「森川葵」タグアーカイブ

東出昌大x新田真剣佑x北村匠海「OVER DRIVE」スペシャルロングトレーラー解禁!


映画情報どっとこむ ralph 映画「OVER DRIVE」(6月1日公開)の監督を務める羽住英一郎が自ら監修した、約3分におよぶ【羽住英一郎監督監修スペシャルロングトレーラー】がこのたび解禁となりました!
本作の主題歌・WANIMAの「Drive」に熱い感銘を受けた羽住監督が新たに監修し完成した本映像。

初解禁となる本編映像も多数含まれ、さらに予告編とは異なる箇所を使用されたWANIMA「Drive」も本映像の見どころのひとつ。胸を突くエンジン音とダイナミックなラリーシーンから始まり、東出昌大と新田真剣佑が演じる檜山兄弟はじめ、過酷な自動車競技『ラリー』に己の全てを懸ける男たちのドラマを映し出します。篤洋(東出昌大)と直純(新田真剣佑)の衝突と涙、直純とライバル・新海(北村匠海)の熾烈な闘い、そしてラリーカーに全てを注ぐ篤洋率いるメカニックチームのプライド。

疾走感と希望に溢れた主題歌「Drive」と共に駆ける映像に、見るものすべての胸がアツくなること間違いなし!!!


羽住英一郎監督コメント

映画『OVER DRIVE』の編集上がりを観て、「今からすぐスタジオに入って曲を作ります!」と言って試写室を後にしたWANIMAの三人から届いた主題歌「Drive」。まさに映画の持つアツいテーマを観客たちの心のど真ん中に投げ込む素晴らしい楽曲に心震えました!そしてこの曲に映画の世界を凝縮した映像作品を作りたい衝動に駆られました。このロングトレーラーを観て映画本編を観る、映画本編を観てからまたこのロングトレーラーを観て更にアツくなる。そんな楽しみ方をしてもらえたら最高です!

映画情報どっとこむ ralph “信じて、駆けろ!!”

OVER DRIVE』は6月1日(金)全国公開となります!

『OVER DRIVE』は、公道をアクセル全開で駆け抜ける最も過酷な自動車競技、『ラリー』の世界を舞台に、若者たちの熱い絆と愛を描いた、新たなヒューマンエンターテインメント映画。完全オリジナル脚本となる本作の監督を務めるのは、『「海猿」を超える作品にしたい』と自ら語る、羽住英一郎監督。「海猿」「MOZU」「暗殺教室」など数々の大ヒット作品を手掛けた確かな演出力と、最新の撮影機材を駆使し、誰も見たことの無い圧倒的なカーアクションと、若者たちの絆と愛を描いたヒューマンドラマが融合したエンターテインメント超大作が、今夏、スクリーンを駆けます!主人公・檜山篤洋(ひやまあつひろ)を演じるのは、俳優として着実に実績を積み、同世代の中でもその活躍が目覚ましい東出昌大。

チーフメカニックという、作り手側に立ち、誇りと愛との間で揺れ動く繊細な芝居に挑みます。その弟であり、天才ドライバー・檜山直純(ひやまなおずみ)役には、国内外の多数の映画に出演し、いま最も旬な若手俳優・新田真剣佑。

さらに、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、吉田鋼太郎などフレッシュな顔ぶれから実力派まで豪華俳優陣が脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph ストーリー

世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(SEIKOカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。
スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。

「攻めなきゃ、勝てねーから!」

WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純。

真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない、勝気なレースを展開する。ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。

なんの知識もなく、完全に場違いな、ひかる。彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。

***********************************


東出昌大 新田真剣佑
森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、吉田鋼太郎

監督:羽住英一郎
脚本:桑村さや香
音楽:佐藤直紀
公開: 6月1日(金) 全国東宝系公開
配給:東宝

制作プロダクション:ロボット
©2018「OVER DRIVE」製作委員会


阿部寛、岡田将生、榮倉奈々ら豪華ゲスト第10回沖縄国際映画祭にレッドカーペット@那覇市・国際通り


映画情報どっとこむ ralph 『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』も最終日!

