「根岸季衣」タグアーカイブ

ハイテンション・ムービー・プロジェクト第1弾『殺人鬼を飼う女』予告編到着


映画情報どっとこむ ralph この度、KADOKAWAとハピネットの共同製作によって、閉塞気味のこの映画界において、「リミッターを外せ︕」を合⾔葉に、あえてタブーと される題材をテーマに、クリエイター達の感性と才能を思うままに爆発させた、“ジャンル映画”の中でも特にエッジの⽴った作品を共同で開 発、発信していくプロジェクト『ハイテンション・ムービー・プロジェクト』を⽴ち上げました。プロジェクト第一弾は4月12日公開『殺⼈鬼を飼う女』中田秀夫監督がメガホンを取っています。
この度、『殺⼈⻤を飼う⼥』の予告編がついに完成しました。 「時々感じるの、自分の中に化け物が住んでるんじゃないかって・・・」そうつぶやくのは、憑りつかれたかのように突如ガクッと首を垂れる主⼈公 キョウコ。月夜に映し出された艶かしい全裸で登場するところから映像は始まる。ワイングラスを片手に、静穏な表情でグラスに注がれた液体 をゴクリと飲んだその口元から溢れ出た液体は首筋から胸元へゆっくりとキョウコの裸体をつたう。まるで鮮血のような赤い液体が不気味さを 掻き⽴てる。キョウコが密かに恋心を抱く隣⼈で小説家・田島冬樹(水橋研二)とは徐々に距離が縮む様子が⾒られるが、突然「アンタの せいで全部おかしくなった︕」と罵声を浴びせ田島を困惑させる。

キョウコの⺟・友⾹⾥(根岸季衣)の口からはキョウコが昔父親を殺したこ とが明かされ、幼少期の忌まわしい出来事と複数の⼈格が生まれた因果関係を想像させる。映像の中では様々な性格や趣向思考の異な る⼈格たちが目まぐるしく⼊れ替わり、共存する様にも要注目︕ そして「君は・・誰なんだ・・・︖」と次々に起こる不可解な出来事に⼾惑いながらも惹かれる田島とキョウコの関係は一体どうなるのか︖キョウ コの真っ白のシャツの下の鮮血は―、腕に真紅で刻まれた“殺す”の意味とはー。

誰も知らない、どこかに潜む何かに怯え、得体の知れない迫りくる恐怖に、思わず「みんな︕」と叫んだが、周りには誰も居ない―。 ハイスピードな展開と共に押し寄せる何重奏にも重る恐怖に目が離せない︕︕

映画情報どっとこむ ralph ハイテンション・ムービー・プロジェクト第1弾

『殺⼈⻤を飼う⼥』

【STORY】
愛を交わした時、彼女は現れる― ョウコはビストロで働く美しいギャルソン。だが幼い頃義父から性的虐待を受け続けたことで、ョウコを愛するレズビアンの直美、ビッチなゆかり、そしてあの小学生 のままのハルという様々な人格と辻褄を合わせ共存し支え合っていた。だが、ある日マンションの隣人が憧れの小説家と知り恋心を抱いたのをきっかけに、得体の知 れない歪みを感じ始める。それと時を同じくして彼女の周りで謎の死が相次ぎ、保たれた均衡が崩れ始める―。

***********************************

飛鳥凛 /水橋研二/大島正華 松⼭愛⾥ 中谷仁美 / 根岸季衣
監督 中田秀夫 原作 大石圭「殺⼈⻤を飼う⼥」(角川ホラー文庫)
脚本 吉田⾹織 / 音楽 坂本秀一 製作 KADOKAWA ハピネット
制作プロダクション ツインズジャパン
配給 KADOKAWA
(C)2019「殺⼈⻤を飼う⼥」製作委員会
R18+


