「林遣都」タグアーカイブ

ヤバすぎ図書『善悪の屑』映画化!新井浩文×林遣都が裁きを下す!ヒロインは馬場ふみか!


映画情報どっとこむ ralph 新井浩文×林遣都が裁きを下す衝撃のクライムサスペンス

古書店を営むかたわら、依頼人からの復讐代行を担っているカモとトラを描く
大ヒット漫画『善悪の屑』『外道の歌』が『善悪の屑』として待望の実写映画化。


監督には、「貞子VS伽椰子」「不能犯」など大ヒット映画を手掛け、来年には「地獄少女」の公開も控えるなど今の映画界を牽引する白石晃士監督。

<白石晃士監督コメント>
こんな仕事を待ってました。この映画、私がやらずに誰がやります︖どう考えても、やるべくしてやることになった映画です。原作の名に恥じぬよう、夢のようなキャストの皆さんとともに、思いきりブチかまします。乞うご期待︕

映画情報どっとこむ ralph 気になる配役は・・・


鴨ノ目武(カモ)役には、新井浩文。

<新井浩文コメント>
漫画を読んで思ったことは、これ実写化して大丈夫なんですかね。と素直に思いました。これから撮影に入りますが、原作の髪型に寄せるので、普段恥ずかしくないように、新しい帽子を買います。

相方である島⽥⻁信(トラ)役には林遣都。

<林遣都コメント>
原作を読ませて頂き、人間誰しもに潜む怪物を呼び覚ましてしまう、ある意味恐ろしい作品といった印象でした。これから撮影がはじまりますが映画だからこそできる、やるべき作品への出演に⼼が踊っております。悲しみを抱えな12月クランクイン!2019年公開決定!!
がら正気と狂気の狭間を行き来し、その瞬間を存分に味わい尽くしたいと思っております。

ニ人のダブル主演による新しいバディものに期待が集まります。

<馬場ふみかコメント>
初めて原作を読んだ時にまず思ったのが本当に映像化できるんだろうか、と思ったほど衝撃の連続でした。今までにない残虐な、それでいて人間の愛を感じる新しい復讐劇になるはずです。復讐とは、善とは、悪とは何か︖誠⼼誠意向き合い、撮影に臨みたいと思います。

さらに、今年「non-no」(集英社)で初の単独表紙を飾り、モデルと女優の両フィールドで人気急上昇中の馬場ふみかがヒロイン・奈々子役を務めます。

映画情報どっとこむ ralph 原作者:渡邊ダイスケ先生からのコメントも到着!

この度、白石監督をはじめ素晴らしいキャスト、スタッフの方々に映像化をして頂く機会に恵まれました。是非、白石監督や皆さんの手で、僕が描いた原作とは⼀味違う「善悪の屑」を作って頂けたら幸いです。

12月よりクランクイン、2019年2月には完成を予定です。

***********************************

出演:新井浩文 林遣都 馬場ふみか
原作:渡邊ダイスケ「善悪の屑」「外道の歌」(少年画報社「ヤングキング」連載)
監督:白石晃士
脚本:城定秀夫 白石晃士
配給:日活株式会社
©2019日活


『劇場版 おっさんずラブ(仮)』映画化決定 田中圭からのコメント到着!


映画情報どっとこむ ralph モテない独身ダメ男・春田創一と、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵、イケメンでドSな後輩・牧凌太の三角関係をピュアに描いたラブコメディ『おっさんずラブ』。2018年4月クール(テレビ朝日系列/土曜23時枠・全7話)で放送されるや“はるたん”こと春田創一を巡って繰り広げられるおっさん同士の恋模様に笑いながらも、あまりのピュアな愛に心を打たれる視聴者が続出、SNSを中心に話題沸騰となりました。

最終話放送終了後は“おっさんずロス”の声が相次ぎ、DVD&Blu-rayの予約数もテレビ朝日史上最高の予約数となり、「新語・流行語大賞2018年」にノミネートされるなど社会現象となっております。そして、待望の「おっさんずラブ」の続編が映画化されることが決定しました!!

