「栗原類」タグアーカイブ

吉田羊号泣シーン!村上虹郎のサーフィン姿も初披露!「ハナレイ・ベイ」本予告映像解禁


映画情報どっとこむ ralph 国境や時代を超えグローバルな読者を獲得し、世界に名作・話題作を発信し続ける作家、村上春樹。

名実ともに日本を、そして世界を代表する作家である彼の珠玉の短編作品「ハナレイ・ベイ」がついに新鋭・松永大司監督の手によって映画化!

2018年10月19日(金)に全国公開となります。

そして・・・・

この度、映画化決定から注目を集めている本作の本予告映像が到着しました。


ハワイのハナレイ・ベイで息子を失った母親サチ(吉田羊)は、浜辺でチェアに座り海を見つめる日々を過ごす。命を落とした息子タカシ(佐野玲於)との思い出を振り返ってみても心のどこかでよぎる、「私は息子のことが好きではなかった」という想い。今回解禁となる本予告映像にはカウアイ島の神秘的なほどに美しいハナレイ・ベイの景観と、10年をかけて亡き息子を想い続け、自分自身に向き合い続ける主人公サチの姿が感動的に描かれています。

そんな中、出会ったのは、まだ世間知らずでサーフィンに夢中な2人の日本人青年。

そのうちの一人、高橋(村上虹郎)に、サチは亡き息子の姿を重ねていた。
ある日、その2人から“片脚の日本人サーファー”を浜辺で見かけたと耳にするサチ。息子を亡くして10年、海を見つめるだけだった彼女は立ち上がり、自らの人生を変える一歩を踏み出すことを決意する。「好きではなかった」はずの息子を想い、嗚咽と共に号泣するサチを演じる吉田さんの圧巻の演技に、必ずや心を揺さぶられます。

映画情報どっとこむ ralph “人生で一番大切な人”に会いたくなる、・・希望を描いた物語。

ハナレイ・ベイ

10月19日(金) 全国ロードショー。

2005年に発表され単行本、文庫あわせ累計70万部を超えるロングセラーとなっている『東京奇譚集』(新潮文庫刊)の一篇である本作。
「あのムラカミハルキの作品世界にしかも映画で自分が生きられる、これ以上の幸せはありません。」と喜びのコメントを発表した主演の吉田羊さんは息子を失った母親サチを、圧巻の存在感で見事に体現。
佐野玲於さん(GENERATIONS from EXILE TRIBE)はハワイの美しい湾ハナレイ・ベイで命を落とすサチの息子タカシを好演、『虹色デイズ』など演技面でも昨今注目を浴びる彼が、本作でも役者として鮮烈な印象を残しています。また、サチがハナレイ・ベイで出会い、亡き息子に姿を重ねる日本人サーファー高橋には村上虹郎さん。自然体だがどこか不思議な魅力を漂わせる青年を抜群の感性で表現しています。

***********************************

原作:「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著
脚本・監督・編集:松永大司
音楽:半野喜弘
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類 
配給:HIGH BROW CINEMA
©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会


南沙良&蒔田彩珠ダブル主演『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』押井守、朝井リョウ、安達祐実ら絶賛コメント!


映画情報どっとこむ ralph 7月14日(土)より、映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

原作は「惡の華」「血の轍」などで人気を博す漫画家・押見修造の同名作。
主演を務めるのは共に15歳の実力派女優。志乃を演じるのは、現役モデルにして『幼な子われらに生まれ』に出演、
女優としても注目を集める新星、南沙良。加代役を『三度目の殺人』やドラマ「anone」などでの高い演技力が記憶に新しい、蒔田彩珠が熱演する。

誰もが経験してきた思春期の痛み、誰もがもつコンプレックス、それらを抱えてもがきながらも前を向く主人公たちの
心の葛藤を丁寧に描き出した本作に、各界から「絶対に見逃して欲しくない映画!」「見れば世界ががらりと変わる!」と、映画監督、俳優、作家たちがこぞって絶賛!熱いコメントが到着しました。

