「桑田真澄」タグアーカイブ

桑田真澄、上原浩治、仁志敏久から映画「泣くな赤鬼」へメッセージ動画到着


映画情報どっとこむ ralph 『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松 清。教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」待望の映画化!6月14日(金)全国劇場公開。

その高校教師は、陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた。甲子園出場を目指し、強豪チームを率いた黄金の時代から10年の月日が流れ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と再会する。野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。しかし、立派な大人に成長したゴルゴは、病に侵され、命の期限が迫っていた。

厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。 主人公“赤鬼先生”こと小渕隆を演じるのは、『とんび』に続く重松 清作品となる堤 真一。教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星 涼ら豪華キャストが集結。監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重 淳。

この度、野球界のレジェンド 桑田真澄さん、仁志敏久さん、そして、本日涙の引退会見を行った読売ジャイアンツ投手・上原浩治選手から、本作への熱いメッセージ入り特別映像が届きました。

甲子園を大いに沸かせ、読売ジャイアンツへドラフト1位として入団。沢村賞を受賞するなど数々の活躍をし、引退後は野球評論家としても活躍中の桑田真澄さん。甲子園に3年連続で出場し、読売ジャイアンツへ入団。新人王、ゴールデングラブ賞などを受賞し、野球解説者や「第1回WBSCプレミア12」のコーチを務めるなど、引退後も活躍が多岐にわたる仁志敏久さん。高校時代は無名ではあったものの、大学を経て読売ジャイアンツへ入団し、メジャーリーグに挑戦。リーグチャンピオンシップシリーズMVPを受賞するなど華々しい活躍をし、現在も第一線で活躍している上原浩治選手。

映画情報どっとこむ ralph 今回、野球界を盛り上げ、牽引してきた豪華なお三方から本作に対する熱いメッセージ動画をいただきました!

■桑田真澄/野球評論家
「本当に熱い映画です!僕自身も野球から様々なことを学び、失敗も重ねながら人生を生き、人生に活かしてきました。その大切さを改めて強く感じました。甲子園を目指したあの頃の情熱、この映画から皆さんにも感じて頂きたいです。」


■仁志敏久/野球解説者
「子供の頃から甲子園を目指して、プロ野球に入り、一生懸命野球をやり続けたこと、その全てが僕にとっては“青春”です。映画『泣くな赤鬼』をご覧頂いて、そんな青春と、感動と情熱を感じて頂きたいです!」


■上原浩治/読売ジャイアンツ 投手
「挫折しそうな時もあったけれど、高校3年生の最後にピッチャーをやらせてもらったことが、今に繋がっています。悔いのないように生きたい、そう感じさせてくれる作品でした。皆さんにも、赤鬼先生と球児たちから熱いパワーを感じとって頂きたいです!」



映画情報どっとこむ ralph さらに、江夏豊さん、川崎憲次郎さんからのコメントも到着!プロが認める、野球映画としてのクオリティの高さが伺いしれます!ますます本作の公開に期待が高まること間違い無し!といった内容となっております。


■江夏豊/野球評論家
「子が親より先に亡くなるというのは最大の親不孝というのが世の常だが、教師にとって、教え子に先立たれるのも同じこと。野球、教師と生徒、男と男…それを見事に表現した、心に染み入る作品だと思う。野球を愛する者、全ての方に見てもらいたい。」

■川崎憲次郎/野球解説者
「赤鬼の思い、ゴルゴの思い…、いろんな人間の感情が入り混じった、深い意味のある映画。人間は十人十色。様々な人間模様、人間関係があり、どう理解して、自分ならどう接するべきか、その難しさを強く思い知らされました。きっと多くの事を感じさせられることと思います。」

映画情報どっとこむ ralph 泣くな赤鬼』待望の映画化

6月14日(金)全国劇場公開


【物語】
城南工業野球部監督・小渕隆(堤 真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた。その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、夢叶わぬまま、10年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称:ゴルゴ>(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築く立派な大人に成長していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。あの時なぜもっと言葉をかけてやらなかったのか、厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。「俺は、わかったつもりで全然わかってなかった―。」命の期限が刻々と迫るゴルゴの願い、それは「俺、また野球やりたいな。」 赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。

***********************************


堤 真一 / 柳楽優弥
川栄李奈  竜星 涼  キムラ緑子  麻生祐未
原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳  脚本:上平 満 兼重 淳
主題歌: 竹原ピストル「おーい!おーい!!」(ビクターエンタテインメント)
配給:KADOKAWA 制作プロダクション:松竹撮影所
©2019「泣くな赤鬼」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

映画『負け犬の美学』三浦友和、桑田真澄ら推薦コメント 映像も!


映画情報どっとこむ ralph 昨年度の東京国際映画祭〔コンペティション部門〕に出品され大喝采を浴びた映画『負け犬の美学』(10月12日公開)の公開に先駆けて、各界の超豪華著名人から応援コメントとコメント動画が解禁となった。
本作は、監督作『憎しみ』(95)でカンヌ国際映画祭〔監督賞〕受賞、大ヒット映画『アメリ』(01)ではヒロインが恋する相手を演じるなど、マルチな才能で幅広く活躍するマチュー・カソヴィッツが、本格的にボクシングに入れ込み、家族のために体を張るボクサーを熱演。脇を固めるのは、元WBA世界王者のムバイエが、主人公スティーブがスパーリングパートナーを務めるタレク役を演じ、リアルで臨場感のあるファイトシーンを生み出した。娘のオロール役には、これからのフランス映画界を担う新星ビリー・ブレイン。彼女の父への無垢な眼差しと天使のような笑顔が観客を魅了する。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁となったコメントを寄せた著名人は各界を代表するレジェントたち。

