「柄本明」タグアーカイブ

綾野剛、前田敦子を横にセンターで恐縮(笑)『武曲 MUKOKU』完成披露試写会


映画情報どっとこむ ralph 熊切和嘉監督×綾野剛主演×村上虹郎で、“現代の侍”ふたりの決闘と彼らの運命が交錯する様を描く『武曲 MUKOKU』6月3日公開。

今回、豪華登壇者を迎えて完成披露試写会を行い、それぞれキャストが自身のライバルについてなどたっぷり語りました!はたして綾野剛のライバルとは・・・

『武曲 MUKOKU』完成披露試写会
日時:5月15日(月)
会場:よみうり大手町ホール
登壇(予定):綾野剛、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明、熊切和嘉監督

映画情報どっとこむ ralph 武田双雲さんの題字が浮かぶ舞台に主要キャストが並ぶ姿は豪華

綾野さん:非常に男臭い映画に仕上がっています。

村上さん:最高にカッコいい映画になっています!体感してください。

熊切監督:熱量のある映画になったと思います。

との挨拶からスタート。現代の侍のようなたたずまいの役について聞かれた綾野さんは、
綾野さん:5年前に、熊切組に入れる喜びで地に足がついていませんでした。またやりたいなと思っていたのですが、それから5年がたち。鮮度を高めて最高の素材となれるよう精進してました。クランクインの前に 2か月取れたので剣道の練習と肉体エクササイズをやりました。アスリートな精神状態で現場に入れたのは良かったです。それからアルコールも断っていたので、そのフラストレーションを撮影を叩き込みました。

そのかいあって、映画で素晴らしい肉体が披露されています。村上さんは原作を綾野さんから進められて読んだそうで、
村上さん:作品に入る前に原作を映画化するかどうかの前に読んでって言われました。その時ドラマの途中で。 実は、僕のドラマ撮影が終わるまで待っていただいていたそうで。でもプレッシャーはなかったです。アクションシーンは雨と、風と炭が降ってきます。そんなかで、ドロドロの中で、男二人ぐちゃくチャイになってます。でも楽しかったです。

綾野さん:僕は映画か知っていたんですけど、この役、虹郎にあってるから読んでって!半分企てたんです。見事に引っかかってくれました。

オファーが綾野さん切っ掛けだったことが披露されました。

映画情報どっとこむ ralph 宿命のライバルの男性の中女性から見打て印象的なのは
前田さん:男の人って格好良いなと、女には入っていけない熱いものがあるなと思いました。はいる隙間なかったんです。スタッフさんも含めて熱くって。二人の決闘シーンは凄いことになってます。すごいです。

と男x男に圧倒されていたご様子。続けて風吹さんは
風吹さん:この戦いは映画史に語り継がれるのではないかと。よく死ななかったなと。みなさんの印象に残ると思います。男性だったら真似したくなりそうですが、剣道人気が上がるのではと。大人目線だと・・・子育てが下手くそな小林さんと賢い柄本さんの親の話としても見ていただきたいです。感じていただきたいです。

ここで話が出た大人組の剣道の達人の二人の役を演じる、小林さんと柄本さんは実際に役作りは
小林さん:柄本さんどうなの?

柄本さん:そんなにやってない。でも、道場行ったりしてたんで。

小林さん:7段の役。見えるか見えないか監督に聞きながら演じました。

熊切監督:今言ってたように、素振りとかはお願いしましたが、綾野君と虹郎君には剣道の稽古してもらって。あとはカット割りに逃げずに、一連で撮るようにはしました。

綾野さん:体育館のシーンはワンカットです。痺れました。

綾野さんをしびれさせたシーンは是非劇場でチェック!

映画情報どっとこむ ralph ライバルの壮絶な戦いを描く本作に因、ライバルを聞かれると・・・
綾野さん:今回の役も研さん、ドラマも研さん対決。ライバルは研さんで。

村上さん:両親。業界にいることも。そうじゃなくてもライバルです。

前田さん:AKBの時は周りからライバルと言われて存在があったのですが、今はないですよね。でも、切磋琢磨できるライバルがいるのは幸せですよね。

綾野さん:今、気づいた・・・僕がセンターに立っちゃってる(笑)ココがライバルかも・・・

風吹さん:役者は一匹狼なので・・・根性がないのでライバルは置きません。でも、いたらもっと伸びてたかも(笑)

