「森川 葵」タグアーカイブ

WANIMA 初の映画主題歌!! 最新曲「Drive」が映画『OVER DRIVE』の主題歌に決定!!コメントあり!


映画情報どっとこむ ralph 8月25日(土)、26日(日)の2DAYSで計7万人規模となる、埼玉メットライフドームでのワンマン公演の初開催を発表したばかりの、熊本県出身の大人気スリーピースロックバンド:WANIMA。

そんな彼らの最新曲「Drive」が6月1日(金)公開の映画『OVER DRIVE』の主題歌に決定したことが発表となりました!

WANIMA初となる映画主題歌である「Drive」は、メンバー自ら映画本篇を見て書き下ろされた完全オリジナルの最新曲で、【過去への後悔】【未来への不安に思い悩む日々から抜け出して、その先へ進もうとする姿】を描いた力強い一曲となっています。


【WANIMA新曲「Drive」】
●タイトル:「Drive」
●作詞:KENTA 作曲:KENTA 編曲:WANIMA


そんな一曲をふんだんに使用した、映画の最新予告映像も解禁!!


映画情報どっとこむ ralph そして!
起用に関して、WANIMAさん、羽住監督、東出さん、新田さんからコメントが到着しました!

WANIMAからのコメント
完成前の本編を観させて頂き、キモチもカラダも熱くなったままメンバー3人でスタジオに直行し「Drive」を創り始めました。主題歌を担当させて頂き、控えめに言って非常に嬉しく思います!!これからも諦めず決めつけず全力で限界突破しながら音楽を通じて応援していきます!!映画館でともに開催お願い致します!!

羽住監督コメント
完成前の本編を観てもらい、試写室から出て来た時の、「これからスタジオに入って、すぐに曲を作ります!」という3人の言葉と表情が、とても力強かったのが印象的でした。登場人物それぞれが壁にぶつかりながらも自分の信じた道を進んで行く、この映画の熱いテーマを、この素晴らしい主題歌が観客達の心のど真ん中に届けてくれると信じています!

東出昌大コメント
爆音で流したスピーカーから、WANIMAが飛び出して来ました。ラリーのもつ疾走感、緊張感、悔しさ、逆境に立ち向かうたぎる情熱、全ての感情と価値を、この曲も代弁してくれた様に思います。撮影のあの熱い日々を思い出しました。映画と共に、劇場で鑑賞出来る日を、楽しみにしております。

新田真剣佑コメント
がむしゃらに夢に向かって走り続ける人、頑張っている人への最高の応援ソング。悩みやつらい過去を乗り越え、一歩前に踏み出した先には、目指したゴールがある。理屈じゃなく、心にストレートに響く曲だと思います。

映画情報どっとこむ ralph
WANIMAが主題歌を務める映画『OVER DRIVE』は、公道をアクセル全開で駆け抜ける自動車競技「ラリー」を舞台に、若者たちの勝利への闘いと絆が描かれたエンターテインメントの新領域。

『海猿』や『暗殺教室』を手掛けた日本映画界の気鋭・羽住英一郎監督の最新作。
主演に東出昌大、共演に新田真剣佑や森川葵、北村匠海など今話題の実力派俳優たちが顔をそろえています。


映画『OVER DRIVE

6月1日(金)より全国東宝系でロードショー

公式HP:
http://overdrive-movie.jp


***********************************

監督:羽住英一郎
キャスト:東出昌大、新田真剣佑、森川 葵、北村匠海、町田啓太、要 潤、吉田鋼太郎ほか

脚本:桑村さや香
音楽:佐藤直紀
©2018「OVER DRIVE」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

野村萬斎 福岡県・小倉でいけばなの達人と勝どきで『花戦さ』PR!


映画情報どっとこむ ralph 映画『花戦さ』は、京都・頂法寺六角堂というお寺の花僧(仏に花を供えることで、人々の幸せと世の安寧を祈る僧侶)専好が、友である千利休(佐藤浩市)を秀吉の命令により殺害され、その無念を晴らすべく命を懸け、たった一人で戦いに挑む物語。はたして、太閤・秀吉に立ち向かうべく、花僧・専好が考えた前代未聞の秘策とは?

