「柳楽優弥」タグアーカイブ

兼重淳監督登壇!『泣くな赤鬼』高崎映画祭特別先行上映&舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 6月14日(金)全国劇場公開の映画『泣くな赤鬼』。

3月23日(土)~4月7日(日)の16日間、高崎市内の会場5カ所において、「第33回高崎映画祭」が開催されており、昨年国内外で上映された映画より、選りすぐりの作品が上映されている中、この映画祭の初日23日(土)に映画『泣くな赤鬼』の特別先行上映が開催され、上映後には兼重淳監督が登壇し、舞台挨拶が行われました。

映画『泣くな赤鬼』高崎映画祭特別先行上映&舞台挨拶
日程:3月23日(土)
場所:高崎電気館
登壇:兼重淳監督

映画情報どっとこむ ralph 本映画祭で初めてお披露目となった本作。
上映終了とともに鑑賞したお客さんからは割れんばかりの温かい拍手が送られました。

そんな、お客さんに

兼重監督:客席でお客さんと一緒に観ていたんですけど、今日は寒いですよね?そんな寒い中お越しいただき誠にありがとうございます。

お客様に観ていただいての感想

兼重監督:光栄に思います。私は群馬生まれですし、この高崎映画祭で、公開前に群馬の皆さんに見て頂けて嬉しく思っています。ありがとうございました。


撮影時を振り返って

兼重監督:群馬での撮影については、私の学生時代より、今の群馬県は高校野球のレベルが非常に高くなっていて、高校野球ものを撮るにはリアリティがあって非常にいいなと思っていました。
高校野球群馬大会決勝戦のシーンは、高崎城南球場で撮影させてもらいました。多数のエキストラの皆さんにもご協力頂き、良いシーンになりました。有難うございました!

監督は野球をされていましたか?

兼重監督:全く何もしてないです(笑)でも今回は、野球チームを作るところから始めました。
現役時代に、東海大相模の投手や彦根東の選手だった俳優さんを始め、元高校球児でチームを作ってもらいました。


撮影前に何か監督の中で準備されていたものはありますか?

兼重監督:高校野球予選大会をとにかくチェックしたり、高校野球の番組を見て、何に感動するのかの研究もしました。

撮影中大変だったことは?

兼重監督:天気が一番大変でした。ご存知の通り、去年は台風がすごくて撮影期間中3つも来たんですよ。天候にあわせて、雨のシーンに変えることもありました。あとは、気温がとても高かくて、天気予報を見ないように現場へ行って、帰ると群馬県前橋市は最高気温が39度とニュースで知りました。熱中症に気を付けなくてはいけないので、充分な水分を用意し、俳優の皆さん、スタッフの皆さん、そしてエキストラさん含め、体調管理には気を付けていました。

客席からの「ゴルゴの最後のサインの意味を教えてください」という質問に対して

兼重監督:「あれはバント、犠牲打です。自分がアウトになっても仲間をひとつ進塁させるー、ゴルゴが赤鬼先生に、“死んでいく俺の夢を先生が叶えてくれよ”という想いを込めてあのバントのサインをするんです。」

最後に・・・

兼重監督:お世辞抜きでこの舞台に立つのが夢でした。公開3ヶ月前に一般のお客様では初めて観ていただいた形になるので、できればSNSで宣伝してもらえると嬉しいです!本日はありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph 映画『泣くな赤鬼
6月14日(金) 全国公開


物語・・・
城南工業野球部監督・小渕隆(堤 真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた。その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、夢叶わぬまま、10年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称:ゴルゴ>(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築く立派な大人に成長していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。あの時なぜもっと言葉をかけてやらなかったのか、厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。「俺は、わかったつもりで全然わかってなかった―。」命の期限が刻々と迫るゴルゴの願い、それは「俺、また野球やりたいな。」 赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。

***********************************

堤 真一 / 柳楽優弥
川栄李奈  竜星 涼  キムラ緑子  麻生祐未
原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳  脚本:上平 満 兼重 淳
主題歌: 竹原ピストル「おーい!おーい!!」(ビクターエンタテインメント)
配給:KADOKAWA  制作プロダクション:松竹撮影所 ©2019「泣くな赤鬼」製作委員会


第91回選抜高等学校野球大会 開催日に「泣くな赤鬼」スペシャルカット付き特報解禁


映画情報どっとこむ ralph 『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松 清。教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」待望の映画化!6月14日(金)全国劇場公開となります。

「第91回選抜高等学校野球大会」開催日での本作特別映像を解禁! 