秋沢健太朗主演!映画『君から目が離せない ~Eyes On You~』公開決定!山崎まさよしが主題歌


映画情報どっとこむ ralph このたび、アトリエレオパード企画・製作・配給による映画『君から目が離せない ~Eyes On You~』の公開が決定しました。

1996 年に公開されて以来、今でも根強い人気がある映画『月とキャベツ』。

主演を務めた山崎まさよしが歌う 主題歌「One more time, One more chance」は、今でも山崎の代表作。

その『月とキャベツ』の誕生からずっと育まれてきたスタッフ・キャストたちの手により、本作は製作されました。 若者が集う東京の下北沢の街を背景に、青春時代に誰しもが体験したであろう甘酸っぱい想いが描かれており、 冬・夏・秋の 3 つの季節の短編からなる抒情詩のような映画です。

メガホンを取ったのは、篠原哲雄監督。

自身も劇団の演出家役で映画に初出演を果たしています。音楽と主題歌 を担当したのは、山崎将義(山崎まさよし)。主題歌「Eyes On You」は、本作のために書き下ろされた楽曲です。 (11/21 にリリースされた New Single「アイムホーム」に収録。)

撮影監督には上野彰吾、プロデューサーには『月とキャベツ』でヘアメイクを担当し、本作でもメイクアップ デザインを担当した馮啓孝。

映画情報どっとこむ ralph 主演は、舞台を中心に活動をしている秋沢健太朗。
ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」やミュージ カル「忍たま乱太郎」などで注目を集めつつありますが、まだまだ経験も浅い彼にとって本作は大抜擢となりま す。しかしながら、着実に前進をし続ける彼がみせる情熱は、本作の主人公が年上女性に一途に恋をする姿と重なり、初々しい。そして秋沢の得意ワールドである舞台の剣術シーンは迫力があり、見応えがあります。
また、ヒロインを務めるのは、『月とキャベツ』でもヒロインを務めた真田麻垂美。当時、ギタリスト役で出演 していた田中要次も本作に出演しています。そして夏編では、一部当時のロケーション地だった群馬県の伊参で も撮影が行われました。
ほか、 共演には中村優一、渡部龍平、根岸季衣も顔を揃えています。



映画情報どっとこむ ralph 映画『君から目が離せない ~Eyes On You~』

2019年1月12日(土)よりシネマート新宿にてロードショー
(2週間限定上映)

公式サイト:
http://kimikara-movie.info/

***********************************

秋沢健太朗 真田麻垂美 渡部龍平 中村優一/田中要次/根岸季衣
監督:篠原哲雄
音楽 主題歌:「Eyes On You」作詞・作曲 山崎将義 歌 山崎まさよし(EMI Records)
企画・製作・配給:アトリエレオパード
2018年/日本/カラー/ ビスタ/5.1ch/86分

Ⓒ2018 アトリエレオパード


綾野 剛 主演『楽園』追加キャスト発表!!柄本 明、村上虹郎ら6名発表!


映画情報どっとこむ ralph 楽園を知らない青年、楽園を探し求める少女、楽園を信じていた男― 人はなぜ、罪を犯すのか?

今最も注目されるベストセラー作家・吉田修一。2007年「悪人」、2014年「怒り」に続き、自身、「こんなにも物語をコントロールできず、彼らの感情に呑み込まれそうになったのは初めて。」と語る、新たな最高傑作「犯罪小説集」を映画化!映画『楽園』2019年秋 全国公開となります!

青田に囲まれたY字路――。
ある夏の日、幼女誘拐事件が起こった。未解決のまま、住民の胸には罪悪感だけが残り、事件直前まで被害者と一緒にいた紡は心に深い傷を負った。それから12年後、再びそこで2つの悲劇が起こる。少女が行方不明となり、町営住宅で暮らす豪士が容疑者として疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。そしてY字路に続く集落、愛犬と暮らす養蜂家の善次郎は、村おこしの事業を進めていたが、話のこじれから村中の非難を受け、村八分状態に。善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する―。被害者の親友だった少女、容疑者の青年、限界集落で暮らす男。なぜ人は罪を犯すのか?なぜ自分だけ生き残ってしまったのか?それぞれの人生が交錯するとき、物語は衝撃のラストへと導かれる。
主人公の豪士役・綾野 剛、紡役・杉咲 花、善次郎役・佐藤浩市に続き豪華キャスト解禁です!

