「柳楽優弥」タグアーカイブ

「HOKUSAI」柳楽優弥 & 田中泯 が演じる W北斎 初披露!超ティザービジュアル&特別映像 全世界同時解禁


映画情報どっとこむ ralph 2020年春に新たに刷新される新パスポートや2024年度から使用される千円札のデザインに採用されるなど、今なお愛され続ける世界的アーティスト 葛飾北斎。19世紀にヨーロッパでジャポニズムブームを巻き起こし、ゴッホ、モネ、ドガなど数々のアーティストに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった、世界で最も有名な日本人です。米LIFE誌“この1000年で偉大な業績を残した100人”にも唯一の日本人として選ばれた北斎の知られざる生涯を初めて描く映画「HOKUSAI」が、<葛飾北斎生誕260周年>となる2020年初夏に全国ロードショーが決定、海外でも順次公開予定です。
柳楽優弥 & 田中泯 『HOKUSAI』葛飾北斎
このたび、柳楽優弥が演じる青年期の北斎が筆を構える姿を捉えた超ティザービジュアルが初お披露目!さらに、北斎の“ここがスゴイ!”を1分に凝縮&柳楽と田中泯が演じるW北斎の姿が初めて収録された特別映像を世界同時解禁!

今回、解禁された超ティザービジュアルでは葛飾北斎の代表作として知られ、海外では“THE GREAT WAVE”の呼称で愛される代表作「冨嶽三十六景」の一図、「神奈川沖浪裏」が描かれた襖と、その間から絵と重なる位置に覗く富士山を背景に筆を構える、質素な着流し姿で情熱に満ちた鋭いまなざしが印象的な、柳楽演じる青年期の北斎の姿を捉えています。さらには、売れない絵師として葛藤の中で筆をとり続けた日々を経て、晩年に大成した後も芸術家としての情熱を失うことなく孤独に自らの画才を磨き続けた、北斎の波乱万丈な画狂人生を象徴するかのように「その筆に宿る、狂気。」というコピーが添えられています。

映画情報どっとこむ ralph あわせて解禁された特別映像では、世界的アーティスト葛飾北斎のスゴさをポップなテイストでギュッと1分に凝縮!なんとこの映像は、英語、フランス語、中国語に翻訳され、世界同時に解禁致します。映像には、平均寿命が40歳と言われた時代に、70歳を超えてから人生のピークを迎え、享年90歳という長寿を全うしたことや、娯楽が庶民を堕落させるものとみなされた時代に生涯を通して3万点以上の作品を描いたと言われていること、世界中のアーティストや美術史への多大な影響など、葛飾北斎に関するエピソードが散りばめられています。
また、映像の最後には柳楽と田中が演じる2つの時代の北斎が作品に向き合う様子が初お披露目となり、なかでも老年期を演じる田中は北斎の自画像を参考に容姿を似せるために頭を剃るなど、徹底した役作りを見せています。
現存する「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の版画が、2017年のNYでのオークションにて1億円以上で落札されるほか、世界各地で「北斎展」が開催されるたびに観客が殺到するなど、世界中で今なお愛され続けている葛飾北斎の魅力を、本映像を持って世界中にアピールします!


<日本語版>


<英語版>


<フランス語版>


<中国語版>


映画情報どっとこむ ralph 本作は、圧倒的な人気を誇りながらも、その人生は多くの謎に包まれていた北斎の<画狂人生>をはじめて映画化した作品です。葛飾北斎生誕260周年を迎える2020年はオリンピックイヤーとして改めて世界の目が日本に注がれます。マンガやアニメなど日本オリジナルのコンテンツの原点である北斎の知られざる人生を伝えるべく、海外映画祭への参加や海外配給を視野に入れた全世界同時プロモーションを展開し、世界中でHOKUSAIムーブメントを巻き起こします!いよいよ始動した<HOKUSAI2020プロジェクト>。来るHOKUSAIイヤーに向けて続報にご期待ください!

『HOKUSAI』

公式サイト:
www.hokusai2020.com 
公式SNS:
@hokusai2020 ハッシュタグ「#HOKUSAI2020」

HOKUSAI 神奈川沖浪裏 <STORY>
渾身のクライマックス!北斎が、最後の「波」に託した思いとは—?
町人文化華やぐ、江戸の町。その片隅で、日の目を見ない、ひとりの貧乏絵師がいた。勝川春朗—のちの葛飾北斎である。傍若無人なふるまいが災いし、師匠からは破門。食うことすらも、ままならぬ日々を送っていた。そんな北斎に、ある日、人生を変える転機が訪れる。歌麿、写楽を世に出した希代の・蔦屋重三郎が、北斎の秘めた才能を見出したのだ。重三郎の後押しによって、「絵の本質」に気づいた北斎は、その才能を開花。誰にも真似できない革新的な絵を次々と打ち出し、一躍、人気絵師となる。その奇想天外な世界観は、瞬く間に江戸を席巻。さらに町人文化を押し上げたが、それが次第に幕府の反感を招くことに・・・。絵は、世を変えられるのか?
***********************************

出演:柳楽優弥 田中泯 / 阿部寛 瑛太 玉木宏 ほか
監督:橋本一  
企画・脚本:河原れん
配給:S・D・P  
©2020 HOKUSAI MOVIE






良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

葛飾北斎 生誕260周年 柳楽優弥 & 田中泯 W主演で映画化 『HOKUSAI』


映画情報どっとこむ ralph このたび、19世紀にフランスにジャポニズムブームを巻き起こし、名だたるアーティストたちに影響を与え、西洋近代絵画の源流となった、世界で最も有名な日本人・葛飾北斎の知られざる生涯を初めて描く映画「HOKUSAI」が、S・D・P配給にて2020年初夏に全国公開する事が決定!
葛飾北斎 神奈川沖浪裏
★常識にとらわれず、“自由”を求め走り続けた北斎の、誰も知らない物語が今、明かされるー

平均寿命が40歳と言われた時代に享年91歳という長寿人生を送り、彼の代表作となる「富嶽三十六景」を描いたのはなんと72歳の時、生涯を通して描き残した作品は3万点以上と言われています。
しかしながら、彼の<人生>に関しては残っている資料は少なく、故に様々な逸話が生まれ、今までしっかりと描かれたことがありませんでした。
本作は構想約3年、数少ない史実をもとに独自の視点と解釈によって生まれた新たな物語です。
青年期の北斎を目覚めさせた稀代の版元・蔦屋重三郎。
そして老年期の北斎のパートナーとなる人気戯作者・柳亭種彦。
この二人とのエピソードを軸に「人間・北斎」と、彼が描いた「三つの波の秘密」が生まれるに至った物語を描きます。
監督を務めるのは、『探偵はBARにいる』シリーズ、『相棒』シリーズの橋本一。

映画情報どっとこむ ralph 柳楽優弥 & 田中泯 阿部寛 瑛太 玉木宏『HOKUSAI』葛飾北斎
★世界で活躍する主役級の超豪華キャストが集結!

