「柄本明」タグアーカイブ

玉木宏『悪と仮面のルール』中村文則先生が鑑賞後にコメント!


映画情報どっとこむ ralph 2018年1月13日(土)から公開の映画『悪と仮面のルール』。

日本国内のみならず、アメリカをはじめとした海外でも注目を集める芥川賞作家・中村文則先生原作を、関ジャニ∞や福山雅治さんらのミュージックビデオやCMを数多く手掛けてきた新鋭・中村哲平監督が映画化。

“悪”となるために創られた男・久喜文宏を演じるのは、映画、舞台など幅広いジャンルで活躍する玉木宏さん。そのほか、新木優子さん、吉沢亮さん、中村達也さん、光石研さん、村井國夫さん、柄本明さんら実力派キャストが集結。壮大なサスペンスと深遠で哲学的なドラマが誕生しました。

「悪と仮面のルール」は、ウォール・ストリート・ジャーナルで「ベストミステリー10小説」に選出され、「ジャパニーズ・ノワールの新たな旗手としての地位を確固たるものにするだろう」と評価されています。また、日本人で初めて、ノワール小説の分野に貢献した作家に贈られるアメリカの文学賞「デイヴィッド・グディス賞」を受賞しています。


映画情報どっとこむ ralph この度、映画化された本作を鑑賞した中村文則先生からのコメントが到着しました。

僕の小説が原作なのですが、そういった意味を超えて、一観客として惹き込まれ、深い感動に包まれました。少しでも多くの人にこの素晴らしい映画を観て欲しい。そう強く思いました。
中村文則


映画情報どっとこむ ralph
また、映画公開に際し、映画のポスタービジュアルを使用したフル帯バージョンの文庫も書店で展開されることが決定しました。

◆「悪と仮面のルール」(講談社文庫) 
著:中村文則
定価:¥660(税別)
ISBN 978-4-06-277679-0

映画情報どっとこむ ralph
映画『悪と仮面のルール』

2018年1月13日(土)、新宿バルト9ほか全国ロードショー!

ストーリー
“悪”になるために創られた男。彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。哀しい真実を隠して。

11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために生まれたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。

十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが。

***********************************


玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明
原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平
脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会
企画制作:PlusD
配給・宣伝:ファントム・フィルム
   


玉木宏『悪と仮面のルール』 “顔を変え、過去を捨てた殺人者”ポスター


映画情報どっとこむ ralph 芥川賞作家・中村文則氏のウォール・ストリート・ジャーナル ベスト選出の同名小説を、玉木宏主演で映画化した『悪と仮面のルール』。 

日本のみならず世界で注目を集める人気作家の傑作小説を、豪華キャストで映画化することが話題を集めている本作に関しまして、さらなる最新情報が到着いたしました。

この度、本作の公開日が2018年1月13日(土)に決定し、ポスタービジュアルが完成!主題歌情報解禁!

“顔を変え、過去を捨てた殺人者”ポスタービジュアル完成!!
玉木宏演じる、顔を変え、過去を捨て、初恋の人のために殺人を繰り返す主人公・文宏の、狂気とも悲しみとも取れる表情をおさめたデザインは、
哀しい殺人者の心に潜む闇と、愛に生きようとする切ない想いが交錯する壮大なサスペンスを予感させます。10/7(土)より、新宿バルト9ほかにて掲出される予定です。

また、10月7日(土)より、特典付き前売券(ムビチケカード)の販売も決定!
劇場購入特典は、劇中から選りすぐった、玉木宏出演シーンのスチルを使ったオリジナルポストカード3枚組(数量限定)となります。

『悪と仮面のルール』特典付き前売り券 概要
・券種:全国券(ムビチケ)
・特典内容:オリジナルポストカード3枚組 ※数量限定、なくなり次第終了※
・発売日:10/7(土) ・金額:¥1,400-(税込)

映画情報どっとこむ ralph 本作の主題歌を手がけるのは、神秘的な存在感で“謎のシンガー”として注目を集めるUru。「追憶のふたり」は、本作のための書き下ろし楽曲!聞く人を包み込むような歌声が、本作で展開される壮大なサスペンスと、“殺人者”文宏、そして彼が全てを懸けて守ろうとする女性・香織の運命に寄り添うような、観るものの心に残る楽曲です。Uruの映画に向けてのコメントと、本作の中村哲平監督からのコメントも到着いたしました。

