「梶裕貴」タグアーカイブ

乃木坂46 梅澤美波、山下美月、与田祐希 嫉妬しちゃうのは!? 「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」完成披露


映画情報どっとこむ ralph 8月18日(土)より全国公開となります「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の完成披露上映~ホーク生誕祭~が行われ、「七つの大罪」の団長・メリオダスの声優を務める人気声優・梶 裕貴さん、ホークの声優を務めている久野美咲さんが登壇!

そして先日、劇場版の応援隊長に任命されたよゐこの有野さん&濱口さんも登壇!

また、8月6日はハムの日でホークくんの誕生日!

と言うことで、主題歌を担当した乃木坂46のメンバー(梅澤美波さん、山下美月さん、与田祐希さん)が特別ゲストとしてお祝いに駆けつけました!

「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の完成披露上映~ホーク生誕祭~
日程: 8月6日(月)
場所: 新宿バルト9 
登壇:梶 裕貴、久野 美咲、よゐこ(有野&濱口)
特別ゲスト:乃木坂46(梅澤美波、山下美月、与田祐希)

映画情報どっとこむ ralph CVキャストが登場すると観終えたばかりのお客様は大きな拍手で温かく迎えてくれ

梶さん:本日はご来場いただきありがとうございます。今日は本作をご覧いただけてとても嬉しいです。
久野さん:今日はホークの誕生日と言うことで、その日が完成披露上映の日を迎えられて凄く嬉しいです!

応援隊長であり天翼人の兵士の声も吹き込んだよゐこのお二人

有野さん:天翼人をやらせていただきました!
濱口さん:天翼人の兵士Bをやらせていただきました!


感想を聞かれると、

梶さん:何年も携わらせていただいた作品が映画館でご覧いただけるのは嬉しいです。なにより原作の鈴木央先生の描き下ろしの内容、原作ファンも新規のファンもたのしんでいただける内容になっていると思います。

久野さん:TVシリーズが劇場版になるのは嬉しいですね。合宿のような楽しいアフレコでその楽しさが伝わるといいなと思います。空の上の景色がきれいで感動しました!

有野さん:漫画にもTVアニメにもない役。この劇場版次第では地上波も出れるのかな?と。

野望を語り。

濱口さん:ゲスト声優ですが、メインのヨコは・・・・。ちょこっと出てます。気を使っていただいて、そっくりにしてくれています!兵士なので屈強なよゐこになっています!嬉しいです!

梶さん:どこに出てるかわからなかった人は何度でも観て確認してください!

映画情報どっとこむ ralph 喋る豚?ホークくんは今日が誕生日と言うことで、主題歌『空扉』を担当した乃木坂46お祝いに乃木坂46の3人(梅澤美波さん、山下美月さん、与田祐希さん)が登場!

そして!ホークがケーキを乗せて、大疾走!!
早すぎて飛ばされそうになる与田さん!ホークとサイズ感同じ!


主題歌について聞かれると
梅澤さん:初めて聞いた時は、イントロからワクワク。映画を観ていただくと、空の上と言う広大なストーリーに注目した楽曲です!爽やかで聞きやすく夏にぴったりだと思います。最後まで聞いていただけたら嬉しいです。(今回センターですが、いかがですか?)かなりのプレッシャーです。が応援したいと気持ちを胸に頑張ります!

と前向きなコメント!


ホークは食いしん坊と言うことで、好きな食べ物を聞くコーナーに。
梶さん:豚しゃぶですね。(笑)今日はハムの日だからポークの誕生日なんですよ!アフレコの後、豚しゃぶを皆でよく食べてましたね。

ホーク的には・・・

久野さん:私へ演じ始めたころは共食いになっちゃう!って食べられなかったんですけど。今では楽しく豚しゃぶです!おれは豚汁が好きだぜ!!

有野さん:とんかつ。最近は塩で。ホーク知ってる。きみ美味いで!

濱口さん:(有野さん:奥さんの手料理の中では?)相方!!!アッキーナの?オムライス!包むの失敗して泣いてました!

