「樋口真嗣監督」タグアーカイブ

『GODZILLA 怪獣惑星』瀬下寛之監督と花澤香菜トークイベント@ゴジラ・フェス2017で!


映画情報どっとこむ ralph ゴジラ史上初となるフェス<ゴジラ・フェス2017> ゴジラ生誕の日となる11月3日(祝・金)開催!
アニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』より 瀬下寛之監督と花澤香菜が <ゴジラ・フェス2017>に参戦、ゴジラ像8体の前でトークイベント開催決定!!

映画情報どっとこむ ralph 第1作の「ゴジラ」(1954)が公開されてから63年。現在までに国内で計28作品が製作され、第29作目にあたる『シン・ゴジラ』で、シリーズ累計観客動員数は1億人を突破、邦画実写シリーズ作品での歴代最高記録を達成しております。

また、本年11 月17日(金)には、初となるアニメーション映画『GODZILLA 怪獣惑星』の公開も控え、ますます注目!!

ゴジラ生誕の日となる11月3日(祝・金)には、ゴジラ史上初となるフェス<ゴジラ・フェス2017>を開催。

【ゴジラ・フェス2017 概要】
正式名称:ゴジラ・フェス2017
開催日時:2017年11月3日(祝・金) 11:00~20:00
開催場所:歌舞伎町シネシティ広場 (新宿区歌舞伎町1丁目19番先)

参加方法:入場無料
※フェス内の飲食、グッズ販売、一部コーナーは有料です。
特設サイト:http://godzilla.store/gfes2017/
主催:ゴジラ・フェス2017実行委員会 共催:歌舞伎町タウン・マネージメント
協賛:株式会社丸井グループ ゴジラ・ストア 株式会社バンプレスト
後援:新宿区

映画情報どっとこむ ralph ゴジラ史上初となる、ゴジラ生誕を祝うイベント<ゴジラ・フェス2017>に 『GODZILLA 怪獣惑星』の瀬下寛之監督と、ヒロイン役の花澤香菜が参戦、 歴代8体のゴジラ像の前でトークイベントを開催します!

公開を目前に控えた二人が、作品について、そしてゴジラについての熱いト ーク、そしてゴジラ生誕を祝うセレモニーも!!

ゴジラファンやアニメ作品で初めて“ゴジラ”に出会うアニメファンにとっても見逃せ ないイベントとなります。

観覧は無料ですが、優先観覧エリアは事前応募が必要となります。応募は<ゴジラ・フェス2017>公式ホ ームページにて、10月16日(月)より開始予定です。

他にも<ゴジラ・フェス2017>では、『シン・ゴジラ』の樋口真嗣監督、尾上克郎特技監督の参加が発表された「イルミネーションゴジ ラ」点灯式や、その他にも様々なイベントを開催する予定です。

『GODZILLA 怪獣惑星』トークイベント
日時:2017年11月3日(祝・金) 13:30 START
場所:ゴジラ・フェス2017 会場内 イベントステージ
登壇:瀬下寛之監督、花澤香菜(ユウコ・タニ役)
★優先観覧エリア応募について 10月16日(月) より ゴジラ・フェス2017公式サイトにて応募
godzilla.store/gfes2017

映画情報どっとこむ ralph 2017年、『ゴジラ』は誰も予想しなかった新たな “進化”を果たす。それがアニメーション映画『GODZILLA』である。 本作が描くのは、これまでのどんな『ゴジラ』とも一線を画すシビアでハードな未来世界。二万年もの間、地球に 君臨し続けてきた“ゴジラ”とそれに対峙する人類の因縁の物語だ。 監督には、劇場版『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』を手掛け、シリーズ歴代最高の興行収入を 記録した静野孔文が参加。コンビを組むもう一人の監督が瀬下寛之。CG領域の第一線で培われたその手腕は 監督、総監督作である『シドニアの騎士 第九惑星戦役』、『BLAME!』で立証済みと言える。ストーリー原案・脚 本は『魔法少女まどか☆マギカ』や『PSYCHO-PASS サイコパス』などで知られる虚淵玄(ニトロプラス)。突破 力抜群のアイデアと先を読ませない緻密な構成力は多くのファンの心を捉えている。そして制作は『シドニアの騎 士』を始め、『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』等で米国テレビ業界のアカデミー賞として知られるエミー賞最優 秀賞(デイタイム・エミー賞 アニメーション番組特別部門最優秀賞)を通算5度受賞するなど数々の実績を持 つ国内最高峰の3DCGスタジオ、ポリゴン・ピクチュアズ。 誰も見たことのない新しい“ゴジラ”の始まりを告げる咆哮が今、響き渡る――。