雨を吹き飛ばすスターたちの競演にファンも熱狂! 10回目の開催を華やかに盛り上げたレッドカーペットが開催 4 月 22 日(日)、那覇市の国際通りで、人気俳優やタレントが多数参加する華やかな「レッドカーペット」が行われました。

あいにくの雨模様で2時間遅れの開始となりましたが、ゲストの登場を楽しみに待つお客様が大勢詰めかけ、スタート前ですが会場はいつにもま して大きな熱気に包まれました。

『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』
レッドカーペット@那覇市・国際通り

日付:4/22(日)
場所:那覇国際通り

映画情報どっとこむ ralph まず会場に姿を見せたのはNMB48。
沿道のファンににこやかに手を振り、レッドカーペットを大いに盛り上げます。
メンバーの吉田朱里は「この雨の中、お客さまがずっと待って いてくれて本当にありがたい」とコメント。

続いてTV DIRECTOR’S MOVIE『美人が婚活してみたら』から主演の黒川芽以さんが登場。淡いブルーのロングドレスに身を包み、とびきりの笑顔を見せてくれました。

TV DIRECTOR’S MOVIE『Bの戦場』に出演した速水もこみちさん、大野拓朗さんが現れると、スラリとした 2 人の姿に沿道からもため息が。

特別招待『洗骨』の照屋年之監督(ガレッジセール・ゴリ)は「今回本名で作品を撮らせてもらった」と話し、沖縄の粟国島に残る風習を題材にした作品をアピール。

そして、TV DIRECTOR’S MOVIE『家族のはなし』 の岡田将生さん、成海璃子さんが登場すると、赤絨毯の端からは端まで会場中から大きな 歓声がわき起こりました。

映画祭期間中、沖縄公演を行った吉本新喜劇の面々も揃ってレッドカーペットへ。手を振って沿道の声援にこたえます。TV DIRECTOR’S MOVIE『耳を腐らせるほどの愛』の主演、 森川葵さんは、あいにくの天気にもかかわらず「今日は歩くことができて本当に良かった」 とにこやかに語りました。

映画情報どっとこむ ralph その後もレッドカーペットにはスターの皆さんが続々登場。特別上映作品『レオン』の知英さんは、沿道のファンとの写真にも気さくに応じるなどフレンドリーな姿が印象的でした。
また、今回初開催となったプログラム「マイ フェイバリットムービー~Thanks to MOVIE&OKINAWA~」で映画愛を語った黒木メイサさんは「沖縄出身ですが、映画祭 10 年目でやっと来ることができた」と感激の様子。
「普段はあまり飲みませんが、滞在中は泡盛をたくさん飲みました」と沖縄らしいエピソードを気さくに語りました。

降り続く雨のなか、続いて登場したのは特別上映『ニワトリ★スター』の井浦新さん、成田凌さん。傘も差さずに沿道のサインに応じ、ファンの皆さんも感激の面持ち。
また、TV DIRECTOR’S MOVIE『劇場版ドルメン X』出演の志尊淳さんらキャストが姿を見せると、 待ちわびたお客様からの歓声が国際通りに響き渡ります。

さらに、特別招待作品『のみとり侍』主演の阿部寛さんも颯爽と登場し「沿道の皆さんの熱気がすごい」と雨のなか見守るファンにメッセージ。

特別招待作品『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』の榮倉奈々さんは、ドレスからのぞく美脚とさわやかな笑顔 で観客を大いに魅了しました。


レッドカーペットの最後に登場したのは、映画祭実行委員長を務める吉本興業株式会社社長の大﨑洋。

10 回目の映画祭について

「やっと 10 年、まだ 10 年という気持ち。また来年 に向けて頑張っていきたい」

と決意を語り、雨のなか行われた節目のレッドカーペットを 締めくくりました。

***********************************


二階堂ふみ、吉沢亮、行定勲監督ベルリン凱旋「リバーズ・エッジ」公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 2月18日キャスト・監督登壇付きのベルリン凱旋・公開記念舞台挨拶を開催する運びとなりました。

