「森山未來」タグアーカイブ

佐藤健 世界へ「和の心」を感じて欲しいです!『サムライマラソン』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』(ハルキ文庫)を原作にした、映画『サムライマラソン』が2月22日(金)より公開。

2月23日(土)に、本作の公開記念舞台挨拶が行われ、佐藤健さん、小松菜奈さん、森山未來さん、染谷将太さん、青木崇高さん、小関裕太さん、竹中直人さん、バーナード・ローズ監督が登壇しました。


日付:2月23日(土)
場所:TOHOシネマズ 日比谷
登壇:佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、小関裕太、竹中直人、バーナード・ローズ監督
映画情報どっとこむ ralph 本編を観終えたばかりの観客の中を歩いてキャストと監督が登場!
歓声を上げながらマラソン応援のようにフラッグを振り出迎えた。

主演の佐藤さんは、本作の撮影を
佐藤さん:僕が経験した現場の中で最もスリリングでした。動きや台詞さえも決めぬまま本番に突入し、役者が自分の役を本当に理解していないと成り立たないような環境の中で、やらせてもらいました。そんな監督の“無茶ぶり”をとことん楽しめる役者たちの中で芝居が出来たことを嬉しく思います。

と笑顔を見せ、ヒロインの雪姫を演じた小松さんは
小松さん:走ったり馬に乗ったり殺陣をしたり、めまぐるしい日々でした。監督がとてもパワフルで、私たちもその勢いに乗って日々戦いながら演技していた姿が、映画に美しく残っているので、映画館で楽しんでいただけたら嬉しいです!

と熱く語ります。
バーナード監督:時代劇を作るのはクレイジーで奇妙な、自分の夢でもあった。素晴らしいキャストにも恵まれ、日本で映画を作ると言う最高の体現ができて本当に感謝しています!

と、公開に感慨深げ。

映画情報どっとこむ ralph 続いて話題は、本作の役作りについて。

ただ一人藩に迫る危機を知り、藩を守るために奔走する唐沢甚内を演じて
佐藤さん:撮影にあたり歴史や時代と向き合い、江戸時代に生きていた人々や侍のイメージというのは、映画が作り上げたものだと思うんです。。だったら今回僕たちが作るこの映画、僕が演じるこの役は、過去に作られた映画をなぞるのではなく、自分たちが新しい歴史を提供するんだという思いで、芝居をさせていただきました!

と、本作に対する思いを明かした。

画家を夢見る行動的な姫で、城を抜け出すために男装して遠足(とおあし)に参加する雪姫を演じて
小松さん:雪姫は凛としていて向上心もある女の子なので、城の外に出た時の解放感、自由に生きているパワフルさを出せたら良いなと思った。現場で相手の方のお芝居に反応しながら、そこで起こるものを感じながら演じさせていただきました!

と、バーナード監督の独特な演出や撮影現場が、演技に役立ったことを語った。

そんな雪姫との結婚をもくろむ傲慢な侍・辻村平九郎を演じた森山さんは、本作で乗馬に初挑戦したことでも話題に。

青木さん:僕らの中では“森山ケンタウロス”と呼んでいます!

というほど見事な乗馬シーンを絶賛され

森山さん:やっぱり腰つき、体幹ですね。

と秘訣をコメント。さらに、

森山さん:生き物同士のコミュニケーションとして、どちらが上かはっきりさせるような“マッチョな姿勢”も持っておかないといけないんだなと思いました!
として、馬と関係性を築く難しさを明かした。

映画情報どっとこむ ralph 佐藤さん演じる甚内の上司、植木義邦を演じた青木さんは、劇中に登場する佐藤との殺陣シーン。『るろうに剣心』では相棒として共演していたことを上げるMCに
青木さん:その名前は出してOK? なるべく危機迫るような、時代劇らしくないリアルに近い戦いを見せて欲しいと監督に言われていたので、二人で話して作っていきました。
として、佐藤との相変わらずの相性の良さを語った。


侍に憧れる俊足の足軽・上杉広之進を演じた染谷さんは、劇中で「一着になって名誉を得るか、八百長に乗って家族に楽をさせるか」の選択を迫られる役に挑戦。染谷さんならどちらを選択するか問われると、
染谷さん:私自身は一着になることは絶対ないです・・・・(爆笑)森山未來さんのスピードについていくのが大変で、追いつくのにいっぱいいっぱいでした!

