「検察側の罪人」タグアーカイブ

木村拓哉 二宮和也 八嶋智人 山崎紘菜 で8/20 LINE LIVEジャック決定 映画『検察側の罪人』


映画情報どっとこむ ralph 【木村拓哉さん×二宮和也さん】が初共演をはたしたことでも話題となっている8月24日(金)公開の映画『検察側の罪人』が、公開に先駆けた8月20日(月)にLINE LIVEジャックを実施します。
①イベントの生中継を皮切りに、②スペシャル企画、③「LINE トリビア」、この日のために1日限り復活するLINE LIVEのオリジナル番組④「さしめし」と全4番組に映画の豪華キャストが登場。

LINE LIVE公式番組と連動したジャックは史上初の試みです!

この度のLINE LIVEジャックには、出演陣のなかから、本作にてエリート検事・最上を演じる主演の木村拓哉さん、若き検事・沖野役の二宮和也さん、弁護士役の八嶋智人さん、最上の血のつながらない娘役の山崎紘菜さんが登場します。

第1弾の企画では、「映画『検察側の罪人』公開直前 夏の納涼試写会」の様子を生放送。浴衣やアロハシャツなど涼しくカジュアルなスタイルに身を包んだ観客を集めた夏らしさ満載の会場に、木村拓哉さん、二宮和也さんが登壇します。第2弾では、木村拓哉さんによる生放送ならではのスペシャル企画が予定されています。何が起こるかは当日のお楽しみ! そして第3弾では、「LINE トリビア」にクイズの出題者として山崎紘菜さんが登場します。

第4弾の「さしめし」に登場する木村拓哉さんと八嶋智人さんは、かつてテレビドラマと劇場版の「HERO」シリーズにおいて検事と事務官という役どころで共演していたお二人。今回の『検察側の罪人』においては、共演シーンこそないものの、一線を越えてしまう検事と、その検事とは対立関係にある弁護士というまた違った立場を演じています。番組では、互いの役柄の話や映画の撮影エピソードに花を咲かせながら、お気に入りのロケ弁ベスト3を実食するなど、気取らないお二人のやり取りをお楽しみいただきます。

映画情報どっとこむ ralph 8月20日(月)の番組概要
◆『検察側の罪人』夏の納涼試写会 舞台挨拶
出演者:木村拓哉、二宮和也(予定)
配信予定時間:15:00~
配信URL:https://live.line.me/channels/21/upcoming/9175732
※アーカイブは10月末まで

◆映画『検察側の罪人』SP企画
出演者:木村拓哉(予定)
配信予定時間:18:00~(仮)
※予告なく開始時間変更の可能性があるため視聴予約をオススメします。
視聴予約をするとライブ配信開始時にお知らせが届きます
配信URL:https://live.line.me/channels/21/upcoming/9175987
※アーカイブは10月末まで

◆LINEトリビア×映画『検察側の罪人』 特別編
出演者:山崎紘菜(予定)
配信予定時間:21:00~
配信URL:https://live.line.me/channels/2980506/upcoming/9180284

◆さしめし特別編 木村拓哉×八嶋智人 映画『検察側の罪人』
出演者:木村拓哉、八嶋智人
配信予定時間:22:00~
配信URL:https://live.line.me/channels/21/upcoming/9175367
※アーカイブは10月末まで

映画情報どっとこむ ralph 映画『検察側の罪人

8日24日(金)全国東宝系にて公開!
ストーリー:
都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める。「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか?」……。互いの正義を賭けて対立する二人の検事。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とは——―。

公式サイト:
http://kensatsugawa-movie.jp/

***********************************

配給:東宝
監督・脚本:原田眞人
原作:「検察側の罪人」雫井脩介(文春文庫刊)
出演:
木村拓哉 二宮和也
吉高由里子 平岳大 大倉孝二 八嶋智人 音尾琢真 大場泰正
谷田歩 酒向芳 矢島健一 キムラ緑子 芦名星 山崎紘菜 ・ 松重豊 / 山﨑努
©2018 TOHO/JStorm


木村拓哉×二宮和也 雑誌UOMOで2ショット表紙!!『検察側の罪人』とコラボで


映画情報どっとこむ ralph 「木村拓哉×二宮和也」の初共演で、各メディアで話題沸騰中の映画『検察側の罪人』。

時効、冤罪、そして司法制度への考察とともに「正義とは何か?」という深遠なるテーマをも描き出し、雫井ミステリーの最高傑作と評価が高い作品。

このサスペンス・エンタテイメント『検察側の罪人』は8月24日(金)全国東宝系にて公開となります!