葛飾北斎に挑むのは柳楽優弥さんと田中泯さんのW主演。

その才能は認められながらも、売れない絵師として葛藤の中で筆をとり続けた青年期の北斎を柳楽さんが、芸術家としての情熱を失うことなく孤独に自らの画才を磨き続けた老年期の北斎を田中さんがそれぞれ演じます。

さらに、青年期の北斎を見出した名プロデューサー・蔦屋重三郎には阿部寛さん、老年期の北斎とパートナーを組む人気戯作者・柳亭種彦を瑛太さん、青年期の北斎がライバル意識を向ける美人画の大家・喜多川歌麿を玉木宏さんと、全員主役級の超豪華キャストが集結!
是枝裕和監督作『誰も知らない』で映画初出演にして、第57回カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を日本人初、史上最年少で受賞した柳楽さん、ルーブル美術館で海外デビューを果たすなど、俳優としてだけでなく舞踊家として世界を舞台に活躍する田中さんという、海外からも高い評価を受ける2人をはじめ、日本を代表する実力派俳優たちが紡ぎあげる知られざる北斎の物語を世界に届けます。

出演者の皆さんと監督からコメントも到着!

■柳楽優弥(葛飾北斎・青年期/壮年期)さんコメント
僕が演じさせていただいた若い頃の北斎は、あまり情報もなく、謎に包まれていたので、初めはどの様に演じるべきかとても迷いました。様々な資料を読んだり、監督と相談していく中で、逆に知られていないからこそ、僕たちで「北斎像」を作り上げていこうと現場に臨ませていただけたことは、とても楽しくやりがいを感じました。
絵を描くことが本当に好きで、数々の壁にぶち当たりながらも徹底的に追求する「好きこそものの上手なれ」ということわざを体現したような世界的スターである北斎さえも、売れない時期や苦しい時代があったということを知れて嬉しかったですし、夢を感じました。世界中にいる北斎の熱狂的なファンの方達にもぜひ観て頂きたいです。

■田中泯(葛飾北斎・老年期/晩年期)さんコメント
葛飾北斎はもともと大好きでしたが、役の年頃が、ちょうど今私自身が差し掛かっている年齢でもあり、とんでもないタイミングでこの様なお話が来たな、とご縁を感じました。大勢の人の前で北斎になることができる、というチャンスをいただけたことは本当に幸せなことだと思います。おそらく僕が日常的にやろうとしてもたどり着かない“ある高み”へ引っ張り上げてもらえる、架空からまるで現実の時間のように変わっていく、起こらないことを起こしていくということが、この映画の持つ力なのだと思います。僕は、彼のような才能をこれっぽっちも持っていない人間ですが、ある種の世の中に対する、耐えられないものをずっと持ち続けて生きていることにはすごく共感しました。映画に出てくる北斎のいくつもの重要な言葉がわかると、彼が、単に絵だけで評価されているわけではないということがわかると思います。

■阿部寛(蔦屋重三郎)さんコメント
僕は、若き日の葛飾北斎を見つけ、才能を見抜きそして育てた、蔦屋重三郎という役をやらせて頂きました。今でいうプロデューサーであり、北斎や歌麿、写楽など様々な才能を集めて、自身の手で育てていくという先見の明を持ち、絶えず新しいことを作り出していった人物です。おもしろい役でした。 果たしてこの人物をどうやって演じようかと、色々と調べましたが、最終的には、現場で実際に柳楽くんたちと対峙することによって作っていきました。北斎を演じた柳楽くんは、動物的というか反射神経というか、彼ならではのお芝居で、“思いのほか柔らかく、思いのほか強く”こういう感じで来るだろうという予測を大体外してきたので、一緒にやっていて楽しかったです。それぞれの絵師たちの生き様、そして僕の演じた蔦屋重三郎の生き様をぜひ見てほしいと思います。

■瑛太(柳亭種彦)さんコメント
時代背景問わず、今の日本でも芸術的な事に身を置く人間として何を覚悟して人前に立つのか、田中泯さん演じ、
葛飾北斎から教わりました。共演は出来ませんでしたが、柳楽優弥くんの葛飾北斎も心から楽しみにしています。

■玉木宏(喜多川歌麿)さんコメント
喜多川歌麿という人物を、絵師ということを大前提にしながらも、ちょっとしたエロティシズムというか、どこかちょっと危うい感じになればと思い、いかにキャラクターのインパクトや作品のメッセージを残すか考え、演じさせていただきました。絵師たちと蔦屋重三郎との関係は、僕らの仕事とも通ずるものがあるように思います。プロデューサー的な存在が蔦屋重三郎で、僕らはアーティスト。皆それぞれに新しい芽が出てくるとそこに対して嫉妬心が生まれたり、プライドや孤独を感じながら自分と向き合っていく。それは現代にも通ずる、この作品の面白さであると思います。登場する浮世絵やセットも色彩豊かで、心に残る、心に響く、日本ならではの作品になっていると思います。

■橋本一監督コメント
葛飾北斎、という人物を、どう描く。後世に残された作品を見て観て診て魅て、想像逞しく9割創造1割事実、なれど10割真実を目指し、撮影開始。彼岸の北斎先生、如何なる思いかは、知る由も術もなく。梅雨の京都、1ヶ月半の撮影中、一度たりとも夢枕に立たざりしは、呆れての無視ではなく、好きにおやりよ、と言う励ましと勝手に解釈、当代一級の出演者陣のチカラを借りての、精一杯の人間絵巻。出来上がるのは、青春活劇か、江戸群像劇か、性と暴力の寓話か、老と妄想の夢幻劇か。そのいずれもが正体にして正体にあらずの摩訶不思議な作品に仕上がれば、齢五十の未熟者の本望。ご期待あれ!