戦国時代、たった一人で太閤秀吉に挑む、主人公・池坊専好を演じた野村萬斎は、3月27日に映画の舞台になった、京都・六角堂からスタートした全国キャンペーンに出発。

先行した札幌と、富山、名古屋、大阪、広島、松山とまわり、最終地点が福岡となる8箇所で、「花戦さ」の魅力を大々的にアピールしました。
5月21日(日)、最終地点の福岡のマスコミ対応の前に、この作品の監修・華道家元池坊の全国大会に参加。会議に集まったいけばなの達人4000人を前に、映画のPRを行いました!!

「主人公・池坊専好に関しては、残っている記録があまりないということで、脚本を元に天真爛漫に演じさせてもらった。」「能に関して世阿弥が残した書物に「花伝書(風姿花伝)」では、役者の舞台の有り様を花にたとえている。花には生きる力があり、美しさがあるということが、俳優にも例えられると、書いてある。皆様も美しい生きる力をもっている花を扱っている方々。大ヒットに向けて、一緒に頑張りましょう」

と挨拶しました。


会の最後には、集まった「エイエイオー」と、勝ちどきをあげました!

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・
16世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようとしていた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その名を池坊専好。
華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではなく、命ある花の美しさだった―。

映画『花戦さ

6月3日(土)全国ロードショー 
(上映館:281館)

公式サイト:
www.hanaikusa.jp



***********************************

出演:
野村萬斎(池坊専好)市川猿之助(豊臣秀吉)中井貴一(織田信長)佐々木蔵之介(前田利家)   
佐藤浩市(千利休) 高橋克実(吉右衛門)山内圭哉(池坊専伯)和田正人(池坊専武)
森川葵(れん)吉田栄作(石田三成) 竹下景子(浄椿尼)
脚本:森下佳子
音楽:久石 譲
監督:篠原哲雄
原作:鬼塚 忠「花戦さ」/角川文庫刊
配給:東映  
©2017「花戦さ」製作委員会  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

花の力で挑んだ豊臣秀吉に挑む!野村萬斎『花戦さ』新ビジュアル解禁


映画情報どっとこむ ralph 狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する痛快エンタテインメント

映画『花戦さ』は6月3日(土)公開となります。


3月に劇場で掲出されたポスタービジュアルは、色鮮やかな花を基調とし、「秀吉ギャフン!」というコピーと共に、明るく天真爛漫な専好を、表情豊かな登場人物たちが取り囲むエンタメ色が強いものとなっていました。
映画情報どっとこむ ralph しかし今回解禁されたものはと言うと・・・

ユリの花を手に持ち、専好が決意を胸に、まっすぐに前を見据えている横顔が印象的なビジュアルは、女性に向けて制作されたもの。

大きなユリの花がインパクトとなっていて、全体的に淡い色使いは、専好が花や人々のことを想い、深く愛する温かい気持ちを表しているそう。一方で、そんな心優しき専好が、唯一無二の友である利休の無念を晴らすため、己の命を懸けて秀吉に挑む、力強い表情も表現しているもの。

映画情報どっとこむ ralph もう一方のバージョンは、男性に向けて制作されたもので、映画でもキーとなっている登場人物、織田信長(中井貴一)や秀吉、前田利家(佐々木蔵之介)といった名だたる戦国武将たちの思惑や、利休に起こる苦難を重厚感のある表情で見せた。

また、そんな武将たちの渦中で、自分の生き方に悩み、友の死に直面したことで、秀吉と一世一代の大勝負を決意した専好を、目に強い光を宿した精悍な顔つきで表現。

「友(利休)の無念、我が命に懸け秀吉に挑む! 秘策あり」というコピーが表す通り、専好の並々ならぬ決意が伺いしれるビジュアルとなっています。

映画情報どっとこむ ralph 今回、女性向け、男性向けそれぞれに制作されたビジュアルは、東京都内主要駅にて5月22日(月)より、デジタルサイネージで展開されます。

花戦さ
6月3日(土)全国ロードショーです。

公式サイト:
http://www.hanaikusa.jp/

あらすじ・・・
16世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようとしていた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その名を池坊専好。
華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではなく、命ある花の美しさだった。



***********************************

出演:
野村萬斎(池坊専好)市川猿之助(豊臣秀吉)中井貴一(織田信長)佐々木蔵之介(前田利家)佐藤浩市(千利休)
高橋克実(吉右衛門)山内圭哉(池坊専伯)和田正人(池坊専武)
森川葵(れん)吉田栄作(石田三成) 竹下景子(浄椿尼)

脚本:森下佳子
音楽:久石 譲
監督:篠原哲雄
原作:鬼塚 忠「花戦さ」(角川文庫刊)
配給:東映
©2017「花戦さ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

狂言×歌舞伎×日本映画界トップが競演映画『花戦さ』本予告・本ポスター解禁!