その公開に先立ちまして、大人の男性に向けファッションとライフスタイルを提案し続ける「UOMO」(9月号・7月24日発売)とのスペシャルコラボ企画が結実!

木村拓哉と二宮和也が、雑誌媒体史上初めて2ショットで表紙を飾ります!


映画のメインビジュアルは対立していく役柄上厳しい表情が印象的な二人が、今号の表紙では温かい自然光の中で柔らかい表情を見せています。

そんな眩しい表紙をめくると、

「木村拓哉二宮和也 このふたり、そうだったんだ!」

と題し、二人のスペシャルシューティングと対談インタビュー合わせて10ページに及び掲載されています。



撮影前に初めてご飯に行ったことや、クランクイン前のお祓いに着てきたお互いの服装をめぐる対立(?)、お互いをどう見ていたかといったインタビューを通して二人の関係性が浮き彫りになっていきます。

またその他にも印象に残っている撮影シーンや現場での珍エピソードなどUOMOでしか読むことのできない『検察側の罪人』の裏話も多数収録!

映画のこと、お互いのこと、これからのこと。一線を越えて二人が語り合ったその内容はファンならずとも、必見です!!


「UOMO」
集英社が発売する30代~40代男性向けファッション誌。毎月24日発売。木村拓哉が毎月、コラム「Session」を連載中。2005年創刊。

映画情報どっとこむ ralph 検察側の罪人

8月24日(金)全国東宝系公開


主演は、エリート検事・最上役に、木村拓哉。そして若き検事・沖野役には、二宮和也。

もはや説明も要らない、トップスター二人の夢の競演が初めて実現。さらに、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂に吉高由里子、闇社会のブローカー・諏訪部に松重豊。最上の親友である国会議員・丹野に平岳大、殺人事件の容疑者の一人・弓岡に大倉孝二、沖野と共に検察との闘いに挑む弁護士・小田島に八嶋智人。さらに、矢島健一、音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜 、山﨑努が出演。また、本作の監督には、昨年の歴史超大作『関ヶ原』の大ヒットが記憶に新しい原田眞人。

***********************************

製作・配給:東宝

監督・脚本:原田眞人

原作:「検察側の罪人」雫井脩介(文春文庫刊)

出演:
木村拓哉 二宮和也
吉高由里子 平岳大 大倉孝二 八嶋智人 音尾琢真 大場泰正
谷田歩 酒向芳 矢島健一 キムラ緑子 芦名星 山崎紘菜 ・ 松重豊 / 山﨑努
©2018 TOHO/JStorm


睨む木村拓哉×吠える二宮和也 『検察側の罪人』予告映像・ポスタービジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph この度、8月24日(金)公開の映画『検察側の罪人』の最新予告映像&ポスタービジュアルが解禁となりました。

本日6月29日(金)から劇場スクリーンにて流れる本予告映像では、木村拓哉さん&二宮和也さんの演技対決・緊迫の予告映像より子細にストーリーが語られ、さらには豪華キャスト陣が本気の顔を魅せる90秒に及ぶものとなっています。


犯人不明の殺人事件の捜査を進める中で浮上してきた容疑者・松倉(酒向芳)。

松倉は過去に時効となった事件の容疑者でもあった。そしてその松倉を何としてでも罰し、罪を償わせることを誓う木村さん演じる最上。その容疑者の取り調べを任され、激しい取り調べを繰り返す二宮さん演じる沖野。その最中で、沖野が最上へ向けていた“信頼”が“疑念”に変わっていく。

激しく対立する二人の【正義】。

涙を堪えて、決意する木村さん。
怒号と共に容疑者を詰める二宮さん。

さらには吉高由里子さん、酒向芳さん、八嶋智人さん、松重豊さん、山﨑努さんら豪華キャスト陣が“本気の顔”でそれぞれの人物を演じ、あらゆる感情と思惑が交錯する様子が緊張感高まる映像で描かれています。

映画情報どっとこむ ralph そして!!!!
劇場前売券の特典情報も到着!

