「桜井日奈子」タグアーカイブ

間宮祥太朗&桜井日奈子「殺さない彼と死なない彼」本予告・本ポスター 解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 ――Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」が実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。
間宮祥太朗&桜井日奈子『殺さない彼と死なない彼女』  W主演の間宮祥太朗&桜井日奈子が演じるのは、「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野なな。さらに、恒松祐里、堀田真由、ゆうたろう、箭内夢菜、金子大地、中尾暢樹ら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現。彼らが織りなす不器用で純粋な少年少女たちを巡る三つの物語は、やがて思いがけない結末へ——。
 すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作が誕生しました。

この度、本予告と本ポスターが解禁となりました。
また、第32回東京国際映画祭で、特別招待作品として上映が決定しました。

映画情報どっとこむ ralph ■本予告
 本予告映像は、小坂れい(間宮祥太朗)が、鹿野なな(桜井日奈子)がリストカットしようとするのをスマホで撮影しているシーンから始まる。一転して、「調子に乗るな。殺すぞ」「死ね」と言い放つ小坂に、「死んでやる」「余計に死にたくなる」と返す鹿野。 「殺す」が口癖の小坂と「死にたい」が口癖の鹿野の日常は、そんな殺伐とした不愛想な会話が繰り返されている。
 続いて、映像で初披露のキャラクターたちが次々と登場する。
 「離れてよ!」。とにかく地味な地味子(恒松祐里)はまとわりつく親友のきゃぴ子(堀田真由)を突き放す。全人類に愛されたいきゃぴ子は「え、どうして?きゃぴ子が可愛いすぎて、並ぶとよけいに自分が劣って見えるから?」と地味子をあきれさせる。

また、撫子(箭内夢菜)は、八千代(ゆうたろう)に日課のように「大好き!」 「好き!」と愛の告白をしていた。が、恋ができない彼は、「僕は君のこと好きじゃないよ」と涼しい顔でかわすのだった。

 そんな不器用で純粋な彼らの恋と運命はやがて交差することに。「うちの生徒が殺された事件って知ってる?」 という問いかけとともに、謎めいたサイコキラーくん(中尾暢樹)が「あの子が死体となる瞬間は僕しか知らないんですよ」と語る動画がスマホに映し出され、衝撃的な結末を暗示する。
 本作では、不器用で、孤独や切ない思いを抱えた登場人物とともに、核心を突く台詞にも注目だ。 「私が死んでも世界は何も変わらないよね」 と尋ねる鹿野に「お前が死んだら俺は少し変わるな」と答える小坂。「君は君を好きにならない僕を好きなんじゃないの?」と撫子に聞く八千代。「ひとりは我慢できたけど、孤独は耐えられないわ」と大学生の彼氏・イケメンくん(金子大地)につぶやくきゃぴ子。そんな台詞の数々は、あるときは観る者の心を抉り、あるときは優しく包み込みこむ。



主題歌と映画音楽を担当したのは奥華子。この予告編で主題歌「はなびら」の一部も初披露となり、音楽とともにその美しいピアノの音色で少年少女たちのうつろいやすい一瞬一瞬を、切なくもあたたかく彩っている。そして、この映画のサウンドトラックと主題歌「はなびら」を収録したベストアルバムの発売も決定した。

映画情報どっとこむ ralph そして、本ポスターには、<君の隣で、世界は変わる。>というコピー、糸電話を耳にあてている小坂と鹿野のカットと、メインキャラクターの劇中カットとなる。
間宮祥太朗 桜井日奈子【殺カレ死カノ】本ポスター
■第32回東京国際映画祭で上映決定!
10月28日(月)から開催される第32回東京国際映画祭で、特別招待作品として上映が決定した。

11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

すべての孤独をあたたかく癒す、予測不能の感動作!
衝撃のラスト、タイトルの本当の意味に涙する。

何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に興味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……。

***********************************

間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)

製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会





良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

西島秀俊、西田敏行ら登壇!映画『任俠学園』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 世の中のルールは絶対守る、社会貢献が大好きな弱小ヤクザ“阿岐本組(あきもとぐみ)”が義理と人情を武器に、倒産寸前の私立
高校や出版社、病院や映画館など、困ってる人たちをボランティア精神で助ける今野敏による人気小説「任俠」シリーズ(中公文
庫)が、西島秀俊と西田敏行の W 主演で、遂に映画化!シリーズの中でも、特に根強く愛され続ける『任俠学園』が 9 月 27 日
(金)より公開となります!