映画情報どっとこむ ralph 野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界トップが競演する 痛快エンタテインメント映画『花戦さ』は6月3日(土)全国公開となります。その本予告と本ポスターが解禁です!
信長、秀吉といった戦国武将と関わりを持ち、天下一茶 湯者・千利休とも 親交があった、池坊専好という実在した京都花僧物語。戦国時代、時天下人である秀吉 に専好が単身立ち向かう姿を痛快に描く。

待望の予告編で、時権力者・豊臣秀吉を演じる市川猿之助利休を自害へと追いやることになる鬼気迫る怒り表情が、そしてカリスマ的戦国武将・織田 信長を演じる中井貴一主君として凛とした佇まいが、茶と花を愛する戦国武 将・前田利家を演じる佐々木蔵之介専好に対する穏やかな表情が、茶湯を 大成した茶人・千利休を演じる佐藤浩市包容力溢れる人柄が一目でわかる映像が解禁。

こ豪華メンバーが一同に会することになる映画冒頭、岐阜城大広間 シーンで、10人がかりで14日間かけて作り上げた、松を昇り龍に見立てた 幅4m55cm巨大な松いけばなも登場。信長をして「見事なり」と言わしめ、専 好花名手たるゆえんを一目で伝える迫力だ。日本独自文化である「いけ ばな」が戦国時代武将たちみならず、現在に至るまで人々を魅了し続ける も納得見事な作品に圧倒される。 一転、「利休話をするな」と怒り、驕り高ぶる秀吉が映し出され、「仏なんか どこにおるんや?」と涙する専好が、「花をもって世を正そうぞ」と思いを込め、一 世一代「戦さ」へ突き進む姿が描かれる。友ため、民ため、けったいな男 が挑んだ大胆不敵な大勝負結末?

映画情報どっとこむ ralph 前売鑑賞券も4月1日から販売が決定詳しく公式サイトへ
http://www.hanaikusa.jp/

映画『花戦さ

6月3日(土) 全国ロードショー

16世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたち、天下人座豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱時代が終わりを告げよ うとしていた。だが秀吉圧政次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。 そ名を池坊専好。華道池坊歴史に名を連る花僧たち中、ひときわ名手誉れ高い専好が、天下人に対して武器とした、 刃でなく、命ある花美しさだった―。

***********************************

出演:野村萬斎 市川猿之助 中井貴一 佐々木蔵之介 佐藤浩市 高橋克実 山内圭哉 和田正人 森川 葵 吉田栄作 竹下景子

脚本:森下佳子
音楽:久石 譲
監督:篠原哲雄
原作:鬼塚 忠「花戦さ」(角川文庫刊)
配給:東映
©2017「花戦さ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『花戦さ』特報解禁! 秀吉にギャフン!と言わせた男 “池坊専好”


映画情報どっとこむ ralph 野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界トップが競演する 痛快エンターテインメント映画『花戦さ』は2017年6月3日(土)全国公開です。
花戦さ 本作、信長、秀吉といった戦国武将と関わりを持つ千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都花僧物語。戦国時代、時天下人である秀吉に専好が単身立 ち向かう姿を痛快に描きます。

映画情報どっとこむ ralph この度、公開となった特報は・・・


「わしゃ、勝つつもりでいるけどな、この戦さ。」と自信たっぷりに主人公花僧・池坊 専好(野村萬斎)が語るシーンから始まる。

戦さ相手はなんと、豊臣秀吉(市川猿之助)。

当時の秀吉は謁見することすら叶わない天下人。そんな秀吉に対し、打ち首になる可能性を恐れず立ち向かい、驕り高ぶる彼に、 「ギャフン」と言わせたけったいな男、それが池坊専好。

彼に秀吉は吠えるが、織田信長(中井貴一)褒め、前田利家(佐々木蔵之介)が案じ、千利休(佐藤浩市)が慕うという。そんな摩訶不思議な男奇想天外な戦いと?刃(やいば)でなく「花」を手に、専好にしか成しえない「戦さ」と?

