「森田涼花」タグアーカイブ

鉄砲玉?なにそれ、ウケるね『純平、考え直せ』出演者情報一挙解禁!


映画情報どっとこむ ralph 9月22日(土)より全国公開される主演・野村周平、ヒロイン・柳ゆり菜映画『純平、考え直せ』の出演者情報が解禁となり場面写真6点を新たに解禁に。


主人公・坂本純平と師弟関係になる兄貴分には、毎熊克哉。
加奈の職場の上司には、岡山天音。

歌舞伎町のコインランドリーで知り合うゲイに、佐野岳。
純平と同じ組の仲間には、戸塚純貴。
更に、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人、森田涼花、木下愛華といった個性溢れる俳優陣が脇を固め、下條アトム、二階堂智、片岡礼子といったベテラン俳優陣が物語への重厚感を押し出すように華を添えている。

そして、お笑い芸人のやしろ優が、本作でスクリーンデビューを果たしました。
金髪で華やかな衣装で登場するやしろ優の役どころは?! 
映画情報どっとこむ ralph 古めかしい任侠の世界と、現代の闇を映し出すSNS、そしていつの時代も変わらない若者たちの葛藤が、ひとつの作品としてまとめ上げられ、本作に映像ならではの化学反応を引き起こしている本作。現代を生きる若者たちを激しくも瑞々しく描き、限られた3日間を刹那に疾走する2人の青春物語に是非ともご注目ください。

物語・・・

「鉄砲玉?なにそれ、ウケるね」
ふたりの青春、あと3日!?-未来なんて、クソくらえ!

新宿・歌舞伎町のチンピラ、坂本純平(野村周平)21歳。いつか?一人前の男?
になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々だ。そんな純平、ある日、対立する組の幹部の命を獲ってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平は、偶然出会ったOLの加奈(柳ゆり菜)と一夜を共にし、つい?鉄砲玉?になることを洩らしてしまう。手元には拳銃一丁と数十万円の支度金。退屈を持て余していた加奈は、時代錯誤な純平の情熱に呆れながらも不思議な胸の高鳴りを覚え、決行までの三日間、純平と行動を共にすることに。新宿を見降ろすホテルに泊まり、大好物の焼肉をたらふく食べ、思い切り笑い、そして孤独と不安を慰め合ううちに、ふたりは惹かれ合っていく…。
「鉄砲玉なんかやめて、一緒に逃げようか」と言う加奈に、「男が一度決めたことだから」と純平は聞く耳を持たない。そこで加奈はSNSに相談。すると、忠告や冷やかし、無責任な声援がネット上に飛び交い出した! 加奈の想いと、ネット住人たちとの交流が、純平の決意を揺るがし始めるが、決行の日は迫り――さぁ、どうする、純平!

***********************************

出演:野村周平、柳ゆり菜/毎熊克哉、岡山天音、佐野 岳/戸塚純貴、佐藤祐基、藤原季節、日向寺雅人/森田涼花、木下愛華、やしろ優/下條アトム、二階堂智、片岡礼子

原作:奥田英朗『純平、考え直せ』(光文社文庫刊)
監督:森岡利行
脚本:角田ルミ、木村暉、吉川菜美 
プロデューサー:梅川治男
製作:キングレコード アークエンタテインメント
製作プロダクション:ステューディオスリー
配給 アークエンタテインメント
(c)2018「純平、考え直せ」フィルムパートナーズ


『過激派オペラ』11人“女だらけ”の初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ 狂熱の愛。15分に一度のむき出しの愛。
伝説の劇団「毛皮族」主宰で、演出家の江本純子初監督映画『過激派オペラ』が10月1日(土)よりテアトル新宿にてレイトショー公開となりました。

そして、その公開初日に11人の“女だらけ”の初日舞台挨拶がテアトル新宿で行われました。
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6
『過激派オペラ』初日舞台挨拶
日時:10月1日
場所:テアトル新宿
登壇:早織、中村有沙、桜井ユキ、森田涼花、佐久間麻友由、後藤ユウミ、石橋穂乃香、今中菜津美、遠藤留奈、増田有華、江本純子監督