この度、《完成披露試写会》が本日 8 月 26 日(月)にイイノホールにて行われ、西島秀俊、西田敏行、伊藤淳史、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子、生瀬勝久、木村ひさし監督が登壇して舞台挨拶が繰り広げられました!
映画『任俠学園』完成披露試写会
映画『任俠学園』完成披露試写会
日時:8 月 26 日(月)
場所:イイノホール
登壇:西島秀俊、西田敏行、伊藤淳史、葵わかな、葉山奨之、桜井日奈子、生瀬勝久、木村ひさし監督

映画情報どっとこむ ralph 完成披露試写会の会場は、ついに初披露となる本作を心待ちにするファンで埋め尽くされた。壇上にキャスト・スタッフのシルエットが映し
出されると客席からは歓声があがり、続けて幕が振り落とされキャストらが現れると場内は割れんばかりの声援に包まれた。

西島さん:ついに初お披露目で、すごく緊張しています。気楽に見ていただける作品なので楽しんで行ってください!

と語り

西田さん:今日のお客様はほとんど入場無料だから・・・9月27日に公開になるので、その時は有料のお客さんにたくさんお声がけください。

と西田節たっぷりの挨拶をすると場内は笑いで包まれた。

生瀬さん:私も緊張してしまって…たくさんの方に宣伝してくれたら出演中のドラマの犯人教えます。

とおどけて笑いを誘い、現場さながらの息の合った様子を見せた。

西島さんは、ヤクザ役を演じたことについて

西島さん:いままでにヤクザに潜入する役柄は演じたことがあるが、ヤクザ役は初めて。

と語り、続けて

西島さん:私が演じたのは普通のヤクザではないので、白竜さんのような本物の…

といったところで場内から笑いが!

と焦った様子。また、西島さんを振り回す親分役の西田さんは、

西田さん:『アウトレイジ』では、私が若頭役だった。今回は西島君が若頭役を演じると聞いて、どんな風になるのかなと期待と不安でいっぱいになったけれど、ちゃんと綺麗で、立派な若頭でした!

と太鼓判。

映画情報どっとこむ ralph また、今回のイベントでは、そんな本作の地元を愛する弱小ヤクザ・阿岐本組の「世間のルールは絶対守る!」というモットーにちなみ、
キャストらに自身のルールやこだわりを聞くと、葉山さんと葵さんが「ハンカチを必ず持つ」、伊藤さんが「僕はリップがないと車で家に戻るくらい焦ってしまう。」と日常のこだわりを語り、また桜井さんは「溜息をつかない。ついてしまったら 3 秒ルールで吸い込んだらセーフ」と笑ってみせ、以前生瀬と約束した「“暑い寒い眠い”と言わない」と合わせて守っていると語った。


そして、イベントの最後に

西田さん:決して皆さんを裏切るようなことはない作品になったと確信しています。

と語り、

西島さん:自分で言うのもおこがましいのだけど、完成した作品を見ていてつい涙がこぼれるようなシーンもありました。面白いだけじゃない、笑って泣ける人情コメディです!