小林さん:柄本さんかな・・・どっちが先に病院にね。(笑)

柄本さん:僕は名前を出します!劇団の佐藤B作と笹野隆です。

熊切監督:自分の過去作ですね。

映画情報どっとこむ ralph
最後に・・・

綾野さん:映画武曲いろんな感情が入り混じった作品です。誰しもが子供であったということと、生きていることが希望であると言うことを体感してください。虹郎君と渾身の剣道をしていますので、よろしくお願いします。

記者:綾野さんのカメラマンへの気遣いいたみ入ります。感謝です。優しい。

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。



『武曲 MUKOKU』

公式HP:
mukoku.com

公式Twitter:
@MUKOKU_movie 
 
***********************************

武曲 MUKOKU 
原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛  村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明   
監督:熊切和嘉   
脚本:高田亮   
音楽:池永正二   
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会


オフショットが盛り沢山!『#猫忍』特別映像到着!


映画情報どっとこむ ralph 「猫」+「時代劇」の斬新な組み合わせで癒し時代劇という新ジャンルで世間を席巻した「猫侍」。その「猫侍」製作チームが再び贈る、新たな痛快癒し活劇、映画『猫忍』が5/20(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショーとなります。


生き別れた父そっくりのデブ猫(金時)に遭遇。

霧生忍者の久世陽炎太(大野拓朗)は、忍び込んだ屋敷で、なぜかその猫が、秘伝【変化の術】で化けた父・久世剣山(船越英一郎)だと思い込んでしまった陽炎太。青年は、父を元の姿に戻さんと抜忍となり【秘伝の巻物】を探す旅に出る。だが、抜忍となった陽炎太を追う霧生忍者の魔の手はすぐそこに迫っていた…。

映画情報どっとこむ ralph この度、解禁された特別映像には・・・



デブ猫ネコ金時の撮影時の貴重なオフショットが盛り沢山!主演の大野拓朗のあまりの溺愛ぶりで金時に頬ずりするなど、微笑ましい撮影現場の様子を窺うことができる。また久世剣山役の船越英一郎と子供時代の久世陽炎太を演じた

鈴木福くん:ドラマ「猫忍」でモヤモヤしていた部分、明かされなかった秘密がついに映画『猫忍』で解き明かされます!

と本作の魅力を語るほか、大野拓朗はじめ麿赤児まで本作の豪華主要キャストからのメッセージも収録されてます。


映画情報どっとこむ ralph 映画『猫忍』

は、5/20(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

主人公のイケメン忍者・陽炎太を演じるのは、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」など話題作に抜擢され、最も注目される若手演技派俳優の大野拓朗。そして、陽炎太の父親、剣山を演じるのは、名優・船越英一郎。そのほか、佐藤江梨子、藤本泉、渋川清彦、鈴木福、永澤俊矢、柄本明、麿赤兒といった人気・実力を兼ね備えた面々が集結。そして「猫侍」でブレイクした“あなご”と“春馬”に続くネクスト猫スターに抜擢されたのは、「父上」役を演じる貫禄たっぷりのオヤジ猫“金時”!ゆとり系忍者とメタボ猫、そして奇奇怪怪な面々が壮大なロケーションの中、いまだかつてない笑いと癒しの大旋風を巻き起こす!

あらすじ・・・
時は、泰平―。霧生忍者の久世陽炎太(大野拓朗)は、忍び込んだ屋敷で、生き別れた父そっくりのデブ猫(金時)に遭遇。なぜかその猫が、秘伝【変化の術】で化けた父・久世剣山(船越英一郎)だと思い込んでしまった陽炎太。青年は、父を元の姿に戻さんと抜忍となり【秘伝の巻物】を探す旅に出る。だが、抜忍となった陽炎太を追う霧生忍者の魔の手はすぐそこに迫っていた…。

***********************************

大野拓朗 佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢/ 柄本明 麿赤兒 / 船越英一郎

語り:森本レオ
監督:渡辺武
脚本:永森裕二/黒木久勝/池谷雅夫 2017/日本/未定分/カラー
(C)2017「猫忍」製作委員会

企画・配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ラインバック
製作:「猫忍」製作委員会
       


大野拓朗とネコの金時も駆けつけた『猫忍』舞台挨拶@第9回沖縄国際映画祭


映画情報どっとこむ ralph 4月21日(金)、北谷町のミハマ7 で『猫忍』の舞台挨拶が行われました。
特別招待作品の『猫忍』は、猫と時代劇という異色のコラボが注目されヒットを記録した『猫侍』のスタッフが贈る、笑いと癒しの新たな時代劇。

