「森達也監督」タグアーカイブ

“日本はまだ劇的に変われる可能性はある”森達也監督『i-新聞記者ドキュメント-』日本外国特派員協会記者会見


映画情報どっとこむ ralph 現代日本に大きな衝撃を与え大ヒットを記録した、権力とメディアの“たった今”を描いた衝撃の問題作『新聞記者』のプロデューサーが、私たちが生きる“今”と“メディアの正体”に警鐘を鳴らす、新感覚ドキュメンタリー『i-新聞記者ドキュメント-』が11月15日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開となります。
本作は、オウム真理教を題材にした『A』やその続編『A2』、そしてゴーストライター騒動の渦中にあった佐村河内守を題材にした『FAKE』などで知られる映画監督で作家の森達也監督が、東京新聞社会部記者・望月衣塑子の姿を通して日本の報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、ひいては日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体に迫る社会派ドキュメンタリー。

この度、日本外国特派員協会にて森達也監督、河村光庸プロデューサーによる記者会見が11月12日(火)に開催されました。当日は、会見前の試写会にも申し込みが殺到し、国内外のメディア関係者やジャーナリストで満席の中、記者会見がスタート。外国の記者は、質問に入る前に映画の感想・自身の国のジャーナリズムとの違いを語りだしたりと、白熱したQ&Aが繰り広げられました。
『i-新聞記者ドキュメント-』日本外国特派員協会記者会見
日付:11月12日(火)
場所:日本外国特派員協会
登壇:森達也監督、河村光庸プロデューサー

映画情報どっとこむ ralph
この映画で取り上げられている事件が“辺野古埋め立て問題”“森友学園問題”“伊藤詩織さん準強姦事件”であった事について聞かれ
森監督:それ以外にも撮影時にはいろんな事件や事故、災害も沢山起こりましました。この映画で取り上げた事件はとても大きなものだったのに、いつの間にかほとんどの人が忘れてしまっていることがずっと気になっている」と日本の調査報道の少なさを嘆きつつ「日本人は新しい物、刺激的なもの、与えられたものにすぐ反応してしまうから、結局あの事件はなんだったのかわからなくなる。

との危惧から、これらの事件にフィーチャーしたことを語る。


ドラマ版『新聞記者』を手掛け、『宮本から君へ』で助成金取り消しを受けた、最前線で戦っている河村プロデューサーは
川村P:直接的な政治圧力はほとんどなかったが、いろんな意味でメディアからの圧力はあった。ただ、『新聞記者』が大ヒットを記録できたので、これからもドンドンぶつかっていこうと思う。相手は政治権力ではなくて、同調圧力。自分たちで作りだしている。空気のような幻を怖がっているだけであるということを実感として感じたので恐れることはない。

と日本のジャーナリストにエールを送る。

最後に、望月記者の姿勢を他のジャーナリストが見習って変わっていく可能性はあるかと聞かれ

森監督:このままではいけないという気持ちを、記者が一人ひとり持てば変わる可能性はある。日本のメディアは今本当にどうしようもない状態です。ただ、メディアと社会は合わせ鏡です。社会も3流です。その3流の社会が選んだ政治家も3流です、つまりこの国は3流の国なんだっていうことを日本人は意識したほうがいい。少しでもグレードアップする方法を見出さないと本当にダメな国になってしまうと思う。ただ、今の日本のジャーナリズムはおかしいと思っている記者や報道関係者は沢山いるので、何かのはずみで劇的に変わる可能性はまだ残されていると思う。あるいは、この映画を一千万人が見てくれたら。

と締めくくった。

映画情報どっとこむ ralph 第32回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門にて作品賞を受賞した