と思わずコメントし、イベントは幕を閉しまじた。

映画情報どっとこむ ralph 西島秀俊×西田敏行W主演映画『任侠学園』
『任俠学園』

公式HP:
www.ninkyo-gakuen.jp

Twitter:
@ninkyogakuen

『任侠学園』© 今野 敏 / © 2019 映画「任俠学園」製作委員会
ストーリー
困っている人は見過ごせない、義理と人情に厚すぎるヤクザ”阿岐本組”。組長は社会貢献に目がなく、次から次へと厄介な案件を引き受けてしまう。今度はなんと、経営不振の高校の建て直し。いつも親分に振り回されてばかりの阿岐本組NO.2の日村は、学校には嫌な思い出しかなく気が進まなかったが、“親分の言うことは絶対”!子分たちを連れて、仕方なく学園へ。待ち受けていたのは、無気力・無関心のイマドキ高校生と、事なかれ主義の先生たちだったー。

***********************************

出演: 西島秀俊 西田敏行
伊藤淳史 葵わかな 葉山奨之 池田鉄洋
佐野和真 前田航基 ・ 戸田昌宏 猪野学 加治将樹 川島潤哉 福山翔大 ・ 高木ブー 佐藤蛾次郎 ・
桜井日奈子 白竜 光石研 中尾彬(特別出演) 生瀬勝久
監督:木村ひさし /脚本:酒井雅秋 / 音楽:末廣健一郎
主題歌:「ツギハギカラフル」 東京スカパラダイスオーケストラ
挿入歌:「また逢う日まで」 歌:西田敏行 演奏:東京スカパラダイスオーケストラ
原作:今野 敏『任俠学園』(中公文庫)
幹事・配給:エイベックス・ピクチャーズ / 企画・制作プロダクション:ROBOT
©今野 敏 / ©2019 映画「任俠学園」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

奥華子が 『殺さない彼と死なない彼女』 主題歌を書き下ろし!映画音楽にも初挑戦!


映画情報どっとこむ ralph 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 ――Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)が間宮祥太朗さん&桜井日奈子さんW主演で実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。
間宮祥太朗 桜井日奈子殺さない彼と死なない彼女
そして!

この度、奥華子が本作のために書き下ろした「はなびら」が主題歌に、さらに映画音楽を初めて手がけることが決定しました。

映画情報どっとこむ ralph 本作の主題歌を担当するのは、恋愛ソングの名手として幅広い世代から支持を集める奥華子さん。
奥華子 劇場版アニメーション『時をかける少女』(2006/細田守監督)の主題歌「ガーネット」で多くの観客の心をつかんだ彼女が本作で再び唯一無二の歌声を響かせる。本作のために書き下ろした主題歌のタイトルは、「はなびら」(作詞・作曲:奥華子)。映画主題歌としては、4作目の提供となるが、自らの代名詞ともいえる失恋バラードや心に深く刺さるメッセージソングなど数多くの楽曲を発表し続けてきた彼女が、満を持して書き下ろした映画主題歌だけに、期待が高まる。

主題歌について、小林啓一監督と制作陣は、「映画のラストには“希望”を残したい」、「本作の登場人物と観客に寄り添える、切ない、だけど温かさの残る曲にしていきたい」という思いのもと検討を重ね、原作のイメージと楽曲のイメージもシンクロするアーティスト、奥華子さんへオファー。すると偶然にも、彼女がオファー以前に原作を読んでいたことも判明し、今回書き下ろしの主題歌提供が実現した。

そして、主題歌・奥華子さんの決定を原作者の世紀末へ伝えたところ、実は世紀末も以前から奥さんの楽曲が好きで、過去の楽曲からインスパイアされたイメージで漫画を描いたこともあったことが判明し、まさしく運命的な巡り合わせを感じさせる。

映画情報どっとこむ ralph 今回の発表に合わせて奥華子さんのほか、主演の間宮祥太朗さん、桜井日奈子さん、原作者・世紀末、小林啓一監督からコメントが届いています。
殺さない彼と死なない彼女_奥華子_間宮祥太朗_桜井日奈子
■奥華子さんコメント
世紀末さんの世界観が好きで原作を読んでいたので、主題歌と劇中音楽のお話を頂いた時は本当に嬉しかったです。瑞々しい映像と大切な言葉が散りばめられた一つの物語に、心が掴まれて何度も涙が出ました。人を想う強さや、生きている喜びも切なさも素直に全部が愛おしいと思える作品でした。主題歌『はなびら』は前向きな力強さと映画の優しい光の世界観もイメージしながら作りました。劇中音楽は初めての経験でしたが小林監督と何度もイメージを共有しながら、とても繊細なところまで妥協なく作る事ができました。この音楽が映画と共に観た人の心に残れば幸いです。