と、熱々エピソード。

乃木坂の大食いキャラを聞かれると
山下さん:乃木坂メンバー全員大食いですけど。中でも松村沙友里さんと言う先輩がずっと楽屋で食べてます!昨日ステージに炊飯器持ってきて白米をたべてました!ファンサービスだと思うので、プロのアイドルだなと。

先輩に変なリスペクト!をする山下さん。

映画情報どっとこむ ralph 七つの大罪!自分の罪を聞かれると・・・
梶さん:憤怒。
久野さん:怠惰ですね。お休みの日はごろごろです。


そして、乃木坂さんは嫉妬しちゃう人を「せーの」で指さすことに!
山下さん、与田さんは梅澤さんを。梅澤さんは与田さんを!

山下さん:美波はスタイルが良くて足長くて私の顔ぐらいに腰がある感じです!隣に並ぶのが恥ずかしいです!

与田さん:私大夫背が低いんです!横並びは公開処刑です!
有野さん:くるぶしぐらいですね。
と、梅澤さんがディアンヌ的な大きさな発言に渋い顔の与田さん。


梅澤さん:与田ちゃんはちっちゃくて何でも許せちゃう可愛さ。いつもいいなと。ないものねだりです!
山下さん:二人が乃木坂の一番大きいと小さいメンバーなんです!

有野さん:僕もよゐこで一番大きい方です!

と、フォロー。

映画情報どっとこむ ralph 最後に

梶さん:長く付き合ってきた作品&キャラクターが大きなスクリーンで皆さんにお目にかかれること嬉しく思っています。よろしくお願いします!


梶さん:みんなの力を一つに!

皆で:七つの大罪!

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人

劇場版公式サイト
http://www.7-taizai-movie.net/

ここは妖精族や女神族や魔神族が存在する世界。魔神族の暗躍により、滅亡寸前だった大国・リオネス王国を救ったのは、 大罪人であり伝説の騎士団〈七つの大罪〉と、ひとりの王女だった。そして、リオネス王国に平穏がもたらされてから少し時が流れたころ ――。国王の誕生日を祝うため、幻の食材・天空魚を探しに辺境の地へやって来た〈七つの大罪〉たち。団長のメリオダスと、人の言葉を 話す豚のホークは、天空魚を求めるうちに空高く、雲の上に存在する天空の世界“天空宮”へと飛ばされてしまう。天空宮には翼をもつ “天翼人”が暮らしている。メリオダスは掟を破った天翼人の少年と間違えられて牢屋へ入れられてしまう。天空宮では三千年間封印され る凶悪な魔獣の解放を防ぐため、儀式の準備をしていた。だが封印を解こうと天翼人の命を狙う、“ベルリオン”率いる強靭な魔神族の集 団〈黒の六騎士〉が姿を現す。残虐非道な彼らからみんなを守るため、メリオダスたちは〈黒の六騎士〉と激突する!

***********************************

原作:鈴木央(講談社「週刊少年マガジン」連載)
総監督:阿部記之(「BLEACH」シリーズ、劇場版「黒執事 Book of theAtlantic」ほか)
監督:西片康人(「BLEACH」シリーズ 演出、劇場版「黒執事 Book of theAtlantic」演出 ほか)
脚本:上江洲誠(「暗殺教室」、「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ」 ほか)
配給:東映
製作:「劇場版 七つの大罪」製作委員会
©鈴木央・講談社/「劇場版 七つの大罪」製作委員会


原始人がサッカー特訓!『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』本編映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 舞台は先史時代。原始人(アーリーマン)ダグとその仲間たちが、暴君ヌース卿に奪われた大切な故郷を取り返すため、サッカーで戦いに挑む。果たしてダグたちは強敵を相手に試合に勝つことができるのか――!?槍をボールに持ちかえた”アーリーマン(原始人)イレブン”の笑いと感動のエキサイティングな大冒険!

『ウォレスとグルミット』『ひつじのショーン』などで知られ、これまでに4度のアカデミー賞®受賞歴を持つニック・パーク監督×アードマン・アニメーションズが制作、全世界待望の新作ストップモーション・アニメーション『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』が2018年7月6日(金)、TOHOシネマズ上野ほか全国公開となります!