映画情報どっとこむ TJ 原作は監督の自叙伝『股間』。15分に一度のむき出しの愛。
沙織さんは男前で、女たらしの女演出家役。そして、中村さんはヒロインで女性同士で恋愛関係になる役。演じるうえで一番苦しかったことと幸せだったことを聞くMCに・・・。

%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e6%b2%99%e7%b9%94%ef%bc%91
早織さん:くらくらしてます!初日を迎えられて最高です。クランクイン前の6日間ほどリハがあって。その最終日。監督と二人で話しをして「あなたはこの現場の足を引っ張っている。降りようと思はないの?」って聞かれたときは苦しかったです。不甲斐なくて、なかなか演じられなくて・・・。いっぱいぶれて混乱して・・・・でも。クランクイン以降、江本監督は真摯に向き合ってくれたのですが。思うように返せなくて。それも悔しくて・・・・・幸せだったのは、みんなが支えてくれたことです。映画、本当に面白いので楽しんでいただきたいです。監督の映画に出れて最高に幸せです。

と、涙をこらえながら、苦しかった思い出と公開の幸せに溺れそうなコメントからイベントはスタート。
%e6%97%a9%e7%b9%94_%e4%b8%ad%e6%9d%91%e6%9c%89%e6%b2%99
中村さん:1年前の夏の撮影からこうして公開されたこと。そして立ち見のお客様まで。嬉しい限りです。沙織さんのコメントで伝わったと思いますが。リハ期間でたくさんのことがありまして。映画自体がほぼドキュメントに近い感じに凄い濃い時間でした。私も、監督に「人形じゃないんだからって!」言われて。心を持った人間として、そして演劇が好き!をまっすぐに向き合い、ただがむしゃらに死なないように役を生きたことが苦しくもあり、その濃密な時間が幸せでした。
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e4%b8%ad%e6%9d%91%e6%9c%89%e6%b2%99%ef%bc%91
江本監督:10月1日。一生に一度の監督デビュー作の初日。ワールドプレミアレイトショーにお越しいただいてありがとうございます。映画で出来ることって何かと思って。演劇の場合は、その時に流れている時間と空間をどう感じて共有するかを大事にしていますが・・・。映画は過去に撮ったものをお客様に届けるので、いかに現在進行の時間を伝えるか。そこには俳優の力が必要で。今を流れる時間が見えるように撮りたくて。厳しい演出をしていました。
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e6%b1%9f%e6%9c%ac%e7%9b%a3%e7%9d%a3 %e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e6%b1%9f%e6%9c%ac%e7%9b%a3%e7%9d%a31
映画情報どっとこむ TJ 増田さん:朝の早い時間の2時間ぐらいで撮ったのですが、私は来ちゃいけない戦場に来てしまった!と思いました。江本監督の演出が荒々しくって。死ぬ気で頑張りました。
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e5%a2%97%e7%94%b0%e6%9c%89%e8%8f%af
今中さん:ここに立ってるだけで精一杯です。頑張りました!現場の空気感が、皆さんに伝わればいいなと思います。
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e4%bb%8a%e4%b8%ad%e8%8f%9c%e6%b4%a5%e7%be%8e%ef%bc%91
後藤さん:撮影の時に濃密な時間を過ごしたので凄く好きな作品です。早く皆さんに観ていただきたいです。
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e5%be%8c%e8%97%a4%e3%83%a6%e3%82%a6%e3%83%9f
森田さん:初号試写を観たときに、ワンカット目からすごいって衝撃を受けたので楽しんでください!
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e6%a3%ae%e7%94%b0%e6%b6%bc%e8%8a%b1
桜井さん:最初の女子の距離感で、どうなることかと思っていましたが、よい風に映像に反映されています!
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e3%80%81%e6%a1%9c%e4%ba%95%e3%83%a6%e3%82%ad
映画情報どっとこむ TJ 佐久間さん:普段は演劇をやっていて。監督とは良く稽古場で映画の話をしていて。映画への愛を知っていたので初日を迎えられてうれしいです。撮影は癖になる夏でした。あの日に戻れないのはさみしい気もします。
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e4%bd%90%e4%b9%85%e9%96%93%e9%ba%bb%e5%8f%8b%e7%94%b12
石橋さん:本当に濃いい時間でした。まだ、客観視できないです。皆さんの感想が聞きたいです。
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e7%9f%b3%e6%a9%8b%e7%a9%82%e4%b9%83%e9%a6%99
遠藤さん:小劇場で役者をしています。現場に入る前に、ヤバいらしいぞ!って聞いていて。江本監督の元、皆さん一皮むけたのではないのでしょうか!オープニング美しいです。楽しんでください!
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_%e9%81%a0%e8%97%a4%e7%95%99%e5%a5%88
沙織さん:Thank you please enjoy!
%e9%81%8e%e6%bf%80%e6%b4%be%e3%82%aa%e3%83%9a%e3%83%a9%e5%88%9d%e6%97%a5%e8%88%9e%e5%8f%b0%e6%8c%a8%e6%8b%b6_last
映画情報どっとこむ TJ 主人公は女、恋人も女、ライバルも女。演出家と役者、演技の先にあるのは狂おしいほどの青春と愛とエロ。フツーの恋愛では物足りない女子にぜひ観てほしいです。R15+指定。