『i-新聞記者ドキュメント-』

はいよいよ11/15(金)より新宿ピカデリーほか全国公開。

映画情報どっとこむ ralph 著名人の絶賛コメントが到着致しました。

(滝沢カレンじゃないけれど)望月衣塑子さんは「素直爆弾」。暗黒記者会見に風穴を開けつつある爆弾娘。英語字幕をつけてノーム・チョムスキー先生に見せてあげてほしい。記者クラブ加盟各社表現の自由度ランキング(特定記者の質問制限についてどう思うかアンケート)をつけたいと思った。
マエキタミヤコ(サステナ代表)

望月衣塑子、炸裂!!うれしかった。笑った。アニメもgood!森達也かんとく、さすが!たくさんのたくさんの方に観てほしい・・・って私が言わなくても、みんな観にいくよね。
木内 みどり(女優)

安倍政権下であまりにいろいろなことがおこり、何ら解決しないままに次のとんでもないことがおこり、無力感にさいなまれている。そんな中で果敢に闘いつづける望月さんの姿を見せつけられ勇気をいただいた。多くの人に見てもらいたい。私ももの書きの1人としておかしいことはおかしいと言い続けていきたい。
橘 かがり(ノンフィクションノベル作家)

望月記者はなぜ浮いているのか? それは彼女が組織人でありながら「i」―1人称単数だから。全体主義前夜の日本で「i」であり続けるのは難しい。一方、本作の副主人公・菅官房長官もまた政権において強固な「i」の持ち主だ。2人の対決に僕は勇気をもらった。
盛田 隆二(小説家)

意外にオーソドックスな新聞記者物語。しかし、オーソドックスになるのは必然かもしれない。なぜなら、望月記者がやっていることは徹頭徹尾、政治権力への疑問・取材・質問・追及の繰り返しだから。それは、新聞記者の原点と到達点で、その繰り返しの先に民主主義社会がある。
綿井 健陽(ジャーナリスト・映画監督)

官邸の記者会見って、外には秘密。でも、望月さんが食い下がるからクローズアップされた。森監督はそこに入って撮りたかったけど入れない。でも、誰も知らなかったその雰囲気は如実にわかる。森監督が直接撮ったら、どんな風になったやら!
寺脇研(元文部科学省官僚・映画評論家)




***********************************


監督:森達也
出演:望月衣塑子
企画・製作・エクゼクティヴプロデューサー:河村光庸

監督補:小松原茂幸 編集:鈴尾啓太
音楽:MARTIN (OAU/JOHNSONS MOTORCAR) i-shimbunkisha.jp

2019年/日本/113分/カラー/ビスタ/ステレオ
制作・配給:スターサンズ
©2019『i –新聞記者ドキュメント-』




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

森達也監督 x 望月衣塑子 新感覚ドキュメンタリー『i-新聞記者ドキュメント-』特報完成


映画情報どっとこむ ralph 本作は、オウム真理教を題材にした『A』やその続編『A2』、そしてゴーストライター騒動の渦中にあった佐村河内守を題材にした『FAKE』などで知られる映画監督で作家の森達也監督が、東京新聞社会部記者・望月衣塑子の姿を通して日本の報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、ひいては日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体に迫る社会派ドキュメンタリー。この度、特報映像が完成しました。
i -新聞記者ドキュメント-[1] 蔓延するフェイクニュースやメディアの自主規制。民主主義を踏みにじる様な官邸の横暴、忖度に走る官僚たち、そしてそれを平然と見過ごす一部を除く報道メディア。そんな中、既存メディアからは異端視されながらもさまざまな圧力にも屈せず、官邸記者会見で鋭い質問を投げかける東京新聞社会部記者・望月衣塑子。果たして彼女は特別なのか?この国の民主主義は本当に形だけでいいのか、メディアはどう立ち向かうべきか。これまでも一方的なメディアの報道のあり方に疑問を呈し、情報により変容する日本社会を浮き彫りにした作品を多数発表してきた、森達也監督の真骨頂ともいえる新たな手法で、望月記者の姿を通じて日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体を暴きだす。菅官房長官や前川喜平、籠池夫妻など、ここ数年でよくメディアに登場した渦中の人間が続々と登場。報道では決して映し出されない、現代日本の真の姿。既存の社会派ドキュメンタリーとは一線を画する、新たな社会意識をもった前代未聞のドキュメンタリーが誕生した。

