「橋本良亮」タグアーカイブ

堤真一、岡村隆史、石原さとみ ら登壇『決算!忠臣蔵』鯛の塩釜で公開祝い!初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 東大教授・山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書刊)を映画化した「決算!忠臣蔵」。
大石内蔵助が実際に残した決算書を基に、討ち入り計画の実像をお金の面から描いた本作。
大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)に堤真一、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助(やとう・ちょうすけ)に、時代劇初挑戦の岡村隆史がW主演。

この度、11月22日(金)に、遂に迎えた公開初日を祝して初日舞台挨拶を開催いたしました!

日本の冬の風物詩”忠臣蔵”らしく一気に本格的な寒さが到来した公開初日。
「今年中に決算したいこと」も大発表!
さらに、赤穂といえば塩!ということで、本編中でも重要なカギを握る名産品・赤穂の塩を使った特大サイズの鯛の塩釜開きで盛大に公開をお祝いしました!


『決算!忠臣蔵』公開初日舞台挨拶
日時:11月22日(金)
場所:丸の内ピカデリー1
登壇:
堤真一、岡村隆史、濱田岳、横山裕、石原さとみ、橋本良亮(A.B.C-Z)、寺脇康文、中村義洋監督

映画情報どっとこむ ralph 堤真一、岡村隆史、濱田岳、横山裕、石原さとみ、橋本良亮、寺脇康文、中村義洋監督が登壇。

堤が「今年の頭に寒い寒い京都で撮影をして、ようやくこの日を迎えられました」と感無量の面持ちで挨拶、岡村は「どうも、ムービースター岡村隆史です。1月の寒いなかで撮影をして、無事に撮り直すこともなく!公開を迎えられて、本当に、本当に嬉しく思います。撮影裏話もいろいろお話できると思うので楽しんでいって下さい!」とコメントしさっそく会場を大いに沸かせました。
上映終了直後ということで、登壇者それぞれが「一番印象に残っているシーン」について話が及び、堤が「理玖(演:竹内結子)が山科へ行くことになるシーンで、岡村くんの『カゴ使うたらええのに』ってボヤくセリフが好きです」と話すと、嬉しそうに「僕も好きです!監督に、こう言ってくれ、と指示いただいた通りです」と応える岡村。しかし監督から「いや、あそこ岡村さんセリフ変えてましたよね?台本だと『使ったらいいのに』となっていて、関西だったら『つこうたらええのに』ですよ、って」と指摘が入ると、他には誰も自分からセリフを変えたキャストがおらず「僕は変えてません」「さすがだなー岡村さん」「やっぱりムービースターですね」と総ツッコミを食らう事態に、岡村は「あ…はい、そうですね、思い出しました、そこだけです唯一の若干の口答えは…!」とタジタジ。


濱田が「裏話になっちゃうんですが、横山さん演じる不破がワーっと切りかかるシーンで、勘定方の役の小松(利昌)さんが、そろばん侍のくせに何故か刀抜いて切り込みに行ったんですよ。横山さんを抜いてまで!」と暴露すると、横山も「覚えてます!監督めっちゃ怒ってた!(笑)」と大笑い。その横山は「池に落ちたところ。めっちゃくちゃ寒くて、雪も降っていて、スタッフさんがあったかいお湯を用意してくださってるとのことで向かったら熱すぎて全然入れなくて…大変でした」と冬の京都での撮影の苦労を振り返ると、石原が「わたしは横山さんが最初に出てくるシーン、(刀を振り回しながら)シャッシャッて。かっこいいなと思いました」と明かし、橋本からも「僕も横山くんの殺陣のシーンです!13~4年ぶりに横山くんの殺陣を見られて、凄いカッコよかった」と続けられ、「これは、普通に嬉しいやつですね!ありがとうございます!」と照れ隠しする横山に対し、岡村がボソっと「あのカッコつけたやつね」とつぶやいて反撃するなど、現場のチームワークを感じさせるやりとりの連続に笑いに包まれる会場。


