「柳川慶子」タグアーカイブ

ドキュメンタリー映画『誰がために憲法はある』公開日&ビジュアル決定!


映画情報どっとこむ ralph この度、芸人・松元ヒロさんが舞台で演じ続けている日本国憲法を擬人化した一人語り「憲法くん」を基に、”憲法についてあらためて考えるきっかけとなる”ドキュメンタリー映画『誰がために憲法はある』。

監督は、ドキュメンタリー映画『大地を受け継ぐ』(15)を手掛け、『止められるか、俺たちを』(18)では脚本を担当した井上淳一さん。本作は現行憲法最後となるかもしれない憲法記念日に向けて4月27日(土)より、ポレポレ東中野ほか全国順次公開が決定しました。


公開決定にあわせて、力強い本作のタイトルが大胆にデザインされたビジュアルが完成しました。改憲が現実のものとなってきた今、憲法について改めて考えてほしいという製作者の思いがストレートに伝わるメッセージが印象的です。

映画情報どっとこむ ralph 井上淳一監督コメント

「映画を武器に世界と闘う」とは、我が師・若松孝二の言葉だが、憲法改正がいよいよ現実のものとなってきそうないま、表現にかかわる者の端くれとして、何もしなくていいのか。そういうやむにやまれぬ思いから、この映画を作った。戦争の記憶が薄れ、憲法にこめられた理想が忘れ去られつつあるいまこそ、ひとりでも多くの人にこの映画が届くことを願うのみである。

映画情報どっとこむ ralph 子どもから大人まですべての人が日本国憲法について考えるきっかけを与えてくれる必見のドキュメンタリー!

『誰がために憲法はある』

2019年4月27日 ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

公式サイト:
www.tagatame-kenpou.com


井上ひさし、永六輔、立川談志も絶賛した

日本国憲法を擬人化した一人語り「憲法くん」を名優・渡辺美佐子さんが魂を込めて演じる!

「憲法くん」とは、井上ひさしさん、永六輔さん、立川談志さんも絶賛したお笑い芸人・松元ヒロが20年以上、日本国憲法の大切さを伝えるためユーモラスに演じ続けている一人語りである。「憲法くん」はこう言う。

「わたしというのは、戦争が終わった後、こんなに恐ろしくて悲しいことは、二度とあってはならない、という思いから生まれた、理想だったのではありませんか」。そして、「わたしの初心、わたしの魂は、憲法の前文に書かれています」と憲法前文を一気に暗唱する。憲法に対する深い愛と洞察が込められたこの「憲法くん」を語るのは、「戦争を知る世代として、再び戦争の悲劇がこの国に起こらないように、この役を魂を込めて演じました」という、今年87歳になる名優・渡辺美佐子さん。文字で読む憲法と違い、本作で朗読される日本国憲法前文は、心の奥深くに突き刺さる。


初恋を胸に語り継いだ8月6日。

原爆朗読劇の全国巡演を続けてきた女優陣たちが語る戦後。

そして未来へ託す思いとは――

渡辺は初恋の人を疎開先の広島の原爆で亡くしたことを戦後35年目の1980年になって知った。彼の死を知った渡辺は中心メンバーとなり、現在まで33年間、鎮魂の想いを込めてベテラン女優たちと原爆朗読劇をやり続け全国各地を回っている。しかし、その朗読劇は今年で幕を閉じる。本作では渡辺をはじめ、女優たちがこの活動を通じて抱くそれぞれの思いを映し出す。

***********************************

渡辺美佐子
高田敏江 寺田路恵 大原ますみ 岩本多代 日色ともゑ 長内美那子 柳川慶子 山口果林 大橋芳枝
監督:井上淳一/「憲法くん」作:松元ヒロ
音楽:PANTA/製作:馬奈木厳太郎/プロデューサー:片嶋一貴
撮影:蔦井孝洋 土屋武史 髙間賢治 向山英司/照明:石田健司/録音:臼井勝 光地拓郎/ヘアメイク:清水美穂  
編集:蛭田智子/助監督:末永賢 植田浩行/制作:長谷川和彦 宮城広/メイキング:小関裕次郎 
宣伝プロデューサー:岩本玲/協力:「夏の会」/製作プロダクション:ドッグシュガー/配給・宣伝:太秦株式会社
【2019年|日本|71分|DCP|カラー|ドキュメンタリー】
(C)「誰がために憲法はある」製作運動体   


親子に見えるといいね柳家喬太郎、石井杏奈ら登壇『スプリング、ハズ、カム』初日


映画情報どっとこむ ralph 『スプリング、ハズ、カム』が2月18日(土)より全国公開。初日を迎え父親の肇役を演じた柳家喬太郎、娘の璃子を演じる石井杏奈。「東京03」の角田晃広、柳川慶子、吉野竜平監督がトークイベントに登壇しました!

