「柄本佑」タグアーカイブ

妻夫木、三島監督らが夏帆が映画『Red』で見せた覚悟の演技に賛辞を贈った!


映画情報どっとこむ ralph 三島有紀子監督により映画化された『Red』は、2月21日より新宿バルト 9他にて全国公開となりました。

その21日に公開を迎え、この日、TOHOシネマズ日本橋にて、主演の夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗、三島有紀子監督が一堂に集結し、公開記念舞台挨拶を行いました!イベントでは、今作で挑戦的な役を見事演じ切った夏帆へ、男性陣、監督からねぎらいの言葉とともに、真っ赤な薔薇の花束がサプライズプレゼントされ、無事に初日を迎えた喜びを分かち合う一場面もありました!
『Red』公開記念舞台挨拶

『Red』公開記念舞台挨拶
日時:2月22日(土)
場所:TOHOシネマズ日本橋
登壇:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗、三島有紀子監督

映画情報どっとこむ ralph 大雪の夜、車を走らせる男と女。先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生の原作を映画化した『Red』が、2月21日から全国公開され、翌22日にはTOHOシネマズ日本橋で公開記念舞台挨拶が行われ、主演の夏帆、共演の妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗、三島有紀子監督が登壇した。

塔子役の夏帆は「三島監督から『今まで見たことのない夏帆ちゃんの顔が見たい』と言われて、そこを出すのにはどうしたらいいのだろうかと悩んでいました」と葛藤を明かしながら「この作品のために、自分ができることはなんだってやってやろうという気持ちで現場に挑みました。凄く悩みましたが、それだけ役に没頭できる時間は自分にとって幸せな時間でした」と完走しきった表情を浮かべていた。

塔子が一度愛した男・鞍田役の妻夫木は、塔子との禁断の愛について「“宿命”という関係性は演じていて心地よかったけれど、僕自身は、我慢せずに心を開放して、自分でいられることの方がいいのかなと…。僕は鞍田と塔子のようにならないように気をつけたいです」と照れ笑い。

塔子に思いを寄せる小鷹役の柄本は本作について「日常生活ではやってはいけない様な、鞍田と塔子の関係性を疑似体験することで、すっきりして頑張ろうと思えるはず。『Red』は大人のキラキラしたデトックス効果のある映画です」と独特な表現でアピールした。
塔子の夫・真役の間宮は「僕の役は一方通行になりながら、塔子に対してどう生きていきたいのかを要求・懇願していく役。ただ最後に塔子から言われたセリフは・・・、その言葉に勝るものはありません」と役柄を振り返った。

またこの日は主演の夏帆に対して、キャスト・監督から公開を祝したバラの花束をプレゼントするサプライズ企画が行われた。真っ赤な5本のバラの花束の花言葉は「あなたと出会えた喜び」ということで、夏帆と対面した間宮は「夏帆さん、アナタと出会えてよかったです!」と花言葉を引用して告白しながら「初共演ではないことから、夫婦役もすんなりできて、様々なシーンで夏帆さんは素晴らしい女優さんだと思いました。…アナタに出会えてよかったです!」と感謝を述べながら花束を渡した。

柄本は「アナタと出会えてよかった!」と笑わせつつ「たくましくも救ってあげたくなるようなアナタの魅力にくぎ付けでした。が、あまりにもウチの弟と仲が良すぎてアナタの斜め後ろから弟が僕を見ているような目も若干感じました。でもあなたと出会えてよかった!これなんだ!?」と爆笑していた。
続けて妻夫木も「アナタと出会えてよかった!」と夏帆と対面し「包み隠さず自分の弱い部分を出してくれて、役から逃げずに向き合ってる夏帆ちゃんは本当に素敵でした。覚悟を持った強い方。また共演したいです」と再会を願ってねぎらいの言葉をかけた。
三島監督は目を潤ませながら「夏帆ちゃんとはだいぶ前から出会っているけれど、一緒に辛い思いも共感しながら…。今作では夏帆ちゃんにいい思いをしてほしかったし、思う存分演技をしてほしかった。夏帆ってもっと凄いんだ!私が夏帆ちゃんのいいところを見せるんだ!という気持ちでいました。また来世も出会ってくださいね」と親愛の情を口にしていた。

キャスト・監督の思いとバラを受け取った夏帆は「ここにいる皆さんとご一緒できて、そして何よりもこの作品と出会えてよかったです。30代に向けてのターニングポイントになる作品でしたし、できないことも沢山あったけれど、それでもちゃんと悩む時間を許してもらえたのはありがたかったです。これを糧に、皆さんとまたご一緒できたら嬉しい」とさらなる飛躍を誓っていた。

妻夫木、柄本、間宮が演じる三者三様の男たちとそして主演の夏帆が新境地として覚悟をもって挑んだ、禁断の愛を描いた映画『Red』は全国大ヒット公開中。

映画情報どっとこむ ralph 『Red』

公式HP:redmovie.jp 
公式Twitter:@red_movie2020

Red

【STORY】
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは――

***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗ほか 監督:三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 
脚本:池田千尋、三島有紀子  企画・製作幹事・配給:日活 
制作プロダクション:オフィス・シロウズ 企画協力:フラミンゴ
©2020『Red』製作委員会 
R15+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

賛否を生んだ恋愛小説が禁断の映画化!『Red』宇垣美里、岩井俊二監督、田原総一朗他らコメント到着


映画情報どっとこむ ralph 賛否を生んだ恋愛小説が禁断の映画化!『Red』は、2月21日(金)いよいよ全国公開となる。

YOUが『Red』を語るコメント動画も解禁!