予告映像の解禁と合わせて、翌週7月7日(土)より全国の劇場にて販売する前売券の特典も解禁となります。
前売特典はクリアファイルで、木村拓哉・二宮和也が演じる最上・沖野のビジュアルを表裏に使用した特別仕様のデザインとなっており、ファン垂涎の一品となっております。

映画『検察側の罪人』特製クリアファイルは、7月7日(土)より『検察側の罪人』劇場前売券1枚に付き、1部プレゼント!(全国合計7万名様)

※前売券1枚につき、特製クリアファイルを1部プレゼント!
※数量限定のため、プレゼント終了の際はご了承ください。
※前売特典は、お一人様一会計につき、2枚までとさせていただきます。
※劇場限定の特典です。
※特典は非売品です。転売目的での購入はご遠慮ください。
※詳細は劇場スタッフにお問い合わせください。
※前売券販売劇場は、映画『検察側の罪人』公式サイトでご確認ください。
http://kensatsugawa-movie.jp

映画情報どっとこむ ralph 破格のサスペンス・エンタテイメント『検察側の罪人

は8月24日(金)に公開です。。

ある殺人事件を巡り、2人の検事の対立を描く。都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる容疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の最重要容疑者であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、容疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める…。「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか…?」互いの正義を賭けて対立する2人の検事。彼らの戦いに、待受けていた決着とは――。

***********************************

製作・配給:東宝
監督・脚本:原田眞人
原作:「検察側の罪人」雫井脩介(文春文庫刊)
出演:
木村拓哉   二宮和也
吉高由里子 平岳大 大倉孝二 八嶋智人 音尾琢真 大場泰正 
谷田歩 酒向芳 矢島健一 キムラ緑子 芦名星 山崎紘菜 ・ 松重豊 / 山﨑努
©2018 TOHO/JStorm


『検察側の罪人』木村拓哉×二宮和也 検察官の間の“信頼”が“疑念”に変わる・・・予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 二人の検察官の間の“信頼”が“疑念”に変わる吉高由里子の涙・松重豊の高笑い…豪華キャスト陣出演!予告映像解禁

木村拓哉×二宮和也×原田眞人 映画『検察側の罪人』8月24日(金)公開となります。

その予告映像が解禁!!!!!

5月4日(金)から劇場スクリーンにて流れる予告映像は、先日解禁された30秒の木村拓哉さん&二宮和也さんの演技対決・緊迫の特報映像に加えて、静かな音楽を背景に豪華キャスト陣が出演し、より本作のストーリーに迫った1分間に及ぶものとなっております。



ある殺人事件の捜査を進める中で浮上してきた容疑者を何としてでも罰することを誓う木村演じる最上、その容疑者の取り調べを任された二宮演じる沖野。二人の間にあった“信頼”が物語の中で“疑念”に変わっていく様を、吉高由里子、酒向芳、八嶋智人、松重豊らが演じる数々の登場人物の思惑が交錯する様子と共に緊張感高まる映像で描かれています。

映画情報どっとこむ ralph
日本最高のチームで贈る、破格のサスペンス・エンタテイメント

映画『検察側の罪人

8月24日(金)全国東宝系公開

公式ホームページ:
http://kensatsugawa-movie.jp


原作は「犯人に告ぐ」の雫井脩介が発表した2013年の同名小説。時効、冤罪、そして司法制度への考察とともに「正義とは何か?」という深遠なるテーマをも描き出し、雫井ミステリーの最高傑作と評価が高い作品。

