「柄本佑」タグアーカイブ

菅田将暉を海軍に招き入れる山本五十六役を舘ひろし!人生初丸刈りに!『アルキメデスの大戦』


映画情報どっとこむ ralph 山崎貴監督が描く『アルキメデスの大戦』が現在製作中!
今作では「戦艦大和」をスクリーンに蘇らせます!主演を務めるのは、菅田将暉さん。今回は日本の命運を握る天才数学者・櫂 直を演じます。
1930年代の日本。

アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍を舞台に繰り広げられる「戦艦大和建造」を巡る知略・謀略、そして“数学”を駆使した頭脳戦…かつてない斬新な切り口で描く歴史エンタテイメント、それが『アルキメデスの大戦』です。

そしてこの度、「戦艦大和」を巡る大舌戦に、日本を代表する超豪華キャストが参戦決定!


「戦艦大和」建造計画を阻止すべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れるキーパーソンであり、日本で最も有名な軍人・山本五十六役をたち舘ひろしさんが演じます!

先日、第42回モントリオール世界映画祭で最優秀男優賞を受賞した舘ひろしさんが、三船敏郎さん、山村聡さん、役所広司さんなど、日本を代表する名優たちが演じてきたこの役を、新たな解釈で演じます。役作りの為に、長い俳優人生で初めて“丸刈り”頭に!

舘ひろしさんコメント:
山本五十六という大きな役をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。男子ならばやはりやってみたい役だと思います。役の為に髪を短く切ってほしいとお願いされた時も、やぶさかでなく、すごく嬉しかったです。第二次世界大戦前の少し若い時代を演じるということで、いろいろな文献を読み直し、数々の名優が演じられてきたものと、またちょっと違う山本五十六を意識して演じました。
山崎貴監督とは是非ご一緒したいと思っており、今回、念願が叶いました。映画のリズムに合ったものを撮れるまでしっかり粘る姿は、勉強になりましたし、久しぶりに映画の現場らしい現場を見た気がして楽しかったです。
撮影で特に印象に残っているのは、映画のクライマックス、海軍のトップ陣が戦艦大和をかけてぶつかる合う大会議のシーン。菅田将暉くんは、数学的な長いセリフを機関銃のような勢いで話し、かつ、黒板に数式を書きながらそれをやってのけ、圧巻でした!撮影のカットがかかった瞬間、思わず拍手してしまった程です。また、この豪華なキャストの皆さんはやはり素晴らしく、会議での大舌戦は迫力がありましたね。映画を是非、楽しみにしていてください。

映画情報どっとこむ ralph また、「戦艦大和」の建造案を作った張本人であり、櫂直や山本五十六と対立する造船中将・平山忠道役を田中泯さん。
田中泯さんコメント:
山崎組への参加は三作目。これまでよりは少し余裕をもって「組」にいることができたように思います。僕は自身を演技者としては素人だと思っているんで、なかなか現場というのに慣れる事はない。でも今回は関わっているスタッフのそれぞれの仕事もよく見ることもできたかな。撮影現場は俳優だけでなく一人一人が大事な仕事を各所でやっている、そういう意味では俳優も同じようにそこにいる。ありきたりかもしれないけれど、演じている時でも一緒に乗り越えてくれている様に感じられる組力を山崎組には感じます。造船中将という理数系の人を演じるにあたり、早口で台詞を言って欲しいと監督からお願いされ、僕は日常的に人に対して言葉を早く話すことをあえてしてこなかったので、それはとても難しいことでした。けれど、だからこそ楽しい!大会議のシーンでも、大勢での芝居をした経験がこれまで少なく、また、自分より年上の人が現場に何人もいるのがありがたく、1日1日が長く感じるほど濃密な時間だった。貴重な体験だった。


櫂直に想いを寄せる造船会社の社長令嬢・尾崎鏡子役を浜辺美波さん。
浜辺美波さんコメント:
女性キャストは私一人だけという場面も多かったのですが、凄く温かい現場で、すぐに馴染むことができました。山崎組はスタッフ、キャストのみなさんで一つの輪になり、凄くいいチーム感が出来ていたと思いますし、その中にいられることが嬉しかったです。山崎監督は現場中、だんだんと親近感をおぼえていくような不思議な方で、多くの方がついていきたくなる理由が分かりました。そんな山崎組だからこそ、安心して演じることができました。私の演じた尾崎鏡子は、財閥のお嬢様なので、育ちの良さが出るように意識し、年齢相応の可愛らしさも表現できたらと思いながら役に向き合いました。戦時中に海軍のトップで日々戦っていた男たちの熱い話ですが、私の演じる一般人の視点でも見てもらえると、また違う捉え方も味わって頂けると思います。楽しみにしていてください。


