「樋口真嗣」タグアーカイブ

山崎貴 樋口真嗣 開田裕治らクリエイター陣から『移動都市/モータル・エンジン』推しコメント! 


映画情報どっとこむ ralph イギリス作家フィリップ・リーヴのファンタジー小説「移動都市」を『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』三部作で監督/脚本/製作を手掛け、その名を世界に知らしめたピーター・ジャクソンが映画化。
“都市が移動し、都市を喰う世界”を舞台に、衝撃的で新しく、壮大な物語を圧倒的な映像迫力で描き出す冒険ファンタジー超大作『移動都市/モータル・エンジン』が3月1日(金)より全国公開となります。
この度、一足先に本作を鑑賞し、移動都市の世界を目の当たりにした、超異色のクリエイター陣から、推しコメントの数々が到着しました!!!

映画情報どっとこむ ralph ◆山崎貴(映画監督)
『永遠の0』、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ
巨大な移動都市がお互いを喰い合う終末後の地球。こんな荒唐無稽な世界感を最高の技術で裏打ちして、まるで現実のように見せてくれるピーター・ジャクソンのチームの技に驚愕しました。大好物の映像のつるべ打ちにニヤニヤが止まりませんでした。

◆樋口真嗣(映画監督)
『シン・ゴジラ』
衝撃!都市が走る!都市が都市を喰う!食街都市アペタポリス対空中暴走族バトルドローン軍団!ジョギリチップを探し出し、全てを破壊する雷撃コブラ砲を止めろ!そして7740秒後、キミも戦士になる!

◆瀬下寛之(監督)
『亜人』、『BLAME!』、『GODZILLA 星を喰う者』
大地を獣のように駆け、互いに喰い合う巨大な都市、そのキャタピラが生み出す巨大な轍……冒頭数分だけで目眩、驚愕、ずっと疾走感に酔っていたいと思える。まさに想像を超える映像体験が本作であり、心底鳥肌モノだ。

◆尾上克郎(特撮監督)
『シン・ゴジラ』、『パンク侍斬られて候』
映画が大声で叫んでる!大好物のてんこ盛り。そいつらが凄まじい勢いで「わたしをたべてぇ〜」と2時間ぶっ通しで突っ込んでくる。嗚呼、幸せ。もうお腹いっぱいです。

◆石川光久(Production I.G 代表取締役社長、プロデューサー)
『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』
宮崎駿監督作品のもつ世界観と、押井守監督の中にある妄想を掛け合わせ、圧倒的なスケールで映像化したらこの作品になる、そんな狂気を感じる作品でした。

◆土井淳(デジタル・フロンティア VFXスーパーバイザー)
『いぬやしき』、『BLEACH』
スタイリッシュさを剥ぎ取り、武骨さMAXの濃厚なガジェット祭り。移動都市ロンドンが小都市を喰らう様は、生き物そのもので、擬人化され緻密に描かれた都市が暴れまくる姿は、まさにVFXワンダーランド。

◆渋谷紀世子(白組 VFXディレクター)
『永遠の0』、『STAND BY ME ドラえもん』
『ハウルの動く城』の世界に『天空の城ラピュタ』と『進撃の巨人』のいいトコ全部をぎゅぎゅっと詰め込んだような福袋的作品。圧倒的なディテール量と隅々まで行き渡った細かなギミックに目が釘づけ!何度も見返したくなります(笑)ガジェット、アーキテクト、レトロフューチャーにスチームパンク!ここらが大好物な方にはぜひ!おススメしたいです!

◆佐藤敦紀(編集・VFXスーパーバイザー)
『シン・ゴジラ』
ハイファンタジーの傑作!中学〜高校生時代に読み漁っていたSFやファンタジー小説に出てきたあんなやこんなのゾクゾクするようなイマジネーションがそのまま釣瓶打ちに映像化された作品。

◆開田裕治(怪獣絵師)
「ウルトラマン」シリーズ、「ゴジラ」シリーズ、「ガンダム」シリーズ
見慣れたユニバーサル映画のオープニングの地球からすでにエライことになって、ただ事では無い世界に一気に引き込まれました。エンジンに火を入れろ!走り出したら止まらない、豪快さと繊細さを併せ持つピーター・ジャクソン映画らしい見事な異世界冒険譚でした。工場好き、巨大機械好き、移動都市物好き、スチームパンク好き、戦うカッコいい女子好き、そして子ども達にも是非見て欲しい。というか、子ども時代にこれを見られたらどれほど幸せか。

