「柳田小百合」タグアーカイブ

阪神・淡路大震災から20年目の今「劇場版 神戸在住」初日舞台挨拶


阪神・淡路大震災。
あの日から20年をむかえる1月17日、

劇場版 神戸在住

初日舞台挨拶を 神戸と大阪で実施されました。

舞台には、白羽弥仁監督、主演の藤本泉をはじめ、浦浜アリサ、松永渚、柳田小百合の四人の仲良しクラスメイトが久々に勢ぞろいし、それぞれこの日に想いを馳せる、感慨深い舞台挨拶となりました。

「劇場版 神戸在住初日舞台挨拶

「劇場版 神戸在住」初日舞台挨拶
日 時:1月17日(土) 
場 所:シネ・リーブル神戸、テアトル梅田
登壇者:藤本泉、浦浜アリサ、松永渚、柳田小百合、白羽弥仁監督

藤本泉さんのコメント(主人公:辰木桂 役)

埼玉生まれ埼玉育ちで、20年前の当時はまだ3歳だったので記憶はないに等しいのですが、両親が震災前の神戸に11年間住んでいて、親戚も被災しましたので、何か神戸の街に縁を感じます。1月17日というこの日に、「神戸在住」の舞台挨拶で、この場に立っていられることに感謝の気持ちでいっぱいです。役者の仕事をしている私に出来ることは、こういった作品に出させていただいて、皆さんに何かを伝えていくことなんだなと、つくづく感じました。そういった意味でも特別な作品になりました。
震災を描いていても、当時の映像は少ししか出ていない作品です。過去があっての神戸ですが、未来の神戸に明るい希望をもてる、観終わった後にやさしく明るい気持ちにさせてくれる作品ですので、そこを感じで、背中を押してくれるような、そんな気持ちで劇場をあとにしていただければ幸いです。

浦浜アリサさんのコメント(泉海洋子 役)

いま24歳で、兵庫県川西市出身です。当時は4歳だったのですが、川西は神戸の街から少し離れているので、うちの周りは建物が倒壊したりということはなかったのですが、同じ揺れは経験しました。母と同じ部屋で寝ていたのですが、地震が起きたとき、母がベッドに飛び込んで私をかばってくれた事、本棚が倒れてきたことは鮮明に覚えています。
その後、神戸の街は復興した状態しか見ていなかったんですが、撮影期間中、ホテルの窓から神戸の街をみて、20年前にいちど何もなくなった土地だと思うと、責任感が日に日に増してくる感じがしました。

柳田小百合さんのコメント(金武場和歌子 役)

私は生まれも育ちも神戸で、今も神戸に住んでいます。4歳の時に被災したのですが、すごく幼かったので記憶自体はあまり残っていないんです。ただ、小学校にあがった時に毎年歌う曲があって、「しあわせがはこべるように」という、神戸市の子供たちが震災復興のためにうたっている曲なんですけども、毎年それを校庭に集まって歌うことで、震災の被害が早く復興してくれればいいなということを毎年経験していたので、今でもとても大切な曲です。
今回この話を頂いた時、いち役者として、いち神戸市民として、すごく嬉しく思ったのをすごく覚えています。

松永渚さんのコメント(鈴木タカ美 役)

今朝、柳田さんと一緒に東遊園地の追悼式に行って、被害に遭われた方のご冥福をお祈りしてきました。行ったのは初めてだったのですが、20年という事もあってたくさんの人か来られていました。自分自身被災はしているんですが、4歳だったのでその時の記憶はあまりないんですね。でも改めてそれを肌身で実感する機会になりました。実際行って見ると空気が前向きで明るいんですね。この作品で皆さんのその想いを繋いでいきたいと思いました。

白羽弥仁監督のコメント

私自身は神戸市灘区で被災しましたので、そのあと街が瓦礫化し、燃え尽くされ、またそこに新しい建物が建つということをつぶさに見てきたつもりなんです。ですからそのことのいろんな想いがあるんですけれども、やはり、自分が暮らした震災前の、クラシックなモダンな空気観をもった神戸の街が脳裏に焼き付いていてますので、その事と今日の今の姿というのをどう重ね合わせるか、という事にいちばん苦心しました。できるだけ新しい建物よりは、昔の雰囲気を残した建物や、空を意識して撮影しました。

私自身もそうなのですが、つらい思いをした人ほど、口に出して語らないんですね。言葉になっていない部分を、映像を見て感じていただければという思いを込めて作品をつくりました。

阪神・淡路大震災から20年目の今

劇場版 神戸在住

1月17日(土)よりテアトル梅田、シネ・リーブル神戸、立誠シネマ。
ヒューマントラストシネマ渋谷他全国順次ロードショー!

