「横浜流星」タグアーカイブ

上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星 ドキドキ『L♡DK 』完成披露イベント


映画情報どっとこむ ralph コミックス累計発行部数は1088万部を突破「L♡DK」。
2014 年に実写映画化され、劇中に登場する「壁ドン」がその年のユーキャン新語・流行語大賞トップ10に選ばれるほど社会的な現象を巻き起こしました。

そんな「L♡DK」がフレッシュな新キャストたちによって再映画化。
今回は上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星がドキドキの三角関係を演じる『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』は、2019年3月21日(木・祝)全国公開となります。

そして、2月12日(火)に本作の完成披露イベントを実施!上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星が登壇しました!


日時:2月12日(火)
会場:新宿バルト9
登壇:上白石萌音、杉野遥亮、横浜流星、川村泰祐監督

映画情報どっとこむ ralph 今回の完成披露イベントは抽選倍率が約50倍の難関を勝ち抜いた観客の皆さんで埋め尽くされた劇場。
観客席を通ってキャストの三人が登場!で大歓声と拍手の渦。上白石さんちっさいのでチョットもみくちゃ。

上白石さん:平日の宿題やら家事やらで忙しい時にお集まりいただきありがとうございます。

杉野さん:こんばんは!!!抽選倍率50倍。めぐりあわせが良かった皆さま。楽しんで下さい。

横浜さん:いち早く皆様に観ていただけるのが嬉しいです。胸キュンして帰って下さい!

川村監督:この映画を観た後に、この3人がメチャメチャ好きになっていると思います。そして、エンドロール最後まで観て、上白石萌音さんの素晴らしい主題歌をお聞きください!

と、其々ご挨拶!でイベントスタート。

映画情報どっとこむ ralph 今回初の恋愛映画主演の上白井さんオファーを聞いて
上白井さん:絶対、手違いか人違いだと思いました。私が少女漫画のヒロインなんてと思いました。撮影まで不安とプレッシャーの日々でしたが。撮影現場で、このお二人が紳士で。二人とも仲が良い中に迎え入れて下さって。ほんとうに器の大きなお二人です。

と、真面目な上白石さんに

杉野さん:それじゃ、僕と流・・横浜君が思いあってるみたいじゃん!

上白石さん:違うんですか?
との質問に違うと答える横浜さんと杉野さん!MCも

MC:それじゃ好きがイッパイの意味が変わってきちゃいます!

とちゃちゃ。

上白石さん:お二人に支えられました。(完成したものを観て)見れたものじゃないですね。恥ずかしくって・・・・。皆さんも、物凄く沢山のキュンキュンを与えられるので、悶絶して欲しいなと思います!
川村監督:ほんとうに可愛いんです!振り返る萌音ちゃん。キュンキュンです。

と、自分で撮った作品に萌える監督。


役作りは?

杉野さん:原作と前作があって。。。どう取り組むか悩みました。撮影に入るまで、横浜君と関係性を築いたり、初めて萌音ちゃんとあった日に思いってることが一緒で、やってきそうな信頼関係が生まれました。

横浜さん:今違いますが、原作通りに赤髪にして、後は、帰国子女の役なので英語のレッスンに通いました!後はバスケ。僕球技得意じゃないので沢山練習して。初日に突き指して。(客席:可愛い!!!)ダサいでしょ!

と言うバスケのシーンはかなりかっこよく仕上がっていて、

横浜さん:監督の力です!


色々な壁ドンが繰り広げられる本作ですが

上白石さん:初めての壁ドンですが・・・苦い思い出です。壁ドンって顔と顔が近づいて胸キュンですよね。でも、身長差があるのでドンすると、胸なんです。キュンよりゾクッだったんです。どうしたら美しい壁ドンになるかと試行錯誤しました。

杉野さん:障害でしたね。あとはキス。いろいろ試行錯誤。

上白石さん:背伸びじゃ足りなくて。箱とか乗ってました。

と、驚きのエピソード。

横浜さん:僕の壁ドンは、ハイブリッド壁ドンで、壁ドンからアゴクイとか。

上白石さん:アクションが速いんです!