映画公式サイト:
godzilla-anime.com

映画公式twitter:
@GODZILLA_ANIME

物語・・・
二十世紀最後の夏。その日人類は、地球という惑星の支配者が自分達だけではないと知った―――。 巨大生物「怪獣」の出現と、その怪獣をも駆逐する究極の存在「ゴジラ」。半世紀にわたる怪獣との戦争の末、人類は敗走を重ね、ついに地球脱出を 計画。そして2048年、中央政府管理下の人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船・アラトラム号で11.9光年の彼方にある「くじら座 タウ星e」を目指し旅立った。しかし、20年かけてたどり着いたタウ星eの地球との環境条件差は、予測値を遥かに上回り、人類が生存可能な環境と呼 べるものではなかった。 移民船に乗る一人の青年・ハルオ。4歳の時に目の前でゴジラに両親を殺され、20年の間、地球に戻りゴジラを倒すことだけを考え続けていた。移民 の可能性を閉ざされ、生存環境も劣悪となった船内でハルオを中心とした「地球帰還派」は主流となり、危険な長距離亜空間航行を決断し地球を目 指す。だが、帰還した地球は、既に二万年の歳月が経過し、地上はゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた。 果たして人類は地球を取り戻せるのか。そして、ハルオの運命は。

***********************************

監督/静野孔文・瀬下寛之 ストーリー原案・脚本/虚淵玄(ニトロプラス) シリーズ構成/虚淵玄(ニトロプラス)・村井さだゆき キャラクターデザイン原案/コザキユースケ 副監督/森田宏幸 演出/吉平“Tady”直弘 プロダクションデザイン/田中直哉・Ferdinando Patulli CGキャラクターデザイン/森山佑樹 造形監督/片塰満則 美術監督/渋谷幸弘 色彩設計/野地弘納 音響監督/本山 哲

宮野真守・櫻井孝宏・花澤香菜・杉田智和・梶裕貴・諏訪部順一・小野大輔・三宅健太・堀内賢雄・中井和哉・山路和弘

製作:東宝 制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:東宝映像事業部

©2017 TOHO CO., LTD.


『シン・ゴジラ』長谷川博己、樋口監督登壇!釜山国際映画祭上映舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ %e9%87%9c%e5%b1%b1%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9a%e3%83%83%e3%83%88_1シン・ゴジラ』初となる海外映画祭、第21回釜山国際映画祭「OPEN CINEMA」部門への正式出品を受け、10月6日(木)夜、釜山で行われた開幕式レッドカーペットに主演の長谷川博己と、監督・特技監督の樋口真嗣が登場、会場からは大きな声援が贈られました。

そして7日(金)には、公式上映に合わせて舞台挨拶を実施!日本が世界に誇る怪獣王「ゴジラ」最新作の韓国初上映ともあり、映画祭の最大席数4000席を誇る釜山シネマセンターが上映会場。上映前から超満員の大盛り上がりの中、長谷川さん、樋口監督が登場しました!
%e3%80%8e%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%80%8f%e9%87%9c%e5%b1%b1%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad%e4%b8%8a%e6%98%a04
『シン・ゴジラ』釜山国際映画祭上映舞台挨拶
日付:10月7日
場所:釜山シネマセンター
登壇:長谷川博己、樋口真嗣監督・特技監督

映画情報どっとこむ TJ 公式上映後の観客の様子
%e3%80%8e%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%80%8f%e9%87%9c%e5%b1%b1%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad%e4%b8%8a%e6%98%a02 映画祭最大キャパ4000席すべてが埋まった状態の釜山シネマセンターで上映はスタート。上映中は圧倒的な情報量と迫力の映像に観客たちは息を吞んでいました。上映後は、大絶賛の拍手に包まれる中、5分を超えるスタンディングオベーションが起き、海外の根強いゴジラファンの期待も裏切らない出来であることが裏付けられました。また、第21回釜山国際映画祭に招待された邦画の中から、釜山シネマセンターで上映される作品は『シン・ゴジラ』のみとのことです。

ちなみに2016年度 日本からの招待作品は、「ダゲレオタイプの女」「怒り」「君の名は。」「嫌な女」「湯を沸かすほどの熱い愛」「オーバー・フェンス」「仁光の受難」「her mother」「FAKE」「ジムペディに乱れる」「ミュージアム」「風に濡れた女」「ホワイトリリー」。

映画情報どっとこむ TJ %e3%80%8e%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%82%b4%e3%82%b8%e3%83%a9%e3%80%8f%e9%87%9c%e5%b1%b1%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad%e4%b8%8a%e6%98%a03
長谷川博己さん、樋口真嗣監督 舞台挨拶コメント

長谷川さん:
まずはじめに、世界的に有名なゴジラシリーズの一員になれたことが光栄です!
完成したものを観た時、とにかくすごい作品になったと、圧倒されました。日本人としてそう感じましたが、韓国・アジアの方々がこの作品を観た時にどう響くのか、韓国ではこれから一般公開もありますので、コメントを聞くのがすごく楽しみです。
観た方によってそれぞれ違ったメッセージを与える作品だと思うので、二度三度と観ていただき、いろいろと語り合ってもらいたいです。今日はこれからの上映をお楽しみください!