10月1日(土)より、テアトル新宿にてレイトショー!
10/29(土)より大阪・第七藝術劇場、
11/12(土)より名古屋シネマテーク、
12/17(土)より福岡中洲大洋以降広島・横川シネマ、仙台・桜井薬局セントラルホール他全国順次公開です。
http://kagekihaopera.com

「毛皮族」や「財団、江本純子」などを手掛け、国内外でセンセーショナルな作品を発表し続ける演劇界の奇才・江本純子。長編初監督作品。

自らの著作「股間」が原作。演劇界でのし上がっていく女性同士のカップルの出会いを描いた作品です。主演は「ケータイ刑事銭形雷」「怪談新耳袋絶叫編」で主演を務め、小出早織から改名後も『百円の恋』『瀬戸内海賊物語』など話題作に出演する早織と、『ゾンビアス』『ブラックフィルム』で主演を務めた、元・天才テレビくん出身の中村有沙。二人が体当たりのヌードシーンや激しいベッドシーンに挑みます。早織は初ヌード、中村有沙は初ベッドシーン。また、個性溢れる劇団員を、今注目の若手である桜井ユキ、森田涼花、佐久間麻由、後藤ユウミ、石橋穂乃香、今中菜津美が怪演し、演劇界から宮下今日子、遠藤留奈、梨木智香、大駱駝艦、安藤玉恵、高田聖子が脇を固めています。そして、ライバル役として趣里、増田有華が華を沿える豪華な布陣となってます。

***********************************

出演:
早織中村有沙/桜井ユキ/森田涼花/佐久間麻由/後藤ユウミ/石橋穂乃香/今中菜津美/趣里/増田有華/遠藤留奈/範田紗々/宮下今日子梨木智香岩瀬亮平野鈴大駱駝艦/安藤玉恵/高田聖子

監督:江本純子
原作:『股間』江本純子(リトルモア刊)
脚本:吉川菜美、江本純子
製作:重村博文
プロデューサー:梅川治男、山口幸彦
音楽:原田智英
撮影:中村夏葉
照明:大久保礼司
美術装飾:SAORI
録音:深田晃
編集:小林由加子
企画・製作プロダクション:ステューディオスリー
製作:キングレコード、ステューディオスリー
配給:日本出版販売
宣伝:キャットパワービスタ|5.1ch|90分|2016年|日本映画|R15+|
©2016キングレコード
  


最狂の謎映画『ライヴ』試写してきた


『ヌイグルマーZ』『電人ザボーガー』の井口昇監督の最新作

『ライヴ』

試写してきました!

主演に「海賊戦隊ゴーカイジャー」の山田裕貴。ヒロインには大野いとを迎え超人気作家・山田悠介のベストセラー小説「ライヴ」が遂に映画化!

『ライヴ』メイン
ですが、変わったつくりになっています。
チラシに「今世紀最狂の『謎映画』現る。」とあります。

流石は?
奇才・井口昇監督が自身のキャリアの到達点と豪語しているとのことだけあって、原作をそのままというわけではありません。

そう、原作小説そのものが、映画の攻略本として登場するというストーリー!

