り出そうとするが、「アベンジャーズに任せておけ」とスタークに止められてしまう。自分の力を認めてもらおうと焦るピーターはたった一人、戦いに挑むが――。

***********************************

監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)

トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、
ロバート・ダウニーJr.(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)
マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、
マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アイアンマン』)
ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、
ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン

©Marvel Studios 2017. ©2017 CTMG. All Rights Reserved.