「森沢明夫」タグアーカイブ

新人・金井浩人&池脇千鶴『きらきら眼鏡』公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 『夏美のホタル』『ふしぎな岬の物語』など映画化が続く森沢明夫先生の小説「きらきら眼鏡」を原作に新人の金井浩人と池脇千鶴がダブル主演で映画化した『きらきら眼鏡』が2018年に公開することとなりました。

本作は、恋人の死を乗り越えられず苦しむ主人公、余命宣告を受けた恋人を持つヒロイン、そしてヒロインの恋人との触れ合いや心情を中心に、死生観と恋愛観を織り込みながら主人公の成長を描く人間ドラマです。

主人公・立花明海に抜擢された金井さんは、新人ながら演技力が高く評価され主役。
本作では、恋人を事故で失った喪失感から立ち直れずにいる青年・明海役を演じ映画デビューとなります。

そして、ダブル主演となるあかね役には、『ジョゼと虎と魚たち』、『そこのみにて光輝く』など確かな演技力が光る実力派女優池脇さんが挑みます。本作では、1冊の本を介し明海と知り合い、余命宣告された恋人を抱える女性を演じます。

映画情報どっとこむ ralph 金井浩人さんからのコメント:
未だに色んな思いが溢れんばかりにあって、言葉に詰まってしまいます。この作品に携わり本当に沢山の出会いがありました。
その多くの出会いや、またこの物語に感化されたことで、自分自身のこれまでを回顧し、今現在を肌身で感じ、これからを見つめ続けた日々でした。いつかのあの時、あることを思い、あるところへ行着き、人に出会って、あれをしてこれをして。そんな繰り返しがあって今自分はここにいて、この人達に出会って、一緒にものを創っていて。全てが繋がっていて今なのだと。なにか、この映画が物語っていることとその時の日々が、力強く通じているような気がしてなりませんでした。そんなことを心の片隅で小さく想い続け、全うした気がします。この映画を背負い、これからを生きていけることが幸せでなりません。多くの人に届くことを祈っています。

池脇千鶴さんからのコメント:
今思い返すと、撮影していた毎日がきらきらしていたのかもしれません。普段はそんなにきらきらなんてしませんが(笑)、心から信頼できるキャスト、スタッフ、そしてあかねという役のおかげでほがらかに毎日を過ごすことができました。繊細で傷つきやすく、それでも精一杯人生を生きようともがく優しい人間たちを、観てくださる皆さんにしっかりと見届けていただければと思います。

犬童一利監督からのコメント:
本当に沢山の人に支えられ、無事にクランクアップを迎えることができました。現在編集中ですが、原作の魂を引き継ぎつつ、映画ならではの「きらきら眼鏡」を皆さんに届けられると思います。素敵なスタッフ、俳優部、そして地域の方々と丁寧に作っています。今の日本にこそ必要な映画になると信じています。ご期待ください。

前田紘孝エグゼクティブ・プロデューサーからのコメント:
本作品、クランクイン前から、市民の皆さまに、制作プロダクションが今までにないくらい、踏み込んでいきます、ホンモノの共作にしましょう。と宣言してクランクインしました。その分、たくさん摩擦もありました。しかしながら、その摩擦で生まれた「温度」は、この作品にしっかり刻まれたと思います。大きな喜びと手応えでいっぱいです。多くの皆さまに届けたいです。支えてくださった皆さまに、心から感謝いたします。

映画情報どっとこむ ralph
さらに、あかねの恋人で余命宣告を受けた裕二には『キッズ・リータン』『サトラレ』など日本映画界を代表する安藤政信さん。さらに現在人気急上昇中の若手俳優『覆面系ノイズ』の杉野遥亮さん、ViVi専属モデルで『東京喰種トーキョーグール』などの映画でも活躍する古畑星夏さん、『富美子の足』で話題の片山萌美さん、『ひかりのたび』で長編映画初主演となり話題となった志田彩良さんら今注目の若手俳優陣が脇を彩ります。

