「橋本一」タグアーカイブ

「HOKUSAI」柳楽優弥 & 田中泯 が演じる W北斎 初披露!超ティザービジュアル&特別映像 全世界同時解禁


映画情報どっとこむ ralph 2020年春に新たに刷新される新パスポートや2024年度から使用される千円札のデザインに採用されるなど、今なお愛され続ける世界的アーティスト 葛飾北斎。19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、ゴッホ、モネ、ドガなど数々のアーティストに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった、世界で最も有名な日本人です。米LIFE誌“この1000年で偉大な業績を残した100人”にも唯一の日本人として選ばれた北斎の知られざる生涯を初めて描く映画「HOKUSAI」が、<葛飾北斎生誕260周年>となる2020年初夏に全国ロードショーが決定、海外でも順次公開予定です。
柳楽優弥 & 田中泯 『HOKUSAI』葛飾北斎
このたび、柳楽優弥が演じる青年期の北斎が筆を構える姿を捉えた超ティザービジュアルが初お披露目!さらに、北斎の“ここがスゴイ!”を1分に凝縮&柳楽と田中泯が演じるW北斎の姿が初めて収録された特別映像を世界同時解禁!

今回、解禁された超ティザービジュアルでは葛飾北斎の代表作として知られ、海外では“THE GREAT WAVE”の呼称で愛される代表作「冨嶽三十六景」の一図、「神奈川沖浪裏」が描かれた襖と、その間から絵と重なる位置に覗く富士山を背景に筆を構える、質素な着流し姿で情熱に満ちた鋭いまなざしが印象的な、柳楽演じる青年期の北斎の姿を捉えています。さらには、売れない絵師として葛藤の中で筆をとり続けた日々を経て、晩年に大成した後も芸術家としての情熱を失うことなく孤独に自らの画才を磨き続けた、北斎の波乱万丈な画狂人生を象徴するかのように「その筆に宿る、狂気。」というコピーが添えられています。

映画情報どっとこむ ralph あわせて解禁された特別映像では、世界的アーティスト葛飾北斎のスゴさをポップなテイストでギュッと1分に凝縮!なんとこの映像は、英語、フランス語、中国語に翻訳され、世界同時に解禁致します。映像には、平均寿命が40歳と言われた時代に、70歳を超えてから人生のピークを迎え、享年90歳という長寿を全うしたことや、娯楽が庶民を堕落させるものとみなされた時代に生涯を通して3万点以上の作品を描いたと言われていること、世界中のアーティストや美術史への多大な影響など、葛飾北斎に関するエピソードが散りばめられています。
また、映像の最後には柳楽と田中が演じる2つの時代の北斎が作品に向き合う様子が初お披露目となり、なかでも老年期を演じる田中は北斎の自画像を参考に容姿を似せるために頭を剃るなど、徹底した役作りを見せています。
現存する「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の版画が、2017年のNYでのオークションにて1億円以上で落札されるほか、世界各地で「北斎展」が開催されるたびに観客が殺到するなど、世界中で今なお愛され続けている葛飾北斎の魅力を、本映像を持って世界中にアピールします!


<日本語版>


<英語版>


<フランス語版>


<中国語版>


映画情報どっとこむ ralph 本作は、圧倒的な人気を誇りながらも、その人生は多くの謎に包まれていた北斎の<画狂人生>をはじめて映画化した作品です。葛飾北斎生誕260周年を迎える2020年はオリンピックイヤーとして改めて世界の目が日本に注がれます。マンガやアニメなど日本オリジナルのコンテンツの原点である北斎の知られざる人生を伝えるべく、海外映画祭への参加や海外配給を視野に入れた全世界同時プロモーションを展開し、世界中でHOKUSAIムーブメントを巻き起こします!いよいよ始動した<HOKUSAI2020プロジェクト>。来るHOKUSAIイヤーに向けて続報にご期待ください!