とその苦労を語ると森山さんは、

森山さん:監督から誰が勝つかが重要ではなく、誰が一着になってもいい!と言われたので、ガチで走ろうと思いました!

と明かすと、

染谷さん:かなわないですよ!

と、ぼやいていました。

映画情報どっとこむ ralph 幕府の刺客として戦いに身を投じる青年・三郎を演じた小関さんは、実は役柄に裏設定があったことをMCにバラされ、恥ずかしながらも
小関さん:なぜ三郎という若者が荒くれ者たちに混ざって戦いに身を投じたのか、その理由を監督たちとディスカッションする中で、思いついたのが「失恋」。三郎にとって失恋は重いもので、今までの自分を壊してみたいという気持ちから、戦に参加したんじゃないかという結論にたどりつきました。
と、自らキャラクターの背景を考案しながら演じていたことを語った。


お暇を出されるももう一花咲かそうとする老侍・栗田又衛門を演じた竹中さんは、バーナード監督の作品が大好きだったそうで
竹中さん:監督のホラー映画『キャンディマン』の大ファン。大好きな監督との撮影は嬉しかったです。監督のオーダーは、台本通りやらなくて良いというので、僕にとっては最高でした!!いきなり本番だから、毎日何が起こるかわからなくて楽しかったな!
と竹中ワールドな笑みで振り返った。

そんなバーナード監督は、これまでゲイリー・オールドマンやソフィー・マルソーなど世界的な俳優と映画を作り、本作で初めて日本人俳優と仕事したといい、
監督:サイコー!(日本語) 皆さん最高でした!本作は群像劇でもあるので、役者それぞれのキャラクター理解を表現してほしいと思っていた。僕の現場ではテストの段階からカメラを回していて、役者のアップなのか引きなのか、何を撮っているかわからないようにしたりしていたので、緊張感を持って演じていただけたと思います。今までのどの作品よりも最高のキャストでした!
と語ると、会場からは大きな拍手が起きた。

映画情報どっとこむ ralph またトークの最後には、キャスト陣が「平成最後にやってみたいこと」を発表するコーナーに。

小松さん:山登り。ちょっと精神を鍛えようかなと。平成が終わるまでに、2000m級2回山登りをしたいと思います!
と宣言した。これに、同調して?

小関さん:僕は猪に会う。今、現在山奥で撮影していて、猪が出るらしいので、今年は亥年だし、僕の干支も猪だし、猪に出会いたい!会えたら喜びます(笑)

と無邪気にコメント。佐藤さんは、やりたいことは信じられないぐらいやりきっているからとしながらも、

佐藤さん:オーロラを見たことがないから見てみたいかな。平成中には難しいかもしれないけど、宇宙にも行きたいしスカイダイビングもしたいし、平成をとっぱらえばやりたいことはいっぱいある!(笑)

と語り、会場を沸かせた。


最後に・・・

イギリス出身のバーナード監督は、本作を通じて日本の観客に

監督:とにかく楽しんでほしい!エンターテインメントなのですごく楽しさが詰まっているし、ワクワクできる映画だと思っているので、気に入ってくだされば嬉しいです!

