「樹木希林」タグアーカイブ

樹木希林との思い出に涙のスピーチ・是枝裕和監督 サン・セバスチャン国際映画祭<ドノスティア賞>受賞!!


映画情報どっとこむ ralph 様々な“家族のかたち”を描き続けてきた是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語る渾身作『万引き家族』が全国公開大ヒット中です!

この度、スペイン・バスク地方で開催中の第66回サン・セバスチャン国際映画祭(開催期間:9月21(金)~29日(土))にて、是枝裕和監督に、俳優または監督に送られるもっとも名誉ある賞で、生涯功労賞にあたる<ドノスティア賞>が贈られ、日本時間9月24日(月)に授賞式が行われました。

これはアジア人初の快挙となります!


映画情報どっとこむ ralph 日本時間9月24日(月)3時半(現地時間9月23日(日)20時半)に行われた授賞式に、是枝監督が登壇。

先ずトロフィーを受け取ると、場内はスタンディングオベーションと割れんばかりの拍手に包まれた。


◎是枝裕和監督
歴代の偉大な受賞者の映像を見ていたら、自分がもらうのは本当に早すぎたと、舞台袖で急に緊張してきて、ああどうしようと出ていくのに困っていました。その後に、僕の作品を色々編集していただいて(つなげてくださった映像をみていたら)、この20年、自分がやってきたことをこう振り返って、特に2年前に『海よりもまだ深く』という映画で樹木希林さんとこの映画祭を訪れることができて、とても楽しい時間を過ごして。この10年、役者と監督という関係を越えて、パートナーとして映画を作ってきた方なのですが、彼女がついこの間亡くなられてちょっとそのことが、どうしても、ついよみがえってくるので、(受賞は)嬉しいのですが、ちょっと悲しくなって泣いています、ごめんなさい。
最近は作るたびに、この映画祭に呼んでいただいて、すごくサポートしてくれるスタッフにも恵まれて毎年のように映画を作れてここを訪れることができて。本当に素晴らしい映画祭だからどんどん参加する方たちが増えてきて、今回も凄くたくさんのメンバーに支えられてここにきているのですが、僕が毎年映画を作れるのは、僕の映画が好きな以上に、毎年この映画祭に来たからなんじゃないかな、と思うくらい、毎年みんながこの映画祭に来たがっています。
この映画祭に参加してから20年たちまして、本当に映画祭と監督の関係というのは恵まれますと、本当に、映画祭と集まってくる観客の方たちに作り手たちは育てられていくんだなと、本当に身にしみて感じており、ここに並んでいるお2人に僕は本当にはげまされ育てられてきたなあと思っています。希林さんとはもう来ることができないですが、希林さんに教えられたことがたくさんあるので、また若いスタッフ・キャストと一緒にここにまた呼んでいただけるように。生涯功労賞は、僕はまだキャリア半分であと20年は作ろうと思っているのですが、生涯功労賞というのは生涯でたった一度だけなので2度目はないと思いますが、ちょっと早かったかもね、と言われるくらい、ここからの20年はいい映画を作って、皆さんの前に届けたいと思っております。有難うございました。

その後、主演のリリー・フランキーも登壇、涙ぐんでいる監督へハンカチを差し出す場面もあり、会場からは再び温かい拍手がわき起こった。

◎リリー・フランキー
是枝さんを愛してくださって有難うございます。
また素晴らしい賞をもらったことを誇りに思います。
有難うございます。

是枝監督が現地入りした9月22日(土)も、映画祭会場前にはファンが詰めかけ、是枝監督が到着するや「Kore-eda!!」のコールが起こり、サイン&写真攻めに。20年来の親交がある映画祭、そして常に観客を大事にする監督ならではの笑顔で、快くサインや写真撮影に応じており、改めて海外でも人気の高さをうかがわせた。