⽣きることにもがく若者たちの姿を鮮烈に描き出し、⻘春漫画の⾦字塔として今なお熱狂的な⽀持を集める岡崎京⼦の「リバーズ・エッジ」がついに映画化!2月16日に公開となりました。

そして!第68 回ベルリン国際映画祭パノラマ部⾨で上映された本作。⼆階堂ふみさん、吉沢亮さん、⾏定監督が現地でレッドカーペットやQ&Aを行った後に3名が帰国。森川葵さん、上杉柊平さん、SUMIREさん、土居志央梨さんも登壇しての凱旋・公開記念舞台挨拶を行いました。

さらに、主題歌を担当している小沢健二さんからのサプライズの手紙の朗読も。

「リバーズ・エッジ」ベルリン凱旋・公開記念舞台挨拶
日時:2月18日(日)
場所:TOHOシネマズ新宿
登壇:二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、行定勲監督

映画情報どっとこむ ralph ベルリンから昨日凱旋帰国したばかりの二階堂ふみさん、吉沢亮さん、行定勲監督と森川葵さん、上杉柊平さん、SUMIREさん、土居志央梨さんらが登場すると見終えたばかりのお客様から大きな拍手が!

二階堂さん:皆さんにこうしてお披露目できて本当にうれしく思います。

行定監督:二階堂ふみから「リバーズ・エッジ」やらないかと声を掛けられてから、本当に出来上がるのかと思った本作がこうして初日を迎えられてうれしく思っています。

第68 回ベルリン国際映画祭の感想を問われ
吉沢さん:会場の熱気も凄くて。僕は映画祭自体初めてだったので、お祭りみたいにワイワイやっていて。凄い楽しかったです!

と興奮気味に語る吉沢さん。
第68 回ベルリン国際映画祭
二階堂ふみ&吉沢亮&行定勲監督


二階堂さん:すごく緊張しました。この作品でベルリンに行くことが出来て幸せを感じました!

と、自分発信から出来上がった作品の海外映画祭への進出に感慨深げ。
二階堂さんによると現地の方々はプリントした写真を持ってきてサインをねだるそうで、行定監督の凄く若い写真とかを持ってくるファンもいたそう。

行定監督:今回3回上映完売だったそうで。熱気がありました。どの国もティーンを描くときはエッジが優し物ばかり。でもこの作品は違うので。ベルリン側も勇気があるし、刺さっている観客も多かったようです。感激しました。

一緒に観客と鑑賞して
吉沢さん:ドキドキでした、そこで笑うんだ!というところもあって。面白い発見でした。

二階堂さん:Q&Aも気付かされることもあって、そう解釈するんだと。一つの映画からこんなに多面的にものが見せられるのは刺激的でしたと。
海外の方たちの感じ方の違いも楽しんだよう。

映画情報どっとこむ ralph 実は二階堂さんと吉沢さんは94年生まれで、羽生結弦選手と同じ年。バスの中で羽生さんの話題で持ち切りだったそう。特に上杉さんは泣くほどハマったそうで。

上杉さん:テレビの前で、観ることが出来て幸せでした。
羽生さんのマネも飛び出しました!

映画情報どっとこむ ralph そして、話は映画の方へ。森川さんは、役柄と似ているそうで、
森川さん:編み物が好きなのが似ていて、編み物はもともとやっていたので、演技の方に集中できました。ベレー帽はこの映画からもっと好きになりました。
と、可愛らしい森川さん。

上杉さんは、演じる熱量が大きすぎたのか、衣裳の靴を壊したそう。
上杉さん:当時のものを用意してくれて、パッと見たらそこだけ抜けちゃって、途中で色違いの自前のものに変えました。動きが激しかったからかなと。

SUMIREさんは行定組は初めて、そして過食のシーンは大変だったのでは?というMCさんに
SUMIREさん:演技自体の経験があまりないんです。でも過食&吐くシーンはこの映画の世界観に必要だと。

行定さん:まじ吐きますか?って。気持ちだけもらいました(笑)
SUMIREさん:行定組は初めてですが、共演者が同じぐらいの年だったのでみんな話しやすかったので、楽しかったです。二階堂さんと吉沢さんは思っていたより気さくでした。

と話すSUMIREさんに

二階堂さん:SUMIREさんと柊平君がムードメーカーでした!
上杉さん:僕とSUMIREさんがよくいじられてました!