と語った。

さらに、日本での公開を皮切りに、世界各国での公開に向けここからさらなる展開が期待される本作。
佐藤さん:海外の観客に向けて「和の心」を見てほしいです。バーナード監督は、日本人が持つ時代劇の先入観をすべてとっぱらってくれと。役者から出てくるエモーションを撮りたいから、自由にやってほしいとリクエストされましたが、自由に演じてと言われても、ここに立っているすべてのキャストの中に和の心があって、昔ながらの所作や着物の着こなし、日本語ならではの美しさなど、醸し出されるものがあると思っていて。この映画を観て、そういう日本人ならではの美しさを感じてもらえたら、それは僕たちの中から出てきたものです。ですから「和の心」を感じて欲しいです!

と語りフォトセッションへ!
さらに、監督によるセルフィーで舞台挨拶は終了しました。


映画『サムライマラソン』は大ヒット上映中!

公式サイト
GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON

***********************************

出演:佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ 若林瑠海/竹中直人
筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
豊川悦司 長谷川博己
監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫) 脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス 中沢敏明  音楽:フィリップ・グラス  衣装デザイン:ワダエミ  配給:ギャガ
©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners


佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太…全力疾走!『サムライマラソン』本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己ら日本を代表する超豪華キャストと世界的スタッフの集結で話題沸騰!

日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』(ハルキ文庫)を原作にした、映画『サムライマラソン』が2019年2月22日(金)に全国公開となります。

この度、豪華キャスト陣が集結した本編映像が解禁!

“日本初のマラソン”のスタートシーンが到着!

時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里(約58km)の山道を走る遠足(とおあし)を開催する。勝てばどんな望みも叶えられるという夢のような大会のはずが、とある行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれてしまう。ただ一人、迫る危機を知った男は、計画を食い止めるため、走り出す─。

この度解禁されたのは、豪華キャストが勢ぞろいした遠足のスタートシーン。さまざまな思いを胸に“日本史上初のマラソン”とされる安政遠足に参加した藩士たちが、全力疾走する姿が映し出されている。

スタートラインに並ぶ藩士たちを見守る藩主・板倉勝明(長谷川博己)、迫りくる危機に気付き神妙な面持で走り出す幕府のスパイ・唐沢甚内(佐藤健)、絵描きになることを夢見て藩を抜け出すため男装して参加する勝明の娘・雪姫(小松菜奈)、雪姫との結婚のためにどんな手を使ってでも優勝しようとする傲慢な侍・辻村平九郎(森山未來)、「一着にならなければ金を渡す」と八百長を持ちかけられ葛藤する藩で一番の俊足の足軽・上杉広之進(染谷将太)、腰痛持ちながら遠足に参加した甚内の上司・植木義邦(青木崇高)、侍人生にもう一花咲かせるべく奮闘する老侍・栗田又衛門(竹中直人)─。
主役級の超豪華キャストが一堂に会し、それぞれワケありのキャラクターを演じながら走り続ける遠足シーンは必見!優勝したら金を得ることができないのに、走るのが楽しくてつい首位に躍り出てしまう八百長が頭によぎりつつも軽快なスタートダッシュをみせる上杉や、手下にそれ他の者を阻止させてでも常に先頭に立とうとする辻村、幕府の刺客の襲来を案じながらもクールな走りを見せる唐沢など、キャスト陣の繊細にして印象的な演技にも注目だ。

本作でメガホンをとったイギリス人監督のバーナード・ローズは、キャスティングに関して、演技に“伝える力”のある俳優を必須条件に設定。

映画情報どっとこむ ralph 外国人監督による撮影現場で必要な要素であったことはもちろん、今後海外の観客が鑑賞することも視野に入れ、日本語の微妙なニュアンスがわからずともストレートに届く映画として、グローバルな視点で制作されている。豪華実力派俳優陣、そしてプロデューサーのジェレミー・トーマス、音楽担当のフィリップ・グラス、衣装担当のワダエミらアカデミー賞受賞やノミネート経験を持つ一流スタッフが集い、世界へ発信する日本の新しい“サムライ映画”として完成した『サムライマラソン』。