監督は、石倉三郎主演、キム・コッピ共演の『つむぐもの』で観る者の魂を揺さぶると高い評価を得た1986年生まれの犬童一利がメガフォンを取ります。脚本は「相棒」シリーズなどの守口悠介。犬童監督とは『つむぐもの』以来の二度目のタッグとなります。『そこのみにて光輝く』、『つむぐもの』の前田紘孝がエグゼクティブ・プロデューサーを務めています。

た、エンディング曲「Reminiscence ~回想~」は、チェロ柏木広樹が書き下ろし、ヴァイオリン葉加瀬太郎、ピアノ西村由紀江という日本の音楽界を代表する豪華トリオでの演奏が決定しています。

2018年、全国公開

https://kirakiramegane.com/movie .jp

***********************************


金井浩人 池脇千鶴 古畑星夏 杉野遥亮 片山萌美 志田彩良 安藤政信
原作:森沢明夫「きらきら眼鏡」(双葉社刊)
エンディング曲:「Reminiscence〜回想〜」柏木広樹feat.葉加瀬太郎&西村由紀江
監督:犬童一利
脚本:守口 悠介
エグゼクティブプロデューサー:前田 紘孝
プロデューサー:相羽浩行
アシスタントプロデューサー:杉浦美奈子
キャスティング:前信介
撮影:根岸憲一
照明:左納康弘
録音:根本飛鳥
美術:吉川都和
助監督:加藤毅
制作担当:尾形龍一
衣装:阪上秀平
ヘアメイク:徳田芳昌
スチール:北島元朗
編集:佐々木弥生
音楽:神村 紗希
効果:勝亦さくら
協力:船橋市 船橋ロケーションガイド ふなばし撮ぉりゃんせ/千葉県 千葉県フィルムコミッション/
勝浦市 勝浦ロケーションサービス 制作:きらきら眼鏡制作実行委員会/ソウルエイジ
制作プロダクション:ソウルエイジ
配給:S・D・P
宣伝:ブリッジヘッド/エレクトロ89
製作: NPO法人船橋宿場町再生協議会/「きらきら眼鏡」製作委員会/ソウルエイジ
©森沢明夫/双葉社©2017「きらきら眼鏡」製作委員会
   


有村架純、愛情の深さを感じとって!『夏美のホタル』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ TJ 廣木隆一監督と⼥優・有村架純が再タッグを組んだ『夏美のホタル』がいよいよ6月11日(土)公開初日を迎え、有村架純、工藤阿須加、光石研、吉行和子、廣木隆一監督、そして原作者の森沢明夫先生が登壇した舞台挨拶が行われました。
夏美のホタル初日 また、本作にちなんで、ベテラン勢が世代を導く一言・次世代へと想いを繋ぐメッセージを有村架純さん、工藤阿須加さんへと送りました。

『夏美のホタル』初日舞台挨拶
日時:6月11日(土)
場所:新宿シネマカリテ
登壇:有村架純、工藤阿須加、光石研、吉行和子、森沢明夫、廣木隆一監督

映画情報どっとこむ TJ 暖かい拍手の中、登壇者が登場。初日第1回目の上映後の舞台挨拶。

夏美のホタル初日_有村架純有森さん:皆さん、朝から優しい気持ちになりましたか?(拍)人と人との触れ合いを描いていて、今日一日穏やかな気持ちで過ごしていただけたらと思います。思い出のシーンは、慎吾との部屋のシーン。距離感が難しくて記憶に残っていますね。

工藤さん:人と人とのつながりを大切にしたくなる優しい映画です。僕もそのシーンを撮って夏美との感情などがわかった部分なので、印象に残ってます。

と、挨拶と思い出のシーンを語ったお二人に続き、ベテラン勢には撮影現場の雰囲気を質問。

光石さん:廣木監督の映画の時間が流れている現場でその中でのお芝居楽しかったです。

吉行さん:撮影場所がとても良いところで、みんなが新鮮で自然で良かったですね。架純ちゃんはお芝居とは思えないぐらい自然で、とても楽しい時を過ごしました。気持ちの良い映画だと思います。