映画情報どっとこむ ralph ★来年は北斎生誕260周年!<HOKUSAI2020プロジェクト>始動!

パリ中心部のフランス国立グランパレ美術館で2014年に開催された過去最大規模の「北斎展」では約36万人の総入場者を記録、2017年にロンドンの大英博物館で行われた「北斎展」では、英デイリーメールやオブザーバー紙が5つ星評価をつけ、前売り券が完売、連日当日券を求めて長蛇の列が発生するなど、日本国外でも愛される葛飾北斎。
そして本作が公開するのは、北斎生誕260周年となる2020年。
オリンピックイヤーとして改めて世界の目が日本に注がれる中、マンガやアニメなど日本オリジナルのコンテンツの原点である北斎の知られざる人生を伝えるべく、海外映画祭への参加や海外配給を視野に入れた全世界同時プロモーションを展開し、世界中でHOKUSAIムーブメントを巻き起こします!

いよいよ始動した<HOKUSAI2020プロジェクト>。

来るHOKUSAIイヤーに向けて続報にご期待ください!

HOKUSAI

2020年初夏 全国ロードショー

公式サイト:www.hokusai2020.com
公式SNS:@hokusai2020
ハッシュタグ:#HOKUSAI

***********************************


出演:柳楽優弥 田中泯 / 阿部寛 瑛太 玉木宏 ほか
監督:橋本一

配給:S・D・P
©2020 HOKUSAI MOVIE




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

岡田准一「ザ・ファブル」ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭にてBest Asian Film Awardを受賞


映画情報どっとこむ ralph 主演・岡田准一の世界基準アクションや、ハッピーな笑い、さらに超豪華キャスト共演で公開前から大きな反響を呼んでいる「ザ・ファブル」。
岡田准一主演『ザ・ファブル』 この度、スイスで行われた第19回ヌーシャテル国際ファンタスティック映画祭にて、本作がNew Cinema from Asia部門のBest Asian Film Awardを受賞しました!

本映画祭は、スイスのヌーシャテルで7月5日から7月13日まで開催されたヨーロッパを代表する映画祭。チャン・イーモウ監督「SHADOW」、アジア発の世界的スターであるマ・ドンソク主演の「THE GANGSTER、THE COP、THE DEVIL」を含む、アジアから選りすぐりの最新作8作品の中から観客投票により選出されました。日本からは三池崇史監督の「初恋」や、大ヒット作「翔んで埼玉」なども出品されましたが、それらを押さえての受賞となりました。

江口カン監督:本作は国際的なスタッフによる本格的なアクション、そして日本独特のコメディを融合したところが新しいエンターテイメント作品になったと思っています。これがスイスや世界中のみなさんに広く楽しんでいただけたことが嬉しいです。どうもありがとうございました。

と喜びをコメントしました。

映画情報どっとこむ ralph また、7月15日(月・祝)時点でついに興行収入15億円を突破!

「3連休にもファブった!」「もう一回観に行く」と強いリピーターの声だけでなく、「最高におもしろかった!」「「岡田准一 スッゲー……」て言ってたら映画終わってた」など新たなファンのクチコミもさらに拡がり、引き続き”ファブル旋風”を巻き起こしています!

***********************************


笑撃大ヒット上映中!!

監督:江口カン
  
岡田准一 木村文乃 山本美月 福士蒼汰 柳楽優弥 
向井理 木村了 井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔
佐藤二朗 光石健 / 安田顕 / 佐藤浩市

原作:南勝久「ザ・ファブル」(講談社「ヤングマガジン」連載)
脚本:渡辺雄介
音楽:グランドファンク
主題歌:レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」(ユニバーサル ミュージック) 
配給:松竹
(c)2019「ザ・ファブル」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

岡田准一、満面の笑みで「もうファブった?」木村文乃、山本美月、柳楽優弥ら豪華キャスト集結!


映画情報どっとこむ ralph 週刊ヤングマガジン連載中で、単行本累計発行部数400万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門>を受賞し、いま一番面白い作品と呼び声が高いコミック『ザ・ファブル』が実写映画化。6 月 21 日に全国公開となった本作は、本日までに動員80万人を突破、興行収入も10億円を突破し、大ヒット上映中!

この度、7月4日(木)に、東京・丸の内で本作の大ヒット御礼舞台挨拶を開催!主演の岡田准一をはじめとする豪華キャスト・監督が集結しした。
『ザ・ファブル』0704大ヒット御礼イベント
『ザ・ファブル』公開記念舞台挨拶
日程:7月4日(木)
場所:丸の内ピカデリー
登壇:岡田准一、木村文乃、山本美月、柳楽優弥

映画情報どっとこむ ralph イベントの冒頭には、ファブルを演じる岡田が観客に「もうファブりました?」と話しかけ、会場中から大きな拍手が起こる一幕も。

今回はそんな本作について、豪華キャスト陣が、観客から募集した「もう一度観たいあのシーン」にまつわる裏話を披露した。

トークテーマとなるシーンは、壇上に用意されたボックスの中からキャストがランダムに引く形で展開。
『ザ・ファブル』0704大ヒット御礼イベント まず岡田さんが引き当てたのは、「ファブルがさらわれたミサキ(山本美月)を救出中に、小首をかしげて『ちょっと待っててね』と優しく語りかけるシーン」。

岡田さんは、迫力のアクションだけでなく、こうしたほっこりするシーンがあるのも本作の特徴として振り返りながら、ステージ上で「ちょっと待っててね」を生披露!これには会場からも「かわいい!」の大歓声が上がっていた。

続いて木村さんが引き当てたのは、「ファブルとヨウコ(木村文乃)が大阪に向かう車内で、標準語だったファブルが突然“スイッチ”を入れて大阪弁をしゃべるシーン」。このシーンでは、原作コミック同様に、岡田さん演じるファブルが額を叩くことで“スイッチ”を切り替えるという描写が登場するが、木村いわく、その額を叩くシーンは当初台本にはなかったそう。

しかし原作を大切にする岡田さんが撮影時に額をトントンと叩いたところ、メガホンを取った江口カン監督もこれを非常に気に入り、採用されることになったという。意外な裏話に会場からも感嘆の声が上がるも、大阪出身でないなか大阪弁のセリフを話す役の山本さん、柳楽さんは、実はそれぞれ方言にだいぶ苦労していたことを明かした。

山本さん:ファブルが敵地から小島(柳楽優弥)を助けながら脱出するとき、小島が棒を倒して音を立てて見つかってしまうシーン。

をチョイス。
敵に見つからないようこっそり逃げる場面で、予期せぬ失敗に「すまーん!」と小島が謝り、ファブルが「あちゃー」という表情を浮かべるコミカルなシーンだが、棒を倒すタイミングも、実はかなりこだわって撮られたのだという。撮影時の様子を問われ

柳楽さん:小島として、しっかりファブルの足を引っ張ることを意識しました!