映画情報どっとこむ ralph ドラマ版の物語は、結婚願望はあるが全くモテず、実家暮らしの33歳のポンコツサラリーマン・春田創一(田中圭)が、ある日突然、直属の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)とエリート後輩・牧凌太(林遣都)から同じタイミングで壁ドン告白をされる。初めは混乱し受け入れられない春田だったが、二人の真っ直ぐな想いに心動かされ、少しずつ真剣に向き合い始める。しかし、春田には幼馴染の女子・ちず(内田理央)という気になる存在がおり、黒澤にもまた妻・蝶子(大塚寧々)が、更には春田と同じ部署の主任である武川(眞島秀和)が牧の元彼だという衝撃的事実まで判明。それぞれのハードルを乗り越え、三角関係は加速していく。妻を捨てるほどに自分を愛してくれる黒澤。自分との恋は春田に迷惑をかけるからと身を引いてしまう牧。悩みの果てに、黒澤との結婚式を飛び出し、牧にプロポーズをして結ばれるという感動のエンディングを迎えました。

映画情報どっとこむ ralph 『劇場版 おっさんずラブ(仮)』では・・・

キャストはドラマ版と同じメンバーが全員続投!
田中圭、吉田鋼太郎、林遣都の3人やお馴染みのレギュラー陣に加え、超豪華ゲスト俳優の出演も予定!?ドラマ版のその後のストーリーを描きます。HappyHappyWeddingを迎えたはずの男たちに恋の嵐がまたもや吹き荒れる!?そこに新たなおっさんも参戦なのか・・・・!?“平成最後の純愛ドラマ”が、スクリーンでも熱い恋の火花を散らす!!

笑って泣ける、常識を超えた、おっさん同士のピュアラブストーリーは、またも日本中の話題をさらうこと間違いないでしょう!

映画情報どっとこむ ralph 田中圭(春田創一役)さんからのコメント

お会いする人お会いする人に、続編の話を振られては、ずっと「ないです!」と答えていたのですが、すみません。「ありました!!」(笑)ドラマと同じキャスト、スタッフでもう一度『おっさんずラブ』の世界を作れるというのは楽しみですし、みんなで最高のゴールを狙えるのではと思っています。個人的希望ですが、映画版ではおっさんずチームみんなでアクションをしたり、牧が凄い戦闘のプロだったりと「アクションラブ」にしたいなと思います!…多分却下されて、そういう話ではないと思いますが(笑)。ドラマの最後は、春田が上海に行くという設定だったので、海外ロケもしたいです!!でも、スタッフからちょっと予算が、、、と既に難色を示されているので、こちらも却下されてしまうかもしれません(笑)
「映画化」となると興行という指標があるので、正直数字も少し気にしてしまいます。ただ、作品が自分たちの手を離れてめちゃくちゃ大きくなって帰ってきた、という良い意味でのプレッシャーを僕ら全員が持っているので、チームみんなで心を1つに、最高の結果を狙ってやろう、とも思っています。連続ドラマの時も「7話で完結」と思ってやってきたので、今回の映画も「これが完結編だ」という気合で臨んで、いい作品にしたいと思います!!
映画情報どっとこむ ralph また、映画化決定記念の全話一挙放送『おっさんずラブ 映画化決定記念に、新春イッキ見SPだお』【1/2(水)6:55~13:00放送】も決定し、平成が終わっても“OLブーム”は終わるどころか益々ブームUPします!!

『劇場版 おっさんずラブ(仮)』は来年2019年夏全国東宝系にてロードショー予定です!!


***********************************

監督:瑠東東一郎(TVドラマ版監督)
脚本:徳尾浩司
音楽:河野伸
出演者:田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉、眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎ほか
撮影時期:2019年3月~5月(予定) 関東近郊ほか
公開時期:2019年夏予定
製作:テレビ朝日ほか
配給:東宝
配給協力:アスミック・エース
©テレビ朝日


あなたの戻りたい過去はいつですか?キャンペーン結果発表!有村架純主演『コーヒーが冷めないうちに』


映画情報どっとこむ ralph 2015年の発売以降「4回泣ける!」と口コミで広がり、続編にあたる「この嘘がばれないうちに」と共に、シリーズ累計100万部を突破した感涙のベストセラー小説「コーヒーが冷めないうちに」。様々な≪後悔≫を抱え、過去に戻り、会いたかった人との再会を望む人々。彼らが巡り合う、優しい奇跡を描いた、本作『コーヒーが冷めないうちに』。

先日、開催されました、一般試写会の上映後には、「何回泣いたか覚えていないほど泣いた」「気がつくと、ハンカチがびしょぬれでした」「観終わった後、大切な人のことを思っていました」など、感涙コメントが続々と寄せられ、老若男女を問わず、ハンカチで目頭を押さえながら会場から出られる方が続出!!日本中を温かな感動で包み込む、すでに、この秋一番の感涙作品と話題沸騰中の本作が、ついに、9月21日(金)に公開となります!!