映画情報どっとこむ ralph さらに令和元年も残り約1か月ということで、作品タイトルにちなみ「今年中に決算したいこと」を発表することに。

トップバッターで話を振られた濱田が焦りつつ「そうですね、本当に僕ないかも…。十分すぎる1年でした!」とまとめると、横山も考えながら「僕も、決算しました!グループもそうです、心機一転いま頑張っております!」と力を込めてコメント。そして岡村はここでも「私は、契約問題ですね!エージェント契約なのか、専属なのか、それとも今まで通りか。どのくらい加藤浩次が得したのか損したのか。マネージャーとも話しましたが保留にしてます。副社長も今日この会場に手ぶらで来てますね」と次々に切り込み会場は爆笑の渦に。

寺脇が「岸谷五朗さんと昼からよく飲むんですけど、この1年に昼いくら飲んだのか計算したい。50万くらいいくかな…」、橋本が「甥っ子に新しく出たポケモンのゲームを買ってあげたい」、そして堤も「この作品の宣伝で、今までにないくらい沢山バラエティ番組に出させて頂いて、緊張もするんでマネージャーにちょっと飲み物を買ってきてもらうんですが、そのお金を全然払えてない。ちゃんと返したい」とリアルなお金のエピソードを続々披露したり、中村監督は「まさにこの作品です。毎回ディズニー作品と同じ公開日で、もう何とかしてほしい(笑)」と大作を連続して手掛ける監督ならではの悩みを吐露。
そして石原の「お酒をよくいただくので、家でその断捨離として友だちとみんなで飲んでパーティするんです。冷蔵庫の残り物もそこでおつまみにして。年末にやりたい」との希望に、登壇者全員が「行きたい!」と手を挙げるなど大盛り上がり!

最後には、赤穂の名産品といえば塩!ということで、本編中でも重要なカギを握る赤穂の塩をふんだんに使った特大サイズの鯛の塩釜開きを実施。登壇者全員が木づちを手に、「せーの!」と勢いよく叩いて見事に鯛の塩釜が割り開かれると会場からも大きな拍手!華々しく盛大な初日舞台挨拶となりました。


映画情報どっとこむ ralph 『決算!忠臣蔵』

公式サイト:
http://chushingura-movie.jp/

公式twitter:
@chushingura_mv 

■ストーリー
今から約300年前。江戸城・松の廊下。
赤穂藩藩主・浅野内匠頭(阿部サダヲ)は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介に斬りかかります。
通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、赤穂藩のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。
吉良へはお咎めなし。突然藩主を亡くしたことで、浅野家は断絶、藩士たちは路頭に迷います。
筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)は、嘆く暇もなく、浅野家復活を願い出て、ひたすら残務整理に励む日々。
しかし、御家再興にも当然、お金が必要。内蔵助は、幼馴染の勘定方・矢頭長助(岡村隆史)の力を借りて、亡き内匠頭の妻・瑤泉院(石原さとみ)の化粧料(嫁入りの時の持参金)をかき集めます。
その金額は、およそ 800両(9500万)!しかし、金の使い道がわからない内蔵助は、長助らの助言も聞かず、行き当たりばったりの大盤振る舞い。金はどんどん減っていきます。一方、浪人となった藩士たちは、宿敵・吉良への仇討ちを勝手に計画。加えて、江戸の庶民たちまでもが、赤穂浪士たちによる仇討ちを超熱望!やがて、大金をはたいた甲斐もなく、御家再興は幕府の決定であっさり却下。「なんでやねん!」ようやく討ち入りを決意したものの、もはや予算残高は、微々たるものに……。
討ち入るのか討ち入らないのか、迷っているうちにも予算はさらに減っていく。前線基地として購入した屋敷も火事で全焼。
浪士たちの日々の生活費や食費に家賃、江戸までの旅費、武器の購入等々、お金は出ていくばかりで、プロジェクトは超難航!
挙げ句の果てには、やる気満々の浪士たちのリストラも余儀なくされる始末。
一方、自分の金を勝手に使われている瑤泉院の怒りもエキサイトして……。
果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!?