とコメントすると、会場は大爆笑!

岡田さん:小島はハードだけど遊べる役だったので、(柳楽が)楽しそうにやっていたのを覚えています。柳楽君のおかげでヒットしていると言っても過言ではないですね!

とその演技を絶賛した。

そんな柳楽さんが引き当てたのは、「出所した小島を海老原(安田顕)が迎え、再会を祝ってハグするシーン」。このツーショットを“えびこじ”と呼んで愛でるファンも多いなか、演じて

柳楽さん:ヤスケンさんはやっぱり落ち着きますね。あまり話さなくてもフィーリングが合っちゃう感じで、兄貴としてついていこうと思えました。

と、これまで共演も多かった安田さんとの「フィーリングの良さ」に言及した。

映画情報どっとこむ ralph 続いて話題は、キャスト陣自身が選ぶ好きなシーンへ。

岡田さんは、自身も登場していた「最後の海老原と小島のシーン」をピックアップ。途中でファブルが海老原と小島を残して退出するが、実は岡田さんは、裏で安田さんと柳楽さんの演技をじっと眺めていたほど、お気に入りのシーンであることを告白した。

木村さんが選んだのは、ファブルのアルバイト先・デザイン会社オクトパスの田高田社長(佐藤二朗)が、「自転車のことを『俺のポルシェ』と呼ぶシーン」。

木村さん:確か台本には、『自転車で配達に行ってこい』ぐらいしか書いていなかったはず。『ポルシェ』を言うためにすごく考えたのかなあ(笑)

と、撮影現場で佐藤の愉快なアドリブが繰り出されていたことを明かした。

山本さんも、同じくオクトパスでのシーンを挙げながら、

山本さん:ファブルが描いたハッピーなイラストをみんなで見るシーンが楽しかった!二朗さんがアドリブを言おうとすると、岡田さんが煽ったりして(笑)

と、笑いの絶えない現場だったことを語った。

柳楽さんのお気に入りシーンは、

柳楽さん:ファブルが魚を頭まで食べるところ。

どこか”普通じゃない“ファブルの一面が見られるシーンだが、このチョイスには

岡田さん:マニアックだね!

とリアクション。ほかにも劇中には、ファブルが手羽先を骨ごと食べてしまうシーンが登場するが、実は骨の部分はゴボウで出来ていたのだという。実際にこれを食して

岡田さん:スタッフの優しさがおいしかったですね!

と笑顔を見せた。


トークの後は、キャスト陣がステージに用意されたくす玉を割り、本作の大ヒットを祝った。
『ザ・ファブル』0704大ヒット御礼イベント
最後には主演の岡田さんからメッセージが贈られ、大盛況のうちに舞台挨拶は幕を閉じた。

岡田さん:この映画は、みんなでがんばって、日本でアクション映画を作るにはどうしたら良いかとチャレンジして作り上げた作品です。まだまだ自分たちは出来ると思うので、もっと頑張っていきます!みなさんに観ていただけたり、満足いただけていることは、スタッフ共々喜んでおります。またスッキリしたいときに、観に来ていただけたら嬉しいです!

映画情報どっとこむ ralph 圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋”ファブル”。そんな彼がボスから与えられた指令は、「1年間殺し屋を休業し、一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」だった!長年、裏の世界に身を置いてきた伝説の殺し屋は、一般人として無事1年間過ごすことができるのか!?

『ザ・ファブル』

大ヒット上映中!

公式サイト:
http://the-fable-movie.jp/

岡田准一主演『ザ・ファブル』
<STORY>
どんな相手も6秒以内に殺す――。“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」
ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!



***********************************

出演:岡田准一
木村文乃 山本美月
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔
佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市
原作:南勝久『ザ・ファブル』
   (講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
公開:6月21日(金)
©2019「ザ・ファブル」製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

大阪出身なのに岡田准一は関西弁だと調子が出ない!と暴露される!『ザ・ファブル』公開記念舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 『ザ・ファブル』が実写映画化。6月21日(金)に全国公開となりました。

圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋”ファブル”。そんな彼がボスから与えられた指令は、「1年間殺し屋を休業し、一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」だった!長年、裏の世界に身を置いてきた伝説の殺し屋は、一般人として無事1年間過ごすことができるのか!?

この度、6月22日(土)に、東京・丸の内で本作の公開記念舞台挨拶を開催!主演の岡田准一をはじめとする豪華キャスト・監督が集結し、クロストークを披露した。

『ザ・ファブル』公開記念舞台挨拶
日程:6月22日 
場所:丸の内ピカデリー
登壇:岡田准一、木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市、宮川大輔、江口カン監督

映画情報どっとこむ ralph 6月21日(金)に公開初日を迎え、早くも超絶アクションと心に迫る人間ドラマ、そしてハッピーな笑いが詰まった究極のエンターテインメントとして話題沸騰中の本作。主演の岡田さんをはじめとする豪華キャストが登場すると、満員の会場からは大歓声が上がり、華々しく舞台挨拶がスタートした。

本作では、岡田さん演じる伝説の殺し屋・ファブルが“フツー”を目指す一方で、「フツーじゃない!」強烈な個性溢れるキャラクターが多数登場。それになぞらい、実際に演じたキャストたちが、今だから言える「フツーじゃない!」と思った共演者や撮影現場でのエピソードを語り合った。

岡田さんは、出所早々暴れまわる裏社会の“デンジャラスメーカー”小島を演じた柳楽さんに対し、

岡田さん:今回の役は本当に普通じゃない!