土居さんも体を張った演技もさることながら、衣裳やメークも監督からの指示で大変だったそう。
土居さん:あんな格好(90年代)はしないのですが・・・前髪は原作のとおりに前髪を上に浮遊させたいと監督がおっしゃったので、現場で立ち上げました!でも段々下がってきて・・・大変でした。
映画情報どっとこむ ralph 吉沢さんは、苦労した点を聞かれ
吉沢さん:周りから見られているのものとのギャップ。余白をどう埋めるのか。ずっと悩んで。でもそういう役を出会えるのは役者として幸せでした。

と、語ります。

原作に16歳で出会って、ずっと映画化したかったそうで
二階堂さん:叶うもんなんだなと。この7年間の中での出会いがすべて、こうやって、結実したので、私にとって意義のある大切な作品になりました。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌を担当している小沢健二さんからのサプライズの手紙の朗読が行われ、

二階堂さん:感無量です。

行定監督:映画が完成するということは奇跡的なこと。二階堂ふみと出会って、リバーズエッジ興味あるかと聞かれ、ないわけがないが、できるのか?という思いがありました。私がやるにはもう時間がないと二階堂ふみが言うわけです。ある種若い後輩からの挑戦状。おっさんが動く。多くの力を借りて奇跡的に、今日皆さんに観ていただいて帰結しています。できれば多くの人に広がってくれればと思っています。

と、イベントは終了。

今日イチの笑顔をいただきました!ありがとうございます!


映画『リバーズ・エッジ』は絶賛!全国ロードショーです。

movie-riversedge.jp

⾃由に⽣きようとする⼥⼦⾼⽣・ハルナを演じるのは、圧倒的な存在感と演技⼒で、20 代の⼥優の中で唯⼀無⼆の光を放つ⼆階堂ふみ。執拗なイジメを受けるゲイの⼭⽥には、主演待機作が⽬⽩押しの⼈気俳優、吉沢亮。そして、摂⾷障害を起こしているモデルのこずえにSUMIRE、暴⼒の衝動を抑えきれないハルナの恋⼈・観⾳崎に上杉柊平。さらに⼭⽥への異常な愛を加速させるカンナに森川葵と、これからの⽇本映画の新時代を担っていく華やかな若⼿俳優たちが集結し、その実⼒をいかんなく発揮!衝撃的な岡崎ワールドに体当たりで⾶び込み、リアルで鮮烈な「⽣」の姿をスクリーンに叩きつけた。そして主題歌は、かねてより岡崎京⼦と親交があり、その固い絆で知られる⼩沢健⼆が書き下ろし、ひとつの⻘春の終わりを暖かな希望の光で包み込んでいる。



***********************************

出演:二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』 小沢健二(ユニバーサル ミュージック)
作詞・作曲:小沢健二
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社
 


二階堂ふみが行定勲監督に『リバーズ・エッジ』映画化オファー判明!完成披露試写会で。


映画情報どっとこむ ralph 生きることにもがく若者たちの姿を鮮烈に描く、行定勲監督、二階堂ふみさん、吉沢亮さんら人気と実力兼ね備えた若手俳優たちが出演する衝撃の青春映画『リバーズ・エッジ』。

その完成披露イベントが行われ二階堂ふみさん、吉沢亮さん、森川葵さん、上杉柊平さん、SUMIREさん、土居志央梨さん、そして、行定勲監督が登壇しました。

また、ベルリン国際映画祭の開幕を飾る、パノラマ部門のオープニング作品に選ばれている本作。ベルリンに渡り、レッドカーペットを歩く前の二階堂さん、吉沢さんと行定監督がベルリンへの意気込みを語ります。
日時:1月31日(水)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:二階堂ふみ、吉沢亮、森川葵、上杉柊平、SUMIRE、土居志央梨、行定勲監督

映画情報どっとこむ ralph 客席を通ってのキャスト登場に場内は割れんばかりの歓声!

