「森本のぶ」タグアーカイブ

吉村界人・SUMIRE・若葉竜也・森本のぶ・斎藤工 登壇!『サラバ静寂』初日舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 娯楽が禁止された世界・・・

映画『サラバ静寂』が1月27日(土)、ユーロスペース渋谷にて公開初日を迎え、舞台挨拶が主演の​吉村界人​さん。本作で映画初出演となる​SUMIREさん、​そして​若葉竜也さん 、森本のぶさん、斎藤工さん、宇賀那健一監督​が登壇して行われました!

映画『サラバ静寂』初日舞台挨拶

場所:ユーロスペース渋谷
登壇:吉村界人、SUMIRE、若葉竜也、森本のぶ、斎藤工、宇賀那健一監督
MC 東 紗友美

映画情報どっとこむ ralph 暖かな拍手の中、登壇したキャストと監督。

マイクトラブルが発生するも地声でスタート。

宇賀監督:本日はとても寒い中『サラバ静寂』上映にお越しいただきましてありがとうございます。音楽が禁止された世界の中で、若者たちが音楽をする話です。映画の世界も恵まれない世界でもああるかもしれません。そんな中でこの作品を制作してきました。この映画を選んでくださった方々も、一つのノイズだと思っています。皆さんも共犯者として観ていただければと持っています。

吉村さん:本当に、この場に立ってる方々は、映画が好きで、表現したくて、こうやって集まって演じていて。この場に立てる事感謝しています。
本作を、やっと観ていただくことになり、ここから皆さんに観ていただいて価値が出てくる。頑張りますので宜しくお願いします!

SUMIREさん:この映画は、音楽禁止の世界。音楽の大切さや、失っていたもの気づかせてくれる作品です。GATSはつまっている映画。大切なものが気付き直せらればいいなと思います。

若葉さん:凄く低予算な映画ですが、10億、20億かかっている映画と同じように誕生したんで同じ土俵かなと思っています。
SNSで広げていただけると、上映館数増えたりするので、ご協力いただければ嬉しいです。何かひっかったところがあれば、また確かめに来てもらえればとも思います。

森本さん:この並びで森元のぶと言う俳優がノイズとして登壇しています。これが若手の俳優の夢があるんじゃないかと思います。
今あらゆることが日常的に当たり前に手を伸ばせば、なんでも手に入るの世界。でも、明日なくなるかもしれません。無くなったときに気付かされることもあります。危機意識を感じてくれればいいなと思っています。

斎藤さん:監督の想いから始まって、現場にほとばしる若さ。僕は年長組でしたが・・・非常に若きエネルギーが詰まった作品です。応援してください。
ここに入ってきたときに凄まじいCO2量。後味が良くも悪くもビターな素敵な作品。この後ややいかがわしい渋谷の街(円山町)を余韻に浸りながら、気を付けて帰ってください。

宇賀監督:2週間と短い期間でしたが、可成り細部にもこだわっていて本当の廃墟で撮影しているので、喉やられたり、工さんもご自身で衣装とか探していただいたり、皆の力があって出来上がった作品です。この映画は小さい映画ですが、劇場で観ていただくように撮影をしました。劇場で大勢の中で観ていただきいて、池に投げた石のように破門になればと思っています。周りの方に伝えていただければと思います。

と、締めました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『サラバ静寂

公式HP:
http://www.saraba-seijaku.com


物語・・・

「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽が禁止される法律が施行された日本。

ネジ工場で働くだけのつまらない生活を送っていたミズト (吉村界人)とトキオ(若葉竜也)はある日、偶然根絶されたはずの音楽が沢山保存されている廃墟を見つけてしまう。廃墟に通いつめ、どんど ん音楽に魅了されていく2人は、未だに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知り、そこへいくことを夢見て一緒に音楽を作 りだすのだが、音楽を心から憎んでいる杉村(斎藤工)率いる警察、そして、音楽を所持している罪で父親を殺されたヒカリ(SUMIRE)も2人のいる廃墟へと歩みを向けていた…。