Uru「追憶のふたり」 概要
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
作詞・作曲:Uru 編曲:Kan Sano

Uruさん コメント
「『悪と仮面のルール』は、その世界にどっぷりと浸かり自分なりの解釈をしてみたり登場人物の心情を悟ろうとしたり、人が人である人間らしさを嫌でも感じるような、それでいてラブストーリーでもある、とてつもなく深みのある作品だと感じました。主題歌を歌わせて頂くにあたり、それを壊さぬよう曲や歌詞などを考えさせて頂きました。『悪と仮面のルール』の世界と一体となれるような曲になってくれたら嬉しいです。」

中村哲平監督 コメント
「初めてデモを聴いた時に鳥肌が立ちました。今回の曲は、事前にUruさんにも映画を観て貰い、打ち合わせをしてから曲を作って貰いました。映画の中で描きたかった、もう一つの側面を込めるという事で。そして、彼女が作り上げた世界は本当に素晴らしかった。Uruさんの持っている透明感、純粋さ、切なさを伴う歌声、そして歌詞。これは、単なる映画の主題歌ではないです。この曲は映画の一部であり、この曲でなければ映画は完成しなかった。素晴らしい楽曲です。」

映画情報どっとこむ ralph 悪と仮面のルール

2018年1月13日(土) 新宿バルト9ほか全国ロードショー!

物語・・・                                             
“悪”になるために創られた男。
彼は顔を変え、過去を捨て、殺人を繰り返す。哀しい真実を隠して―。
11歳の久喜文宏は、この世に災いをなす絶対的な悪=“邪”になるために創られたと父から告げられる。やがて、父が自分を完全な“邪”にするために、初恋の女性・香織に危害を加えようと企てていることを知り、父を殺害して失踪する。十数年後、文宏は顔を変え、“新谷弘一”という別人の仮面をつけ、香織を守るために殺人を繰り返していた。そして、文宏の過去を知る異母兄の幹彦や日本転覆を企むテロ組織が香織を狙い始めたと知った文宏は、ついに自身の背負わされた運命に立ち向かうことを決意するが。

公式HP:
http://akutokamen.com/

***********************************

玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 村井國夫 柄本明

原作:中村文則「悪と仮面のルール」(講談社文庫)
監督・編集:中村哲平 脚本:黒岩勉
主題歌:Uru「追憶のふたり」(ソニー・ミュージック アソシエイテッドレコーズ)
2017年/カラー/5.1ch/138分
企画制作:PlusD  
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会
     
   


吉沢亮 参戦判明!玉木宏主演「悪と仮面のルール」追加キャスト情報


映画情報どっとこむ ralph 玉木宏主演 2018年全国ロードショーの映画「悪と仮面のルール」
海外でも高い評価を得ている中村文則のサスペンス×愛の物語が原作!

この度発表となったキャストは吉沢亮。中村達也、光石研、柄本明。


吉沢亮(伊藤亮祐役):
テロリストグループ、「JL」のメンバー。玉木宏演じる久喜文宏に近づき、JLのメンバーに引き込もうとする

吉沢亮さんからのコメント
大好きな中村文則さん原作の作品に携われて、とても幸せな時間でした。
役作りで初めて髭を伸ばしたのですが、こんなに生えるのかとビックリしました。
ある意味ファンタジーチックな世界観であり、ファンタジーチックな役でしたが、彼なりの歪んだ正義、そして歪みきれない自分への葛藤などをリアルに描こうと、精一杯演じました。ぜひ見てください。


中村達也(久喜幹彦役):
文宏の兄。軍需産業に携わり、久喜家の闇を体現する人物。父の死後、久喜家の中枢となる。

柄本明(刑事・会田役):
文宏が成り代わった人物・新谷を殺人の容疑者として疑う刑事

光石研(探偵・榊原役):
文宏の父が雇っていた探偵。新谷となった文宏の依頼を受ける。

映画情報どっとこむ ralph 悪と仮面のルール

2018年全国ロードショー!

これは特殊な環境で育ってしまった男の、究極の愛の物語。
相手を思うからこそ、離れなければならない…歪んだ目的のためだけにつくりだされたことを知り、自身の存在意義を見失っていた主人公は、ひとりの女性と出会うことで、自分の存在意義の可能性を見出す。それは、彼女を守ること。人間の闇、社会の闇が現実を動かす世界の中で、⾮道なシステムに翻弄される主⼈公が見せる、たったひとつの揺るがない思いと、それに突き動かされるように犯す罪。彼の⾏動は間違いなのか? ほかの生き方があったのか? サスペンスと純粋な愛が交差する、一級のエンタテインメント!