***********************************

原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書刊)             
主演:堤真一、岡村隆史
出演:濱田岳、横山裕、妻夫木聡、石原さとみ、荒川良々、竹内結子、阿部サダヲ ほか
監督・脚本:中村義洋
撮影:相馬大輔

製作:「決算!忠臣蔵」製作委員会
配給:松竹株式会社

制作スケジュール:2019年1月初旬クランクイン、2月末クランクアップ、7月末完成
公開:2019年11月22日(金)

©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

A.B.C-Z 祝・劇場公開に感無量!! 『ぼくらのショウタイム』劇場公開記念舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph A.B.C-Zのメンバーである橋本良亮・塚田僚一が出演中のメ~テレ(名古屋テレビ)の情報番組「デルサタ」(土曜あさ6:30)は、これまでMC濱口優(よゐこ)とA.B.C-Zのコラボ企画を数々行ってきました。

その第4弾として、濱口をエグゼクティブプロデューサーに迎え、A.B.C-Zメンバー全員が出演するスペシャルドラマが企画され、メ~テレにて放送されました。 そしてこの度、4月12日(金)より1週間限定の劇場上映がスタート。劇場公開なのでODS枠でご紹介!

劇場上映を記念して、本日4月13日(土)に公開記念舞台挨拶が行なわれ、A.B.C-Zのメンバー橋本良亮さん、戸塚祥太さん、河合郁人さん、五関晃一さん、塚田僚一さんの5名が登壇しました!
日付:4月13日(土)
場所:イオンシネマ港北ニュータウン
登壇:よゐこ濱口
A.B.C-Z 橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一、
榊英雄監督

映画情報どっとこむ ralph A.B.C-Zのメンバー橋本さん、戸塚さん、河合さん、五関さん、塚田さんが登場すると、黄色い絶叫が上がりました。

MCから劇場公開を迎えた気持ちを聞かれると、

戸塚さん:今日は朝から『名探偵コナン』を我慢して観に来てくださってありがとうございます!笑。

と会場を笑わせ

五関さん:今日はただただ楽しんでいってくれたらと思います。

と語り、

塚田さん:呼ばれたら元気で挨拶してね!

とライブビューイング上映している会場に向けて全ての劇場名を挨拶し会場を盛り上げました。

映画情報どっとこむ ralph 本作が劇場での上映が決定したことについて、

戸塚さん:グループ全員でドラマをやらせていただくというだけでも贅沢なのに、映画館で上映することになるなんて、ここまで考えてくださった濱口さんに感謝です。

塚田さん:劇場版は凄いんですよ!今までやってきた過去の濱口さんとのコラボのVTRも見れますし、東海地区の人は知っている方はいるかと思うのですが、まだどんな番組なのか知らない人にも届けられるというのが本当に嬉しいですね。

とコメント。ドラマと映画で編集の仕方を変えていると語り、

榊英雄監督:ドラマは尺の問題もあり、劇場版とは違う形となっていますが、劇場版はドラマ版より盛りだくさんの内容となっています。

と語りました。ここで突然、会場に濱口が登場!

場内のボルテージはマックスに!熱気溢れるサプライズ登場にA.B.C-Zのメンバーは喜びを隠せない様子。

濱口さん:俺を差し置いて話を進めんといて笑!どうも、よゐこの濱口です。撮ったどー!

と劇場に挨拶をし会場を笑わせました。

MCより何故この企画を立てたのかを聞かれると

濱口さん:A.B.C-Zのライブに出させていただいたり、裏方の手伝いもさせていただいて、この後何しようと思った時に、思いつきでドラマ撮ろうと思ったんですよ。ご飯を食べている時の思いつきです!

と会場を驚かせました。さらに

濱口さん:思いつきで進めていって、映画館でも上映できるといいですねという話もしていました。

と続けました。


河合さん:本当に恵まれているなと思いました。思いつきでここまで進むことってないと思うんですけど、ドラマから映画にまでつないでいただいて、本当にありがたいと思ってます。

と感謝を伝えました。本作について

濱口さん:短い撮影期間だったので、5人が追い詰められていたなと感じました。

とコメント。

塚田さん:中途半端なものにはしたくないという想いがありました。妥協せずに作り上げました。

と並々ならぬ想いで撮ったことを吐露した。

橋本さん:この作品は第4弾なのですが、次は何しますか?コントでもしますか?」と聞くと濱口は「いいね!大体の落ちは五関君だけど(笑)