***********************************

キャスト:吉村界人・SUMIRE・若葉竜也・森本のぶ/斎藤工

カトウシンスケ・内木英二・川連廣明・泊帝・影山祐子・杉山拓也・髙木直子・田山由起・美館智範・ミヤザキタケル・ヒス・ソニー

出演アーティスト:​灰野敬二、大貫憲章 (特別出演)、仲野茂、今村怜央(レオ) ほか
参加ミュージシャン:​ASSFORT・GOMESS・渡辺俊美(ZOOT16・TOKYO NO.1 SOULSET)&三星幸紘・COLORED RICE MEN・GOMA・ 始発待ちアンダーグラウンド・リンダ&マーヤ・羊文学・SMASH YOUR FACE・INU(町田町蔵)・かせきさいだぁ・オキシドー ターズ×遠藤ミチロウ・Trinite・桑名六道(ジャジャ岩城)・仮面女子・藤井悟・笹口騒音オーケストラ・ばちかぶり(田口トモロヲ) Compact Club・Yuji Rerure Kawaguchi・ランキンタクシー・輪入道・jan and naomi・QP-CRAZY(殺害塩化ビニール) 忘れらんねえよ・ U-zhaan・山川冬樹・FORWARD・非常階段・ギターウルフ・チバ大三・WRENCH・川辺ヒロシ・おとぎ話

企画・脚本・監督:宇賀那健一

スタッフ:【プロデューサー】小林和仁 小野川浩幸 【撮影監督】八重樫肇春 【劇中衣装協力】CYDERHOUSE 【衣装デザイン・スタイリスト】松田稜平 【美術・装飾・持道具】横張聡【音楽】小野川浩幸 【企画】宇賀那健一 小林和仁 【助監督】平波亘 【制作担当】飯塚香織【VFXスーパーバイザー】小林敬裕(UNDERGRAPH inc.) 【編集】上本聡 【ヘアメイク】寺沢ルミ 【スチール】伊藤華織【録音】Keefar、岸川達也 【整音】紫藤佑弥


春本雄二郎監督 『かぞくへ』界著名人からの応援コメント続々


映画情報どっとこむ ralph 2月24日より東京・ユーロスペースにて公開される春本雄二郎監督 『かぞくへ』。


各界から応援コメントも続々到着しているそうで、一部抜粋が到着しました!

<各界著名人からの応援コメント>

堤幸彦(映画監督)
そこには「人」がいた。真っ直ぐで、思い、悩み、背負い、それはリアルに私たちの隣にいる人達で、あるいは私そのものかもし れない。だからこの映画には、感情を持っていかれる。橋の上で私も泣く。気がつくとこの映画の“かぞく”になっていた。恐る べし、春本監督。

原田知世(女優・歌手)
心の友と呼べる人と出会えたなら、人生は豊かなものになるだろう。その人生が終わる時に思い浮かぶ人たちが、私にとっての『家族』という枠を超えた『かぞく』なのかも知れない。

二ノ宮知子(漫画家)
ああ、なんで男って…。ああ、なんで女ってこう…。そう、親の言葉は呪いになるんだよ…。細部までのリアルさが、心にとても 刺さってきました。若く不器用で愛すべき人達が葛藤する姿に、自分の若い頃を重ねたり、違うだろうと地団駄踏んだり…。最後 は旭と一緒に泣いてしまいました。また、旭と洋人の「島の人」感。どういう関係だったか、説明がなくてもわかるような。この東京の片隅に確実に存在してるって思うから余計に痛々しく。世界中の不条理に自分も関われるチャンスはあるし、その時は何かできる大人でいたいな、と思えました。

でんでん(俳優)
この映画に出ている梅田君は、今人気のスポーツ、卓球をやる。2017 年東京選手権ショービズの部で彼は第 3 位を獲得。ちなみ に私は準優勝。卓球のダブルスなどでは相方との息が合わなければ勝利はできない。梅田君の松浦君とのコンビネーションの良さ は素晴らしい。卓球よりうまい。私は、多くの人にこの作品を薦めたい。

矢田部吉彦(東京国際映画祭プログラミングディレクター)
見事な脚本と、素晴らしい役者。主演の青年ふたりの姿を思い浮かべると、いまでも胸が熱くなる。絶対に観客の胸に突き刺さる はずと、確信を持って選んだ作品だ。

ドン・ブラウン(映画翻訳家)
2016 年の東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門の僕的ベスト1『かぞくへ』は日本インディーズ界に新風を吹き込む傑作。極 めてシンプルで分かりやすいのにも関わらず、時代を写す奥深さのある脚本。主演の松浦慎一郎さんの優しさ溢れる演技は特筆す べき。『かぞくへ』には、日本のインディペンデント映画に足りないものが、すべて詰まっている。お見逃しなく。