と、横浜さんの壁ドン系はアスリートのそれだと称していました。

映画情報どっとこむ ralph 注目キュンキュンシーンは?

上白石さん:二人のバスケのシーン。美しいです。キュンキュンすると思います。

実はそのシーンの為に、公園で普通にふたりで練習したそうで、その後温泉に行ったそう。
杉野さん:僕は同居シーン。悶絶して欲しかったので。

横浜さん:スタッフさん曰く4分に1回胸キュンシーンが起こるそうで。たくさんあるんですよ。大堂な胸キュンを求める人は柊聖(杉野遥亮)。強引で男らしい胸キュンを求める人は玲苑(横浜流星)でドキドキして欲しいです。

映画情報どっとこむ ralph 2月14日はバレンタインデーと言うことで、上白石さんチョコレート創りをしたそうで、結構おいしそうな仕上がり。

これを争奪すると言うことで、大きなハートチョコに其々、胸キュンメッセージを書くと言うことに!

杉野さん:大切。ちゅき。

横浜さん:大好き!付き合って!(観客:きゃーーーーー!)

そして、勝者は!!!!!横浜さん!

上白石さん:頑張った痕跡。不器用なりに頑張った感がいいです。マヨネーズの方で!

最後に・・・
上白石さん:この映画は去年の寒い季節に震えながら力を合わせて作った映画です。常に皆さんがどうしたらキュンキュンしてくれるのか考えて作った作品です。ドキドキキュンキュンして暖かくなって帰っていただければ。楽しんでください!

そして、フォトセッション

映画情報どっとこむ ralph 『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』

3月21日(木・祝) 全国ロードショー!!

公式HP:
http://www.l-dk.jp/

公式Twitter:
@loveldk

#ドンしてキュンするLDK


【ストーリー】
高校3年生の西森葵(上白石萌音)には、学校のみんなには言えないある秘密があった。それは学校一のイケメン・久我山柊聖(杉野遥亮)とナイショで 付き合って、さらには同居をしていること。葵が柊聖の家で起こしてしまったボヤ騒ぎで、部屋をダメにしてしまい、柊聖はなんと葵の家で暮らすことに! 最初はからかったり、ちょっかいばかりかけてくる嫌なやつ。と思っていたけど、次第に惹かれあい、ついにふたりは付き合うことに!恋人同士になり、ふ たりの同居生活もますますラブラブに・・・!と思っていたら、柊聖のいとこ・久我山玲苑(横浜流星)が突然アメリカからやってきた!同居の秘密を必死に 隠そうとするもあっさり秘密はバレてしまい、葵と柊聖のふたりを引き離そうとする玲苑とまさかの3人同居がスタート!?



***********************************

原作 :渡辺あゆ『L♡DK』(講談社「別冊フレンド」刊)
監督:川村泰祐
脚本:江頭美智留
出演:上白石萌音 杉野遥亮 横浜流星 町田啓太 ほか
©「2019 L♡DK」製作委員会
  


さぬき映画祭で飯島寛騎が『愛唄 ー約束のナクヒトー』舞台挨拶!


映画情報どっとこむ ralph 驚異の大ヒットを記録した『キセキ -あの日のソビト-』のキャスト・スタッフが再び集結し、名曲「愛唄」を映画化した『愛唄 -約束のナクヒト-』が、1月25日(金)に全国公開となりました。

GReeeeNが初の脚本で本作に込めたのは、名曲「愛唄」への想いと同じ「人を好きになることを恐れないで」という、まっすぐなメッセージ。
手をつなぐことさえせず、恋する勇気を持てないまま大人になった青年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていくさまを、主演の横浜流星をはじめ、ヒロインの清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が描き出します。

このたび、香川県で行われている“さぬき映画祭2019”(会期:2/9〜2/11)にて『愛唄 -約束のナクヒト-』上映およびキャスト登壇舞台挨拶を実施いたしました。

