「歌舞伎町」タグアーカイブ

主演・野村周平、ヒロインに柳ゆり菜 鉄砲玉?なにそれ、ウケるね 映画『純平、考え直せ』


映画情報どっとこむ ralph 主演・野村周平、ヒロインに柳ゆり菜を迎え製作された映画『純平、考え直せ』が、2018年9月22日(土)より全国公開されることが決定しました。

原作は直木賞作家・奥田英朗の同名小説。『イン・ザ・プール』(2005)『サウスバウンド』(2007)『ガール』(2012)など数多くの実写化を果たしてきた奥田英朗先生の小説で2011年1月に光文社より刊行された『純平、考え直せ』。

映画業界が実写化を熱望して止まなかった1作です。


本作で主人公・坂本純平を演じるのは、人気・実力ともに注目を集める野村周平。

過去の出演作では、爽やかでどこかやんちゃなイメージを持つ野村周平が、リーゼントにまとめた風貌で歌舞伎町のチンピラを演じる本作で、少年から大人の俳優としての大きな飛躍を果たす演技を披露している。純平は、兄貴分や親分への仁義を重んじる純朴で不器用なキャラクター。人生を覆されるほどの命令を受けながらも、それを頑なに守ろうとする男だ。そしてその運命の日までの三日間、彼の中にあるものとは?!純平の心の葛藤に真摯に向き合いながら演じる野村周平の姿は、これまで誰も見たことのない姿を映し出します。

野村周平さんからのコメント
「純平」という役は僕自身 様々な挑戦があり、そういう意味でも皆さんに新しい自分を観ていただける作品になっていると思います。3日間という短い時間の物語ではありますが、僕が演じる純平の勇姿に是非、注目して観ていただきたいです。



そして、純平と三日間を共にするヒロイン山本加奈を演じるのは、柳ゆり菜。

劇中、髪を切られるシーンでは、実際に地毛を切ることを自ら申し出、全編にわたり女優魂を見せつけた。本格派女優として飛躍していく覚悟をうかがわせ、刹那に生きる加奈の心情を繊細に、かつ大胆に演じきっています。

柳ゆり菜さんからのコメント
私はこの作品に恋に落ちました。‬脚本を読み、純平、加奈というカップルに恋焦がれました。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬そして、この世界を不器用に泥臭く本気で生きました。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬ようやく皆様に届けられる事、心から嬉しく思います。‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬たった3日間の切ない本気の恋を目撃しに、ぜひ劇場へ足を運んで下さい!‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬‬

映画情報どっとこむ ralph 本作でメガホンをとったのは、『子猫の涙』(2008/武田真治、広末涼子主演)『女の子ものがたり』(2009/深津絵里主演)『上京ものがたり』(2013/北乃きい主演)等で知られる森岡利行監督。

ロケは、様々な人たちが蠢く街、新宿歌舞伎町で敢行され、古めかしい任侠の世界と、現代の闇を映し出すSNS、そしていつの時代も変わらない若者たちの葛藤が、ひとつの作品としてまとめ上げられ、本作に映像ならではの化学反応を引き起こしています。

映画『純平、考え直せ

9月22日(土)より新宿シネマカリテ、シネ・リーブル池袋ほか全国順次公開

公式サイト:
junpei-movie.com

物語・・・
新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか〝一人前の男〟になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい〝鉄砲玉〟になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した! 加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

***********************************

出演:野村周平 柳ゆり菜  他
原 作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)
監 督:森岡利行
脚 本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美 
プロデューサー:梅川治男
製作 キングレコード アークエンタテインメント
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給 アークエンタテインメント
Ⓒ2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ  
      


歌舞伎町に最恐ヒロイン・貞子降臨!遂に首都・東京から『ザ・リング/リバース』呪いを拡散!


映画情報どっとこむ ralph 初代『リング』公開から20年。最新作『ザ・リング/リバース』が2018年1月26日(金)より絶賛公開中です。
Bonnie Morgan as Samara in the film RINGS by Paramount Pictures

初代『リング』から20年が経ち、2018年に“はたち二十歳”を迎えた貞子。つい先日は調布市の成人式にサプライズ登場し、さらに大阪の地でシリーズ最新作の呪いをパンデミックさせ、話題をかっさらった貞子。

ウーウーきっと来る!きっと来る!
そして!公開初日を記念して最新作の呪いを全国に拡散させるべく、遂に首都・東京に来ちゃいました!
で、大暴れ!!