冨手麻妙(女優)
今の若者は、人との繋がりを絶っているような気がしています。人と人がぶつかり合ったりすれ違ったりして、もがいたり悩んだ りすることを避けている気がします。私はこの映画を見て、友情や恋愛を超えた先の救いの場所である“かぞく”というものが見 えた気がしました。スマホばかり見つめていないで、自分にとっての“かぞく”をもっと大切にしていこうと思える映画でした。

高佐一慈(お笑い芸人 ザ・ギース)
主人公、その恋人、親友。彼らは誰も悪くないし、皆素直に生き、とてつもなく優しい。なのになぜ、悲しみに向かって歩いてい かなければならないんだろう。圧倒的リアリティに、気づいたら泣いていました。もう一度見に行きます。

そのほか、多数の応援コメントは随時公式サイトにてアップされる予定。

映画情報どっとこむ ralph 2 月 24 日より ユーロスペースを皮切りにロードショーです!

<公開劇場>
2 月 24 日(土)より 東京 ユーロスペース
3 月 10 日(土)より横浜シネマリン
順次 名古屋シネマテーク
大阪 シネ・ヌーヴォ
京都 出町座
神戸 元町映画館
宇都宮ヒカリ座

公式サイト:
kazokue-movie.com

ストーリー
家族の温かさを知らず生きてきた旭は、同棲中の佳織と結婚を目前にしながら、よかれと思って紹介した仕事で親友の洋人を詐欺の被害に合わせてしまう。養護施設で家族同然に育ってきた唯一無二の親友と、認知症が進む祖母のために結婚式を急ぐ婚約者の間で、次第に旭は追いつめられていき・・・家族を知らない男が、つかみかけた幸せを前に、親友と婚約者の間で揺れる――日本の片隅に生きる若者たちの息遣いを骨太に描き出した人間ドラマ 2016 年東京国際映画祭スプラッシュ部門でプレミア上映され、その後フランス・ウズール国際映画祭で 3 冠を受賞。主演・松浦慎一郎の体験を元にした、春本雄二郎初監督作品。

***********************************

CAST:松浦慎一郎、梅田誠弘、遠藤祐美、三溝浩二、おのさなえ、下垣まみ、瀧マキ、森本のぶ

監督・脚本・編集:春本雄二郎
撮影:野口健司 照明:中西克之 録音・整音:小黒健太郎
制作:福田智穂 助監督:浅見佳史 音楽:高木聡
プロデューサー:深谷好隆、春本雄二郎、南 陽
海外セールス:植山英美(ARTicleFilms)
配給:『かぞくへ』製作委員会
配給協力:コトプロダクション
劇場営業:髭野純
(C)『かぞくへ』製作委員会
【DCP/シネスコ/5.1ch/カラー/2016/日本/117 分】


吉村界人、若葉竜也を斎藤工が追いつめる『サラバ静寂』予告到着!


映画情報どっとこむ ralph 映画『黒い暴動❤』の宇賀那健一監督による、2018年1月27日(土)にユーロスペース 他にて公開となる、静かなるノイズ​映画『サラバ静寂』(出演:吉村界人、SUMIRE、若葉竜也 、斎藤工 他)​の予告編が解禁となりました。



娯楽が禁止された世界で初めて音楽に触れた吉村演じるミズトと若葉演じるトキオ。
そして、父の残したヒントを頼りに闇ライブ=サノバノイズを探し求めるSUMIRE演じるヒカリ。
そんな彼らをじわりじわりと追い詰めて行く斎藤演じる警察官、杉村の姿にご注目ください。
映画情報どっとこむ ralph 映画『サラバ静寂』

公式HP:
http://www.saraba-seijaku.com
公式Twitter :​
@saraba_seijaku


あらすじ・・・
「遊楽法」という音楽や映画、小説などの娯楽が禁止される法律が施行された日本。ネジ工場で働くだけのつまらない生活を送っていたミズト(吉村界人)とトキオ(若葉竜也)はある日、偶然根絶されたはずの音楽が沢山保存されている廃墟を見つけてしまう。廃墟に通いつめ、どんどん音楽に魅了されていく2人は、未だに闇ライブが行われているという「サノバノイズ」の存在を知り、そこへいくことを夢見て一緒に音楽を作りだすのだが、音楽を心から憎んでいる杉村(斎藤工)率いる警察、そして、音楽を所持している罪で父親を殺されたヒカリ(SUMIRE)も2人のいる廃墟へと歩みを向けていた…。