と答え会場を笑わせ

監督:みなさん素晴らしい演技でした。濱口さんの要望に僕らスタッフが一致団結してやった中で、みんな真剣に向き合ってくれました。

とメンバーの演技を絶賛しました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

橋本さん:これからも、もっと色々なことにチャレンジしていきたいと思います。

河合さん:仲間っていいなと思える作品。一致団結してなにかをやり遂げるパワーを持った作品となっています。みなさんどうぞ『マスカレード・ホテル』楽しんでください(笑)

と事務所の先輩の作品を挙げて会場を笑わせました。

五関さん:この作品に触れてたくさんのスタッフさんに支えられているんだなと、そして今日も見に来てくださった方々のおかげなんだと再確認した作品となっています。

と見どころを語った。

戸塚さん:色々な化学反応が起きている作品です。本当にみなさんに観ていただきたいという想いを込めて作り上げました。みなさん是非観に来てください!

濱口さん:メンバー5人の魅力が詰まった作品となっています。名古屋地区限定の情報番組から全国の皆さんに届けることができて本当に嬉しいです。

と締めくくりイベントは幕を閉じました。


「ぼくらのショウタイム」 

4/12(金)全国のイオンシネマ13劇場にて公開中!
〔北海道〕
イオンシネマ江別(北海道)
〔東北〕
イオンシネマ名取(宮城)
〔関東〕
イオンシネマ板橋(東京)
イオンシネマ シアタス調布(東京)
イオンシネマ港北ニュータウン(神奈川)※
イオンシネマ幕張新都心(千葉)
イオンシネマ浦和美園(埼玉)
〔北陸〕
イオンシネマ金沢フォーラス(石川)
〔中部〕 
イオンシネマ ワンダー(愛知)
〔関西〕
イオンシネマ茨木(大阪)
イオンシネマ京都桂川(京都)
〔中国〕
イオンシネマ岡山(岡山)
〔九州〕
イオンシネマ筑紫野(福岡)

***********************************

主演:A.B.C-Z 橋本良亮、戸塚祥太、河合郁人、五関晃一、塚田僚一
出演:濱口優(よゐこ)、鈴木ちなみ、山崎裕太、梅沢昌代、津田寛治 、金田明夫
監督:榊英雄 
脚本 :根本ノンジ
企画  :服部保彦・石川智通(メ~テレ)
プロデューサー:太田雅人・松岡達矢(メ~テレ)、八木亜未(ラフ・アット)
エグゼクティブプロデューサー:濱口優(よゐこ) 
主題歌:A.B.C-Z 「SHOWTIME!」(ポニーキャニオン) 
制作:メ~テレ、ラフ・アット
©メ〜テレ
配給:イオンエンターテイメント




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

第4弾キャストに橋本良亮(A.B.C-Z)「決算!忠臣蔵」コメントも到着


映画情報どっとこむ ralph 2019年冬公開 全編関西弁「決算!忠臣蔵」。

原作は東大教授・山本博文による『「忠臣蔵」の決算書』(新潮新書)。

大石内蔵助が実際に残した決算書を基に、討入り計画の実像をお金の面で記した話題作です。

大石内蔵助(おおいし・くらのすけ)に堤真一、内蔵助を支える貧乏なそろばん侍・矢頭長助(やとう・ちょうすけ)には、時代劇初挑戦の岡村隆史がダブル主演している本作。

主君・浅野内匠頭(あさの・たくみのかみ)の仇を討つため、その妻・瑤泉院(ようぜんいん)から預かった上限予算9500万以内でなんとか討入りするべく、爪に火を灯す勢いで、日々の生活費や江戸までの旅費、武具までにも「これなんぼ?」と問い詰める。赤穂藩は現在の兵庫県に位置しているので当然ですが、【予算】と【関西弁】を切り口にした忠臣蔵は史上初です。

