「桜木紫乃」タグアーカイブ

My Little Lover新曲が『起終点駅 ターミナル』主題歌に!


2013年「ホテルローヤル」にて第149回直木賞を受賞した、北海道在住の作家、桜木紫乃。
その最高傑作『起終点駅 ターミナル』が、佐藤浩市、本田翼の共演で、東映配給にて11月7日(土)より公開されます。桜木紫乃作品の映画化は、これが初となります。

そしてこの度、本作の主題歌がMy Little Loverの新曲「ターミナル」に決定!!小林武史が、本作のために書き下ろした、20周年プロジェクトのリードシングル(リリース日未定)「ターミナル」。

ターミナル■主題歌解禁

小林武史が書き下ろした今回の作品は、主人公鷲田完治(佐藤浩市)の前から、何も語ることなく、人生の一歩を踏み出していく椎名敦子(本田翼)が、その胸に秘めた想いを見事に歌い上げています。
25年前の出来事から時間を止め、息を潜めるように生きている弁護士・完治と、被告人・敦子の運命の出会いと別れ……その物語は、主題歌「ターミナル」によって、まさしくジグソーパズルの最後のピースがぴたりとはまるように、完成されました。

My Little Lover akkoからのコメント
絶望的なことが起こるのに、心の中の小さな灯火がずっと温かい。
重苦しいのに、なぜか瑞々しさのようなものを感じる。
それはそれぞれの終わりと始まりが、これからもずっと続いていく予感がしたからかもしれません。
私はこの世界に凛とした姿で寄り添いたい、そんな想いで主題歌を歌いました。
この映画にとって、よき脇役となれますように。

篠原哲雄監督からのコメント
ずっと心を閉ざしてきた男とたったひとりで生きてきた女が出逢い、最果ての地からそれぞれ旅立っていく。My Litle Loverの楽曲、akkoさんの透き通った歌声が、必死で生きてきた彼らとその未来に優しくエールを送ってくれました。
「深呼吸の必要」以来、二度目の奇蹟に感謝致します。

20年の時を経てアーティストとして、一人の女性として、活動の幅を広げている今のMy Little Lover だからこそ表現できた、最高の楽曲ができあがりました。

起終点駅 ターミナル
11月7日(土)全国ロードショーです。

公式サイト:http://www.terminal-movie.com/

********************************************************************

キャスト:
佐藤浩市 本田翼
中村獅童 和田正人 音尾琢真 泉谷しげる 尾野真千子

原作/桜木紫乃「起終点駅 ターミナル」(小学館刊) 脚本/長谷川康夫 音楽/小林武史 監督/篠原哲雄
主題歌/「ターミナル」My Little Lover(TOYSFACTORY)
「起終点駅 ターミナル」製作委員会  配給/東映
(C)2015 桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『起終点駅 ターミナル』東京国際映画祭のクロージング作品に決定


直木賞作家・桜木紫乃原作、佐藤浩市・本田翼初共演の映画

起終点駅 ターミナル

が10月22日(木)より開催される、第28回東京国際映画祭のクロージング作品に決定致しました!!

『起終点駅-ターミナル』ポスタービジュアル主人公は司法では罰せられない罪、誰にも裁いてもらうことのできない罪を抱えて生きる弁護士の鷲田完治。演じるのは佐藤浩市さん。

鷲田と出会い、救われ、新たな人生に希望を見出していくヒロイン・椎名敦子には、本田翼さん。

監督は『はつ恋』『深呼吸の必要』などみずみずしい感性で人間を描き続ける篠原哲雄さんです。

佐藤浩市さんからのコメント

佐藤浩市です。僕は10年前の2005年、東京国際映画祭で根岸吉太郎監督『雪に願うこと』という映画で主演男優賞を頂きました。ちょっと自分で言うのも口幅ったいですけれども(笑)。不思議なことに今回も『起終点駅 ターミナル』という映画の初日に現場に
入ったときに、本当に偶然なんですけれども、『雪に願うこと』の初日に現場で感じた、監督・スタッフ共に、この映画が何に向かっていくのか、というみんなの意識の高さを感じました。それと同じ匂い、空気感を今回の『起終点駅 ターミナル』で感じたんです。それが今回こういう形で東京国際映画祭のクロージング作品になったということが、僕にとっては本当に嬉しい驚きでいっぱいです。ありがとうございます。