企画・脚本・監督:宇賀那健一

***********************************

キャスト:吉村界人・SUMIRE・若葉竜也・森本のぶ/斎藤工
​カトウシンスケ・内木英二・川連廣明・泊帝・影山祐子・杉山拓也・髙木直子・田山由起美・館智範・ミヤザキタケル・ヒス・ソニー

出演アーティスト:​灰野敬二、大貫憲章 (特別出演)、仲野茂、今村怜央(レオ) ほか

スタッフ:
プロデューサー】小林和仁 小野川浩幸
撮影監督】八重樫肇春
劇中衣装協力】CYDERHOUSE
衣装デザイン・スタイリスト】松田稜平
美術・装飾・持道具】横張聡
音楽】小野川浩幸
企画】宇賀那健一 小林和仁
助監督】平波亘
制作担当】飯塚香織
VFXスーパーバイザー:小林敬裕(UNDERGRAPH inc.)
編集:上本聡
ヘアメイク:寺沢ルミ
スチール:伊藤華織
録音:Keefar、岸川達也
整音:紫藤佑弥

企画・脚本・監督:宇賀那健一

©『サラバ静寂』製作委員会


春本雄二郎監督作『かぞくへ』特報到着。堤幸彦監督からのコメントも。


映画情報どっとこむ ralph 2 月ユーロスペースにて公開される春本雄二郎監督『かぞくへ』。

このほど、ポスタービジュアルと特報が完成いたしました。

家族を知らない男が、つかみかけた幸せを前に、親友と婚約者の間で揺れる
松浦慎一郎演じる主人公の旭と、梅田誠弘演じ る親友の洋人の2ショット。ボクシングトレーナーの旭と、五島列島で漁師として生計を立て る洋人。まっすぐにこちらを見つめるふたりの視線は、映画という枠を超えてまるで彼らが すぐそばで生活しているかのような日常の息遣いをリアルに伝えてくる。 コピーとなった「ありがとう。けど、云わん。」は劇中のセリフから。自分の感情を言葉で説明 するのが上手ではない旭と洋人の不器用さ、無骨さ、作品の世界観を端的に表現しています。


また、特報は暗闇に包まれた街の中をただひたすらに歩き続ける旭の姿を長回しでとらえている。孤独感のなか、様々な感情をこらえた表情の旭の姿に、映画監督の堤幸彦氏からのコメントが重なる。

堤さんと春本監督は、堤さんが演出を手掛けたドラマ「スターマン・この星の恋」 (関西テレビ)に春本さんが参加したのをきっかけに、堤さんが監督した『真田十勇士』にも助監督として参加しています。

映画情報どっとこむ ralph 堤さんのコメント
堤幸彦監督堤:そこには「人」がいた。真っ直ぐで、思い、悩み、背負い… それはリアルに私達の隣にいる人達で、あるいは私そのものかもしれない。 だからこの映画には感情を持っていかれる。気がつくとこの映画の“かぞく”になっていた。

物語・・・
家族の温かさを知らず生きてきた旭は、同棲中の佳織と結婚を目前にしながら、よかれと思って紹介した仕事で親友の洋人を 詐欺の被害に合わせてしまう。養護施設で家族同然に育ってきた唯一無二の親友と、認知症が進む祖母のために結婚式を急ぐ婚約者の間で、次第に旭は追いつめられていき・・・

2018 年 2 月 ユーロスペースにてロードショー!

公式サイト:kazokue-movie.com

***********************************

【CAST】松浦慎一郎、梅田誠弘、遠藤祐美、三溝浩二、おのさなえ、下垣まみ、瀧マキ、森本のぶ

【STAFF】
監督・脚本・編集:春本雄二郎 撮影:野口健司 照明:中西克之 録音・整音:小黒健太郎 制作:福田智穂 助監督:浅見佳史 音楽:高木聡 プ ロデューサー:深谷好隆、春本雄二郎、南 陽 海外セールス:植山英美(ARTicleFilms) 配給:『かぞくへ』製作委員会 配給協力:コトプロダクション 劇場営 業:髭野純 (C)『かぞくへ』製作委員会 【DCP/シネスコ/5.1ch/カラー/2016/日本/117 分】