さぬき映画祭2019 『愛唄 -約束のナクヒト-』飯島寛騎舞台挨拶
日時:2月10日(日)
場所:イオンシネマ高松東
登壇:飯島寛騎(22)※敬称略 

映画情報どっとこむ ralph 香川県高松市を中心に2月9日〜2月11日に行われている「さぬき映画祭2019」で 『愛唄 -約束のナクヒト-』が上映され、上映終了後に出演キャストの飯島寛騎の挨拶が行われた。

満員の会場に登場した飯島は、まずはご当地のうどんについて聞かれると

飯島さん:(さぬきのうどんは)みずみずしくてつるっつるでした。コシがあって、麺の白色の透明感がちがいますね。

と、饒舌に初体験のさぬきうどんの魅力を語った。

そして話題は映画へ。
役が決まった時のことを聞かれると

飯島さん:仮面ライダーをやっていた時、大泉の東映スタジオで『キセキ ーあの日のソビトー』のポスターを見ていて、『いいなー、GReeeeNさんかー。めっちゃ出たい』と思っていました。今回ご縁があって役が決まった時はすごい嬉しかった反面、(飯島演じる龍也は)大事な弾き語りのある役だったので、責任の重さがすごくありました。自分次第でこの作品は変わってしまう、というプレッシャーとの戦いもありました。ギターは初めてでしたが、1ヶ月半〜2ヶ月くらい、1日10時間くらい練習していました。

とその重責を振り返った。


役作りについて聞かれると

飯島さん:一見チャラそうに見えるけど、芯が強くて、考えをしっかりと持っているキャラクターを、どう表現するか、監督にも相談しましたし、結構悩みました。でも、トオル(横浜流星の役名)がトオルでいてくれたので、やり易かった。横浜くんにすごい助けられたなって思っています。

と語った。
そんな本作の共演者、横浜流星さん、清原果耶さんについて聞かれると

飯島さん:二人ともかわいい子達ですよ。

と、おどけて会場を沸かせつつ

飯島さん:撮影中、カメラが回っていない時はスタッフさんから渡されたスマホでお互い取り合ったりしてましたが、カメラがまわると二人とも切り替えがすごくて。何度か舞台挨拶も一緒にさせていただいているのですが、二人ともトークがしっかりとしていて、(そういうところは)役と似てるのかな、と思いました。

と、二人の素顔も明かしてくれました。

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶終盤には司会から「自分の好きなセリフを実演してほしい」というムチャぶりにも快く対応し、龍也がトオルにかけた言葉をアレンジし

飯島さん:人生に愛が足んねえな、お前ら。

と、客席に向けて実演。
会場のファンからは黄色い歓声とため息が!!!

人生のタイムリミットもテーマとして描かれる本作にちなみ、「もしタイムリミットを宣告されたら?」という質問には

飯島さん:親に感謝の気持ちを伝えて、仲の良い友達やお世話になった方へ“ありがとう”と伝えたい。

と答え、最後に・・・

飯島さん:見る方の年代によっていろんな受け取り方ができる作品。親の目線でも見れるし、いろんなメッセージが込めらてると思います。一度きりの人生、残された時間の中でどう生きていくのか。見ていただいた方に何か一つでも伝わると幸いです。

と舞台挨拶を締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 『愛唄 ー約束のナクヒトー』

公式HP:
aiuta-movie.jp  
公式Twitter:
@aiutamovie


<STORY> 
「私の手、握ってくれてありがとう」 その言葉が僕らのすべて――。
あいつがくれた恋する勇気。あの子くれた、生きる意味。僕を変えた二つの出逢いが今、一つの奇跡を起こす。
平凡な毎日、他人を夢中になるほど好きになったこともなく、ただ過ぎていく日々の中、大人になってしまったトオル。そんなある日、自分の人生のタイムリミットを突然告げられる。失意の中、元バンドマンの旧友・龍也との再会と、偶然見つけた“詩”との出逢いによって彼は、生きる勇気をもらい、恋というものに生涯をかけて全力で駆けてみたくなった―。トオルを変えた詩。そしてその先にようやくめぐり逢えた運命の少女・凪。しかし、詩を綴ることをやめたその少女には誰も知らないある秘密があった…。
終わらない命など存在しない中で、今を夢中で生きるとは。刹那に輝くその運命が、名曲誕生の奇跡を起こす。
その唄は、僕らの運命から溢れ出たーー