撮影についての思い出や映画の感想、共演者への想いを語り合い、終始和やかな雰囲気に包まれた トークイベントとなりました!

日時:2 月 18 日(土)
場所:新宿武蔵野館
登壇: 柳家喬太郎、石井杏奈(E-girls)、角田晃広(東京03)、柳川慶子、吉野竜平監督

映画情報どっとこむ ralph 会場に詰め掛けた報道陣の前に、父親の肇役を演じこれが映画初主演となる柳家喬太郎、娘の璃子を演じるE-girlsのメンバーで、女優としても確かな演技力を見せる石井杏奈。実力派コントグループ「東京03」の角田晃広、「円」での舞台と並行し て、ドラマにも活躍の場を広げる柳川慶子、注目の新鋭・吉野竜平監督が登壇。
喬太郎さん:舞台挨拶は初めてです。控室 に入って…やはりこういう場ではちゃんとした格好をするものだと気づきました。浮いております(笑)。

と挨拶。撮影中思い出に残るエピソードを聞かれ

石井さん:は「喬太郎さんがうどんをすすったりとか…みかんを食べる 芸をしてくださったり、その完成度はすごかったです!

と撮影中の感動した思い出を明かしました。

監督:2年前に撮影を行い、石井さんは当時16歳。劇中で演じる時田璃子の年齢である18歳に追いつきましたね。

当時のことを振り返り・・・
石井さん:当時高校1年生でまだ大学というものを知らなかったので、マネジャーさんと成城大学へ見学に行ったり、大学生になるってどんなことなんだろう…と未知の世界でした。同じタイミングで一人暮らしを始めたので、すごく 璃子ちゃんの気持ちが良く分かるし、台本読んでても共感できることが多かったので、学生の方などは共感する部分が多いと思い ます。

と現在追いついた思いを自信と重ねます。

映画情報どっとこむ ralph 石井さんは喬太郎さんの第一印象を聞かれると、

石井さん:落ち着くな~

と語り、ご本人は

喬太郎さん:その言葉は一番嬉しいです。

と照れた様子。 調子のいい不動屋さん役を演じた角田さんは地に近いものがありますか?と聞かれると

角田さん:スーツが似合うのは自信あるんですよ。「東京 03」というコントでサラ―リマン役が多いので、スッと役に入れたかなと思います。自然に板についてましたよね?

と監督に何度も確認すると、

監督:どうして確認するんですか?(笑)角田さんでしかできない役柄だったと思います。

と褒められ照れる角田さん。

映画情報どっとこむ ralph 喬太郎さんは、私服と劇中の衣装について触れながら、

喬太郎さん:実はこれは自前の衣装なんです。写真(ポスターをさして)あれは衣装なんです!衣装合わせ必要ないんじゃない?と言われましたし、これ15~16年着ているんですけど、かみさんがそろそろ捨てようと思っているみたいで、この作品の宣伝が終わったら廃棄処分になるそうです。(笑)

と冗談交じりで語り、娘は・・・

石井さん:インテリアを探しているところや祖師谷大蔵を歩いているシーンなどはアドリブが多いので、そこをぜひ見てほしいです。

喬太郎さん:ほんとの親子に見えるといいですね。

と返します。

監督:喬太郎さんと石井さんがほんとの親子に見えるためにはどうすればいいかずっと考えていまして、石井さんには「お父さんの目を見て話さない」と「名前を呼ばない」ことを意識してもらい、やっぱり親の顔を見ない方がほんとの親子のような阿吽の呼吸が生まれると思います。また、脇を固める角田さんであり、柳川さんであり、朴璐美さんであったり、とにかくジャンルがぐちゃぐちゃで二度とない顔ぶれだと思います!そこにも注目してほしいです。

と作品への想いを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・

喬太郎さん:何も考えずに春がくるよ!という話なので、何も考えずにボーッと観てほしいですし、100 人いたら 100 人の 見どころを見つけていただけると嬉しです。 この映画を観終わった後で、食べるごはんがおいしくなると嬉しいです!

