「桃原秀寿」タグアーカイブ

NMB48市川美織ら美少女てんこ盛り映画版『放課後戦記』ニコニコ動画でメイキング公開!


映画情報どっとこむ ralph ヒロインにNMB48市川美織を迎え全席即完売で2016年10月に幕を開けた舞台「放課後戦記」が新たなストーリーと新たな追加キャストを迎え、映像化される映画版『放課後戦記』。

市川美織、秋月成美、りりか、小宮有紗、遠藤新菜、青島心、窪田美沙、井上美那、大野未来、小泉萌香、片岡沙耶、新田祐里子、加藤美紅、野々宮ミカ、三橋栄香の映画、TV、アニメ、舞台、グラビアと今後の活躍が期待されている女優、声優、アイドルのネクストブレイク・ガールたちが大結集!!

映画情報どっとこむ ralph 映画だからこそ表現できる切れ味抜群のアクションと、少女たちの繊細な心の奥深くを描き、舞台とは違った『放課後戦記』が展開します。。

そして、今回、ニコニコ動画で、『放課後戦記』のメーキング動画が現在、無料公開中。毎日毎日メイキング動画は更新されます。アクション指導を受ける市川美織、演技に悩む市川美織等、映画に出演している出演者たちのテレビやスクリーンでは見られない素の姿が見られます。

ニコ動『放課後戦記』チャンネルページ
http://ch.nicovideo.jp/houkagosenki

映画情報どっとこむ ralph
映画公開は2018年4月7日にシネリーブ池袋他全国ロードショー決定!

放課後戦記

映画版ストーリー

壊れればいい、世界なんて。少女達の殺し合いがはじまる…。


ある日の放課後、門脇瀬名(かどわきせな)はハンカチを返すため屋上で憑対弓立(つついゆだち)を待っている間に居眠りをしてしまう。目を覚ますと暗くなった学校に閉じ込められていた。電波が届かず電話も通じない外部からシャットアウトされた校内で、瀬名の目に映ったのは手を切断されて苦しんでいる女の子だった。巨大な光や世界が赤く染まっていく不思議な出来事が起こる中、少女たちの史上最悪の殺し合いがはじまる…。いったい少女たちの戦いを煽っているのは誰なのか?

殺しに追いかけて来る女子生徒たちから瀬名は自ら命を守ることができるのか?

残り4日、残り3日、残り2日、残り1日、少女たちの殺戮のカウントダウン、最後に生き残るのは誰か?
***********************************

原案:オクショウ
監督:土田準平
脚本:桃原秀寿

出演:市川美織秋月成美 りりか 小宮有紗 遠藤新菜 青島心 窪田美沙 井上美那 大野未来 小泉萌香 片岡沙耶

新田祐里子 加藤美紅 野々宮ミカ 三橋栄香


市川美織、りりか、秋月成美 安全祈願『放課後戦記』


映画情報どっとこむ ralph 演劇「放課後戦記」を新たに舞台シネマとして再構成し、3月4日に八王子シネマで行われた1回限りの上映会で新たに映画化が発表され、話題を呼んだ映画版『放課後戦記』。

クランクイン前に、映画の安全祈願を都内、三田春日神社で行いました。

左より秋月成美 市川美織 りりか

当日は映画スタッフ、市川美織さん、りりかさん、新しく出演が決まった秋月成美さんら出演者22名が参加しました。

秋月成美さんは、2011年第7回東宝シンデレラオーディションにて審査員特別賞を受賞後、芸能界入り、劇場版アニメ『バケモノの子』、映画『幕が上がる』などに出演している注目の女優です。映画は来週クランクイン予定です。

監督はダレノガレ明美映画初出演作『便利屋エレジー』を監督した新鋭、土田準平さん。

舞台とは違う新たなストーリー展開とキャストで、描かれる映画版『放課後戦記』は2018年邦画の注目です!

映画情報どっとこむ ralph 市川美織さん、りりかさん、秋月成美さんのコメントが届きました。

市川美織さん:初めてこういう安全祈願のメンバーに選んでいただいて緊張しましたけど心が清らかになりました。いよいよ撮影がはじまるんだと、新たな決意ができました。舞台と違う映画化なので、不安な部分がありましたが、いよいよクランクインするので、この映画が私の代表作として、これからも語り継がれるような作品にしたいと思います。

秋月成美さん:お祓いをとても丁寧にしていただいてありがとうございます。いよいよ映画が始まるので、すごく身が引き締まると共に、代表作になるようしっかり頑張りたいと思います。

りりかさん:今回、初めて映像のアクションシーンに挑戦するのでお稽古しながら本当に不安でしたが、いよいよクランクインなので頑張ります。本番も怪我をしないで出来ますように!安全祈願に参加出来て良かったです。


***********************************

出演:市川美織 秋月成美 りりか 窪田美沙 加藤美紅野々宮ミカ 八木千明

原案:オクショウ
監督:土田準平
脚本:桃原秀寿