映画情報どっとこむ ralph また、授賞式の前の日本時間9月23日(日)22時(現地時間9月23日(日)15時)、記者会見にも出席。

会見の途中からは、主演のリリー・フランキーも登壇。4回目のタッグを組んだ是枝監督との関係を聞かれると「最初の作品からファン。今でも会うと照れくさくてもじもじしてしまう」と意外な一面も飛び出し、「自分が映画に呼ばれた理由は、“せこい男”をやらせたらリリーさんが一番うまいんだと言われた」とオファー理由を明かし、会場の笑いを誘っていた。 『万引き家族』は、現在全国絶賛公開中。 

授賞理由について:ホセ=ルイス・レボルディノス(フェスティバルディレクター)

ホセ=ルイス・レボルディノス:我々は是枝裕和監督を現代の映画界で非常に重要な映画人と考えております。
監督として高い技術力や熟練の域に達した作品だけでなく、私たちが授与にあたり付け加えなければならないのは、彼が持つ深いヒューマニズムです。監督は特に家族の視点や子どもたちの特別な世界を通じて現代における社会的な問題を歴史に刻む重要な記録者のひとりと考えております。彼は何年にもわたりサン・セバスチャン映画祭に参加してくれており、もはや映画祭だけでなく、サン・セバスチャンという街の本当の親友となりました。上映した作品の内二作(『そして父になる』、『海街diary』)は観客賞を受賞しましたが、是枝監督はサン・セバスチャンで本当に市民に愛されているのです。

all festibar photo:(C)Festival de San Sebastián. Photo Jorge Fuembuena.jp

映画情報どっとこむ ralph 万引き家族

公式サイト:
gaga.ne.jp/manbiki-kazoku


ストーリー:
高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。
冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく─

***********************************

原案・監督・脚本・編集:是枝裕和
音楽:細野晴臣(ビクターエンタテインメント)
出演:リリー・フランキー 安藤サクラ / 松岡茉優 池松壮亮 城桧吏 佐々木みゆ /緒形直人 森口瑤子 山田裕貴 片山萌美 ・ 柄本明/ 高良健吾 池脇千鶴 ・ 樹木希林
配給:ギャガ
(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.


女優 樹木希林さんが死去 自宅にて家族に看取られ。


今年の5月には第71回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットにも登場し、近年も多くの映画に出演されていた女優の樹木希林(きき・きりん)さんが15日に都内の自宅でご家族に看取られお亡くなりになりました。享年75歳。


5年前に全身のがんであることを明かしていた樹木さんですが、先月には左大腿骨を骨折しての手術で一時危篤状態だったと義理の息子の俳優本木雅弘さんが発表していました。

謹んでお悔やみを申し上げます。

8月には京都・建仁寺にて樹木さん出演の最新映画『日日是好日』完成披露にお着物姿で登壇して元気な姿を見せていた樹木さん

本作は10月13日(土)全国公開となりますので、是非ご覧になっていただき偲んでいただければ。

シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー!

公式HP: http://www.nichinichimovie.jp/


***********************************

主演:黒木華 
共演:樹木希林 多部未華子
監督・脚本:大森立嗣

原作:森下典子著『日日是好日 –「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』
配給: 東京テアトル/ヨアケ 
(C)2018「日日是好日」製作委員会
 


黒木華、樹木希林、着物姿で登壇!『日日是好日』京都・建仁寺にて完成披露・記者会見。舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph エッセイスト・森下典子が、約25年に渡って通い続けた茶道教室の日々を綴った大人気エッセイ『日日是好日「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)を日本映画界屈指の実力派キャスト・スタッフで映画化。

黒木華、樹木希林、多部未華子の初共演で贈る、一期一会の感動作、『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)が10月13日(土)全国公開となります。

そして、この度、禅の心と茶の徳を伝える栄西禅師が開山した京都最古の禅寺建仁寺にて完成披露イベント(献茶式、記者会見)を実施し、その後、舞台をMOVIX 京都に移動して舞台挨拶を行いました!