この度解禁となった特報映像には、沖縄辺野古基地の赤土問題などを取材し、政府関係者に強く言い寄る姿が映し出される。



映画情報どっとこむ ralph 現代日本に大きな衝撃を与え大ヒットを記録した、権力とメディアの“たった今”を描いた衝撃の問題作『新聞記者』のプロデューサーが、私たちが生きる“今”と“メディアの正体”に警鐘を鳴らす、新感覚ドキュメンタリー『i-新聞記者ドキュメント-』が11 月15 日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開となります。

この「フィクション」を越えた衝撃の「リアル」は描き出されるのか。続報を待ちたい。

『i-新聞記者ドキュメント-』

新感覚ドキュメンタリー『i-新聞記者ドキュメント-』が11 月15 日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開

***********************************

企画・製作:河村光康エクゼクティヴ・プロデューサー:河村光康
監督:森達也
出演:望月衣塑子
2019 年/日本映画制作:スターサンズ
配給:スターサンズ
©2019『i –新聞記者ドキュメント-』




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

東京新聞・望月衣塑子を追う『i-新聞記者ドキュメント-』公開決定 森達也監督からコメントが到着


映画情報どっとこむ ralph 現代日本に大きな衝撃を与え大ヒットを記録した、権力とメディアの“たった今”を描いた衝撃の問題作『新聞記者』のプロデューサーが新たに世に問うのは、観る者にさらなるリアルを突きつけるドキュメンタリー版!
i -新聞記者ドキュメント- オウム真理教を題材にした『A』やその続編『A2』、そしてゴーストライター騒動の渦中にあった佐村河内守を題材にした『FAKE』などで知られる映画監督で作家の森達也監督が、東京新聞社会部記者・望月衣塑子の姿を通して日本の報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、ひいては日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体に迫る社会派ドキュメンタリー『i-新聞記者ドキュメント-』が11月15日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開されることが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 本作を手掛けた森達也監督からコメントが到着しました。

 望月衣塑子記者の名前を、あなたはいつ知っただろうか。官房長官の記者会見で質問を重ねる女性記者。同じ質問を何度もするなと官邸スタッフに咎められたとき、「納得できる答えをいただいていないので繰り返しています」と彼女は即答した。とても当たり前のこと。でもその当り前の言葉が、ずっと僕の頭から離れない。
 この国のメディアはおかしい。ジャーナリズムが機能していない。そんな言葉を日常的に見聞きするようになってから、もう何年が過ぎただろう。いや見聞きするだけではない。僕自身も頻繁に言ったり書いたりしている。
 かつてテレビ・ディレクターだった。その後に映画監督が肩書に加わった。それから活字も仕事の領域になった。いわば僕のこれまでの人生は、常にメディアと共にあった。そのうえで断言する。確かに今のメディアはおかしい。ジャーナリズムが機能していない。
 あなたが右だろうが左だろうが関係ない。保守とリベラルも分けるつもりはない。メディアとジャーナリズムは、誰にとっても大切な存在であるはずだ。だから撮る。撮りながら考える。望月記者はなぜこれほどに目立つのか。周囲と違うのか。言葉が残るのか。特異点になってしまうのか。
撮りながら悩む。考える。だから観ながらあなたにも考えてほしい。悩んでほしい。きっと最後には、あるべきメディアとジャーナリズムの姿が見えてくるはずだ。
―森達也


映画情報どっとこむ ralph 今、あなたに問う

『i-新聞記者ドキュメント-』

11月15日(金)より、新宿ピカデリー他、全国順次公開

***********************************


企画・製作:河村光康
エクゼクティヴ・プロデューサー:河村光康 
監督:森達也
出演:望月衣塑子 
2019年/日本映画
制作:スターサンズ
配給:スターサンズ
©2019『i –新聞記者ドキュメント-』