◆ヨコオタロウ(ゲームディレクター)
「ドラッグオンドラグーン」シリーズ、「ニーア」シリーズ
都市が移動しながら喰いあう?メチャクチャな設定だな』と思った貴方。大丈夫。その直感は正しいし、そこから期待される色んなガジェットも全部出てくるし、さらに想像の斜め上からロンドンが突っ込んできます。

◆小林裕幸(カプコン プロデューサー)
「バイオハザード」シリーズ 、「ドラゴンズドグマ」シリーズ
復讐を誓う少女とロンドンの青年による冒険ファンタジー!文明が荒廃した弱肉強食の世界で2人が様々な人と出会い、戦い、謎が解けていく内容にハラハラドキドキして一緒に冒険している気持ちになりました。

◆人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー
小都市食べ食べロンドンが他の都市を豪快に捕食するオープニングに始まり、凄まじくインパクト抜群の映像が目白押し!超巨大都市が爆走してキャノン砲を撃つんですよ!最高に決まってるでしょう!!!

◆共食いゾンビ (映画ライター)
強ければ生き弱ければ喰われる……ロンドンに!
まるで生き物のように唸りを上げる数々の芸術的な移動都市のロマン溢れるディテールと世界観の暴力に心を鷲掴みにされ眼福を得ること間違いなしだ!思わず都市を、都市を喰らいたくなった…!!

映画情報どっとこむ ralph 移動都市/モータル・エンジン
3月1日(金) 全国公開!

公式HP:
http://mortal-engines.jp/

たった60分で文明を荒廃させた最終戦争後の世界。残された人類は空や海、そして地を這う車輪の上に移動型の都市を創り出し、他の小さな都市を“捕食”することで資源や労働力を奪い生活している。“都市が都市を喰う”、弱肉強食の世界へと姿を変えたこの地上は、巨大移動都市“ロンドン”によって支配されようとしていた。他の都市を次々に飲み込み成長を続けるロンドンを前に、小さな都市と人々が逃げるようにして絶望的な日々を送る中、一人の少女が反撃へと動き出す―。
『キング・コング』(05)でアカデミー賞®視覚効果賞を受賞した経験をもつクリスチャン・リヴァーズが監督を務め、これまで6度のオスカーに輝いたWETAデジタルがCGIを担当。最先端技術の限界を常に押し上げながら、CGIと感情豊かな登場人物たちの物語を見事に融合させてきた製作陣が、再び雄大な移動都市の世界を創り上げます。

***********************************

製作:ピーター・ジャクソン
監督:クリスチャン・リヴァーズ
出演:ヘラ・ヒルマー,ロバート・シーアン, ヒューゴ・ウィーヴィング,ジヘ,ローナン・ラフテリー,レイラ・ジョージ,
パトリック・マラハイド,スティーヴン・ラング
原作:フィリップ・リーヴ著/安野玲 訳「移動都市」(創元SF文庫刊)
原題:Mortal Engines
(C)Universal Pictures


樋口真嗣 総監督 東京コミコンで新作発表予定!直前コメントが到着


映画情報どっとこむ ralph 『ローレライ』、『日本沈没』で監督を務め、『シン・ゴジラ』では第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞した樋口真嗣 総監督による最新作を、東京コミコン2017のステージで発表させていただきます。

この度、12月3日(日)、東京コミコン2017ステージにて最新作を発表される樋口真嗣 総監督より、コメントが到着しました。
12月1日(金)から3日(日)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて開催される東京コミコン 2017の特設ステージでは、豪華来日ゲストが登壇する等スペシャルコンテンツが並んでいるが、最終日にあたる3日(日)、『シン・ゴジラ』で第40回日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞を受賞した樋口真嗣 総監督による最新作が発表されることが決定した。11月24日には発表に先駆けシルエットビジュアルが解禁され
11月24日に解禁されたシルエットビジュアル

本日、樋口総監督自身よりコメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph <樋口総監督コメント>