樋口監督:
今回、劇中の人たちは初めてゴジラを目にする設定です。それと同じように、韓国をはじめ、ほかのアジアの方々にも初めて観た時に感じる感動・驚きを大切にしてほしいので、ネットなどでは情報を深追いしすぎず楽しんでください。この映画は、ここにいる長谷川博己演じる矢口蘭堂の成長物語でもあるので、表情の変化、最初に現れた時とクライマックスに至るまでの変化を楽しんでもらえると嬉しいです。

映画情報どっとこむ TJ 第21回釜山国際映画祭について
会期:2016年10月6日(木)~10月15日(土)
場所:韓国 釜山
概要: 1996年に創設された、韓国釜山で開催されるアジア最大の国際映画祭。映画の振興と芸術への理解を深めることを目的にしている。2015年は75ヶ国302作品が上映され、黒沢清監督『岸辺の旅』、行定勲監督『ピンクとグレー』、河瀨直美監督をはじめとする4人の監督が製作した『Color of Asia – Masters』など日本から20作品が招待された。近年では特にアジアの新人監督の発掘と新作プロモーションに力を入れており、今回『シン・ゴジラ』は各国の話題作を上映する【OPEN CINMEA】に正式出品された。

全国東宝系にて大ヒット上映中!
韓国での『シン・ゴジラ』一般上映の開始は2016年末から2017年1月を予定しております。

映画情報どっとこむ TJ 第1作の『ゴジラ』(1954年)が公開されてから60年以上、現在までに国内で計29作品が製作され、日本を代表するシリーズ映画として君臨する「ゴジラ」。

しんちゃんlこいつと戦います!
ニッポン対ゴジラ!
『シン・ゴジラ』は 脚本・総監督は、人気アニメ「エヴァンゲリオン」の生みの親・庵野秀明。 監督・特技監督に樋口真嗣。

そのゴジラと対峙するのは、主演の長谷川博己をはじめ、竹野内豊、石原さとみら、日本映画界を代表するオールスターキャスト。328人!

史上最高のゴジラ映画。ニッポン対ゴジラ。

公式HP:
http://shin-godzilla.jp/

脚本・総監督:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣
出演:長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ
製作・配給:東宝株式会社
©2016 TOHO CO., LTD.

***********************************


    


ゴジラ!今度は「海ほたる」に出現決定!監督・特技監督トークも


映画情報どっとこむ ralph 7月29日(金)に公開される「シン・ゴジラ」の公開記念キャンペーンとしてゴジラが日本各地にあらわれる予定!

「シン・ゴジラ×海ほたる キャンペーン」ポスター今回は「シン・ゴジラ」のロケ地となった東京湾アクアライン「海ほたるパーキングエリア」において、海ほたるにゴジラが出現が発表に!

期間中は、オリジナルグッズがもらえるスタンプラリーの開催や1/60サイズ シン・ゴジラ像の展示、原寸大足跡、シン・ゴジラ撮影時のメイキングフォトの展示など、様々なコンテンツを展開します。

また、キャンペーン初日である6月25日(土)には、シン・ゴジラの監督・特技監督を務めた樋口真嗣監督によるトークショーや1/60サイズ シン・ゴジラ像の除幕式、じゃんけん大会など、楽しいオープニングイベントを開催されます!

映画公開記念 シン・ゴジラ×海ほたるキャンペーン

実施場所/実施期間
東京湾アクアライン「海ほたるパーキングエリア」内
平成28年6月25日(土)

映画情報どっとこむ ralph キャンペーンの詳細は!

(1)実寸大足跡
海ほたる川崎側デッキ部分に、シン・ゴジラの実寸大足跡を出現させます。ゴジラシリーズ最大の大きさを誇る“シン・ゴジラ”のスケール感を体感できるスポットです。3Fデッキからの眺めがベストビューポイントです。

(2)「シン・ゴジラ」海ほたるスタンプラリー
海ほたる5Fにあるレストラン内のスタンプをスタートとし、4Fに設置してあるスタンプを集めると、「シン・ゴジラ」オリジナルグッズをプレゼントします。※グッズは、キャンペーンを記念して作成したクリアファイルまたはステッカーのいずれか。

(3)1/60サイズ シン・ゴジラ像
海ほたる4Fサウスデッキの入口正面に、1/60サイズ(約2m)のゴジラ像を展示します。ゴジラシリーズ最大を誇る「シン・ゴジラ」の迫力を立体的に間近で見ることが出来ます。