森沢先生:原作の持っている温かさをそのまま映像にしていただけたと思います。そして、原作も読んでみてください。

監督には、今回の森沢先生の原作を映画化への質問がされると、

廣木監督:初日にこんなに集まっていただき安心しました。嬉しく思っています。家族のひと夏の話なんですけど。あるシーズンに人が出会ってって大好きなので。いいなと映画化しました。

と回答。

映画情報どっとこむ TJ 思いをつなぐということで、次世代に思いを込めてお二人に

光石さん:工藤君、真面目さはかけがえないものなので。忘れないように。お父さん役には光石とお願いします。

吉行さん:二人とも自然でいいですね。この新鮮さを持って、冒険してたくましくなってほしいですね。

それに対して、

夏美のホタル初日_工藤阿須加工藤さん:一つのことに集中し過ぎるのもどうかとは思っていますが、真面目さを忘れず頑張っていきます。お父さんは光石さんに頼みます。

有森さん:直接お言葉をいただけるのは凄い嬉しいです。現場では皆さんの演技を食い入るようにみました。その場の空気を全部巻き込むのは凄いなと感じました。勉強させていただきます。

森沢先生:1冊で1人の人生のクライマックスを感じられますので浴びるように本を読んでみてください。

廣木監督:いまのまま、役者を続けていってください!そして、監督は廣木でお願いします(会場爆笑)

映画情報どっとこむ TJ 最後に、撮り終えた時の気持ちを聞かれ、有村さん、

「夏美のホタル」有村さん:親がどう思っているのか再確認できました。そして、より深く愛していきたいなと感じました。この作品を見て、家族や人とのつながり、愛情の深さを感じ取っていただけたら嬉しいです。

と、締めました。

『夏美のホタル』

6 月1 1 日( 土) 全国ロードショーです。

***********************************

出演:有村架純、工藤阿須加、淵上泰史、村上虹郎、中村優子、小林薫、光石研、吉⾏和子
監督:廣木隆一
原作︓森沢明夫「夏美のホタル」(角川⽂庫刊)
脚本︓片岡翔、港岳彦
企画:プロジェクトドーン
制作:ダブ
製作:「夏美のホタル」製作委員会2016年
日本/カラー/108 分/ビスタ


微妙な感情に揺れる有村架純 映画『夏美のホタル』


映画情報どっとこむ mari 有村架純主演『夏美のホタル』は、6月11日(土)全国ロードショーとなります!

日常を逃れ、導かれるように向かったのは、父との思い出の場所だった。

それぞれの出会いにより、想いが繋がれ、人生が動き出す。 あたたかい涙が流れる、やさしい作品が生まれました。
「夏美のホタル」 その微妙な感情に日々揺れるヒロイン・夏美を演じたのは、第58 回ブルーリボン賞主演女優賞、第39回 日本アカデミー賞優秀主演女優賞、新人俳優賞をダブル受賞し、めざましい活躍をみせる有村架純。人生の転機を迎えようとする女性の心情を、見事に演じています。

映画情報どっとこむ mari 夏美の恋人・慎吾には工藤阿須加。そして、心優しい親子、ヤスばあさんには吉行和子、通称 地蔵さんに光石研、いわくありげな仏師に小林薫。彼女を取り巻く俳優陣は、滋味ある演技派たちが揃っています!