櫂と共に「戦艦大和」建造計画阻止に奔走する海軍少尉・田中正二郎を柄本佑さんが演じています。
柄本佑さんコメント:
僕が演じる田中少尉は、ガチガチの軍人から少しずつ人間味を帯びてきて、菅田くん演じる櫂直と次第にバディになっていくという役です。役作りに当たり、江田島にある旧海軍兵学校で1日入隊体験をしてきました。とてもしんどかったですが、基礎的な敬礼や上官への態度を学んだことは大いに役立ちました。菅田くんとは、怒られるんじゃないかってくらい毎日おしゃべりしていましたが、現場になると頭の回転が非常に速く、凄い人です。舘ひろしさんはおおらかで、どっしりと演じられていて、しなやかな強さをもつ「新しい山本五十六」を見ました。そして大会議のシーンでの豪華な俳優の皆さん、毎日暑い中で大変な撮影だったにも関わらず、休憩中も疲れを感じさせず大声でおしゃべりしていて、ビックリしました。そんなパワフルな方々によって、熱気あふれる凄いシーンになったと思います。改めて、凄い俳優陣に囲まれた現場だったと思いました。

映画情報どっとこむ ralph その他、橋爪功さん、
國村隼さん、
小林克也さん、
小日向文世さん

など、超豪華俳優陣が出演し、まさに日本映画界を支える名優たちによる“オールスター共演”が、ここに実現! 7月中旬~9月中旬までの2か月間、猛暑と戦いながら、撮影が行われました。

「戦艦大和」を作るか否かを決定するクライマックスシーン、“巨大戦艦建造計画案 最終決定会議”は、4日間に渡って撮影され、舘ひろしら超豪華俳優陣が「戦艦大和」、そして「日本の未来」をかけて、空前絶後の大舌戦を繰り広げます!

2019年夏公開作品の目玉になるのはもちろん、新たな日本映画の歴史を刻む一本になること必至です!
「日本の未来にかける熱い想い」がぶつかり合う感動超大作に、ぜひご期待ください。

映画情報どっとこむ ralph アルキメデスの大戦

2019年夏全国東宝系にて公開!  


「超巨大戦艦“大和”の建造計画を阻止せよ!」
日本の未来を懸け、1人の若き天才数学者が前代未聞の頭脳戦に挑む!

日本と欧米の対立が激化の一途を辿っていた第二次世界大戦前の昭和8年…。日本帝国海軍の上層部は超大型戦艦“大和”の建造計画に大きな期待を寄せていた。そこに待ったをかけたのは、海軍少将・山本五十六だった。山本はこれからの戦いに対応するための代替案を提案するが、世界に誇れる壮大さこそ必要だと考える上層部は、「戦艦大和」の建造を支持。
危機を感じた山本は、天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れる。櫂の数学的能力で、「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、その裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩そうと考えたのだ。「軍艦の増強に際限なく金が注がれ、やがて欧米との全面戦争へと発展してしまう。そんなことはあってはならない!」と、櫂は日本の未来を守るため、海軍入隊を決意。持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていく。だがそこに、帝国海軍内の大きな壁が立ちはだかっていく・・・。

***********************************

原作:三田紀房『アルキメデスの大戦』(講談社ヤングマガジン連載中)
監督・脚本・VFX:山崎貴
主演:菅田将暉
出演:浜辺美波、柄本佑、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯、舘ひろし
撮影時期:2018年7月中旬~9月中旬
配給:東宝
©2019映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 ©三田紀房/講談社


現場はワチャワチャ!疲れるまで楽しんだ!柄本佑、石橋静河、染谷将太ら『きみの鳥はうたえる』初日挨拶


映画情報どっとこむ ralph この度、『海炭市叙景』(10)、『そこのみにて光輝く』(14)、『オーバー・フェンス』(16)と代表作が次々に映画化され、選集や評伝も出版されるなど、改めて再評価の波が続く函館出身の小説家、佐藤泰志の初期最高傑作と呼ばれる同名小説の映画化『きみの鳥はうたえる』がいよいよ9月1日(土)より新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースほかにて全国公開となり。

本作のメインキャストの柄本佑さん、石橋静河さん、染谷将太さんに加え、出演者の足立智充さん、山本亜依さん、柴田貴哉さん、そして三宅唱監督が登壇して初日舞台挨拶が行われ、小劇団感イッパイなイベントとなりました!