「サムライマラソン」
東京2020参画プログラムとは、様々な組織団体がオリンピック・パラリンピックとつながりをもちながら2020年の大会に向けた参画・機運醸成・レガシー創出のアクションを実施するプログラムです。日本マラソンの発祥といわれる史実「安政遠足」と東京2020大会との親和性や2020年以降のレガシー創出につながるプロジェクトとして「サムライマラソン」は、東京2020公認プログラムに認証をされました。

***********************************

出演:佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ 若林瑠海/竹中直人
筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
豊川悦司 長谷川博己

監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)
脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス 中沢敏明
音楽:フィリップ・グラス
衣装デザイン:ワダエミ
配給:ギャガ
©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON


佐久間由衣が隠れビッチじゃ誰も太刀打ちできない!映画『”隠れビッチ”やってました。』


映画情報どっとこむ ralph あらいぴろよ氏のベストセラーコミック「“隠れビッチ”やってました。」(光文社)が、『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎監督により映画化されることが決定しました。

タイトルになっている“隠れビッチ”というのは、清楚派に擬態した“ビッチ”の事で、メイクはシンプル、髪色は暗め、肌の露出も15%程、戦略的に「隙」と「タイミング」を演出しながら、男性を次々とハントしていく女性の事。

彼女たちは従来の「肉食系女子」のようにハンティング意欲が旺盛である事は周囲に悟られず、一見コンサバなごく普通の女性と見せかけて、あらゆる種類の思わせぶりな態度をとりながら男性の心を揺さぶる天才。決して自分からは告白をせず、相手から告白をされるまで罠を仕掛け続ける。本作は、そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白可笑しく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う作品です。

出演は、本作が映画初主演となる佐久間由衣(連続テレビ小説「ひよっこ2」)に加えて、村上虹郎(『ナミヤ雑貨店の奇蹟』、日曜劇場「この世界の片隅に」)、大後寿々花(『桐島、部活やめるってよ』、『悼む人』)、森山未來(『怒り』、大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」)など、新進俳優から実力派まで、異色のキャストが揃っています。
映画情報どっとこむ ralph メガホンをとった三木監督は

三木監督:
「“隠れビッチ”やってました。」原作を目にした時、タイトルからどれだけブッとんだ女性の話だろうかと思ったら、読んでみると、行動や発言はめちゃくちゃなんですが、何か身近なものを感じたのです。主人公、ひろみの感情は、実は誰でも心の奥に秘めているものなのでは?と思ったのです。今回、映画化するにあたって、そんな誰でも持っている、心の奥に秘めた部分を丁寧に描きました。強い部分もあれば、弱い部分もある。正しい人間でもあれば、ビッチな人間でもある。誰もが心の奥に隠している黒い部分を針で突くような作品、そして、そんな自分を理解し前に少しでも向いて歩こうと思えるような作品になればと思って作りました。
主人公のひろみを誰に託すかと考えた時、新鮮さが重要だと思ったのです。どこかで見たようなキャラクターにしたくない。なので、まだ、あまり色のない、未知数な人物を求めたのです。彼女はぴったりでした。初々しくて、新鮮で、ぎこちなくて、力強い。彼女の、新鮮で、見たことのない演技に注目してください。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph また、主演の佐久間由衣さんは

佐久間さん:
この作品は、主人公の恋愛模様を描きながらも、そこだけに留まらず「ちょっとした寂しさを抱えて生きる現代の大人の成長物語」だと台本を読んで感じました。私自身、今回が映画初主演という事もあり、監督や共演者の皆さんといった沢山の方に、役柄同様に支えられながら、新たな経験を積ませて頂きました。主人公・ひろみは、色々な戦略で男性を翻弄する役柄ですが、演じる時には、愛したい。でも愛し方がわからない主人公の寂しさやコンプレックス、彼女の感情の深い心の穴である部分を理解しようと精一杯努めました。原作者であり、主人公のモデルにもなった、あらいぴろよさんの話も参考にさせて頂きながら、全てのシーンを大切にそして思い切り演じさせて頂きました。私にとって既にとても大切な作品です。