監督は、「ヴァイブレータ」「余命1 ヶ月の花嫁」「ストロボ・エッジ」「娚の一生」と、様々なジャンルの作品を巧みに手がけ、数多くのヒット作を世に贈り出している廣木隆一。

原作は「ふしぎな岬の物語」の原作ほか数々の小説、エッセイ、絵本を手がける人気作家、森沢明夫。

映画情報どっとこむ mari 物語・・・

写真家になる将来の夢と、恋人の慎吾(工藤阿須加)との関係に悩んでいた夏美(有村架純)は父の形見のバイクで思い出の森へ向かう。そこで小さな商店を営んでいる、通称 地蔵さん(光石 研)とヤスばあさん(吉行和子)親子に出会い、居候することに。

テンカラ釣りを教わり、きゃらぶきや川エビなど地元の食を味わい、近所の子供たちと遊びながら自然の中で自由にシャッターをきる夏美。

地蔵さんの友人、雲月(小林 薫)の不遜な態度を腹立たしく思いながらも、あとを追ってやってきた恋人・慎吾も加わり、“たけ屋”での穏やかな生活を楽しんでいた。

しかし、ある日、地蔵さんが別れた家族との間に埋められない溝を抱え、長い間苦しんでいることを知る。


親子、夫婦、家族、友達。誰かを大切に想うことが、夏美の心を少しずつ癒していく。

まるでホタルの淡い灯火のように。

夏美のホタル

2016 年6 月11 日(土) 全国ロードショー!

公式サイト natsumi-hotaru.com

***********************************


有村架純
工藤阿須加 淵上泰史 村上虹郎 中村優子
小林 薫 光石 研 吉行和子

監督:廣木隆一
脚本:片岡翔、港岳彦
原作:森沢明夫「夏美のホタル」(角川文庫刊)
主題歌:Uru「星の中の君」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
製作:松本光司、井上義久、堀内大示
プロデューサー:田中清孝、柴原祐一
共同プロデューサー:宇田川寧
音楽:石橋英子 音楽プロデューサー:杉田寿宏
ラインプロデューサー:湊谷恭史
撮影:花村也寸志 照明:北岡孝文
録音:深田 晃 美術:丸尾知行
装飾:佐々木博崇 編集:菊池純一
衣裳:高橋さやか ヘアメイク:永江三千子
視覚効果:松本 肇
音響効果:佐藤祥子
スクリプター:押田智子 キャスティング:安生泰子
助監督:中里洋一 制作担当:村山亜希子
特別協力: 千葉県、千葉県フィルムコミッション
企画:プロジェクト ドーン 製作:「夏美のホタル」製作委員会
制作プロダクション:ダブ
配給:イオンエンターテイメント
宣伝:キュー・テック
2016 年/日本/108 分/ビスタ/5.1ch
(C)2016「夏美のホタル」製作委員会


悲しくなくても人は泣ける『ライアの祈り』初日舞台挨拶


幸せのカタチは決して ひとつではない。
永久のロマンを旅して見つけたものは、<幸せ>でした。

映画『ライアの祈り

の初日舞台挨拶が武田梨奈さん、藤田弓子さん、水嶋仁美さん、黒川浩行さん、森沢明夫さんが登壇して行われました。

『ライアの祈り』初日舞台挨拶
日付:6月13日
場所:有楽町スバル座
登壇者:武田梨奈、藤田弓子、水嶋仁美、黒川浩行、森沢明夫(原作)