■間宮祥太朗さんコメント
奥華子さんの音楽あってこそ、この映画は清く美しく感じてもらえると思います。音が静かに泣いたり笑ったりしている様で、登場人物達の感情の機微に観客を誘う。観ている方々の温度に優しく触れる。この映画に寄り添う音楽に報われに来てください。

■桜井日奈子さんコメント
「ガーネット」や「楔」など以前から聴いていて、私も奥華子さんの曲に心を動かされたファンの1人なので、今回主題歌を担当されることを知ってとても嬉しかったです。恋の儚さ、尊さ、切なさが色濃く出ている反面、何度も出てくる”ありがとう”の歌詞に、物語と同様、前向きさを感じました。そして苦しくなるほどに共感できる歌詞が心に響きます。

■小林啓一監督
素晴らしい音楽を作っていただき、ありがとうございました。奥華子さんの音楽により映画に深みや立体感が生まれました。仕上げの場にも、ずっといてくださり重要なアドバイスもたくさんいただきました。ほんとに助かりました。奥華子さん無くして、この映画は語れません。幸福と悲哀、それと何かが同時に沸き起こる不思議な感覚を皆さんにも味わって欲しいです。エンディング、はやく聞いて欲しいです。


■世紀末先生コメント(原作)
映画が始まって最初の劇伴が流れた瞬間、物語が動き始めるのを感じてワクワクしました。まるで白黒から色がついたような、踊ってるような、走ってるような、笑ってるような、とても素敵な音です。主題歌の『はなびら』は作品に寄り添って作っていただいた歌ですが、あたたかくて真っ直ぐで聴けば聴くほど奥華子さん本人のような歌だと思っています。試写会後、奥さんが映画を「宝物のような作品ですね」と言ってくださったのがとても嬉しかった。宝物を作ってくださったこと、本当に感謝しています。

映画情報どっとこむ ralph 「殺さない彼と死なない彼女」

11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

殺さない彼と死なない彼女 その感動は予測不能! すべての孤独をあたたかく癒す、いびつでピュアなニュータイプ・ラブストーリー。
何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に興味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……。

***********************************

間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
音楽:奥華子/主題歌:「はなびら」 奥華子(PONY CANYON)

製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『殺カレ死カノ』 きゃぴ子と地味子 キャラクタービジュアル・場面写真 解禁!


映画情報どっとこむ ralph 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 ――Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)が実写映画化、11月15日(金)全国公開となります。

殺さない彼と死なない彼女 殺さない彼と死なない彼女
W主演の間宮祥太朗&桜井日奈子が演じるのは、「殺す」が口癖でスマホ依存症の無気力少年・小坂れいと「死にたい」が口癖の心優しきネガティブ少女・鹿野なな。さらに、恒松祐里、堀田真由、ゆうたろう、箭内夢菜、金子大地、中尾暢樹ら2019年最注目の瑞々しい魅力溢れる若手俳優たちの豪華競演が実現しました。

その感動は予測不能! すべての孤独をあたたかく癒す、いびつでピュアなニュータイプ・ラブストーリーを紡ぎ出します。

映画情報どっとこむ ralph 殺さない彼と死なない彼女 (4)
この度、 〈小坂れい〉と〈鹿野なな〉に続き、原作でもメインキャラクターとして登場する、 〈きゃぴ子〉と〈地味子〉、〈撫子〉と〈八千代〉のキャラクタービジュアル・場面写真が公開!