公式サイト:www.is-field.com/kobe-zaiju/

********************************************************************

あの日から2日後、わたしは生まれた・・・
阪神・淡路大震災から20年。震災を知らない女子大生たちが織りなす、神戸へのオマージュ。
劇場版神戸在住_ポスター
神戸の大学に通う東京出身の辰木桂。ナイーブかつ関西気質の違和感も手伝ってなかなか心を開くことができない彼女はある日、車椅子のイラストレーターの日和洋次(ひなたようじ)と出会うことで心境に変化が生じる。しかし、桂は日和(ひなた)が命の砂時計を刻んでいることを知ってしまい…。

サンテレビジョンが2014年度に開局45周年を迎え、その記念事業として、また2015年1月17日が阪神・淡路大震災から20年目を迎えるにあたり制作した『神戸在住』。テレビ放送版となる『神戸在住』は1月17日夜20:00に同局でオンエア。『劇場版 神戸在住』が同じく1月17日に劇場公開。劇場公開と地上波が同日に展開されるという日本のメディア史上初の試みとなります。再生のメッセージも込め、“震災の記憶”と“いまを生きる”というメッセージを現代から未来へと神戸から全国に伝えます。
監督:白羽弥仁 脚本:安田真奈 原作:木村紺『神戸在住』(講談社刊)
キャスト:藤本泉、菅原永二、浦浜アリサ、松永渚、柳田小百合、松尾貴史、田中美里(友情出演)、仁科貴、愛華みれ、竹下景子
2014年/日本/カラー/ステレオ/ビスタ・サイズ/96分
配給:アイエス・フィールド 
©2014 木村紺/講談社・サンテレビジョン
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『神戸在住』シーン画像到着!震災を知らない女子大生が織りなす物語


あの日から2日後、わたしは生まれた…

阪神・淡路大震災から20年…。
震災を知らない女子大生たちが織りなす、
神戸へのオマージュ。

『神戸在住』

今回シーン画像が到着しました!

『劇場版-神戸在住』

本作は、兵庫県・大阪府を放送対象地域とするサンテレビジョン開局45周年を迎え、また2015年1月17日が阪神・淡路大震災から20年目を迎えるにあたることで、同局が制作し、テレビ放送版が2015年1月17日(土)20時00分より単発の特別ドラマとして放送され、同日、劇場公開が展開されるます。これ日本のメディア史上初の試みです。

物語は・・・

父親の転勤を機に東京から神戸へやって来た19歳。
神戸の大学に通う東京出身の辰木桂。

いわゆる“関西のり”にいまいちついて行けず
ナイーブな彼女はなかなか心を開くことができない。
『劇場版-神戸在住』サブ②

ある日、車椅子のイラストレーター、ひなた日和ようじ洋次と出会うことで心境に変化が生じる。しかし、桂は日和(ひなた)が命の砂時計を刻んでいることを知ってしまい…。
『劇場版-神戸在住』サブ①

原作は日本漫画家協会賞新人賞を受賞した木村紺の同名コミック。
劇場版神戸在住_ポスター
ヒロインの桂を演じるのは『小川町セレナーデ』、『アオハライド』と出演作が立て続けに公開される注目株女優の藤本泉。浦浜アリサ、松永渚、柳田小百合といった関西中心に活躍中にフレッシュな面々に加え、菅原永二、愛華みれ、竹下景子など実力派が脇を固めます。

監督は『She’s Rain』の白羽弥仁。
再生のメッセージも込め、“震災の記憶”と“いまを生きる”というメッセージを現代から未来へと神戸から全国に伝えます。

『神戸在住』

2015年1月17日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

公式サイト http:// www.is-field.com/kobe-zaiju/

********************************************************************

監督 : 白羽弥仁
脚本 : 安田真奈
原作 : 木村紺『神戸在住』(講談社刊)
キャスト : 藤本泉 菅原永二 浦浜アリサ 松永渚 柳田小百合 松尾貴史 田中美里(友情出演) 仁科貴 愛華みれ 竹下景子

製作 : サンテレビジョン
後援 : 兵庫県、神戸市、神戸市教育委員会、神戸新聞社
特別協賛 : 学校法人 神戸山手学園
協賛 : ミント神戸、神戸ポートピアホテル、㈱東芝、㈱神戸製鋼所、㈱三井住友銀行、㈱池田泉州銀行
配給:アイエス・フィールド

2014年/日本/カラー/ステレオ//ビスタ/サイズ/97分/G
配給:アイエス・フィールド
© 2014木村紺・講談社/サンテレビジョン
チラシ裏KOBE_fly_Back_tokyo




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

藤本泉主演 神戸。いまを生きる『劇場版 神戸在住』予告編完成!