(4)飛び出す3Dアート
海から向かってくる大迫力の「シン・ゴジラ」を縦2.7m×横5.4mのパネルに描く飛び出す3Dアート。絶好の記念撮影スポットです。

(5)記念フォトスポット
映画のワンシーンを特大パネルにした記念撮影用スポットを設置します。ステージ上に設置されたパネルをバックに写真が撮れる、今回のキャンペーンならではのスポットです。

(6)撮影時メイキングフォト
映画撮影時の貴重なメイキングフォトやキャストによる映画のワンシーンを展示します。「シン・ゴジラ」の映画の世界観がわかるおすすめスポットです。

(7)ゴジラシリーズ全28作ポスター展示
ゴジラシリーズ全28作のポスターパネルを展示します。昔懐かしいものから、最近のものまで、全シリーズが見られる必見のスポットです。

映画情報どっとこむ TJ 『シン・ゴジラ』

アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズの庵野秀明が総監督を務める東宝製作
12年ぶりのゴジラシリーズ第2 9 作目「シン・ゴジラ」。

WEB用_シン・ゴジラ_s2
シリーズ初のフルCGで描かれるゴジラは、史上最大となる体長118.5メートルのスケールはもちろん、我々の想像を遥かに超える最強の完全生物として、“大いなる恐怖”を持ってスクリーンに現れる!

シン・ゴジラs01(PC そのゴジラと対峙するのは、主演の長谷川博己をはじめ、竹野内豊、石原さとみら、日本映画界を代表するオールスターキャスト328人!

映画『シン・ゴジラ』は7月29日(金)全国東宝系で拡大公開されます。

公式サイト:
http://shin-godzilla.jp/
  
脚本・総監督:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣
出演:長谷川博己 竹野内豊 石原さとみ  
製作・配給:東宝株式会社
©2016 TOHO CO., LTD.

***********************************


    


ウルトラセブン東京国際映画祭スペシャルイベント!森次晃嗣も


東京国際映画祭スペシャルイベント!

10月26日(日)に『ウルトラセブン』HDリマスター2.0 Blu-ray BOX発売記念で、TOHOシネマズ日本橋にてジャパンプレミア上映&トークショーを開催されます。

当日は『ウルトラセブン』から「ウルトラ警備隊西へ」の前後編の2話を上映し、スペシャルゲストとして、『ウルトラセブン』モロボシ・ダン隊員役の森次晃嗣さん、アンヌ隊員役のひし美ゆり子さん、アマギ隊員役の古谷敏さん、満田かずほ監督、そして実写版『進撃の巨人』等を手掛けた樋口真嗣監督によるトークショーが行われます。

ウルトラセブン
ジャパンプレミア上映&トークショー開催概要

開催日:2014年10月26日(日)
会場:TOHOシネマズ日本橋 スクリーン6(東京都中央区日本橋室町2-3-1 コレド室町2 内)
20:20 登壇、トークショー
21:00 上映開始(~22:00終了予定)

<ゲスト>
森次晃嗣(『ウルトラセブン』モロボシ・ダン隊員役)
ひし美ゆり子(『ウルトラセブン』アンヌ隊員役)
古谷敏(『ウルトラセブン』アマギ隊員役)
満田かずほ(『ウルトラセブン』監督)
樋口真嗣(実写版『進撃の巨人』監督)
ウルトラセブン

因みに、オープニングレッドカーペットに、今年はウルトラヒーローたちが大集結し、国内外の豪華ゲストと共に映画祭のオープニングを飾る事も発表されてます!

こちらも楽しみです!

ウルトラ兄弟
********************************************************************


『ウルトラセブン』Blu-ray BOX(全2巻)

発売元:円谷プロダクション/販売元:バンダイビジュアル
BOX I:2014年11月21日(金)/BOX II:2015年1月28日(水)
価格:各巻29,500円(税別)
Web:http://m-78.jp/ultraseven-bd/

<キャスト>
キリヤマ隊長:中山昭二/モロボシ・ダン隊員:森次浩司/友里アンヌ隊員:菱見百合子/フルハシ・シゲル隊員:石井伊吉(現・毒蝮三太夫)/ソガ隊員:阿知波信介/アマギ隊員:古谷 敏/ヤマオカ長官:藤田 進/ウルトラセブン:上西弘次/ナレーター:浦野 光
※キャストは当時の名前で表記しています

<スタッフ>
監督:円谷 一/野長瀬三摩地/満田かずほ(※)/鈴木俊継/実相寺昭雄/飯島敏宏/安藤達己
※“かずほ”は「禾」へんに「斉」

脚本:金城哲夫/山田正弘/菅野昭彦/若槻文三/上原正三/佐々木守/市川森一/藤川桂介/南川 龍/赤井鬼介/山浦弘靖/川崎 高

(C)円谷プロ