なかなか発想がユニークで面白いですよね。



『ライヴ』2ただ、僕は“デスレース”や“バトルロワイヤル”ものが好きではないのでどうもね。。。結構グロいです。

女の子がアクションするのがお好みの監督の嗜好が色濃い作品です。

『ヌイグルマーZ』がツボだった方は必見かも。

『ライヴ』1それにしても
入来茉里さんの印象っていつも違うよね。。

ラッキーセブン、埼玉家族、本作。。。今後注目しちゃうな。

『ライヴ』本ポスターそれにしても原作ってどうなっているんだろ?

読んでから見るか、見てから読むか!!
角川映画のオマージュ満載

『ライヴ』

5月10日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーです。

公式HP:
http://www.live-movie.jp

********************************************************************


『ライヴ』


◆STORY
突然、謎の男から届けられた一冊の本、山田悠介のサスペンス小説「ライヴ」。
それを受け取った者は、みな愛する者を拉致されていた―。
助けるには、小説の内容をヒントに“デスレース”を完走しろと?!

うだつの上がらないフリーター・田村直人は、母親が捕われたと知り、困惑しつつも謎の男に指定された場所へと向かってみる。そこには、同じく肉親や恋人を拉致された人々が「ライヴ」片手に集っていた。

この状況は一体なんだ?訳も分からず、とりあえず「ライヴ」を読みながら走り出す直人たちだったが、そこに待ち受け構えていたのは想像を絶する謎と狂気のトラップだった―。

【原作】山田悠介「ライヴ」KADOKAWA/角川書店刊
【監督/脚本】井口昇(『ヌイグルマーZ』『電人ザボーガー』)
【出演】
山田裕貴(「スターマン・この星の恋」「GTO」「海賊戦隊ゴーカイジャー」)
大野いと(「あまちゃん」『偉大なるしゅららぼん』)
森永悠希(『カノジョは嘘を愛しすぎてる』)
【主題歌】「あなた」片平里菜(ポニーキャニオン)
【配給】 KADOKAWA
(C)2014「ライヴ」製作委員会


一つの家族をオムニバスで描く『埼玉家族』初日舞台挨拶


埼玉家族ポスターSSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013において、SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザの若手映像クリエイター支援プログラム「Go-all」による4作品のオムニバス映画

ばらばらな人生が集まって、
家族という一つの画を作っている

『埼玉家族』

の公開舞台挨拶が行われました。

埼玉に住むある家族をテーマに父親、母親、息子、娘に起こる、それぞれの出来事を新進気鋭の若手監督たちが描いています。

■娘編
『ハカバノート』監督:福山功起
■母親編
『キャンディ』監督:加瀬聡
■父親編
『父親輪舞曲』監督:角川裕明
■息子編
『ライフワーク』監督:完山京洪

日時: 2013年10月12日[土]
場所: 新宿ピカデリ―
登壇者:鶴見辰吾、伊藤かずえ、森田涼花
    福山功起監督、加瀬聡監督、完山京洪監督
特別ゲスト:埼玉県知事 上田清司

鶴見辰吾さんのコメント

鶴見辰吾鶴見:皆さんこんにちは!3日間の連休に足を運んでいただいて本当にありがとうございます。
この映画は有名シェフが作る行列のできるようなレストランのものではないんですが、埼玉にある町はずれにあるチョットした洋食屋で出る、実は美味いオムライスのような映画です。観終わった時にどうか心を満たしていただければ幸いです。

MC:父親輪舞曲は、日本映画では珍しいミュージカルを取り入れた映画ですが。普通の父親をミュージカルで表現するのはいかがでしたでしょうか?