美しい神戸の風景… 海風のような心地よさ。
でも震災を街の記憶としてどこかに感じつつ、いまを生きる彼女たちを描く

『劇場版 神戸在住』

の予告編が完成しました!

映画版神戸在住ポスター物語は・・・

神戸の大学に通う東京出身の辰木桂。ナイーブかつ関西気質の違和感も手伝ってなかなか心を開くことができない彼女。

ある日、車椅子の青年、洋次と出会うことで心境に変化が生じる。しかし、桂は洋次が命の砂時計を刻んでいることを知ってしまい…。

阪神・淡路大震災から20年目の2015年1月17日劇場公開と地上波が同日に展開という試みです。

主人公の辰木桂の視線から捉えるテレビ放送版、桂と友人たち3人を加えた4人の視線で神戸を捉える本作『劇場版 神戸在住』。

再生のメッセージも込め、“震災の記憶”と“いまを生きる”というメッセージを現代から未来へと神戸から全国に伝えます。

『劇場版 神戸在住』

2015年1月17日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー

公式サイト:http://www.is-field.com/kobe-zaiju/

********************************************************************

監督:白羽弥仁  
脚本:安田真奈  
原作:木村紺『神戸在住』(講談社刊)
キャスト:藤本泉、原永二、浦浜アリサ、松永渚、柳田小百合、松尾貴史、田中美里(友情出演)、仁科貴、愛華みれ、竹下景子
製作 : サンテレビジョン  
後援 : 兵庫県、神戸市、神戸市教育委員会、神戸新聞社
特別協賛 : 学校法人 神戸山手学園 
協賛 : ミント神戸、神戸ポートピアホテル、㈱東芝、㈱神戸製鋼所、㈱三井住友銀行、㈱池田泉州銀行
配給:アイエス・フィールド

2014年/日本/カラー/ステレオ//ビスタ/サイズ/97分/G  
配給:アイエス・フィールド  
© 2014木村紺・講談社/サンテレビジョン
 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

日本初の試み『神戸在住』地上波・劇場同日展開!


兵庫県・大阪府を放送対象地域とするサンテレビジョン開局45周年を迎え、また2015年1月17日が阪神・淡路大震災から20年目を迎えるにあたることで、同局が制作したのが
映画版神戸在住ポスター

『神戸在住』

ヒロインの辰木桂の目線でストーリーが進むテレビ放送版が2015年1月17日(土)20時00分より単発の特別ドラマとして放送されます。

そして、同日に神戸、東京、大阪の劇場で桂に加え友人3人の目線でストーリーが進む劇場版が公開されます。

日本でもCS放送や配信と劇場公開が同日展開された例はありますが、地上波放送と劇場公開が同日に展開されるのは日本のメディア史上初の試みとなります。

原作は日本漫画家協会賞新人賞を受賞した木村紺の同名コミック。

ヒロインの桂を演じるのは『小川町セレナーデ』、『アオハライド』と出演作が立て続けに公開される注目株№1女優の藤本泉。

浦浜アリサ、松永渚、柳田小百合といった関西中心に活躍中にフレッシュな面々に加え、菅原永二、愛華みれ、竹下景子など実力派が脇を固めます。

監督は『She’s Rain』の白羽弥仁。再生のメッセージも込め、“震災の記憶”と“いまを生きる”というメッセージを現代から未来へと神戸から全国に伝えます。

『神戸在住』

2015年1月17日(土)TV・映画 共に公開です!

********************************************************************

脚本:安田真奈
制作プロダクション:アイエス・フィールド
監督:白羽弥仁
キャスト:藤本泉/菅原永二/浦浜アリサ/松永渚/柳田小百合/松尾貴史/田中美里(友情出演)/仁科貴/愛華みれ/竹下景子
スタッフ製作:サンテレビジョン/原作:木村紺「神戸在住」(講談社刊)/後援:兵庫県、神戸市、
神戸市教育委員会、神戸新聞社/特別協賛:学校法人神戸山手学園/協賛:ミント神戸、神戸ポートピアホテル、㈱東芝、㈱神戸製鋼所、㈱三井住友銀行、㈱池田泉州銀行/製作総指揮:朝日義治/製作:門前喜康、石田好一、中村仁/企画プロデュース:大西昭彦/プロデューサー:嶋田豪、高瀬博行/イラストデザイン:タナベサオリ
制作・著作:サンテレビジョン劇場
配給:アイエス・フィールド




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