と語り、シェアハウスで主人公・ひろみとその友人・彩と一緒にシェアハウスをしている、バイセクシャルの晃を演じた村上虹郎さんは、

村上さん:“隠れビッチ”というキャラクターを知り、女性って怖いなと(笑)!でも悪意があって男性を翻弄しているわけではなく、日常の寂しさや心の穴を埋めようとする女性や、自信が持てない女性たちの普遍的な物語だと思います。僕は、主人公・ひろみとその友人・彩とシェアハウスをしている、バイセクシャルの晃役なのですが、みんなの食事の支度から、駄目な恋愛を繰り返す女子2人の心のケアまでお世話する、“お母さん”みたいな役割を楽しんで演じました。


と撮影を振り返った。

また、“隠れビッチ”とは異なるも、自信のなさから駄目な恋愛を繰り返す女性・彩を演じた大後寿々花は、本作の印象を

大後さん:私が演じた主人公の友人・彩は、外向きは仕事もプライベートも充実しているように見えて、実は自分に自信がなくて、気になる相手には嫌われないために体を許してしまうような恋愛を繰り返してしまう女性です。“隠れビッチ”とは真逆で、純粋に恋愛をしたいのに上手くいかないタイプ。ひろみや、彩の恋愛模様を見ていると「2人共、素直に自分の気持ちを伝えたらいいのに」と思うかもしれませんが、自分は気持ちを人に伝えられているだろうか・・と振り返る事につながると思います。佐久間さんや村上さんとは初共演でしたが、和気あいあいとした雰囲気の中で撮影を終える事ができました。

とコメント。

主人公を見守る男性・三沢役の森山未來さんは、

森山さん:セントラルアーツのプロデューサーである黒澤満さんの作品に、こうやってまた関わらせていただけたことを光栄に思います。これは“もし佐久間由衣ちゃんがナチュラルに隠れビッチをやっていたとしたら誰も太刀打ちできないでしょ”、という映画です。僕も彼女に打ち砕かれた死屍累々の一人です。

と、“隠れビッチ”のモテ戦術の恐ろしさを笑顔で語った。

映画情報どっとこむ ralph 映画『”隠れビッチ”やってました。』

本作は昨年の12月にクランクアップしていて、2019年の公開を予定しています!

HP: kakurebitch.jp

あらすじ
笑えて、悩んで、切なさに身悶える!歪んだ心の処方箋
異性からモテ続ける事で、「認められたい欲求」を満たしてきた主人公・ひろみ。自分が傷つかずに、相手の気持ちだけを弄びながら、恋愛の美味しい所だけを楽しみ、体の関係は断る―というゲームのようなやり口に、ひろみのシェアハウス仲間であるバイセクシャルの晃と恋愛に失敗してばかりの彩は驚いていた。服の露出は少な目、鎖骨がちらりとのぞく透け感のあるワンピースが戦闘服。どこにでもいる女性に見えるのに、計算しつくした仕草と会話で、男性を落とすハンターぶりから、彩は「あんたは“隠れビッチ”ね!」と名付ける。そんなある日、同じ職場に気になる相手が現れ、ひろみは初めて自分の本音と向き合う。「男に頼ってばかりではだめ。人間になりなさい」そんな晃からの叱咤を受け、ひろみは<自分に必要なもの>を探しはじめるが……。

2019年公開予定


***********************************


原作:あらいぴろよ 「“隠れビッチ”やってました。」(発刊:光文社)
出演:佐久間由衣、村上虹郎、大後寿々花、森山未來
監督:三木康一郎 (『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』)
配給:キノフィルムズ
©『“隠れビッチ”やってました。』フィルムパートナーズ/光文社
  


佐藤健、小松菜奈、森山未來らバーナード監督の演出を語った!『サムライマラソン』完成披露イベント


映画情報どっとこむ ralph 日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』(ハルキ文庫)を原作にした、映画『サムライマラソン』が2019年2月22日(金)に全国公開を迎える。