鶴見辰吾鶴見:日本でミュージカルを成立させるのは難しいとされてきたんですけど、監督がしっかりとしたビジョンを持っていまして、日常の中にも音楽はあふれているんですね。そうい感覚を利用して映画にいかしています。監督のアイディアで、皆さんの作品とうまく溶け込んでいると自負しています。難しかった点は、録音した歌に、撮影のときにリップを合わせるんですが、自分で歌ったはずなのに口が合わない。そこは難しかったですね。

伊藤かずえさんのコメント

伊藤かずえ伊藤:お忙しい中、お集まりいただきありがとうございます。
映画は見てのお楽しみ、皆さんにチョットでも感動した所があれば少しでも宣伝していただければと思います。今日は後ゆっくりお楽しみください。

MC:伊藤さんと鶴見さんは27年ぶりの共演で夫婦役ということですが。

伊藤かずえ3伊藤:数えてみたら、自分でもびっくりしたんですけど。大映ドラマで3-4年青春時代の厳しい撮影をご一緒していたので、久しぶりに感じなかったですね。撮影は家族が集まっての1日だけだったのですけど楽しんでできました。

森田涼花さんのコメント

森田涼花森田:今日は暑い中、本当にありがとうございます。この映画は、しんなりほっこり、皆さんの心があったかくなってお帰りいただければ嬉しいなと思います

MC:家族や友達に本当の気持ちを伝えられないという女の子を演じてみて如何でしたか?

森田涼花森田:演じてみて。。。。その時、私が道を歩いていてわかばと出会って、胴体が一緒になって、私と若葉の想いが重なってた感じがします。日常に楽しみを見出すんだろうとか。ただ単純なのに、見えない吹き出す思いがあったので楽しかったです。

監督其々のコメント

福山監督のコメント
MC:4名の監督でオムニバス映画と言うことですが、監督同士でなにか話し合いはあったのでしょうか?

福山監督福山監督:4人が其々家族4人を描くということで、プロデューサーとはいろんな試行錯誤はあったのですが、ルールとして他のキャストを出さない。ですので、台詞が説明にならないようにその辺を工夫することが大変でした。出来上がってみると繋がってるなとおもっております。

加瀬監督のコメント
MC:加瀬監督、家族の中のお母さんの物語を作るのに一番大切にしたところは?

加瀬監督加瀬監督:お母さんというよりは。。女性ということでイメージして作りました。強い憧れがあって女性ということを強く描きました。


完山監督のコメント
完山監督:劇場公開2本目ですが、こんなに速く新宿ピカデリ―で舞台挨拶出来るとは思ってもみませんでした。ライトの明るさとフラッシュと。。少し頭がぼーっとしています。胸がいっぱいです。

MC:完山監督は長男の物語を作られたわけですけど一番伝えたかったところは?

完山監督完山監督:カメラマンを目指している男の子の話なんですけど、仕事とかを認められたいっていう欲求が凄いあって、それに対するコンプレックスもあると思うんです。彼が最後にとる行動っていうのが、僕が一番描きたかったところなんです。そこから逆算して物語を作りました。


上田清司知事のコメント

MC:埼玉家族は埼玉県が支援する若手映像クリエーター支援事業GO-ALL短編映画制作支援プログラムの一環として埼玉県と松竹により共同制作されました。本日は特別ゲストとして埼玉県の上田清司知事においでいただきました。

上田清司埼玉県知事上田知事:今日は公開初日に大勢のみなさまにお集まりいただき本当にありがとうございました。この埼玉家族は、埼玉県は映像拠点産業を擁しておりまして、そこで若手クリエーターを育てたいという強い希望を持っています。

そして10年前からデジタルシネマ祭も催しております。そのデジタルシネマ祭で様々な賞をとった4人の監督に脚本。そしてメガフォンをとっていただきました。そして、お忙しい中、ご出演いただいた素晴らしいキャストのみなさまにも感謝しております。

舞台挨拶
4本のまったく違うテイストの短編がひとつの作品になる、

『埼玉家族』

は、本日10月12日(土)より公開です。

公式HP: http://saitama-kazoku.jp/

製作:松竹株式会社/埼玉県 
配給:松竹株式会社映像商品部
©松竹株式会社/埼玉県 2013

********************************************************************


『埼玉家族』上映&トークイベント レポ



SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013において、SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザの若手映像クリエイター支援プログラム「Go-all」による4作品のオムニバス上映および監督の舞台挨拶が行われました。