映画情報どっとこむ ralph
幼女誘拐事件の被害少女の祖父・藤木五郎役には、日本を代表するベテラン俳優・柄本 明。

柄本明さんコメント
吉田修一さん原作は『悪人』に続き2回目ですが、やはり今回も吉田さんの世界だなと感じました。綾野さん、杉咲さん、佐藤さんともこれまでにご一緒しており、現場も楽しかったです。人間なんて恐ろしい存在だから、本当のところは誰も分からない。紛れもなく瀬々監督の映画になっていると思うので、あとは映画を見て頂ければ嬉しいです。


杉咲 花演じる紡に想いを寄せる幼馴染・野上広呂役に、今最も注目を浴び、急成長を遂げる若手俳優・村上虹郎。

●村上虹郎さんコメント
天使なのか、悪魔なのか。大事な人物を演じさせて頂きました。初の瀬々組ですが、監督の鋭い目つきにゾクワクする日々でした。監督の名台詞集をすぐにでも出版できそうですが此処ではひとつだけ、”さっきの方がグビッときた”スクリーンでお逢いできるのを心待ちにしています。


そして、佐藤浩市演じる善次郎の身を案じる女性・久子役に片岡礼子、

●片岡礼子さんコメント
原作の吉田さんと瀬々監督の強い思い。原作から膨らんでいるような印象の久子。その久子としてその場に居ること。書くとシンプルですが、現場では迷い…考え過ぎる自分をやめたい日々でした。途中から久子の家族や善次郎との未来を信じることだけに集中することにしていました。物語が生きてるかのように変化し続けていたことにも現場で何度も鳥肌が立っていました。映画を見届けるまで現場が終わらないような気分です。


綾野 剛演じる豪士の母・中村洋子役に黒沢あすか、

●黒沢あすかさんコメント
喜びと共にひと筋縄ではいかない役柄を与えられるなと直感。楽しみでした。
台本をめくっていくと綾野さんのお母さん役・中村洋子。ト書にはアジア訛りの日本語を話すと記されていました。
後日、デモCDを手にし洋子という名のクメール人になりきる役作り。発音取りに試行錯誤しながらカタイ頭が柔らかくなっていく手応えを感じていきました。
クランクアップの日は満ち足りた気分でした。今は完成する日が待ち遠しくて仕方ありません。


五郎の妻・藤木朝子役に根岸季衣、

●根岸季衣さんコメント
今迄にも老け役は何度か経験して来ましたが、遂に!初の認知症役でした。幸いあらぬ事を叫び続ける事もなく、余りに辛い現実から逃避するかのように、夫役の柄本明さんの手を拠り所にしっかり握って静かに惚けて行く朝子は、幸せにも思えました。前半には事件が起きる前のテキパキとした姿も演じられたので、落差を描けるのも楽しかったです。素敵なキャストが揃っているので、出来上がりを拝見するのが本当に楽しみです。


善次郎の亡き妻・田中紀子役に石橋静河 

●石橋静河さんコメント
人間の恐ろしさと同時に、誰しもが心の中に持っている、狂気や哀しみが描かれているのが、この作品だと思います。初めて今回の脚本を読んだ時、私が演じさせていただいた紀子という役はこの物語の中のひとつの希望なのだと感じ、その灯りを大切に演じたいと思いました。
たくさんの方たちにこの映画が届くことを願っています。