映画情報どっとこむ ralph 鎌田實さん(医師・作家)

涙が溢れる。圧倒的なラストに心打たれた!生きているから悩みがある。もがく青春。瑞々しい命の叫び。ラスト、涙の感動が待っている。ステキな映画だ。

安達祐実さん(女優)
すごいな。圧倒的なエネルギーが打ちのめしてくる。思春期って息苦しいんだな。頑なな純粋さって、もどかしいんだな。あんなふうにがむしゃらに生きてるんだ、人って。美しいです。尊いです。

三島有紀子さん(映画監督)
涙も鼻水もにらんだ瞳も全部、キラキラしてた。なんともかっこ悪くて、不器用で、不細工で、はがゆいくらいうまくいかない。だからこそ、その先にある”あのシーン”の二人の表情にたどりつくのだ。これこそ、ほんとの青春キラキラ映画だと私は思う。南沙良と蒔田彩珠を力いっぱい抱きしめたくなった。自分もまた、青春映画を撮りたいな。

押井守さん(映画監督)
観ればがらりと世界が変わる。これからを生きるすべての人に観て欲しい!吃驚するほどの直球です。変化球を投げ続けてきた私には投げられませんがこれから人生を踏み出す人たちにしっかりと打ち返して欲しい映画です。

朝井リョウさん(小説家)
情けない姿をさらけ出そう。まっすぐ受け止めてくれた人を信じよう。それだけで世界はがらりと変わる。殻にこもっていた高校生の頃の自分に観せたい。――こだまさん(作家/「夫のちんぽが入らない」「ここは、おしまいの地」)独りでも、誰かといても、思いを伝えられても共に何かをやり遂げても、自分を象るのは自分。甘えを許さない脚本だからこそ輝く少年少女の一秒ずつが、見知った光でなくとも照らされる未来があることを教えてくれる。

浜野謙太さん(ミュージシャン・俳優/Instagramより)
苦悩、葛藤…体当たりの演技に、あの頃の必死だった自分を思い出す。とにかく、若いメイン3人の必死なぶつかり合いに釘付け。そういや苦しくて恥ずかしくて恐ろしくて、でも必死だったよなと。間に散りばめられてる、のどかで美しい海の風景とのコントラストがまた…。

荻上チキさん(評論家・ラジオパーソナリティ)
僕たちが憎んでやまなかった「学校のすべて」が濃縮されている。嘲笑と自己嫌悪が渦巻く青春時代に、少女たちは叫ぶ。魔法が使えなくても、呪いをはねのけるために。

栗原類さん(モデル・俳優)
誰にも言えない、言っても理解されないコンプレクスを持つ事は誰にだってある。だからこそ、志乃が抱く、悲しさや苦痛ではない“くやしい”という感情は、誰もが理解し共感できるのではないだろうか。

映画情報どっとこむ ralph 映画好きが「この映画に出会って欲しい」と感じる新たなる青春映画の傑作。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

公開は7月14日㈯より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。


http://www.bitters.co.jp/shinochan/

物語・・・
伝わらなくてもいい。伝えたいと思った――。
高校1年生の志乃は、喋ろうとするたび言葉に詰まり、名前すら上手く言うことが出来ずに笑い者になってしまう。
ひとり過ごすなか、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。
ギターが生きがいなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。
文化祭に向けて不器用なふたりの猛練習が始まった。コンプレックスから目を背け、人との関わりを避けてきた志乃と加代。
自分の殻を破るため、互いに手を取り小さな一歩を踏み出すが――。

***********************************


出演:南 沙良  蒔田彩珠 /萩原利久 /
小柳まいか 池田朱那 柿本朱里 中田美優 / 蒼波 純 / 渡辺 哲
山田キヌヲ  奥貫 薫
監督:湯浅弘章  原作:押見修造 「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」 (太田出版)
脚本:足立 紳 音楽:まつきあゆむ
配給:ビターズ・エンド
制作プロダクション:東北新社

製作:「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会(日本出版販売 カルチュア・エンタテインメント 東北新社 ベンチャーバンク)

2017年/日本/カラー/シネスコ/5.1ch/110分
©押見修造/太田出版
©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会


村上春樹「ハナレイ・ベイ」映画化決定!吉田羊・佐野玲於・村上虹郎コメント到着!