実施概要
日時:7月31日(火) 
場所:建仁寺 (献茶式(方丈にて)、記者会見(大書院にて)、フォトセッション(茶碑前にて)) 
登壇:黒木華、樹木希林、大森立嗣監督、森下典子(原作者) 

映画情報どっとこむ ralph 京都最古の禅寺である建仁寺を開山した栄西禅師は、日本に禅を伝え、中国から茶種を持ち帰って、日本で栽培することを奨励し、喫茶の法を普及した“茶祖”としても知られています。

今回、建仁寺にて、史上初、“お茶”の映画である『日日是好日』の出演者、黒木華(典子役)、樹木希林(武田先生役)と、大森立嗣監督、原作者の森下典子が、完成披露イベントとして、開山の栄西禅師に献茶、記者会見、フォトセッションに臨んだ。

4人が着物姿で勢揃い、中でも黒木の、大正時代の旧宮家から拝領された絽綴れに手刺繍の金魚の帯、それに合わせた大正時代の絽の振袖は、ひときわ目をひく格式高い豪華な装い。

まず、史上初の茶道のお稽古を描く映画『日日是好日』の完成を記念し、建仁寺内「方丈」にて献茶式を執り行った。建仁寺の和尚から、最初に森下典子先生が、お茶が入った茶碗を受け取り、栄西禅師を描いた掛け軸のもとにある焼香台の前で茶碗を回す。和尚に茶碗を戻し一礼。茶碗は4月20日の栄西禅師の誕生日に使用する天目茶碗を今回使用しているそう。

続いて黒木華さん、樹木希林さん、大森立嗣監督の順で同様に献茶、最後の大森監督の合掌と一緒に、映画関係者も合掌。

その後、和尚がお経を唱え、厳かな雰囲気の中、終了しました。

映画情報どっとこむ ralph 次に、「大書院」での記者会見。
映画が完成してここ京都で完成披露イベントをすることについて、

大森監督:着物を着てお経をきいて心が洗われた。映画の公開に身が引き締まる気がした。

黒木さん:建仁寺で会見をさせていただき嬉しいです。背筋が伸びます

そして

樹木さん:私以外の3人は独身です。また新たな出会いがあればいいなと並ばせていただきました。

と、早速笑いをとる。京都で大学時代を過ごした黒木さんは、

黒木さん:京都で舞台挨拶をする機会があまりないので嬉しいですし、なつかしい気持ちになりました!

と喜びのコメント。

原作者の森下先生は、映画化されることを聞いたときの気持ちを、

森下先生:60歳になったばかりで、盆と正月が一緒に来たというのはこういうことなんだと。神様から還暦祝いをいただいたのだと思いました。

と振り返りました。

本作で欠かせぬお茶の稽古については、

黒木さん:順番を覚えるのが大変でした。

先生役の樹木さんは

樹木さん:先生の役だから、やらなくちゃやらなくちゃと、ずっと負でした。一夜漬け、先延ばしでいたら、プロデューサーが一緒にやりましょうと。えらい出来の悪い先生になりました。千利休は辛抱強い人だったんだと。

と冗談交じりでコメント。それでも森下先生からは、お点前が実際の武田先生に似ていることがあったと言われ、

樹木さん:ただ年を取っているだけ・・・

と笑って返した。4人が揃って着物姿で登壇し、

黒木さん:鷺が飛んでいてそれがポイントです。刺繍もすごくきれいです。お見合い写真でも撮っておこうかな。

とつぶやくと、

樹木さん:この色合いは古くからのものならでは。素敵。お見合い写真を撮らなくては来ないようでは

とキツイ突っ込みも。

映画情報どっとこむ ralph お茶を通して幸せだなと感じたことについては、

大森監督:お茶室を出たときの爽快感。ビールがおいしい!