この度、原始人(アーリーマン)たちが、超エリートサッカーチーム“レアル・ブロンジオ”と戦うための“死と隣り合わせの”サッカー特訓映像を解禁。




今回解禁されたのは、主人公・ダグ(日本語吹替:梶裕貴)たちアーリーマンイレブンが、ブロンズ・エイジ・シティの超エリートサッカーチーム“レアル・ブロンジオ”と自分たちの「谷(ホーム)」をかけたサッカー勝負に挑むため、草木も生えない「死の谷」と呼ばれる場所で秘密の特訓を行うシーンを切り取ったもの。
これまでサッカーの存在自体を知らなかったダグたちは、ブロンズ・エイジ・シティで偶然出会ったサッカーの天才少女グーナの指導のもと、恐竜の骨や火山の噴火口を活用した、死の危険と隣り合わせの障害物走や、転がり落ちてくる無数の石をサッカーボールに見立てたドリブル練習などを展開、決死の練習の数々の特訓は爆笑必須です!

他、「あるもの」を利用してサッカーシューズに見立てるなど、某有名スポーツメーカーにオマージュを捧げたようなシーンも?!必死なのにどこか間が抜けている、愛らしい原始人たちの姿を切り取ったシーンとなっております。

映画情報どっとこむ ralph 『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』
原題『EARLY MAN』

2018年7月6日(金)TOHOシネマズ 上野ほか全国ロードショー

公式サイト:
earlyman.jp


あらすじ・・・
むかしむかし、太古のむかし。まだマンモスがいた頃のお話。勇敢な少年ダグ(声:エディ・レッドメイン)は、ユーモラスな部族のメンバーとブタで相棒のホグノブ(声:ニック・パーク)と一緒に小さな谷間で平和に暮らしていた。しかしある日、ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿(声:トム・ヒドルストン)が、谷で採れる青銅を奪うため軍隊を引き連れて侵攻してきた。故郷を追われたダグたちは、ブロンズ・エイジ・シティで崇拝されている“サッカー”と呼ばれるスポーツでヌース卿に対抗すべく、チームを作って特訓に励む。果たしてダグたちは愛すべき故郷(ホーム)を取り」戻すことができるのか・・・?!

***********************************


監督・製作:ニック・パーク
脚本:マーク・バートン、ジェームズ・ヒギンソン
声の出演:エディ・レッドメイン、トム・ヒドルストン、メイジー・ウィリアムズ、ティモシー・スポール

2018/イギリス=フランス/アードマン・アニメーションズ提供/英語/カラー/89分/ビスタサイズ/5.1ch/日本語字幕:稲田嵯裕里/

配給:キノフィルムズ/木下グループ
© 2017 Studiocanal S.A.S. and the British Film Institute. All Rights Reserved.


山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、梶裕貴ら『ニンジャバットマン』トークも炸裂で観客大爆笑!!


映画情報どっとこむ ralph 前代未聞の戦国タイムスリップ・アクション・エンターテイメント映画『ニンジャバットマン』が6月15日(金)より公開中です。

公開語からSNSでは「何度でも見たくなる」「これはやばい」と中毒性を感じさせる強烈な内容で大好評の本作。公開を記念して、6月16日(土)に豪華キャスト陣と制作陣による、大爆笑の舞台挨拶が行われました!

‪イベントでは、冒頭から山寺さんが「バットマン役のクリスティアーノ・ロナウドです!」と挨拶するなど、500人の観客と共に大盛り上がりしました。

さらに、6月17日に57歳の誕生日を迎える山寺さんに、サプライズで特製のバースデーケーキも登場し、全員でハッピーバースデーを歌って祝福いたしました!


『ニンジャバットマン』公開記念舞台挨拶
日付:6月16日(土)
場所:新宿ピカデリー
登壇:山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、梶裕貴、水﨑淳平、中島かずき、岡崎能士、松澤千晶(MC)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の興奮冷めやらぬ、どこか緊迫感のあった場内に、キャスト陣とスタッフ陣が登場すると、場内は大きな拍手が沸き起こった。 バットマン役を演じた山寺さんがいきなり

山寺さん:バットマン役のクリスティアーノ・ロナウドです!

とタイムリーな挨拶すると、一気に場内は和やかな雰囲気に。

高木さん:違うでしょ!

とナイスツッコミも起き、その高木さんは山寺さんのせいで

高木さん:何を言いたかったのか忘れた!