殺さない彼と死なない彼女
キャラクタービジュアルは、高校の階段で、恒松祐里演じる地味子の左腕をつかみピタっと寄り添う、きゃぴ子(堀田真由)。自分の可愛さを自覚し、周囲からの愛を求め続けるきゃぴ子は、“孤独を抱える達観したぶりっ子”。 地味子は、そんな真逆の性格の親友・きゃぴ子を厳しくも温かく見守る男前な少女だ。地味子「待ってたって王子様なんて来てくれやしないわ」、きゃぴ子「いっばい愛されなくちゃ生きてる意味がないわ」というコピーが、ふたりのそんな関係を物語る。

 恒松は地味子について、「一見冷たいようで心の中は大きな優しさと愛が溢れている子を演じることが出来てとても嬉しかったです」、堀田は、きゃぴ子について、「触れたら壊れてしまいそうで、でも触れなければ今にも崩れ落ちてしまいそうな。彼女の弱さを見ていると私がぎゅっと抱きしめてあげたくなる」とコメントしている。

映画情報どっとこむ ralph 場面写真のふたりの表情からは、そんな繊細さや複雑な心の中が垣間見える。
 
もう1枚のキャラクタービジュアルは、高校の図書室での撫子(箭内夢菜)と八千代(ゆうたろう)。
殺さない彼と死なない彼女 好きな八千代に何度フラれても日課のように告白し続ける天真爛漫な少女・撫子と、恋愛に無関心な草食男子・八千代。

撫子「私はあなたに出会って“好き”を知ったわ」、八千代「 僕は“好き” って感情がよくわからないんだよ」という対照的なコピーが添えられている。

殺さない彼と死なない彼女 殺さない彼と死なない彼女 殺さない彼と死なない彼女
ラブストーリー初挑戦の箭内は、「こんなにストレートに告白できることをうらやましいと感じていました」と言う。「自分がこの作品の世界の中で生きるのは正直想像出来なくて不安もあった」と振り返るゆうたろうは、「役としてもゆうたろうとしても成長させてくれた」と小林監督に感謝を述べている。

場面写真は、「好き!」と告白する撫子の無邪気さ、八千代の戸惑う表情を切りとったものとなる。
殺さない彼と死なない彼女
そんな<ありのまま>にしか生きられない、いびつでピュアな少年少女たちをめぐる三つの物語は、やがて一つの思いがけない結末へ向かっていく。四コマの世界から映像の中へ、彼らの物語がどのように映し出されるのか?タイトルに秘められた謎とともに、予測不能でまったく新しいラブストーリーに期待が高まる。

監督は、『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』『逆光の頃』など日常と非日常を行き来するようなストーリーテリングと映像美、卓越した人間描写で10代の光と影を描いてきた小林啓一。

映画情報どっとこむ ralph また、7月26日(金)より、ムビチケカードが発売開始となります。
特典は、「世紀末スペシャル描き下ろしイラスト入り A4クリアファイル」!!
(特典は数量限定・非売品です)
取り扱い劇場など、詳しくは、公式HPでご確認ください。


『殺さない彼と死なない彼女』

11月15日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式サイト 
korokare-shikano.jp

公式twitter
@korokareshikano



物語・・・
その感動は予測不能! すべての孤独をあたたかく癒す、
いびつでピュアなニュータイプ・ラブストーリー。
何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……。

***********************************

間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)
製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会

制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

間宮祥太朗 桜井日奈子「殺さない彼と死なない彼女」特報・ティザービジュアル・場面写真 解禁


映画情報どっとこむ ralph その感動は予測不能!タイトルに秘められた本当の意味とは?

「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明日も頑張って生きようと思える」 ――Twitterに投稿した四コマ漫画が多くの読者の胸を打ち、熱狂的な支持を集める漫画家・世紀末の処女作にして代表作「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)が、間宮祥太朗・桜井日奈子のW主演で実写映画化、全国公開となります。
殺さない彼と死なない彼女 殺さない彼と死なない彼女
この度、特報・ティザービジュアル・場面写真が解禁&11月15日(金)に公開決定

映画情報どっとこむ ralph 特報映像では、四コマ漫画への読者からの絶賛コメントが並び、生徒たちの喧騒から離れて、教室で殺されたハチを埋葬している鹿野なな(桜井日奈子)が映し出される。