黒木さん:おいしいご飯をたべて、最後に飲むお茶が幸せ。

樹木さん:地球上に生まれてくることがあれば今度は、小さな茶室を建てて夫と静かに向き合う人生を送りたい、と思いました。

森下さん:五感が研ぎ澄まされます。季節を感じられることが幸せです。

黒木さん演じる典⼦は20歳でお茶をはじめ、就職に失敗したり、周りと⾃分を⽐べて悩みながら青春を送るが、いつもお茶が寄り添い、乗りこえてきた。20代女性へのメッセージとして、

「典子にとってのお茶がみなさんにあると思います。

と熱く思いを語る。

最後に・・・・

樹木さんの健康について質問が及ぶと

樹木さん:やっと(質問が)来たわね。(昨年末の撮影時から)10キロ痩せて、7センチ縮んで、人間てこんなに縮むんだと面白くみております。みなさん、お気をつけて。

とユーモアを交えて話した。終始なごやかな雰囲気で質疑応答が進められ、樹木さんのヒネリのきいた答えは、会場を沸かせた。最後に栄西禅師の功績を讃えて建⽴された庭の茶碑の前でフォトセッションに応じました!

映画情報どっとこむ ralph そして、舞台挨拶へ。
MOVIX 京都にて完成披露試写会舞台挨拶を実施。  

◆実施概要
日時:7月31日(火)
場所:MOVIX 京都 
登壇:黒木華、樹木希林、大森立嗣監督、森下典子(原作者)、中西凜々子(サプライズゲスト、中学1年生、ジュニア京都観光大使)

映画情報どっとこむ ralph 大森監督:みなさんと⼀緒に仕事ができたことを誇りに思っています!

と感慨深げに振り返り、

黒木さん:大学時代を過ごした京都で見ていただけて嬉しいです。

樹木さん:京都あっての映画。

森下先生:盆と正月がきたような喜び!

と述べました。大森監督は着物を着るのが初めてとのこと、

大森監督:5センチくらい浮いているような感じです。

と照れた。今回、黒木さんと樹木さんは初共演。黒木さんは樹木さんを

黒木さん:かっこいいんです。⼈としても⼥優さんとしても。こういう⼈になりたいという⼈は今までいなかったんですが、初めてそう思いました。

というと、樹木さんは黒木さんを

黒木さん:まだ28歳ですが、しなやかでとても強い。これから日本を背負って⽴つ役者だと思います。本(台本)を読んだとき、この作品は主役によるな、と思ったんです。

と黒木さんあっての作品であることをアピールました。

お茶の先生の役について
黒木さん:それはいやだなあと。習っている⼈ならごまかせるけど・・・まあ、うーん、なんとかなるかと思ったらやっぱりならないもんですよ。ちょっと汗が出ました!

と会場の笑いを誘った。典子を演じてお茶とかかわり、

黒木さん:四季折々の音とか、匂いとか、そういうものを感じるということをしていなかったことに気づきました。

と振り返る黒木さん。

樹木さん:時代劇でお茶を瞬間的に出すのはありますが、これだけ丁寧に、現代の若い⼥性がかかわっているのはめずらしいです。お茶のいろいろな流派の⽅が全部協⼒していただけているのというのはとてもありがたいこと。お礼を申し上げます。

と感謝した。

さらに特別ゲストとして、本編の茶室に飾られている【日日是好日】の字を書いた中西凜々子さんが実際の“書”の額とともに登場。

その経緯が樹木さんから語られた。書いたときは小学6年⽣。樹木さんは凜々子さんの書は”見るもの”と語り、推薦。

大森監督:伸びやかに感じたんです。狭いお茶室にこういう字があるっていうことは、この映画にとっては、大事な気がしました。この字でいきましょうということにしました

凜々子さんがファンだという黒木さんも

黒木さん:典子が初めて見る字ということで、すごくインパクトがあってお茶室がぐっと広がるような感じがしましたね。

と称賛した。凜々子さん自身は

凛々子さん:私にとって、映画で使われる書をかかせていただける貴重な体験。無駄にしないように書きました。いろんな“日”があるということを伝えたかったので、同じ“日”が3つ出てこないように工夫しました。

と語りました。また、凜々子さんは「日日是好日」の作文を書いたことがきっかけで、ジュニア京都観光大使に選ばれていて、映画についても

凛々子さん:ワクワクして書かせていただいて、この映画も楽しみにしています。

と笑顔でコメントした。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

大森監督:お茶室のなかの季節感もとりましたが、やはり、黒木さんさん、希林さん、多部さんがお芝居しているところを楽しんでください。

樹木さん:いろいろと苦情があるかもしれませんが、言ってこないでくださいね。(笑)

黒木さん:世の中にはすぐにわかるものと、わらかないものがある。森下さんの追体験をした気がします。みなさんにご覧いただいて、この映画を五感で感じていただけたら。

と舞台挨拶を締めました。


日日是好日
読み:にちにちこれこうじつ

10月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー!