映画情報どっとこむ ralph 誰もが一度は経験のある「もしも、あの時に戻ることができたら……」という後悔の思いから始まるストーリーである、本作の公開を記念して、「あなたの戻りたい過去はいつですか?」をテーマに、エピソードを7月2日(月)~8月15日(水)の間、募集していました!

キャンペーンの応募総数は、なんと963通!
原作者・川口俊和先生と塚原あゆ子監督、映画製作委員会で選考し、ステキな5つのエピソードを、選出しました!こちらの、選考結果を、「コーヒーが冷めないうちに」公式ホームページ、“戻りたい過去”エピソード募集のページにて発表いたします!

映画情報どっとこむ ralph さらに、選ばれました5つのエピソードを、本作に出演する、超豪華女優陣、有村架純、波瑠、薬師丸ひろ子、吉田羊、石田ゆり子が朗読いたします‼豪華女優陣が朗読する様子の映像は公式HPなどで、ご覧頂ける他、公式twitterなどでも展開を予定しています!

多数の応募の中から選出された、感涙間違いなしの珠玉の5つのエピソードと豪華女優陣による朗読、という奇跡のコラボレーションを、“コーヒーが冷めないうちに”、ぜひ、ご覧ください!!


【有村架純 朗読エピソード】
ぼくの戻りたい過去は、ぼくが生まれた時です。ぼくが生まれた時、母はお腹が死ぬほど痛くてたまらなかったと言っていました。でもそれ以上にぼくが生まれた瞬間は今までの母の人生の中で、最も嬉しくて、最も幸せな、最高の瞬間だったと聞きました。死ぬほど痛いのに、どうして最高に幸せなのか、ぼくは母からぼくが生まれた瞬間に戻り、母の人生史上、最も幸せだという顔を見てみたいのです。ぼくは中学生になってから母に迷惑をかけてばかりで、母の幸せそうな顔をずっと見ていないので。
(滋賀県 13歳 男性)

【波瑠 朗読エピソード】
私が戻りたいのは小学1年生の秋。その年の冬、父が亡くなりました。35歳になって2日目でした。かれこれ18年前の事です。朝起きたら冷たくなっていました。私も、まだ2歳だった弟もよくわかっていませんでした。父が亡くなる前日、実は父に明日公園行こうなって言われて楽しみにしていたのですが、叶いませんでした。きっと死という現実は変えられないと思います。なら、せめて感謝を伝えたい。生きている内に大好きだと、父が父で良かったと、私は来年の1月で25歳になるよと。弟も来年の1月、成人式です。全てここまで育ててくれた母のおかげでもあります。あなたが愛した女性は、優しくて面白くて怒るとかなり怖いけど自慢の母です。全てにありがとうと伝えたいです。
(静岡県 24歳 女性)


【薬師丸ひろ子 朗読エピソード】
私が戻りたい過去・・・。病院のベッドに横たわる主人と会話を交わしたあの日です。
主人は大学時代の弓道部の先輩、いつもたくさんの愛と幸せな時間をくれた人でした。結婚して10年足らずで白血病を発病、2年以上の闘病の末、最後は意思の疎通もままならない状態となりました。その中でも一度、もう自分は駄目だからと、私と子どもの将来について思いを伝えてくれた瞬間があったのです。それなのに私は、主人の死を受け入れるような事を口にしたくなくて、そんな弱気なこと言わないで・・・としか言えなかったのです。ありがとうを伝える最後のチャンスだったのに・・・。今でも時折後悔が押し寄せます。あの日に戻って、あなたと知り合えて、愛し合えて、一緒に過ごせた17年余りの日々がどんなに幸せだったか・・・素直にありがとうと伝えたいのです。
(広島県 女性)

【吉田羊 朗読エピソード】
父親が心込めて、私の結婚式で歌ってくれた。出席者のほとんどの人があまりに音痴で笑ってた。でも、あまりに一生懸命に歌ってる父を見て母と私は、泣いてしまった。今はもういない父。あの日に戻りたい。
(兵庫県 58歳 女性)