「死にたい」が口癖でリストカット常習者の鹿野は、ネガティブな言動で変わり者として周囲から孤立していたが、虫の命を大切に扱う心優しい少女。一方、何にも興味を持てず退屈な日々を送っているクラスメイトの小坂れい(間宮祥太朗)は、そんな鹿野の姿に思わず興味を抱く。そして<ハチの埋葬>をきっかけに、いつの間にか一緒に過ごすようになる二人だが、今回の映像では学校の屋上から飛び降りようとする鹿野をあわてて小坂が止めるドラマティックなシーン、歯に衣を着せぬ不器用で不愛想な会話が交わされる日常の様子、鹿野が叫んで走り出したり、小坂の背後に激突するコミカルな一幕、眠る鹿野に小坂がそっと顔を近付けるドキッとするカットなど、さまざまな場面を通じて二人のキャラクターと、友人とも恋人ともつかない絶妙な距離感が描かれる。



そしてラストでは、一見衝撃的で物語を想像できない謎めいた本作のタイトルについて、「ふたりの結末を見届けたとき、タイトルの本当の意味に涙する」というメッセージがスマホとともに投げかけられる。

映画情報どっとこむ ralph また、ティザービジュアルは、糸電話を耳にあてている小坂と鹿野の意味深なカット。<君の隣で、世界は変わる。>というコピーも、出会いによって大きく変わっていく二人のドラマを予感させる。
殺カレ死カノ 解禁された画像は、ティザービジュアルの使用カットほか、<スマホ依存症>と<リストカット常習者>という二人のキャラクターを示すような小坂と鹿野のソロカット、高校の屋上で二人で過ごす小坂と鹿野のツーショット、そして屋上から飛び降りようとする鹿野を止める小坂を切りとった場面写真の4点となる。
殺カレ死カノ 殺カレ死カノ 殺カレ死カノ 殺カレ死カノ
主演を務める間宮祥太朗曰く、登場人物たちは「“自分はここにいるんだ”という叫びを抱えた人達」であり、同じく主演の桜井日奈子は鹿野ななについて「つかみどころのない、たくさんの矛盾を抱えたキャラクター」と語ったが、今回公開された特報と場面写真ではその一端を垣間見ることができる。そんなふうに〈ありのまま〉にしか生きられない、いびつでピュアな少年少女をめぐる物語は、やがて思いがけない結末へと向かっていく……。


今回紹介された〈小坂れい〉と〈鹿野なな〉のほか、主要キャラクターである〈きゃぴ子〉と〈地味子〉、〈撫子〉と〈八千代〉らの登場人物が、一体どのように物語に関わってくるのか。タイトルに秘められた謎とともに、予測不能でまったく新しいラブストーリーに期待が高まる。

映画情報どっとこむ ralph 「殺さない彼と死なない彼女」

公式サイト 
korokare-shikano.jp

公式twitter
https://twitter.com/korokareshikano

その感動は予測不能! すべての孤独をあたたかく癒す、
いびつでピュアなニュータイプ・ラブストーリー。

何にも興味が持てず、退屈な学生生活を送っている高校三年の小坂れい(間宮祥太朗)。ある日、小坂は教室で殺されたハチの死骸を埋葬しているクラスメイト・鹿野なな(桜井日奈子)に出会う。虫の命を大切に扱う心優しい一面を持ちながら、ネガティブな言動で周囲から孤立し、リストカット常習者で“死にたがり”の鹿野に興味を抱く小坂。<ハチの埋葬>をきっかけに、二人は一緒にいることがあたりまえになっていくのだが……。


***********************************


間宮祥太朗 桜井日奈子
恒松祐里 堀田真由 箭内夢菜 ゆうたろう
金子大地 中尾暢樹/佐藤玲 佐津川愛美/森口瑤子

監督・脚本:小林啓一
原作:世紀末「殺さない彼と死なない彼女」(KADOKAWA刊)

製作:「殺さない彼と死なない彼女」製作委員会
制作プロダクション:マイケルギオン
配給:KADOKAWA/ポニーキャニオン

©2019映画『殺さない彼と死なない彼女』製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