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

森達也監督と本作の佐藤慶紀監督が登壇『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』トークイベント


映画情報どっとこむ ralph 昨年10月に釜山国際映画祭ニューカレンツ部門に正式出品され、そのセレクションが評価されている大阪アジアン映画祭など国内外で絶賛されている佐藤慶紀監督の問題作『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』が、先週末から10/6(金)まで新宿K’s cinemaで公開中。

今後は、名古屋シネマスコーレでは9/23(土)〜、大阪・シネヌーヴォでは10/7(土)〜と、全国順次公開されます。

今回、本作について、

「法制度と感情がせめぎ合う。遺族は死刑を求めるのか。あるいは否定するのか。スリリングな展開に人の切ない営みが明滅する。あなたが死刑制度についてどう考えているのかはわからない。でもこの映画を観ながら考えてほしい。知ってほしい。」

とコメントした映画『FAKE』(2016年)の森達也さん(映画監督)が、本作の佐藤慶紀監督とトークイベントを行いました。

日付:9月17日
場所:新宿K’s cinema
登壇:
佐藤慶紀監督『HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話』
森達也監督『FAKE』

映画情報どっとこむ ralph 佐藤監督:『HER MOTHER』は去年釜山国際映画祭に出品させていただいたんですが、その時に森さんに知り合いになりました。

と、話す佐藤監督。実は最初は観るのをためらったと話す森監督は

森監督:ホテルが一緒で、朝食を食べていたら、声をかけられて、映画を見させていただきました。その後台湾の桃園映画祭でもご一緒しました。釜山で「死刑がテーマの映画が上映される」と声をかけられた時に、あまり見たくないというか、多分死刑反対の映画なんだと思いました。死刑賛成の映画はあまりないですよね。けれど、本編を見て、そんな単純な映画じゃないと思いました。(世の中、)表層的な死刑を支持をする人と、表層的な死刑を反対する人がとても多くて、悩ましいテーマなんですけれど、そこを避けていないんです。例えば日本でも『休暇』や大島さんの映画だとか死刑についての映画がありますが、被害者遺族の気持ちは触りづらいので、そこをあえてやったことは勇気があることでびっくりしたし、映画の質量というものにも圧倒されました。

と、熱く語ると、

森監督:本作は、ほぼ自然光、カメラもほぼ手持ちで、ドキュメンタリータッチになっています。そういう映画は実は多いのですが、すごく感心したのは、終盤主人公がコンビニに行ってミネラルウォーターを買うシーンで、「26円お持ちですか?」というようなところは普通カットするんですが、そういう要素を入れたまま残すという意味は大きいです。映画全体を支配しますから。