二階堂さん:今日は観さん、お越しいただき本当にありがとうございます。私にとって思い入れのある作品がこうして皆さんに届けられる日が来て本当に本当にうれしいです。映画を楽しんでください。

と、挨拶から熱く語る二階堂さん、笑顔がこぼれます。
吉沢さん:今日初めて、一般の皆さんに観ていただけます。ドキドキでしています。皆さんがこの作品を見てどう感じるのか楽しみです。

森川さん:私は初めて見た時に、あたまを何度も殴られるような衝撃的な映画です。これから観る皆さんが羨ましいです!

上杉さん:リバーズエッジという漫画を知らなかったんですね。携わることになってよんで、その時に感じたエネルギーはよくわからないもの。今の2018年の皆さんがどう感じるのか?楽しみです。

SUMIREさん:若者たちがいろいろ悩んでいたり、戦っていたりすること。いろんな気持ちが話せればと思っています。

土居さん:この並びで、いま緊張しています!衝撃作じっくり浸って行ってください!

行定勲監督:岡崎京子のリバースエッジという伝説的な漫画を映画化するのはやりたくなかったんです(笑)二階堂ふみにほだされて、監督をやらされました。感想は、岡崎京子すげーや。それが若い人たちに知っていただきたい。

との其々の挨拶からスタート。


映画情報どっとこむ ralph なぜこの時代に90年代の『リバーズエッジ』なのかと言う質問に

行定監督:二階堂ふみに、岡崎京子の『リバーズエッジ』に興味ある?と聞かれて「興味ある」っていったら話付けてくるって。スタート。20歳の頃の二階堂の心に刺さったのか?それは、平坦な戦場を生き延びること、川の流れを少年少女たちが佇んで岸で観ていて、そして踏ん張って生きる事。当時描かれていたものが・・・今、普遍的なテーマが 刺さるのではないかと思ったんです。

と話す。
二階堂さん:16歳から17歳になる誕生日にヒミズの美術さんが貸してくれて、その時抱えていたものが書かれていて、傷跡が残っていたんです。実は今日まで6-7年かかったんです。

と長いこと温め、映画化に持って行った二階堂さん。


いじめられている役で、ゲイでもある役にあたり・・・
吉沢さん:外観的にも細いイメージ。走ったり食事を抑えたりしました。でも一番は原作と台本を行き来して考えました。人間性を考えました。ゲイだったり、いじめられていて世間を斜めに見ている。矛盾を感じて、そこをどう描くか。ひたすら考えながらやってました。

一方、人気モデルで摂食障害の役。
SUMIRE:自分が摂食障害ではないので(笑)原作を読んで髪を切ったりはしました。でも、若者たちが悩むことを摂食障害と言う形で表しているのであろうと演じました。一人でいることが多かったり、大事なことは大事にするのは普段の自分でも共感できる部分もありました。

と、表面的にも、内面的にもアプローチしたそう。
暴力にはけ口を求める役の上杉さん。
上杉さん:ちょうど一年前の明日がはじまり。本読みしたとこ。その時から原作を読んで!なんだこれ?わからない。エネルギーは感じるけどわからない物が、段々見え出して、どんどん自分がわかってきた感じで演じました。

と、話します。土井さんは大勢の男性と関係を持つことで自分を確認する女性、
土居さん:そうですかね。。。ヌーんと。全然わからなくって、すごい嫌い女。やってると嫌いな分だけ、私って本当はこんな感じかもと思ったりもしました。周りが、キャラクターでいてくれるので、感じたものを蓄積していく感じ、役作りより現場で感じた!っていう不思議な感覚でした!