映画情報どっとこむ ralph 国境や時代を超えグローバルな読者を獲得し、世界に名作・話題作を発信し続ける作家、村上春樹。名実ともに日本を、そして世界を代表する作家である彼の珠玉の短編作品「ハナレイ・ベイ」がついに映画化! 2018年10月19日(金)に全国公開することが決定しました。

2005年に発表され単行本、文庫あわせ累計70万部を超えるベストセラーとなっている『東京奇譚集』(新潮文庫刊)の一篇である本作は、サーフィンに明け暮れる思春期の息子と、シングルマザーで彼を育ててきた母親サチの姿を描いた感動の物語。

ハワイのハナレイ・ベイで一人息子をサーフィン中の事故で亡くした主人公サチは、10年間、毎年息子の命日の頃にハナレイ・ベイを訪れ、ビーチの近くの大きな木の下で海を見つめ過ごしている。そんな時出会った若い日本人サーファーから“片脚の日本人サーファー”の存在を聞いた彼女は、自らの人生を変える一歩を踏み出すことを決意する…。これは、<人生で一番大切な人>に会いたくなる、希望を描いた物語。

映画情報どっとこむ ralph 主演は近年多くの映画・ドラマに出演し、主演から脇役まで目覚ましい活躍を見せる女優・吉田羊。本作では息子を失った母親サチを、圧巻の存在感で見事に体現している。

吉田さんコメント:
読書が苦手だった私が、初めて一気に読んだ本が「ノルウェイの森」でした。頁を手繰る手ももどかしかったあのムラカミハルキの作品世界にしかも映画で自分が生きられる、これ以上の幸せはありません。予てよりご一緒したいと切望していた松永監督の現場は、厳しさと真剣さと愛で溢れていて、文字通り、監督と一緒に闘い作り上げた主人公サチは、もはや本の中の登場人物にとどまらず、ありありとした痛みを伴い実在する非常に生々しいヒロインになりました。恐らく、私がこれまで演じてきたどの役にもない生命力をサチは持っています。静謐ながら雄弁なカウアイ島の自然の中で「喪失」と向き合い、もがき苦しみながらも声をあげることすらままならない彼女の深い悲しみの先の、ふっと小さく生まれる救いのような希望のような何かを、日本そして世界中の皆様と共有したいと願っています。村上春樹さん、松永大司監督、この映画に関わった全ての皆様に感謝をこめて。


サチの息子・タカシを演じるのは佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE))。『虹色デイズ』など演技面でも注目を浴びる彼が、本作でも役者として鮮烈な印象を残している。

佐野さんコメント:
世の中に沢山の名作を発信し続けてきた村上春樹さんの物語の映画化ということで、その作品に携わることが出来てとても光栄です。村上春樹さんの作品は人の心と記憶に残る作品で、このハナレイ・ベイの”希望の物語”というところを沢山の方々に伝えられるよう、意識して作品に入らせていただきました。家族、友人、恋人どの世代においても、生きている上で人それぞれ一番大切な人に会いたくなるような、その人への思いがより深くなるような、そんな物語です。人と人の心の話、そしてハナレイ・ベイの大自然が織りなす風景の美しさを、是非劇場でご覧下さい。


サチがハナレイ・ベイで出会う日本人サーファー・高橋には村上虹郎さん。

村上さんコメント:
ハナレイ・ベイでなら鮫に喰われてもいいんじゃないかと思うほど、カウアイ島の自然は美しくて神聖でしたが、絶対ダメです鮫は怖いです。高橋はなかなか掴み所のないモテたくてサーフィンをやっているような大学生ですが、時に熱い男で、相棒の三宅を演じた佐藤魁はほんとにワンダフルナイスガイなので面白いコンビになっていると思います。