主演は、エリート検事・最上役に、日本のエンターテインメントのTOPを走り続ける俳優・木村拓哉。そして若き検事・沖野役には、二宮和也。もはや説明も要らない、木村拓哉✕二宮和也という日本が誇るトップスター二人の夢の競演が初めて実現。さらに、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂に吉高由里子、闇社会のブローカー・諏訪部に松重豊。最上の親友である国会議員・丹野に平岳大、殺人事件の容疑者の一人・弓岡に大倉孝二、沖野と共に検察との闘いに挑む弁護士・小田島に八嶋智人。さらに、矢島健一、音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜 、そして人権派大物弁護士・白川雄馬に山﨑努が出演。
また、本作の監督には『日本のいちばん長い日』で日本アカデミー賞優秀監督賞受賞、『駆込み女と駆出し男』では日刊スポーツ映画大賞監督賞、毎日映画コンクールでは脚本賞を受賞、さらに昨年の歴史超大作『関ヶ原』の大ヒットが記憶に新しい原田眞人。

物語・・・
ある殺人事件を巡り、2人の検事の対立を描く。都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる容疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の最重要容疑者であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、容疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める…。「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか…?」互いの正義を賭けて対立する2人の検事。彼らの戦いに、待受けていた決着とは――。

***********************************

製作・配給:東宝
監督・脚本:原田眞人
原作:「検察側の罪人」雫井脩介(文春文庫刊)
出演:
木村拓哉   二宮和也
吉高由里子 平岳大 大倉孝二 八嶋智人 音尾琢真 谷田歩 酒向芳 矢島健一
キムラ緑子 芦名星 山崎紘菜 ・ 松重豊 / 山﨑努
©2018 TOHO/JStorm


木村拓哉・二宮和也が真剣勝負!映画『検察側の罪人』のアラーキーの手によるポスターが完成


木村拓哉・二宮和也が真剣勝負!映画『検察側の罪人』のポスターが完成

映画情報どっとこむ ralph 8月24日(金)公開の木村拓哉さん・二宮和也さんが真剣勝負!巨匠・原田眞人監督でおくる映画『検察側の罪人』のポスターが完成しました。

4月13日(金)から劇場に掲出される、こちらのポスターは、「一線を、越える。」というコピーと共に、今回初共演となる木村拓哉さん・二宮和也さんという奇跡の2ショットを撮り下ろした“渾身のポスター”です。


映画の製作始動時からすでに、そう確信していた製作陣は、本作のポスター、それこそ本作の「顔」となるメインビジュアルの撮影を日本写真界の鬼才・荒木経惟さん(通称:アラーキー)に依頼!

荒木経惟さんといえば写真界でその名を知らぬ人はいない。

日本の写真界のみならず、世界中の写真家に多大なるを影響を与えてきた日本のトップ写真家である。
世間的にはヌード写真家としてのイメージが強いが、スナップや風景、ポートレートまで多面性に富み、77歳を超えた今もなお、写真集を精力的に出版、写真展を開催し続け、勢いを増し続ける写真家である。

木村拓哉さん、二宮和也さんという日本のトップ俳優を日本最高峰の写真家が撮る。
この作品の「顔」になる、圧倒的なポスターが出来上がることを製作陣は期待していた。

そして荒木さんから、すぐに快諾をいただき撮影に先立って打合せが行われました。

打合せの場では、≪木村拓哉≫、≪二宮和也≫というトップ俳優の二人を撮るうえで荒木さんは「年齢を重ねてきた男の「顔」を撮りたい」と提案。

荒木さんはこれまでにも市井の人々から数々の俳優まで、途方もない数の「男の顔」を撮影してきた。

さらに、本作は二人が演じる検事が対立していく、という筋書き上、製作陣は二人を別々に撮影することを思い描いていたが、荒木さん自身から「二人を同時に撮影したい」とさらなる提案。
その意図として