と、豪華かつ個性溢れる面々が揃った。豪華キャスト・スタッフが集結し、2019年新たな衝撃作が誕生する。

映画情報どっとこむ ralph ●綾野 剛:中村豪士/母親と共にリサイクル品販売をする孤独な青年。
●杉咲 花:湯川 紡/幼女誘拐事件の被害者と事件直前まで一緒にいた少女。心に傷を負う。
●佐藤浩市:田中善次郎/父の介護のため村へ戻り、愛犬と暮らす養蜂家。村おこし事業を進めるが…。
●柄本明:藤木五郎/幼女誘拐事件の被害少女の祖父
●村上虹郎:野上広呂/紡に想いを寄せる幼馴染
●片岡礼子:久子/善次郎の身を案じる女性
●黒沢あすか:中村洋子/豪士の母
●根岸季衣:藤木朝子/五郎の妻
●石橋静河:田中紀子/善次郎の亡き妻

映画情報どっとこむ ralph 『楽園』

2019年秋 全国公開

あらすじ・・・
豪士(綾野剛)は、母親と共にリサイクル品を販売しながら孤独な日々を過ごしていた。ある夏の日、青田に囲まれたY字路で幼女・愛華の誘拐事件が起こった。犯人は見つからず、事件直前まで愛華と一緒にいた紡は、心に深い傷を負うこことなった。事件から12年後―、高校を卒業した紡(杉咲花)は、街のホームセンターで働いていた。祭りの前日、準備で集まった公民館で、紡は豪士と出会い、孤独な豪士に対して感情が芽生える。そして祭りの日―、12年前と同じY字路で、再び少女が行方不明となる。やがて豪士が犯人だと疑われた。追い詰められ、街へと逃れるが、そこで豪士は驚愕の行動に出るのだった―。それから1年後、東京の青果市場で働く紡。Y字路に続く限界集落では、養蜂家の善次郎(佐藤浩市)が愛犬レオと生活していた。祭りの前日、手伝いで地元に帰省していた紡は善次郎と出会う。そんなある日、善次郎が計画していた村おこしの話がこじれ、村人たちの怒りを買ってしまう。村八分によって善次郎は狂気に陥り、恐るべき事件へと発展する――。


***********************************

綾野剛 / 杉咲花
村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明
佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」(KADOKAWA刊)
監督・脚本:瀬々敬久
配給:KADOKAWA
© 2019「楽園」製作委員会
   


映画『まく子』つみきみほ、しずる村上純ら、個性豊かな追加キャスト解禁!


映画情報どっとこむ ralph 西加奈子が第 152 回直木賞(「サラバ!」)受賞後、一作目として書き下ろした小説「まく子」。

児童小説では異例の累計 55,000 部の売り上げを記録した本作。

山﨑光、新音、須藤理彩/草彅 剛で幅広い世代から愛される西の世界観を見事に感動作として昇華させ、2019年3月テアトル新宿、他全国公開となります。


そして・・・

追加キャストが解禁!

映画情報どっとこむ ralph 主人公・サトシの実家の旅館で住込みの仲居として働くことになるコズエのオカアサン役に、不朽の名作『櫻の園』(中原俊 監督)や西川美和監督のデビュー作『蛇イチゴ』(03)など出演作が多くの映画ファンの心を捉えている女優・つみきみほが 出演。

つみきが演じるオカアサンとコズエ(新音)は一見ワケあり親子に見えるが、彼女たちが抱える大きな秘密とはー。

つみきみほさんからのコメント

「つみきさんにぴったりの役がある」と言っていただき、電話で端的に役どころを聞き、「面 白そう!やりたいです!」と即答しました。今まで演じたことのないキャラクター設定でした ので、現場に入っていろいろ考え、やれる限りやらせていただきました。娘役の新音ちゃん は可愛いだけでなく、スケール感があり、役にぴったりだなと思いました。共演出来て、楽しかったです!」