さらに、タレントのYOUからは本作オリジナルの動画コメントも到着!
本編で描かれた、塔子と鞍田の愛の軌跡について「なかなか切ないセックスってないので。すっごく良かったですね…!」といまだベールに包まれた、夏帆、妻夫木が挑んだ映画史上最高に儚く美しいラブシーンについても言及されている。

更に・・・
宇垣美里、横澤夏子、椿鬼奴、岩井俊二監督、田原総一朗らバラエティに富んだ豪華著名人から熱く、突き刺さる絶賛コメントが続々到着!

映画情報どっとこむ ralph 著名人コメント※順不同・敬称略

【YOU/タレント】
夏帆ちゃんの中に静かに滾る熱がたまらない。
モノクロの中に舞う朱と共に一途な熱を感じて欲しい。

【宇垣美里/フリーアナウンサー】
その道が間違いだと分かっていながら選んでしまうことが人生にはある。
正解だけ選んで生きていけたらどんなに楽だろう。
でも一度火のついた魂はもう引き返すことを許してくれない。
塔子の決断が私に問いかける
あなたは 自分の人生を生きているのか?と。

【加藤浩次/芸人】
一言で言うと‟問題作”。
人によってはハッピーエンドであり、バッドエンドでもある。
若い人にも、大人の人にもちゃんと観てほしい。

【岩井俊二/映画監督】
女の醜さや情念までを曝け出すような塔子と、片や鞍田の佇まいは淡雪のように美しい。夏帆と妻夫木聡、二人の表現力に終始魅了された。美しくも残酷な物語だ。

【山下敦弘/映画監督】
衝動だけで生きている二人ではない。
『Red』は、家族がそばにいても、ひとりぼっちのひとたちの恋愛映画だ。

【筒井ともみ/『失楽園』脚本家】
スノードームの中で愛という自由を探す女と男を見ているようで、キレイな映画だ。その透明なバリアを打ち破って生きるのは、観客のあなた自身。

【鈴木涼美/文章家・元AV女優】
幸福な言葉の中にいる女より、不幸に堕ちゆく女の方が自由に見えるのは何故か。人は昇ることしか許されないのか。幾つもの問いが奇妙に繋がった気がした。

【椿鬼奴/芸人】
恐竜が出てきたり魔法を使ったりしないけど、
あんなにヒリヒリする恋は、
馴染みの後輩と結婚した私にとっては憧れのファンタジーです。

【横澤夏子/芸人】
次から次へと引き込まれる色気に感情を振り回されました。
心に潜む何かが動き出す怖さを知りました。

【井上荒野/作家】
愛と欲望と意志に境界線はあるのだろうか。
いずれにしてもそれらは美しくておそろしい。
雪の上に落ちた血みたいに。

【桜木紫乃/作家】
惚れた男に行先を訊ねたことはなかった。男と女に「これでいい」はあるのか。三島有紀子の撮る美しい映像は常に、女の生き方を残酷に問うてくる。

【田原総一朗/ジャーナリスト】
これまで夫とも子供とも姑ともなんの問題もなく上手くやってきた女性が
「自分とは何か」と言うことに目覚めて新しい恋人との関係をジワジワと深めていく。
大人の男女の関係、愛と言うものを真正面から描いた映画で心がうずく。
こんなにも大真面目でリアリティのあるセックスシーンを見た事がない。

【今日マチ子/漫画家】
恵まれた日々から突如として燃え上がる想い。覆い隠すように包み込む雪景色。静かすぎる世界のなかで、雪崩はもう始まっている。

【狗飼恭子/作家・脚本家】
子供の頃、病院で聞かれる
「今の痛みは十段階のうちの幾つ?」という質問がとてもとても怖かった。わたしにとって9であるこの痛みは、人によっては1かもしれない。
わたしはとりわけ痛みに弱い人間かも知れない、そう思うと何も言えなくなった。「人はどれだけ惚れて死んでいけるかじゃないの」
そんな台詞を突き付けられ、主人公塔子の、
恋によって赤く染まる首筋を見せつけられて、「今までのわたしの恋は十段階評価で幾つだったのか」なんてことを考えずにはおられなかった。わたしが、そしてあなたが今まで経験したそれは本当に恋だったのか。『Red』を観終わったあと、その答えを、わたしたちは知ることになるだろう。

【中井圭/映画解説者】
夭逝した天才ジェフ・バックリィがカバーした「ハレルヤ」。
この曲が示唆する背徳と不穏の影を、画面に差し込む赤の光が抑えの効かない熱情で彩る。ふたりの愛の行く末を、音と色に託した三島有紀子監督の情動の海に溺れた。

【松崎健夫/映画評論家】
小説は視覚的要素を伴わない。
映像化された『Red』が“映画”たらしめる所以は、言葉を伴わない<視線>の映画であり、繊細な音響設計が心象風景を想起させる<音>の映画だからだ。
映像表現を文学的なアプローチで解体させた三島有紀子監督の演出、ここに極まり!
人よ、愛の御前では愚かであれ。