主題歌楽曲を使用した、感動たっぷりの特報映像が先日解禁され、この度、「第91回選抜高等学校野球大会」開催日の3月23日(土)にスペシャルカット付き特報映像が解禁となります!今回の特報映像では、冒頭に堤真一演じる“赤鬼先生”こと小渕隆が、部員たちの前で「俺は絶対に甲子園に行く。いくぞ!」と、気合を入れるシーンが追加されました!部員たちも全員が声を張り上げ、このシーンから非常に高い熱量を感じ取ることができます。


本当の試合さながらの1シーン! 

「第91回選抜高等学校野球大会」の開催にちなんで、本作から試合中の1シーンが解禁!堤真一演じる“赤鬼先生”こと小渕隆がベンチから選手にサインを出しているシーンとなっております。「第91回選抜高等学校野球大会」でもこちらの1シーンのような光景を観ることができるのではないでしょうか?

映画情報どっとこむ ralph 主人公“赤鬼先生”こと小渕隆を演じるのは、『とんび』に続く重松 清作品となる堤 真一。教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星 涼ら豪華キャストが集結。監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重 淳。

「泣くな赤鬼」

6月14日(金)全国公開

物語・・・ 
城南工業野球部監督・小渕隆(堤 真一)。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導で“赤鬼先生”と呼ばれていた。その厳しさで、甲子園出場一歩手前までいきながらも、夢叶わぬまま、10年の月日が流れた。今では、野球への情熱は随分と衰え、身体のあちこちにガタもきている50代の疲れた中年になっていた。ある日、診察を受けた病院でかつての教え子、斎藤智之<愛称:ゴルゴ>(柳楽優弥)と偶然再会する。ゴルゴは非凡な野球センスがありながら、堪え性のない性格ゆえに努力もせず、途中で挫折し、高校を中退した生徒である。今では、20代半ばを越え、妻・雪乃(川栄李奈)と息子・集と幸せな家庭を築く立派な大人に成長していた。そのゴルゴが末期がんで余命半年であることを知らされる。あの時なぜもっと言葉をかけてやらなかったのか、厳しさでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。「俺は、わかったつもりで全然わかってなかった―。」命の期限が刻々と迫るゴルゴの願い、それは「俺、また野球やりたいな。」 赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。

***********************************

堤 真一 / 柳楽優弥
川栄李奈  竜星 涼  キムラ緑子  麻生祐未
原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳
脚本:上平 満 兼重 淳
主題歌: 竹原ピストル「おーい!おーい!!」(ビクターエンタテインメント)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:松竹撮影所 
©2019「泣くな赤鬼」製作委員会


『映画ドラえもん のび太の月面探査記』ムーンビジュアル到着!


映画情報どっとこむ ralph 1980年(昭和55年)に始まった『映画ドラえもん』シリーズは、今年39作目を迎え、平成最後の『映画ドラえもん』としてまさに時代をまたごうとしています。昨年の『映画ドラえもん のび太の宝島』はシリーズ最高の大ヒットを記録し、春休み一番のファミリー映画として金字塔を打ち建てています。今年は直木賞作家・辻村深月を脚本に迎え、王道かつ良質な魅力でお届けする『映画ドラえもん のび太の月面探査記』は3月1日(金)に公開となります!

ゲスト声優には、広瀬アリス、ロッチ・中岡創一、サバンナ・高橋茂雄、柳楽優弥、吉田鋼太郎と豪華キャストが集結しました。大のドラえもんファンを公言する辻村深月が冒険の地として選んだのは、神秘的でロマン溢れる“月”。今年の映画ドラえもんは、ドラえもん史上最大のSF冒険ファンタジーです。

映画情報どっとこむ ralph 公開まであと4日となった本日、映画の中の印象的な場面が描かれた「ムーンビジュアル」が新たに公開となりました!!