と、語る土居さんは口がカラカラで喋りにくいと吐露すると、上杉さんは「水もらう?」と優しさを魅せる場面も。

愛がから回ってストーカー気質。MCが恐怖したと話すと
森川さん:、・・恐怖でした?ありがとうございます。比較的性格が近い。人に一途。そんな変な女の子じゃないですよ!
大体のお客さんと同じ気もちになると思います。

と、力説。と、強烈キャラの中で主演の二階堂さんは、実はキャラは薄め

二階堂さん:16,17,18歳の私も生きる実感が希薄だったかもしれません。リアルタイムでなく俯瞰ました。

映画情報どっとこむ ralph 主題歌は小沢健二さん。これも、二階堂さんオファー。
監督:映画のラストで、ふみちゃんが、小澤さんが書いてくれますよ!って

因みに、二階堂さんと吉沢さんはVOICEで参加しています。

そして!今年のベルリンパノラマ上映オープニング決定!

5度目の行定さんは二階堂さんからベルリンに行きたいよって!身内からプレッシャーが掛けられていたそう。

これにあわせて、行定勲監督と主演の二階堂さん、吉沢さんは映画祭の主会場のレッドカーペットに登場することが決定!

歴代のスターたちが踏みしめてきた歴史あるレッドカーペットの開幕を二階堂、吉沢らが華やかに彩ることになる。『リバーズ・エッジ』はレッドカーペット後にCINEMAXでオープニング上映となり、二階堂らはQ&Aにも参加する予定です。


映画『リバーズ・エッジ

は、2月16日(金)より全国ロードショーです。

movie-riversedge.jp
***********************************

出演:二階堂ふみ 吉沢亮 上杉柊平 SUMIRE 土居志央梨 森川葵
監督:行定勲
脚本:瀬戸山 美咲
原作:岡崎京子「リバーズ・エッジ」(宝島社)
主題歌:『アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)』 小沢健二(ユニバーサル ミュージック)
作詞・作曲:小沢健二
© 2018「リバーズ・エッジ」製作委員会/岡崎京子・宝島社


『嘘八百』新年初笑い!中井貴一、佐々木蔵之介、友近、森川葵、武正晴監督で鏡開き!


映画情報どっとこむ ralph 日本映画界を代表する俳優、中井貴一×佐々木蔵之介のダブル主演で贈る『嘘八百』が2018年1月5日(金)より全国公開。本作は千利休を生んだ茶の湯の聖地、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商と落ちぶれた陶芸家が“幻”の利休の茶器という<真っ赤なウソ>で仕掛ける一発逆転の大勝負を描く、年初めにぴったりな開運エンターテインメントです。

そして!本日公開二日目。

この度、公開を記念して中井貴一、佐々木蔵之介、友近、森川葵と武正晴監督が登壇しての舞台挨拶が行われ、鏡開きが行われました。


『嘘八百』公開記念舞台挨拶
日時:1月6日(土)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:中井貴一、佐々木蔵之介、友近、森川葵、武正晴監督

映画情報どっとこむ ralph 中井さん:新年あけましておめでとうございます!(おめでとうございます)ありがとうございます。コメディーではなくやったんですけど・・自然とコメディーになっていった感じです。16日間で撮影しました。とっても良い緊張感の中で撮影できました!

佐々木さん:そうなんです。シリアスでサスペンスな映画ですが・・・結果笑っていただけたなら良かったです!

友近さん:正月公開が嬉しくて。昭和っぽい映画が少なくなっていて、昭和とおじさんが好きなので、良い味のある映画に仕上がっています!今日はヤングチームで集まって舞台挨拶です。(笑)

森川さん:わたしは今日が仕事始めで、この『嘘八百』で今年一年のスタートが切れたことは楽しい一年になりそうです!

武監督:今日この映画を選んでくださってありがとうございます。4年前にこのお藩士が来た時には正月映画になるとは思ってもみませんでしたし、こんな素晴らしいキャスト陣で撮れるとも思っていませんでした。

との挨拶からスタート。


今日は真っ赤な嘘をイメージしてどこかに赤を入れる衣装がドレスコード。すると、中井さんと佐々木さんは、二人そろって赤のタートルネック!