【あがた森魚/フォークシンガー】
こんなに、非常識で、反社会的で、不道徳で、エロティックかもしれない映画が、
映画自体が、必然の航程、道行きを知っていて、何の迷いもなく行くべきところを知っていて、ひたすらそこを目指して燃えて走っている。
だからなんのやましさもない。
純真純粋そのものである。
映画自体が恋愛の営みで震え続けている。

【洪相鉉/全州国際映画祭プログラミングアドバイザー】
三島有紀子、彼女を21世紀日本のジェーンㆍオースティンと呼びたい。
淡々としたタッチで人生の機微の深みをつかむ。

映画情報どっとこむ ralph 『Red』

公式HP:
redmovie.jp 

公式Twitter:
@red_movie2020

【ストーリー】
大雪の夜、車を走らせる男と女。
先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは。
夏帆と妻夫木聡『Red』

***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗
片岡礼子、酒向 芳、山本郁子/浅野和之、余 貴美子
監督:三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 脚本:池田千尋 三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 企画協力:フラミンゴ
©2020『Red』製作委員会  R15+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗が語る! 覚悟を決めた“大人のラブストーリー”『Red』完成披露プレミア


映画情報どっとこむ ralph 三島有紀子監督により映画化された『Red』は、2月21日より新宿バルト 9他全国公開となります。

大雪の夜、車を走らせる男と女。 先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
Red
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10 年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦 に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。 現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“選択”とは――。

この度、公開を記念して、超豪華キャストが登壇する完成披露プレミア上映会が開催されました!イベントには、主演の夏帆、そして妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗、三島有紀子監督ら豪華キャスト・スタッフ陣が登壇し、本作へ込めた熱い思いを語りました。 当日は、「何度生まれ変わっても、あなたを愛する」の花言葉の意味を持つ999 本の真紅の薔薇で描かれた巨大タイトルパネルがステージ上に用意され、映画のテーマに合わせ、それぞれが「愛して止まないモノ」トークが展開するなど会場は盛り上がりを見せました。
夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮翔太朗『Red』プレミア舞台

『Red』完成披露プレミア上映会
日時:1月29日(水)
場所:新宿バルト9
登壇:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗、三島有紀子監督

映画情報どっとこむ ralph 現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生の原作を映画化した『Red』が、2月21日から全国公開される。その完成披露プレミア上映会が1月29日、東京の新宿バルト9で行われ、主演の夏帆、共演の妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗、三島有紀子監督が登壇した。

三島組初主演に夏帆は「これまで監督の色々な思いを共有して作品を作り、現場で三島監督が戦う姿も見てきました。その中で主演として呼んでいただけたことで、生半可な気持ちでは出来ないなと覚悟を持って挑ませてもらいました」と気合十分。三島監督も夏帆を主演に抜擢した理由について「鞍田さん(妻夫木)に出会うことで塔子(夏帆)がこれまでしまい込んでいたものを放出していくという、その難しいプロセスを誰が演じられて、誰が演じたら自分が撮りたいかと考えたときに、夏帆さんが思い浮かんだ」と全幅の信頼を口にしていた。

塔子という役柄に夏帆は「つかみどころのない人で、私自身も塔子と一緒に悩みながら監督と一緒にキャラクターを作りあげました。そんな環境で演じることができたことに感謝したいです」と報告。一方、かつて愛していた男・鞍田役の妻夫木は、初共演となる夏帆を「可愛らしいイメージは元からあったけれど、わからないことはわからないと素直に吐露して嘘がなくて好き。最後まで塔子という役柄と戦っていた姿は素晴らしいと思った」と絶賛した。

その夏帆は妻夫木について「悩んでいることをそのまま妻夫木さんに見せてぶつけたらどうなるのだろうかと思ったし、その方がお互いの距離を縮めることができると思いました。それを、妻夫木さんは受け止めてくださって。安心感がありました」と感謝の返礼だった。

塔子に想いを寄せる小鷹役の柄本は演じる上で「ライトに爽やかな塔子の笑顔を引き出せたらと思って演じました」とこだわりを明かし「小鷹は人付き合いもよくて、そつなく周りを盛り上げる世渡り上手。常に70点を叩き出してくる男」と分析。塔子の夫・真役の間宮は「旦那役ということで、夏帆さんと娘役との3人で遊園地に行きました。ただただ楽しい休日みたいでした」とプライベートでは独身だけに、ファミリー感を疑似体験。しかし夏帆は「すごく楽しかったけど、その後に私は妻夫木さんとキッチンスタジオでシチューを作るという…これは一体何なのか!?と罪深い気持ちになりました」とリアル塔子のような環境で役作りに励んでいたことを明かした。

この日のステージ背景には、999本のバラで作られた“Red”のタイトルが。999本のバラには「生まれ変わってもまたあなたを愛し続ける」という花言葉があるそうで、「生まれ変わっても愛したいもの」を聞かれた三島監督は「一緒に映画を作りたいと思う人たち」と映画愛で返答。すると間宮は「その後に答えづらい…」と苦悶の表情も「僕は阪神タイガースを生まれ変わっても愛そうと思う。子供の頃から応援していて、阪神を応援して良かったなと思うことも多いので…すいません!三島監督の真面目な後に」と照れていた。