映画情報どっとこむ ralph ストーリー
悪となるためにつくられた少年は、愛する少女を守るため、父を殺し、顔と名を捨て、そして少女の前から去った――
財閥家・久喜に⽣まれた少年・文宏は、10歳になった年、⾃⾝の出⽣の秘密を知ることとなる。
狂気にして巨悪、当主である実父に聞かされたのは、文宏が純粋悪となることだけを望まれて⽣まれた存在だということ。
そして『悪』となるための教育として、14歳の誕⽣日に「お前に地獄を見せる」と告げられる……
その日までに1年を切ったとき、文宏は父の部屋を覗き⾒た光景から地獄とは何かを予期する。
― 想いを寄せ合う相⼿、久喜家の養女・香織が父の手によって汚されようとしている。地獄とは、彼⼥のすべてが⾃分を悪にするために、父の⼿により損なわれてしまうことだと⾹織を守るために、文宏は父を殺すことに。奇しくもそれは、父が望んだ悪に近づくことでもあった。

***********************************


キャスト:玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也 光石研 尾上寛之 呉汝俊 ・柄本明 他 
監督:中村哲平
原作:中村文則『悪と仮面のルール』(講談社文庫)
配給・宣伝:ファントム・フィルム
(C)中村文則/講談社 (C)2017「悪と仮面のルール」製作委員会


綾野剛『武曲 MUKOKU』緊迫のメイキング映像解禁!


映画情報どっとこむ ralph 『私の男』の熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』は、全国大ヒット公開中です。

本作の、緊迫の乱闘シーンの稽古風景と本番の撮影の様子を捉えたメイキング映像が解禁!

この映像は、剣道五段の腕前を持ちながらどん底の生活を送る主人公・研吾(綾野)が、恐るべき剣の才能を持つ高校生・融(村上虹郎)と初めて剣を交えた直後のシーンの撮影風景。油断から融に完璧なまでに一本を取られてしまった研吾は怒りから融に掴みかかり、周りの剣道部員達を巻き込んで大乱闘が起こる。
研吾が感情に任せて大暴れして高校生達を次々と倒していくというアクションは、動きをひとつ誤れば大きなケガにつながる危険もあるため、“研吾が大暴れする場面”という形を事前に入念に組み立ててから撮影が行われている。この映像では、綾野が、組み合うことになる部員役の俳優ひとりひとりをリードしながら動きを丁寧に確認していく様子を捉えている。目の前で見守る熊切監督もその姿にうなずき、綾野を信頼して任せている様子がうかがえる。続いて収められた本番では、直前の映像で捉えられた通りの動きで完璧な“大乱闘”が生み出され、熊切監督もカットの後に思わず「いいね今の!」と満足気な感想をもらし、綾野は部員役の俳優に自ら歩み寄ってハグをし、労いの声をかけていく。綾野は、初日舞台挨拶で本作の撮影に臨む心構えとして、“チーム武曲”の一員という意識を持っていたことを明かしているが、まさにそれを感じられる映像となっている。

この乱闘シーンは、過去のあるきっかけから自身の闇に囚われ、感情のままに自暴自棄な日々を送る研吾の自堕落ぶりを捉えた場面だが、融との出会いをきっかけにどのように変化していくのか、ぜひ注目です!!

映画情報どっとこむ ralph
また、本作が6月22日から開催される第39回モスクワ国際映画祭にて特別招待作品として上映されることが決定! モスクワ国際映画祭といえば、2014年(第36回)に『私の男』が最優秀作品賞と最優秀男優賞をダブル受賞した、熊切監督にとってはゆかりの深い映画祭。そんなモスクワでインターナショナルプレミアを果たすことになった“現代の侍”の物語を、世界の観客がどう観るのか!!

武曲 MUKOKU

全国大ヒット公開中!

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。

URL:mukoku.com

公式Twitter:
@MUKOKU_movie

初日舞台挨拶の模様はこちら


***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛 村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明

監督:熊切和嘉
脚本:高田亮
音楽:池永正二
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会
    


監督:熊切和嘉 × 原作者:藤沢周 綾野剛『武曲 MUKOKU』を語った!