1月21日(月)には、東京・六本木で本作の完成披露イベントを実施。
六本木ヒルズアリーナに設置された特設ステージとレッドカーペットに、佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜、バーナード・ローズ監督という豪華キャスト・監督が集結した。

映画『サムライマラソン』完成披露イベント
日付:1月21日(月)
場所:六本木ヒルズアリーナ
登壇:佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、小関裕太、木幡竜、バーナード・ローズ監督

映画情報どっとこむ ralph
和太鼓のパフォーマンスに乗ってキャストと監督が登場すると、会場からは割れんばかりの大歓声!

本作の監督は、イギリス人のバーナード監督。
今回、表向きは平凡な侍だが、実は幕府のスパイである唐沢甚内(からさわじんない)演じて

佐藤さん:海外の方と仕事をしたいという気持ちがあって、このチャンスは逃したくないと飛び込みました。でも衝撃の現場で…。まさかこんなことになるとは。
と吐露。それはバーナード監督は現場での1stインプレッションを大事にする演出を採用しているから。

佐藤さん:まずは台本を気にするなと。セリフも言いたくなければ言うな、というスタンス。だから僕はあまり喋りませんでした。役としてセリフを言いたくなかったので。動きで見せるように頑張りました。

と、役としての立ち振る舞い明かした。

姫(小松菜奈)を手に入れるためにはどんな手段もいとわない傲慢な侍辻村平九郎を演じた森山さんは、共演者から絶賛の嵐。

佐藤さん:森山さんはご自身でセリフを考えていた。だから脚本家はほぼ森山未來だと思う。
とリスペクト!自身も

森山さん:走って、馬に乗って、泳いで…一人トライアスロン状態でした!
という奮闘ぶりを明かしました。さらに

青木さん:しかも(森山は)乗馬初挑戦で、手放しでの乗馬ができるのが森山未來!

と持ち上げるも、アドリブで森山さんが青木さんを蹴り飛ばしたことを思い出し

青木さん:やった方が覚えていなくても、やられている方は覚えているんだよ!(笑)

と恨み節。

映画情報どっとこむ ralph 絵描きになる夢を持ち、藩を抜け出そうとする“じゃじゃ馬姫”の雪姫(ゆきひめ)を演じた小松さんは、撮影の1か月前から殺陣のトレーニングを行うも、撮影現場ではバーナード監督演出の洗礼を受けたといい、

小松さん:あんなに練習したのに現場でバッサリとカット。シンプルなシーンになって良かったけれど…でもショックでした。。。
と告白。すると

佐藤さん:めちゃくちゃ練習していたよね?

と小松さんの努力を労う一方で、

佐藤さん:でもそれは段取りだから!監督が望んでいるのはホンモノだから!

とすると

バーナード監督:実際は刀を抜いたらダンスをするのではなく、直接敵に斬りつけて終わりでしょう?
とリアリティ重視を強調し、

佐藤さん:その通りです!

と即答して笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph 藩一の俊足を誇る足軽、上杉広之進(上杉広之進)役の染谷さんはオファーに???のご様子。

染谷さん:自分がサムライの中で一番の俊足という設定にまず驚きました。日本人の監督だったら絶対に僕をそこにはキャスティングしないはず!佐藤健、森山未來がいるんですよ。
とバーナード監督ならではの視点に驚き、さらに

染谷さん:撮影を待っていたら、バーナード監督から『君の出番は終わった。待っている時の君が良かった』と言われた。だからその日は何もせずに終わりました。

と、出番待ちの姿を撮影していた驚きエピソードを披露。


佐藤さん:演じる甚内の腰痛持ちの上司、植木義邦(うえきよしくに)を演じた青木さんは、バーナード監督との現場を

青木さん:テストなしで撮って行くスタイルなので、茂みに隠れるシーンでは誰もその茂みの奥に何があるのかをチェックしていない。だから飛び込んだ段差があって思い切り転びました。
と苦笑いしながらも、

青木さん:監督の指示ならば、たとえ日の中、水の中!