映画情報どっとこむ ralph また、大人なのに子供たちとばかり一緒にいる青年・ドノ役にお笑いコンビ・しずるの村上純が出演。サトシは、子供とばかり 一緒にいるドノをバカにしていますが、コズエと出会い、そしてドノの“ある想い”を知ることで、今まで見てきた世界‐日常‐が少 しずつ変化していきます。

村上純(しずる)さんからのコメント

「西さん原作、鶴岡さん監督の映画『まく子』はとても優しく柔らかい作品で、“まく”と言ったら“くだ”くらいしかない僕がこの世界にお邪魔させてもらえるなんて、未だに身に余る思いです。 ドノ役の僕は子役の子たちとのシーンがほとんどだったんですが、役者青二才の僕を大人 負けの演技で引っ張ってくれたのには思わず舌をまいてしまいました。 今から、劇場でフィルムがまかれることが心より待ち遠しいです。」

映画情報どっとこむ ralph そして、

映画『まく子』の世界を彩る人々には、サトシのクラス担任 小菅役に、舞台「No.9-不滅の旋律‐」(白井晃演出) に出演するなど宮本亜門、永井愛といった演劇界の重鎮たちの舞台で活躍する橋本淳さん。

生徒たちを優しく見守る校長役にテレビドラマやバラエティの活躍でお茶の間でも親しまれている俳優・小倉久寛さん。

旅館のベテラン仲居キミエおばちゃん役 に演出家つかこうへい作品の黄金期を支えた一人で、大林宣彦監督作品の常連として知られるなど名匠からの信頼も厚く、数多のドラマや映画で活躍する女優・根岸季衣さん。

ドノと心を通わす不登校児の類役にミュージカル「黒執事」シエル・ファン トムハイヴ役で一躍脚光を浴びた若手注目俳優の内川蓮生さん
など個性あふれる実力派キャストが脇を固めます。

映画情報どっとこむ ralph 映画『まく子』

2019年3月テアトル新宿ほか全国公開!

公式HP:
http://makuko-movie.jp/

ひなびた温泉街の旅館の息子・サトシは、小学 5 年生。自分の身体の変化に悩み、女好きの父親に反感を抱いていた。ある日、 美しい少女コズエが現れる。言動がどこか不思議な同い年のコズエは「ある星から来たの。」と信じがたい秘密をサトシに教えてくれ るが――。枯葉や紙の花を楽しそうにまくコズエ。やがてサトシや町の人々みんなにまいたものとは…。 かけがえのない思春期を生きるサトシの葛藤とコズエとのせつない初恋を軸に、家族を愛しつつも浮気をしてしまう父親、それを 知りながら明るくふるまう母親、道ならぬ恋をする若い女性、訳あり親子・・・小さな町のどこか不器用な人々を映し出します。 かつて子どもだった大人たちへ、信じることや変化を恐れないこと、許すことの強さを教えてくれる、再生と感動の映画が誕生。
本作の主人公・サトシには、中学3年生の山﨑 光。2010 年映画『ちょんまげぷりん』(中村義洋監督)で映画デビューし、『真夏 の方程式』(西谷弘監督)等に出演、『まく子』で初主演を務めます。 また映画の重要な鍵を握る謎の転入生・コズエ役に、原作のイメージそのままに役を体現した新星・美少女新音(にのん)。新 音は雑誌「VERY」の人気専属モデル クリス・ウェブ佳子の長女であり、RADWIMPS「狭心症」の MV や、第 68 回ベルリン国際映画 祭ジェネレーション部門・正式招待作品として選出された『Blue Wind Blows』(富名哲也監督)に出演。映画は本作で 2 作品目の 出演となる、今後の活躍が期待される若手注目女優の一人となります。 そして、女の人が大好きなダメな父親だけれど、息子の成長を陰ながら見つめ背中をそっと押す父・光一役には、2017 年 9 月 「新しい地図」として始動し、自身主演の『光へ、航る』(太田光監督)を収めたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』が 2週間限 定公開の中、28 万人以上を動員し大ヒット、役者として更なる活躍が目覚しい草彅 剛。思春期の息子を温かく見守るサトシの 母・明美役には、1998 年に NHK 朝の連続テレビ小説「天うらら」でデビューしてから、数々の作品に出演を果たし、NHK 朝の連続 テレビ小説「半分、青い。」にて 20 年ぶりの朝ドラ出演として話題の女優・須藤理彩が演じます。 監督は、初長編映画『くじらのまち』が PFF アワード 2012 にてグランプリ&ジェムストーン賞を W 受賞し、第 63 回ベルリン国際 映画祭をはじめ各国の映画祭で上映され国内外問わず高く評価された鶴岡慧子監督。