会場には、監督の渡辺武さんと主役の忍者を演じた大野拓朗さん、そして、“父上”を演じたネコの金時が駆けつけました。


日付:4月21日(金)
場所:沖縄・ミハマ7プレックス
登壇:大野拓朗 金時(ネコ) 渡辺武監督

映画情報どっとこむ ralph 舞台挨拶の冒頭で最初に質問が出たのは、この映画の見どころについて。

『猫忍』がTVドラマとして放映されていたことを受け、

渡辺監督:佐藤江梨子さん、柄本明さんなどの豪華なキャストが、ドラマ版 レギュラーメンバーと繰り広げるやりとりをぜひ楽しんでほしいです。

と話すと大野さんは

大野さん:ドラマ版とは違う圧倒的な空気感に僕自身もドキドキしました。

と加えます。

主役の忍者、久世陽炎太を支える忍者を演じるのは、日光江戸村で忍者として活躍する皆さんたち。

大野さんの演技を要所要所で支える本格的な技も楽しみのひとつです。

大野さん:忍者ものといえば CGを活用した格好よさが主流かもしれませんが、『猫忍』は昔懐かしいアナログがベースです。例えば、忍者ものでおなじみの水遁の術のシーンは、昔ながらの情緒があって、 “人力”で一所懸命演じたからこその感動をきっと味わってもらえるはずです。アクションも一層本格的なので、注目していただきたいです!

と大野さんが満面の笑顔で語ってくれました。

映画情報どっとこむ ralph そして、この『猫忍』で忘れてはいけないのが“もう一人”の主役、ネコの金時。
癒しの時代劇に欠かせない金時の活躍を絶妙に引き出したのが、前作『猫侍』と同じスタッフさんたち。

大野さん:金時にカメラ目線をもらう時の『金ちゃーん』という黄色い声が忘れられない。金時の存在で撮影現場がとても楽しかったですね。

と振り返っていました。

渡辺監督:(ネコを)深追いしないのがポイントです。

と語る渡辺監督自身も、プライベートではネコが大好きだそう。


映画情報どっとこむ ralph 最後に

大野さん:映画のキャ チコピーにもあるように笑いと癒しの時代劇です。僕以外はすべての役者さんが個性的でユニークですし、見終わった後に、ほっこりした気分になれるはずです。

渡辺監督:ネコと一緒に旅に出るというわかりやすい トーリーで、子どもから大人まで楽しめる作品に仕上がっています。

という自信のこもった言葉で舞台挨拶を締めくくりました。
島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭
9th OKINAWA INTERNATIONAL MOVIE FESTIVAL
開催期間:2017年4月20日(木) ~ 23日(日)



『猫忍』

は、5月20日より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー。

***********************************

大野拓朗 金時(猫) 佐藤江梨子 藤本泉 渋川清彦 鈴木福 ふせえり 永澤俊矢 / 柄本明 麿赤兒 / 船越英一郎

語り:森本レオ
監督:渡辺武
脚本:永森裕二/黒木久勝/池谷雅夫
企画・配給:AMGエンタテインメント
制作プロダクション:ラインバック
製作:「猫忍」製作委員会
2017/日本/約95分/カラー
(C)2017「猫忍」製作委員会
   


熊切和嘉監督『武曲 MUKOKU』に小松菜奈、阪本監督、川上洋平 ら続々コメント!


映画情報どっとこむ ralph 破滅か、救いか―

『私の男』の熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』が、6月3日(土)より全国ロードショーとなります。
闘うことでしか生きられない二人の男を捉えた、激しくかつエモーショナルな本作をいち早く鑑賞した各界の著名人達から、絶賛コメントが続々到着しました!

映画情報どっとこむ ralph 『武曲 MUKOKU』に寄せられた絶賛コメント (順不同)

Mummy-D[ライムスター](ラッパー)
この映画はとてつもなくリアルだ。
ラップも剣道も呑んだくれも全てやった俺が言うんだから間違いない。

小松菜奈(モデル/女優)
昔の映画みたいな画はとても独特で、2人の獣のような鋭さ・臨場感・静まる緊張感。
自分の息をのんでしまうほど画面に吸い込まれる。
そこに生きる葛藤や弱さ・ブレだったり、ぶつかったり、逃げたり・・・それも人間なんだと思った。
綾野剛さんや村上虹郎さんの表情1つ1つが魅力的でなんかずっとみていたいと感じました。

阪本順治(映画監督)
類をみない世界観を描くのが熊切映画の真骨頂。観逃せば、あなたの人生において“世界を一つ”損じるも同然。孤立無援の渾身作!

阿部嘉昭(評論家・北海道大学准教授)
綾野剛の酔態が凄い舞踏に思える。何という身体能力。それが村上虹郎にエモーションのすべてを架ける。この映画はすべてだ。

Hilcrhyme(アーティスト)
人間として、日本人としての大切な部分が剣道を通じて描かれていました。

長崎尚志(漫画原作者・小説家)
熊切監督がまた壮絶で残酷で耽美――
そして、とびきり面白い世界を創りあげた。これは時代を超えた剣豪時代劇だ!!

Alexandros 川上洋平(ミュージシャン)
斬っても、斬っても断ち切れない感情があり、決して切れない関係がある。それでも男達は斬る。いや~カッコいい。最後唸りました。

山下敦弘(映画監督)
真正面から対象に向き合う熊さんの演出と、それに応える俳優たち。
そして、熱量のあるスタッフの才能が混ざり合い、ドロドロになって滲み出るのは、ただただ弱い人間たちの姿だった。熊さんはいつも力強い筆で弱い人間たちを描き切る。『武曲』は熊さんにしか作れない美しい映画だと思った。

呉美保(映画監督)
この映画と心中してもいい、きっとそんな思いで臨んだのではないだろうか。刹那、業、魂の叫び、めくるめく綾野剛は、身悶えするほど美しい。

映画情報どっとこむ ralph 物語・・・

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。

武曲 MUKOKU

URL:mukoku.com
公式Twitter:@MUKOKU_movie
公式Fafebook:@MUKOKU.movie

***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明

監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会


闘う男の色気 綾野剛×村上虹郎 場面写到着!『武曲 MUKOKU』


映画情報どっとこむ ralph 『私の男』の熊切和嘉監督最新作『武曲 MUKOKU』の公開日が、6月3日(土)に公開となります!

破滅か、救いか―
闘うことでしか生きられない男たち 激しく燃えさかる魂の対決!


本日4月13日は、慶長17年旧暦4月13日、船島(巌流島)で宮本武蔵と佐々木小次郎の決闘が行われたことに由来した<決闘の日>。

それにちなんで、決闘に臨む男たちを捉えた本ビジュアルと新場面写真が一挙解禁! 

映画情報どっとこむ ralph 本ビジュアルは、生きる気力を失いどん底の日々を送る主人公・研吾(綾野)と、ラップのリリック作りに夢中だが死に魅せられた高校生の融(村上虹郎)という全く異なる境遇をもつふたりの男を大きくクローズアップ。
研吾の視線はどこかうつろでありながら射貫くような鋭さを持ち、漆黒の剣を肩に、イヤホンで音楽を聴く融の見るからに血気盛んな強い眼差しという対照的なふたりの姿を切り取った。

本作を観た武田双雲氏が躍動感溢れる題字を手掛けておいて、ふたりが鋭い線で断ち斬られ、ふたりが臨むことになる対決をより一層ダイナミックで期待感を煽るポスターになっています。

映画情報どっとこむ ralph 新場面写真では、研吾と融のみならず研吾の師で融を剣の道に導く僧侶・雪峯(柄本明)も含めて、劇中の様々な対決シーンが明らかに。

闘う男の色気が漂う世界感を感じるられます。

また、本作の全国共通特別鑑賞券(税込1,400円)が4月22日(土)より発売となることが決定。劇場窓口購入者限定で、このビジュアルのクリアファイルが特典となる。

映画情報どっとこむ ralph 武曲 MUKOKU

公式HP:
mukoku.com

公式Twitter:
@MUKOKU_movie

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。
矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。

ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。

そんな中、研吾のもう一人の師匠である光村師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。

彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。

***********************************

武曲 MUKOKU
原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明
監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会