と熱演を絶賛。また、ファブルの育ての親・ボス役の佐藤さんを指し、

岡田さん:今日も『お客さん入ってるみたいだな、よかったな』と気にかけてくださって、すごくかっこいい!大先輩なのに後輩にそんなことができるって、普通じゃないですよ!

と器の大きさを語った。

映画情報どっとこむ ralph ファブルの相棒・佐藤ヨウコを演じた木村さんは、
木村さん:岡田さんは関西弁だと調子が出ない!いつものお茶目さんがなくなってしまう。

と、大阪出身ながらまさかの「フツーじゃない!」エピソードが暴露され、岡田さんが冷や汗をかくシーンも。

素直で優しいファブルのバイト仲間・清水ミサキを演じた山本さんは、

山本さん:柳楽さん、役はすごく激しいのに、カットがかかるとめちゃめちゃ優しい!ちょっとて照れまじりに気を使ってくださる

と柳楽さんのギャップに言及。
“渋谷系ゆとり世代”の殺し屋にして、ファブルに憧れ執拗に狙うフードを演じた福士さんは、超絶アクションを披露する岡田さんを挙げながら

岡田さん:やっぱりフツーじゃない!岡田さんは師範代の免許を持っていたり、武術も続けられていてすごい。並大抵の人にはできないですよね!

と、自らも武術に取り組む身として憧れの視線を送った。柳楽さんも岡田さんのアクションの凄さを挙げながら、

柳楽さん:ファブルが高いところから椅子に縛られた小島を助けるシーンで、岡田さんはスタントなしだったから、僕もそうしないといけなかった。もうやりたくないです!

と笑い交じりに岡田さんの並外れた身体能力をアピール。

小島と同じ裏社会のメンバーで、小島と敵対するインテリ・砂川を演じた向井さんが挙げたのは、裏社会の会社社長・海老原役の安田さん。

向井さん:経験豊富なベテランなのに、クランクアップの日に朝からずっとそわそわしていた。これまでにいっぱいクランクアップを迎えてきた方でも、子供の用にそわそわするなんて!

と意外な一面を語った。

そんな安田さんは岡田さんを指しながら、

岡田さん:映画の宣伝で一緒にバラエティ番組に出たとき、岡田さんは“無”の状態でフラフープを回していました。アクションができて笑いが取れる方ってそういないから、まさにファブルは岡田さんしかできない役だと思う。行く行くは、ジャキー・チェンのリメイクとかやってほしいですね~!!

と絶賛した。

佐藤さん:みんなカメラの前に立つと普通じゃなくなる!でも(岡田のように)座長がミスターストイックだと、周りの役者は大変。アクションで絡みが無くてよかったな~。

と笑いを誘った。ファブルを唯一爆笑させることができるお笑い芸人・ジャッカル富岡を演じた宮川さんは、キャスト陣の撮影が終わった後にひとりだけ撮影したこと告白。

宮川さん:スタッフも監督も『終わった』感が強いなか、グリーンバックの前でギャグをやらされた。現場がシーンとしているなか、監督に静かに『面白かったですよ』と言われて、地獄でした!

とアピールすると、会場からは爆笑が沸き起こった。

映画情報どっとこむ ralph トークの後は、公開を祝して原作者の南勝久先生よりお祝いのメッセージが到着。

「今までに無かった殺し屋エンターテインメントになっている」

と“岡田准一ファブル”を絶賛するコメントに、

岡田さん:原作の先生が喜んでくださっていてすごく嬉しい。

と笑顔を見せた。

続いて、制作スタッフから本作とゆかりのある贈り物が到着。
壇上に運ばれてきたのは…なんと巨大ないちごのショートケーキ!劇中でファブルが一番好きな芸人・ジャッカル富岡が、「ショートケーキにいちごを乗っせ~る~♪」から始まるギャグを披露するくだりがあるが、今回はジャッカル富岡役の宮川さんがそのギャグを生披露!
特別に用意された特大イチゴをのせながら、最後は決めのフレーズ「何で俺もやね~ん」をキレキレの動きで披露した。さらに、岡田の無茶ぶりで「カレーライスにらっきょを乗っせ~る~♪」という特別バージョンも急遽披露!これにはキャスト陣も会場も大爆笑だった。


イベントの後半には、岡田さんからこれから映画を観るファンにメッセージ

岡田さん:この映画は、笑ってスカッとできる、だれもがスッキリできる映画です。アクションの検証も含めて、ぜひまた何度でも観にきてください!

最後は、岡田の「ザ!」の掛け声に会場全体が「ファブル―!」と答える形でコール&レスポンスが行われ、顔の前に親指をかざすジャッカル富岡の“ジャッカル”ポーズをとりながら、観客をバックに記念撮影を行いました。
映画情報どっとこむ ralph 『ザ・ファブル』

公式サイト:
http://the-fable-movie.jp/

『ザ・ファブル』
物語・・・
どんな相手も6秒以内に殺す――。“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!



***********************************

出演:岡田准一
木村文乃 山本美月
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔

佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市

原作:南勝久『ザ・ファブル』
(講談社「ヤングマガジン」連載)

監督:江口カン
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
©2019「ザ・ファブル」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

堤真一 柳楽優弥 ハグで締めた!映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶


映画情報どっとこむ ralph 教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る、短編集『せんせい。』所収「泣くな赤鬼」が待望の映画化!いよいよ6月14日(金)全国劇場にて公開となりました!

その公開を記念して、公開御礼舞台挨拶が行われ、主演の堤真一さんを始め、柳楽優弥さん、川栄李奈さん、竜星涼さん、堀家一希さん、武藤潤さんらが登壇しました。

また、映画の公開(試合開始)を記念して≪赤鬼流≫始球式では!主人公の野球部顧問″赤鬼先生“を演じた堤真一より、客席の皆様へ感謝を込めた投球!

このボールを見事受け取られた方には、キャスト陣からプレゼントは・・・・なんと!