俳優界からは2人の息子を持つ父でもある三浦友和、野球界からは引退後も球界の内外を超えて活躍し続けている桑田真澄、陸上界からは「世界マスターズ陸上2018」で10年ぶりにレース復帰を果たした朝原宣治を始めとした錚々たるメンバーから絶賛のコメントが届いている。また、併せて解禁となったコメント動画では愛する家族、娘の夢のために負けっぱなしの父が最後の大勝負に出る映像と共に魔裟斗や杉山愛等5人のコメント一部が流れエモーショナルな映像に仕上がっている。



【推薦コメント一覧】

★「勝利とは無縁のリングに上がり続けるロートルボクサー。父親失格に見えるこのボクサーが、 なぜこんなにも娘と妻に愛されるのか。その理由(わけ) がこの映画にはギッシリ詰まっている。」
三浦友和(俳優)

★「プロ野球の世界で戦ってきた人間の一人として、勝負の世界の厳しさと圧倒的な実力差がある相手と対戦する時の恐 怖感を思い出しました。「人生の勝ち負けは自分次第」 という言葉の重みを多くの人に実感していただきたいと思います。」
桑田真澄(元野球選手)

★「アスリートとして、また、 父親そして夫としてボクシングに命を懸け戦う姿に感銘を受けた。私自身も最後の試合は家族の目に焼き付けて欲しいと願った。 その時に大切なのは、勝ち負けではなく達成感だ。」
朝原宣治(元陸上銀メダリスト)

★「家族を愛する父親はかっこいい! 自分を犠牲にしても娘が喜んでくれればそれでいい!父親の生き様を見せつけられた」
魔裟斗 (元K-1世界チャンピオン)
「KOされてもリングに戻る年老いた男の美学。それは子供の才能開花を願い資金を稼ぐんだ。人生は99敗しても 最後の1勝でOK牧場!!」
ガッツ石松(元WBC世界ライト級チャンピオン)

★「ボクシングという競技を通して描かれている家族愛、そして四十を越えた一人の男の意地とプライドが痛々しいほどに伝 わる作品でした。 エンディングに向かう中立ち尽くすスティーブは何を思い微笑んだ のか。その答えを探しに自分も邁進して行きます。」
野中悠樹( 日本及び東洋太平洋スーパーウェルター級チャンピオン)

★「負けても負けてもボクシングをやる、 勝ちたいという気持ちを変わらず持ち続けることは簡単ではない。家族への思いや人との出会いが勇気をくれる。 試合には負け続けている男の、ボクサーの生き様を見て下さい。」
具志堅用高(元ボクシングWBA世界ライトフライ級チャンピオン )

★「ボクシングは男のロマンである。 スティーブもその魅力にとりつかれた男の一人なのだろう。
惜しまれて辞めるも男の美学。 ボロボロになっても諦めず続けるも美学。ボクシングの奥深さを感じる映画だった。」
竹原慎二(元WBA世界ミドル級チャンピオン)

★「僕も、家族に支えられながら47歳まで現役を続けました。娘のために、自身の誇りのために最後のリングに上がる姿、 そして何よりボクシングを心から愛する主人公に共感し、 感動しました。
ボクシングは素晴らしい!」
西澤ヨシノリ(元WPBF世界クル-ザー級チャンピオン

★「男には、何かを守るために戦わなければならない時がある。それがプライドであろうと、生活であろうと、 存在意義であろうと、 結果を恐れず戦うことによって得られるものがある。 この映画はそれが何かを教えてくれる。」
伊東 潤(作家)

★「試合結果は散々だったかもしれないが、 家族の為にそしてボクシングを愛する為にやり続けたスティーヴは人生の勝利者。長くはないアスリート人生、 一生分充実していたのだと改めて思えた作品に出逢えた。」
杉山愛(元プロテニスプレイヤー)

★「負けるのはかっこ悪い。負け続けるのはもっとかっこ悪い。それでも好きなことを続けられるのはやっぱりかっこいい!」
梅沢富美男(俳優)

★「父として家族のために人生をかけて闘う姿をみて、自分の現役時代を思い出しました。家族を愛し、 ボクシングを愛し、 どんな状況でも戦い続ける姿に心を動かされます。 父を信じて応援し続ける子供の気持ちを思うと、家族の絆の大切さを改めて実感しました。」
松木安太郎(サッカー解説者)

★「強さとは何なのかを考えさせられました。勝負の世界だから、勝者と敗者がいるのは当たり前の事。
でもそれを越えた、自分の中の信念、やり続ける魂、そして何よりも家族の為に闘い続ける姿に、心を打たれました。」
片岡安祐美(社会人野球 茨城ゴールデンゴールズ監督)
※順不同

映画情報どっとこむ ralph 映画『負け犬の美学』

http://makeinu-bigaku.com/

監督作『憎しみ』(95)でカンヌ国際映画祭〔監督賞〕受賞、 大ヒット映画『アメリ』(01) ではヒロインが恋する相手を演じるなど、マルチな才能で幅広く活躍するマチュー・カソヴィッツが、本格的にボクシングに入れ込み、 家族のために体を張るボクサーを熱演。脇を固めるのは、元WBA世界王者のムバイエが、 主人公スティーブがスパーリングパートナーを務めるタレク役を演 じ、リアルで臨場感のあるファイトシーンを生み出した。
娘のオロール役には、 これからのフランス映画界を担う新星ビリー・ブレイン。

彼女の父への無垢な眼差しと天使のような笑顔が観客を魅了する。
10月12日(金)シネマカリテほか全国順次ロードショー

***********************************

配給:クロックワークス
© 2017 UNITÉ DE PRODUCTION – EUROPACORP




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