【石田ゆり子 朗読エピソード】
他愛もない日常だけれど『ママ、お家に帰ったら絵本を読んでね』と、息子達がかわいいお願いをしてきた、あの夜に短時間でいいから戻りたい。看護師の仕事は忙しく、毎日残業ばかり。保育園からの帰り道、お願いされたのに。ご飯を作ってから、洗濯が終わってから、洗い物した後に、と後回しにしてしまって、ふと気付いたら絵本を抱えながら2人とも寝てしまっていた。
『ごめんね。』私も一生懸命ではあったけど、寝顔を見ながら泣きました。そんな息子達ももう高校生と中学生。時間は戻せないけど、もし時間が巻き戻せる事が出来る事があるなら、あの日に戻りたい。その気持ちはずっとずっと変わりません。
(神奈川県 41歳 女性)
『コーヒーが冷めないうちに』

公式HP:
http://coffee-movie.jp/

公式twitter:
@coffee_movie921




「4回泣ける!」と口コミで広がり、本屋大賞にもノミネートされた感涙のベストセラー小説「コーヒーが冷めないうちに」が、ついに実写映画化。
舞台は、とある街のとある喫茶店。店内の【ある席】に座ると、望んだとおりの時間に戻ることが出来るという。
ただし、そこには『過去に戻って、どんな事をしても、現実は変わらない。』や『過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ。』などのいくつかのルールがあった。
誰もが一度は経験のある「もしも、あの時に戻ることができたら・・・」という≪後悔≫の思い。
様々な≪後悔≫を抱えた客たちが、今日も店を訪れる。


***********************************

原作:川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」 サンマーク出版 刊
監督:塚原あゆ子 「アンナチュラル」「Nのために」
脚本:奥寺佐渡子 『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』
キャスト:有村架純 伊藤健太郎 波瑠  林遣都 深水元基 松本若菜
薬師丸ひろ子 / 吉田羊 松重豊 石田ゆり子
上映時間:1時間57分 
©2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会
     


エピソードを大募集!有村架純「コーヒーが冷めないうちに」初日舞台あいさつ付き上映ペア鑑賞当る!?


映画情報どっとこむ ralph 2015年の発売以降「4回泣ける!」と口コミで広がり、17年には本屋大賞にもノミネートされた感涙のベストセラー小説「コーヒーが冷めないうちに」。古き良き昭和の時代から続く、喫茶店「フニクリフニクラ」を舞台に、そこに集う人々が巡り合う優しい奇跡の物語が、ついに実写映画化いたします!

あなたの戻りたい過去はいつですか――?
この秋、温かな感動が、日本中を優しく包み込みます!

この度本作の映画ビジュアル第2弾がついに完成!初解禁です!!
コーヒーの柔らかで温かな湯気の中には、胸に秘めた≪後悔≫を抱える超豪華俳優陣が勢ぞろい。4回泣くこと間違いなしの、優しい奇跡の物語に相応しい、儚くも美しいビジュアルがついに初解禁となります!

主人公には、どの世代からも圧倒的な支持をもつ人気女優・有村架純。
今作では、かわいらしさの中にも凛とした美しさ・意思の強さを持つ女性像を瑞々しく演じています。
彼女が淹れるコーヒーがきっかけで、タイムスリップが起こり、ストーリーが始まっていきます。
脇を固めるキャストには、石田ゆり子、薬師丸ひろ子、吉田羊、松重豊などの超豪華な演技派且つ人気俳優陣、更には波瑠、伊藤健太郎、林遣都、深水元基、松本若菜などのフレッシュな実力派俳優が集結しました。

映画情報どっとこむ ralph そして!!!!

映画『コーヒーが冷めないうちに』公開記念

「あなたの戻りたい過去はいつですか?」

あなたが戻りたいあの日、そこで会いたいあの人、伝えたい言葉…
エピソードを大募集します!!

誰もが一度は経験のある「もしも、あの時に戻ることができたら…」という≪後悔≫の思い。
過去に戻っても現実は変えられないが、それでも過去に戻りたいと思うなら、一杯のコーヒーが冷めない間だけ過去に戻れるという喫茶店を舞台に繰り広げられる、心温まる人間ドラマ、映画『コーヒーが冷めないうちに』。
様々な≪後悔≫を抱えた客たちが、店を訪れ、現実は変えられないと分かっていながらも、過去に戻り、会いたかったと人と再会を望む。そこで彼らを待っていたものとは…?