都心の劇場ロビーに出没し観客サービスを行ったほか、新宿歌舞伎町のゴジラロードを(寒空の下、白ワンピース一枚で)練り歩きました!!

日程:1月27日(土)
場所:
おかちまちパンダ広場で記念撮影
TOHOシネマズ 上野 劇場ロビーにて観客サービス 
監獄レストラン ザ・ロックアップ 
ゴジラロード練り歩き
TOHOシネマズ新宿 劇場ロビーにて観客サービス
稼働:貞子

映画情報どっとこむ ralph 貞子が最初に出没したのは、上野動物園のパンダの赤ちゃん誕生で沸く台東区内の御徒町駅前・パンダ広場。
広場にあるパンダの親子のモニュメントを前に記念撮影を行ない、さらにはセルフィーによる自撮りまで敢行! 突然の貞子出没に広場前にいた人々も驚いた様子で、最初は遠巻きに見ている人々も多かったが、貞子は一緒に写真に収まるなどファン(?)サービスを積極的に行なっていた。

そのまま、広場に隣接するビルに入っているTOHOシネマズ上野に映画のプロモーションに向かった貞子一行だったが、貞子が1階の入口から、他のお客さんと一緒にビルに入ると周囲は騒然! ビルに入っている店舗の店員さんも突然、現れた貞子に唖然とした様子だった。

映画館では映画のパネルの前で記念撮影をしたほか、テレビの枠の形のパネルを抱えて、自らがテレビの画面から飛び出しているかのような演出を行ない、映画館を訪れた人々と一緒に撮影。さらには自ら映画のチラシ配りも行うなど、プロモーションに熱が入る。
途中、子どもたちの一群と遭遇し、ノリノリで記念撮影をしていたが、子どものひとりが貞子の長い黒髪をまくり上げようとすると豹変!! 劇中そのままの迫力で子どもを追いかけ、映画館のロビーがあわや惨劇の舞台に…。

映画情報どっとこむ ralph その後、場所を移して貞子は歌舞伎町にある監獄風のレストラン「ロックアップTOKYO」を訪問。ここでは貞子の長い黒髪をイメージした黒いパスタなどが提供され、これには貞子もご機嫌で、フォークを手にノリノリだった。
さらにその後、多くの人々でにぎわう歌舞伎町のゴジラロード、TOHOシネマズ新宿にも出没したが、行く先々で貞子は大人気! 絶え間なく貞子の元には撮影や握手を求める人々が押し寄せ、誕生から20年の歳月を経て、日本最恐のホラーヒロインの人気と実力をまざまざと見せつけた。
映画情報どっとこむ ralph 『ザ・リング/リバース』
原題「Rings」
1月26日(金)全国ロードショー中

呪いのビデオを見てしまった男女が、迫り来る死の運命から逃れるべく、ビデオのルーツを辿るという、まさに原点回帰の構成でリメイクを手がけたのは、スペインの新星F・ハビエル・グティエレス。脚本にはアカデミー受賞のアキヴァ・ゴールズマンが加わり、あらたな戦慄のストーリーが誕生した。新たな手法で観る者を恐怖に陥れる『ザ・リング/リバース』最新作を見逃すな!!
Bonnie Morgan as Samara in RINGS by Paramount Pictures

「呪いのビデオを見た者は、必ず7日後に死ぬ…」
全世界を震撼させた“呪いのビデオ”の恐怖。<最恐の呪い>は、もう誰にも止められない!

物語・・・

「必ず7日後に死ぬ」と言われる呪いのビデオを見てしまったジュリア。迫り来る運命から逃れ、呪いの連鎖を断ち切るべく、恋人のホルトとともに、呪いのルーツを辿り、謎を解き明かそうとする。やがて辿り着いたのは一人の少女の存在。しかしそれは更なる恐怖の幕開けだった…。
***********************************

監督:F・ハビエル・グティエレス
脚本:デヴィッド・ルーカ、ヤコブ・アーロン・エステス、アキヴァ・ゴールズマン
製作:ウォルター・F・パークス、ローリー・マクドナルド
出演:マチルダ・ルッツ、アレックス・ロー、ジョニー・ガレッキ、ヴィンセント・ドノフリオ
原作:鈴木光司/映画『リング』 2017/102分/アメリカ
配給:KADOKAWA
提供:KADOKAWA、アスミック・エース
(C) 2017 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS