「染谷将太」タグアーカイブ

松田龍平、豊田利晃監督 登壇台湾プレミア!「泣き虫しょったんの奇跡」


映画情報どっとこむ ralph この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。

主演を務める松田龍平さんほか、野田洋次郎さん、永山絢斗さん、染谷将太さん、妻夫木聡さん、松たか子さん、國村隼さんといった<主役級>の豪華キャストが集結!本年度の第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品された話題作が、現在、全国の劇場で絶賛ロードショー中!

この度、台湾で本作のプレミア上映が行われ、松田龍平さん、豊田利晃監督が登壇し、舞台挨拶が行われました。


「松田龍平 最高」という手作りのパネルを持つ観客も見られる中、満席となった会場にゲストらが上映前の舞台に登壇!

場内は一気に黄色い歓声に包みこまれる中、そのまま松田さんと監督も席に腰掛け、観客らと共に本編を鑑賞。

劇中、様々なシーンで笑いが起き、上映後には拍手が沸き起こった!
映画情報どっとこむ ralph そして、その後に観客からの質問に答える“ティーチイン”。

まずは女性客から「この映画に想い入れのあるシーンは?」と問われ

松田さん:奨励会でのシーンがキツかったので、奨励会を退会した後、家のシーンの撮影の時はホッとしたのは覚えています。

と回顧。一方で

豊田監督:やっぱり小学校の先生が松たか子さんだったら最高だなと。そのシーンが、一番夢が叶ったシーンですね。

と即答すると、会場では笑い声が響き渡った。


続く男性客からは、「実際にプロ棋士がたくさん出演されていますが、プロ棋士と対局してみていかがでしたか?プロ棋士の演技についての感想は?」という質問。

豊田監督:プロの将棋指しというのは、皆さん侍のように度胸があって、演技をつけなくても自然に芝居してくれたので助かりました。

と語り、一方で

松田さん:プロ棋士の方たちは皆さん個性があって。劇中の対局シーンでピンク色のスーツを着てらっしゃる神吉宏充さんとか…

と呟くと、監督が(神吉氏が)奨励会時代の先輩だったことを明かすと、会場からは驚きの声があがった。

また、今度は女性客から監督に、「映画全体で一番難しかった撮影はどこですか?」と質問が及ぶと、

豊田監督:やっぱり泣くシーンが一番難しくて。色んな方に涙してもらったんですけど、中学時代の晶司を演じた窪塚愛流の泣くシーンは、てこずりましたね。なかなか涙が出なくて・・・。

と撮影時の苦労を明かした。一方で同じ女性客から、「泣くシーンと泥沼に沈んでいくシーンは、どちらが難しかったのでしょうか?」と松田に質問が向けられ、

松田さん:もちろん泣くシーンでした。劇中でも特に辛い場面だったので。泥沼のシーンは、2回ほど撮影させてもらったんです。撮影は大変そうに見えるかもしれないですが、実はあの泥が美容に良くて。お肌ツルツルになりました(笑)

と満足げで語ると、場内は大爆笑!


さらに話題は本作でしょったんの親友役を演じた野田洋次郎に。「松田さんは野田さんに演技面でのアドバイスなどはされましたか?」という観客からの質問に、

松田さん:まったくないです。逆に僕がすごく助けられることが多かったですね。普段から仲良くしている友人でもあるので、そういう意味でも演じながら“ここからここまでがお芝居”という境界線がなく仕事が出来て、ホッとしました。本当に彼には感謝の気持ちしかないです。

と熱く語ると、観客たちは真剣な様子で静かに耳を傾けていた。

また、イベントでは日本語で質問をする男性客の姿も!
台湾で日本語学校に勤務しているという男性が「この映画は小学校の先生が重要な役を担っていましたが、松田さんが小学校の頃、先生に言われた一言で心に残っているものがあれば、教えていただきたいです」と伝えると、


松田あん:中学生くらいの時に、先生に職員室に呼ばれたことがあって。よくそこで説教されていたんですが、その先生とはよく職員室で話をしたのは今でも覚えていますね。

と懐かしんだ。

場内のあちこちで質問の手が上がる中、イベントでは監督と松田のサイン入りのポスターを観客の中から抽選で1名にプレゼント。

当選した観客は喜びのあまり腰を抜かしそうになりながらも、プレゼントを受け取り、さらに松田と握手も交わす姿も見られた。最後には監督と松田が300名もの観客と記念撮影を行い、最後まで熱気漂う中、ゲストらは会場をあとにしました。

映画情報どっとこむ ralph
泣き虫しょったんの奇跡

物語・・・・
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる――。

***********************************

監督・脚本:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
原作:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP 
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社
    


千原ジュニア、渋川清彦、新井浩文ら登壇!豊田組キャスト交流トーク「泣き虫しょったんの奇跡」


映画情報どっとこむ ralph この度、将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)が、豊田利晃監督により映画化。

主演を務める松田龍平ほか、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、妻夫木聡、松たか子、國村隼といった<主役級>の豪華キャストが集結!本年度の第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門に正式出品された話題作が、現在、全国の劇場で絶賛ロードショー中!


幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)は、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」というプロ棋士養成機関・奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されてしまう―。一度は夢破れた“しょったん”が、周囲の人々に支えられながら、史上初めて奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた奇跡の実話を描く。

この度、本作の公開と豊田監督の20周年写真集『MOVIE STILLS FROM TOSHIAKI TOYODA FILMS 1998-2018』の発売を記念した“豊田利晃監督オールナイトミーティング”が開催され、ゲストに、千原ジュニア、渋川清彦、新井浩文、豊田利晃監督らが登壇し、舞台挨拶が実施されました。

映画情報どっとこむ ralph 監督が「『ポルノスター』が公開された際に月に一度、監督と千原兄弟が朝まで行っていたライブ」と説明する本イベントには、深い時間にも関わらず多くの客が訪れ場内は満席に。ゲストらが登場するとそれぞれ一言ずつ挨拶しイベントはスタート。
本イベントでは、『ポルノスター』(98)、『UNCHAINアンチェイン』(01)、『青い春』(02)の三本が上映されるが、まず話題は千原ジュニアが主演を務め、渋川も出演し映画デビュー作となった『ポルノスター』に。主演に迎えた千原について、大阪で知り合いよく遊ぶ間柄だったという。監督は「当時、彼が19歳で、僕が24歳。ジュニアを主演に映画を撮ると決めて、それが実現した作品ですね」と振り返る。一方当時の撮影現場について、「友達からのスタートだったので、「豊田!」とも呼べないし、無理して「監督」と呼ぶようにしてたのは覚えてますね」と茶目っ気たっぷりに明かした千原。さらに「当時、豊田と映画の試写に行ったことがあって。その日は豊田の実家に泊まらせてもらって寝ていたんですが、ふと起きると豊田が勉強机で何か書いているのに気づいて。何してんやろと思ったら、数時間前に観た映画の“自分だったらこう脚本を書く”というのを、一人でひたすら書いていて。それを見て、ほんまに映画好きなんやなと感じましたね」と明かし、監督の並々ならぬ“映画愛”が垣間見えるエピソードも飛び出した。

映画情報どっとこむ ralph 一方で、監督との出会いは『UNCHAINアンチェイン』の試写を観に行ったことがキッカケだったと明かしたのは、新井浩文。その後、オーディションを経て『青い春』への出演に至るが、監督は「新井が演じた青木役を、色んなところから『やりたい』という声は上がっていたんですが、全部跳ね飛ばした」といい、「映画的には(松田)龍平と対照的な雰囲気が良いなと」抜擢した理由を明かした。さらに『青い春』にも出演している渋川は「ワンシーンのみの出演でしたが、監督から何か面白いことをやるように要求されて。毎作品そうですが、大変でしたね。必死に食らいついてました」と本作について振り返る。一方で、監督は新井演じる青木が屋上で立ち尽くすシーンの撮影が楽しかったと語る。「夕方から撮影を開始し、カットをかけたのは朝8時で。“撮ってる”という充足感がたまらなかった。なかなかないワンカットですよね」と回顧。同時にクランクアップの日であったこともあり、印象的だったという。そんな本作から16年が経過しているものの、今もなお監督と“豊田組”キャストらは頻繁に交流しているそうで、新井は「“豊田組”は絆が深いと思います。男同士、みんな仲良いんです」と明かした。

そして話は、既に鑑賞し「すごく良かった!役者さん全員良かったですよね」と千原も大絶賛する、現在公開中の『泣き虫しょったんの奇跡』に。個性的な奨励会員・清又役を演じた新井は「うちは松田龍平が大好きなんで。改めて龍平はスゴいなと感じましたね。監督が元々奨励会にいたこともあって、将棋のシーンも他の将棋映画に比べてかなりこだわっていて。スゴい作品が出来たなと」と、改めて本作の魅力を力説した。さらに、本作で主人公・しょったんに対し、藤田(小林薫)と共にプロ編入試験の話を持ち掛ける新聞記者・新條役を演じた三浦誠己に対し、千原は「『ポルノスター』を撮ってるときに現場で付き人に近い仕事をしていて。だからこうやって豊田作品に役者として出ている姿を見ると、感慨深いですね」と語るなど、本イベントならではの貴重な裏話も飛び出した。

イベントの最後は、ゲストが一言ずつ挨拶。そして監督が「たくさんの方にお集まりいただけて嬉しいです。最後まで楽しんでください」と、これからオールナイトで上映される『ポルノスター』、『UNCHAINアンチェイン』、『青い春』を鑑賞する観客に向けメッセージを送ると、大きな拍手が沸き起こる中、ゲストらは会場をあとにした。

映画情報どっとこむ ralph 泣き虫しょったんの奇跡
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる。

***********************************

監督・脚本:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
原作:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会 ©瀬川晶司/講談社


現場はワチャワチャ!疲れるまで楽しんだ!柄本佑、石橋静河、染谷将太ら『きみの鳥はうたえる』初日挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、『海炭市叙景』(10)、『そこのみにて光輝く』(14)、『オーバー・フェンス』(16)と代表作が次々に映画化され、選集や評伝も出版されるなど、改めて再評価の波が続く函館出身の小説家、佐藤泰志の初期最高傑作と呼ばれる同名小説の映画化『きみの鳥はうたえる』がいよいよ9月1日(土)より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほかにて全国公開となり。

本作のメインキャストの柄本佑さん、石橋静河さん、染谷将太さんに加え、出演者の足立智充さん、山本亜依さん、柴田貴哉さん、そして三宅唱監督が登壇して初日舞台挨拶が行われ、小劇団感イッパイなイベントとなりました!

『きみの鳥はうたえる』初日舞台挨拶 イベント
日時:9月1日(土)
場所:新宿武蔵野館(新宿区新宿3丁目27−10 武蔵野ビル 3F)
登壇:柄本佑、石橋静河、染谷将太、足立智充、山本亜依、柴田貴哉、三宅唱監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられた、キャストと監督。一言挨拶の後、撮影の印象や思いを語ることに。

柄本さん:撮影の雰囲気は・・・割とわちゃわちゃでしたね。三人で戯れているところは監督も交えて戯れて。監督がい無くなって撮るか演出。結構疲れました!真剣に疲れました。豊かな現場でした。

石橋さん:函館についたところから、たくさん笑ったし、たくさん食べたし、たくさん飲みました!本当に疲れた良い時間でした!

染谷さん:疲れるまで楽しんだ現場でしたね。楽しむのって疲れるんだなって知りました!佑さんが笑わしてくれて、
柄本さん:ちょっと壊れてたよね。おれ。

と、ワイワイして撮影したご様子の3人と監督。


足立さん:楽しかったです。一度帰ってまた戻ってみたら、みんないい顔してて。ずっと居たかったなと思いました。
と、ちょっと羨まし気。

初々しいを絵にかいたような、緊張が伝わってくる山本さんは・・・

山本さん:私にとって、初出演の映画でした。1週間いたのですが、スクリーンで今まで観てきた大先輩たちが得るものが多かったです。撮影の合間も話しかけて下さって。美味しいもの食べたり、写真を撮ったり。良い1週間でした。楽しかったです。

柄本さん:ホントイイ子だよね。。

と、ぽろり。

柴田さん:楽しかったな。3人の雰囲気が良くて羨ましかったです。ずっとバイト(役)してました。

そもそもこの映画に出演した経緯を聞かれ


柄本さん:三年前に、初台で舞台やってて、その時に監督からSNSで会いたいと。初台の新国立裏で焼肉を食べながら映画を撮りませんかと。是非と。感慨深そうに見えないかもしれませんが・・・感慨深いなと思ってます。でも、僕が終わるの・・・寂しいね。

三宅監督:素晴らしい俳優たちが佐藤泰志さんの作品と言う大きな器の中で僕たちが自由にさせていただきましたし。函館の方たちの協力で溶け込むような映像になっていると思います。僕にとって大事な作品になりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
柄本さん:真剣に遊んで、真剣に楽しんで、こういう作品が出来ました。挑戦した映画です。観終えたら彼らと一緒に劇場をでたつもりでお帰り下さい!映画の中に入っていける映画だと自負しています。

石橋さん:娘がお嫁に行く気持ちです。寂しいです。皆さん多くの方に伝えて下さい!友達に、家族に、知らない人に広めて下さい!(笑)
染谷さん:我々と一緒の時間を楽しんでいただけるように、あの時間を過ごしていたんだなと。寂しいですが、皆さんに届けば。
足立さん:参加して楽しく、観ても楽しかった作品です。観てくれた方と共有できれば、嬉しいな。と思います。
山本さん:この映画を観て、函館の音や色や景色そういうものも含めて、凄く素敵な映画です。沢山の皆さんい観ていただきたいです。
柴田さん:新しい映画だと思います。気づいて欲しい!

三宅監督:函館の映画館シネマアイリスの開館 20 周年を記念で、映画館が映画を創ろう!という企画に混ぜてもらいました。それがこうして作品となり、皆さんがこうして映画館に足を運んでくれて。映画館中心にいろんな体験できるのを嬉しく思っています。


きみの鳥はうたえる

公式HP:
kiminotori.com

あらすじ・・・
函館郊外の書店で働く「僕」(柄本佑)と一緒に暮らす失業中の静雄(染谷将太)。「僕」と同じ書店で働く佐知子(石橋静河)が加わり、3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった。
***********************************

函館シネマアイリス開館20周年記念作品『きみの鳥はうたえる』2018年/106分/2.35/カラー/5.1ch
出演:柄本佑 石橋静河 染谷将太 足立智充 山本亜依 柴田貴哉 水間ロン OMSB Hi’Spec 渡辺真起子 萩原聖人
脚本・監督:三宅唱/原作:佐藤泰志(「きみの鳥はうたえる」河出書房新社/クレイン刊)/音楽:Hi’Spec/撮影:四宮秀俊/照明:秋山恵二郎/録音:川井崇満/美術:井上心平/企画・製作・プロデュース:菅原和博/プロデューサー:松井宏/製作:函館シネマアイリス/制作:Pigdom/配給:コピアポア・フィルム、函館シネマアイリス
© HAKODATE CINEMA IRIS


柄本佑・石橋静河・染谷将太『きみの鳥はうたえる』メインビジュアル&本予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 函館の夏、僕たち 3 人はいつも一緒だった。

この度、解禁された本ビジュアルは、ティザービジュアルの夜のクラブでのシーンから一転、函館の柔らかい光に包まれ、何かを決意 したような3人の、それぞれの表情を捉えたビジュアルになっている。
「この夏が、いつまでも続くような気がした」というコピーも 添えられ、この3人がどのように、ひと夏を過ごし、終わりをむかえることになるのか気になるところ。


そして、本ビジュアルと同時に解禁となった本予告では、柄本佑演じる 「僕」と石橋静河演じる佐知子が、親密に肌を寄せて微笑みあい、キスをするシーンから始まります。




そんななか、「僕」と同居し ている、染谷将太演じる静雄がちょうど帰ってきてしまい、二人の様子をうかかがいつつ、そっとドアを閉める姿も。

一緒になった「僕」と佐知子に、静雄も加わり、<僕たち3人はいつも一緒にいた>という字幕が示すように、夜通し酒を飲み、 踊り、笑いあう 3 人の楽し気に過ごす日々が描かれている。


続くシーンでは、萩原聖人演じる本屋の店長が、二日酔いで出勤する「僕」をいさめる姿、渡辺真紀子演じる静雄の母親が、静雄に 「飲みすぎだよ」と心配される姿を映し出し、さらには佐知子が 「若さってなくなっちゃうものなのかな?」と同僚らしき女性に話 す台詞がかぶさり、3 人の楽しかった日々がいつか終わる予感を暗 示させるものとなっている。 そして、ラストでは部屋で思い悩む佐知子の姿、そして今まで見せなかった真剣な表情で「佐知子!」と叫ぶ「僕」の姿をとらえて予告編は終わっている。

映画情報どっとこむ ralph きみの鳥はうたえる

8月25日(土)函館シネマアイリス先行公開 9月1日 (土)新宿武蔵野館 、 渋谷ユーロスペースほかロードショー!
以降全国順次公開!

公式 HP:kiminotori.com

本作は、『海炭市叙景』(10)、『そこのみにて光輝く』(14)、『オーバー・フェンス』(16)と代表作 が次々に映画化され、選集や評伝も出版されるなど、改めて再評価の波が続く函館出身の小説家、佐藤泰志の 初期最高傑作と呼ばれる同名小説の映画化。原作の骨格はそのままに、舞台を東京から函館にうつし、現代の 物語として、みずみずしく息を吹きかえした。

監督を務めたのは、『Playback』(12)、『THE COCKPIT』(15)など意欲的な作品を制作してきた三宅唱。新鋭監督と若手実力派俳優がつくりだした、今 を生きる私たちのための青春映画がここに誕生した。

***********************************

2018 年/106 分/2.35/カラー/5.1ch
出演:柄本佑 石橋静河 染谷将太 足立智充 山本亜依 柴田貴哉 水間ロン OMSB Hi’Spec 渡辺真起子 萩原聖人
脚本・監督:三宅唱
原作:佐藤泰志(「きみの鳥はうたえる」河出書房新社/クレイン刊)
音楽:Hi’Spec/撮影:四宮秀俊
照明:秋山恵二郎
録音:川井崇満
美術:井上心平
企画・製作・プロデュース:菅原和博
プロデューサー:松井宏
製作:函館シネマアイリス
制作:Pigdom
配給:コピアポア・フィルム、函館シネマアイリス
© HAKODATE CINEMA IRIS


新井浩文がシュールな棋士:清又勝のキャラクター写真到着!『泣き虫しょったんの奇跡』


映画情報どっとこむ ralph 将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士・瀬川晶司五段の自伝的作品「泣き虫しょったんの奇跡」が、豊田利晃監督により映画化。

松田龍平さんが『青い春』以来16年ぶりに豊田作品で単独主演を務めるほか、野田洋次郎さん、永山絢斗さん、染谷将太さん、妻夫木聡さん、松たか子さん、國村隼さんといった<主役級>の豪華キャストが集結した本作は、今秋より全国ロードショーとなります。(鳩森八幡神社将棋堂でヒット祈願!の模様はこちら

映画情報どっとこむ ralph この度、個性的な登場人物たちが顔を揃える本作の中でも、ひときわ“強烈なインパクト”を放つ、新井浩文さん演じる清又勝のキャラクター写真が公開となった!

また今回、晶司と清又の試合を始め、対局シーンの撮影では、瀬川五段の協力を仰ぎ入念な将棋指導が施されたという。

瀬川五段:最初とは段違いに上手くなった。

とその将棋の腕前に称賛を送るのは、自身の役を務めた松田さん。その様子を傍で見届けていた

新井さん:その昔、香車が歩を飛び越えて指していた松田さんが、めちゃくちゃ強くなっていてびっくりしました。

と、付き合いの長さを思わせる独特の表現で松田さんの成長ぶりを語っている。現在も第一線で活躍する異色のプロ棋士・“瀬川晶司”を見事に体現した松田さんと、一癖も二癖もある個性派キャラを演じきり、観る者に強烈な印象を残した新井さんです。

映画情報どっとこむ ralph そんなふたりの手に汗握る対局シーンに注目です!!

“異色の棋士”が起こす将棋界の歴史を変えた奇跡の実話を描く、

泣き虫しょったんの奇跡

は今秋全国ロードショー!

幼い頃から将棋一筋で生きてきた“しょったん”こと瀬川晶司(松田)は、「26歳の誕生日を迎えるまでに四段昇段できないものは退会」というプロ棋士養成機関・奨励会の規定により、26歳にして人生の目標を失い社会の荒波に放り出されてしまう―。本作は、一度は夢破れた“しょったん”が、周囲の人々に支えられながら、史上初めて奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた奇跡の実話を描く。

物語・・・
史上初! 奨励会退会からのプロ編入という偉業を成し遂げた男の感動の実話
26歳。それはプロ棋士へのタイムリミット。小学生のころから将棋一筋で生きてきたしょったんこと瀬川晶司の夢は、年齢制限の壁にぶつかりあっけなく断たれた。将棋と縁を切りサラリーマンとして暮らしていたしょったんは、アマ名人になっていた親友の悠野ら周囲の人々に支えられ、将棋を再開することに。プロを目指すという重圧から解放され、その面白さ、楽しさを改めて痛感する。「やっぱり、プロになりたい―」。35歳、しょったんの人生を賭けた二度目の挑戦が始まる。

***********************************

監督:豊田利晃(『青い春』『クローズEXPLODE』)
脚本:瀬川晶司「泣き虫しょったんの奇跡」(講談社文庫刊)
音楽:照井利幸
出演:松田龍平、野田洋次郎、永山絢斗、染谷将太、渋川清彦、駒木根隆介、新井浩文、早乙女太一、妻夫木聡、松たか子、美保純、イッセー尾形、小林薫、國村隼
製作幹事:WOWOW/VAP
制作:ホリプロ/エフ・プロジェクト
©2018『泣き虫しょったんの奇跡』製作委員会
©瀬川晶司/講談社