映画好きの柄本は「映画と映画館を愛したい。映画館という暗闇が好きなので。映画は映画館で観るように作られているから、そこで観ないとちゃんと観ていない気がする」とツウならではのこだわりを見せた。一方、一児の父親である妻夫木は「私事だけど…生まれたばかりの我が子。物理的には無理な話かもしれないけれど、生まれ変わっても愛したいくらいに愛している。もう一生見ていられます」とニコニコで「我が子と一緒にいたいと、沢山子育てをしています」とすっかりパパの顔だった。

続いて夏帆は「猫を愛したい。飼っている2匹の猫が本当に可愛い。だから生まれ変わっても絶対に猫です。撮影中は新潟ロケで会えないのが辛かった。でも撮影の合間も猫の動画を見て頑張ろうと思っていました」と過酷な撮影も、猫に癒されながら挑んでいたと語った。

イベントの最後に、妻夫木は「お話を頂いたときは大人の恋愛映画だと思っていたけれど、完成作品を観終わったときは群像劇に思えた。それぞれの人生を選択する映画だと思うし、自分は何者なのか?人生とは?と自分を見つめ直してもらえる作品」とアピール。主演の夏帆は「1年前の撮影では悩んで苦しんで、でもそれも幸せな時間でした。私も一人の人間として生きていく中で、何を選択して生きていけば、自分に素直になれるのかと考えながら演じていました。観終わった後に皆と語り合いたくなるような映画です」と思いを込めた。

三島監督は「宿命の愛の映画であり、女性の人生の選択の映画。私自身、思い切った選択ができないこともあるし、その選択が周りを傷つけたり、自分を殺すようなこともある。人生には沢山の選択があります。みなさんにとってこの映画が、大切にしているものを見つめ直すきっかけになれば嬉しいです」と期待を込めた言葉でイベントを締めくくった。

夏帆をはじめ、豪華俳優陣がそれぞれの覚悟を持って挑んだ映画『Red』。イベント語られたキャスト・スタッフの想いが詰まった大人の恋愛映画がいよいよ、2月21日(金)公開となる。

映画情報どっとこむ ralph 『Red』

2020年2月21日(金)新宿バルト9ほか全国ロードショー

公式HP:
redmovie.jp

公式Twitter:
@red_movie2020

【STORY】
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは――。
夏帆と妻夫木聡『Red』

***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗ほか 監督:三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫)

脚本:池田千尋、三島有紀子 企画・製作幹事・配給:日活 制作プロダクション:オフィス・シロウズ 企画協力:フラミンゴ

©2020『Red』製作委員会
R15+




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

三島有紀子監督『Red』主人公、塔子の同僚で微妙な駆け引き 柄本佑インタビュー到着


映画情報どっとこむ ralph 「(小鷹は)恋愛でも、行き過ぎない70点くらいを出し続けるようなヤツ(笑)」
柄本佑がバックハグで囁く大人の色気が描くプラトニックな恋愛の形とは?

夏帆『Red』柄本佑
現代女性の恋愛心理描写を巧みに表現し、女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生先生が、センセーショナルな表現で新境地を開いた「Red」。三島有紀子監督が映画化し、2020年2月21日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショーとなります。

大雪の夜、車を走らせる男と女。

先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは。

主人公の塔子役には数々の作品で幅広い役柄を演じてきた女優・夏帆、かつて愛した男・鞍田役には、日本映画界において欠かせない存在の俳優・妻夫木聡。さらに塔子に好意を抱く職場の同僚・小鷹淳役に第73回毎日映画コンクール男優主演賞など数々の賞に輝くなど勢いを見せる柄本佑、塔子の夫・村主真役には、主演映画、ドラマなど数々の作品で活躍を見せ、今年デビュー10周年を迎える間宮祥太朗。
三島監督最新作に、日本映画界きっての実力派俳優が集結した。

映画情報どっとこむ ralph この度、本作で夏帆演じる塔子の同僚で、プラトニックながらも男女の微妙な駆け引きのある関係である小鷹(コダカ)役を演じた柄本佑のインタビューと場面写真が到着。

柄本さんといえば、昨年公開された『火口のふたり』(19/荒井晴彦監督)での激しい濡れ場やNHKドラマ「令和版牡丹灯籠」(19)での色悪な武士など、どこか気になるフェロモンを漂わす役を演じ、話題となっている。本作では、塔子と小鷹のラブシーンこそないが、塔子の心にそっと寄り添う男気感じる小鷹の存在は、「塔子に変化をもたらすキーマンで目が離せない!」、「グイグイ来る感じが印象的」と女性たちの心を鷲掴みにしている。

小鷹は、塔子と鞍田の恋愛関係に唯一気づく重要な人物であり、塔子が夫や恋人には見せない、飾らない素直な顔を引き出してしまう、強引だけれどもどこか憎めない不思議な魅力を持つキャラクターだ。同僚としての距離感をキープしながらも、男女の一線を超えてしまいそうな危うい微妙な関係を楽しみつつ、時に、理解のない夫との夫婦関係に悩む塔子を気遣う優しさをみせる、絶妙なバランス感覚の小鷹。
夏帆『Red』柄本佑

柄本さん:妻夫木さんが演じた鞍田とは対照的で、僕が演じた小鷹は、しゃべり上手で、コミュニケーション力も高い。世の中を渡っていく術をしっかりと持っていて、クレバーな人だなと思っています。だから恋愛でも、行き過ぎない70点くらいを出し続けるようなヤツなのかも(笑)

と立ち回り軽やかに見えるが意外にも“そこそこ”な男だと、演じたキャラクターの印象を語った。
意外にも夏帆との映画共演は初めてだという柄本さんは

柄本さん:僕の中では『天然コケッコー』のイメージで止まっていたのですが、実際にご一緒してみて、現場の立ち姿とか居住まいがすごくかっこよかったです。それでも「守ってあげたい」と思わせる抜け感も少しあって非常に魅力的な方だと思いました。共演させていただいて改めてファンになりました。

と女優・夏帆のイメージも変わっていったと語る。

さらに、演じた役柄について

柄本さん:実は、この役を演じるに当たって髪型も作り込んでいます。事前に監督色々話をさせて頂いて、スラムダンクの宮城リョータみたいなクルクルヘアーにしたいと相談しました(笑)鞍田さんみたいなタイプと対照的だからちょっとある種の抜けの良さみたいなのが欲しかったので。小鷹という人間の世界観をしっかり持っていたので、演じるのはそこまで苦労しませんでした。それより、毎回コテで巻いて、この髪型を作る方が大変だったかもしれません(笑)

と笑いを交えながら自己流の役作りのプロセスを明かした。
夏帆 妻夫木『Red』柄本佑

映画情報どっとこむ ralph 役者・柄本佑の放つ、濃厚な魅力を、ぜひ本編で感じてほしい。

『Red』

公式HP:
redmovie.jp

公式Twitter:
@red_movie2020
R15+

夏帆と妻夫木聡『Red』

【ストーリー】
大雪の夜、車を走らせる男と女。
先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
誰もがうらやむ夫、かわいい娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりにかつて愛した男・鞍田秋彦に再会をする。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった“決断”とは――。

***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗
片岡礼子、酒向 芳、山本郁子/浅野和之、余 貴美子
監督:三島有紀子
原作:島本理生『Red』(中公文庫)
脚本:池田千尋 三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
企画協力:フラミンゴ
©2020『Red』製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

夏帆x妻夫木聡 三島有紀子監督最新作『Red』追加キャストに柄本佑・間宮祥太朗


映画情報どっとこむ ralph 女性から圧倒的な支持を得る直木賞作家・島本理生がセンセーショナルな表現で新境地を開いた「Red」を『幼な子われらに生まれ』で知られる三島有紀子監督が映画化、2020年2月21日(金)新宿バルト9他全国ロードショーが決定しました!

大雪の夜、車を走らせる男と女。
先が見えない一夜の道行きは、ふたりの関係そのものだった。
平凡な結婚、可愛い娘、“何も問題のない生活”を過ごしていた、はずだった村主塔子。10年ぶりに、かつて愛した男・鞍田秋彦に再会する。鞍田は、ずっと行き場のなかった塔子の気持ちを、少しずつ、少しずつほどいていく…。しかし、鞍田には“秘密”があった。現在と過去が交錯しながら向かう先の、誰も想像しなかった結末とは――。

主人公の塔子役には数々の作品で幅広い役柄を演じてきた女優・夏帆(28)。
鞍田との再会で徐々に心も身体も解放し、自由に美しくなっていく女性を繊細かつ大胆に演じ、更なる新境地を切り開く。

危うい魅力をまとう昔の恋人・鞍田役には、日本映画界において欠かせない存在の俳優・妻夫木聡(38)。40歳目前にして、今まで見せたことのない憂いを帯びた色気を全身から放ち、圧倒的な存在感で鮮烈な印象を残す。

映画情報どっとこむ ralph 【Red】夏帆・妻夫木聡・柄本佑・間宮祥太朗4shot

夏帆、妻夫木聡に続き、今、最も旬な実力派俳優、柄本佑、間宮祥太朗が出演!

主人公・塔子に好意を抱く職場の同僚・小鷹淳役に、柄本佑(32)。
小鷹は、塔子に惹かれながらも、塔子と鞍田の関係に唯一気づく重要な人物。柄本は、強引だけれどもどこか憎めない不思議な魅力を持つキャラクターを軽やかに演じてみせる。

●柄本 佑(えもと・たすく)
小鷹 淳(こだか・じゅん)役コメント

「新しく入社してきた夏帆さん演じる塔子に少し恋心を抱く男・小鷹を演じました柄本佑です。とても刺激的な恋愛映画であり、実際に起こったら大変な事になりますが…、なぜこういう映画が生まれるか。どこかでみんなちょっとだけ憧れてしまうところがあるのか。だけど、それを現実ではやってはいけない。そんな映画を2時間、疑似体験して、その恋愛を楽しんで頂きたいなと。映画っていうのはそういう夢のあるものなんだなと思います。」

塔子の夫・村主真役には、間宮祥太朗(26)。

夫の真は、家族想いで悪気はないものの“価値観のずれ”ゆえに、無自覚に塔子を追い詰めてしまう難しい役どころ。

●間宮祥太朗(まみや・しょうたろう)
村主 真(むらぬし・しん)役 コメント

「三島監督と夏帆さんとじっくり撮影した日々が懐かしいです。どうなろうとも女性が女性であるという事を忘れるべからず。私はまだ結婚した事も子供を持った事もありませんが、いつかのその時の為にその事を覚えていなければと思いました。思ったと言うよりも痛感したと言った方が近いかもしれません。自分が演じた真と同じ轍を踏まない様に。」