「そこに二人が一緒に立つことで、緊張感が生まれる。それを撮る。」

「お互いが意識し合う、必ず、役柄を引きずって火花が散る。」

という荒木さん氏の狙いがあったそう。


9月3日に映画本編の撮影が終了する間際、奇跡的に空いたスケジュールを抑えて、その直前の9月1日に都内のスタジオにて撮影が行われた。

荒木さん自ら照明を調整し、自身も動きながら、寄り、引きと二人の「顔」を切り取るベストな画角を模索しつつ撮影は進んでいく。まさしくそこで展開されるのは被写体と撮り手の真剣勝負。作品さながらの心地よい緊張感と共に二人の表情を引き出していく。フィルムカメラのシャッター音が30分弱鳴り響き続け、撮影は終了。

後日、荒木さんが選んだ写真が焼き上がり手元に届いた。

見れば見るほどに瞼に焼き付く。作品で二人が演じる役柄の人物像がそのまま写真に写りこんでいる。
そして、「一線を、超える。」という本作の登場人物の心象、ストーリー、そして今回、奇跡的に実現した初共演をもそのままに一言で表したコピーが合わさることで、とてつもなく圧倒的、目にするものの視線を釘付けにする渾身のポスター、映画の「顔」が完成。

映画情報どっとこむ ralph さらに、初解禁となる特報映像は音楽はほぼ皆無。
台詞とその芝居のみで鬼気迫るぶつかり合いが描かれています。30秒という短い時間ながら、それぞれの人物像、そして対立していく様を見事に切り取った、緊張感がみなぎる衝撃の映像となっています。



都内で発生した強盗殺人。
容疑者の一人は、過去の未解決殺人の第一容疑者だった。
捜査方針を巡って、対立する二人の検事。
法で裁けない罪人は、罰を免れ赦されるのか。
罪と罰、善と悪、そして、司法と検察官…。
ついに彼は最後の一線を踏み越える。正しいのは、どちらの正義か?

映画情報どっとこむ ralph 原作は「犯人に告ぐ」の雫井脩介が発表した2013年の同名小説。時効、冤罪、そして司法制度への考察とともに「正義とは何か?」という深遠なるテーマをも描き出し、雫井ミステリーの最高傑作と評価が高い作品。

主演は、エリート検事・最上役に、日本のエンターテインメントのTOPを走り続ける俳優・木村拓哉。そして若き検事・沖野役には、二宮和也。もはや説明も要らない、木村拓哉✕二宮和也という日本が誇るトップスター二人の夢の競演が初めて実現。さらに、沖野をバックアップする検察事務官・橘沙穂に吉高由里子、闇社会のブローカー・諏訪部に松重豊。最上の親友である国会議員・丹野に平岳大、殺人事件の容疑者の一人・弓岡に大倉孝二、沖野と共に検察との闘いに挑む弁護士・小田島に八嶋智人。さらに、矢島健一、音尾琢真、キムラ緑子、芦名星、山崎紘菜 、そして人権派大物弁護士・白川雄馬に山﨑努が出演。
また本作の監督には『日本のいちばん長い日』で日本アカデミー賞優秀監督賞受賞、『駆込み女と駆出し男』では日刊スポーツ映画大賞監督賞、毎日映画コンクールでは脚本賞を受賞、さらに昨年の歴史超大作『関ヶ原』の大ヒットが記憶に新しい原田眞人。

日本最高のチームで贈る、破格のサスペンス・エンタテイメント

検察側の罪人

は8月24日(金)に公開いたします。 

公式ホームページ:
http://kensatsugawa-movie.jp

『検察側の罪人』8月24日(金)より全国東宝系にて公開

ストーリー 
ある殺人事件を巡り、2人の検事の対立を描く。都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。最上は複数いる容疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男・松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の最重要容疑者であった人物だ。最上を師と仰ぐ沖野は、容疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める…。「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか…?」互いの正義を賭けて対立する2人の検事。彼らの戦いに、待受けていた決着とは――。

***********************************

製作・配給:東宝
監督・脚本:原田眞人
原作:「検察側の罪人」雫井脩介(文春文庫刊)
出演:
木村拓哉 二宮和也
吉高由里子 平岳大 大倉孝二 八嶋智人 矢島健一 音尾琢真
キムラ緑子 芦名星 山崎紘菜 ・ 松重豊 / 山﨑努

©2018 TOHO/JStorm