と役者魂を燃やしていた。すると

バーナード監督:新鮮なファーストテイクというものは一度しか撮れない。だから初めからカメラを回す!

というこだわり。

一発本番スタイルに対して、隠居予定だがもう一花咲かせたいと願う老侍、栗田又衛門(くりたまたえもん)役の竹中さんは、

竹中さん:テストなしの本番という撮影は緊張感も相まって興奮しました。僕が静かな芝居をすると、バーナード監督が『もっとテンションを上げて!』という。即興性を求めていく刺激的な現場でした。
と、楽しそう。さらに劇中で行った日本人古来の走り方「ナンバ走り」の実演をする竹中さん。
ですが、忘れてしまったらしく、染谷さんが正解を披露!

映画情報どっとこむ ralph 確かな信念を持って戦いに参加する若い侍・三郎を演じた小関さんは、共演シーンの多かった隼(はやぶさ)役の木幡さんから、

木幡さん:(小関から)飲みに連れて行ってほしいという誘いがあった。でも飲み会の最後に呼ばれてお金だけ払って帰るということもありました!
とちゃっかり体質を暴露される場面も。

小関さん:馬に乗って相手を斬りに行くというワンシーンワンカットの撮影が午前中に終わってしまい、残りの時間は反省する事しかなくて、時間があるものだから反省しすぎてしまって…。
と照れ顔を見せるも、

森山さん:だから木幡さんを食事に誘ったりしたんだね。

と心境を察してもらうと、

小関さん:一緒にお風呂に入ったりしながら。部屋のじゃないですよ!
と、仲良しすぎなエピソードを披露して会場を沸かせました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

バーナード監督:皆さんそれぞれ役者としてスタイルが違うし、演じる役も違うけれど、最強のキャストに恵まれました。素晴らしいアンサンブルが生まれて、本当に皆さんの演技に感服しましたね。
と絶賛。

佐藤さん:これまで様々な現場で経験してきた常識が一切通じない、何もかもが初めての挑戦でした。天候も関係なくどんどん撮影するので、繋がりが不安だったけれど、まったく気にならず。今まで自分たちがしてきた『天気待ち』の時間は何だったのかと…。新しい事に対してもがきながらも、いつも以上に役と向き合ってみんなで力を合わせて生み出したという感のある作品。新時代の時代劇として楽しんでほしい。

と公開に向けてアピールした。


ステージでのトークセッション後は、キャスト・監督がレッドカーペットを歩き、会場に集まった約700のファンと交流を繰り広げた。

その後はTOHOシネマズ 六本木のスクリーン7にて、本作の完成披露試写会となりました。

「サムライマラソン」

2019年2月22日(金)TOHOシネマズ 日比谷 他 全

【「サムライマラソン」は東京2020参画プログラムです。東京2020参画プログラムとは、様々な組織団体がオリンピック・パラリンピックとつながりをもちながら2020年の大会に向けた参画・機運醸成・レガシー創出のアクションを実施するプログラムです。日本マラソンの発祥といわれる史実「安政遠足」と東京2020大会との親和性や2020年以降のレガシー創出につながるプロジェクトとして「サムライマラソン」は、東京2020公認プログラムに認証をされました。】

**********************************

出演:佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ 若林瑠海/竹中直人
筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
豊川悦司 長谷川博己
監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫)
脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス 中沢敏明
音楽:フィリップ・グラス
衣装デザイン:ワダエミ
配給:ギャガ
©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON


佐藤健、小松菜奈 映画『サムライマラソン』場面写真が解禁


映画情報どっとこむ ralph 佐藤健、小松菜奈、森山未來、染谷将太、青木崇高、竹中直人、豊川悦司、長谷川博己ら日本を代表する超豪華キャスト

日本のマラソンの発祥といわれ、現在も160年以上にわたり受け継がれている史実「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台とする土橋章宏の小説『幕末まらそん侍』(ハルキ文庫)を原作にした、映画『サムライマラソン』が2019年2月22日(金)に全国公開を迎える。