公式HP: http://www.nichinichimovie.jp/

***********************************

主演:黒木華 
共演:樹木希林 多部未華子
監督・脚本:大森立嗣

原作:森下典子著『日日是好日 –「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』
配給: 東京テアトル/ヨアケ 
(C)2018「日日是好日」製作委員会


黒木華、樹木希林、多部未華子の初共演『日日是好日』本予告が完成!


映画情報どっとこむ ralph エッセイスト・森下典子先生が、約25年に渡って通い続けた茶道教室の日々を綴った大人気エッセイ『日日是好日「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)を黒木華さん、樹木希林さん、多部未華子さんの初共演で映画化。一期一会の感作、『日日是好日』(にちにちこれこうじつ)が10月13日(土)全国公開となります。

樹木希林さんは北米最大の日本映画祭第12回「ジャパンカッツ!」で国際的に活躍する日本人俳優に授与される「Cut Above Award for Outstanding Performance in Film」を最高齢受賞したばかり。日日是好日をリアルに過ごされています。


映画情報どっとこむ ralph 今回、本予告が完成。


「世の中には『すぐわかるもの』と『すぐわからないもの』の二種類がある。すぐにわからないものは、長い時間をかけて、少しずつわかってくる」。そんな言葉とともに映し出される、蹲(つくばい)、掛け軸、柄杓(ひしゃく)。静かなお茶室で繰り広げられる、驚くべき精神の大冒険を予感させる茶道具の数々。

典子(黒木華)がお茶を始めて24年が経つ。20歳のときに母親の勧めで、いとこの美智子(多部未華子)と、自宅近くにある武田先生(樹木希林)の茶道教室を訪ねた。「いらっしゃい」と笑顔で迎える武田先生。それがお茶との出逢いだ。帛紗(ふくさ)さばき、茶筅(ちゃせん)通し、畳の歩き⽅・・・「お茶ってなんだかすごく大変」と意味も理由もわからない所作に⼾惑うふたりに、「お茶はね、まず『形』なのよ。初めに『形』を作っておいて、後から『心』が入るものなのね。頭で考えないで自分の手を信じなさい」という武田先生。「習い事の先生」という枠を大きく超えた、あたかも人生の師匠のように、大きな包容力で典子たちを導いていく。

そんなある日、鎌倉の海岸で大学卒業を間近に控えたふたりは、お互いの卒業後を語り合う。本当にしたいことがなんなのかわからないまま悩む典子。就職の挫折、失恋や大切な人との別れ。そして気がつけば、いつもそばに「お茶」があった。次第に「お茶」の魅力に気付き、惹かれていく。

五感を使って、全身で、その瞬間を味わう。典子の何かが変わっていき、やがて「日日是好日」という言葉をかみしめる。青春のほろ苦さや⽢酸っぱさ、「お茶」との出会いを通して典子が成長していく姿も、共感せずにはいられない見どころだ。本作は、黒木華と樹木希林による師弟ドラマ、黒木華と多部未華子の青春ドラマ、ふたつの軸が紡ぎだす、内なる自由と生きる喜び、そして、かけがえのない“今”を描く物語だ。

「私、最近思うんですよ。こうして毎年、同じことができることが幸せなんだって」

と武田先生が語りかける。移ろいゆく日々のなかで「お茶」が教えてくれたこととは?