ライアの祈り_初日
武田さん:本日はありがとうございます。女性の先輩に恋をしてしまう女の子役なんですけど、そういうことって特別な感情で難しいなと思ったんですけど。。女性を好きになるのは特別なことではなく、幸せの形は一つではないなと感じました。
ライアの祈り_武田梨奈1
藤田さん:客席で一緒に観させていただきました。素晴らしくきれいな映画。日本人って本当に綺麗な人たちだなと感じました。素晴らしい国だということを伝えていかないとと思いました。この映画育てていってください。
ライアの祈り_藤田弓子
水嶋さん:ライア役ですが、この衣装で出ていますがそんなにはうつっていません。縄文人役、一生心に残ると思います。沢山の方の熱い気持ちが詰まった映画だなと新めて実感しています。
ライアの祈り_水嶋仁美
黒川監督:ご覧になっていただいた通り、派手さはないですし、若手がバーッとと言うのでもなく、血も流れませんし、難病ものでもありません。そうではない森沢先生の原作をいただきまして。悲しくなくても人は泣ける。ことを目指して一生懸命頑張って撮りました。
ライアの祈り_黒川監督2
森沢さん:原作を読んでいただいた方?結構いらっしゃいますね。ありがとうございます。原作の中で伝えたかったのは裕福と幸せは違うというところです。幸福に思うことを忘れていないか?そんな時、縄文時代の幸福感を描こうと思ったんです。僕の思いがとっても良い形でスクリーンで表現されて嬉しく思っています!
ライアの祈り_森沢明夫
最後は『合唱土偶』とフォトセッションが行われました。
触ると幸せになるそうです。劇場に置いてあります。ぜひ劇場へ!

ライアの祈り_初日舞台挨拶
物語・・・
桃子(鈴木杏樹)は、明るく姉御肌のアラフォー女性。メガネ販売店の八戸店で店長を務め、後輩の桜(武田梨奈)達から頼られ慕われる存在だが、心の奥の深い傷を抱え人生を前に進ませる勇気が持てずにいた。

そんなある日、遺跡発掘一筋の考古学研究員クマゴロウこと佐久間五朗(宇梶剛士)と出会う。

彼と出会った瞬間に不思議な感覚を覚えた桃子は縄文時代に興味を抱いていくうちに、無骨で不器用だがまっすぐなクマゴロウに心引かれていくのだが……。

ライアの祈り

絶賛公開中!

公式サイト:http://raianoinori.com/

********************************************************************

製作総指揮:川阪実由貴 
監督:黒川浩行  
脚本:寺田敏雄  
原作:森沢明夫「ライアの祈り」(小学館文庫)
出演:鈴木杏樹、宇梶剛士、武田梨奈、宅間孝行、水嶋仁美、村田雄浩、中本賢、秋野太作、藤田弓子

主題歌「Beloved」 WEAVER(A-Sketch)   
企画・製作:エム・ケイ・ツー
制作プロダクション:TOブックス  
配給:アイエス・フィールド  
©2015「ライアの祈り」製作委員会 ©森沢明夫/小学館   
2015年/日本/カラー/5.1ch/DCP/ビスタサイズ/119分/G
  


『ライアの祈り』青森県先行舞台挨拶&ヒット祈願!!


ベストセラー作家・森沢明夫の同名小説を映画化

ライアの祈り

が6月13日(土)からの全国公開に先駆け、本日5月30日(土)本作でロケ地の青森県先行公開を迎えました。

そして、蕪嶋神社(八戸市)にて出演者や製作関係者がヒット祈願を行いました。

「ライアの祈り」青森先行公開初日舞台挨拶前蕪嶋神社
そのあと、フォーラム八戸にて青森先行公開初日舞台挨拶を実施。登壇者には映画出演者の主人公桃子の母親役の藤田弓子さん、主人公桃子がイメージする縄文時代に生きたライア役の水嶋仁美さん、他、黒川浩行監督、原作者の森沢明夫さん、製作総指揮の川阪実由貴さんほか、映画にも出演の地元のタレントでもあり、八戸市議会議員になって話題となった百香(本名:久保百恵)さんらが初日舞台挨拶をより盛り上げました。

5月30日(土)蕪嶋神社ヒット祈願・青森先行公開フォーラム八戸初日舞台挨拶  概要
日程:5月30日(土)ヒット祈願、フォーラム八戸にて初日舞台挨拶
場所:蕪嶋神社(八戸)・フォーラム八戸(青森県八戸市十三日町16番地 チーノ八戸5F)
舞台挨拶登壇者:藤田弓子、水嶋仁美、百香、黒川浩行監督、森沢明夫(原作)中島みか、あどばるーん