さらに、専好にいきなりお経を唱えられ驚くヒロイン天才絵師・れん(森川 葵)、専好幼馴染町衆・吉右衛 門(高橋克実)姿も見られ、それぞれキャラクター生き生きとした表情からもうかがえる痛快な展開になりそう。特報ナレーション、専好兄弟子・専伯(せんぱく)役を演じた山内圭哉が担当しています。
%e3%80%8e%e8%8a%b1%e6%88%a6%e3%81%95%e3%80%8f11%e4%ba%ba%e5%8a%87%e4%b8%ad%e5%a7%bf%e5%86%99%e7%9c%9f
映画情報どっとこむ ralph 『花戦さ』

気にになる物語・・・
16世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたち、天下人座豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱時代が終わりを告げよ うとしていた。だが秀吉圧政次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がい た。そ名を池坊専好。華道池坊歴史に名を連る花僧たち中、ひときわ名手誉れ高い専好が、天下人に対して武器とした 、刃でなく、命ある花美しさだった。

2017年6月3日(土) 全国ロードショー

***********************************

出演:野村萬斎 市川猿之助 中井貴一 佐々木蔵之介 佐藤浩市 高橋克実 山内圭哉 和田正人 森川 葵 吉田栄作 竹下景子
脚本:森下佳子
原作:鬼塚 忠「花戦さ」(角川文庫刊)
音楽:久石 譲
監督:篠原哲雄
配給:東映
©2017「花戦さ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

豪華『花戦さ』11人のパネル画像解禁!


映画情報どっとこむ TJ 野村萬斎、市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する痛快エンターテインメント映画『花戦さ』(はないくさ)。2017年6月3日(土) 全国ロードショー!

信長、秀吉といった戦国武将と関わりを持つ千利休とも親交があった、池坊専好という実在した京都の花僧の物語。戦国時代、時の天下人である秀吉に専好が単身立ち向かう姿を痛快に描いた作品。

そしてこの度、上記5名に加えて、更に新たな4人のキャストの出演を発表されました!
花戦さ
映画情報どっとこむ TJ NHK連続テレビ小説「あさが来た」(15~16年)で両替屋加野屋の大番頭を演じ、お茶の間の注目を集めた山内圭哉が主演の野村萬斎演じる池坊専好の兄弟子・専伯(せんぱく)役、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」(13~14年)の泉源太役で注目を集め、現在「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(NTV)にも出演中の和田正人が専好の弟弟子・専武(せんぶ)役、映画やドラマを初めとして、舞台への出演も精力的に行い、ミュージシャンとしても活躍する実力派俳優の吉田栄作が秀吉を支える智将・石田三成役、多数のドラマ・映画に出演し、司会やナレーターなど幅広いフィールドで活躍する竹下景子が専好の良き相談相手として頼りにする尼、浄椿尼(じょうちんに)役で出演します!

%e3%80%8e%e8%8a%b1%e6%88%a6%e3%81%95%e3%80%8f11%e4%ba%ba%e5%8a%87%e4%b8%ad%e5%a7%bf%e5%86%99%e7%9c%9f また、これまでにキャストとして発表されていた7人を合わせた、主要キャスト計11人が劇中姿で勢揃いしたビジュアルを公開!『花戦さ』というタイトルにふさわしく、中央に立つ野村萬斎が手にもつのは刀ではなく、勝負をかけた、まさかの菖蒲の花!!?

役者陣の表情とともに、洒落っ気に溢れたビジュアルとなっています。このビジュアルは、横幅約5m50cm×高さ約2m40cmの大パネルとなり、11月9日~14日の間、京都高島屋にて開催される旧七夕会池坊全国華道展にて展示予定となります。更に、映画の公開も2017年6月3日(土)に決定しています!!

映画情報どっとこむ TJ 野村萬斎さんからのコメントです。

今回、豪華で個性豊かなキャストたちとお手合わせをする楽しさ・緊張感は一つの大きな醍醐味でした。ドラマの中では、対決の部分と仲間意識というものとのコントラストが場面ごとにあり、それぞれとの演技の掛け合いで造形されていった部分が多くあったかと思います。奥行きのある、とにかく見所満載の映画になったと思います。どうぞご期待下さい。

映画情報どっとこむ TJ 『花戦さ』

あらすじ・・・
16世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようとしていた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではなく、命ある花の美しさだった―。

2017年6月3日(土) 全国ロードショー!

***********************************

野村萬斎 市川猿之助 中井貴一 佐々木蔵之介 佐藤浩市 高橋克実 山内圭哉 和田正人 森川 葵 吉田栄作 竹下景子

脚本:森下佳子  
原作:鬼塚 忠「花戦さ」(角川文庫刊)  
音楽:久石 譲  
監督:篠原哲雄
配給:東映  
©2017「花戦さ」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