本田翼さんからのコメント

『起終点駅 ターミナル』に出演した本田翼です。『起終点駅 ターミナル』を、第28回東京国際映画祭のラストを飾るクロージング作品に選んでいただき、本当に光栄です。この作品は、見終わった後に、少し幸せになれるようなあたたかい作品です。この秋お会いできることを楽しみにしています。

原作・桜木紫乃さんからのコメント

映画『起終点駅 ターミナル』が、東京国際映画祭クロージング作品との報告を受け、大変嬉しく、光栄に思っております。ひとつの物語が映画という新しい表現を得て、より広くみなさまに愛される作品となりましたこと、関わってくださったすべての方々に、心からお礼申し上げます。本作が、映画を愛するみなさまの、ちいさくともひとつの起点駅となりますように。そしてすべての映画が、時代を求め、時代に求められ、愛される世の中でありますように。東京国際映画祭の成功を祈っております。みなさま、ありがとうございます。

終着駅は始発駅―――それは人生も同じこと。
果ての街、釧路を舞台に、ふたつの人生が交叉する。運命を変えた出会いと別れ、21日間の切なくもあたたかな物語。
エンドロールが流れ始めたとき、あなたはきっと少しだけ幸せになる―――。

起終点駅 ターミナル

11月7日(土) 全国ロードショー

第28回東京国際映画祭 概要
開催期間:10月22日(木)~10月31日(土)
会場:六本木ヒルズ、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿 他        

オフィシャルHP:http://www.tiff-jp.net
チケット発売 :10月10日(土)よりticket boardにて発売開始!

********************************************************************

原作:桜木紫乃「起終点駅 ターミナル」(小学館刊)
脚本: 長谷川康夫
監督:篠原哲雄  
出演:佐藤浩市 本田翼 
中村獅童 和田正人 音尾琢真 泉谷しげる 尾野真千子
配給:東映
(C)2015桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『起終点駅 ターミナル』孤独を分かち合う男と女


『起終点駅-ターミナル』ポスタービジュアル「終点駅」はやがて「始発駅」になる。

誰の人生のなかにも終点と起点があり、終わりだと思っていた場所が始まりの場所になる。

起終点駅 ターミナル

は、果ての街・釧路で人生の終わりへと向かっていたはずの男と女が出会い、孤独を分かち合い、そして再びそれぞれの人生の一歩を歩きはじめる感動の物語。原作は桜木紫乃が2012年に発表した小説です。

「起終点駅」キャスト

主人公は司法では罰せられない罪、誰にも裁いてもらうことのできない罪を抱えて生きる弁護士の鷲田完治。演じるのは佐藤浩市さん。

佐藤浩市さんからのコメント
司法に罰せられない罪。
人はいくつかの他人に言えない罪を抱えながら生きている。
その過ちを誰かに許して貰う事も自身で許す事も叶わず。
初めてこの本を読んだ時の感想です。
他人事のようにこの映画を観ながら、終わり近くでは、身につまされる切なさと、小さな救いのある映画になるよう釧路で頑張ってます。

鷲田と出会い、救われ、新たな人生に希望を見出していくヒロイン、椎名敦子役には本田翼さん。

本田翼さんからのコメント
佐藤浩市さんとご一緒できる機会をいただき嬉しさと同時にプレッシャーも感じています。また篠原監督からはリハーサルの際に敦子という役柄についてご指導いただき準備をしてきました。取り巻く環境や生い立ちは自分とはまったく違うものですが、椎名敦子が生まれ育った土地で演じることによりいつもと違う自分をみせられたらと思います。

また、完治のなかに“過去の人”として、“愛した女性”として生き続ける結城冴子役に尾野真千子さん。

尾野真千子さんからのコメント
過去の人として、鷲田完治の中に色濃く残せるように頑張りたいです。篠原組は2度目ですが、新たな尾野真千子が見せれたらいいなと思います。