佐藤さん:確かにテーマとは関係ないところなんですけれど、通常のルーティーン的なやり取りの中で二人の気持ちを表現できたらなと思いました。


映画情報どっとこむ ralph 森監督:今月ニコニコ動画で死刑をテーマにしたディベートに呼ばれたのですが、死刑存置の側と廃止の側に分かれてディベートをするんですが、はっきり言って意味がないです。一番死刑制度の問題の根源にあるのが、みんな死刑を知らないということです。どういった制度なのか、どういう人たちがいるのか、どのように執行されるのか、それを知らずして賛成だ反対だと言ってもしょうがなく、メインストリームメディアは扱わないので、そういう番組をやることは意味があると思って行ったんですけれど、廃止の側は、僕と、青木理さん、日弁連の弁護士の方でした。存置の方は、被害者遺族の会を支える弁護士の方たちと、「闇サイト殺人事件」で娘さんを殺された磯谷富美子さんなどでした。磯谷さんが冒頭に30分位自分の想いをしゃべられたんですが、ディベートの場に遺族の方がいれば、僕ら第三者には対抗できる言葉はないですよね。肉親を殺された人は加害者を憎む、殺したいと思うというのは、当たり前のことです。それに対して論理でどうのこうの言っても意味がないのは、話しながら自分でもわかります。ニコ動の番組って、モニターに書き込みが出るんです。僕と青木さんが喋る度に、「こいつら出て行け」とか「こいつらこそ死刑だ」と言われ、喋りながら何が何だかわからなくなってきてしまって、圧倒的にダメでした。とても難しい、矛盾を抱えた問題で。遺族の方がそこにいるシチュエーションといないシチュエーションで違って当たり前です。僕は第三者なんです。第三者が安易に当事者の気持ちを代弁すべきではないし、共有すべきではないし。極端なことを言えば、世界中がパレスチナの人の想いを共有すれば、アメリカやイスラエルを攻撃すべきです。間違っているかはともかく、北朝鮮の人たちの想いを共有すれば、当然核兵器は当たり前だ、ということになりますし。遺族の気持ち云々以前に、自分とは違う人の気持ちを自分はどれだけ共有できているのか、ということを本当は考えなくてはいけないんだけれど、なんだか皆共有している気分になってしまうことが危険だし、こういうことを言うと、冷血と思われてしまうし。その矛盾は、この映画だってそうですよね?


佐藤監督:整理できていないです。投げ出している部分がありますね。元々、実際の遺族の方で、死刑に反対した方がいたんですけれど、なぜというのはわからなかったんですけれど、その行動をみなさんにわかる形で伝えることはできないかなと考えまして。第三者としてこういうことを考えたり、感じることが大事だと思います。

映画情報どっとこむ ralph 司会:これから観る方に一言お願い致します。

森監督:死刑問題って、どうしても目にしたくないですよね?死刑そのものも、それに付随する死刑制度に目をそらしてしまう。数の問題じゃないです。今年に入って2人死刑が執行されています。再審請求中に執行されるという、かつてない事態です。再審請求中は執行しないというのが暗黙のルールだったのが、いともたやすく金田法務大臣によって施行されたのですが、社会は反応せず、前例が作られてしまうのを危惧しています。死刑の問題というのは、生き方というか死に方など重要なところに触れているはずなんですよ。なのに、皆気づかない、もしくは、気づかないふりをしているという気がしていて、もっともっと真剣に考えるべきテーマだと思います。国連から勧告が来ているとかそういうことではなくて、生きていく上で、今この国にある死刑制度をどう考えるかというのはとても重要な問題だと思います。


一度考える機会を


「HER MOTHER 娘を殺した死刑囚との対話」
~10月6日(金)まで新宿K’s cinema他全国順次

『娘を殺害した加害者の死刑を止めようとする母。一体なぜ…』

43歳のビジネスウーマン・晴美(西山諒)。2年前に一人娘のみちよ(岩井七世)が嫁ぎ、現在は夫(西山由希宏)と二人で平凡に暮らしている。そんなある日、みちよが婿の孝司(荒川泰次郎)に殺されてしまう。孝司は死刑判決を受ける。当初は死刑判決を当然の事と考えていた晴美だが、ある時から孝司の死刑を止めようと考え始める。そこには、晴美しか知らないみちよのある秘密があった。


公式サイト:
hermother-movie.com

Twitter:
@mothermovie66

***********************************

西山諒  西山由希宏  荒川泰次郎  岩井七世  野沢聡
箱木宏美 木引優子 西田麻耶

監督・脚本・編集:佐藤慶紀
撮影:喜多村朋充 
音楽:ベンジャミン・ベドゥサック 
制作:カロリーネ・クラツキー
メイク:桐山雄輔 
衣装:市岡昌顕
制作プロダクション:Aerial Films  
配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作:『HER MOTHER』製作委員会(Aerial Films・ラフター・渋谷プロダクション)
2016/95min/DCP/カラー/ステレオ
©『HER MOTHER』製作委員会
     




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