えー。
煽りますねえ。
なんかこういう煽られ方をすると、
それに応えなきゃってつい鼻息荒くなりがちで、鼻息荒いとつい言わなくて良いこと言っちゃいそうになるんで、細心の注意を払いながら言わせていただきますが、今一番一緒に仕事をしたいと思ってた人たちと一緒に作ってます。私なんぞよりも、その最高なメンバーの最高な組み合わせを早く教えたいです。
自分的に超ドリームです。
では数日後に。

映画情報どっとこむ ralph 日本を代表する映画監督による最新作。世界が注目する中、果たして何が発表されるのか。目が離せない。

公式サイト:hisomaso.com  
公式ツイッター :@hiso_maso


東京コミコン(東京コミックコンベンション)
1970 年、ゴールデン・ステート・コミック・ブック・コンベンションとしてシェル・ドルフを中心に開催されたのが原点となるテクロノジーとポップ・カルチャーのイベント、コミコン。アメリカのサンディエゴでは毎年 7 月上旬に開催され、海外コミック、アニメ、ゲーム、映画と内容も拡大され、 最大 13 万人が集まる大イベントとして世界中で話題となっている。マーベルの名誉会長を務め、「スパイダーマン」や「X-メン」などのコミックの原作者としてアメリカコミック業界に変革をもたらした 「ポップ・カルチャーの父」スタン・リーと、アップル共同創業者の一人で「テクノロジーの王」と言われているスティーブ・ウォズニアックとの出会いは、米国「シリコンバレー・コミコン」として結実。そしてウォズニアックにより「東京コミックコンベンション(略称:東京コミコン)」が提唱された。2016年12月、スタン・リーを名誉親善大使として招聘し「東京コミコン 2016」が実現。大盛況の内に幕を閉じ、今年、第二回目の開催となる「東京コミコン 2017」が開催される。

***********************************

   


樋口真嗣・戸田信子登壇『すばらしき映画音楽たち』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph ドキュメンタリー映画『すばらしき映画音楽たち』がカリコレ2017にて全回満席となる大ヒットとなったことを記念し、シアター・イメージフォーラムにてロードショーすることが決定しました。映画監督の樋口真嗣さんと、本作の製作総指揮を務めた作曲家の戸田信子さんをお迎えしたトークイベントが行われました。

映画『すばらしき映画音楽たち』特別先行上映会トークイベント
日時:10月3日(火)
場所:シアター・イメージフォーラム
登壇:
樋口真嗣(映画監督)
戸田信子(作曲家、『すばらしき映画音楽たち』製作総指揮)

映画情報どっとこむ ralph 本作は、『ロッキー』や『E.T.』『スター・ウォーズ』『タイタニック』など、世界中の人々の心に残る名作映画たちを支えてきた映画音楽たちが、どのようにして生まれたかを紐解く音楽ドキュメンタリー。

本作のプロデューサーとして本作に携わった戸田さん。

戸田さん:はじめは制作として関わる予定ではなかったのですが、近年素晴らしい作品が日本で公開しないことが多いので、私がこの作品に関われば日本で公開できると思い、私自身も出資し、制作として参加させて頂きました。

と本作の制作経緯を語った。本作について樋口さんは開口一番

樋口さん:これパッケージにできるの?教育用としても、とても素晴らしい作品だと思うから、ぜひパッケージにした方が良いですよ!

と強く勧め、会場ではうなずく人が多く見られた。

映画情報どっとこむ ralph 本作を制作をする上で

戸田さん:作曲家のインタビューを集めることにとても苦労しましたね。コンポーザーを出す順番など、エージェントと話し合うのがとても大変でした。

と苦労を明かした。映画監督として活躍している樋口さんは、映画と音楽を合わせることについて

樋口さん:ものすごく計画性をもって作るべきなのか、それともセッションのように作るべきなのかとても考えさせられますね。僕は結局映像を撮る側なので、音楽的にどうしてもはまるかはまらないか分からない時がある。音を足した方がより良い作品になるのであれば、映像を直したいと思うので、作曲家と話し合いながら進めます。