【さぬき映画祭とは】映画・映像による地域文化の振興と香川の活性化を目的に、2006年から香川県にて開催。同映画祭では、上映会などのイベントだけでなく、シナリオ執筆の講座やショートムービーコンペティションなども開催し、映画・映像に携わる人材の育成にも取り組んでいる。第13回目となる今回は、香川県出身の本広克行監督をディレクターとし、話題作や過去の名作を多彩なゲストによるトークとともに上映するほか、「映画、だけじゃない映画祭」をコンセプトに、コンペやトークイベントなど様々なプログラムが組まれている。

***********************************

出演: 横浜流星  清原果耶  飯島寛騎   中村ゆり 野間口徹 / 成海璃子 / 中山美穂(特別出演)  清水葉月 二階堂智 渡部秀 西銘駿 奥野瑛太   富田靖子 財前直見

監督:川村泰祐 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『L♡DK』『海月姫』『きょうのキラ君』ほか
脚本:GReeeeNと清水匡  音楽:GReeeeN  主題歌:GReeeeN「約束 × No title」(ユニバーサル ミュージック) 
プロデューサー:小池賢太郎 『キセキ ーあの日のソビトー』『奇跡』
音楽プロデューサー:JIN 『キセキ ーあの日のソビトー』にて日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞 
配給:東映


横浜流星 ピンク頭で登壇!『愛唄 -約束のナクヒト-』舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2017年、驚異の大ヒットを記録した『キセキ -あの日のソビト-』のキャスト・スタッフが再び集結し、名曲「愛唄」を映画化した『愛唄 -約束のナクヒト-』が、1月25日(金)に全国公開となり、絶賛公開中です!

GReeeeNが初の脚本で本作に込めたのは、名曲「愛唄」への想いと同じ「人を好きになることを恐れないで」という、まっすぐなメッセージ。手をつなぐことさえせず、恋する勇気を持てないまま大人になった青年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全力で駆け抜けていくさまを、主演の横浜流星をはじめ、ヒロインの清原果耶、飯島寛騎ら注目の若手俳優が描き出します。

このたび、『愛唄 -約束のナクヒト-』公開記念横浜流星登壇舞台挨拶が行われました。

『愛唄 -約束のナクヒト-』公開記念横浜流星登壇舞台挨拶
日時:2月4日(月)
場所:新宿バルト9
登壇:横浜流星

映画情報どっとこむ ralph 『愛唄 -約束のナクヒト-』で初めて一人でイベントに登壇した横浜流星。

横浜さん:キャストのみんなも監督もいなくて、髪の毛も(映画『愛唄』のイベント登壇では初の)ピンクで。。。その分、たくさん話していきたいです!

と意気込んだ。

ピンク髪でも話題のテレビドラマと本作で演じる役は180度違うキャラクター。まず、その演じ分けについて聞かれると、

横浜さん:似ている役より、離れている方が演じ甲斐がありますし楽しいです。自分とは違った考えを持つ役柄を通して毎回勉強しています。

と明かした。
今まではヤンチャな役が多かったが、今回のトオル役は“静”の役。自分の中には

横浜さん:静と動、どちらも持っています。

と分析。

映画情報どっとこむ ralph 次に、映画の撮影やプロモーションなどで、ずっと一緒だった清原果耶さんと飯島寛騎さんについては

横浜さん:いつも役としていてくれたので、僕もトオルとしていられたし、撮影後の宣伝や舞台挨拶でも、いつも役のフィルターがかかっていました。ふたりがいなかったら、トオルとしていられなかったと思う。

と感謝の気持ちを述べた。

2018年4月に撮影をしたが、

横浜さん:全力で集中しすぎなくらいでやっていたので当時の記憶がないんです。それくらい思い入れのある大切な作品です。

と『愛唄』への想いを語った。
続いてSNSなどでの感想コメント、「言葉が人の心を動かし変える。心を打たれる素晴らしい作品でした」「命についてものすごく考えさせられる」「ラストが衝撃的!」「愛唄の聞き方が変わった」などが紹介されると、

横浜さん:僕も変わりました。『愛唄』は凪と龍也がトオルに贈ってくれた歌、としか聴けない。それくらい心が動かされます。

と力説した。

映画情報どっとこむ ralph 続いて、事前にSNSで「#教えて流星くん」 「#映画愛唄」で募集した質問へ答えるコーナーへ。

Q:好きな人とよく目が合うんですが、どう返していいかわかりません。どう返されたら嬉しいですか?