映画情報どっとこむ ralph 三島有紀子監督からのコメント

「塔子をとりまく3人の男は、それぞれベクトルは違うものの自分の尺度がはっきりしていて、全員に絶対的な色気と圧倒的な芝居力で夏帆さんの魅力を多面的に引き出してもらう必要がありました。3人のみなさまには、いままで観たことのない芝居をしていただけたと思うし、夏帆さん含む4人の芝居は素晴らしかった、の一言に尽きます。」

<小鷹 淳役:柄本佑について>
「観察眼がある目をしているのに、緊張を解くのがうまく、色気があり、鞍田(妻夫木さん)と違う声質と声の高さを持っていて、人間の複雑さと深みを表現してくれる人を探していました。柄本佑さんのことを『美しい夏キリシマ』からずっと観てきましたから、いた、と。佑さんは、【達観した儚さ】が強さと色気を生む人で、小鷹の人生の歴史さえ感じさせながら映画に存在し、【共感】より【理解】という他者への寛大さを体現してくれたと思っています。」

<村主 真役:間宮祥太朗について>
「真という人間が、ただ嫌な悪者に感じられては浅くなってしまうのでは、と悩みました。インテリジェンスを持ったハイソサエティの人間で、古い常識に疑いを持たない素直な男。塔子との文化の違いが出なくてはならないと考えていました。言葉の選択に知性を感じていた間宮さんが演じてくれたら、リアルで、真の考え方にも説得力が生まれるのではないか、と。間宮さんは、イマジネーションに溢れていたし、周りを愛することと周りに愛されることを心から素直にできる稀有な存在で、【鈍感】と【敏感】が行き来する真の心の弱さと機微を繊細に演じてくれました。」

〈三島有紀子監督プロフィール〉1969年4月22日生まれ、大阪市出身。監督作『幼な子われらに生まれ』(17)で、第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞、第42回報知映画賞監督賞、第41回山路ふみ子映画賞を受賞。他監督作品に『しあわせのパン』(12)、『繕い裁つ人』(15)、『少女』(16)などがあり、各国の映画祭での上映や韓国・台湾での劇場公開も果たしている。

映画情報どっとこむ ralph

三島監督最新作に、日本映画界きっての実力派キャストが集結し、一人の女性とタイプの違う魅力的な男たちがくり広げる、湿度と温度の高いラブストーリー『Red』。

公式HP:
https://redmovie.jp/ 

***********************************

出演:夏帆、妻夫木聡、柄本佑、間宮祥太朗
監督:三島有紀子 原作:島本理生『Red』(中公文庫) 脚本:池田千尋 三島有紀子
企画・製作幹事・配給:日活 
制作プロダクション:オフィス・シロウズ
企画協力:フラミンゴ 
©2020『Red』製作委員会 




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『火口のふたり』大ヒット記念!「映画芸術」荒井晴彦VS「映画秘宝」岩田和明 再び対談決定!


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・白石一文による同名小説を原作とした、映画『火口のふたり』が先日公開を迎え、各劇場で満席回が続出し、現在、新宿武蔵野館ほかにて大ヒット全国公開中です。キネマ旬報脚本賞に5度輝き、数々の作品で男と女のエロティシズムを表現してきた脚本家・荒井晴彦が描く、身体の言い分に身を委ねる男と女の<R18>大人の愛の物語です。

R18作品ですので、18歳以上の閲覧となります。
続きを読む 『火口のふたり』大ヒット記念!「映画芸術」荒井晴彦VS「映画秘宝」岩田和明 再び対談決定!




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

柄本佑・瀧内公美 映画『火口のふたり』 西馬音内盆踊りシーン解禁


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・白石一文による同名小説を原作とした映画『火口のふたり』が8月23日(金)より、新宿武蔵野館ほかにて全国公開となります。

本作は、主演に柄本佑と瀧内公美を迎え、日本映画界を代表する脚本家・荒井晴彦の監督第3作目となる、男と女の不確実な愛を描いた<R18>衝撃作です。
『火口のふたり』西馬音内盆踊り
この度、本作より初めて本編映像が解禁となりました。
続きを読む 柄本佑・瀧内公美 映画『火口のふたり』 西馬音内盆踊りシーン解禁




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

柄本佑と瀧内公美 主演『火口のふたり』幻の予告編映像解禁 R18


映画情報どっとこむ ralph 直木賞作家・白石一文による同名小説を原作とした映画『火口のふたり』が8月23日(金)より、新宿武蔵野館ほかにて全国公開されます。本作は、主演に柄本佑と瀧内公美を迎え、日本映画界を代表する脚本家・荒井晴彦の監督第3作目となる、男と女の不確実な愛を描いた<R18>衝撃作です。
続きを読む 柄本佑と瀧内公美 主演『火口のふたり』幻の予告編映像解禁 R18



良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

『アルキメデスの大戦』超豪華!漫画家25名特別試写会 開催!