『きみの鳥はうたえる』初日舞台挨拶 イベント
日時:9月1日(土)
場所:新宿武蔵野館(新宿区新宿3丁目27−10 武蔵野ビル 3F)
登壇:柄本佑、石橋静河、染谷将太、足立智充、山本亜依、柴田貴哉、三宅唱監督

映画情報どっとこむ ralph 大きな拍手に迎えられた、キャストと監督。一言挨拶の後、撮影の印象や思いを語ることに。

柄本さん:撮影の雰囲気は・・・割とわちゃわちゃでしたね。三人で戯れているところは監督も交えて戯れて。監督がい無くなって撮るか演出。結構疲れました!真剣に疲れました。豊かな現場でした。

石橋さん:函館についたところから、たくさん笑ったし、たくさん食べたし、たくさん飲みました!本当に疲れた良い時間でした!

染谷さん:疲れるまで楽しんだ現場でしたね。楽しむのって疲れるんだなって知りました!佑さんが笑わしてくれて、
柄本さん:ちょっと壊れてたよね。おれ。

と、ワイワイして撮影したご様子の3人と監督。


足立さん:楽しかったです。一度帰ってまた戻ってみたら、みんないい顔してて。ずっと居たかったなと思いました。
と、ちょっと羨まし気。

初々しいを絵にかいたような、緊張が伝わってくる山本さんは・・・

山本さん:私にとって、初出演の映画でした。1週間いたのですが、スクリーンで今まで観てきた大先輩たちが得るものが多かったです。撮影の合間も話しかけて下さって。美味しいもの食べたり、写真を撮ったり。良い1週間でした。楽しかったです。

柄本さん:ホントイイ子だよね。。

と、ぽろり。

柴田さん:楽しかったな。3人の雰囲気が良くて羨ましかったです。ずっとバイト(役)してました。

そもそもこの映画に出演した経緯を聞かれ


柄本さん:三年前に、初台で舞台やってて、その時に監督からSNSで会いたいと。初台の新国立裏で焼肉を食べながら映画を撮りませんかと。是非と。感慨深そうに見えないかもしれませんが・・・感慨深いなと思ってます。でも、僕が終わるの・・・寂しいね。

三宅監督:素晴らしい俳優たちが佐藤泰志さんの作品と言う大きな器の中で僕たちが自由にさせていただきましたし。函館の方たちの協力で溶け込むような映像になっていると思います。僕にとって大事な作品になりました。

映画情報どっとこむ ralph 最後に・・・
柄本さん:真剣に遊んで、真剣に楽しんで、こういう作品が出来ました。挑戦した映画です。観終えたら彼らと一緒に劇場をでたつもりでお帰り下さい!映画の中に入っていける映画だと自負しています。

石橋さん:娘がお嫁に行く気持ちです。寂しいです。皆さん多くの方に伝えて下さい!友達に、家族に、知らない人に広めて下さい!(笑)
染谷さん:我々と一緒の時間を楽しんでいただけるように、あの時間を過ごしていたんだなと。寂しいですが、皆さんに届けば。
足立さん:参加して楽しく、観ても楽しかった作品です。観てくれた方と共有できれば、嬉しいな。と思います。
山本さん:この映画を観て、函館の音や色や景色そういうものも含めて、凄く素敵な映画です。沢山の皆さんい観ていただきたいです。
柴田さん:新しい映画だと思います。気づいて欲しい!