映画情報どっとこむ ralph 『私の男』の熊切和嘉監督最新作、『そこのみにて光輝く』の綾野剛主演の『武曲 MUKOKU』が、6月3日(土)に公開となります!

その公開を記念して、5月27日(土)、熊切監督と原作者の藤沢周先生が池袋コミュニティ・カレッジ「セブンシネマ倶楽部」で公開記念トークがおこなわれました。約30名の映画ファンを前に、撮影の裏話や役者との信頼関係、さらには、藤沢氏による作中に登場する禅語の解説など、内容の濃いトークが90分にわたり展開されました。

セブンシネマ倶楽部 映画『武曲 MUKOKU』公開記念トーク
日付:5月27日(土)、
場所:池袋コミュニティ・カレッジ
ゲスト:熊切和嘉監督、藤沢周

映画情報どっとこむ ralph 芥川賞作家の藤沢周先生にとって、意外にも『武曲 MUKOKU』が初の映像化。映画化オファーを受けた当時のことを

藤沢先生:熊切監督と綾野剛さんの名前を聞いて、間違いなく成功する、どのように料理されてもいい、と思いました。

と述懐。

さらに完成した映画を観て、

藤沢先生:すごい迫力だった。矢田部研吾はこんなに苦悩を抱えていたんだ、とか、羽田融はこんなに狂気を抱えて勝負に向かい、その勝負の先に透明な美しさを持っていたんだな、とか、原作者の僕が逆に教えられました。

と映像化されたことによる新たな発見を語る一方で

熊切監督:(映画化の話を受けた時)色とりどりの言葉を使って最終的に言葉のない世界を描こうとしている小説を映像でどう表現するか、悩みました。加えて、剣道をやっていない僕が、剣道にまつわる映画を撮っていいのか、ということも悩みました。けれど、(剣道経験がないからこそ)素直に“かっこいい”と思うことを撮れたと思っています。

と語りました。


映画情報どっとこむ ralph 綾野さんとは『夏の終り』以来となる熊切監督は、

熊切監督:悲しいヒールをやってもらいたいと思っていました。肉体的にも剣道においても様々な要求がある中で、綾野君はすべてを懸けてくれる俳優です。

と、本作の主演俳優に絶大な信頼を寄せる。そんな綾野さんに、

藤沢先生:表情のグラデーションが素晴らしく、ジョニー・デップを超えているのでは?と思ったほど。

と賛辞を送くりました。

また、綾野さん演じる研吾と対決する融を演じた村上さんについて、

藤沢先生:脚本も原作も読みこんで、羽田融という人物を咀嚼してくれているのがわかりました。

熊切監督:虹郎くんから生命力を感じた。その感じが役に合っているのではないかと思った。

と、監督がキャスティングの決め手を明かす一幕も。

映画情報どっとこむ ralph トークはその後、原作・映画双方の舞台である鎌倉という土地の魅力へと発展。観光地としても人気の歴史ある街だが、そんな鎌倉の魅力を、

藤沢さん:鎌倉は、禅の発祥地で、洗練された仏教文化や武士道が歴史的に沈殿している。“現代の侍”を書きたいと思った時に、そういうものを醸す土地である鎌倉以外の場所は(小説の舞台として)ありえなかった。

と小説創作の裏話を交えて語ると、熊切監督も同意しながら、

熊切監督:切通しの、冥界と繋がってるような感じが、作品の舞台としてふさわしいと思いました。

鎌倉在住の藤沢先生が、
藤沢先生:円覚寺でぼーっとしているときに“ここに住め”という天の声を聞いたから。その翌日には家を決めました。

と、鎌倉に住むことになったきっかけを語りました。

映画情報どっとこむ ralph 破滅か、救いか―
闘うことでしか生きられない男たち 激しく燃えさかる魂の対決!
矢田部研吾(綾野)と村上虹郎演じる天衣無縫の高校生・羽田融との宿命の対決を軸に、研吾と父・将造(小林薫)、研吾と師・光邑(柄本明)、“父と子”“師匠と弟子”の闘いと絆を描く、激しくも熱い感動の物語。

武曲 MUKOKU

URL:
mukoku.com

物語・・・
海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった。
 
***********************************

原作:藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
出演:綾野剛  村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林薫 柄本明   
監督:熊切和嘉   
脚本:高田亮   
音楽:池永正二   
配給:キノフィルムズ
©2017「武曲 MUKOKU」製作委員会