A:微笑んでくれたら僕は嬉しいです。きっと話しかけてくれると思います。それまで待ってもいいと思います。

Q:GReeeeNで1番好きな曲何ですか?

A:たくさんあるので難しいですが、まずはGReeeeNさんを好きになったきっかけの「キセキ」、当然「愛唄」、あとは「僕らの物語」かな。

Q:2019年に挑戦したいことは?

A:ちょっと遠くへ行きたいです。ちゃんとした銭湯とか。仕事では、一度ご一緒した方とまたご一緒できたら幸せだと思っています。成長した姿をお見せたいし、そういう縁が素敵だと思います。

Q:主題歌「約束×No title」で『大切な人、今大切にしよう』という歌詞がありますが、今、大切にしたい人、大切にしたいことはなんですか?

A:大切にしたい人は、仕事で関わらせていただく方々。大切にしたいことは、自分で思っていることを貫き通すことです。

Q:流星くん自身が最近、親に感謝した事は何ですか? 私はこの愛唄の映画をお母さんと一緒に見に行きました。自分が今生きていることは当たり前じゃない事と、自分を産んでくれた親に感謝する大切さを感じました。

A:素敵ですね。こう思っていただけて嬉しいです。本当にそうですね。今、ここにいることも当たり前ではなく、親が生んでくれて、たくさんの人に出会えたからです。やっと感謝できるようになりました。感謝の気持ちでいっぱいです。

Q:映画『愛唄』とは?

A:役者人生において忘れられない作品。たくさんのことを教えてもらったので、これからもずっと自分の中に残っていく大きな存在になりました。

Q:好きな人にちゃんと気持ちを伝えたいけれど、いろいろ考えちゃって結局伝えられません。どうしたら伝えられるようになりますか?

A:この作品を観てください!!観てくれていたら、気持ちを伝えたいと思ってもらえるはずなんだけど、届かなかったかな・・・?届いてほしいです!ちょっとしたアピールしてくれれば、男の子は単純ですし気づくと思います。男の子にも頑張ってほしいです。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

横浜さん:僕にとってとても大切な作品なので、観てくれた方にも大切な作品になってくれたら嬉しいです。たくさんの方に届いてほしいです。

とメッセージを贈り、舞台挨拶は終了した。 

『愛唄 -約束のナクヒト-』

公式HP:
aiuta-movie.jp  
公式Twitter:
@aiutamovie

「私の手、握ってくれてありがとう」 その言葉が僕らのすべて――。あいつがくれた恋する勇気。あの子くれた、生きる意味。僕を変えた二つの出逢いが今、一つの奇跡を起こす。
平凡な毎日、他人を夢中になるほど好きになったこともなく、ただ過ぎていく日々の中、大人になってしまったトオル。そんなある日、自分の人生のタイムリミットを突然告げられる。失意の中、元バンドマンの旧友・龍也との再会と、偶然見つけた“詩”との出逢いによって彼は、生きる勇気をもらい、恋というものに生涯をかけて全力で駆けてみたくなった―。トオルを変えた詩。そしてその先にようやくめぐり逢えた運命の少女・凪。しかし、詩を綴ることをやめたその少女には誰も知らないある秘密があった…。
終わらない命など存在しない中で、今を夢中で生きるとは。刹那に輝くその運命が、名曲誕生の奇跡を起こす。
その唄は、僕らの運命から溢れ出たーー