『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶
映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶
日時:6月15日(土)
場所:新宿バルト9 
登壇:堤真一 柳楽優弥 川栄李奈 竜星涼 掘家一希 武藤潤 兼重淳監督

映画情報どっとこむ ralph 堤さんを先頭に温かな拍手の中キャストと監督が登場。
映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶
堤さん:雨の中ありがとうございます。ようやくこの日を迎えられました!短い時間ですが楽しんで帰ってください!
映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶
柳楽さん:堤さんと先生と生徒の間柄をしっかりと描いた作品に出られて本当に最高でした!
映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶
川栄さん:昨日公開日を迎えて、本当にうれしく思っています。
映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶
竜星さん:この熱い映画を皆さんと共有できること嬉しく思っています。
映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶
堀家さん:楽しんでいただけたらと。。。思います。
映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶
武藤さん:初めての登壇で緊張しています。よろしくお願いします。
映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶
兼重監督:ご来場いただきましてありがとうございます。群馬ではメンインブラックとアラジンを抑えて1位となっております!
映画『泣くな赤鬼』公開御礼舞台挨拶
と、其々ご挨拶。

映画情報どっとこむ ralph 完成披露で、初めて自分の映画で泣いたと言っていた堤さんは

堤さん:シーンとかではなくて、全部。ここにいない若い野球部の連中とひと夏一緒にいたのも含めて映画になったので、感動しました。
その野球部員の一人の堀家君ですが

堤さん:髪の毛があるから堀家君に思えない!今日もカツラ?

堀家さん:ちゃんと生えてます!

堀家さんは柳楽さんの高校時代、武藤さんは竜星さんの高校生時代を演じるにあたり
堀家さん:柳楽さんお芝居を監督にも言われてずっと見て。笑顔が可愛くて好きになりました!人として良い人間を感じて、こういう風になろうと演じました。

と、大胆告白!
柳楽さん:僕も好きになりました。自然でいいんです。

一方、武藤さんx竜星さん組は

武藤さん:僕の場合は逆で、竜星さんが僕の演技を見て演じていただく形で。。。どうでしたか?
竜星さん:現場では一緒になることなかったのですが、最初に監督に映像を見せていただいて、鋭い眼光とかを学ばさせていただきました。

とエピソードを披露。


川栄さんは柳楽さんの母役のキムラ緑子さんとのシーンが多く
川栄さん:その前にドラマでお母さん役をしていただいたので、

ここでマイクの調子が悪くなるアクシデントがおこったのですが、そっくマイクが渡され
川栄さん:緑子さんとは御縁を感じて、リハから号泣される緑子さんを見て学びました。連絡先を交換しました。

映画公開初日の昨日、群馬の映画館で舞台挨拶をしてきたそうで

兼重監督:上映前だったので、感想はうかがえませんでしたが・・・アラジンを抑えたので良かったです!

映画情報どっとこむ ralph 昔の生徒と再会するお話にちなんで、再会してみたい人は?

堤さん:中学の時に野球部でその時の監督がメチャメチャ怖くて。今回そのイメージで演じました。その先生に観ていただきたいなと思っていたら、2か月ほど前にお亡くなりになってしまって。本当はお会いしたかったです。

柳楽さん:会いたい人・・サッカー部の先生。でも、その中学校いけばいつでも会えちゃうんで(笑)でも、その先生。

川栄さん:観終わった後に、家族とか友人のありがたみを感じて。私はおじいちゃんとおばあちゃんに会いたい!

竜星さん:女子サッカーの岩淵さんと小学校の時に一緒にサッカーやってて、会いたいですね。サッカーやってみたい。

堀家さん:保健室の先生!

武藤さん:中学の時の国語の先生。ちょうど定年で。今何してるのかなと。

兼重監督:ここにいらっしゃる方々と、別の現場でお会いしたい!本当に思ってます!僕は皆さんに演じてもらってから考えるタイプなので、皆さんから得るものが多くて。このメンバー最高でした。堤さんとは、現場で確認しながら撮影しまして、思っている以上の演技なので、切りとるだけで助かりました。

堤さん:こんなに優しい監督初めて!助監督よりも走って、若い人たちにも、きっちり伝えていて。映像も人との距離感が最高で中々出会えない監督で良かったです!

と大絶賛の堤さん。

映画情報どっとこむ ralph 公開(試合開始)を記念して≪赤鬼流≫始球式では!主人公の野球部顧問″赤鬼先生“を演じた堤真一より、客席の皆様へ感謝を込めた投球!

ボールを受けた女性が登壇。堤さんから全員のサイン入り硬式球が手渡され、

さらに堤さんが誰のファンか聞くと竜星さんとのことで
竜星さんと握手&ハグのスペシャルプレゼントが!


最後に・・・
兼重監督:僕の先生と言える先輩監督から「目に見えるものだけが全てじゃない。目に見えないものを映像にするんだと!」と教えられそれを想いながら撮影しています。今回は劣等感とかを軸に、夢や思い。そして愛に変わって行く。目に見えない空気感を皆さんが感じて帰っていただけたら幸せです。

柳楽さん:こういう人間をしっかり描く作品に参加させていただいて嬉しかったです。今日が最後なので堤さんハグしてもらっていいですか?
堤さん:あらためて見てみて、去年お暑い夏を思い出し。若い人たちと仕事できたこと、僕にとっても凄く良い経験になりました。今日よかったなと思った方は広めて下さい!少しでも多くの方に観ていただきたい作品です!

映画『泣くな赤鬼』

公式サイト:
akaoni-movie.jp

その高校教師は、陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた。甲子園出場を目指し、強豪チームを率いた黄金の時代から10年の月日が流れ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と思いがけない再会を果たす。野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。しかし、立派な大人に成長したゴルゴは、病に侵され、命の期限が迫っていた。厳しさ でしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。 主人公“赤鬼先生”こと小渕隆を演じるのは、『とんび』に続く重松 清作品となる堤 真一。教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星 涼ら豪華キャストが集結。監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重 淳。また、主題歌は映画主題歌の書き下ろしは初となる竹原ピストルの「おーい!おーい!!」に決定。優しく情熱的な歌声と胸にしみる詞が更に感動を加速させます。

***********************************

堤 真一 / 柳楽優弥
川栄李奈  竜星 涼  キムラ緑子  麻生祐未
原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳  脚本:上平 満 兼重 淳
主題歌: 竹原ピストル「おーい!おーい!!」(ビクターエンタテインメント)
配給:KADOKAWA 制作プロダクション:松竹撮影所 公式サイト:akaoni-movie.jp ©2019「泣くな赤鬼」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

岡田准一『ザ・ファブル』ドラマ性抜群の最新予告編&新場面写真解禁!!