三宅監督:函館の映画館シネマアイリスの開館 20 周年を記念で、映画館が映画を創ろう!という企画に混ぜてもらいました。それがこうして作品となり、皆さんがこうして映画館に足を運んでくれて。映画館中心にいろんな体験できるのを嬉しく思っています。


きみの鳥はうたえる

公式HP:
kiminotori.com

あらすじ・・・
函館郊外の書店で働く「僕」(柄本佑)と一緒に暮らす失業中の静雄(染谷将太)。「僕」と同じ書店で働く佐知子(石橋静河)が加わり、3人は、夜通し酒を飲み、踊り、笑いあう。だが微妙なバランスのなかで成り立つ彼らの幸福な日々は、いつも終わりの予感と共にあった。
***********************************

函館シネマアイリス開館20周年記念作品『きみの鳥はうたえる』2018年/106分/2.35/カラー/5.1ch
出演:柄本佑 石橋静河 染谷将太 足立智充 山本亜依 柴田貴哉 水間ロン OMSB Hi’Spec 渡辺真起子 萩原聖人
脚本・監督:三宅唱/原作:佐藤泰志(「きみの鳥はうたえる」河出書房新社/クレイン刊)/音楽:Hi’Spec/撮影:四宮秀俊/照明:秋山恵二郎/録音:川井崇満/美術:井上心平/企画・製作・プロデュース:菅原和博/プロデューサー:松井宏/製作:函館シネマアイリス/制作:Pigdom/配給:コピアポア・フィルム、函館シネマアイリス
© HAKODATE CINEMA IRIS


日本×ポルトガル合作 舩橋淳監督『ポルトの恋人たち〜時の記憶』に中野裕太出演発表!


映画情報どっとこむ ralph 18世紀のポルトガルと21世紀の日本を舞台に、3人の俳優がそれぞれ1人2役に挑んだ異色のラブミステリー『LOVERS ON BORDERS』。

その邦題を『ポルトの恋人たち〜時の記憶』として11月10日(土)シネマート新宿ほかにて全国公開が決定。
日本、ポルトガル、アメリカの3か国による本作は、オダギリジョー主演の日米合作『BIG RIVER』(06)やドキュメンタリー『フタバから遠く離れて』(12,14)2部作を手掛けた舩橋淳監督の集大成的な最新作。

構想3年。

撮影は、2016年11月から12月まで、ポルトガルの世界遺産ギマランイスを始め、ポルト、ブラガ、ペニシェ、静岡県浜松市で行われ、哀愁をまとうファドに彩られたこの日本とポルトガルの合作映画は、パウロ・ローシャ監督の『恋の浮島』(83)、ジョアン・マリオ・グリーリョ監督の『アジアの瞳』(97)に続き3作目であり、初の日本人監督作品となる。

キャストには、柄本佑さん、アナ・モレイラさん、アントニオ・ドゥランエスさん、中野裕太さん。

映画情報どっとこむ ralph 今回、発表されたキャストの中野さんは、今回の作品に伴い約1か月半でポルトガル語を習得。日本人奴隷の仲間と、夢を抱いて浜松にやってきたブラジル人移民役で新境地をみせた。

中野裕太コメント

プロットを読んだ時から、佑君の役ではなく、自分の役をやりたい、と思っていました。ポルトガル編の四郎役は狂言回し的で、佑君との友情の中で2人の恋愛の応援側に回る。現代編では、幸四郎が主役かと思いきや、また狂言回しに戻って、幽霊になる。表現に幅があり、ある程度委ねられている部分があって、やりがいのある役だなと思いました。
photo:©Luca Gabino

映画情報どっとこむ ralph 【ポルトの恋人たち〜時の記憶】

物語の舞台は、リスボン大震災後のポルトガルと東京オリンピック後の日本。乗り越えられない境遇―境界線(ルビ:ボーダー)によって引き裂かれ、その挙げ句に恋人を殺害された女が、その恨みを晴らすために選んだ手段は、想像もつかないものだった・・。

18 世紀と21 世紀。登場人物の立場は時代によって微妙に入れ替わりながらもほとんど同じプロットが反復され、デジャブのように交差し、やがて愛憎の不条理に引き裂かれた人間の業をあぶり出していく。

本作の特別鑑賞券は8月25日より発売。

11月10日よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国公開です。

公式サイト:
porto-koibitotachi.com

***********************************


キャスト:柄本佑、アナ・モレイラ、アントニオ・ドゥランエス、中野裕太
製作:Bando á Parte, Cineric, Inc., Office Kitano
プロデューサー:ロドリゴ・アレイアス、エリック・ニヤリ、市山尚三
脚本:村越繁