***********************************

出演: 横浜流星  清原果耶  飯島寛騎 中村ゆり 野間口徹 / 成海璃子 / 中山美穂(特別出演)  清水葉月 二階堂智 渡部秀 西銘駿 奥野瑛太   富田靖子 財前直見
監督:川村泰祐 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『L♡DK』『海月姫』『きょうのキラ君』ほか
脚本:GReeeeNと清水匡  音楽:GReeeeN  主題歌:GReeeeN「約束 × No title」(ユニバーサル ミュージック) 
プロデューサー:小池賢太郎 『キセキ ーあの日のソビトー』『奇跡』
音楽プロデューサー:JIN 『キセキ ーあの日のソビトー』にて日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞 
配給:東映  
(C)2018「愛唄」製作委員会


横浜流星 清原果耶 飯島寛騎ら登壇!『愛唄』公開記念舞台挨拶 No Title生歌披露!


映画情報どっとこむ ralph GReeeeNの名曲「愛唄」を映画化した 『愛唄 -約束のナクヒト-』が、いよいよ1月25日(⾦)より全国公開となります。

GReeeeNが初の脚本で本作に込めたのは、名曲「愛唄」への想いと同じ「人を好きになることを恐れないで」という、まっすぐなメッセージ。

手をつなぐことさえせず、 恋する勇気を持てないまま大人になった⻘年が、“友”と“詩”との出会いによって、恋に全⼒で駆け抜けていくさまを、主演の横浜流星をはじめ、ヒロインの清原果耶、 飯島寛騎ら注目の若手俳優が描き出します。 このたび、下記概要にて公開記念舞台挨拶を実施いたします。

映画のタイトルにちなみ、愛しすぎてやまない「愛〇」を発表!さらに、GReeeeNのプロデューサー・ JINが絶賛する No titleが映画主題歌を披露しました!!

『愛唄 -約束ナクヒト-』公開記念舞台挨拶
日時:1月26日(土)
場所:新宿バルト9
登壇:横浜流星 清原果耶 飯島寛騎 川村泰祐監督 No Title(あんべ、ほのか、ポチ)

映画情報どっとこむ ralph 観終わった観客の皆さんの中には目頭を押さえる方も多数。

そんな中でも、監督とキャストが登場すると大きな拍手と歓声が人気の高さをうかがえます。

公開2日目の気持ちを

横浜さん:昨日無事に初日を迎えられて、ホッとしています。そして、沢山の皆さんに観ていただけること大変幸せに思っています。
と、口火を切り。

清原さん:上映後と言うことで、どのような雰囲気だろうかとドキドキしていましたが温かく迎えて下さって嬉しく思います。

飯島さん:今日は楽しい時間を!

川村監督:今日と言う日をこの3人と共に迎えられて本当に嬉しく思っています。映画にあわせてこの舞台挨拶も楽しんでいただければ。

との、其々のご挨拶からスタート。

映画情報どっとこむ ralph お気に入りのシーン注目シーンを聞かれ。

川村監督:好きなシーンはトオルの実家に行った後の3人が歩きながら帰るシーン。凪の切ない表情と2人。アンサンブルが素敵。
横浜さん:ワンカットで撮ったシーン。割とすんなりいった気がします。

清原さん:たっちゃん(飯島さん)がずっとふざけてた。遊んでる延長みたいでしたよね。

飯島さん:あのシーンは寂しくもあり、がんばれよ!の思いもあり。色々な思いでした。僕が好きなのは渡部秀さんと西銘駿君と言うライダーの先輩方の力を借りて。。。支えられました。

と言うと横浜さん、僕も特撮では先輩と!主張するもライダーくくりということで、回避。

清原さん:決め切れない。けれど、トオルの実家で食事をしてるシーン。徹のお母さんの言葉とか印象的でした。

横浜さん:僕もそこのシーン。先ほどレイクタウンでの舞台挨拶でそこを上げました。

と、横浜さんの地元での挨拶で話していたそう。

映画情報どっとこむ ralph ここで映画のタイトルにちなみ、愛しすぎてやまない「愛〇」を発表するコーナーに!

川村監督:愛映画!19からこの業界で30年。映画を撮り続けられているから。あと妻への愛!

飯島さん:愛 東映!デビュー作が東映の仮面ライダー。そして、本作も東映さん!東映さんとご縁があるなと!