映画情報どっとこむ ralph 不思議な魅力を漂わせる青年を自然体かつ抜群の感性で表現する。監督は『トイレのピエタ』が多くの批評家から絶賛された日本映画界の新鋭・松永大司。

松永監督コメント:
美しく、そして時に僕らの命を奪う自然。 「死」はこの自然の循環の一部であるという原作のテーマに強く惹かれた。 そして吉田羊、佐野玲於、村上虹郎をはじめとする俳優たちが、この圧倒的な ハワイの自然と真っ正面から対峙してくれたことで、普遍的で力強い作品にな った。 スクリーンに映し出される自然、そして人間を早く劇場で観てもらいたい。

ハワイ・カウアイ島の神秘的なほどに美しい湾 ハナレイ・ベイを舞台に、一筋の希望を探し求める女性の10年を描いた珠玉の感動作が今、紡がれます。


映画情報どっとこむ ralph 映画『ハナレイ・ベイ

10月19日 (金) 全国ロードショー

それは突然の知らせだった。ピアノバーのオーナーでシングルマザーのサチは、息子タカシが、ハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知る。

サーフィン中の事故で、大きな鮫に襲われて死んだという。サチはハナレイ・ベイに向かい、もの言わぬ息子と対面を果たした。息子の遺骨と共に日本へ帰ろうとした矢先、彼女はふと足をとめ、息子が命をおとしたハナレイ・ベイへと向かう。サチはチェアを持って海岸に行き、本を読んで時間を過ごした。時折、じっと海を見つめながら。毎年、この「行為」は続いた。タカシの命日の時期にハナレイ・ベイを訪れ、数週間過ごすのだ。同じ場所にチェアを置き、10年間。

だが、彼女は決して海には近づかない。ある時、偶然出会った、2人の若い日本人サーファー。まだ世間知らずな彼らに息子の姿をダブらせるサチ。そんな時、2人から〝ある話〟を耳にする。「赤いサーフボードを持った〝右脚のない日本人サーファー〟がいる」と…

これは、〈人生で一番大切な人〉に会いたくなる、希望の物語。

***********************************

原作:「ハナレイ・ベイ」(新潮文庫刊『東京奇譚集』)村上春樹著
脚本・監督・編集:松永大司
音楽:半野喜弘
出演:吉田羊、佐野玲於、村上虹郎、佐藤魁、栗原類 
配給:HIGH BROW CINEMA
©2018 『ハナレイ・ベイ』製作委員会


武田玲奈、増田有華、高見こころ、飯田祐真ら登壇!『TOKYO CITY GIRL 2016』完成!


映画情報どっとこむ TJ 東京に生きる少女たちを主人公に、それぞれが抱える悩みや想いを描く短編

【 あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。 】
【 LOCAL→TOKYO 】
【 ひらり、いま。 】
【 幸せのつじつま 】

の4作品のオムニバス映画『TOKYO CITY GIRL 2016』が、12月3日(土)より公開となります。その完成披露舞台挨拶がTOHOシネマズ渋谷にて行われました。
tokyo_city_girl
『TOKYO CITY GIRL 2016』完成披露舞台挨拶
日程:11月19日(月)
登壇:高見こころ、飯田祐真、武田玲奈、増田有華、いとうあさこ、栗原類、入来茉里、金城茉奈、あやまん監督、芋生悠
場所: TOHOシネマズ渋谷

映画情報どっとこむ TJ 【 あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。 】
「私を励ます声。力強い背中。だけど、顔は見えない―」毎日のように、顔の見えない“あなた”の夢を見る麻紀。そんな日々の中、麻紀は夢の“あなた”の声に出会い、真実を知ることになる。「何?こんなの、知らない…知らない!」