アクリル絵具で描かれた柔らかくて温かみのあるタッチの端に、物語を抒情的に描いた本ビジュアルは、コピーの一文と相まって、ノスタルジーな魅力が溢れる、エモ過ぎる仕上がりに。このビジュアルのテーマは、辻村深月の脚本からインスパイアされ生まれた「大人になったすべての子どもたちへ」。今作の冒険の舞台“月”の下、のび太たちがそれぞれ強い覚悟を持ってある場所に向かうシーンからは、昔から『映画ドラえもん』で描かれ続けてきた「心細さを乗り越える強さ」「信じる気持ちが生む絆」「勇気を持つことの大切さ」が垣間見えます。
近年は子どもだけでなく大人も惹きこまれ、祖父母・親・孫の3世代で鑑賞するなど広がりを見せている『映画ドラえもん』。

3世代どの層にも刺さる本ビジュアルは、2/25(月)~3/4(月)の期間限定で新宿駅(メトロプロムナード)・六本木ヒルズ(メトロハット他)・二子玉川駅(東急田園都市線、大井町線構内)にて掲出されることが決定。期間中は「ムーンビジュアル」によって占拠され、今作の世界観で溢れかえること間違いなしです!

映画情報どっとこむ ralph 映画ドラえもん のび太の月面探査記

■辻村深月(脚本)コメント

今回の映画の中盤、のび太たちは、冒険の旅に出るための、その覚悟と勇気を試されるシーンがあります。大人なら誰でも、子ども時代に一度は、親にも黙って何かをそっと決意した日があるはずです。本当は不安だけど、心配をかけたくないから「大丈夫?」と聞かれても「うん」と答えたあの日や、友達との秘密を守ろうと決めた時の気持ち。誰かのために、自分のために、ひそかに強く、一歩大人になる決意をしたその夜のことを思い出しながら、皆さんにも映画の中のみんなを応援してもらえたら、とても嬉しいです。そんなのび太たちを見守るように見つめる月の存在にも、ぜひご注目くださいね。


物語・・・
月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。そこでドラえもんのひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>を使って月の裏側にウサギ王国を作ることになった。そんなある日、不思議な少年・ルカが転校してきて、のび太たちと

一緒にウサギ王国に行くことに。そこでのび太は偶然エスパルという不思議な力を持った子どもたちと出会う。すっかり仲良くなったドラえもんたちとエスパルの前に謎の宇宙船が現れる。エスパルはみんな捕えられ、ドラえもんたちを助けるためにルカも捕まってしまう!はたしてのび太たちはルカを助けることができるのか!?

***********************************

原作:藤子・F・不二雄
監督:八鍬新之介
脚本:辻村深月
主題歌:平井大「THE GIFT」
キャスト:ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一 ルカ:皆川純子
ルナ:広瀬アリス キャンサー:中岡創一(ロッチ) クラブ:高橋茂雄(サバンナ)
ゴダート:柳楽優弥 ディアボロ:吉田鋼太郎

© 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019
    


是枝裕和監督の愛弟子『夜明け』広瀬菜々子監督が登場!! 第15回活弁シネマ倶楽部


映画情報どっとこむ ralph 2月22日(金)に“映画を語る”番組「活弁シネマ倶楽部」第15回が放送されました。

ゲストには是枝裕和さん・西川美和さんが立ち上げた「分福」が送り出す、新進気鋭の広瀬菜々子(ひろせ・ななこ)監督が登場。
『そして父になる』、『海街diary』での監督助手を経て、満を持しての初監督作品『夜明け』は、柳楽優弥さん、小林薫さんといういきなりのビッグネームで鮮烈デビューを飾った。企画経緯や本作に込められた想いはもちろんのこと、“是枝監督の部屋ってすごい…”と師匠の知られざる一面をディスる?場面もあり、監督デビューでありながら、堂々たる作品を完成させた広瀬監督の本質に迫る内容になるとのこと。

映画評論家でMCを務める森直人さんも終始興奮気味にコメントしつつ、鋭い観察眼で本作を分析しています。

映画情報どっとこむ ralph 本番組は、毎回映画に携わるゲストを招き、制作の裏側や作り手のこだわりについてほぼノーカットでトークすることで、“映画を語る”楽しさを提供し、映画業界を新たな側面から盛り上げていくことをテーマにしている。