映画情報どっとこむ ralph 一期一会の感作が誕生した。

日日是好日

10月13日(土)シネスイッチ銀座、新宿ピカデリー、イオンシネマほか全国ロードショー
公式HP:
http://www.nichinichimovie.jp/

Twitter:
https://twitter.com/nichinichimovie

物語・・・
とにかく私はお茶を習うことになった。ニ十歳の春だった。たちまち過ぎていく大学生活、二十歳の典子(黒木華)は自分が「本当にやりたいこと」を見つけられずにいた。ある日、タダモノではないと噂の“武田のおばさん”(樹木希林)の正体が「お茶」の先生だったと聞かされる。そこで「お茶」を習ってはどうかと勧める母に気のない返事をしていた典子だが、その話を聞いてすっかり乗り気になったいとこの美智子(多部未華子)に誘われるまま、なんとなく茶道教室へ通い始めることに。そこで二人を待ち受けていたのは、今まで見たことも聞いたこともない、おかしな「決まりごと」だらけの世界だった

***********************************


脚本・監督:大森立嗣(『まほろ駅前』シリーズ、『さよなら渓谷』、『セトウツミ』、『光』)
原作:森下典子『日日是好日「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)
製作幹事:ハピネットヨアケ
配給:東京テアトル、ヨアケ
©2018「日日是好日」製作委員会


樹木希林 北米最大の日本映画祭「ジャパンカッツ!」で最高齢受賞 喜びのコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する名優・山﨑努と樹木希林が初めて共演した映画『モリのいる場所』。

興行収入が2億6千万円を超え(7月26日時点)、全国で大ヒットロングラン上映しております。

そしてこの度、7月26日(木)(現地時間)に北米最大の日本映画祭 第12回「JAPAN CUTS~ジャパン・カッツ!」で、国際的に活躍する日本人俳優に授与される「Cut Above Award for Outstanding Performance in Film」を受賞した樹木希林さんが授賞式に参加し、満席の会場の観客全員からスタンディングオベーションで迎えられ、舞台挨拶とともに、上映後観客との質疑応答が行われました。
日時;7月26日(木)*ニューヨーク現地時間
場所:ジャパン・ソサエティー(JAPAN SOCIETY)
登壇:樹木希林

映画情報どっとこむ ralph 受賞式での樹木希林さんコメント

樹木さん:(私の年齢にあたる)75歳というのは日本では後期高齢者です。本当は次の世の支度をしなければいけないはずなのに(会場爆笑)、このような賞をいただき、またこんな重いトロフィーをいただきどうすればいいのか分かりません。人間というのは面白いもので、褒められるのはいつでも嬉しいですね。
映画情報どっとこむ ralph 上映後の質疑応答

MC:山﨑さんとは同じ文学座にいらっしゃったそうですが、過去に共演されたことはありますか?

樹木さん:私は山﨑さんとまさか一緒の芝居をすることになるとは、夢にも思いませんでしたね。
それくらい傾向が違うんです。あちらは正当な俳優、こちらはちょっと・・・(観客笑う)
こういう俳優だから、接点がありませんでしたから、これはまあ長く役者やっててよかったなーということでした。

MC:「モリ~」には悪役というキャラクターがいなく、唯一悪いマンションオーナーのシーンでさえ、現場監督が息子の絵をモリに見てもらうことによりコミカルになってますね。この時モリの「下手でいい。下手も絵のうち」に関しては同意見ですか?

樹木さん:守一さんの人間として目指すもの、生きる欲というものは、今の日本人にはなくなりつつあるんですよね。そこへ集まってくる人たちだから、そんなに悪くならない。みんな人間は悪い面もいい面も持ってますけど、悪い部分を出さないで住んでいるんですね。だからモリのいる場所にはそういう風にみんなチャーミングなところが出てくるんじゃないかなと思いました。」

観客Q:これまで数多くの監督の作品に出演されてますよね。その中にはもちろんベテラン監督が多いかと思いますが、キャリアを積むにつれて、若手監督とお仕事をされることはどうですか?困難なことはありましたか?