監督:佐藤リョウ 出演:高見こころ / 石黒英雄 / 入来茉里 / 戸塚純貴 / モロ師岡
AZU:主題歌、挿入歌「again」

「あなたの声をまだ知らない」チームから高見こころさんと入来茉里さんが登壇!
1001 生命会社のオペレーターOL役。

高見さん:私は、この映画の撮影の前にCMで同じ役をやらせていただいているので。実際そこに生きている人を演じるのは大変でした。
%e9%ab%98%e8%a6%8b%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%8d 入來さん:電話を取っている人達はもっと力を入れずに言うんだろうなと思いつつ。すらすらいえるように頑張りました。天真爛漫な役だったので、ぎりぎりを狙いました。
%e5%85%a5%e6%9d%a5%e8%8c%89%e9%87%8c01

【 LOCAL→TOKYO 】
過去を振り返ると確かに自分を支え成長させる人と出来事があった。今、私は。東京という街で生きている。高校時代の憧れや夢をバイトを通して、出会いと別れを知り。大人になった少女の物語。
監督:志真健太郎 出演:武田玲奈 / 森永悠希 / 天野ひろゆき / 芋生悠
ねごと:主題歌、挿入歌「holy night」近日発売

「LOCAL→TOKYO 」チームからは武田玲奈 さんと芋生悠さんが登壇!
実際2人はアルバイト経験を問われ・・・・

武田さん:地元で接客業をしていました。今回の役とちょっとかぶりますね。
%e6%ad%a6%e7%94%b0%e7%8e%b2%e5%a5%88 芋生さん:今年の3月までポテサラダとか総菜を作ってました!大人の方々の中で社会のことを知る。
%e8%8a%8b%e7%94%9f%e6%82%a0 武田さん:社会勉強になりました!
2002
映画情報どっとこむ TJ 【 ひらり、いま。 】
リナが高校に入学した頃、母が亡くなった。それ以来、父・昭一はリナに対して過保護だ。東京で就職が決まった際も、昭一が部屋探しにも口を出すほどの心配性。子離れできない親と、親離れしきれない娘との、ちょっぴりあたたかい物語
監督:澤口明宏 出演:増田有華 / 酒井敏也 / 中村有沙
Ms/OOJA:主題歌、挿入歌「あなたに会えなくなる日まで」

「 ひらり、いま。」チームからは増田有華さんのみの参加!

一人で寂しいとつぶやく増田さんに一人暮らしの経験を問われ
%e5%a2%97%e7%94%b0%e6%9c%89%e8%8f%af 増田さん:14歳で大阪から東京へ出てきて、おじいちゃんが来てくれて。16歳からは一人暮らしでした。AKBの拠点の台東区を転々と引っ越ししていましたね。早くから独立したからか干渉されるのが嫌いなので、共感できました。

と、AKB時代の思い出と役への想いを語りました。


【 幸せのつじつま 】
看護師のマイ、紀子、サヤ、このみはモテない4人組。4人の好物はモテる女を口汚く罵る事。大親友である。しかし恐ろしい事実が一つ…。実はマイには…フィアンセがいる…マイは、合わない辻褄を合わす事が出来るのか!?
監督:山田能龍 出演:飯田祐真 / いとうあさこ / あやまん監督 / 植松愛 / 栗原類 / 宮城大樹 / 金城茉奈
fumika:主題歌 You’re my Hero挿入歌 ハミングソング

そして「幸せのつじつまからは」飯田祐真さん、いとうあさこさん、栗原類さん、入来茉里さん、金城茉奈さん、あやまん監督が登壇!最大派閥!