今回取り上げた『夜明け』は、地方の町で木工所を営む哲郎と、川で倒れていた見知らぬ少年の2人が徐々に親子のような絆を結んでいくが、過去のある事件をきっかけに2人の関係性が新たな展開を迎えていくヒューマンドラマ。数々の国際映画祭に引っ張りだこの話題作。


作品について、MC・森の的確な分析に広瀬監督が応える形でトークが展開され、作品の中で意識的に描いた部分とその真意や、意図せず生まれた表現の裏話などを、事細かに討論している。その中では、映画の核心にも触れており、広瀬監督が表現したかったことの1つとして、物語を通して人物の見え方が変わるという表現を挙げた。

広瀬監督:謎の危うい青年が普通の青年に、気の良いおっちゃんがだんだん怖いおじさんになったり。そういう見え方のクロスする部分をちょっと道具を使ったりとかでヒントを散りばめていった。
と広瀬監督が語ると、それについて森さんも、物語の核心に触れているとコメント。

森さん:情報がちょっとずつ入っていって、こっち(観る側)も世界像の見え方が変化していっている。同時にこっち(登場人物自体)も変化している。それが、二重に生き物が動いている感じがあって、すごく面白かった。難しいことやってんなと思った。

と笑い混じりに話す。


また、物語の展開について、

森さん:ミステリーの匂いがするが、ミステリー的になるのも避けている感じがしますか。

と問い掛けると、

広瀬監督:サスペンスの要素を加えたかったんですけど、自分がやりたいのはサスペンスじゃないなと思いました。

と編集の段階でサスペンスに見せる前提で構造を入れ替えたこともあったと明かした。しかし番組後半では映画の好みについて、

広瀬監督:ホラー嫌いなんですよ。

という掌返しでスタジオを笑わせた。

映画情報どっとこむ ralph 番組内では、作品だけでなく広瀬自身の話も深掘りされており、監督デビューまでの道のりはもちろん、今後のビジョンをはじめ、是枝裕和さんと西川美和さんが立ち上げた分福に入るまでの経緯や、是枝さんとのエピソードも語られた。

広瀬監督:是枝監督の部屋って割とすごいんですよ。

と、自身が分福に入る際の面接で提出した作品のDVDが割れていたと語り、数々の名作を生み出している“師匠の部屋”の乱れを暴露。他にも、是枝さん、西川さんの現場での振る舞いなど、教え子目線ならではの貴重なエピソードを惜しみなく披露しています。



映画情報どっとこむ ralph 「活弁シネマ倶楽部」は、
映画の制作陣がゲストに登場する貴重な番組であり、ネタバレの縛りもなく想いを吐き出せる場として制作側の支持が熱いそうだ。独自の目線で作品を選定し紹介しているため、まだまだ視聴者に知られていない作品やその内容について十分に語られていない作品にも出会えるチャンスかもしれない。WEB配信での特別番組だが、引き続き定期的に配信され、今後は生配信の可能性もあるとのことで、映画好きにとっては、必見の番組だ。

「活弁シネマ倶楽部」
公式ツイッター:
@katsuben_cinema

映画情報どっとこむ ralph 夜明け

公式HP:
yoake-movie.com


是枝裕和、西川美和監督の愛弟子・広瀬奈々子 鮮烈のデビュー!

その他人が、昨日を消してくれるはずだった。

地方の町で木工所を営む哲郎(小林薫)は、ある日川辺で倒れていた見知らぬ青年(柳楽優弥)を助ける。

「シンイチ」と名乗り、素性を語らない青年になぜか惹かれた哲郎は、彼を迎え入れ、職を与えて一緒に暮らし始める。この男は誰なのか?なぜこの町へ来たのか?何が目的なのか?周囲が疑いの目を向ける中、哲郎はシンイチをかばい、シンイチもまた哲郎を慕っていく。何かを埋め合うように、父と息子のような関係を築いていくふたり。

だがある夜の出来事をきっかけに、ふたりの人生は思わぬ方向へと走り出す。


***********************************

出演:柳楽優弥 
YOUNG DAIS 鈴木常吉 堀内敬子 芹川藍 高木美嘉 
清水葉月 竹井亮介 飯田芳 岩崎う大(かもめんたる)
小林薫
監督・脚本:広瀬奈々子 
製作:バンダイナムコアーツ、AOI Pro.、朝日新聞社 
配給:マジックアワー 
(C)2019「夜明け」製作委員会 
     


堤真一・柳楽優弥「泣くな赤鬼」追加キャストに竜星涼・キムラ緑子・ 麻生祐未


映画情報どっとこむ ralph 『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松 清先生。

教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」待望の映画化! 本作の公開日が6月14日(金)に決定しました。

赤鬼先生役 堤 真一、ゴルゴ役 柳楽優弥、ゴルゴの妻・雪乃役 川栄李奈 に続き豪華キャスト発表!