川阪実由貴(製作総指揮)、小林眞(八戸市市長)、大黒裕明(支援実行委員会会長)

地元映画館のフォーラム八戸は満員。
場内の満員のお客様に本作への思いをのべた藤田弓子さんは「美しい日本の景色、そして日本人ということがちゃんと出ている映画です」と八戸の魅力をアピール。

また、元グラビアアイドルから八戸市議会議員になって話題となった百香さんは「八戸市民として一人でも多くの方に見ていただけるようPRしていきたいです」と意気込んでいました。

地元の歌手・中島みかさんは「ライアの祈り」をイメージした応援ソングを披露し、縄文時代をイメージしたという三味線や和太鼓などの音楽に自らが作詞した歌をのせ観客を魅了しました。

フォーラム八戸では、「触ると幸せが訪れる」という、100㎏の合掌土偶のレプリカが展示されました。この「触ると幸せが訪れる」という100㎏の合掌土偶(レプリカ)は6月13日(土)の有楽町スバル座にて行われる全国公開の初日舞台挨拶にも青森八戸から日帰りになるが応援に掛け付ける予定だそうです。

藤田弓子さんのコメント
「一万年も続いた縄文時代があって私達は今、一番新しいところにいるんだなという思いと、親子・兄弟とか人と人とがちゃんと目を見て話すことで大切な人とのつながりで私たちは生きているのだなと感じられる映画だと思っております」

百香さんのコメント
「生まれ育った街で映画が撮影されると聞いて、ワクワクドキドキしながらオーディションに向かった日のことを鮮明に覚えています。大好きな八戸の魅力が詰まったこの作品をPRしてきたいです」

水嶋仁美さんのコメント
「撮影以来二度目の八戸でとてもワクワクしてきました。この映画を見て、人とのつながりっていいな、と感じていただけたらと思います」

あどばるーんさんのコメント
「撮影時に監督にネタをやってと言われたシーンかカットされていて非常に残念でした」

黒川浩行監督のコメント
「今だけじゃなく、五年後・十年後・二十年後と次の世代の人まで受け継がれる八戸の映画にしたと思って制作しました」

原作者:森沢明夫さんのコメント
「縄文時代をどう表現するか不安でしたが、三回みて三回とも泣いてしまうような素晴らしい感動的な作品になってると思います」

物語・・・

桃子(鈴木杏樹)は、明るく姉御肌のアラフォー女性。

メガネ販売店の八戸店で店長を務め、後輩の桜(武田梨奈)達から頼られ慕われる存在だが、心の奥の深い傷を抱え人生を前に進ませる勇気が持てずにいた。そんなある日、遺跡発掘一筋の考古学研究員クマゴロウこと佐久間五朗(宇梶剛士)と出会う。

彼と出会った瞬間に不思議な感覚を覚えた桃子は縄文時代に興味を抱いていくうちに、無骨で不器用だがまっすぐなクマゴロウに心引かれていくのだが……。

ライアの祈り
映画『ライアの祈り

は5月30日(土)より青森県先行ロードショー、6月13日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショーです。

公式HP:http://raianoinori.com/


********************************************************************

製作総指揮:川阪実由貴 
監督:黒川浩行  
脚本:寺田敏雄  
原作:森沢明夫「ライアの祈り」(小学館文庫)

出演:鈴木杏樹、宇梶剛士、武田梨奈、宅間孝行、水嶋仁美、村田雄浩、中本賢、秋野太作、藤田弓子

主題歌「Beloved」 WEAVER(A-Sketch)   
企画・製作:エム・ケイ・ツー
制作プロダクション:TOブックス  
配給:アイエス・フィールド   
2015年/日本/カラー/5.1ch/DCP/ビスタサイズ/119分/G
 ©2015「ライアの祈り」製作委員会 ©森沢明夫/小学館