【海外映画祭】
第 29 回 東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 公式出品/第 23 回 フランス ヴズール国際アジア映画祭 審査員賞&NETPAC 賞(最 優秀アジア映画賞)&ギメ東洋美術館審査員スペシャルメンション/第 14 回 ソウル国際アガペー映画祭 Re-Awakening of The Asia Agape Films 部門 公式 招待/第 17 回 ドイツ ニッポンコネクション 2017 ニッポン・ヴィジョンズ部門 審査員スペシャル・メンション授与/オランダ カメラジャパンフェスティバル 2017 公式招待


フランスの映画祭で3冠 『かぞくへ』2018年2月公開決定!


映画情報どっとこむ ralph 2016年東京国際映画祭スプラッシュ部門で上映され、その後フランス・ヴズール国際アジア映画祭では、NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)含む3冠を達成、ドイツ・ニッポンコネクションほか海外映画祭でも高い評価を得てきた春本雄二郎監督『かぞくへ』が2018年2月ユーロスペースにて公開されることが決定しました。

家族を知らない男が、つかみかけた幸せを前に、親友と婚約者の間で揺れる――

日本の片隅に生きる若者たちの息遣いを骨太に描き出した人間ドラマ

監督の春本雄二郎は今回が初監督作品。

『百円の恋』などで俳優としての活動以外にもボクシング指導としても日本映画界を支えてきた松浦慎一郎が主演。実話ベースの本作は脚本執筆にあたっては春本監督が松浦の日常を細かく取材し、二人三脚でキャラクターを作り上げていった。今の日本で生きるには不器用すぎる人物たちが織り成す物語は、容赦なく観る者の胸に迫ってくる。

未来を一緒に生きる女性か、家族同然に育ってきた親友を取るのか、東京で深い孤独に陥っていく男の揺れる心情を丁寧に描いた作品です。

映画情報どっとこむ ralph ケン・ローチ、アトム・エゴヤン、ヤン・イクチュンといった重厚な人間ドラマの巨匠たちに続く才能が、日本映画界に出現した。
未来を共に生きる女性か、過去を共有してきた親友をとるのか、人生の岐路に立たされた男が東京で見た深い孤独。自分が持ちえなかった家族のぬくもりを渇望し、愛を求め、後悔を抱えながら、それでも生きていく――リアリティにこだわった演出で儚くも強い人間たちの息遣いを描き出した。

なお、9月21日より開催中の映画祭<オランダ カメラジャパンフェスティバル2017>への公式招待もされてます。

春本雄二郎監督『かぞくへ』

物語・・・
家族の温かさを知らず生きてきた旭は、同棲中の佳織と結婚を目前にしながら、よかれと思って紹介した仕事で親友の洋人を詐欺の被害に合わせてしまう。養護施設で家族同然に育ってきた唯一無二の親友と、認知症が進む祖母のために結婚式を急ぐ婚約者の間で、次第に旭は追いつめられていき・・・

2018年2月 ユーロスペースにてロードショー!

公式サイト:
Kazokue-movie.com

***********************************

松浦慎一郎、梅田誠弘、遠藤祐美、三溝浩二、おのさなえ、下垣まみ、瀧マキ、森本のぶ

監督・脚本・編集:春本雄二郎 撮影:野口健司 照明:中西克之 録音・整音:小黒健太郎 制作:福田智穂 助監督:浅見佳史 音楽:高木聡 プロデューサー:深谷好隆、春本雄二郎、南 陽 海外セールス:植山英美(ARTicleFilms) 配給:『かぞくへ』製作委員会 配給協力:コトプロダクション 劇場営業:髭野純 
(C)『かぞくへ』製作委員会

【DCP/シネスコ/5.1ch/カラー/2016/日本/117分】 

【海外映画祭】第29回 東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 公式出品/第23回 フランス ヴズール国際アジア映画祭 審査員賞&NETPAC賞(最優秀アジア映画賞)&ギメ東洋美術館審査員スペシャルメンション/第14回 ソウル国際アガペー映画祭 Re-Awakening of The Asia Agape Films部門 公式招待/第17回 ドイツ ニッポンコネクション2017 ニッポン・ヴィジョンズ部門 審査員スペシャル・メンション授与/オランダ カメラジャパンフェスティバル2017 公式招待