結婚がテーマの本作。皆さんにとって結婚とは?
%e9%a3%af%e7%94%b0 飯田さん:二十歳で結婚する役はびっくりで新鮮でした。あんな男性いないですよね。新鮮でした。いずれできたらいいな。
4002 いとうさん:そんなこと言ってると・・・私は。願望から・・誰でも・・・から、そうでもいいへ。あきらめたのではなく無です。

と、ネガティブ。

栗原さんとあやまん監督は、前向き。
4001 金城さん:まだ二十歳なので、ピンとはきませんが、MyNAVI WEDINGの2代目なので結婚という言葉は大切で素敵な家庭を持ちたいです。
%e9%87%91%e5%9f%8e
映画情報どっとこむ TJ ここで、幸せのつじつまの主題歌のfumikaさんから花束の贈呈!
%e8%8a%b1%e6%9d%9f2
最後に

高見さん:ほっとしています。ロードショーは12月3日。SNSで良くも悪くも書いていただけたらと思います。
%e9%ab%98%e8%a6%8b%e3%81%93%e3%81%93%e3%82%8d2 武田さん:見ていただいてありがとうござます。
%e6%ad%a6%e7%94%b0%e7%8e%b2%e5%a5%882 増田さん:GIRLってついてますが、男性、女性、色々な年代の方々に観ていただきたいと思います。#TOKYOCITYGIRL2016で投稿を!
%e5%a2%97%e7%94%b0%e6%9c%89%e8%8f%af2 飯田さん:全員で全力で頑張った作品です。12月3日公開です!是非見てください!
%e9%a3%af%e7%94%b0%e7%a5%90%e7%9c%9f2
***********************************



白石隼也×鈴木亮平で再び!『彼岸島 デラックス』


映画情報どっとこむ TJ この秋、最恐の絶体絶命体験!ハァハァ必至のアクション・ホラーここに誕生!

彼岸島-デラックス
増殖し続ける「彼岸島」の人気
2002年、「ヤングマガジン」で一本の連載がスタートした。閉ざされた孤島を舞台に吸血鬼と人間の過激なバトルを描いた松本光司の「彼岸島」は、8年後の2010年に『火山高』(01)『オオカミの誘惑』(04)などで知られる韓国人のキム・テギュンを監督にむかえて映画化された。さらに2013年には白石隼也と鈴木亮平のW主演で三池崇史監督が総監修をつとめたドラマ版が放送。そして2016年、ふたたび白石&鈴木が宮本兄弟を演じた映画が、テレビドラマの新シリーズ「彼岸島〜love is over〜」とともに『彼岸島 デラックス』として帰ってきます!


映画情報どっとこむ TJ 彼岸島-デラックスsub8日本のどこかにある絶海の孤島、彼岸島。そこではウィルスに感染した人間たちが吸血鬼と化し、人をさらってはその生き血を吸って横暴の限りを尽くしていた。この彼岸島で行方不明になった兄のあつし篤(鈴木亮平)を探しに来たあきら明(白石隼也)は、吸血鬼の勢力を倒すワクチンの存在を聞きつけて、果敢に敵の中に乗り込んでいく。しかし、探し求めていた兄の篤は吸血鬼に感染され、彼岸島を支配するマスターヴァンパイア、みやび雅(栗原類)の手下となっていた・・・。


原作をこよなく愛する者たちによって実写映画化!「姫」「百目」「太郎」といった実写化が困難な巨大モンスター群を世界レベルのCGで出現させ、主演の白石隼也と鈴木亮平がド迫力のアクションを魅せる!
彼岸島-デラックス2
彼岸島 デラックス

10月15日(土)全国“ハアハア”ROADSHOW!!

***********************************

出演:白石隼也 鈴木亮平

桜井美南 遠藤翔弥 森岡龍 栗原類

佐藤めぐみ 水崎綾女 藤重政孝 上間凛子 高野人母美 柳ゆり菜/石橋蓮司

原作:松本光司『彼岸島』(講談社「ヤングマガジン」連載)

監督:渡辺武
脚本:佐藤佐吉/伊藤秀裕
音楽:遠藤浩二
VFXスーパーバイザー・アートディレクター:谷口充大
特殊メイク・特殊造形:江川悦子
製作:2016「彼岸島」製作委員会
(講談社 /サンセイアールアンドディ/テトラ/MBS/キングレコード/松竹メディア事業部)

制作:エクセレントフィルムズ
特別協力:サンセイアールアンドディ
配給:松竹メディア事業部