と、ちゃっかりアピール!

横浜さん:僕も負けない!彼より前に東映さんにお世話になってるし!

と、東映さん愛へのライバル心バチバチ(笑)。

清原さん:愛 空。空を観るのが大好きで。見上げるシーンもあるので。

横浜さん:愛 緑・GREEEEN!東映さんは当たり前です!初めて買ったCDがGREEEN!さん。そして、キセキに出させてもらって。 『愛唄 -約束のナクヒト-』で主演。愛してやまないです!

横浜さん・飯島さんは愛唄くんも描いて、競い合う二人。完成披露でも行われた争い!

映画情報どっとこむ ralph GReeeeNのプロデューサー・ JINが絶賛する No titleが登場!現役高校生


ほのかさん:オファーは光栄でしたが、レコーディングでも実感がわかないままで、今・・緊張してます。

あんべさん:親せきから連絡が来るようになりました。

ポチさん:学校の友達が喜んでくれました!

清原さんとほのかさんは以前対談されたそうで

清原さん:ほのかさんの声が本当に好きで!凄く唄に対しての姿勢が、勉強になりました!

GReeeeNさんが歌う部分もほのかさんが歌う特別版で映画主題歌「約束 × No title」を披露!

清原さん:噛みしめてます。生で演奏していただいて。。。嬉しいです!
ほのかさん:凄く大きいステージで緊張しました!気持ちが届いていれば。嬉しいです。
盛大な拍手。

最後に・・・

横浜さん:愛唄のもう一つの物語。GreeeNさんの思いが詰まった作品です。親への感謝の気持ち。そして一度しかない人生を大切に公開しないように生きようと思いました!。色々なメッセージを感じていただければ嬉しいです。愛してくれたら嬉しいです

と締めました!

映画情報どっとこむ ralph 『愛唄 —約束のナクヒト—』

は1月25日(⾦)より全国公開です。


物語・・・
「私の手、握ってくれてありがとう」 その言葉が僕らのすべて――。

平凡な毎日、他人を夢中になるほど好きになったこともなく、ただ過ぎていく日々の中、大人になってしまったトオル。そんなある日、自分の人生のタイムリミットを突然告げられる。失意の中、元バンドマンの旧友・龍也との再会と、偶然見つけた“詩”との出逢いによって彼は、生きる勇気をもらい、恋というものに生涯をかけて全力で駆けてみたくなった―。トオルを変えた詩。そしてその先にようやくめぐり逢えた運命の少女・凪。しかし、詩を綴ることをやめたその少女には誰も知らないある秘密があった…。
終わらない命など存在しない中で、今を夢中で生きるとは。刹那に輝くその運命が、名曲誕生の奇跡を起こす。

その唄は、僕らの運命から溢れ出た。



***********************************


出演:横浜流星、清原果耶、飯島寛騎、成海璃子、財前直見、富田靖子、中山美穂(特別出演)、中村ゆり、野間口徹、西銘駿、奥野瑛太

監督:川村泰祐 『のだめカンタービレ 最終楽章 後編』『L♡DK』『海月姫』『きょうのキラ君』ほか
脚本:GReeeeNと清水匡
音楽:GReeeeN
主題歌:GReeeeN「約束 × No title」(ユニバーサル ミュージック)
プロデューサー:小池賢太郎 『キセキ ーあの日のソビトー』『奇跡』
音楽プロデューサー:JIN 『キセキ ーあの日のソビトー』にて日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞
配給:東映
  


阿部真央が映画『チア男子!!』主題歌書き下ろし!撮影現場訪問特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph この度、横浜流星さん&中尾暢樹さん W主演の映画『チア男子!!』の公開が5月10日(金)に決定し、さらに主題歌に、昨日武道館コンサートを大成功させ今年10周年のアニバーサリーイヤーを華々しくスタートさせた阿部真央さんが本作のために書き下ろした新曲「君の唄(キミノウタ)」が決定。