中井さん:危なく今日黒のスーツ着てくるところでした。違うの着てきて良かったです。

佐々木さん:バディー感出ていて良かったです!

と、いたって前向きな佐々木さん。

映画情報どっとこむ ralph 本作では中井さんと森川さんは親子役。
中井さん:今年は森川の年になると思いますよ!今回は反抗期ですが、父親についてきてくれる子。現代を象徴してる感じかなと。でも俳優は年がわからなくなりますが、子役の年が大きくなることで年を感じてきます。最初はバブーだったのですが、こんなにしっかりした娘が子供で。年を取ったなと痛感しました。

と、話す中井さん。

森川さん:反抗期だけど親についていく。わたしも親大好きだったので、なんとなくわかる感じでしたので演じやすかったですし、貴一さんは包容力があるので、今回は自由に演じさせていただきました。

と、大俳優の胸を借りたと語る森川さん。

一方、夫婦役の佐々木さんと友近さん。
佐々木さん:懐の深い奥さん。嬉しかったです。

友近さん:支えてあげたいし、愛してるが伝わってるかなと、演じてました。近くで演じるのを見られて嬉しかったですし、このまま私生活も続けば・・・と思いました(笑)。

と話します。

映画情報どっとこむ ralph 重鎮の皆さんとのエピソードをMCから聞かれると・・・
中井さん:今日僕たちが挨拶してるんですが、坂田利夫、芦屋小雁、近藤正臣の代わりに来ていると言っても過言ではない。現場のムードを作ってくれたのがあの人たち。それも自然に。アドリブ?とか間違える、忘れる。和ましてくれました。監督は大丈夫ですって、粘り強い監督です。

佐々木さん:そうですね。きっかけを覚えない。16日間で良く撮り終えたと思っていましたが、それ以上あったら体がもたなかったかもです。
中井さん:丁度良かった。

友近さん:コントに生かそうかなと思って見ていました。

森川さん:タイトだったのですが、現場の空気がゆっくりで穏やかでした。

と、だいぶ面白重鎮が現場を和ませていたご様子。


映画では騙し騙され。自分はどちらが良い?

中井さん:騙すのもいいなと。命が係わるなら騙される方。

佐々木さん:騙しまくりたいです。騙すのが職業なんで!最も美しい嘘が芸術だとドビッシュが言ってます。と脚本の今井さんが言ってます。パンフレットに書いてあるのでご購入を!
と、ブラック蔵之介がひょっこり。

友近さん:騙される方が樂かな。

森川さん:騙される方がいいです。嘘をつくのは大変そうなので。お芝居は騙していかなきゃと思いました。

ここで、今年一年の嘘の抱負をMCが強要!困り果てた皆さんが出した答えは・・・

中井さん:今年こそは出産します!

佐々木さん:今年成人式を迎えたい!

友近さん:東大合格したいと思います。

森川さん:イケメン俳優として芸能界を担っていきます!

と無茶振りに答えたところで・・・

映画情報どっとこむ ralph 鏡開き!


最後に・・・

中井さん:働き方改革。労働時間ではないです。現場でゆとりがあるか笑顔があるかが大事な事を諸先輩と監督に教わりました。

佐々木さん:子供のころ、お正月になると家族と映画を見に行きました。記憶に残ってます。お正月映画は心に残ります。ご家族ご友人を誘ってまた観にいらしてください。

とイベントを締めました

『嘘八百』

公式サイト:
gaga.ne.jp/uso800/

物語・・・
大阪・堺。空振りばかりの<目利き古物商>と落ちぶれた<腕利き陶芸家>が、タッグを組んで狙うのは、利休の茶器の贋物で仕返しついでに大金ゲット!ロマン溢れる骨董の世界を舞台に、大の大人が国をも巻き込み大騒動。果たして結果はいかに?

***********************************

監督:武正晴 (『百円の恋』)
脚本:足立紳 今井雅子
出演:中井貴一、佐々木蔵之介、
友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣
2017年/日本映画/1時間45分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル
配給:ギャガ
(C)2018「嘘八百」製作委員会