監督は『はつ恋』『深呼吸の必要』などみずみずしい感性で人間を描き続ける篠原哲雄さん。

本作では、愛を失い、心を閉ざし立ち止まっていた男と女の楔(くさび)が解かれ旅立つ姿を丁寧に描いていきます。

篠原哲雄監督のコメント
釧路の地を、最果ての街と見据え、ここに留まっていた男が心の楔を解き一歩踏み出していく。
そんな過程を佐藤浩市さんとがっつり向き合いながら撮ってます。いつもの浩市さんより色っぽくダメっぽく描きます。

物語・・・

男は、愛した女の死から逃れるように果ての街の駅に降り立った

「起終点駅」ロゴ北海道の旭川で裁判官として働く鷲田完治(佐藤浩市)のもとに、学生時代の恋人だった結城冴子(尾野真千子)が被告人として現れる。彼女に執行猶予付きの判決を与えた完治は裁判後、冴子が働くスナックに通い逢瀬を重ねるようになるが、かつて愛し合った男と女の再会の時間は限られていた。2年の北海道勤務を終え、妻子の待つ東京へ戻る日が近づいていた完治だったが、彼はすべてを捨てて冴子と共に暮らしていこうと決める。けれど、冴子はその想いに応えることなく完治の目の前で自ら命を絶ってしまうのだった。

女は、果ての街で孤独に生きる男から未来への切符を受け取った

それから25年。完治は誰とも関わることなく釧路で国選弁護人としてひっそりと生きていた。それはまるで愛した女性を死に追いやってしまった自分自身に裁き罰を課すようでもあった。そんなある日、弁護を担当した若い女性、椎名敦子(本田翼)が完治の自宅を訪ねてくる。ある人を探して欲しいという依頼だった。

個人の依頼は受けないと心に決めて生きてきた完治だったが、家族に見放され誰にも頼ることなく生きてきた 敦子の存在は、ずっと止まったままだった完治の心の歯車を少しずつ動かしていく。敦子もまた完治との出会いによって、自分の生きる道を見出していくのだった。

そして、人生の終着駅だと思っていた釧路の街は・・・・

撮影は原作と同じ北海道・釧路。

1ヶ月以上にわたってロケを敢行。愛した人と逢瀬を重ねた海沿いの街、その彼女が消えていった雪景色、裁判所へつづくゆるやかな坂道、そして駅から駅へどこまでも続く線路。

そんな北海道・釧路の美しく悲しく力強い情景とともに描かれる、今を生きる2人の男女の未来への一歩。その一歩はすべての人の始発駅になる。

起終点駅 ターミナル

11月7日(土)全国ロードショー

公式サイト:www.terminal-movie.com

********************************************************************

出演:
佐藤浩市 本田翼
中村獅童 和田正人 音尾琢真 泉谷しげる 尾野真千子

原作:桜木紫乃 「起終点駅 ターミナル」(小学館刊)
音楽:小林武史
脚本:長谷川康夫
監督:篠原哲雄
配給:東映
(C)桜木紫乃・小学館/「起終点駅 ターミナル」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』コメントと新チラシ


ラース・フォン・トリアー監督最新作
ニンフォマニアック-コメントチラシ表
ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』。

先日行われたベネチア国際映画祭での上映も話題となった本作。

物議をかもしている第四弾のチラシビジュアルも解禁です。

そして、

Vol.1日本公開まであと1カ月ほどと公開が近づいて来ましたが、『愛のむきだし』、『地獄でなぜ悪い』、『TOKYO TRIBE』などの園子温監督をはじめ作家のよしもとばななさんら著名人から共感と感嘆、そして嫌悪の入り混じったコメントが到着いたしました。

そして、

著名人コメント

よしもとばなな (作家) 
笑ってはいけないはずの場面で何回も吹き出してしまった。
ここまで来ると痛快です!彼の撮った映画の中で私はいちばん好き。 

園子温 (映画監督)
最近、映画が甘すぎて面白くないと思ってる俺にとって、
これほどの好物はない。
これぞ求めてた映画!これぞラース・フォン・トリアーの醍醐味!
日本の女優はこれを見て猛反省して、今すぐ全裸になってFU◯Kシーンをしろ!