ととびっちり。 冒頭からキャストの連係プレーが光る展開となった。 日本で本作を見た観客の前に立つのは初めてという水﨑監督が、

水﨑監督:ニンジャバットマンを楽しんでもらえましたか?

と観客に呼びかけ ると、すぐさま観客からは、この日一番大きな拍手が巻き起こり、安心した様子だったが、直後に

水﨑監督:朝からこんなもん見せてすみません。

と申し訳なさそう。すぐさま

山寺さん:”こんなもん”って!すごいもの作ったんですよ!

とフォローが入ったが、

水﨑監督:キャストの方は悪くないんです。

と謎のフォロー返しが。

ここにもすかさず

山寺さん:悪い前提でしゃべらないでください!

と突っ込むと、場内から大きな笑いが起きていました。

映画情報どっとこむ ralph 先にアメリカでの上映に立ち会っていたという

水﨑監督:アメリカでも卵が飛んでくるかもって思っていたんです。でも日本でも皆さん に楽しんでいただけて、これでやっと眠れます。

と笑顔を見せ、脚本を担当した中島さんも

中島さん:皆さん胸焼けしてませんか?僕はこういうもの しか作れないんです(笑)。90 分満足してもらえたならよかったです。

と満足した様子。
キャラクターデザインを担当した

岡崎さん:やっ と日本の皆さんに届けられてよかった。

と満を持しての公開に感無量だった。スタッフ陣が不安だったという理由について

水﨑監督:実は 作品自体はだいぶ前に完成していたんです。完成した直後は『やった!』と勢いがあったけれど、公開を待っているうちにだんだん不安になってきて…“こんなことしてよかったのか”と…

と胸中を明かに。

映画情報どっとこむ ralph 一方でキャスト陣からは

山寺さん:何回か過去にバットマン役を演じさせてもらっていて、今回も同じものかと思ったら、日本で作ったすごいクオリティの作品で。全然かっこよくてびっくりしたんです。みんなに見てもらえてうれしいです。

とが言うと、

加隈さん:キャットウーマンはどっちに味方に付くか読めないキャラなんですけど、「女の気の迷いを許せる男は素敵よ」ってセリフがあって…皆さん、許せる方が素敵だそうですよ!

と駆けつけたファンに呼びかけていた。

ロビンを演じて

梶さん:まさか時代に合わせて髪形があんなに変わるとは思わなかったです。戦国であり、バットマンであり、そしてまさかのロボットで、日本とバットマンの融合が素晴らしい作品です。

と太鼓判。

高木さん:ジョーカーをやるプレッシャーは感じましたね。特に隣に大先輩の山寺さんが…。

と語り始めると、ここでも

山寺さん:大先輩って!ほぼ同じでしょ!大河俳優が何を言っているんだ!

と怒涛のツッコミ。それに対して

高木さん:なんとしてもジョーカ ーとして山寺さんをいじめたい、これでもかってくらいこっちのほうが楽しくなって、バットマンを振り回せるようにというのは考えて演じてい ました。

と明かし、

山寺さん:いろんな意味でいらつきました…。

というと、高木はニンマリだった。



映画情報どっとこむ ralph 一方で、ジョーカーの相棒であるハーレイ・クインを演じ、2 人のバトルをワクワクしながら見ていたという釘宮さんは

釘宮さん:好きな人しかいない現場で、毎回テンション全開でジョーカーについていきました。

といい、舞台挨拶前にもエレベーターで一緒だった高木さんから「俺に惚れるなよ。」と言われ

釘宮さん:惚れちゃう♥

と返していたというエピソードを明かした。

これにはさすがに「キャスト陣も引いてた」と山寺さんが言うも、紫のシャツとネクタイの高木さんと、紫と黒のドレスの釘宮さんと、衣装のコーディネートもそろっえた2人は意に介さない様子で、作中同様のコンビネーションを見せつけていた。そんなエピソードが明かされていく中、一人で収録だったという梶さん・・・

梶さん:楽しくやらせてもらったけど寂しかった…。

とポツリ。それでも、あるシーンについて

梶さん:絵が完成するのを楽しみにしていたら、なんとそれがすでに完成した絵だった。でもあれはあれで素敵なので、全部あの絵になってるものを見てみたい

と語っていた。 ここで、水﨑監督からどうしても聞いてみたいとのことで「今回初めて「バットマン」シリーズを見た方は?」というと、客席からは意外にも多くの方が挙手。その様子に

中島さん:これすごく間違ってますので!

と申し訳なさそうにすると、逆に

水﨑監督:あれ?僕は今回”バットマ ン入門編”という気持ちで作っていたんですけど。こんなに楽しい作品なんだよと。

というと中島さんが驚いた様子で

中島さん:でも、ニンジャバ ットマンを見た人は、どんなバットマンも大丈夫だと思いますので!どれでも楽しめます!

と観客に呼びかけていた。そんな中島さんはジョ ーカーについて

中島さん:ジョーカーはひたすら喋らせようと思ってた。黙っちゃうと死んじゃう人みたいに。戦闘シーンもセリフが入ってなかったのを 追加したんです。

というと、

高木さん:喋った後に死にました…。

と苦労を明かした。子供のころからバットマンが大好きで、今回のデザインにすべて詰め込んだという

岡崎さん:普通のアニメだと消されてしまうような細かいデザインも、監督が全部拾ってくれた。着物の模様 とか、装飾とか本当に細かいので、是非皆さんもう一度見て確認してみてください。

というと、デザインについて

山寺さん:宣教師のバッ トマンの髪形がバットマンのマークになってて、あれはすぐばれるでしょ!

というと、

水﨑監督:あのカツラは、実はキャットウーマンが渡し たからバットマンは気づいてないんです。

という思わぬ裏話に、初耳だったキャスト陣は大爆笑。

加隈さん:遊び心を許せる男は素敵よ!

とキャットウーマンのセリフになぞらえていた。

映画情報どっとこむ ralph そしてここで、翌日 57 歳を迎える山寺へのサプライズケーキが登場!

バットマンマークをあしらった特製ケーキを前に、全員からハッピ ーパーズデーの歌で祝福された。特大スプーンを持った梶さんにケーキを食べさせてもらって、何味なのかと聞かれると

山寺さん:バットマン 味!!こんなにお祝いしてもらってうれしい。励みになります!

と嬉しそう!

最後に・・・、

高木さん:朝早くからこんなに多くの方に来ていただいて感無量です。今日、壇上に上がった瞬間に皆さんの笑顔を見て、 本当に楽しんでもらえたんだなって伝わりました。

山寺さん:みなさんワールドカップで寝不足な中、来てもらってうれしいです。水﨑監督も、これがコケたら神風動画がつぶれてもいいっ て言ってたくらい、みんなで情熱を注いだ作品です。ここからさらに発信して、『ニンジャバットマン』ブームになってほしい!

と語り、最後 は観客全員との三本締めで、イベントは大盛況に終わりました。

なお、明日 17 日には、イオンシネマ名古屋茶屋とミッドランドスクエアシネマ2でも、水﨑監督と、音響監督の岩浪美和、プロデュ ースの川瀬浩平による舞台挨拶が実施され、来場者への抽選による豪華声優陣のサイン入りポスタープレゼントなども予定されて いる。



映画『ニンジャバットマン』
米題:BATMAN NINJA

6月15日(金)より新宿ピカデリー他 公開中


公式 HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/batman-ninja/

公式 Twitter
@batmanninja2018

WB 公式 Twitter
@warnerjp

物語・・・
現代の犯罪都市ゴッサムシティの悪党たちがタイムスリップし、群雄割拠する戦国時代の日本。戦国大名となった悪党たちがこのまま自由に暴れ続ければ、日本 だけでなく世界の歴史すらも変わってしまう! 絶望的な乱世で、現代テクノロジーからも切り離されてしまったヒーロー、バットマンは世紀の歴史改変を阻止することができるの か? 日本と世界の未来をかけた、時空を超えた壮大なバトルの行方は!? 眼を見張る映像×前代未聞のストーリーで日本が世界に放つ、戦国タイムスリップ・アクションエン ターテイメント!

***********************************

キャスト
山寺宏一、高木渉、加隈亜衣、釘宮理恵、子安武人、田中敦子、諏訪部順一、チョー、森川智之、三宅健太、梶裕貴、河西健吾、小野大輔、石田彰、大塚芳忠

スタッフ
監督:水﨑淳平
脚本:中島かずき キャラクターデザイン:岡崎能士
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:神風動画

Batman and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © Warner Bros. Japan LLC



梶裕貴・22/7(ナナブンノニジュウニ) の京まふ応援サポーター就任決定!


映画情報どっとこむ ralph 7月11日(水)に全国天満宮の総本社 北野天満宮にて出展作品ほか発表!
一般の方も観覧OK!

京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会は、2018年9月15日(土)・16(日)にみやこめっせ(京都市勧業館)、京都国際マンガミュージアム等で開催される西日本最大級のマンガ・アニメのイベント『京都国際マンガ・アニメフェア2018』(以下、京まふ)の今年の応援サポーターに声優「梶裕貴」とデジタル声優アイドルグループ「22/7(ナナブンノニジュウニ)」の就任が決定したことを発表しました。

また京まふ2018の記者発表を7月11日(水)に全国天満宮の総本社 北野天満宮の『紅梅殿』にて開催します。この記者発表では、今年の京まふの出展者・出展作品のラインナップやステージプログラム、様々なイベント企画などを発表します。

今年の記者発表は一般観覧が可能で、観覧いただいた方には京まふ2018入場券をプレゼントします。

映画情報どっとこむ ralph 京まふ2018の開催記者発表を7月11日(水)に全国天満宮の総本社 北野天満宮の『紅梅殿』にて開催します。今年の記者発表は一般の方も無料で観覧いただけます。観覧いただいた方には京まふ2018入場券をプレゼントします。
本記者発表では、京まふ2018の出展者や出展作品、京まふステージ及びオープンステージのプログラム、様々なイベント企画などを発表します。
また、応援サポーター22/7の出演も決定し、梶裕貴さんのメッセージコメントもお届けします。
<記者発表概要>
日時: 2018年7月11日(水)14:45~15:30(予定)
会場: 全国天満宮の総本社 北野天満宮 『紅梅殿』(京都市上京区馬喰町)
内容: 開催概要(出展者・出展作品情報、ステージプログラム、イベント企画など)発表
京まふ応援サポーター『22/7』による今年の見どころ紹介
京まふ応援サポーター『梶裕貴さん』によるスペシャルメッセージコメント

登壇予定: 京都市長、京まふ実行委員会
22/7 河野都(CV.倉岡水巴)、藤間桜(CV.天城サリー)
涼花萌、花川芽衣、帆風千春、宮瀬玲奈
※梶裕貴さんはメッセージコメントのみとなります

★一般観覧について★
・記者発表は観覧無料、全席立ち見となります。
・当日9時から『紅梅殿』付近にて観覧整理券を配布します。(お一人様1枚まで / 予定枚数になり次第終了)
・ご観覧いただいた方には京まふ2018入場券をプレゼントいたします。(お一人様1枚まで)
※プレゼントする入場券は、「京まふステージ」の観覧抽選応募権付きのものではなく、みやこめっせ会場への入場のみの前売券となります。


映画情報どっとこむ ralph 例年話題の「マンガ・アニメ×京都名所」コラボビジュアルの第2弾として、『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』×高台寺、『殺戮の天使』×渡月橋(嵐山花灯路)、『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』×神護寺の3作品を発表し、

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』×高台寺

『殺戮の天使』×渡月橋(嵐山花灯路)

『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』×神護寺

これで今年のコラボビジュアル全6作品が出そろいました。

映画情報どっとこむ ralph 京都国際マンガ・アニメフェア2018開催概要

催事名称: 京都国際マンガ・アニメフェア2018
略称: 京まふ(KYOMAF=KYOTO INTERNATIONAL MANGA ANIME FAIRの略)
会場: みやこめっせ(京都市勧業館) 京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
京都国際マンガミュージアム 京都市中京区烏丸通御池上ル(元龍池小学校)
会期: みやこめっせ(京都市勧業館)
2018年9月15日(土)・16日(日) 9:00~17:00
※16日は16:00まで
京都国際マンガミュージアム
2018年9月15日(土)・16日(日) 10:00~20:00
入場券: 7月12日(木)発売予定
主催: 京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会、京都市
共催: KYOTO CMEX 実行委員会、京都コンピュータ学院・京都情報大学院大学、
京都国際マンガミュージアム
公式サイト:http://kyomaf.kyoto/


***********************************



菅田将暉が初アニメ映画主題歌!『僕のヒーローアカデミア』 喜びコメントも到着!


映画情報どっとこむ ralph 今年8月3日(金)に初の完全オリジナル劇場版『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』長編アニメーション作品が全国ロードショー!

そしてこの度、待望の予告編が解禁となりました!

原作者・堀越耕平が総監修し、デク、オールマイト、1-A組のメンバーが初の海外となる舞台<”I”アイランド>に襲来した謎のヴィラン敵・ウォルフラムと大バトル!そして、かつてのデクと同じ“無個性”の少女・メリッサと、彼女の父でオールマイトの旧友・デヴィットというストーリーの鍵を握る親子との出逢い、さらにオールマイトの過去など、原作では描かれなかったエピソードが次々と明かされます。親友・デヴィットのピンチにオールマイトは、そしてデクはどう立ち向かうのか!空白の「夏」の一部が、遂に解禁!

この予告編は順次全国の映画館でも公開される予定です。そして、6月18日(月)25時~ニッポン放送「菅田将暉のオールナイトニッポン」で「ロングホープ・フィリア」のフルサイズが初オンエアされる予定です。


そして、主題歌には菅田将暉の新曲「ロングホープ・フィリア」が決定!こちらは本映画のために制作した楽曲で、昨年放送の“ヒロアカ”TVアニメ第2期のオープニングテーマを担当したロックバンド・amazarashiの秋田ひろむが作詞・作曲を手掛けました。

菅田将暉の楽曲がアニメーション映画の主題歌になるのは本作が初めてとなります。2018年8月1日(水)にニューシングルとしてリリース、7月14日(土)から先行配信されます。


【菅田将暉リリース情報】
ニューシングル 「ロングホープ・フィリア」
(アニメ映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)』~主題歌)
作詞・作曲:秋田ひろむ(amazarashi)

8月1日(水)CDシングルリリース
7月14日(土) 先行配信リリース 

映画情報どっとこむ ralph ■菅田将暉コメント

Q:8/1リリースのニューシングル「ロングホープ・フィリア」について

菅田さん:今回は最初からヒロアカ初の劇場版主題歌を作るという目的がはっきりとしていました。
ヒーローというのは子供にはもちろん、大人にも誰にだってそれぞれのヒーローが存在するものだと思うんですけど、正義だったり愛情を感じる象徴がヒーローだと思います。
そんなヒーローというものを性別も年代も超えて多くの人に歌で投げかけようと思った時に、今年の3月に自分のアルバム「PLAY」でもご一緒させてもらった、amazarashi秋田ひろむさんに、楽曲の書き下ろしをお願いさせてもらいました。「フィリア」はギリシャ語で親愛なる人への愛情 や友愛という意味です。
「大切な友に末長い希望を」という想いが込められたこの曲は、僕も歌いながら自分自身も励まされるような思いを起こさせられたり、年代関係なく、大切な仲間と一緒に頑張っていこうという強さと希望をもった曲ができたと思っています。
 

Q:「僕のヒーローアカデミア」について

菅田さん:ジャンプは小さいころから毎週読んでいて、ヒロアカも連載開始から読んでいたのでジャンプファン、ヒロアカファンとして今回の初の劇場版主題歌を担当することは、非常に光栄ですし嬉しく思っています。
僕はアクションだったり主人公が頑張って成長していく少年漫画が好きで、そういう漫画に共通しているのは、みんな憧れのヒーローとはいえ完璧でなかったりするけど、愛情や努力など情の部分が人の胸を打つものがあると思います。ヒロアカでも主人公のデクは最初、まわりから期待をされていないただの男の子だったけど、デク自身の中にある正義や憧れがあり、そんな部分をオールマイトにかわれ個性を譲られるという物語のスタートです。人間、最初から何でもできる人はいないから、諦めず頑張り続けることで誰でもヒーローになれるというストーリーが僕は昔から好きだったので、劇場版での更なるデクの成長が楽しみです。