埼玉に住むある家族をテーマに父親、母親、息子、娘に起こる、それぞれの出来事を新進気鋭の若手監督たちが描いています。

■娘編
『ハカバノート』監督:福山功起

■母親編
『キャンディ』監督:加瀬聡

■父親編
『父親輪舞曲』監督:角川裕明

■息子編
『ライフワーク』監督:完山京洪

日時: 2013年7月18日[木]開場13:40、開映14:00

■場所: SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ4F 映像ホール
■登壇者:鶴見辰吾、伊藤かずえ、大野拓朗、森田涼花
     角川裕明監督、加瀬聡監督、完山京洪監督、福山功起監督

各監督、と主演俳優さんが登壇、自己紹介の後、各映画ごとにトークが展開されました。

MC:『ハカバノート』福山監督。地元川口での撮影でしたが、思い出に残っているエピソードなどあれば。

福山監督:すべてが思い出深いところでしたが、ワカバ演じる森田涼花さんに走っていただいてるんですが、こけたところで怪我をさせてしまいました。

そんな中で、頑張っていただきました。

森田:こんな小っちゃい傷だったから、どおってことないです。この撮影した時期がほんとに最近撮影して、今上映されて。。。あの~ビックリしています。そして、自分が長くおっきく皆さんの前で写っているのでドキドキしてみていました。

ゆれる思春期ということで、監督と相談しながら演じました。


MC: 『キャンディ』加瀬監督。母親編のロードムービーを4日間で撮影したわけですがいかがでしたか?

加瀬監督:埼玉だけでなく。。。逗子、最終的には千葉。移動移動で大変でしたけど、何とかまとめて。

伊藤:4日間で終わったんですけど、4日間ほぼ貫徹でした。商店街を走るシーンは朝の4時でした。

加瀬監督:しかもそのシーン落としました。。。

伊藤:でも、楽しい撮影でしたよ。


MC:『父親輪舞曲』角川監督。ミュージカル映画を作るに当り、熱く熱く鶴見さんを口説かれたようですが。

角川監督:先ず、ミュージカル作品が日本ではスタンダードの物が無いなと想い作ったわけですが。僕の思いを伝えたうえで快諾していただいた感じです。


鶴見:熱く語っていただきましたよ。先ずCDをいただいて。。。監督の歌声で入ってるんですが、旨いんですよ。監督イケメンで、ミュージカルの俳優でもあるんですよ。ちょっとやりにくい所もあったんですよ。

日本でミュージカル映画をつくるのは凄く難しいのですが、旨くバランスをとっていて、そこに僕も感動し共感しこの作品に携わりたいなと思いました。

角川監督:撮影最後に、鶴見さんに、こういうのを待ってたんだよ。って言っていただいて、光栄でした。



MC:『ライフワーク』 演じられた大野さんは撮影からブログをUPされていて楽しそうでしたが。。。

大野:楽しかったですね。完山組みが凄くアットホームであったかくて、最初からリラックスして参加できました。それでいてとっても熱くて。完山組みに入れていただいて本当に幸せです。

完山監督:キャストさんとクルーがすばらしくて、助けられたなーという印象です。大野君の魅力が映像に焼き付けられるかと考えていて。。彼自身がまじめで純粋なんですね。その良さを活かしたかったんです。

大野:シーンごとに、説明を受けて、そこを話し合いを凄くして楽しかったです。


MC:家族が揃う最後のシーンをまとめた福山監督に一言。

福山監督:其々の短編を観ていない中で、最後のシーンは其々の役者さんが監督だったと思います。

この後、フォトセッションでイベント終了。とっても、アットホームな上映&トークイベントでした。

この4本のまったく違うテイストの短編がひとつの作品になる、

『埼玉家族』

は、10月12日(土)より公開です。

製作:松竹株式会社/埼玉県 配給:松竹株式会社映像商品部
©松竹株式会社/埼玉県 2013

映画に関して個人的な感想ですが。。。
4人の監督が互いの作品をまったく知らずに制作し(もちろん家族の設定等は知っている)、そして出来上がった作品はテイストがまったく異なる物。でも最後に1本の映画になっている。なかなか面白いアプローチだと思います。

そして、この演出が其々の監督の作品を引きたたせている結果になっている気がします。

因みに僕のお気に入りは斬新な、角川(かくかわ)監督『父親輪舞曲』。こういう作り方もあるんだなと感心しました。今回登壇されなかったけど、水崎綾女さんの歌。なかなかです。

********************************************************************