と、映画監督としての意見を語った。また本作でレイチェル・ポートマンが映像を見ながら作曲していくシーンについて、

樋口さん:ピアノ1本だけで感情を拾って作曲をしていくのは、観ていてとても良いなと感じました。

と本作で印象に残ったシーンを語りました。

本作ではハンス・ジマーが惜しみなく制作方法や作曲することについて語っている貴重な映像もあり、ハンス・ジマーについて

戸田さん:実はハンス・ジマーって音楽作っていないではないかと批判されることが多いんですね。けれどそれは違くて、音の素材を作る人が何人か集まり、チームとなって作曲をしていきます。その音素材をまとめていくのがハンス・ジマー。映像にはめていくスポッティング作業は映画にとってとても重要になってくるので、その責任を負うことはとても大変なんです」と、本作でも明かされなかった事実に、観客を驚かせた。また、「ハンス・ジマーが作曲を担当した『インセプション』では、まるまる1曲で作曲したらしいんですが、そのあとエディターが映像に合わせて編集したんです。それを踏まえた上でハンス・ジマーは1曲を作り、提供したと聞きました。

と、貴重な裏話も披露。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

樋口さん:映像だけでは表現するのに充実しきれない部分があるので、その部分を音楽はとても助けてくれる存在というのを改めて感じさせてくれる作品です。よくこんな素晴らしいインタビューを引き出せたなととにかく感心しました!続きがとても観たいですね!

戸田さん:本作を日本で公開できたことがとても嬉しいです。映画を愛する方にはぜひご覧いただきたい作品です。本作を観て、新しい映画の楽しみ方を引き出してもらえたらなと思っていますので、何度もご覧頂ければ嬉しいです。

と締めました。


映画『すばらしき映画音楽たち』

は10月7日(火)よりシアター・イメージフォーラム他全国順次公開中。
***********************************



『シン・ゴジラ』が早くも地上波!11月12日初放送


映画情報どっとこむ ralph 『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明監督の大ヒット作『シン・ゴジラ』テレビ朝日で早くも2017年11月12日(日)よる9:00より地上波初放送決定!

日本のみならず米ハリウッドでも映画化され、いまや世界的怪獣キャラクターとなった “ゴジラ”を復活させ、歴史的な大ヒットを記録。『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明が脚本と総監督を担当、『のぼうの城』、『進撃の巨人』の樋口真嗣が監督と特技監督を務め、300名を超える豪華キャストが集結した超大作を地上波として初放送!
テレビ朝日は、2005年8月14日の『GODZILLA』(1998年)以来のゴジラ映画放送となる今回。
偶然にも、『ゴジラ FINAL WARS』(2004年)以来、日本製作としては 12 年ぶりとなったゴジラ映画を、12 年ぶりにテレビ朝日で放送する運びとなりました。 この秋、六本木にゴジラの咆哮が轟きます!

映画情報どっとこむ ralph 今回、12年ぶりのゴジラシリーズ放送となる11月は、ゴジラの誕生月でもあります。 11月17日(金)には、ゴジラ映画史上初となるアニメーション映画作品、『GODZILLA 怪獣惑星』が公開されるなど、ゴジラムーブメントが過熱するタイミングに、テレビ朝日では様々な「ゴジラ」とのコラボレーションを展開。六本木のテレビ朝日本社でも「シン・ ゴジラ」の地上波デビューを記念した展示を予定しているほか、テレビ朝日の人気番 組と連動し、地上波に留まらないスケールでお茶の間にゴジラの魅力をお届けします。

11月12日(日)のゴジラ襲来。ご期待ください!

映画情報どっとこむ ralph 初のフルCGで大迫力のゴジラを実現!

史上最大となる体長118.5メートルのス ケールはもちろん、国内シリーズ初のフル CG でゴジラを表現。
想像をはるかに超える 最強の完全生物として見るものを恐怖に陥れます。 さらに斬新だったのは「現代日本に初めてゴジラが現れた時、日本人はどう立ち向 かうのか?」という壮大なテーマ。

ゴジラが東京に上陸、そのリアリティを限界まで追求 した映像はまるでドキュメンタリーとも思えるような仕上がりとなっています。

“怪獣映画”というジャンルにとらわれない、壮大なスケールの“人間ドラマ”を描き上 げるために集結したのは、長谷川博己、竹野内豊、石原さとみら日本を代表する演技 派俳優陣。