樹木さん:それはねー、やっぱり結婚相手によって違ってくるということがあるから、その都度違うと思います、相手がかわれば。だけど根本的には、人間を描こうという、人間は世界共通だな、と思っているので、人間を描こうというのがあるときに、新しい出会いがあったな、と思いますね。でもわりかし、最近は人間に興味を持つという作りてが少ない気がする。技術とか、映像とか、映画がそっちに行ってると、あまり好きになれない。だからでも次の世代の人に、期待をしてます。日本映画どうかなー。

観客Q:お芝居とは思えないほど自然体で演技されてますが、演じる際には、どのように気持ちを持っていくのか、何か工夫されていることはありますか?

樹木さん:それは教わったり、教えたりしてできるものではないんです。なんといっても才能とセンス。だけどこんなこと言っても仕事がなくならないんです。こまっちゃうわね(笑)。


映画情報どっとこむ ralph 「ジャパン・カッツ」とは
ニューヨークにあるジャパン・ソサエティー主催の日本映画を紹介する映画祭。
2007年から毎年7月頃に開催されており、映画上映、出演する日本の映画監督や俳優をゲストとして招いた座談会や舞台挨拶などを行う。今回、樹木さんが受賞されるのは、日本映画界に貢献をしている監督や俳優へ贈られる「CUT ABOVE(カット・アバブ)」賞。

今回樹木希林さんへの「Cut Above Award for Outstanding Performance in Film」授賞理由は、以下です。

「日本映画界を牽引する存在として長年活躍され、人間のさまざまな側面をその複雑な役柄の中で表現しつつ、画面の外でも彼女独自の人生のストーリーを形つくって来られた様に思います。
今年のジャパン・カッツ!においてCUT ABOVE賞を彼女に贈らせていただくのは、まさにこれらの功績に加え、それが同時に日本映画界に活力を与えるものであり、人間であるということに対する深い洞察を与えるものであるからです。」

『モリのいる場所』に選出及び樹木さんの演技について映画祭のコメント

『モリのいる場所』の中の樹木希林さんは彼女特有の茶目っ気と人々を魅了させる演技を見せ、観客側に人間の本質の深みを感じさせてくれながらも、完璧なコメディーのタイミングをも見せてくれます。沖田修一監督の一見軽やかなスタイルは世界中の観客を神秘的な庭の中で存在する愛おしい主人公たちへと惹きつける力があり、その主人公たちを演じる一流の役者さんたちが一層輝いています。2012年にはセンターピース・タイトルとして『キツツキと雨』と2016年にはオープニング作品として『モヒカン故郷に帰る』をジャパン・カッツ!で上映させていただいていることから、今回のセンターピース上映の『モリのいる場所』も含むと沖田監督は映画祭で歴代最多数のテントポール(ハイライト)上映の記録保持者にもなります。

映画情報どっとこむ ralph
モリのいる場所

名優 山﨑努と樹木希林 円熟の老夫婦を味わい深く 人生が愛おしくなる珠玉の物語

昭和49年の東京。30年間自宅のちっちゃな庭を探検し、生きものたちを飽きもせずに観察し、時に絵に描く画家モリ(94歳)と、その妻秀子(76歳)。彼らの毎日は人がひっきりなしにやってきて大忙し。そんな二人の生活にマンション建設の危機が忍び寄る。陽がささなくなれば生き物たちは行き場を失う。慈しんできた大切な庭を守るため、モリと秀子が選択したこととは—。50年以上をともに過ごしてきた老夫婦の絆、心豊かに充足した人生のある夏の1日。

伝説の画家・谷守一のエピソードをもとにした懐かしく、切なくて、幸せなオリジナルストーリー。時流に無頓着、庭を愛し、描き続けた画家・熊谷守一(通称モリ)に山﨑努、変わり者の夫との暮らしを楽しむ妻・秀子を樹木希林が演じる。

***********************************

出演:山﨑努、樹木希林、加瀬亮、吉村界人、光石研、青木崇高、吹越満、池谷のぶえ、きたろう、林与一、三上博史  

監督 /脚本:沖田修一
配給:日活
kiki-eigasaiの写真→ (c)Mike Nogami/Japan Society
映画写真→(c)2017「モリのいる場所」製作委員会