映画情報どっとこむ ralph 第二次世界大戦を数学者の視点で描く、三田紀房先生の漫画『アルキメデスの大戦』が待望の映画化! 
物語の舞台は1930年代。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍で繰り広げられる、「戦艦大和建造」を巡る知略・謀略、そして“数学”を駆使した頭脳戦! かつてない斬新な切り口で描く歴史エンターテインメント、それが『アルキメデスの大戦』です! 

昨年夏から撮影が開始されたそんな本作が、約1年かけて遂に完成! 
そしてその映画を誰よりも早く観ることになったのは、なんと漫画家たち!
6月4日、観客は“漫画家だけ”という「漫画家特別試写会」が開催されました!!

完成した映画をいち早く観てほしいと、原作者の三田紀房氏が漫画家仲間たちに試写の案内をしたところ、藤子不二雄Ⓐ氏(「オバケのQ太郎」ほか)、武論尊氏(「北斗の拳」ほか)、福本伸行氏(「カイジ」シリーズ ほか)などなど、“レジェンド漫画家たち”が続々と参加を表明!! すでにマスコミ関係者から試写の希望が殺到している中で、想定以上に多くの漫画家たちからの参加希望者があり、急遽別日程での試写を用意! 

有名漫画家たちが一同に揃う超豪華な「漫画家特別試写会」として、開催されました。

映画情報どっとこむ ralph 当日、25名の漫画家さんたちが試写に参加。

★試写会ゲスト一覧 ※五十音順
石川サブロウ『蒼き炎』
伊藤理佐『おるちゅばんエビちゅ』
魚戸おさむ『家栽の人』
大島やすいち『バツ&テリー』
かざま鋭二『風の大地』
新條まゆ『快感♥フレーズ』
末次由紀『ちはやふる』
仙道ますみ『リベンジH』
紅林直『嬢王』
高橋のぼる『土竜の唄』
高橋よしひろ『銀牙』
立野真琴『YELLOW』
ナガテユカ『ギフト±』
はしもとみつお『築地魚河岸三代目』
花沢健吾『アイアムアヒーロー』
福本伸行『カイジ』シリーズ
藤子不二雄Ⓐ『オバケのQ太郎』
藤巻忠俊『黒子のバスケ』
武論尊『北斗の拳』
本庄敬『蒼太の包丁』
村上もとか『JIN-仁-』
目白花子『東京バンパイヤ』
山下和美『天才柳沢教授の生活』
竜崎遼児『どぐされ球団』
わたなべぽん『自分を好きになりたい』

上映前の開場は超有名漫画家同士が談笑しており、和やかな雰囲気。上映前には三田紀房氏、そして監督・脚本・VFXを務めた山崎貴もかけつけ、観客を前にして挨拶をする一幕も。

三田紀房氏は「この会を開催することができ、皆様に本当に感謝申し上げます。」と謝意を述べた上で、「鑑賞後はぜひ忌憚のないご意見を!…お手柔らかに」と加え、会場に笑いが起きていました。

また、山崎監督は「来場する方々の名前を観た時、「まさか!まさか!」という方々のお名前ばかりが並んでいて、びっくりしました。今、緊張していると同時に、非常に嬉しく思います。」と喜びの気持ちを伝え、さらに「漫画と映画というものは切っても切れない関係にあると思いますし、私自身、漫画からいただいているものが大きいので、皆さまに観ていただけることに感動しております。」と挨拶。
三田紀房先生&山崎貴監督

映画情報どっとこむ ralph 上映終了の直後、大きな拍手で包まれた場内。映画を観終わった漫画家たちは三田紀房氏の元にかけより、「面白かった!」と笑顔で話しかける様子も見られました。映画鑑賞後に感想を聞いたところ、藤子不二雄Ⓐ氏は「特撮がメインの映画かと思っていたら、冒頭の特撮シーンから人間ドラマにばっと切り替わり、非常に面白かったです。先の読めない展開や意外性があって、さらに感動もあって、主演の菅田将暉さんの演技も素晴らしかった。」と絶賛のコメント。武論尊氏も「作り手としてライバルの目でも見ていたのですが、「やられたなぁ」と思いましたね。「そういう捉え方をしたのか」「上手いなぁ」と感じ、凄く悔しかったです(笑)」と漫画家ならではの視点で映画の感想を語りました。

最後には、超豪華メンバーでの集合写真を撮影。
『アルキメデスの大戦』超豪華!漫画家特別試写会

日本漫画史に残る1枚となりました! さらに映画の特別版ポスターに漫画家たちからのサインも寄せてもらい、超貴重なサイン入りポスターも完成!

累計発行部数は櫂直でも計測不能(!?)なほどの超豪華漫画家たちも映画を大絶賛!!
この夏一番の歴史エンターテインメント超大作に是非ご期待ください!!