この度、豪華オールスターキャスト集結の場面写真が解禁!
時は幕末、迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるため、十五里(約58km)の山道を走る遠足(とおあし)を開催する。勝てばどんな望みも叶えられるという夢のような大会のはずが、とある行き違いにより幕府への反逆とみなされ、藩士不在の城に安中藩とり潰しを狙う刺客が送り込まれてしまう。ただ一人、迫る危機を知った男は、計画を食い止めるため、走り出す─。

映画情報どっとこむ ralph この度解禁されたのは、豪華キャストによる、臨場感溢れる場面写真の数々。

主演の佐藤健が演じるのは、平凡な侍の姿を借りて幕府のスパイとして藩に潜入する忍び・唐沢甚内(からさわ・じんない)。
遠足に参加し、やがて藩の存亡をかけた戦いへと身を投じていく役どころだ。忍びとして静かながらも熱い闘志を内に秘め、決意の表情を浮かべたカットは必見!
小松菜奈が演じる雪姫(ゆきひめ)は、父である勝明に反発し藩を抜け出そうと、男装して遠足に参加する“じゃじゃ馬姫”。
劇中では、姫らしく優美な着物姿だけでなく泥まみれの男装姿も披露し、侍たちと共に疾走するカットも。
ほかにも、遠足を命じる威厳に満ちた藩主・板倉勝明(いたくら・かつあきら/長谷川博己)、

雪姫を手に入れるために手段を選ばず優勝を目指す傲慢な侍・辻村平九郎(つじむら・へいくろう/森山未來)、
隠居を言い渡されるももう一花咲かせるべく奮闘する老侍・栗田又衛門(くりた・またえもん/竹中直人)、
安中藩へ刺客を放つ幕府大老・五百鬼祐虎(いおき・すけとら/豊川悦司)など、
ドラマを盛り上げるさまざまなキャラクターの場面写真が公開に。

思わず目を引く衣装の数々を手掛けたのは、『乱』でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したワダエミ。日本が世界に誇る一流クリエイターと、豪華俳優陣のコラボレーションがここに実現!

そのほか本作には、「優勝しなければ金を渡す」と八百長を持ち掛けられ葛藤する俊足の足軽・上杉広之進(うえすぎ・ひろのしん/染谷将太)、腰痛持ちで遠足出場を渋るが、何やらワケありな甚内の上司・植木義邦(うえき・よしくに/青木崇高)など、ドラマを彩る個性的なキャラクターが多数登場し、物語を盛り上げている。

私欲のために走り始めた侍たちが、大切なものを守るため“真の侍”へと目覚めていく─。その姿は、新時代が到来する2019年を駆け抜ける我々自身と重なり、胸を熱くせずにはいられない!

映画情報どっとこむ ralph 平成最後の幕末エンタテインメントにして超大型サムライ・プロジェクト

映画『サムライマラソン』

は2019年2月22日(金)全国ロードショー。

***********************************


出演:
佐藤健 小松菜奈 森山未來 染谷将太
青木崇高 木幡竜 小関裕太 深水元基 カトウシンスケ 岩永ジョーイ 若林瑠海/竹中直人
筒井真理子 門脇麦 阿部純子 奈緒 中川大志 and ダニー・ヒューストン
豊川悦司 長谷川博己

監督:バーナード・ローズ
原作:土橋章宏「幕末まらそん侍」(ハルキ文庫) 
脚本:斉藤ひろし バーナード・ローズ 山岸きくみ
企画・プロデュース:ジェレミー・トーマス 中沢敏明
音楽:フィリップ・グラス
衣装デザイン:ワダエミ
配給:ギャガ
©”SAMURAI MARATHON 1855”FILM Partners GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON