「梅原裕一郎」タグアーカイブ

恋するシロクマ『マイナス21℃』&『ウインド・リバー』とコラボ!


映画情報どっとこむ ralph 「月刊コミックジーン」にて好評連載中、「恋するシロクマ」(原作:ころも)のぷちアニメが全国の映画館約50館の予告編上映前に大好評上映中!W主演の花江夏樹(アザラシ君役)&梅原裕一郎(シロクマさん役)の弱肉強食の世界で綴られる純白のラブストーリーは半端ない!

7月6日(金)から最新の第9話「苦しい②」篇が上映中!是非劇場の大スクリーンでご覧ください。

そして!

この度、「恋するシロクマ」が夏真っ盛りに公開される洋画2作品(ジョシュ・ハートネット主演『マイナス21℃』〈7/21(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開〉&『ウインド・リバー』〈7/27(金)全国ロードショー〉)とのコラボレーションが決定!

共に白銀の世界でアザラシ君が恐怖に震えるコラボビジュアルを制作。暑い夏をCOOLに冷やす仕上りになっています。映画とあわせてお楽しみください。

また、原作者ころも先生より、2作品についてのコメントも到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 『マイナス21℃』

2018年7月21日(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開 minus21c.com
原作者コメント
「嘘でしょこの状況で救助されるまでまだ5日もあるの!?これでまだあと3日もあるの!?」 という絶望の連続で、実話だけにとにかく静かにゾワゾワきました。彼の過去のどうしようもない、 もどかしい気持ちもものすごく伝わってくるのでヒリヒリします…。 残された時間の中での彼の選択には泣きました。 すごく深い作品ですが、ですが…!それでもやっぱりこれが実話だなんて、ただただ怖い!
物語・・・
厳寒のシエラネバダ山脈で遭難した元プロアイスホッケー選手エリック・ルマルクの実話をもとにしたサバ イバル衝撃作。メガホンをとるのは『Variety』誌が選んだ、注目すべき10人の監督に選出された気鋭のス コット・ウォー。ジョシュ・ハートネットがエリックを演じ、その体当たりの演技で観るものを壮絶な雪山 への孤独へ引きずり込む! <原作者コメント> 「嘘でしょこの状況で救助されるまでまだ5日もあるの!?これでまだあと3日もあるの!?」 という絶望の連続で、実話だけにとにかく静かにゾワゾワきました。彼の過去のどうしようもない、 もどかしい気持ちもものすごく伝わってくるのでヒリヒリします…。 残された時間の中での彼の選択には泣きました。 すごく深い作品ですが、ですが…!それでもやっぱりこれが実話だなんて、ただただ怖い!

監督:スコット・ウォー
出演:ジョシュ・ハートネット、ミラ・ソルヴィノ
配給:松竹メディア事業部
©2016 Six Below LLC.All Rights Reserved.

映画情報どっとこむ ralph 『ウインド・リバー』

2018年7月27日(金)全国ロードショー

wind-river.jp
原作者コメント
「なぜ、この土地では少女ばかりが殺されるのか」というキャッチコピー。 連続殺人事件の話なのか、なんて安易に思って見始めましたが、全ッ然そういうことを言っているのではな かったのか…!とラストまで見て愕然としました。たくさんの理不尽が詰まっている、まさに闇を描いた作 品。この事件の「始まりはどこなのか」を考えて苦しくなってしまう…。暗い空気が漂う作品ですが、ハン ターのかっこ良さをこれでもかってくらい見せつけてくれる、そのギャップも好きです。

物語・・・
『ボーダーライン』脚本テイラー・シェリダン初監督作品にして、第70回カンヌ国際映画祭<ある視点部門 >監督賞受賞作。アメリカの忘れさられた土地“ウインド・リバー”で見つかった少女の死体の謎を追う、極 上のクライムサスペンス。 <原作者コメント> 「なぜ、この土地では少女ばかりが殺されるのか」というキャッチコピー。 連続殺人事件の話なのか、なんて安易に思って見始めましたが、全ッ然そういうことを言っているのではな かったのか…!とラストまで見て愕然としました。たくさんの理不尽が詰まっている、まさに闇を描いた作 品。この事件の「始まりはどこなのか」を考えて苦しくなってしまう…。暗い空気が漂う作品ですが、ハン ターのかっこ良さをこれでもかってくらい見せつけてくれる、そのギャッも好きです。

監督:テイラー・シェリダン
出演:ジェレミー・レナー、エリザベス・オルセン、ジョン・バーンサル
配給:KADOKAWA
©2016 WIND RIVER PRODUCTIONS,LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画情報どっとこむ ralph 「恋するシロクマ」劇場にてぷちアニメ化!!!

シロクマ「きみがオスでも、僕は構わない」
アザラシ「僕は構う」

白いアザラシ(♂)を好きになってしまったシロクマくん(♂)。

彼の恋は成就するのか?
弱肉強食の世界で紡がれるホワイトラブ!!


公式サイト:
koisurushirokuma.jp
公式Twitter:
@koi_shirokuma

***********************************


キャスト:花江夏樹 梅原裕一郎

原作:ころも「恋するシロクマ」(株式会社KADOKAWA「月刊コミックジーン」連載中)
制作:ギャザリング(「ぷちます!-プチ・アイドルマスター-」「殿といっしょ」)
監督・脚本:市川量也(「アニメ モンスターストライク」「ぐでたま」)
音響監督:山田陽(「君の名は。」「磯部磯兵衛物語」)
©ころも・KADOKAWA/恋する製作委員会


花江夏樹&梅原裕一郎 空前絶後の動物BLラブストーリー「恋するシロクマ」G.W.最新情報ご紹介!


映画情報どっとこむ ralph 毎月15日発行の月刊コミックジーン(株式会社KADOKAWA)にて好評連載中、4月27日(金)にはファン待望のコミックス4巻が発売される「恋するシロクマ」(原作:ころも)のぷちアニメが全国の映画館約50館の予告編上映前に大好評上映中!

W主演の花江夏樹(アザラシ君役)&梅原裕一郎(シロクマさん役)のBL(ビーストラブ)は必見です。5月5日(土)には最新の第8話「苦しい①」篇が上映予定!

この度、2018年4月27日からG.W.にかけて盛り上がること間違いなしの「恋するクロクマ」最新情報の数々を以下に一挙ご紹介いたします。

映画情報どっとこむ ralph ◎恋するシロクマハニトーも登場!パセラリゾーツとのコラボレーションが決定!!

2018年4月27日(金)~5月27日(日)カラオケパセラ全店にて、抽選で1名様に豪華プレゼントが当たるキャンペーンを実施!賞品はころも先生直筆イラスト付き色紙に花江夏樹&梅原裕一郎W主演キャストのサインを入れてプレゼント!更に、新宿靖国通り店では、コラボメニューも登場します!

◎5月上旬よりガチャマシンにて「恋するシロクマ」デスクトップフィギュア登場!

「恋するシロクマ」のキャラクターたちがちょっぴり便利なデスクトップフィギュアになって登場!そのまま飾るだけでもかわいいけれど、全種集めるとミニジオラマにもなってさらにキュート!

◎『君の名前で僕を呼んで』×「恋するシロクマ」のコラボが決定!

白いアザラシ(♂)とシロクマさん(♂)の純白な恋を描いたラブストーリー「恋するシロクマ」と、24歳と17歳の青年の初めての、忘れられない恋を描いたラブストーリー『君の名前で僕を呼んで』の特別コラボが決定し、コラボポスター・コラボグッズの製作を予定しております。
君の名前で僕を呼んで©Frenesy, La Cinefacture


◎劇場グッズ追加! ※パセラリゾーツ新宿靖国通り店でも販売いたします。

◎4月27日(金)10時~、ファミマプリントで「恋するシロクマ」ブロマイドの最新絵柄が追加!

◎恋するシロクマG.W.Twitterキャンペーン開催決定!

映画情報どっとこむ ralph ◆「恋するシロクマ」劇場にてぷちアニメ化!!!◆
シロクマ「きみがオスでも、僕は構わない」 アザラシ「僕は構う」

白いアザラシ(♂)を好きになってしまったシロクマくん(♂)。彼の恋は成就するのか?
弱肉強食の世界で紡がれるホワイトラブ!!

恋するシロクマ

公式サイト:
koisurushirokuma.jp
公式Twitter:
@koi_shirokuma

***********************************


キャスト:花江夏樹 梅原裕一郎

原作:ころも「恋するシロクマ」(株式会社KADOKAWA「月刊コミックジーン」連載中)
制作:ギャザリング(「ぷちます!-プチ・アイドルマスター-」「殿といっしょ」)
監督・脚本:市川量也(「アニメ モンスターストライク」「ぐでたま」)
音響監督:山田陽(「君の名は。」「磯部磯兵衛物語」)
©ころも・KADOKAWA/恋する製作委員会


高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、寺崎裕香、大塚明夫 舞台挨拶『僕のワンダフル・ライフ』!


映画情報どっとこむ ralph 優しい涙で溢れたい日にはこの映画おすすめ!

『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』などで知られる名匠ラッセ・ハルストレム監督の最新作&ドッグシリーズの集大成、けなげでかわいい犬を主人公に贈る、この秋一番の感動作『僕のワンダフル・ライフ』。

犬と人間の極上のラブストーリーが遂に、昨日9月29日(金)に公開を迎え、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて公開記念舞台挨拶が行われました!


『僕のワンダフル・ライフ』公開記念 舞台挨拶
日程:9月30日(土)
場所:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇:高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、寺崎裕香、大塚明夫
宣伝“ワン”バサダー:ゼウス(ゴールデン・レトリバー)

映画情報どっとこむ ralph 上映後の舞台挨拶登場したのは本作の日本語吹替え版にて声優を務めた高木渉さん、梅原裕一郎さん、花澤香菜さん、寺崎裕香さん、大塚明夫さんら豪華声優5名。

本作の主人公で飼い主への一途な想いから生まれ変わりを果たし4つの犬生を生きた<ベイリー>の心の声を担当した高木さんは
高木さん:犬の吠える声というか、音が入っているので、なんとなく心の声といいながらも、それぞれの犬の声とマッチしているかな〜って自分なりには心配でしたね。一貫して魂の声みたいな感じでやれば、統一されていいかなって気持ちで演じました。

とアフレコ時を振り返り、

高木さん:やっぱりそれぞれの人間と犬の関係が出てくるんですけれど、犬との別れとか・・・本当に泣いちゃいますよね。

と溢れる想いを口に。

映画情報どっとこむ ralph 梅原さん、寺崎さん、大塚さんら3人が演じたのは“イーサン”。

寺崎さん:イーサンの3つの世代の中で<出会い><別れ><再会>(パートが)があるとしたら、私は出会いになるんです。純粋にまっすぐイーサンと遊ぶシーンが多かったなって思います。私自身、8歳の時に家でハスキー犬を飼っていたので、その時の暖かさだったり、上に乗られた時の重量感だったりを思い出しながら、思いっきりベイリーと遊ぶシーンを楽しみながら演じさせて頂きました。

と幼少期(8歳)を演じた寺崎さん。

寺崎さん:演じているうちに、今天国で元気かな?ってぶーちゃん(飼われていたハスキー犬/ブルー)を思い出しましたね。もしかしたら生まれ変わってるのかな?って希望を抱かせてくれました」

と続けてコメント。


青年期(10代)を演じた梅原さん

梅原さん:イーサンに限らず、10代って本当に一番人生が変わる時期だと思うんですけど、昔からそのまま持っていた明るい性格のイーサンと、とある事件があって殻に閉じこもってしまうイーサン。同じ年代ではあったんですけれど2種類のイーサンを演じさせて頂いたような感覚になるぐらい、最初と終わりでは全然違ったなっていう感覚がありましたね」。

話すと、その梅原さんの姿を見て

高木さん:・・・かっこいいね、あなたは。ずっと横顔を見ていたんですよ(笑)声も素敵・・・

と思わず。少し照れた表情を見せながら、進学の為にイーサンとベイリーが別れるシーン、そして、イーサンがベイリーの最後を看取るシーンについて、梅原さんと高木さんが熱く語り、

梅原さん:ベイリーがイーサンに向かう想いが本当に健気で。

と思いを巡らせます。

大塚さん:退化している感じを出すのが大変でした。青春期の心の傷によって、ちょっとふてくされている感じを、喋りだけで出せないかなって考えましたね。出せてるかは疑問ですけれど・・・。

と大人になったイーサンを担当した大塚さんが話すと、場内から大きな拍手で返事が。

映画情報どっとこむ ralph イーサンの初恋の相手・ハンナ(10代)の声を務めた花澤さん

花澤さん:彼女は天真爛漫で、笑顔がチャーミングで。将来のこととか自分なりに考えていて、イーサンとの関係もすごい先まで見ているんだなって分かって、結構しっかりしているんですよ。本当に素敵な女の子だなって思っていたんですけれど・・・(彼女を)フる人がね・・・あれをフルなんておかしな話ですよね?

と梅原さんに目線を向け笑いを誘う一幕も。すると・・・

梅原さん:あの時は、仕方ないと思ってください・・・

と梅原さんがイーサンの心情を代弁。

それぞれが、アフレコ時を振り返った後、宣伝スタッフたちが気になった各吹替えキャストのトピックスをご紹介。

寺崎さんはかつて一緒に時を過ごした愛犬・ブルーとの思い出を語り、この映画を観るまで完全に猫派だったと明かされた梅原さんは、

梅原さん:この作品に関わらせて頂いて、段々と犬ってこんなに可愛いいんだってことを知って。ワンちゃんと取材で一緒に撮影をしたりして、なんてかわいい生き物なんだと。猫に無いものを全て持っているなって感じたので、実は僕(犬派と猫派で)とても揺れているところなんですよ(笑)この映画を観たら、きっと犬派じゃない人もきっと犬が好きになるんじゃないかな思います。

と本作の宣伝ワンバサダー・ゼウスくんとの触れ合いや本作を通じて芽生えた犬への愛情、魅力語りました。本作のオファーを受けた際に“かわいい犬に癒されたい”とコメントしていた高木さんは

高木さん:犬を飼ったことがないんですけれど、犬が大好きなんです。この映画もそうですけれど、色々な動物が出てくるテレビとか映画を観ていて、犬っていいなって思っていて。犬が側にいるだけで、癒される。家に帰ってきて、犬が寄ってきて甘えらえれたりなんかしたら、癒されるんだろうなってそんな思いから(このコメント)を書いたんだと思います。

とコメント。

映画情報どっとこむ ralph 実は動物アレルギーの花澤さん。

花澤さん:私が生まれた時に、父が母にプレゼントしたシーズーの女の子の犬がいたんですけれど、やがてくしゃみ・鼻水が止まらなくなってしまって・・・おじいちゃん・おばあちゃん家に預けていたんです。私が生まれた時から一緒にいたせいか、飼っているというよりも、私の“お姉ちゃん”みたいなそんな感覚で。私が怒られて泣いていたりすると、後ろからトテトテってやってきて、隣でじっとしている。すごく出来た子でした。

と思い出を披露し、動物が好きなのに声優という職業柄、共に生活できないもどかしさを明かしました。

本作を観た後、“全大塚明夫が泣いた”とTwitterに投稿し、話題を呼んだ大塚さんは

大塚さん:台本を頂いた時に裏表紙に印刷された(ポスタービジュアル)の写真を見ただけで泣いてしまいました(笑)案の定、リハーサルをしてボロ泣き、本番でも泣きました。そして、仕上がった映画を観て泣いて。“もういいです”ってぐらい泣きました。そのぐらい“泣いた”ということをどう表現しようかと思って、この言葉をつぶやきました。決して嫌な涙ではなくて。悲しい、悲しいじゃなくて・・・嬉し涙に近いものがあって。話しているだけで泣きそうなんです。そんな素敵な涙が流せる映画だなと思います。辛い悲しいじゃないから、安心して涙を流して欲しいです。心のデトックスになりますよ!

と熱く魅力を語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後には、昨年Amazonプライムの心温まるCMで大人気者となったゴールデン・レトリバーで、本作の宣伝ワンバサダーとして活躍してきたゼウスくんが登場!「かわいい〜!」との会場から声が。
特製のくす玉が登場し、
登壇ゲスト&来場者たちの「頑張れ!」という暖かな声援の中、梅原さんが手にしたくす玉を、高木さんと一緒に見事に割りイベントは終了。

全ての人を笑顔に変える、犬と人間の極上のラブストーリー

僕のワンダフル・ライフ』は大ヒット公開中。

公式HP:
http://boku-wonderful.jp/


***********************************

監督:ラッセ・ハルストレム『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』
原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ジョシュ・ギャッド(声)、ブリット・ロバートソン、K・J・アパ、ジョン・オーティス、デニス・クエイド
配給:東宝東和 
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC
       


高木渉、梅原裕一郎、花澤香菜、大塚明夫 が吹替え『僕のワンダフル・ライフ』


映画情報どっとこむ ralph 『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』名匠ラッセ・ハルストレム監督最新作にして、ドッグシリーズの集大成ともいえる『僕のワンダフル・ライフ』が、9月29日(金)より日本公開いたします。

この度、本作の日本語吹替え版キャストに高木渉さん、梅原裕一郎さん、花澤香菜さん、大塚明夫さんら、超豪華人気声優の出演が決定しました!


コメントが到着していますので、ご紹介!

ベイリー役/高木渉
今や犬や猫はペットとは言えない『家族』ですからね。僕が犬の役を演ってどんなヒューマンドラマになるのかとても楽しみでした。
誰かと会話をするというのではなく心の声(本心)なので、気持ちをそのままストレートに乗せました。そこで人間の立場から思うことと犬の立場から思うことの『ズレ』が絶妙に相俟って面白くなれば良いなぁと。それと、自分の命を救ってくれたイーサンに対する一途な愛をもって演じました。
★おすすめポイント
やはり、ベイリーの健気でひたむきなところですね。寿命の長さが違うので僕は何度も生まれ変わります。別れは悲しいけれど、人間と犬がパートナーとなって今を生きている様を観ていると、やっぱり縁ってあるんだなぁ〜って思います。


10代のイーサン役/梅原裕一郎
主人公の青年時代を演じさせていただくことになり、大役を頂いたなと思いました。
また吹き替えの仕事はまだまだ経験が少なく、とても緊張しました。
両親、ベイリー、ハンナなど、いろいろな関係性の人物との会話があるので、その違いを出すのが難しかったです。
★おすすめポイント
犬が好きな方はもちろん、今まで犬に触れてこなかった方でも楽しめる作品になっています。本作を見れば、ペットたちが何を考えているのか、彼らの視点から見た人間世界が少し分かるかもしれません。また、犬だけでなく人間模様もリアルに描かれているので、どの登場人物にも感情移入しやすいと思います。


■10代のハンナ役/花澤香菜
ベイリーに話しかけるときの普段との声色の違いに気をつけました。
私自身、幼い頃から一緒に育ったシーズーの女の子がいたので、胸が
熱くなるシーンがたくさんありました。こんな素敵な作品に関わること
ができて光栄に思います。
★おすすめポイント
ベイリーの台詞です。お茶目で可愛らしくて、思わず笑ってしまいます!!


■大人のイーサン役/大塚明夫
(犬は)理屈をこねないじゃないですか。そこがやっぱりいいんですよね。(作品を観て)泣くもんかと思っていても泣いてしまいました。仕事なんだからと思っていても涙してしまいました。一番感動するタイミングに大人になったイーサンは登場して、ベイリーに負けじと涙を誘います。
★おすすめポイント
ポスターからして“泣けるな”と思ってしまいます。笑っているように見える奇跡の表情・瞬間が切り取られていて。

映画情報どっとこむ ralph 僕のワンダフル・ライフ

9月29日(金)TOHOシネマズ 日劇他、全国ロードショー

ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーの“最愛の人”は、自分の命を救ってくれた少年イーサン。それ以来、1匹と1人は固い絆で結ばれていく。しかし、犬の寿命は人間よりうんと短い。ついに、ベイリーが旅立つ日がきてしまう―はずが、彼の愛は不死身だった!ベイリーはイーサンに会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すが、そう簡単にはイーサンと遭遇できない。ようやく3度目で再会を果たしたベイリーは、自ら与えられた“重要な使命”に気付く。

原作は、W・ブルース・キャメロンが、愛犬を亡くした恋人のために書いたベストセラー小説で、愛犬と飼い主との不思議な縁に心揺さぶられた人たちから熱狂的な支持を集めています。

もしも、かつて愛した犬が、自分にもう一度会いたいからと、生まれ変わってきてくれたなら―飼い主にとって、それほど感激する話があるだろうか。すべての愛犬家の夢を形にした、“犬と人間の極上のラブストーリー”が誕生した!


公式HP:
boku-wonderful.jp/ 
公式ツイッター:
@bokuwonderful
公式facebook:
@bokuwonderful

***********************************

監督:ラッセ・ハルストレム『HACHI 約束の犬』『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』『ギルバート・グレイブ』
原作:W・ブルース・キャメロン 「野良犬トビーの愛すべき転生」(新潮文庫)
出演:ジョシュ・ギャッド(声)、デニス・クエイド、ペギー・リプトン、K.J.アパ、ブリット・ロバートソン、
配給:東宝東和 
(C) 2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC 


花江夏樹&梅原裕一郎『恋するシロクマ』BLアフレコ&コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 恋するシロクマ』(原作:ころも先生 月刊コミックジーンにて連載中)が、劇場にてぷちアニメ化!

白いアザラシ君(♂)を好きになってしまったシロクマさん (♂)。彼の恋が成就するのか?弱肉強食の世界で紡がれるBL(ビースト ラブ)。
弱肉強食の世界でシロクマに求愛され、恐怖に震えるアザラシ君役には花江夏樹さん。

運命の相手!?白いアザラシを好きになってしまった孤独なシロクマさん役には梅原裕一郎さんが配され、今最も旬な二人が紡ぐ純白のBL(ビースト ラブ)は必見です!

この度、本作が2017年3月4日(土)予定 より全国の映画館約50館の予告編上映前にて順次上映することが決定し、本作の新ビジュアルと、W主演の2人のアフレコ風景&コメントが到着しました!

さらに、メイン テーマにシナリオアートの書き下ろし楽曲が決定しました!

アフレコ現場では、普段からも交流がある2人ということもあり、作品同様に 穏やかな雰囲気の中で行われました。

映画情報どっとこむ ralph 花江夏樹さん(アザラシ君)からのコメント:

アフレコを終えて
花江さん:短い映像の中でシロクマとアザラシのほっこりするやり取りがぎゅっと詰まっていました。 アザラシの可愛さをどう表現しようか色々と悩みましたが先生や監督に細かく指導して頂いたので、早く完成 した映像を観るのが楽しみです!

アフレコ現場の雰囲気
花江さん:スタッフさん達を含め、恋するシロクマのような優しい雰囲気の現場でした。 その雰囲気のおかげでしっかりアフレコができました。

共演したお互いの印象
花江さん:梅原くんは寡黙なので昔は僕から話しかける事が多かったのですが、割と話しかけてくれるようになって嬉し かったです。 やはり彼は良い人ですね。シロクマのように僕を包み込んでくれました。

キャラクターを演じてみて
花江さん:アザラシは常に震えていてかなり小さい子なので、僕も常に震えながら演じました。 本当に可愛いですね。彼らには末永く幸せに暮らして欲しいです。

本作の見どころ
花江さん:基本は肩の力を抜いてまったりと見れる作品だと思います。 所々に野生の厳しさや関係性などが見えてほろっとしてしまったり。 楽しんで頂けると思いますので、お楽しみに!

映画情報どっとこむ ralph 梅原裕一郎さん(シロクマさん)からのコメント

アフレコを終えて
梅原さん:初めて動物役を演じさせて頂き、初めはキャラクター作りに苦戦もしましたが、楽しく収録できました。

アフレコ現場の雰囲気
梅原さん:温かな作品なので、アフレコ現場も少人数でしたが穏やかな雰囲気でした。 ミキサー室からアザラシくんのぬいぐるみが顔をのぞかせていたのを覚えています。

共演したお互いの印象
梅原さん:共演経験もありますし、普段も交流もありますが、また新たな面を見た気がしました。

キャラクターを演じてみて
梅原さん:初めての動物役で、どう演じるべきか悩みましたが、原作の先生やディレクターさんとのディスカッションで 作っていきました。 ドラマCDではシロクマさんの幼少期や、カップルの男性も演じさせて頂き楽しかったです。

本作の見どころ
梅原さん:原作ファンの方も、初めて「恋するシロクマ」に触れる方も、アザラシくんとシロクマさんの心温まる、少し シュールな空気を楽しんで頂ければ幸いです。

映画情報どっとこむ ralph そして・・・・
さらに、本作の楽曲をシナリオアートが担当することが決定!オリジナル楽曲を書き下ろし!!
本作のために書き下ろした楽曲は、栃木県にある本物の洞窟の中で氷点下の寒さに耐えながらボーカル録音したという一曲。本作の世界観にぴったり合った一曲となっております!本作をより一層盛り上げる楽曲にも注 目です!

シナリオアートさんからのコメント:
「オスのシロクマがオスのアザラシに恋をする?!」 なんともシュールでクスりと笑えるお話ですが、普遍的な愛のテーマ に感化され、大マジメで壮大な曲を生み出してしまいました。この素 敵な作品を彩られたらと思います。 (栃木県にある)本物の洞窟の中で、氷点下の寒さに震えながらボーカ ルを録音したので、ストーリーにある氷上の世界観にぴったりな曲に なったと思います。どうぞお楽しみあれ。

3/4(土)予定より全国の映画館約50館の予告編上映前にて順次上映!

映画情報どっとこむ ralph 「恋するシロクマ」劇場にてぷちアニメ化!!!
シロクマ「きみがオスでも、僕は構わない」 アザラシ「僕は構う」 白いアザラシ(♂)を好きになってしまったシロクマくん(♂)。彼の恋は成就するのか? 弱肉強食の世界で紡がれるホワイトラブ!!

3/4(土)予定より全国の映画館約50館の予告編上映前にて順次上映!

公式サイト:
koisurushirokuma.jp
公式Twitter:
@koi_shirokuma

恋するシロクマ キャスト:花江夏樹 梅原裕一郎
原作:ころも「恋するシロクマ」(株式会社KADOKAWA「月刊コミックジーン」連載中)
制作:ギャザリング(「ぷちます!-プチ・アイドルマスター-」「殿といっしょ」)
監督・脚本:市川量也(「アニメ モンスターストライク」「ぐでたま」)
音響監督:山田陽(「君の名は。」「磯部磯兵衛物語」)

©ころも・KADOKAWA/恋する製作委員会

映画情報どっとこむ ralph
◆原作コミックス情報◆

2017年3月27日(月)コミックス③巻&ドラマCD付き限定版発売!!

<限定版ドラマCD「僕が君を守るよ」>
収録たっぷり30分のボリューム★
Chapter01 僕が君を守るよ
Chapter02 人の嫌がること
Chapter03 シロクマさんのともだち
Chapter04 アザラシくんのおかあさん

キャスト
アザラシ君:花江夏樹
シロクマさん:梅原裕一郎

月刊コミックジーン4月号(3月15日(水)発売)には <「恋するシロクマ」特別ドラマCD「ふぶきのよる」>がついてくる!! ジーン限定、コミックス限定版ドラマCDとは別収録バージョン音源です!!

***********************************