提 真一演じる主人公・赤鬼先生こと小渕隆の妻・小渕陽子役に、テレビ・映画で広く活躍する実力派女優・麻生祐未。時に厳しく、時に優しく、夫を支える妻を見事な安定感で演じる。柳楽優弥演じるゴルゴの母・斎藤智美に、その存在感と演技力で注目を集める演技派女優・キムラ緑子。余命半年の息子を支える母親という難しい役どころを熱演。そして、かつて城南工業でゴルゴと共に甲子園を目指した、和田圭吾役に、今最も注目を浴び、急成長を遂げる若手俳優・竜星 涼。かつてのライバル・ゴルゴとの再会と和解を、感動的に表現する。

映画情報どっとこむ ralph 三名さまからコメントが到着しています!

●麻生祐未さん
兼重監督との撮影は、とても楽しく、幸せな時間になるので、是非参加したいと思いました。先生と生徒の物語ですが、親、子供、友人、指導者など様々な立場から、どう人と繋がっていくのか、普遍的なテーマですので、大切に演じたいと思い、撮影に臨みました。主人公、そして夫役の堤さんは、全員を受け止めてくれるような頼もしい方で、キレよく、面白く、時々可愛い赤鬼でした。愛に溢れる映画です。様々な人と出会い向き合っていくのは、時に難しいこともありますが、必ず何か方法があるはず、と感じさせてくれます。もしかしたらあの時、あの人は?と、思い出してしまうかも。周りの人に優しく接したくなるような作品です。是非公開を楽しみにして頂きたいです。

●キムラ緑子さん 
初めてご一緒する監督でしたので緊張はありましたが、アイデアを自由に相談してくださったり、とても柔らかい気持ちで撮影に臨めました。監督のお人柄でとても良い雰囲気の現場でした。柳楽さん演じるゴルゴの母親役―お会いするのも初めてだったので、彼が息子なんだと、そのシチュエーションをイメージして、、、ただそれだけを大事に演じました。台詞を真っ直ぐにぶつけてくださり、とても繋がれたと感じています。公開をご期待ください。

●竜星 涼さん
まず脚本を読ませていただき、即この作品の一員になりたいと思いました。1番大事な青春時期、その時の思い出はどの時代より濃く残って大人になっていくのではないでしょうか。青春時代のやり残したこと、言いそびれた言葉、この作品を通して少しでも自分が表現できればと思いました。そして出来上がった映像を観て、改めてこの作品の持っている人間ドラマに感動し、この作品に参加できた事を誇りに思っています。公開を是非楽しみにしていてください。

映画情報どっとこむ ralph 映画『泣くな赤鬼』

6月14日(金) 全国公開

城南工業野球部監督・小渕隆。陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた。甲子園出場一歩手前までいきながらも夢叶わず、10年がたった今では野球への情熱は衰え、疲れた中年になっていた。ある日、かつての教え子・斎藤智之(ゴルゴ)と病院で再会する。野球の素質はあるものの、堪え性のない性格ゆえに挫折し、高校を中退した生徒だったが、結婚して家庭を築き、立派な大人に成長していた。そのゴルゴが、末期がんで余命半年であることを知らされる。あの時、かけてやれなかった言葉、厳しくすることでしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔―。赤鬼は、ゴルゴのために最後に何ができるのか。今だからわかり分かり合える教師と生徒の、深く胸に染みいる感動作。



***********************************

堤 真一 / 柳楽優弥
川栄李奈  竜星 涼  キムラ緑子  麻生祐未
原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳  脚本:上平 満 兼重 淳
配給:KADOKAWA  制作プロダクション:松竹撮影所 
©2019「泣くな赤鬼」製作委員会