***********************************

出演:山﨑 光、新音、須藤理彩/草彅 剛
原作:「まく子」西加奈子(福音館書店 刊)
監督・脚本:鶴岡慧子
©2019「まく子」製作委員会/西加奈子(福音館書店)
   


真木よう子、井上真央、大泉洋の映画『焼肉ドラゴン』が鄭義信監督の手で小説化!


映画情報どっとこむ ralph 日本の演劇賞を総なめにした演劇界の金字塔作品『焼肉ドラゴン』。
出演:真木よう子、井上真央、大泉洋他で映画化した映画『焼肉ドラゴン』は6月22日より全国公開となります。

そして、この度!
監督を務める鄭義信が自ら書き下ろした小説『焼肉ドラゴン』が角川文庫より5月25日(金)から発売することが決定しました。

舞台劇「焼肉ドラゴン」は朝日舞台芸術賞グランプリ、読売演劇大賞および最優秀作品賞など数々の演劇賞を受賞し、熱狂的な支持を受け2011年・2016年と再演、多くのファンを魅了した伝説の舞台。監督を務めるのは、演劇界では一流の演出家であり、映画界では『月はどっちに出ている』、『血と骨』などで脚本家としも名高い鄭義信が、本作では自ら初監督に挑戦し注目が集まります。

そして、鄭義信監督自らが書き下ろした小説『焼肉ドラゴン』の発売が決定しました。

鄭義信監督
小説版の発売に当たって、

鄭義信監督:映画や演劇では詳しく描かれていないまた別の視点から見た世界が広がっているので、小説を読んで「焼肉ドラゴン」の新たな魅力を発見してもらえたら嬉しいです。

と舞台版・映画版とは別の新たな視点で『焼肉ドラゴン』の世界観が描かれていることをコメント。
まさに『焼肉ドラゴン』ファン待望の一冊となっている。

映画情報どっとこむ ralph
焼肉ドラゴン

6月22日(金)より、全国公開!

公式サイト:
http://yakinikudragon.com 

Twitter:
@yakiniku_dragon

物語・・・
万国博覧会が催された1970(昭和45)年。高度経済成長に浮かれる時代の片隅。関西の地方都市の一角で、ちいさな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の三姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。失くした故郷、戦争で奪われた左腕・・・。つらい過去は決して消えないけれど、“たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる―”それが龍吉のいつもの口癖だ。そして店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも賑わい、ささいなことで泣いたり、笑ったりー。そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも、次第に時代の波が押し寄せてくるのだった。

過去記事:Wヨウちゃん!真木よう子・大泉洋と井上真央、桜庭ななみ、が揃って登壇『焼肉ドラゴン』完成披露試写会
http://eigajoho.com/105901


***********************************

原作:戯曲「焼肉ドラゴン」(作:鄭 義信)
脚本・監督:鄭 義信
出演:真木よう子 井上真央 大泉 洋
桜庭ななみ 大谷亮平 ハン・ドンギュ イム・ヒチョル 大江晋平 宇野祥平 根岸季衣 ほか
配給:KADOKAWA ファントム・フィルム
製作:「焼肉ドラゴン」製作委員会
©2018「焼肉ドラゴン」製作委員会