-1杯のコーヒーが冷めるまでの、ほんの短い時間でも、人生は変わる-

そんな本作の公開を記念して「あなたの戻りたい過去はいつですか?」をテーマにエピソードを大募集致します。
あなたの戻りたい過去、そして、そこで会いたい人、伝えたい事…。
皆様のエピソードお待ちしております!
本作の原作者、川口俊和先生と塚原あゆ子監督、映画製作委員会で選考し、ステキなエピソードをお寄せ下さった方、5名様にプレゼントをお贈りいたします。
そして、そのうちの1名様にはペアで本作の初日舞台あいさつ付き上映にご招待!
さらに!主演有村架純さんが、本作の役柄さながら、あなたのためにコーヒーをお淹れします!

その他、キャスト陣によるエピソードの朗読企画も別途予定しております。

コーヒーが冷めないうちに…ふるってご応募下さい!!

<募集要項>
300字程度で、ハガキまたはWEBの応募フォームからエピソードとペンネームをキャンペーン事務局までお送り下さい。*公式サイトに専用ページを設け、そこからWEB応募フォームに入れるようにします。

<宛先>
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-2-1 X-PRESS有楽町
TOHOマーケティング株式会社内「コーヒーが冷めないうちに」係

◎表面に、お名前、ご住所、お電話番号をご記入ください。
◎裏面に、エピソードを記してください。
◎エピソードは、映画「コーヒーが冷めないうちに」公式サイトやテレビ・ラジオ番組・新聞・雑誌などでご紹介させて頂く可能性、また映像化・書籍化の可能性がございます。
 なお、その際にキャンペーン事務局により若干の校正をさせて頂く事もございますので、
予めご理解・ご了承の程宜しくお願い致します。

<募集期間> 
7/2(月)10:00~8/15(水)23:59 ※当日消印有効


<プレゼント>
◎1名様
【映画『コーヒーが冷めないうちに』初日舞台あいさつ付き上映ペア鑑賞券&有村架純さんによるコーヒーサーブ&原作者川口俊和サイン入り原作本】
※初日舞台あいさつ付き上映は9月21日(金)都内劇場にて実施予定です。
実施劇場への交通費はキャンペーン事務局にて負担いたします。

◎4名様
【映画『コーヒーが冷めないうちに』ペア劇場鑑賞券&原作者川口俊和サイン入り原作本セット】

<審査員> 
原作者・川口俊和先生、塚原あゆ子監督、映画『コーヒーが冷めないうちに』製作委員会

<発表>
選ばれた5名様は、9月中に映画『コーヒーが冷めないうちに』公式ホームページにて発表させて頂きます。

<お問い合わせ先アドレス>coffee-movie@toho-marketing.jp
<告知ページ 本番URL> http://info.toho.co.jp/coffee_cp/

<注意事項>
◎お送り頂いたハガキは返却致しませんので、ご了承下さい。
◎お送り頂いたハガキは、送付者ご自身の創作による未発表のもので、第三者の権利を侵害しないものでお願いします。
◎頂いたエピソードに関する権利は映画『コーヒーが冷めないうちに』製作委員会に帰属するものと致します。
◎選考結果などの個別のお問い合わせにはお答えできませんのでご了承下さい。

<個人情報取り扱いについて>
※本件の応募時に頂いた個人情報は、キャンペーン事務局
(東宝株式会社、TOHOマーケティング株式会社)が管理致します。
※次の目的のみに使用し、キャンペーン終了時に破棄致します。
・当キャンペーン参加応募、選考の結果選ばれたエピソードをご応募頂いた方へのご連絡。
・個人情報を統計的に分析し、個人を特定できない形態に加工した統計データを作成する為。


映画情報どっとこむ ralph 「コーヒーが冷めないうちに」
9月21日(金)全国東宝系にてロードショー!

監督には「リバース」(17)「重版出来!」(16)「Nのために」(14)「夜行観覧車」(13)など幅広いジャンルのヒットドラマ演出を多数手掛け、今年「アンナチュラル」で高い評価を得た塚原あゆ子。

今作が満を持しての映画監督デビュー作となります。

***********************************

原作:川口俊和「コーヒーが冷めないうちに」「この嘘がばれないうちに」 サンマーク出版 刊
監督:塚原あゆ子 「アンナチュラル」「Nのために」
脚本:奥寺佐渡子 『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』
キャスト:有村架純 伊藤健太郎 波瑠  林遣都 深水元基 松本若菜
薬師丸ひろ子 / 吉田羊 松重豊 石田ゆり子
上映時間:1時間56分予定 
©2018「コーヒーが冷めないうちに」製作委員会   
    


高杉真宙、加藤諒、渡辺大知 トリプル主演!映画『ギャングース』追加キャスト解禁!