映画情報どっとこむ ralph 『ザ・ファブル』が実写映画化、6月21日(金)に全国公開を迎えます。

『ザ・ファブル』
圧倒的な強さと的確な手腕で、狙った相手を 6 秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋”ファブル”(岡田准一)。そんな彼がボスから与えられた指令は、「1年間殺し屋を休業し、一般人・佐藤アキラとして普通の生活を送ること」だった!長年、裏の世界に身を置いてきた伝説の殺し屋は、プロの“普通”を貫いて、一般人として無事 1 年間過ごすことができるのか!?

5月13日には完成披露イベントも行われ、主演の岡田をはじめとした超豪華キャスト陣が新宿のど真ん中でレッドカーペットを練り歩き、話題になったばかり。

そんな本作から、貴重なメイキングや初解禁となる本編シーン、そして殺し屋として生きてきたファブルが人助けに目覚める感動シーンまで詰め込んだ、最新予告映像が登場!!

映画情報どっとこむ ralph 早くも“ガチすぎる”岡田の超絶アクションが話題を呼んでいる本作だが、今回の映像では、メイキングと共に初解禁となる岡田のド迫力の格闘シーンの数々も登場。

撮影に参加した世界的アクション監督アラン・フィグラルズによる、「岡田の美しい動きには驚いたよ」という絶賛コメントも!かねてより現代もののアクション作品への出演を熱望していた岡田が、自らも現場で積極的に意見を出して作り上げたという、まさに“プロ”の技が冴え渡るアクションシーンは必見だ。

豪華キャスト陣が演じる、個性豊かなキャラクターとそれぞれの見どころシーンもたっぷり収録。ファブルことアキラは、裏の世界で長く暮らしてきた究極のマイペースであるため、周囲のとまどいも気にせず枝豆を皮ごとぱくり!ほかにも、焼き魚にかぶりついて「あつっ!!」と大の猫舌っぷりを披露したりと、迫力のアクションとのギャップが印象的なコミカルなシーンが登場している。


アキラの豪快な相棒・ヨウコ(木村文乃)は、ナンパ男を前に「20杯目のテキーラ」で平然と乾杯する酒豪っぷりを披露。
『ザ・ファブル』 アキラのアルバイト先の同僚・ミサキ(山本美月)は、傷ついたアキラにハンカチを差し出したり、イラストの仕事に勤しむアキラに自分の似顔絵を依頼する“女神”っぷりを発揮。
『ザ・ファブル』 そして美しいヒロインたちとは打って変わって、アキラの前に立ちはだかる危険な男たちのシーンも。アキラを狙う“渋谷系ゆとり世代の殺し屋”・フード(福士蒼汰)、裏社会の組織メンバーにして出所したばかりの“デンジャラスメーカー”・小島(柳楽優弥)、組織内で下克上を狙う野心に満ちたインテリ専務・砂川(向井理)は、狂気に満ちた不敵な笑みやドスのきいた声を上げ、悪のカリスマっぷりを見せつける。
『ザ・ファブル』 『ザ・ファブル』 ほかにも、アキラのアルバイト先の脱力系社長・田高田(佐藤二朗)、アキラの世話を焼く組織の強面ダンディ―な社長・海老原(安田顕)、貫禄たっぷりのアキラの育ての親・ボス(佐藤浩市)、ファブルの笑いのツボであるお笑い芸人・ジャッカル富岡(宮川大輔)ら、印象的なキャラクターたちの魅力が光るシーンが収録されている。

映像の後半では、シリアスでハートフルなドラマも展開。アキラは事件に巻き込まれたミサキの救出に向かうが、ボスとの約束により、「誰も殺さずミサキを救出する」という究極のミッションに挑むことに。相棒のヨウコに止められながらも、自分に優しく接してくれたミサキの「助けられたら、お礼をするのが普通」という言葉を胸に、「助けるのが普通や」と覚悟を決めて敵地に赴くアキラ─。思わず感極まってしまうこと請け合いの、アツいシーンを見ることが出来る!

https://youtu.be/gcfeQLToRiw

映画情報どっとこむ ralph 世界基準の超絶アクションとハッピーな笑い、そして見る者の心を揺さぶる感動のドラマまで、誰もが楽しめるエンタメ超大作『ザ・ファブル』。

6月21日(金) 全国公開
公式サイト:
http://the-fable-movie.jp/

<STORY>
どんな相手も6秒以内に殺す――。“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会で誰もが「伝説」と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボス(佐藤浩市)はある指令を与える。「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」

ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。インコを飼ったり、バイトしたり…。殺しを封じ、《普通》を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する!【絶対に殺してはいけない】指令のもと、絶体絶命のピンチを切り抜け平和に暮らせるのか―?!

予告編:https://www.youtube.com/watch?v=AVgWljJL_kU

***********************************


出演:岡田准一
木村文乃 山本美月
福士蒼汰 柳楽優弥 向井理
木村了 井之脇海 藤森慎吾(オリエンタルラジオ) 宮川大輔
佐藤二朗 光石研 / 安田顕 / 佐藤浩市

原作:南勝久『ザ・ファブル』
(講談社「ヤングマガジン」連載)
監督:江口カン
主題歌:レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」(ユニバーサル ミュージック)
脚本:渡辺雄介
配給:松竹
6月21日(金)
©2019「ザ・ファブル」製作委員会




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

川栄李奈チョットふっくら。舞台上での祝福に照れる!映画『泣くな赤鬼』完成披露試写会


川栄李奈チョットふっくら。舞台上での祝福に照れる!映画『泣くな赤鬼』完成披露試写会

映画情報どっとこむ ralph 『ビタミンF』『とんび』『その日のまえに』『流星ワゴン』など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松 清先生の短編集『せんせい。』所収の「泣くな赤鬼」が映画化!6月14日(金)全国劇場公開となります。

その完成披露試写会が行われ、主演の堤真一さん、柳楽優弥さん、川栄李奈さん、竜星涼さんとメガホンをとった兼重淳監督が登壇しました。

映画『泣くな赤鬼』完成披露試写会
日時:5月21日(火)
場所:新宿バルト9
登壇:堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、兼重淳監督