その数、なんと328名!次から次へと現れる俳優たちの白熱の演技に見る 者は心を奪われていきます。

物語・・・
東京湾・羽田沖。
突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻 き込まれ崩落する。事故の原因は不明。首相官邸では大河内総理大臣(大杉漣)ら閣 僚による緊急会議が開かれる。「崩落の原因は地震や海底火山」という意見が大勢を 占める中、内閣官房副長官・矢口(長谷川博己)だけは、海中に棲む巨大生物による 可能性を指摘する。内閣総理大臣補佐官・赤坂(竹野内豊)らは議論に値しないもの と黙殺するが、直後に海上に巨大不明生物の姿が発見される。 騒然となる政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は上陸。次々 と街を破壊し、日本は壊滅へと突き進んでいく。 緊急対策本部を設置した政府は、自衛隊にも防衛出動命令を発動。さらに米国大 統領特使としてカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)が派遣され、世界も注視し始め る。 巨大生物の正体は何なのか、その生態は、そしてどのようにして倒すべきなのか? 日本を守るための矢口らの長い長い戦いが幕を開けた 。

***********************************

脚本・編集・総監督:庵野秀明
監督・特技監督:樋口真嗣
准監督・特技統括:尾上克郎
音楽:鷺巣詩郎
製作・配給:東宝株式会社

キャスト
矢口蘭堂(内閣官房副長官)長谷川博己
赤坂秀樹(内閣総理大臣補佐官)竹野内豊
カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)石原さとみ
志村祐介(内閣官房副長官秘書官)高良健吾
泉修一(保守第一党政調副会長)松尾 諭
尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課課長補佐) 市川実日子
花森麗子(防衛大臣) 余貴美子
財前正夫(統合幕僚長) 國村 隼
里見祐介(農林水産大臣)平泉 成
東竜太(内閣官房長官)柄本 明
大河内清次(内閣総理大臣)大杉 漣 ほか


第40回日本アカデミー賞2017 作品賞は「シン・ゴジラ」 7冠です!!


映画情報どっとこむ ralph 第40回日本アカデミー賞2017が行われ、最優秀作品賞に「シン・ゴジラ」 7冠です!
長谷川博己さんは「怪獣映画で作品賞は凄い事だなと思います。」、石原さとみさんは「こういう場で終われて幸せです。」とコメント。
(c)2016 TOHO CO.,LTD

最優秀男優賞に佐藤浩市「64-ロクヨン-前編」、最優秀女優賞に宮沢りえ 「湯を沸かすほどの熱い愛」に輝きました!

最優秀アニメーション作品賞は、「君の名は。」・「聲の形」を抑えて「この世界の片隅に」に!片渕須直監督「6年かかった作品。諦めなくてよかったです。」と、コメント。

日本アカデミー賞2017
日付:2017年3月3日
会場:グランドプリンスホテル新高輪
司会:西田敏行・安藤サクラ

映画情報どっとこむ ralph 主要受賞各賞はこちら

【最優秀作品賞】
「シン・ゴジラ」

【最優秀アニメーション作品賞】
「この世界の片隅に」
(C)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

【最優秀主演男優賞】
佐藤浩市「64-ロクヨン-前編」三上義信役
(C)2016映画「64」製作委員会

【最優秀主演女優賞】
宮沢りえ 「湯を沸かすほどの熱い愛」幸野双葉役
(C)2016「湯を沸かすほどの熱い愛」製作委員会

【最優秀助演男優賞】
妻夫木聡 「怒り」藤田優馬役

【最優秀助演女優賞】
杉咲花 「湯を沸かすほどの熱い愛」幸野安澄役

【新人俳優賞】
三代目JSB岩田剛典 「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」日下部樹役
高畑充希 「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」河野さやか役
杉咲花 「湯を沸かすほどの熱い愛」幸野安澄役
橋本環奈 「セーラー服と機関銃-卒業-」星泉役
坂口健太郎 「64-前編-」「64-後編-」手嶋記者役
佐久本宝 「怒り」知念辰哉役
千葉雄大 「殿、利息でござる!」千坂仲内役
真剣佑 「ちはやふる-上の句-」「ちはやふる-下の句-」綿谷新役

【最優秀監督賞】
庵野秀明(総監督)・樋口真嗣(監督) 「シン・ゴジラ」

【最優秀脚本賞】
新海誠監督 「君の名は。」
(C) 2016「君の名は。」製作委員会

【最優秀音楽賞】
RADWIMPS 「君の名は。」

***********************************