映画情報どっとこむ ralph ≪コメント≫
原作:三田紀房氏 コメント
私自身、完成した映画を観て、鳥肌がたちました。画面からくるリアリティーや迫力に、観ていて圧倒されました。山崎監督を信じて楽しみにしていましたが、想像以上で、「ここまで作り込んだか!」と感動しました。
今回、多くの方に観ていただきたく、漫画家同士のコミュニティの中で、ダメ元でいろいろな方にお声掛けしたのですが、こんなにたくさんの方に来ていただき、ただただ感謝しかありません。

山崎貴監督コメント
漫画家の方々は、話を作り、ある意味では演者もやり、一人で物語を作っていくという、僕にとってスーパーマンみたいな存在です。僕はいろいろな方にお力を借りて映画を作っているので、そんな凄まじい能力を持っている漫画家の方々に観ていただくのは少し怖い気もしましたが(笑)、もちろん、すごく楽しみでもありました。大和はいつか描いてみたいと昔から思っていた、深く関心があったテーマで、そんな中で三田先生の凄い切り口の漫画と出会い、「是非つくらせて下さい!」とお願いしました。この映画を漫画家の方々にも気に入っていただけると嬉しいです。

≪映画の感想コメント≫
『アルキメデスの大戦』超豪華!漫画家特別試写会
藤子不二雄Ⓐ(「オバケのQ太郎」ほか)
特撮がメインの映画かと思っていたら、冒頭の特撮シーンから人間ドラマにばっと切り替わり、すごく面白かったです。僕も漫画を作っていますが、この映画は先の読めない展開や意外性があって、さらに感動もあって非常に良かったですし、主演の菅田将暉さんも素晴らしかったです。数式を解きながら演技をするシーンには、ビックリしました。僕は大和を知っている世代なので、当時のことも思いだしましたね。

武論尊(「北斗の拳」ほか)
作り手としてライバルの目でも見ていたのですが、「やられたなぁ」と思いましたね。「そういう捉え方をしたのか」「上手いなぁ」と感じ、凄く悔しかったです(笑) どんでん返しがあり、大和の意味についても語られ、脚本が上手く作られていて面白かったです。

『アルキメデスの大戦』超豪華!漫画家特別試写会
福本伸行(「カイジ」シリーズほか)
原作漫画を読んでいる僕はもちろん、物語を知らない人も面白いと思います。ドラマの「半沢直樹」みたいな攻防があって、物語が二転三転し、サラリーマンドラマみたいな面白さもありました。結末は自分の中でしっくりとくるところがあって、感慨深かったです。三田先生のこの漫画をどう映画化するのかと思っていましたが、見事に着地していました。

高橋のぼる(「土竜の唄」ほか)
非常に面白く、楽しんで観させていただきました。自分も漫画を映画化していただきましたが、その映画を観ると漫画が良くなってくるんですよね。演じていただいた俳優が漫画の中のキャラクターに上手く入ってきてくれて、キャラの表情も良くなりますし、リアクションもぶれなくなってきます。三田先生の漫画がまたさらに面白くなるんじゃないかと思って、楽しみです。

映画情報どっとこむ ralph 『アルキメデスの大戦』

今夏7月26日(金) 全国東宝系にて公開!

公式HP:
http://archimedes-movie.jp/


1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、【大和】…。

***********************************

出演 : 菅田将暉 柄本佑 浜辺美波
笑福亭鶴瓶/小林克也 小日向文世/國村隼 橋爪功
田中泯 舘ひろし

監督 脚本 VFX:山崎貴 原作:三田紀房「アルキメデスの大戦」(講談社「ヤングマガジン」連載) 音楽:佐藤直紀
制作プロダクション:ROBOT 制作協力:阿部秀司事務所 東宝映画
製作:「アルキメデスの大戦」製作委員会 
配給:東宝 

撮影時期:2018年7月中旬~9月中旬

©2019「アルキメデスの大戦」製作委員会
©三田紀房/講談社




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ

 

新人女優賞 平手友梨奈クールに登壇!第28回日本映画批評家大賞授賞式


映画情報どっとこむ ralph 今年で 28 年の歴史を数える『日本映画批評家大賞授賞式』。

映画批評家ならではの視点で選ばれる各賞を祝いに大勢の映画人と、映画ファンが集まり、豪華な受賞者を迎えて授賞式を行ないました。

第28回日本映画批評家大賞授賞式
開催日:2019 年5月30日(木)
場所:スパイラルホール(東京・青山)

映画情報どっとこむ ralph 作品賞 ファントム・フィルム『焼肉ドラゴン』
鄭義信監督

監督賞 白石和彌『孤狼の血』 代理

主演男優賞 柄本佑『素敵なダイナマイトスキャンダル』

主演女優賞 石橋静河『きみの鳥はうたえる』

助演男優賞 寛 一 郎『菊とギロチン』

助演女優賞 友近『嘘八百』

新人男優賞(南俊子賞) 佐野勇斗『ちはやふる-結び-』


新人男優賞(南俊子賞) 濱津隆之『カメラを止めるな!』


新人女優賞 (小森和子賞) 南沙良『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』

新人女優賞 (小森和子賞) 平手友梨奈『響-HIBIKI-』


特別新人賞 滝川広志(コロッケ)『ゆずりは』

新人監督賞 枝優花『少女邂逅』

ドキュメンタリー賞 松竹株式会社『TSUKIJI WONDERLAND(築地ワンダーランド)』

編集賞(浦岡敬一賞) 川瀬功『空飛ぶタイヤ』
恒例の浦岡夫人の頭なでなで。

特別賞(松永武賞) TAMA 映画フォーラム実行委員会
第28回日本映画批評家大賞授賞式

特別作品賞 株式会社ザフール『STILL LIFE OF MEMORIES』

シルバー賞 小川欽也

アニメーション作品賞 ギャガ株式会社『若おかみは小学生!』

***********************************




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