映画情報どっとこむ ralph スチルカメラが40台以上、テレビカメラも20台と通常より多めのマスコミが詰めかけた会場。
知らなかったのですが、川栄さんが結婚発表したばかりで、初の公の場。と言うことで、映画イベントでは見ない記者さんたちも多数駆けつけたらしい・・・。

温かな拍手に迎えられ、キャストと監督が登場。川栄さんは少しゆったりした衣装。

映画情報どっとこむ ralph 映画完成披露を迎えて
兼重監督:漸くと言う嬉しい気持ちと不安とですね。重松先生の原作でファンの方も多いので答えられているか不安ではあります。

と、今の率直の気持ちを吐露する監督。完成したもの観て堤さんは
堤さん:自分が出ている映画で泣いたのは初めてです。監督の人間関係の丁寧な距離感とか一つ一つ、優しと愛情を感じて、やってよかったなと。思いました。

と語り、役作りを聞かれると
堤さん:僕も中学の時に、野球部で先生がメチャクチャ怖かったんです!ぴしっとか、今だとね。でも、いい先生で。その先生のことを思い出して演じました。

と明かしてくれました。堤さんとの共演を聞かれて
柳楽さん;業界入る前から堤さんの事は見ていたので。先生と教師と言う大事な(キャストと会場爆笑)すみません。今日舞台の休演日で頭がぼーっとしてて。えーっと。川栄さん!おめでとうございます!
と、突然祝福に会場は大きな拍手。これには照れる川栄さん。

役作りを聞かれると

柳楽さん:病気を背負ったりするのは、やったことのない役でしたのでしっかり挑みました。
柳楽さんの奥さん役の川栄さんは
川栄さん:今回は、監督に「一見ヤンチャに見えるけど凄く芯の強く最後まで旦那さんを支えて下さい。」と言われていて、柳楽さんもどんどん痩せて行って、お芝居もつらくて、でも、この役をいただけたのは、ありがたかったです。

完成したものを観て
川栄さん:号泣してしまいました。切ないんですけど、観終わった後に生きる何かを見つけられる作品だなと思いました。

竜星さん:僕も泣きました。最後に、堤さんが持ってくんです!こういう先生欲しかったなと。

三人のシーンが泣けるのですが撮影時のこと聞かれ

堤さん:暑かったね~。本当に。見てるだけでも辛そうでした。

竜星さん:僕は二日しか撮影しなかったので、一日は炎天下の中でした。

柳楽さん:暑かったですね。大事なシーンだったので、楽しかったです。

川栄さんも現場で見ていたそうですが

川栄さん:私は、ベンチで、涼んでみてました!

映画情報どっとこむ ralph ここで、中高生からの質問に答える赤鬼先生の特別講師コーナーに!

Q.部活でキャプテンになりました。どうやってチームをまとめたら?

堤さん:みんなと楽しむを目標に!

竜星さん:あえて纏めない。

堤さん:キャプテンになった時点で皆が認めてるんだっもんね、

柳楽さん:ですね。
川栄さん:中学の時に副キャプテンだったんです!とりあえず声出しとけばOK!覇気が大事です!

監督:迷ったら楽しい方へ行く努力を。樂な方に行っちゃダメ。


Q.将来やりたいことが見つかりません。

柳楽さん:そうですね。。。。堤さんからで
堤さん:僕も高校時代は、やりたいことなくて。たまたまアクションクラブに入って、でも怪我して出来なくなって、お芝居やってます。人生なんてわかんないよ!

柳楽さん:一所懸命何かに打ち込んでいく時間の中で見つければ。

Q,新しいお友達と仲良くなる方法は?

川栄さん:あまりお友達いないんです。。。堤さん。

堤さん:時間かかるもんだし、無理くりなる必要ないですよ!

川栄さん:だそうです。時が経てば。

Q/バンド始めましたが全然持てません!どうすれば?

竜星さん:知らねーよ!やり続けて。モテたくてバンドやるが間違い!まず上手くなること!
映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
堤さん:去年の暑い夏に沢山のスタッフと共演者で創った映画です!情熱を感じて楽しんでください!

兼重監督:いい作品になりました。僕は背中を押す作品が好きで、観終わった後に、家族の事を思い出したり、先生の事を思い出して下されば。楽しんで下さい。
と、舞台挨拶を締めて上映へ。

『泣くな赤鬼』

6月14日(金) 全国公開です。

公式サイト:
akaoni-movie.jp 

その高校教師は、陽に焼けた赤い顔と、鬼の熱血指導から“赤鬼先生”と呼ばれていた。甲子園出場を目指し、強豪チームを率いた黄金の時代から10年の月日が流れ、野球への情熱が衰えかけていたある日、かつての教え子・斎藤(愛称:ゴルゴ)と思いがけない再会を果たす。野球の素質を持ちながらも、挫折して高校を中退した生徒だった。しかし、立派な大人に成長したゴルゴは、病に侵され、命の期限が迫っていた。厳しさ でしか教え子に向き合えなかったあの頃の後悔。赤鬼先生は、ゴルゴのために最後に何ができるのか―。 主人公“赤鬼先生”こと小渕隆を演じるのは、『とんび』に続く重松 清作品となる堤 真一。教え子・ゴルゴこと斎藤智之役に柳楽優弥。ゴルゴを献身的に支える妻・雪乃役に川栄李奈。さらに、麻生祐未、キムラ緑子、竜星 涼ら豪華キャストが集結。監督は、『キセキ-あの日のソビト-』で大ヒットを打ち出した、兼重 淳。また、主題歌は映画主題歌の書き下ろしは初となる竹原ピストルの「おーい!おーい!!」に決定。優しく情熱的な歌声と胸にしみる詞が更に感動を加速させます。

***********************************

堤 真一 / 柳楽優弥
川栄李奈  竜星 涼  キムラ緑子  麻生祐未
原作:重松 清 『せんせい。』所収 「泣くな赤鬼」(新潮文庫刊)
監督:兼重 淳
脚本:上平 満 兼重 淳
主題歌: 竹原ピストル「おーい!おーい!!」(ビクターエンタテインメント)
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:松竹撮影所 
©2019「泣くな赤鬼」製作委員会
  




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