と暖かな春が来るかな・・・なイベントとなりました。

新宿武蔵野館/US シネマ千葉ニュータウンにて本日公開 渋谷ユーロスペースにて 2 月 25 日(土)より公開です。

公式サイト:springhascome.xyz

***********************************

監督・脚本・編集:吉野竜平
脚本:本田誠人(ペテカン)
製作:テトラカンパニー/メディア・トレーディング
出演:柳家喬太郎、石井杏奈、朴 璐美、角田晃広(東京 03)、柳川慶子、石橋けい、平子祐希(アルコ&ピース)、ラサール石井、山村紅葉
2017/日本/102 分/ビスタ
©『スプリング、ハズ、カム』製作委員会
配給:エレファントハウス
   


柳家喬太郎 x 石井杏奈『スプリング、ハズ、カム』場面写真到着


映画情報どっとこむ ralph 娘を知る、父を知るための可笑しくせつない、ご町内ロードムービー映画『スプリング、ハズ、カム』が2月18日(土)より全国公開となります。

本作は・・・

東京の大学に通うため、広島から上京して一人暮らしをすることになった璃子(石井杏奈)は、二月のある日、シングルファーザーの肇(柳家喬太郎) と二人で部屋探しに歩く。そこで出会う人々とのふれあいが二人の心にかけがえのない記憶を焼き付けていく。娘にとっては、ぶっきらぼうだが人情味あふれる父の愛を知り、亡き母が愛した一人の男性として父を見直す旅でもあり、父にとっては、少女から大人の女性へと成長する娘への「さようなら」を覚悟する旅であった…。

と、言う作品。

監督は、初長編「あかぼし」が自主製作にも関わらず第 25 回東京国際映画祭・日本映画ある視点部門に出品され、「映画芸術」では13年度邦画全作品中25位に選出された、注目の新鋭・吉野竜平さんです。

映画情報どっとこむ ralph 今回解禁された場面写真は・・・

二時間ドラマの女王ともいえる山村紅葉が初の本人役で登場!
山村紅葉が主演を務める二 時間サスペンスドラマ“江戸っ子刑事シリーズ”の撮影現場のシーン。

大学入学を数日後に控え、広島から上京して来た時田璃子(石井杏奈)と父の肇と一緒に東京で働く亡き母の妹・真希子(朴璐 美)が新宿の街を歩いているシーン。

それほど責任感がないよく喋る不動屋スタッフの酒巻(角田 晃広)の案内でアパートやマンションの物件を周るため、シングルファーザー時田肇(柳家喬太郎)と不動産屋を後にするシーン。

不動産屋にて嬉しそうに契約書を持つおじさん(ラサール石井)とその愛人がスマートファンを 片手に自撮りをしているシーンなど表情は様々だ。

映画情報どっとこむ ralph スプリング、ハズ、カム
公式サイト:springhascome.xyz

物語・・・
東京の大学に通うため、広島から上京して一人暮らしをすることになった璃子は、二月のある日、シングルファーザーの肇と二人で部屋探しに歩く。そこ で出会う人々とのふれあいが二人の心にかけがえのない記憶を焼き付けていく。娘にとっては、ぶっきらぼうだが人情味あふれる父の愛を知り、亡き母が 愛した一人の男性として父を見直す旅でもあり、父にとっては、少女から大人の女性へと成長する娘への「さようなら」を覚悟する旅であった…。

***********************************

監督・脚本・編集:吉野竜平
脚本:本田誠人(ペテカン)
製作:テトラカンパニー/メディア・トレーディング
出演:柳家喬太郎、石井杏奈、朴 璐美、角田晃広(東京 03)、柳川慶子、石橋けい、平子祐希(アルコ&ピース)、ラサール石井、山村紅葉
2017/日本/102 分/ビスタ
©『スプリング、ハズ、カム』製作委員会
配給:エレファントハウス
    



柳家喬太郎 x 石井杏奈『スプリング、ハズ、カム』公開決定!