本作は『桐島部活やめるってよ』『何者』の朝井リョウによる傑作青春小説「チア男子!!」の実写映画化。

原作となる「チア男子!!」は早稲田大学の男子チアリーディングチーム“SHOCKERS”をモデルに、直木賞作家の朝井リョウ先生が大学在学中に執筆した作品で、これまで女子がやるものとされてきたチアリーディングに男子が挑戦する物語。横浜流星さんと中尾暢樹さんのW主演の他、浅香航大さん、瀬戸利樹さん、岩谷翔吾さん、菅原 健さん、小平大智さんらが出演。

朝井撮影前3ヶ月を超えるチアリーディングの特訓により息の合った迫力のパフォーマンスで魅せる。

物語は、道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜流星)が怪我をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)とともに男子だけでチアリーディングを始める青春物語。大学チアリーディング界初の男子チアチーム“BREAKERS”を結成し、大舞台に挑戦する!

映画情報どっとこむ ralph さらに主題歌を、昨日の武道館ライブを大成功に終え、今年10周年アニバーサリーイヤーを迎える阿部真央さんが担当することが発表された。


本作の主題歌について、監督・制作陣の中では、映画のラストを飾る曲は、本編同様、登場人物や観客の一人一人の進む道を後押しするような曲にしていきたいという思いがあり、イメージに近い曲として阿部さんの「Believe in yourself」が挙がり、彼女に本作のための主題歌を書き下ろして欲しいとオファーしたところ快諾。

クランクイン前の練習、チアリーディングシーンの撮影現場などを本人が見学に訪れ、監督とも打ち合わせをして作品に寄り添った主題歌が作り上げられた。阿部さん自身が映画に自分の気持ちを重ねて制作した新曲「君の唄(キミノウタ)」は、大切な存在に対して誰もが経験したことがあるであろう、その感情に寄り添い、背中を推してくれるような壮大なミディアムテンポの楽曲になっている。

●映画『チア男子!!』阿部真央 撮影現場訪問特別映像




今回の発表に合わせて、阿部真央さんが撮影現場を訪問した際の映像と、コメントが届きました!

阿部さん:人は一人では何一つ成し得ないということ。
誰かと共にある人生こそ素晴らしく、多くの学びと喜びがあるということ。
仲間を信じること。自分を壊し変えていくこと。
そんなたくさんのことを教えてくれる素晴らしい物語だと思いました。
この作品に携われたことを心から誇りに思います。ご縁を繋いで下さった全ての方に感謝です。本当にありがとうございます。
映画『チア男子‼』を通して多くの方にブレイカーズの物語と、キャストさんスタッフさんの情熱が感動となって伝わる事を心から祈っています。是非ご覧ください。


映画情報どっとこむ ralph 映画『チア男子!!

5月10日(金)全国公開

公式サイト:
http://letsgobreakers7.com
 
公式Twitter:
@letsgobreakers7


本作は、『桐島、部活やめるってよ』『何者』の朝井リョウによる傑作青春小説 「チア男子!!」の実写映画化。

原作となる「チア男子!!」は早稲田大学の男子チアリー ディングチーム“SHOCKERS”をモデルに、直木賞作家の朝井リョウが大学在学中に 執筆した作品で、これまで女子がやるものとされてきたチアリーディングに男子が 挑戦する物語。

道場の長男として幼い頃から柔道を続けてきた大学1年の晴希(横浜流星)が 怪我をきっかけに柔道をやめ、親友の一馬(中尾暢樹)の言葉をきっかけに、ともに 大学チアリーディング界初の男子チーム“BREAKERS“を結成し、大舞台に挑戦します。

***********************************


出演:
横浜流星・中尾暢樹
瀬戸利樹 岩谷翔吾 菅原 健 小平大智 / 浅香航大

清水くるみ 唐田えりか 山本千尋
伊藤 歩

原作:朝井リョウ「チア男子!!」(集英社文庫刊)
主題歌:「君の唄(キミノウタ)」阿部真央(PONY CANYON)

脚本:登米裕一
監督:風間太樹 
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:バンダイナムコアーツ/ポニーキャニオン 
©朝井リョウ/集英社・LET’S GO BREAKERS PROJECT