桜木紫乃 (作家)
愛が嫉妬交じりの強い性欲にすぎないなら、性欲もまた、
愛と嫉妬を煮詰めたかなしみに過ぎないのだろう。
官能作品の役割は『赦し』。腹が立つほどの、傑作!

樋口毅宏 (作家
罪なき者のみラースに石を投げよ。人類はみなセックスの囚人だ。
現代の「好色一代女」。そして「O嬢の物語」。
あるいはバージョンアップした「エマニュエル夫人」。

田口ランディ (作家)
主人公ジョーのオーガズムへのひたむきさは喜劇的であり、
そこに愛というエゴが介在しないゆえに、清々しく美しい。
悲劇とは愛の産物なのだとラース・フォン・トリアーは世間の
恋愛ドラマをあざ笑っている。
日常的価値観が転倒し、世界がぐるぐる回転する。
驚天動地、トリアーの映画魔術に卒倒です。

ニンフォマニアック メインA

菊地成孔 (音楽家・文筆家・音楽講師)
安心して「大嫌い」と言える監督の1人で、
「了簡変えてコミカルになった」と聞いたので観たのですが、
確かにコミカルではあったけど了簡はほとんど変わってなかったです(笑)。

能町みね子 (漫画家)
どろどろで気持ちいい女の一代記。
愛とか恋とか凡庸なものにふりまわされないでいたいと改めて思った。

長塚圭史 (劇作家・演出家・俳優)
あまりに多くのショットが脳裏に刻まれてしまった。
嫌だと言えば偽善になるが、頷けば狂気に陥ったのかと恐ろしい。
それでも美しさを認めてしまうのはどうしたわけか。
見てはいけないという理性を、肉体が拒絶する。

雨宮まみ (ライター) 
「色情狂」という形をとって描かれる、
「普通の」女の性欲の抑圧の物語。
4時間かけて一人の女の普遍的な人生を観たあと、
悲鳴を押し殺さずにはいられない悪夢が待ち構えている。
この悪夢こそがトリアーであり、現実である。

三浦大輔 (劇団ポツドール主宰・劇作家・映画監督)
ただの「セックス好きな女」の話をこれでもかというくらい、
まわりくどく、露悪的に描く執着心に、
おっさんの哀愁を帯びた、しつこすぎる「前戯」を見た気分になった。

『ニンフォマニアック Vol.1』10月11日(土)~
『ニンフォマニアック Vol.2』11月1日(土)~
新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町・渋谷ほか全国順次公開です。

公式サイト: http://www.nymphomaniac.jp/

********************************************************************

『ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』

監督/脚本: ラース・フォン・トリアー
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』、『アンチクライスト』、『メランコリア』

出演:
シャルロット・ゲンズブール『メランコリア』  
ステラン・スカルスガルド『ドラゴン・タトゥーの女』 
ステイシー・マーティン  
シャイア・ラブーフ『トランスフォーマー』
クリスチャン・スレイター『トゥルー・ロマンス』  
ジェイミー・ベル『リトル・ダンサー』
ユマ・サーマン『キル・ビル』  
ウィレム・デフォー『アンチクライスト』 
ミア・ゴス 
ソフィ・ケネディ・クラーク『あなたを抱きしめる日まで』  
コニー・ニールセン『グラディエーター』 
ジャン=マルク・バール『グラン・ブルー』  
ウド・キア『メランコリア』

2013年/デンマーク・ドイツ・フランス・ベルギー・イギリス/英語/
カラー&モノクロ/シネマスコープ/ドルビーデジタル/
字幕翻訳:松浦美奈/原題:NYMPHOMANIAC/R18+
上映時間
<Vol.1>:1時間57分
<Vol.2>:2時間03分

配給:ブロードメディア・スタジオ

(C)2013 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31 APS, ZENTROPA INTERNATIONAL KÖLN, SLOT MACHINE, ZENTROPA INTERNATIONAL FRANCE, CAVIAR, ZENBELGIE, ARTE FRANCE CINÉMA




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