Q:ニューシングルが『僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE~2人の英雄~』の主題歌ということについて

菅田さん:劇場版ヒロアカでは、”圧倒的ヒーロー”オールマイトの過去が明かされるということもあり、amazarashiの秋田さんから、主人公デクの視点というよりは、オールマイトの視点に近い歌詞で書いたと聞いています。
歌えば歌うほどこの二人のヒーローやストーリーが、歌っている僕自身ともリンクしていって、温かくて強さを持つこの歌に本当に希望があるなと感じています。
この映画と寄り添うように歌った「ロングホープ・フィリア」が沢山の人に届けばいいなと思っていますし、映画と曲を通して、“自分が背中を押してもらった”、“誰かの背中を押してあげたい” みたいに感じてもらえるとすごく嬉しいです。

映画情報どっとこむ ralph 楽曲提供:秋田ひろむ(amazarashi) コメント

Q:楽曲制作の際に考えたこと

秋田さん:今作は完全に『僕のヒーローアカデミア』の為だけに作ろうと最初から意識していました。菅田君への楽曲提供ということもあり、僕個人のエゴやamazarashiのエゴを排除して、一人の作家として、ヒロアカと菅田君に音楽を捧げようという気持ちで作りました。

Q:楽曲への想い

A:今作を作るにあたって僕が設定したテーマは“ヒーロー”と“友達”です。
主人公デクの視点というよりは、オールマイトの視点に近い歌詞なのかなと思います。「友よ、末永い希望を」というフレーズを先に思いついて、それをCDの帯のキャッチフレーズみたいに想像しながら作りました。僕個人の想いはもちろん込められていますが、より多くの人へ届くように言葉の表現には気を使いました。


Q:「ロングホープ・フィリア」を菅田将暉が歌うことについて感じること

秋田さん:この歌は菅田君が歌うヒロアカのテーマ、ということがなければ生まれなかった歌です。
僕もあまり経験のない制作だったので迷いながら作った歌だったんですが、菅田君が歌った音源を聴いて間違ってなかったなと思えました。若きヒーローという意味では菅田君とデクは、僕には重なって見えます。

映画情報どっとこむ ralph 僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~

映画公式サイト:
http://heroaca-movie.com/

あらすじ
白熱の期末試験が終わり、夏休みの林間合宿を控えた雄英高校メンバー。
デクとオールマイトは、ある人物からの招待を受け、海外に浮かぶ巨大人口移動都市<I・アイランド>を訪れていた。
世界中の科学研究者たちの英知が集まったまさにサイエンスハリウッドのような島で個性やヒーローアイテムの研究成果を展示した<I・エキスポ>が開催される中デクは“無個性”の少女・メリッサと出会う。
メリッサに、かつて同じ“無個性”だった自分を重ね合わせるデク。
その時、突如
鉄壁のセキュリティを誇るアイランドの警備システムがヴィラン敵にハッキングされ島内全ての人間が人質に獲られてします!
いま、ヒーロー社会の構造を揺るがしかねない【ある計画】が発動する-!
その鍵を握るのは、ナンバー平和ワンのヒーロー象徴・オールマイト。      
夏に向けてより一層盛り上がりをみせる『ヒロアカ』に今後もご期待ください!

≪TVアニメ≫
『僕のヒーローアカデミア』新シリーズ第3期絶賛放送中!
毎週土曜夕方5:30(※一部地域を除く)/読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット
【1期】 放送時期:2016年4月~6月 / 放送局:MBS・TBS系 毎週日曜 17:00~
【2期】 放送時期:2017年4月~9月 / 放送局:読売テレビ・日本テレビ系 毎週土曜17:30~
●世界148ヵ国にて配信
●FUNimationによる北米での配信:2017年4月期、7月期で再生数No.1を獲得

***********************************

声の出演:山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴
原作・総監修・キャラクター原案:堀越耕平(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
監督:長崎健司
脚本:黒田洋介
キャラクターデザイン:馬越嘉彦
音楽:林ゆうき
アニメーション制作:ボンズ

©2018「僕のヒーローアカデミアTHE MOVIE」製作委員会 ©堀越耕平/集英社