映画情報どっとこむ ralph 高杉真宙、加藤諒、渡辺大知(黒猫チェルシー)がトリプル主演し、2018年秋に全国公開となります映画『ギャングース』。

本作は「モーニング」(講談社)で連載された人気漫画の実写映画作品です。

《MIYAVI》、《金子ノブアキ》、《篠田麻里子》、《林遣都》、《山本舞香》、《伊東蒼》、《斉藤祥太》、《斉藤慶太》、《般若》、《勝矢》ら、超個性的なキャラクターたちが『ギャングース』に集結!
ヤクザ組織などに属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“六龍天”のトップに君臨する安達役を、世界的な活躍で知られるギタリスト《MIYAVI》が演じ、暴力的で不気味さに満ちた役柄さながらにただならぬ存在感を放っている。さらに、詐欺組織の番頭として安達の下で複数の店舗を統括する加藤役に、アーティストの枠を超え俳優としても数々の作品に出演している《金子ノブアキ》。劣悪な環境から拾ってくれた安達に従順ながらも、反抗心を併せ持つ複雑な役を見事に演じている。加藤の部下であり恋人でもあるアゲハ役には、入江監督作品『ビジランテ』での熱演も記憶に新しい《篠田麻里子》。また、サイケ《高杉真宙》たちが頼りにしている情報屋の高田役をクールに演じるのは《林遣都》。サイケたちの味方になるキャバクラ嬢ユキ役を《山本舞香》、住む家のない少女ヒカリ役に《伊東蒼》、詐欺組織の用心棒的存在である海老名兄弟役には《斉藤祥太》《斉藤慶太》、そして詐欺店舗店長の班目役に『ビジランテ』に続く入江監督作品の出演となる《般若》、安達への復讐に燃える川合役に《勝矢》が起用されている。

映画情報どっとこむ ralph サイケたちの窃盗団(高杉真宙、加藤諒、渡辺大知が演じる)と半グレ組織の頂点である六龍天との激突は、原作漫画の中でもファンに大きなインパクトを残した。この映画化では一部キャラクターの設定が再構築され、さらに、映画オリジナルのキャラクターも多数登場。原作の緊張感はそのままに、サイケたちそれぞれの決意とその泥臭い生きざまを鮮烈に描き出している。

本作は、少年院で共に過ごしたサイケ・カズキ・タケオの3人が犯罪集団だけを狙って窃盗を繰り返す”タタキ”稼業を開始し、裏社会で生き抜くことにひたすらにポジティブな3人の友情を描く。新時代のアウトローによる、かつてない青春エンターテインメント!

原作は、2013年の連載開始以降、読者アンケートでは常に上位人気をキープし続けた「モーニング」の人気作品。2017年新春に完結し、同年4月23日に最終巻である第16巻が発売され、冒頭に毎回付されている〈この漫画は実話を基にしたフィクションです。ただし犯罪の手口はすべて実在しますので、ぜひ防犯に役立てて下さい〉という注意書きが象徴的なように、ストーリー共同制作の気鋭のルポライターである鈴木大介氏による未成年の犯罪者への取材をもとに、裏社会の実態をリアルに描いた“超実証主義漫画”として知られている。

メガホンをとったのは『SR サイタマノラッパー』シリーズ、『22年目の告白-私が殺人犯です-』(17)の入江悠。社会に見放され最底辺の生き方をする少年たちの生き様を、原作に劣らずリアルに描く。

映画情報どっとこむ ralph
ギャングース

gangoose-movie.jp/

物語・・・

職ナシ。学ナシ。犯罪歴アリ。

生まれたときから最底辺。親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ・カズキ・タケオ。社会に見放された少年3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、悪(犯罪者)だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。

3人は、裏稼業・悪徳業種の収益金(アガリ)を狙う窃盗団を結成する。暴力団排除の機運の中、日本の裏社会に存在するヒエラルキーにも転換期が訪れ、ヤクザ組織に属さない“半グレ”系アウトローで構成される犯罪営利組織“カンパニー”の支配権を侵す。3人は後戻り不能なキケンな領域に立っていたがー。

***********************************

高杉真宙 加藤諒 渡辺大知
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢 / 般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 / MIYAVI

監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』)
脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ+パイプライン
Ⓒ肥谷圭介・鈴木大介/講談社