『HOKUSAI』

公式サイト:
www.hokusai2020.com 
公式SNS:
@hokusai2020 ハッシュタグ「#HOKUSAI2020」

HOKUSAI 神奈川沖浪裏 <STORY>
渾身のクライマックス!北斎が、最後の「波」に託した思いとは—?
町人文化華やぐ、江戸の町。その片隅で、日の目を見ない、ひとりの貧乏絵師がいた。勝川春朗—のちの葛飾北斎である。傍若無人なふるまいが災いし、師匠からは破門。食うことすらも、ままならぬ日々を送っていた。そんな北斎に、ある日、人生を変える転機が訪れる。歌麿、写楽を世に出した希代の・蔦屋重三郎が、北斎の秘めた才能を見出したのだ。重三郎の後押しによって、「絵の本質」に気づいた北斎は、その才能を開花。誰にも真似できない革新的な絵を次々と打ち出し、一躍、人気絵師となる。その奇想天外な世界観は、瞬く間に江戸を席巻。さらに町人文化を押し上げたが、それが次第に幕府の反感を招くことに・・・。絵は、世を変えられるのか?
***********************************

出演:柳楽優弥 田中泯 / 阿部寛 瑛太 玉木宏 ほか
監督:橋本一  
企画・脚本:河原れん
配給:S・D・P  
©2020 HOKUSAI MOVIE






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

葛飾北斎 生誕260周年 柳楽優弥 & 田中泯 W主演で映画化 『HOKUSAI』


映画情報どっとこむ ralph このたび、19世紀にフランスにジャポニズムブームを巻き起こし、名だたるアーティストたちに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった、世界で最も有名な日本人・葛飾北斎の知られざる生涯を初めて描く映画「HOKUSAI」が、S・D・P配給にて2020年初夏に全国公開する事が決定!
葛飾北斎 神奈川沖浪裏
★常識にとらわれず、“自由”を求め走り続けた北斎の、誰も知らない物語が今、明かされるー

平均寿命が40歳と言われた時代に享年91歳という長寿人生を送り、彼の代表作となる「富嶽三十六景」を描いたのはなんと72歳の時、生涯を通して描き残した作品は3万点以上と言われています。
しかしながら、彼の<人生>に関しては残っている資料は少なく、故に様々な逸話が生まれ、今までしっかりと描かれたことがありませんでした。
本作は構想約3年、数少ない史実をもとに独自の視点と解釈によって生まれた新たな物語です。
青年期の北斎を目覚めさせた稀代の版元・蔦屋重三郎。
そして老年期の北斎のパートナーとなる人気戯作者・柳亭種彦。
この二人とのエピソードを軸に「人間・北斎」と、彼が描いた「三つの波の秘密」が生まれるに至った物語を描きます。
監督を務めるのは、『探偵はBARにいる』シリーズ、『相棒』シリーズの橋本一。

映画情報どっとこむ ralph 柳楽優弥 & 田中泯 阿部寛 瑛太 玉木宏『HOKUSAI』葛飾北斎
★世界で活躍する主役級の超豪華キャストが集結!

葛飾北斎に挑むのは柳楽優弥さんと田中泯さんのW主演。

その才能は認められながらも、売れない絵師として葛藤の中で筆をとり続けた青年期の北斎を柳楽さんが、芸術家としての情熱を失うことなく孤独に自らの画才を磨き続けた老年期の北斎を田中さんがそれぞれ演じます。

さらに、青年期の北斎を見出した名プロデューサー・蔦屋重三郎には阿部寛さん、老年期の北斎とパートナーを組む人気戯作者・柳亭種彦を瑛太さん、青年期の北斎がライバル意識を向ける美人画の大家・喜多川歌麿を玉木宏さんと、全員主役級の超豪華キャストが集結!
是枝裕和監督作『誰も知らない』で映画初出演にして、第57回カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を日本人初、史上最年少で受賞した柳楽さん、ルーブル美術館で海外デビューを果たすなど、俳優としてだけでなく舞踊家として世界を舞台に活躍する田中さんという、海外からも高い評価を受ける2人をはじめ、日本を代表する実力派俳優たちが紡ぎあげる知られざる北斎の物語を世界に届けます。

出演者の皆さんと監督からコメントも到着!