映画情報どっとこむ ralph そして、 第3弾キャストでは関ジャニ∞ 横山裕さんが発表となりましたが、第4弾キャストとして、橋本良亮(A.B.C-Z)を解禁。

映画への出演は「劇場版 BAD BOYS J -最後に守るもの-」(2013年)以来2作目、時代劇は初挑戦となります。

橋本が演じるのは赤穂浪士・武林唯七(たけばやし・ただしち)。史実では仇敵・吉良上野介に一番太刀を付けた人物としてもその名を知られています。早くから討入りを主張する浪士きっての過激派で、不義・不正を憎む剛直な性格ながら、大事なところでどこかズレた、おっちょこちょいな部分も持つ、人間味の溢れる人物。討入りをめぐって右往左往する内蔵助に決断を迫る急進派の一人として、物語の重要な役割を担います。

撮影前に

橋本さん:A.B.C-Zのセンターとしていいところを見せたいです。

と意気込んでいた橋本さん。その言葉の通り、中村組のフレッシュな顔ぶれとして、豪華な共演陣を前に初日から堂々たる演技を披露しました。その後も撮影は順調に進みましたが、あるシーンでは納得がいかず20テイク以上重ねる場面も。

うまくいかない苛立ちが募り、大声をあげ自分自身を奮い立たせるストイックなその姿は、

橋本さん:素晴らしい共演者の方々といいものを作りたいです。

と語っていた橋本の真摯な姿勢を裏付けるものでした。


本格的な時代劇の緊張感を乗り越え、ひと回りもふた回りも俳優として大きくなった橋本さん。それでもクランクアップ時には

橋本さん:やっとわかってきたところです。あっという間の1ヶ月半でした。まだまだ出来ます!

と、謙虚に答えつつ、物足りなさを感じるほど撮影に没頭していた様子を伺わせ、

橋本さん:また時代劇をやりたいです。

と、今回の参加に十分な手応えを感じているようでした。

橋本は出演にあたり

橋本さん:今回このような貴重な機会を頂き大変光栄です。初めての時代劇挑戦でしたが、堤さんはじめ、キャストの皆さんスタッフの皆さんに助けていただきながら、とても濃密で幸せな時間を過ごすことができました!

とコメント。

謙虚さも忘れず、自身にとっても貴重な経験、と今回の参加を振り返りました。

映画情報どっとこむ ralph 豪華キャストで、お贈りする

『決算!忠臣蔵』

は2019年冬 全国公開。

ストーリー:
元禄14(1701)年3月14日。事件が起こったのは江戸城・松の廊下。
「濁った水を綺麗にする」ことを強く願う清廉潔白な赤穂藩藩主・浅野内匠頭は、かねてより賄賂まみれだった吉良上野介の態度に据え兼ね、斬りかかります。通常であれば喧嘩両成敗となるはずが、幕府が下した結論は、浅野家のお取り潰しと、内匠頭の即日切腹。突然藩主を亡くし、お家断絶となり、赤穂藩士たちは路頭に迷います。

要は江戸時代の優良企業倒産事件。現代に置き換えると、藩は会社、武士はサラリーマンということ。
筆頭家老・大石内蔵助(おおいしくらのすけ/堤真一)は、嘆く暇もなく、勘定方・矢頭長助(やとうちょうすけ/岡村隆史)の力を借り、ひたすらリストラに励む日々。
その努力や幕府への取次も虚しく、お家再興の夢は断たれてしまいます。それでも一向に討入る様子のない内蔵助。

ですが、江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる、吉良上野介への仇討を超熱望!
いつの時代も物事を動かすのは、なんとなくの時代の空気感。それは現代でも変わりありません。
ただそこで発覚した大変な事実。なんと、討入りするにも予算が必要。その上限は9500万!!!

討入るのか討入らないのか、迷っているうちに予算はどんどん減っていく。
でも世間の空気的に仇討しないと絶対にまずい!どうする大石内蔵助!?

予算の都合で、チャンスは一回。果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事に【決算】することができるのか!?こんな忠臣蔵見たことない!涙と笑いの予算達成エンタテインメント!

***********************************


原作:山本博文『「忠臣蔵」の決算書』 (新潮新書)
監督・脚本:中村義洋

主演:堤真一
出演:岡村隆史、濱田岳、妻夫木聡、荒川良々、竹内結子、石原さとみ、西村まさ彦、寺脇康文、上島竜兵、堀部圭亮、山口良一、鈴木福、千葉雄大、滝藤賢一、笹野高史

配給:松竹
©2019「決算!忠臣蔵」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