映画情報どっとこむ mari この度、「あん」「淵に立つ」のエレファントハウスさん配給の映画『スプリング、ハズ、カム』の公開が 2017 年 2 月 18 日(土)に決定しました。

娘を知る、父を知るための可笑しくせつない、ご町内ロードムービーが誕生ました!
その公式サイトも本日より OPEN。

公式サイト:
springhascome.xyz

本作は、東京の大学に通うため、広島から上京して一人暮らしをすることに なった璃子は、二月のある日、シングルファーザーの肇と二人で部屋探しに歩 く。「

そこで出会う人々とのふれあいが二人の心にかけがえのない記憶を焼き付 けていく。娘にとっては、ぶっきらぼうだが人情味あふれる父の愛を知り、亡き母が愛した一人の男性として父を見直す旅でもあり、父にとっては、少女か ら大人の女性へと成長する娘への「さようなら」を覚悟する旅であった。

空を見上げながら幸せそうに微笑む肇(柳家喬太郎)と璃子(石井杏奈)。その二 人を取り囲むように叔母・真希子(朴璐美)、大家・田所(柳川慶子)、不動産屋・ 酒巻(角田晃広)が二人の旅の行方を温かく見守る姿が印象的なポスタービジュアルが完成。
%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%81%e3%83%8f%e3%82%ba%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%a0_%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc
映画情報どっとこむ mari 併せて今回解禁された場面写真では・・・・

肇と璃子がたこ焼き屋の店 前でたこ焼きをつつく仲睦ましい様子や向き合いながらテーブルに座って、ある一点を見つめてうっとりしているシーンや
%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%81%e3%83%8f%e3%82%ba%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%a0
引っ越し先の家の壁に軽くもたれ かかり、新しい生活へ思いを馳せながらもどこかせつない表情を浮かべる璃子。
%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%81%e3%83%8f%e3%82%ba%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%a0s1

男手ひとつで育てた娘と複雑な気持ちで東京の街を巡る父親の肇役を演じる のは、これが映画初主演となる柳家喬太郎さん。

鮮やかな語り口で江戸の町人から 現代のギャルまで自在に演じ分ける落語家さん。

娘の璃子には、E-girls の メンバーで、女優としても確かな演技力を見せる石井杏奈さん。広島弁の絶妙な掛け合いで好演しています。

映画情報どっとこむ mari 東京でふれあう人々には、カリスマ的人気声優の朴璐美、実力派コントグループ「東京03」の角田晃広、「ア ルコ&ピース」の平子祐希、最近注目度急上昇中の石橋けい、ラサール石井、さらに、二時間ドラマの女王とも いえる山村紅葉が本人役として登場。

監督は、初長編「あかぼし」が自主製作にも関わらず第 25 回東京国際映 画祭・日本映画ある視点部門に出品され、「映画芸術」では 13 年度邦画全作品中 25 位に選出された、注目の新 鋭・吉野竜平。インディーズから火がつきメジャーデビューを果たした、東京カランコロンが歌う「ひなげし」の郷愁を誘うメロディが作品世界を彩っている。
%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%80%81%e3%83%8f%e3%82%ba%e3%80%81%e3%82%ab%e3%83%a0s2
映画『スプリング、ハズ、カム

2017年2 月18 日(土)より新宿武蔵野館 公開。

その他、地方は喬太郎落語会に合わせて順次 巡業公開予定。

映画情報どっとこむ mari 物語・・・
東京の大学に通うため、広島から上京して一人暮らしをすることになった璃子は、二月のある日、シングルファーザーの肇と二人 で部屋探しに歩く。そこで出会う人々とのふれあいが二人の心にかけがえのない記憶を焼き付けていく。娘にとっては、ぶっきら ぼうだが人情味あふれる父の愛を知り、亡き母が愛した一人の男性として父を見直す旅でもあり、父にとっては、少女から大人の 女性へと成長する娘への「さようなら」を覚悟する旅であった…。

***********************************

監督・脚本・編集:吉野竜平
脚本:本田誠人(ペテカン)
製作:テトラカンパニー/メディア・トレーディング
出演:柳家喬太郎、石井杏奈、朴 璐美、角田晃広(東京 03)、柳川慶子、石橋けい、平子祐希(アルコ&ピース)、ラサール石井