■柳楽優弥(葛飾北斎・青年期/壮年期)さんコメント
僕が演じさせていただいた若い頃の北斎は、あまり情報もなく、謎に包まれていたので、初めはどの様に演じるべきかとても迷いました。様々な資料を読んだり、監督と相談していく中で、逆に知られていないからこそ、僕たちで「北斎像」を作り上げていこうと現場に臨ませていただけたことは、とても楽しくやりがいを感じました。
絵を描くことが本当に好きで、数々の壁にぶち当たりながらも徹底的に追求する「好きこそものの上手なれ」ということわざを体現したような世界的スターである北斎さえも、売れない時期や苦しい時代があったということを知れて嬉しかったですし、夢を感じました。世界中にいる北斎の熱狂的なファンの方達にもぜひ観て頂きたいです。

■田中泯(葛飾北斎・老年期/晩年期)さんコメント
葛飾北斎はもともと大好きでしたが、役の年頃が、ちょうど今私自身が差し掛かっている年齢でもあり、とんでもないタイミングでこの様なお話が来たな、とご縁を感じました。大勢の人の前で北斎になることができる、というチャンスをいただけたことは本当に幸せなことだと思います。おそらく僕が日常的にやろうとしてもたどり着かない“ある高み”へ引っ張り上げてもらえる、架空からまるで現実の時間のように変わっていく、起こらないことを起こしていくということが、この映画の持つ力なのだと思います。僕は、彼のような才能をこれっぽっちも持っていない人間ですが、ある種の世の中に対する、耐えられないものをずっと持ち続けて生きていることにはすごく共感しました。映画に出てくる北斎のいくつもの重要な言葉がわかると、彼が、単に絵だけで評価されているわけではないということがわかると思います。

■阿部寛(蔦屋重三郎)さんコメント
僕は、若き日の葛飾北斎を見つけ、才能を見抜きそして育てた、蔦屋重三郎という役をやらせて頂きました。今でいうプロデューサーであり、北斎や歌麿、写楽など様々な才能を集めて、自身の手で育てていくという先見の明を持ち、絶えず新しいことを作り出していった人物です。おもしろい役でした。 果たしてこの人物をどうやって演じようかと、色々と調べましたが、最終的には、現場で実際に柳楽くんたちと対峙することによって作っていきました。北斎を演じた柳楽くんは、動物的というか反射神経というか、彼ならではのお芝居で、“思いのほか柔らかく、思いのほか強く”こういう感じで来るだろうという予測を大体外してきたので、一緒にやっていて楽しかったです。それぞれの絵師たちの生き様、そして僕の演じた蔦屋重三郎の生き様をぜひ見てほしいと思います。

■瑛太(柳亭種彦)さんコメント
時代背景問わず、今の日本でも芸術的な事に身を置く人間として何を覚悟して人前に立つのか、田中泯さん演じ、
葛飾北斎から教わりました。共演は出来ませんでしたが、柳楽優弥くんの葛飾北斎も心から楽しみにしています。

■玉木宏(喜多川歌麿)さんコメント
喜多川歌麿という人物を、絵師ということを大前提にしながらも、ちょっとしたエロティシズムというか、どこかちょっと危うい感じになればと思い、いかにキャラクターのインパクトや作品のメッセージを残すか考え、演じさせていただきました。絵師たちと蔦屋重三郎との関係は、僕らの仕事とも通ずるものがあるように思います。プロデューサー的な存在が蔦屋重三郎で、僕らはアーティスト。皆それぞれに新しい芽が出てくるとそこに対して嫉妬心が生まれたり、プライドや孤独を感じながら自分と向き合っていく。それは現代にも通ずる、この作品の面白さであると思います。登場する浮世絵やセットも色彩豊かで、心に残る、心に響く、日本ならではの作品になっていると思います。

■橋本一監督コメント
葛飾北斎、という人物を、どう描く。後世に残された作品を見て観て診て魅て、想像逞しく9割創造1割事実、なれど10割真実を目指し、撮影開始。彼岸の北斎先生、如何なる思いかは、知る由も術もなく。梅雨の京都、1ヶ月半の撮影中、一度たりとも夢枕に立たざりしは、呆れての無視ではなく、好きにおやりよ、と言う励ましと勝手に解釈、当代一級の出演者陣のチカラを借りての、精一杯の人間絵巻。出来上がるのは、青春活劇か、江戸群像劇か、性と暴力の寓話か、老と妄想の夢幻劇か。そのいずれもが正体にして正体にあらずの摩訶不思議な作品に仕上がれば、齢五十の未熟者の本望。ご期待あれ!