撮影:古屋幸一編集:大重裕二
音楽:ヤニック・ドゥズィンスキ
監督・脚本・編集:舩橋淳

配給:パラダイス・カフェフィルムズ
配給協力:朝日新聞社
協力:ポルトガル大使館
PG-12
【2018/日本=ポルトガル=アメリカ/139分/シネスコ/5.1ch】
(C)2017『ポルトの恋人たち』製作委員会


柄本佑・石橋静河・染谷将太『きみの鳥はうたえる』メインビジュアル&本予告編解禁


映画情報どっとこむ ralph 函館の夏、僕たち 3 人はいつも一緒だった。

この度、解禁された本ビジュアルは、ティザービジュアルの夜のクラブでのシーンから一転、函館の柔らかい光に包まれ、何かを決意 したような3人の、それぞれの表情を捉えたビジュアルになっている。
「この夏が、いつまでも続くような気がした」というコピーも 添えられ、この3人がどのように、ひと夏を過ごし、終わりをむかえることになるのか気になるところ。


そして、本ビジュアルと同時に解禁となった本予告では、柄本佑演じる 「僕」と石橋静河演じる佐知子が、親密に肌を寄せて微笑みあい、キスをするシーンから始まります。




そんななか、「僕」と同居し ている、染谷将太演じる静雄がちょうど帰ってきてしまい、二人の様子をうかかがいつつ、そっとドアを閉める姿も。

一緒になった「僕」と佐知子に、静雄も加わり、<僕たち3人はいつも一緒にいた>という字幕が示すように、夜通し酒を飲み、 踊り、笑いあう 3 人の楽し気に過ごす日々が描かれている。


続くシーンでは、萩原聖人演じる本屋の店長が、二日酔いで出勤する「僕」をいさめる姿、渡辺真紀子演じる静雄の母親が、静雄に 「飲みすぎだよ」と心配される姿を映し出し、さらには佐知子が 「若さってなくなっちゃうものなのかな?」と同僚らしき女性に話 す台詞がかぶさり、3 人の楽しかった日々がいつか終わる予感を暗 示させるものとなっている。 そして、ラストでは部屋で思い悩む佐知子の姿、そして今まで見せなかった真剣な表情で「佐知子!」と叫ぶ「僕」の姿をとらえて予告編は終わっている。

映画情報どっとこむ ralph きみの鳥はうたえる

8月25日(土)函館シネマアイリス先行公開 9月1日 (土)新宿武蔵野館 、 渋谷ユーロスペースほかロードショー!
以降全国順次公開!

公式 HP:kiminotori.com

本作は、『海炭市叙景』(10)、『そこのみにて光輝く』(14)、『オーバー・フェンス』(16)と代表作 が次々に映画化され、選集や評伝も出版されるなど、改めて再評価の波が続く函館出身の小説家、佐藤泰志の 初期最高傑作と呼ばれる同名小説の映画化。原作の骨格はそのままに、舞台を東京から函館にうつし、現代の 物語として、みずみずしく息を吹きかえした。

監督を務めたのは、『Playback』(12)、『THE COCKPIT』(15)など意欲的な作品を制作してきた三宅唱。新鋭監督と若手実力派俳優がつくりだした、今 を生きる私たちのための青春映画がここに誕生した。

***********************************

2018 年/106 分/2.35/カラー/5.1ch
出演:柄本佑 石橋静河 染谷将太 足立智充 山本亜依 柴田貴哉 水間ロン OMSB Hi’Spec 渡辺真起子 萩原聖人
脚本・監督:三宅唱
原作:佐藤泰志(「きみの鳥はうたえる」河出書房新社/クレイン刊)
音楽:Hi’Spec/撮影:四宮秀俊
照明:秋山恵二郎
録音:川井崇満
美術:井上心平
企画・製作・プロデュース:菅原和博
プロデューサー:松井宏
製作:函館シネマアイリス
制作:Pigdom
配給:コピアポア・フィルム、函館シネマアイリス
© HAKODATE CINEMA IRIS


動物写真家・岩合光昭、映画初監督!柴咲コウ x 立川志の輔「ねことじいちゃん」全キャスト発表


映画情報どっとこむ ralph 日本人の作品としては初めて『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙を2度飾った世界的に有名な動物写真家であり、NHK-BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』も大人気の岩合光昭さんが初めて映画監督に挑戦!

主演はこれまた映画初主演となる落語家の立川志の輔と、64歳&67歳の初チャレンジに加え、ヒロイン役として映画出演が3年ぶりとなる柴咲コウさんが出演することでも話題の映画「ねことじいちゃん」。このたび、舞台となった島の住人などに、新たに小林薫さん、田中裕子さん、柄本佑さん、銀粉蝶さん、山中崇さん、葉山奨之さんの実力派俳優が勢ぞろいしました。

小林薫(巌 役)コメント

猫がメインの話なので、動物と人間が絡む映画って大変になるけれど、その分出来上がったら面白そうだなと思って参加しました。どんな作品に仕上がっているのか、出来上がりが楽しみです。

田中裕子(よしえ 役)コメント

岩合さんが撮られる映像の中で、猫と一緒に。志の輔さんと一緒に。映してもらえるなんて、幸せでした。

柄本佑(若村健太郎 役)コメント

撮影はすごく楽しかったです。島で長い時間をかけて撮影するのが久しぶりで、すごく映画作りの醍醐味を味わいながらできましたね。猫好きなので、猫かわいいなって癒やされました。

銀粉蝶(サチ 役)コメント

私も大変な猫好きでして、(猫の)みーちゃんとの共演は、最初はお互い緊張していて大変でした。でも、島で撮影していくうちに気心も知れて(笑)仲良くなりました。猫好きじゃない!という方にも見ていただけたら嬉しいですね。

山中崇(剛 役)コメント

猫とずっと一緒に芝居するのが初めてで最初は戸惑いましたが、どう動くかわからない面白さはすごく新鮮でした。今まで見たことない映画になっていると思います。主演の志の輔さんと岩合監督によって、どんな化学変化が起きるのか僕自身も楽しみです。

葉山奨之(内村聡 役)コメント

風景や緑や、照明などこだわっていて、その中に自分がいるというのは嬉しかったですね。岩合監督の写真集の中に自分もいるような気持ちで毎回撮影していました。ちっちゃい子から、お年寄りの方々まで幅広い方が、すごくほっこりする作品だと思うので、家族で見てほしいなって思います。

映画情報どっとこむ ralph スクリーンのどこかにいつも猫がいる。
愛知県知多半島に浮かぶ佐久島を中心に撮影が行われ、4月10日にクランクアップ。2019年2月 全国ロードショー
予定。


映画「ねことじいちゃん

日本のとある小さな島で暮らす大吉70歳。2年前に妻よしえを失くし、飼い猫のタマと二人暮らし。生まれ育ったこの島には、隣に住む幼馴染の巌をはじめ、たくさんの友人と猫がいて、日々は穏やかに流れている。東京に住む息子・剛は一人暮らしの父を心配しているが、大吉とタマは自由気ままにのんびり過ごす日々に不安や不満もない。

しかし、親しい友人の死や、大吉自身の体の不調など、このまま続くと思っていた毎日に変化が訪れはじめてー

***********************************


原作:「ねことじいちゃん」 ねこまき(ミューズワーク)著/KADOKAWA刊

立川志の輔
柴咲コウ / 柄本佑 銀粉蝶
山中崇 葉山奨之 田根楽子 小林トシ江 片山友希 立石ケン 中村鴈治郎(友情出演)
田中裕子 小林薫
ベーコン 小梅

監督:岩合光昭
原作:ねこまき(ミューズワーク)「ねことじいちゃん」(KADOKAWA刊) 脚本:坪田文

エグゼクティブプロデューサー:藤本款
企画:野副亮子 プロデューサー:深瀬和美 永井拓郎 中島裕作

音楽:安川午朗
撮影:石垣求 照明:加藤義明
録音:山口満大 美術:新田隆之
装飾:湯澤幸夫 スタイリスト:馬場恭子
ヘアメイク:酒井啓介 長島由香
フードスタイリスト:飯島奈美 アニマルコーディネーター:菊田秀逸
編集:加藤ひとみ VFXプロデューサー:大澤宏二郎
音響効果:勝亦さくら 助監督:松本壇 制作担当:永原将和


製作:「ねことじいちゃん」製作委員会
(クロックワークス/KADOKAWA/東海テレビ放送/RIKIプロジェクト/岩合写真事務所/クレヴィス/ひかりTV)
特別協賛:OLYMPUS mont・bel
協賛:高須組 キャッチネットワーク 知多メディアスネットワーク
制作プロダクション:RIKIプロジェクト
配給:クロックワークス
(C)2018「ねことじいちゃん」製作委員会