映画情報どっとこむ ralph ★来年は北斎生誕260周年!<HOKUSAI2020プロジェクト>始動!

パリ中心部のフランス国立グランパレ美術館で2014年に開催された過去最大規模の「北斎展」では約36万人の総入場者を記録、2017年にロンドンの大英博物館で行われた「北斎展」では、英デイリーメールやオブザーバー紙が5つ星評価をつけ、前売り券が完売、連日当日券を求めて長蛇の列が発生するなど、日本国外でも愛される葛飾北斎。
そして本作が公開するのは、北斎生誕260周年となる2020年。
オリンピックイヤーとして改めて世界の目が日本に注がれる中、マンガやアニメなど日本オリジナルのコンテンツの原点である北斎の知られざる人生を伝えるべく、海外映画祭への参加や海外配給を視野に入れた全世界同時プロモーションを展開し、世界中でHOKUSAIムーブメントを巻き起こします!

いよいよ始動した<HOKUSAI2020プロジェクト>。

来るHOKUSAIイヤーに向けて続報にご期待ください!

HOKUSAI

2020年初夏 全国ロードショー

公式サイト:www.hokusai2020.com
公式SNS:@hokusai2020
ハッシュタグ:#HOKUSAI

***********************************


出演:柳楽優弥 田中泯 / 阿部寛 瑛太 玉木宏 ほか
監督:橋本一

配給:S・D・P
©2020 HOKUSAI MOVIE




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

いよいよ今週末公開!永瀬匡が正統派な不良を演じる映画『ズタボロ』


いよいよ!今週末5月9日(土)から全国公開なのが
ズタボロポスター 映画『ズタボロ

「ズタズタ」に引き裂かれ、「ボロボロ」になるまで闘う、青春不良群像劇

人気作家、ゲッツ板谷の中学生時代を描いた自伝的小説「ワルボロ」の映画化から8年。

その後脳出血という苦難を乗り越え、渾身の力で書き上げた「メタボロ」「ズタボロ」(幻冬舎文庫)は自身の不良高校生時代を赤裸々に描いた傑作であり、その2冊の小説がこの度、『ズタボロ』として誕生!!!

主演の板谷コーイチには若手俳優最注目株の永瀬匡さん。

「仮面ライダーウィザード」や「好きっていいなよ。」では三枚目キャラを演じていた彼が、本作ではゴリゴリの正統派な不良を演じています。
ズタボロ1
共演には、コーイチの恋人で身の上に深い影を持つテキ屋の清美役に清水富美加さん。

喧嘩っ早く女好きな植木役に堀井新太、誰よりも強く頼れる男、鬼役に成田瑛基さん。

コーイチの中学時代からの憧れの男ヤッコ役に荒井敦史さん。

ズタボロ3
そして、コーイチらのケンカ相手となるピカイチ役に石田卓也さん。
物語のキーとなるヤクザな大人達には、猛身役に木村祐一さん。
竹脇役に佐藤二朗さん。満役に平田満さんらが名を連ねています。

さらに、誰よりもコーイチの事を思い親戚中ヤクザだらけといった特殊な環境の中で、息子だけは真っ当な道に進ませようと奮闘する勝気な母親を南果歩さんが熱演しています。

ズタボロ2
監督は映画『探偵はBARにいる』シリーズや『臨場 劇場版』、『王妃の館』など立て続けに話題作を撮り続けている橋本一。
脚本は『凶悪』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞し注目された高橋泉が担当しています。

怒り、悲しみ、恐怖、孤独、、全ての感情と己にケリを付けるべく、“コーイチ”という一人の男の戦いが始まる!!

映画『ズタボロ

5月9日(土)全国公開です。

公式サイト:http://www.zutaboro.com

********************************************************************

キャスト:
永瀬 匡

清水富美加 堀井新太 成田瑛基 荒井敦史
大江健次(こりゃめでてーな) Kaito 
小久保寿人 中西晶 吉村界人
石田卓也 菅田 俊 伊藤洋三郎 
木村祐一 佐藤二朗 平田 満 南 果歩
原作:ゲッツ板谷「メタボロ」「ズタボロ」(幻冬舎文庫)
脚本:高橋泉(「高」は、はしご高です)  
監督:橋本一

(c)2014東映ビデオ
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